2018年10月13(土)&14日(日)
秋らしい涼しい陽気になりました。旧Webサイトがサービス終了予定、今まで有難う!
こーちんの庭週末日記 名古屋コーチンの飼育
にわとりの成長記録 鶏との生活
放し飼いのニワトリ こーちんの庭のコッコ達
放し飼いのニワトリ こーちんの庭のコッコ達

1段目左:雨が降りそうな土曜日、軒下でご飯を食べるコッコ達です。
1段目右:庭でボス役を務めるぴよ助は、雌鶏さん達を背に周囲を警戒していました。
2段目左:木陰で休憩するぴよ菜に寄り添うぴよ助。仲良し夫婦ですね。
2段目右:雄鶏小屋当番のぴよ助は、退屈そうに外を眺めています。
3段目左:室外機の上で就寝するコッコ達です。寝る場所は、だいたい決まっていますよ(ぴよ菜は中央)。
3段目右:日曜日恒例の納豆ヨーグルト食事会です。庭の雄鶏は、ぴよ助父さんでした。
4段目左:モミジは雄鶏小屋に上がり込んで夏と仲良く納豆ヨーグルトを食べました。お決まりパターン!
4段目右:夏とモミジが仲良くお散歩デートをしています。この2羽も仲良し夫婦ですね。
/////////////////////////////////////////////////////////

前回の3連休を最後に、暑い日がなくなりました。概ね最低気温が20度以下の涼しい日が続いています。秋本番なのでしょう。一段と冷え込んだ週末土曜日の最高気温は20度、最低気温が14度でした。曇天だったことで暑がりな私も「ちょっと寒いな」と長袖の上着姿でしたよ(笑)。ゾクゾクっと寒気がしたり鼻水が出たり、風邪をひきそうになりますから、人もコッコも体調管理に要注意ですね。

秋雨でしょうか?このところ悪天候です。雨が降らないまでも曇天の日が多い感じ。気温低下も相まって肌寒さを感じます。暑がりな私とコッコに過ごしやすい気温です。しかしながら、先述したように風邪をひきそうになるから急な気候変化に要注意ですね(笑)。

【動画】
朝食待ちのニワトリ〜飼い主が休日で遅い起床、懐くボス雄鶏を撫でる〜
ニワトリさんの朝食〜飼い主が遅い起床、席順に苦労する序列下位の雌鶏〜
2018年10月上旬、休日の朝。遅く起床した私を玄関前で待つコッコ達です。前日夜にご飯を継ぎ足しておいた餌箱は、残りカスだけでした。「お父ちゃん、休みでも早く起きてご飯を出して!」とニワトリ達が全員集まって私がご飯を用意するのを待っています(苦笑)。

玄関脇の静養ケージに登っていた1歳5ヶ月の若雌鶏“かえで”をナデナデしようとすると、「触らないで」と嫌がります(笑)。我が家の名古屋コーチン雌鶏さん達は、触られるのを嫌がって飼い主を避けますよ(苦笑)。いっぽうでボス雄鶏“夏”は、大人しくナデナデされていて飼い主に従順です。知らない人や外敵を果敢に攻撃しようとする雄鶏ですが、飼い主に懐くからペットに向いていると思います。

庭でボス役を務める雄鶏“夏”は、朝食後に雄鶏小屋を“ぴよ助”父さんと交替して明朝まで過ごします。用意した朝食を4羽の雌鶏さん達と一緒に食べました。しかしながら、若雌鶏“もみじ”と“かえで”の席がなかなか決まりません。序列下位の若手雌鶏は、上位から「あなたは、あっち!」と叱られちゃいます。序列社会だから食事の席に苦労することが多いですね(苦笑)。そんな朝食映像です。

鶏に納豆ヨーグルト〜ソワソワする巣篭もりニワトリにもご馳走〜
2018年6月上旬のこと。日曜恒例のご馳走“納豆ヨーグルト”の日です。若雌鶏“かえで”は、巣籠り1ヶ月目です。産箱から外出したカエデも納豆ヨーグルトを玄関前で待ちます。子育て(就巣)の雌鶏さんに特有の気が立ったカエデは、ソワソワして落ち着きません。

納豆ヨーグルトを手に私が玄関から出ると、歓喜の声で全員が出迎えてくれます。庭でボス役を務めているのは雄鶏“夏”でした。雄鶏小屋の“ぴよ助”父さんにも別途ご馳走しましたよ。食事会の後半にほかの子が気になって離れたカエデは、冒頭に一気に食べられました。序列上位のおばさんコッコ達が夢中で食べる冒頭は、若手を叱る余裕がありません。叱られる前に食べちゃう作戦なのでしょう(笑)。

ニワトリの出産シーン〜雌鶏さんが卵を産む瞬間をビデオ撮影できた〜
2018年10月中旬。1歳5ヶ月の若雌鶏“かえで”が鶏小屋の産箱に入って約30分が経ちます。雌鶏は産箱に籠って30分後くらいに卵を産むことが多いです。出産シーンに滅多に立ち会えませんから、良い機会ですね。産箱のカエデは中腰でいきんでいます。すぐに産みましたよ。

絶好のタイミングで産卵シーンを撮影できました。カエデが産んだ卵はホカホカです。湿った暖かい桜色の卵は、すぐに乾燥が始まりました。そして、卵を回収しようとする私の手を「取らないで!」と噛み付くカエデです。お産後の雌鶏さんは、産卵の疲れを癒すのに30分間くらい産箱に留まって休みます。疲れが取れたら、体力回復にご飯を食べに行くのが我が家の雌鶏さんのいつものパターンです。

金魚の水槽掃除1〜9歳と6歳半の和金、水抜き、砂利と遊具の清掃〜
金魚の水槽掃除2〜外部ろ過装置、水替え掃除後の和金が餌を食べる〜
2018年10月中旬、我が家の金魚水槽を清掃しました。1〜2ヶ月間に1回くらいの頻度で水槽を掃除します。2匹の和金“デカ”(2009年秋産まれ)と“チビ”(2012年春産まれ)が暮らしている水槽です。デカとチビは、それぞれ15cm、12cmくらいの大きさです。

40cm水槽に60cm水槽向けの外部濾過装置を使います。大きな装置を使うことで清掃頻度を少なくする狙いです。手抜き目的ですね(笑)。ろ過装置の内部に金魚の糞や食べカスが溜まっています。一説によると「水を浄化する微生物も住んでいるから、ろ過装置内のフィルターを洗わなくても良い」らしいけど、私はきれいに洗います。庭に数日間汲み置いた水道水を、清掃が済んだ水槽に入れて使いますよ。掃除翌日の和金2匹は、たくさん餌を食べました。水質がよくなって元気です。

ニワトリさんの換羽〜抜けた羽毛を拾う、ハゲない鶏が不思議〜
2018年10月中旬のこと。庭にニワトリの羽がたくさん落ちています。これは、換羽(かんう)と呼ばれる鳥類の生理現象です。ニワトリも1年に1回、古い羽を脱ぎ捨てて新しい羽に換える“換羽”をします。換羽をする季節はマチマチで、1ヵ月ほどで綺麗に生え揃いますよ。

換羽になると“羽拾い”の仕事が増えます(笑)。毎朝、鶏の羽毛を拾って回収しますよ。雄鶏“夏”が1日を過ごした雄鶏小屋にも羽毛がたくさん落ちていました。毎日抜けているのに、夏がハゲていないのが不思議です。換羽の“ぴよ助”“ぴよ菜”もハゲていません。“ぴよ音”は、少しだけ換羽っぽくハゲていました。まだハゲが目立たない程度の抜け羽なのでしょう。これから換羽本番だと思います。

バンブルフットが快方
ぴよ助、夏、ぴよ菜の足裏や足指裏にできたバンブルフットが快方に向かっています。快方に向かった理由は、季節的なものなのでしょう。毎年、涼しくなる秋から冬によくなります。バンブルフットは炎症です。夏季の高温に炎症が起こって悪化しやすい疾患ですよ。炎症が酷くなると膿が溜まって患部が腫れたり傷口が大きく開いちゃいます。涼しくなると、炎症が治まって患部の腫れが引く傾向ですね。私の治療の結果というよりも、季節が涼しくなったために良くなったのでしょう。3羽とも良くなっていて、冬から春にかけてバンブルフットが悪化せずに沈静化すると思います。

金魚水槽を掃除
金魚の水槽を掃除した
稀に週末日記に登場する金魚“デカ”と“チビ”の水槽を2ヶ月ぶりに掃除しました。2009年秋産まれのデカは9歳、2012年春産まれのチビが6歳半です。2匹とも2cm弱の幼魚でお迎えした和金ですよ。現在は、それぞれ体長15cmと12cmくらいに成長しています。大きくなると40cm水槽では足らなくなるから、食事制限で現在の大きさに抑えています(笑)。

水替えとご飯をしっかりやっていれば、金魚はコッコよりも長生きです。デカとチビは、大きな病気をせずに毎日元気に過ごします。改良が進んでない金魚、和金というのも丈夫な理由かも知れません。ちなみに、次の掃除は2ヶ月後の年末年始くらいの予定です。
【写真:2カ月ぶりに金魚水槽を掃除しました】

旧“こーちんの庭”Webサイトが来春消滅予定
こーちんの庭旧Wewbサイト
現在ご覧頂いている“こーちんの庭”は、2016年末に“古いこーチンの庭Webサイト”(http://www.geocities.jp/nagoyapiyo/)から移転した新Webサイトです。これからお話をする内容は、本Webサイト(新Webサイト)に関係ありませんのでご安心下さい。ちなみに、新Webサイトに移行後の旧Webサイトは、削除せずに残してありました。更新をせずに2016年末までのコンテンツを放置状態です(笑)。

“Yahoo!ジオシティーズ”を利用して作成した旧Webサイトでした。そして、先日のことですが下記のサービス終了の通知メールを頂きましたよ。どうやら2019年3月末で旧Webサイトが消滅するようです。“こーちんの庭”Webサイトを制作したのが2005年のことでした。2016年末までの約11年間、メインで使わせて頂きましたので感謝ですね。長い間、ありがとうございました!
【写真:2019年3月末に消滅する旧Webサイト】

【以下、Webサービス終了通知の内容】
いつもYahoo!ジオシティーズをご利用いただきありがとうございます。
誠に勝手ながら、2019年3月31日をもってYahoo!ジオシティーズのサービスを終了することにいたしました。
ご利用のお客様にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。

終了に至る経緯や、今後のスケジュール、サービス終了までにお客様にご確認いただきたい内容については以下のページに掲載しておりますので、必ずお読みくださいますようお願いいたします。

◇Yahoo!ジオシティーズ サービス終了のお知らせ
https://info-geocities.yahoo.co.jp/close/index.html

Yahoo!ジオシティーズのサービス終了までに他社のサービスに移行すると、引き続きホームページを公開していただけます。

上記のページにホームページの他社への移行方法や「よくあるご質問」を掲載しております。
引き続きホームページの公開をご希望のお客様は、お手数をおかけいたしますが、内容をご確認のうえホームページの移行を進めてくださいますようお願いいたします。

なお、サービス終了までに他社のホームページサービスに移行されなかった場合は、2019年4月1日以降、以下の影響がございます。

----------------------------------------------------------
・Yahoo!ジオシティーズで公開されているホームページが表示されなくなります。
・ジオクリエーターやファイルマネージャーによるファイルの編集ができなくなります。
・FTPによるファイルの更新ができなくなります。
・MyStoreによるページの更新ができなくなります。
・ジオプラスをご契約で無料の独自ドメインをご利用のお客様は、サービス終了までにドメインを他社サービスに移管されなかった場合、またはYahoo!ドメインでの継続利用手続きをされなかった場合、ドメイン権利を喪失します。
・2020年4月1日(サービス終了より1年後)に、Yahoo!ジオシティーズに保存している全てのデータが削除されます。
----------------------------------------------------------

長い間Yahoo!ジオシティーズをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。
サービス終了まで引き続きよろしくお願いいたします。

2018年10月6(土)〜8日(月)
台風25号の影響で30度超えの暑さです。換羽後のモミジの羽毛はフサフサですよ。
こーちんの庭週末日記 名古屋コーチンの飼育
にわとりの成長記録 鶏との生活
放し飼いのニワトリ こーちんの庭のコッコ達
放し飼いのニワトリ こーちんの庭のコッコ達

1段目左:土曜日、ブドウ棚の下で昼食を食べるコッコ達です。ぴよ助が周囲を警戒中ですよ。
1段目右:月曜日、夏が周囲を警戒しながら朝食を食べました。食後、夏はぴよ助と雄鶏小屋を交替します。
2段目左:日曜日の夕方、お待ちかねのご馳走・納豆ヨーグルト食事会です。この日のボス雄鶏は夏でした。
2段目右:ぴよ菜と仲良く砂浴びをするぴよ助。何年経っても仲良し夫婦です。
3段目左:木陰のぴよ菜とぴよ音を外敵から警護するぴよ助。頼もしいボス雄鶏くんですね。
3段目右:湿った木陰で砂浴びをする夏。
4段目左:換羽が終わって新しい羽でフサフサのモミジです。食欲も戻っていますよ。
4段目右:ぴよ音の羽毛がポロポロと抜け落ちます。現在、ぴよ助、ぴよ菜、ぴよ音、夏が換羽進行中です。

2018.4月〜2018.9月の週末日記は「過去日記置き場」へ引っ込めました。
/////////////////////////////////////////////////////////

前回襲来の24号に続き、25号が再び日本列島横断の危険がありました(苦笑)。我が家でも芙蓉の倒木、ニワトリ像倒壊の被害を出した24号並みに猛烈な台風25号だから、ヒヤヒヤしながら進路予報を眺めていましたよ。家屋への被害がなかったものの、前回の24号は「屋根が壊れるかも?」と恐怖を感じたほどです(苦笑)。再び襲来するとなると、瓦が落ちたり再び倒木が起きたり、想像するのも嫌ですね。幸運なことに、進路予報円の中心を通り日本海を通過しました。日曜日と月曜日に風が少し強めに吹いたくらいで風雨の影響はありません。このところの台風について言えることですが、進路予報(気象庁?)の正確さにもビックリでしたね。前回24号と今回25号は、ほぼ予報円のど真ん中を通過しました。

台風の風雨被害がなくホッとしていると、気温がグングンと上昇して30度を超えました。3連休前半、土曜日と日曜日は10月としては異例の暑さです(笑)。台風25号が南方から巻き込んだ暑い空気に覆われたのでしょう。Tシャツに半袖姿でも汗だくになる暑さです。我が家で一番の暑がりコッコの夏は、ハァハァと口呼吸をして暑がっていましたよ。真夏に産まれた子ですが、筋肉質な雄鶏ということと年齢が若く代謝が良いことで暑がりです。急な暑さに人もコッコも夏バテしそうでしたね(笑)。

【動画】
虫捕りのニワトリさん〜ボス雄鶏が落ち葉集積場の雌鶏を警護〜
2018年5月下旬のこと。2歳10ヶ月の雄鶏“夏”が庭のボス役を務める日でした。雄鶏親子の喧嘩防止に小屋で明朝まで過ごすのは“ぴよ助”父さんです。明朝、息子の夏と小屋を交替しますよ。夏は、落ち葉集積場で虫を探す雌鶏さん達の警護中です。虫はコッコの好物。

夏の第一夫人“もみじ”(1歳)、4歳1ヶ月の母雌鶏“ぴよ菜”と“ぴよ音”が落ち葉集積場にいました。5月下旬だけど、虫捕りは思うように行かないようです(笑)。諦めたぴよ音は、配合飼料を食べに立ち去りました。残ったモミジとぴよ菜にカラスや猫などの外敵が近付かないように夏が警護します。自分は虫捕りをせずに、目を凝らして周囲を警戒しますよ。放し飼いの場合、頼りになるボス雄鶏ですね。

食欲のニワトリさん〜卵秘の雌鶏も元気、全員で朝食を食べる〜
2018年6月初旬の朝食風景。2歳10ヶ月の雄鶏“夏”が庭でボス役を務めます。朝食後に喧嘩防止の雄鶏小屋を“ぴよ助”父さんと交替して明朝まで過ごしますよ。1ヶ月前から巣篭もり中の若雌鶏“かえで”と雄鶏小屋のぴよ助を除いた全員でご飯を食べていました。

夏の第一夫人“もみじ”(1歳1ヶ月)、4歳2ヶ月の母雌鶏“ぴよ菜”がこのところ関係良好です。そして、2017年6月末から卵秘(卵詰まり)を患う雌鶏“ぴよ花”の食欲が旺盛でした。ほかの子達と一緒に配合飼料をパクパクと食べます。卵秘を持病に持つぴよ花は、同年代と比べて体調を崩しがちです。食欲があって元気な姿に一安心ですね。4月から6月までは、鶏が配合飼料をたくさん食べる季節です。

台風24号で倒木被害〜2018年10月1日の暴風で倒れた芙蓉を切る〜
2018年9月30日から10月1日にかけて、台風24号が日本列島を横断しました。数日前から警戒されていた台風24号は、予報通りに“こーちんの庭”へも接近しましたよ。上陸後に弱まるだろうと思っていたら、想像以上の暴風です。我が家でも台風被害が発生しました。

コッコ達6羽は無事です。そして、台風対策をした雄鶏小屋と母屋小屋、老朽化した旧小屋も無事でした。しかし、裏門のニワトリ像が落下して壊れています(苦笑)。稀に見る暴風に、裏庭の樹高4mほどの芙蓉に倒木被害発生です。隣の敷地へ倒れ掛かっていますから、高さ2m弱で切って処置しましたよ。夏季に木陰がコッコ達の避暑地になる木ですから、残った幹を直立させて再生を試みます。

お洒落な雌鶏さん?〜不思議行動、葉っぱを背中に載せて飾るニワトリ〜
2018年9月下旬のこと。4歳5ヶ月の名古屋コーチン雌鶏“ぴよ音”の背中に葉っぱが載っていました。背中に2枚か3枚の葉っぱが乗っています。偶然に付いた葉っぱではなく、ぴよ音が自分で背中に載せたのでしょう。同様にぴよ音が背中に葉を載せている場面を何度か目にしています。背中を葉っぱで飾る“お洒落行動”の可能性があります。

背中を葉っぱで飾る子は、ぴよ音以外、我が家にいません。ネットの映像で他所の子がやるのを見たことはあります。参考に、ぴよ音が葉や花びらを載せた過去映像も掲載しましょう。お産の後にやることが多いから、産卵に関係する行動なのかも知れませんね。お洒落なのか別の理由なのかを知りませんが、ぴよ音特有の不思議な行動です。

換羽の野良チャボ君〜猛烈な台風24号のあと神社境内の矮鶏を訪ねる〜
2018年10月初旬こと。近所の神社境内で暮らす野良チャボ君に会いに行きました。足指が5本で羽が生えていることから、鳥骨鶏(ウコッケイ)の血を引くと思われる小さいけど立派な雄鶏君です。少なくとも2016年ころから、2年半くらい神社境内で自由に暮らしています。

手土産に持参した砕いた落花生と玄米を差し出すと、大喜びする野良チャボ君です。今回は、1週間くらい前に接近した台風24号を心配しての神社訪問でした。元気な野良チャボ君の姿に一安心です。野良チャボ君は換羽でした。お世話をする近所の方が「食欲がなくて心配」とのこと。換羽で体力を消耗して不調なのでしょう。生理現象だから換羽が終われば再び元気に戻ります。そう説明をしましたよ。

鶏小屋のワクモ駆除〜ニワトリの吸血ダニを食器洗剤で殺虫退治〜
2018年10月初旬の週末。週に1度の鶏小屋を大掃除する日でした。秋は、まだダニが増える季節です。鶏小屋に住み着くのは“ワクモ”(ダニ)です。夜間、鶏小屋や産箱の棲家から這い出て寝ているニワトリを吸血します。小屋や産箱の隙間にコロニー(巣)を作ります。

ワクモの身体を守る油膜コーティングは、殺虫スプレーを弾くほか、呼吸器官(気門)に水が詰まるのを防ぐ役目をします。油膜を溶かして無効化するには、人の手肌に“優しくない食器用洗剤”が効果的。20倍や30倍に希釈した食器洗剤を噴霧器で噴射します。ゴシゴシと泡立たせて鶏小屋や産箱を洗いましょう。油膜コーティングを失ったワクモは、希釈洗剤が呼吸器官(気門)に入り込み窒息死します。

日光浴する雌鶏さん〜翼と羽毛を陽に干して害虫やダニを追い払う〜
2018年6月初旬。初夏の陽気にもうすぐ4歳2ヶ月の雌鶏“ぴよ花”が芝生で日光浴中です。我が家のコッコ達は、木陰を好みます。寒い冬季でも木陰にいることが多いですよ。ときどき、強い日射しに翼と羽毛を干して日光浴をします。砂浴びとともに大事な衛生習慣です。

ぴよ花の幼馴染“ぴよ音”が日向ぼっこに加わりました。続いて若雌鶏“もみじ”も日向ぼっこに参加します。おばちゃんコッコに近付くモミジが可愛いです。ニワトリは、砂浴びのほかに日光浴(日向ぼっこ)をします。翼を広げて陽に当て姿勢を変えて満遍なく干すと、湿気を乾かせるほか、ダニなどの寄生虫を追い出せて健康的ですね。日陰を好むコッコ達ですが、定期的に晴れたときに日光浴をします。

菜っ葉好きニワトリ〜配合飼料のほかに鶏は野菜を食べる(必須)〜
2018年6月初旬のこと。畑から“菜っ葉(モドキ?)”を採ってきました。野菜ですが、種がこぼれて雑草のように自生したものです。以前に栽培したカキ菜やカラシ菜だと思いますよ(菜っ葉類)。野菜は、雑食のニワトリに必須の食べ物です。配合飼料とは別に、毎日でも食べさせましょう。野菜好きの鶏が喜んで食べますよ。

雄鶏“夏”が庭でボス役を務めています。1ヶ月前から産箱に巣篭もっている若雌鶏“かえで”を抱いて連れ出しました。野菜好きのコッコ達は、パクパクと美味しそうに食べます。様子を雄鶏小屋から見ていた“ぴよ助”父さんが「僕にもちょうだい」と言うので、菜っ葉モドキを運んでやりました。歓喜の声をあげるぴよ助です。

洗濯機の汚れを掃除〜ヘドロ山盛り緊急事態、百均洗濯槽クリーナーの威力〜
2018年9月こと。洗濯を終えたシャツに小さなゴミが多数付着しています(笑)。洗濯する前より汚れている感じでした(本末転倒?)。洗濯機内の汚れが原因でしょう。このままだと次の洗濯物も汚れてしまうから緊急事態です。すぐに洗濯機を掃除しました(苦笑)。

経験から百円均一(ダイソー)の洗濯槽クリーナーが優秀だと思っています。今回も百均から購入した製品を使いました。汚れが落ちやすいように40度くらいの温水を使います。そして、洗濯機の掃除コースも長時間(11時間)を選びました。途中、蓋を開けると多量のヘドロ状の汚れが浮かんでいます。説明書どおりに小まめに取り除きました。ごっそりと洗濯機の汚れを洗い落とせたから、気分も爽快です。

ぴよ菜、ぴよ音、ぴよ助、夏がそろって換羽
夏の換羽
7月に2ヶ月間の巣篭もりを終えたカエデは、直後に換羽をしました。続くモミジが8月に1ヶ月間の巣篭もりを終えると、同じく換羽になりましたよ。現在、後発のモミジも新しい羽がそろってフサフサのフワフワ状態です。カエデとともに、綺麗な美人コッコになりました。

9月下旬くらいからぴよ菜とぴよ音の羽毛が抜け始めました。現在、続いて雄鶏のぴよ助と夏から羽毛や尾羽が抜けています。どっと抜けて急にハゲハゲになる状況ではないけれど、4羽から少しずつ抜けた羽が庭に散らばっています(笑)。1羽からの抜け羽が少量でも、4羽分だと相当な量が庭に落ちますよ。

換羽で少しだけ食欲を失くしたのは、ぴよ菜だけです。ぴよ助と夏、ぴよ音は羽がポロポロと抜けながら普段通りに食べて遊んでいますよ。雄鶏小屋で1日ずつ過ごす夏とぴよ助の抜け羽は、しっかりと確認できます。丸一日を過ごして雄鶏小屋から出るとき、長い尾羽を含めてたくさんの羽毛と風切り羽が床に落ちていますよ。しかしながら、外見は同じに見えるから不思議です(笑)。人間の頭髪は10万本くらいあるそうで、100本くらい抜けてもハゲたりしません。100本がごそっと抜けるとビックリしちゃいますが全体に影響しないのと同じで、まだコッコの見た目が変わらない抜け羽の量なのでしょう。
【写真:夏が過ごした雄鶏小屋に尾羽が落ちていた】

配合飼料が値上げ
鶏の配合飼料が値上げ
我が家のコッコ達の主食の配合飼料の値上げです。“成鶏用 まつ号”(20Kg)という配合飼料を与えていて、以前の1,680円から1,780円に100円の値上げです。粒が粗く我が家コッコ達が好んで食べる配合飼料ですよ。ここ最近、4年間くらい1,680円を保っていて値上げがありませんでした。新聞記事で配合飼料や家畜飼料の動向に注意していたのですが、値上げにつながる内容は無かったと思います。南米や中国、アメリカなどの飼料穀物原産地や消費地に関係がない日本国内の事情かも知れませんね。コーヒーや食べ物、宅配料などが値上げされていますから、その一環かも知れません。人口減による労働者不足で色々なところにシワ寄せが来ているのでしょう。

いま食べている“成鶏用 まつ号”の前は、別銘柄の飼料“こがね”(20Kg袋)でした。こがねは、980円(2009年)から3回値上げされた経緯があります。2014年頃、販売中止時の価格は1,800円ほどでした。同じ期間に“成鶏用 まつ号”も1,080円から1,680円に値上げされましたよ。今回の1,780円への値上げで、2009年(1,080円)から“成鶏用 まつ号”は1.6倍強に値上がりしたことになります。数年後、2千円の大台を超えることもあり得そうですね。我が家のように数羽なら影響は小さいけど、養鶏場だと大変な負担増だと思いました。 【写真:コッコの主食・配合飼料が値上がりしていた】

本ぺージTop