ペットにわとり、名古屋コーチン一家の週末日記
(2013年4月〜2013年9月)

コーチン一家の週末日記、日々の出来事を1週間まとめて週末に記します。
たまに更新が遅れることもありますが、翌週位まで気長にお待ちください。
(私は、掲示板にも結構出来事を書くので、覗いて貰っても良いかも。。。)

■こーちんの庭トップぺージ■
名古屋コーチン一家の成長記録「こーちんの庭」バナー
(↑クリックするとTopへ飛びます)

更新履歴

にわとり
(日記も随時更新中)

掲示板
書き込みを待ってます!

PCと秋葉の話題
新品自作もします

自己紹介

散歩道
(色々と行った所をレポート)

リンク集

こーちんの庭管理人へのメール メールは
こちらから

過去日記置き場は”こちら”     ・「2013.10〜2014.03」の週末日記は”こちら
2013年9月28日(土)&29日(日)
秋が進む季節、なんと、あのお尻齧り虫が発生! ぴよ太のお尻がカユカユ。。。
左上:ぴよりんのお散歩を警備するぴよ太。 翼のハゲは、トリサシダニが原因でした。
右上:納豆ヨーグルトを食べる3羽。 ぴよ美は、ぴよ太の口からこぼれたのを食べていましたよ。
左下:快晴の日曜日、ぴよ太は日差しに照らされてコックリコックリしています。 虫も観念して逃げ出す筈ですよ。
右下:ブドウを拾ったぴよ美は、皮を剥いて甘酸っぱい実を食べようとしていました。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

続・ぴよ太の羽換
名古屋コーチン一家の週末日記ぴよ太の風切り羽がモワモワっとしていて、羽が抜けていた件、、、
羽換だと思っていたけれど、トシサシダニが原因でした(苦笑)。

先週にお尻をチェックした時には、全くトリサシダニに気付きませんでした。
しかし今回の土曜日に「羽が抜けたね〜。お尻も診せて〜。」と抱いてチェックをしたら、トシサシダニのコロニーがお尻に出来ていました。 お尻の穴の周りに羽が固まった巣があって、その周辺と、足の付け根にも動くトリサシダニを確認しましたよ。
爆発的に増える段階の初期から中期のワクモの巣でした。

発見したトリサシダニは、1週間のうちに増えたのでしょう。
そして先週の羽が抜けている時、きっとトリサシダニに刺されて、痒くてカキカキしたりクチバシで掻いたりして抜けてしまったのだと思います。 お尻に出来た巣を確認すると、私はすぐに駆除をしました。 犬猫向けの”ノミ&ダニ駆除・忌避剤”のノックレンを使いましたよ。 トリサシダニには、この様なスプレー式のペット向けの殺虫剤が一番です! 【写真:ぴよ太の翼のハゲ。痒かったね。。。】

ぴよ太を抱っこして「シュッ〜、シュッ〜」っと、お尻、背中、尾羽の中、足の付け根、脇の下の要所に吹き掛けると「嫌だ〜、もうやめて〜」と嫌がります。 「虫が居なくなるよ〜。カユカユが治るよ〜。我慢!」と言っても、足をバタバタさせちゃって嫌がります(苦笑)。 ヒンヤリした霧状のスプレーが気持ち悪いのでしょうか?
でも我慢すれば、翌日にはダニは駆除されて居なくなります。
数分間、彼には頑張って貰いましたよ。

処置が終わると、ぴよ太は体をブルブルっとやって「あ〜やっと終わった!」と安心した表情です。
続いて股やお尻、背中をクチバシで掻いて、じっとその部分を見ながら「あ〜っ、羽がこんなにボサボサになっちゃったよ〜」と、不満そうに「ホォォォ〜、ホッホッホォ〜」小言を私にいいます(苦笑)。

翌日の日曜日、午後の強い日差しのなか、ぴよ太は、芝生に寝そべって羽を干していました。
昨日のスプレーで殆ど壊滅したと思うけれど、残ったダニが居たならば、きっと灼熱地獄です(笑)。
堪らずにぴよ太の羽から逃げ出すことでしょう。

話は土曜日に戻りますが、スプレー噴射に続いて耳掃除もしました。
ぴよ太は「まだやるの?」と迷惑顔だったけれど(笑)、顔をナデナデして気持ち良さそうにしているところを、ホジホジしましたよ。 耳クソも沢山取れて、スッキリしたと思います。

害虫
ゴキブリとか、毛虫の話題ではありませんよ〜。
これはこれで、とても嫌な害虫ですけれども(笑)、こっこ達を刺す吸血昆虫の話題です。
今回のトリサシダニ発生のタイミングで、3種類をまとめて記しておきますね〜。

我が家では、過去に”ワクモ”、”トリサシダニ”、”ニワトリヌカ蚊”の発生がありました。
そしてこーちんの庭での頻度は、「ニワトリヌカ蚊 > トリサシダニ > ワクモ」の順番で高いです。

・ワクモ
ワクモの発生は、大量発生した一昨年(2011年)と、少量発生した昨年(2012年)のみでした。
数千とも数万とも思える大群に、母屋小屋や静養ケージを占拠された2011年は、酷かったです。。。
この年の夏季7月〜9月に、駆除し切れない程の広範囲に発生して、毎週末の駆除によって、やっと駆除できましたよ。
熱湯駆除、殺虫剤駆除、洗剤駆除、忌避剤駆除を組み合わせて、ようやく沈静化できたことを、当時の日記からも思い出せます。 翌年2012年の春〜夏季に掛けての数匹のワクモコロニーの発生は、2011年駆除の生き残りだったのでしょう。
直ぐに対処したから、大量発生に至らずに済みました。良かったです。

今年、2013年はワクモ発生が皆無です! 本当に良かったですよ。

ワクモは夜行性の吸血昆虫です。
こっこが寝床へ入ると、昼間に潜んでいる木材の隙間や隠れ家から出て来て、刺しますよ。
露出している皮膚、顔や頭が刺されやすくて、ワクモに刺された子は、カキカキしちゃって大変です。
ストレスで元気を無くしちゃう子もいて、とっても可愛そうな状態になります。。。

先に記したように、色々な駆除方法を試す必要がありました。
理由は、夜行性で昼間は隙間に潜んでいるうえに、初めてのワクモ発生だったからです。
「殺虫剤ならば、有効じゃないか?」と思うかもしれません(私も初めにそう思った)。
しかし隙間に入り込んだワクモには余り効きませんでした。
色々と試して、最終的に一番効果のある駆除は、洗剤であると解りましたよ。

百均で買った食器洗い洗剤を、水に混ぜてデッキブラシでゴシゴシやると、水溶液がワクモの隠れ家へ染みて入っていきます。 昆虫は、気門(きもん)と呼ばれる穴で呼吸をします。人間の口や鼻に相当する器官ですよ。 この気門は、胴体の両側面にあるのですが、此処が洗剤に触れると絶命するのです。 洗剤を溶かした液の表面張力が少ないことが理由で、気門へするっと入り込み、ワクモの”肺”を塞ぐのです!
熱湯や殺虫剤よりも効果絶大だったことが、意外でした。
2012年は、この洗剤駆除によって、あっという間にワクモ勢力が衰えて、ほぼ根絶できましたよ。

ワクモは、野鳥によっても媒介されるというから、再発生も有り得ますよ。
庭を自由に歩き回っている子たちだから、それを阻止する方法はありません。
しかし、もし再発生したとしても、きっと洗剤によって駆除できる筈です。


・トリサシダニ
こっこ達のフワフワのお尻に付く、お尻齧り虫です!
「ここ2年間の発生は無く、お陰様で、今年もありませんでした。」と報告しようとしていたところ、ぴよ太のお尻に初期〜中期のトリサシダニコロニーができてしまっていました。 無発生記録が途絶えてしまって、ガッカリでしたよ。。。

ざっと説明をすると、トリサシダニの見た目は、結構強烈です。
1匹ずつの個体は小さく、ハッキリ見えませんが、その集合体のコロニー(巣)と、その中で何百匹も蠢く様子が「ゾクゾクッ」っとします。 お尻にびっしり取り付いて蠢く様には、本当に背筋が凍りますよ(苦笑)。
しかしトシサシダニ自体は弱く、大抵はノックレン1回の噴霧で駆除できます(今回もこの方法で駆除)。
ノックレンは、犬猫向けの”ノミ&ダニ駆除・忌避剤”です。
実際のトリサシダニ発生への駆除と共に、春〜秋期に掛けて、予防的に1度か2度の軽い噴霧が良いかも知れません。
「薬剤が小鳥などには強過ぎる」という情報も見られるので、少し離して噴霧するように注意するのが良いですね。


・ニワトリヌカ蚊
一昨年、私はこの害虫に初めて気付きました。
見た目と大きさは、コバエに似ています。
でも血を吸いますよ!

人へも刺すそうで、とても痒いという情報もあります。
この蚊かどうか解らないけど、私自身、凄く痒く痕が治らない時があります(苦笑)。もしかしたら、私も刺されているのかも。。。 とても小さいから、網戸の目も抜けられるから厄介です。。。

名前から解るように、鶏の血を良く吸います。
そして鳥の病気”ロイコチトゾーン症”を媒介します。
人間には無害な病ですが、人間の日本脳炎のように、刺された鶏同士で病原菌を媒介する危険性もあります。

私はこっこが夏に蚊に刺されていることを知っていました。
普通にヤブ蚊が、露出している鶏冠や顔を刺していて、こっこが「痒いな〜。眠れないよ!」と足でカキカキしているのだと、、、 2011年にヤブ蚊ではないことが解りましたよ。
夕方、こっこの周りにコバエが飛んでいました。
2匹か3匹が飛んでいて、こっこにくっ付いたり離れたりしていました。
てっきり私は、コバエがウ○チの臭いに寄って来たものだと思いましたよ(笑)。

そのコバエだと思ったものを、パチンと両手で潰すと、、、何と血が滲みました。
血を吸った藪蚊を潰した時と、全く同じです。
「えっ血?」「これは、蚊?」と初めて気付いた瞬間でした。
その後、Webで調べて”ニワトリヌカ蚊”だと解りました。

この蚊は、残念ながら有効な駆除方法を見付けられていません。
空中を飛んでくる害虫であるから、防ぎようが無い状態です。
今年も残念ながらぴよ太やぴよリンが刺されてしまっていました。

もしやるとすると、夜間の蚊取り線香や電撃殺虫灯の利用、近くの茂みや暗闇への定期的殺虫剤の噴霧駆除くらいでしょうか。 襲来するニワトリヌカ蚊の数を減らすことができます。


もう10月です。
これら3種の害虫が”最盛期の夏”を過ぎつつあります。
トリサシダニはぴよ太だけだから、10月を乗り切れば、来年の5月くらいまで安心できますよ。
ぴよ太のお尻を最後に、もう発生しないと良いな〜。

番外編【秋葉原巡回】
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原の雑踏。ジャンク街近く)
名古屋コーチン一家の週末日記
(取り壊しの決まったラジオセンター)
名古屋コーチン一家の週末日記
(電車に置き忘れたリュック)
久し振りのアキバとなりました。 そして友人との酒も久し振りでしたよ。
今回の巡回は、例の雑誌連載向けの写真撮影が目的でした。
アキバっぽい風景を色々と納められました!

友人は体調を崩して3週間余り入院をしていたそうです。
仕事の転機で色々と悩む事も多く、体調を崩して受診したところ要入院の結果だったそうです。
友人は、2ヶ月余り養生してのアキバとなりました。
病状は回復して酒は2杯ほど飲んで、もう大丈夫との話でした。 私も安心しました。
会話は、、、相変わらず”カメラ話”ですね〜(笑)。
カメラメーカーが主催する写真コンテストに積極的に出品して「賞でも狙うか〜」と、楽しそうに話していました。

居酒屋の話題。
このところ流行っていた格安居酒屋が、相次いで値上げをしています。
今回、金の蔵Jrで飲んだけれど、半年くらい前まで270円だった飲料や料理が、350円程になっていました。
この日の飲み代は、それを反映して、一人当たり約3,000円でしたよ。 以前は、2,300円などが多かったと思います。
それでも3時間余り飲食した代金としては、お安く、有り難いことです。
しかしながら、店内は半分が空いていました。 半年前には「あと30分くらい待って貰いますが、、、」と断られ、和民へ行くことも多かったけれど、やっぱり格安は魅力的だったようですね。

アキバは、どんどん老舗が減っています。
昔の「秋葉原-電器街」が縮小しているようにも思います。
数日前にWebニュースで読んだ「ラジオセンター&秋葉原ラジオストアー閉館」もその1つです。
先のラジオ会館(本館)に続き、秋葉原周辺の古いビル建て替えが進んでいます。 戦後復興に合わせて、GHQによって露天電器パーツ商店を集めた昭和20年代の遺跡がどんどん消えてしまうのは残念です。

因みにアキバに存在するビルや店舗に「ラジオ」や「無線」が多いのは、それらが当時の最先端技術で、現在の”IT”のような意味を持っていたからなんです。 つまり「ラジオセンター」を現代風にいうと、「ITセンター」や「テクノロジーセンター」のような感じです。 「ラジオ」と聞くと古めかしくレトロですが(笑)、現在風にいうと、格好良いですよね?
そのように考えてみると、今流行っている会社名は、これら取り壊されている60年前のビルが経過した年数を経ると、きっと同様にレトロに感じるのでしょうね。
「ITって何時の時代?」って、後世の人達に思われそうです(笑)。

今回購入したものは、リュックサックのみです。
リュックサックは既に持っているけれど、サイクリング用に買いました。
サイクリング中に飲料を入れて背負うと、あっという間に汗で汚れるので”使い捨て”的な用途です。
だから価格は980円ですよ〜(笑)。

このリュック、帰路の電車へ忘れてしまいました。。。
翌日JRへ電話をすると終点駅で保管しているとの事で、会社帰りに遠回りして受け取りましたよ。
どうやら買い物袋の中身で登録されてなく、「買い物袋」や「ビニール袋」で登録されていたらしく、駅員さんが何度も倉庫へ確認に行っていました。
「電話でこちらへあると確認しているんですけれども。。。」と何度か説明すると、「お話の時間帯の拾得物に”ビニール袋”の登録ならありますが、こちらでしょうか?」と最後に見せて貰ったものが、私の忘れたリュックでした。

そんな馬鹿な?と思うと同時に「もしかして以前のジーンズも”袋”扱い?」と頭によぎりましたよ。
その予感が当たったならば、JRの倉庫には「○○袋」という名目の忘れ物が沢山ありそうです(苦笑)。

◎購入品
・無名ブランドのリュック \980-
合計\980-
2013年9月21日(土)〜23日(月)
秋の3連休、よいお天気でした。 こっこ達は地元の祭りで訪れたお神輿にビックリ。
左上:3羽仲良くお食事中。 涼しくなったから、ちゃんと食べられるようになった?
右上:納豆ヨーグルトを3羽で仲良く食べていますよ〜。 やっぱり仲良しが一番です!
左下:夕方のお散歩。 雌鶏さんを警備しつつ、色々な場所を回りました。
右下:ぴよ美もお散歩。 後ろからぴよ太が見守ってくれているから、安心だね。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ぴよ太の羽換
ぴよ太の風切り羽が、モワモワっとなっているのに気付きました。
左右ともにそうなっていて、よく見ると禿げています。
虫に刺されたのかな?と思って私が触ると、チクチクするのか、私の手を振り払うように”嫌がる素振り”をしました。

どうやら、羽が抜けて新しい羽が生えている最中のようです。
我が家のぴよ太は、ときどき翼だけが羽換します。
「なんでだろうな〜」と思うのだけど、体質なのかも知れませんね。
雄鶏君は余り酷い羽換にならないから、他の部位も気付かないくらいに抜けちゃっていることも有り得ますが、目立つのは翼だけなのは事実です。

夜、帰宅した私は、静養ケージに登って寝ているぴよ太をナデナデしてから家へ入ります。
羽換中の翼に触るとビクッっとして「チクチクするから、翼に触らないで!」と立ち上がってしまうから、背中だけをナデナデするようにしています。 早くチクチクしなくなるといいね〜。

祭りの神輿襲来〜
9月22日(日曜日)は、地元の秋の大祭でした。
本来、満月が大祭の日と決められていて、それに倣うと9月19日(木曜日)です。
しかしながら、農耕や漁業を辞めサラリーマン世帯が多くなった昨今、平日の開催は至難です。
神輿の担ぎ手が集まらず、集まるのは仕事を引退した世代ばかりになってしまいそうですから〜(笑)。

大祭は、つい15年ほど前まで、満月に行われていました(満月に所以のある神社だから)。
満月が何時だろうが、その日に開催しました。
満月のその日、地域の学校や、多くの会社も臨時休暇になりましたよ。

似た話で「田植えの時期に、田植え休暇を与える企業も多かった」というのも聞きました。
田畑を耕す兼業農家の方が多かったのが理由で、田植え休暇を与えないと辞められてしまうから、そのような制度があったようです。 現在も名残りがあるのか否か知らないけれど、つい30年前か、40年くらい前の話です(笑)。

話は元に戻って(笑)、祭りの神輿は地域を練り歩きます。
我が家もそのルートにあり、数百人の行列と共に5社の神輿が、午前に一回だけ通り過ぎますよ。
そして午後に再び我が家の前を通るのは、5つの地区を代表する5社のうちの1社のみ。 私の地区の神輿のみです。
5社は午前に全ての地区を並んで巡ったあと、正午頃にバラバラに分かれ、各々の地区を目指すのです。

午前中に列を乱さず、真っ直ぐに並んでいたけれど、各々に分かれた午後には、それぞれの地区を好きなように練り歩きますよ。 道中、ご祝儀(おひねり)を頂いたお宅に立ち止まって「ワッショイ ワッショイ ワッショイ!!!」とやったりしてね。 ご祝儀は、だいたい昔からのお宅が出します。

そして我が家もご祝儀を用意し、親戚一同、姪っ子が集まるなか「ワッショイ ワッショイ ワッショイ!!!」をやって貰いました。 姪っ子達はそれぞれ反応が違います。 引っ込み思案のお姉ちゃんは、担ぎ手の迫力に固まっています(ビックリしちゃたかな?)。 下の子はわんぱくな性格だからか、大喜びして自分も飛び跳ねてバタバタやっていました。

そして我が家のこっこ達は、、、
お姉ちゃん姪っ子と同じリアクションで、フリーズしちゃっていました。。。
3羽が植木の中から首を長く伸ばし、キョロキョロして「何? 何ごと?」のようになっていました。
ビックリしちゃったけど、沢山のお客さんとお神輿が来て珍しかったでしょう?

そう言えば、ヘビが。。。
名古屋コーチン一家の週末日記このところ、思い出したことがありました。
2009年7月に庭で捕まえたヘビのことです。
捕まえた場所は、当時子供だったぴよりんとぴよこりんの暮らす小屋(組み立て式ケージ)の上(屋根)でしたよ。

夜間、小屋を見回りに行ったとき「ゴソゴソ」と何やら動くものを見付けました。
動くものは小さく、私は「こっこのご飯を盗みに来たネズミ?」と思いましたよ。
私が小さく感じたのは、動く時にでる「ゴソゴソ」という音や、掻き分けられる屋根に積った葉っぱの様子からでした。
そして続けて「ゴソゴソ」「ゴソゴソ」と屋根の上で動く動物を目で追うと、何やら長いです。。。 ネズミではなく、トカゲのように見えました。 その動きが余り速くなく、手でパッっと捕まえると、、、何と”ヘビ”でした!

全長が20cmほどの子供のヘビでした。
素手で捕まえてしまったけれど、その姿(模様)にゾッとしましたよ〜。 紋様がまるでマムシです。「噛まれなくて良かった〜」と一安心して、虫カゴへ入れました。
写真の虫カゴは10cmくらいの小さなもので、写っている私の手からも解るように、トカゲと間違う程の小さなヘビでした。

虫カゴに入れた子供のヘビは、一丁前にトグロを巻きます。 直径5cm程の小さな可愛らしいトグロです。 それでも写真を撮って拡大してみると、なかなか貫禄あるトグロ姿でしたよ!
【写真:2009年に捕獲した青大将?の子供。とにかく小さい!】

私はネットでマムシの紋様を検索しました。
「自宅からちょっと離れた田園地帯には居るけれど、マムシなんて家の周りに居ない筈だよな〜」と思いながら調べましたよ。 因みに我が家の周りでは、シマヘビや青大将、ジムグリが、ときどき見掛けられます。
それぞれのヘビの子供写真も検索して調べてみました。

結果は、、、
やっぱりマムシと瓜二つです(怖!)。
しかし青大将の子供も、マムシと瓜二つの紋様を持っているという記載を、沢山見付けました(毒蛇に擬態?)。
青大将の子供写真を見ると、私が捕まえた子ヘビとそっくりです。頭の形からも幼い青大将の可能性が大です。
私は、箸くらいのチビな赤ちゃんヘビが可愛くなって、小さな虫カゴで飼う事にしました(笑)。
部屋の机の上に虫カゴを置き、私は「小さな虫でも食べさせようかな〜。バッタが良いかな?」などと考えながら眠りにつきましたよ。

翌朝、起床した私は赤ちゃんヘビの入った虫カゴを覗きました。
すると、、、赤ちゃんヘビがいません!!!
よく見ると蓋がきっちりと閉まっておらず、微妙に隙間があって、そこから逃げられちゃったみたいです。
完全にマムシの可能性が否定できない中での脱走〜。 しかも自室での脱走でした(苦笑)。

4年前の夏夜の出来事でした。
未だあの赤ちゃんヘビは見付かってません。
生きていたら立派なヘビになっていることでしょう。
私の部屋で生息しているのか?それとも室外へ逃げたのか?
幸いなことに、寝ている最中、私が噛まれるような事態にはなっていません。

そうそう、最後に一つ。。。
この赤ちゃんヘビ、私が捕獲しなかったならば、間違い無くこっこ達に食べられていたことでしょう。
何しろ、我が家の子達はトカゲが好物ですから〜(笑)。 私は恩人なので、ヘビの恩返しを期待していますよ〜。

少し前のこと、こっこ仲間のテン&シマさんが掲示板に記された”青大将の話題”で思い出しました。
2013年9月14日(土)〜16日(月)
秋の三連休、最終日に台風が来ました。 やっぱりこっこは風が苦手ですね〜。
左上:水を飲むぴよ美。 9月も中旬になったけれど、まだまだ暑いね。
右上:藁捨て場に行って、みんなでカキカキ中。 美味しそうな虫を捕まえられたかな?
左中:ぴよりんがカキカキして掘った穴。 藁の下には、どんな虫が居るの?
右中:夕方、ぴよ太は警備中。 後ろで雌鶏さん達がくつろいでいます。
左下:月曜日の台風中、対策を施した母屋小屋に、雨は入りませんでした。
右下:台風通過中には、倉庫へ避難していましたよ。
////////////////////////////////////////////////////////////////////

9月は3連休が2回もあって良いですね〜。
少し前に”秋のゴールデンウィーク”という連休があったけれど、その名残でしょうか?
ほんの2年くらい前のことでしたが、9月だったのか、10月だったのか、、、記憶が定かではありません。

今回の連休は、ご存知の通り台風18号によって、日本列島は大荒れでした。
台風にともなって、このところ頻発していた竜巻被害が起こりました。
竜巻の被災現場をニュースでみると、凄い威力ですよね。。。 
これでも本場アメリカの威力と比べると、数ランク落ちると言うのだから、恐ろしいです。
微力ですが、台風被害、竜巻被害の被災地が早く元の生活に戻れるように祈っております。

台風通過
とっても大きな被害を出した台風18号は、14日に関東を通り過ぎて行きました。
関東では埼玉や群馬での突風被害(竜巻?)が特に大きかったです。
西日本だと、京都周辺の被害が大きかったですね。観光地がとても心配だったりします。
そして我が家の被害は、物干し竿の倒壊、ブドウ棚からの多数の実の落下被害がありました。
裏手の小川の氾濫、家屋やこっこ小屋への被害は、お陰様で有りませんでしよ。

台風は、大粒の雨を降らせました。
14日の朝、雨が降ったりやんだりしていて、降る時には「ダダダダダッ〜」と屋根を叩きつける程の勢いです。
台風の風は15時に、一旦、止みました。
その直前に、庭で「ドッタン!」と大きな音がして、何かが吹き飛ばされました。
庭へ出て見ると、暴風雨対策に母屋小屋へ立て掛けた風防の古い雨戸が倒れています。
この雨戸には、約30Kgのコンクリート柱を2本、重しとして添えておきました(上写真参考)。
その2本のコンクリート柱と共に、倒れていたのです。。。

こっこ達は首を伸ばして「何? どうしたの?」とキョロキョロしていて、「コケッ〜コッコッコッ〜」と、雌鶏さん達が警戒鳴きをしています。 飛ばされた音にビックリしています(私も何事かとビックリしましたから/苦笑)。

どやら、風が南から北(西?)に変わったようです。
母屋小屋の表方向からの南風への対策を、前日夕方にしたのだけれど、その裏側(北西方向)からの強風を受けて、簡単に吹き飛んでしまったようです。 次の台風には、立て掛ける角度も気にして対策を施そうと思います。

台風の影響が最も強かった時、こっこ達は倉庫へ避難していました。
自主避難です。 ←うちの子達は、偉い!(親ばか)

とはいえ、風や雨が弱くなると、植木の方へ遊びに行っちゃいます。。。
ツンツン、カキカキして、沢山遊びたいのでしょうね(笑)。
庭で遊んでいる最中、再び風が強くなったり、雨が強くなると、木蔭で一旦様子をみて、隙をみて倉庫へ逃げ帰って来ますよ(笑)。 倉庫に着くと「もう困っちゃうんだよね〜。急に風が強くなって、怖いんだよ! もう〜!」と小言をいっているように聞こえます(笑)。 そんなに強風が怖いなら、ずっと倉庫で雨宿りしていれば良いのにね〜。
それでも、庭に出てカキカキしたいのだから、仕方がありません。

ぴよ美の尾羽
尾羽が一気に抜けて、庭に落ちていました。
夏から「あれ? ぴよ美は羽換なのかな?」と思うことが、時々あったけれど、地味な羽換が続いているようです。

現在、ぴよ美の尾羽は、先っちょの黒い羽が全くない状態です。
抜けた数は10本とか20本くらいだと思うけれど、黒い尾羽が抜けると目立つから、直ぐに気付きますよ。
新しい綺麗な羽が生えてくると良いね! そのためにも、ご飯を沢山食べようね〜。

しかし、雌鶏さんばかりが羽換して、雄鶏のぴよ太は全然ですね〜。
過去の子達もそうでしたけど、雄鶏君は羽換を余りしないのでしょうかね?
こっこ7不思議の一つです(笑)。

会社帰りのジム
定期的に記す”筋トレ”のネタですが、夏が終わりつつあって、ジム客にも変化がありましたよ。
ニワカの筋トレをする人が少なくなって、元ニワカの中から熱心な人だけが残りました。

それから「夏前に細マッチョになってやる!」という人に入れ替わって、ちょこっと聞こえる会話の内容から、高校3年生らしき数人組が新しく加わりました。 どうやら部活を引退して、大学入学や就職する前までに体が鈍らないようにジムへ来ている感じでした。 男子生徒で、数人組ですから、、、流れ的に、力比べみたいになって、「ダンベル○×Kgで俺は10回楽勝だぜ〜」「俺はもっと凄いぜ!」のようになていて、賑やかにやっていましたよ(笑)。

私の方は、相変わらずデッドリフトやパワークリーンを楽しんでいます。
パワークリーンは、70Kgをチャレンジ中です。 本当は80Kg、90Kgと上げて行きたいのですが、ウエイトレフティング専門のトレーニングジムではないから、落としたら大変です。
落としたら、(バーベルを使わない)他の人がビックリするから大変といった方が適切かも知れません。

そんな感じで、70Kgを連続3回、4回と、回数を増やすことにチャレンジ中です。
ですが、やっぱり限界回数になると、肩位置まで上げられなくて途中で下すことがありますよ。
失敗パターンですが、この場合には、落とさないように落下するバーベルを受け止めて支えるから、負荷がキツイです。 
僧坊筋という肩の筋肉があって、そこを使って支えますよ。 つまり失敗した場合には、そこが鍛えられます(笑)。

COBRIDERさんが掲示板へ書き込んで下さった”スナッチ”の話題に刺激されて、スナッチもちゃんとやってみたいな〜と思っています。 肩が硬いと、フォームが難しそうですが、YouTubeで外人さんが指導している動画を見付けたので、ジムで人が少ないときに時間を掛けてやってみよと思っています(珍しがられて、目立ちそうです/笑)。
2013年9月7日(土)&8日(日)
涼しい週末だったけれど、突然の土砂降りに少し困惑しちゃいました。
左上:餌箱で食事中のぴよ太に見付かり、「どうしたの?」と聞かれる私でした(笑)。
右上:ぴよ美は、休憩中。 鉄パイプは、良い止まり木になっています。
左下:羽を手入れするぴよりん。 羽換が終わってしばらく経ったら、美人さんになりました!
右下:藁捨て場で遊ぶ雌鶏さんの警備をするぴよ太。 お疲れ様〜。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こーちんの庭は、秋の気配が訪れましたよ。
週の後半、そして土日の最高気温は、30℃未満でした。
雨が降るスッキリしない天気でしたが、土日は涼しかったら、全然OKで快適です。

お陰様で、こっこ達も辛そうに口呼吸すること無く、元気に過ごせました。
配合飼料は相変わらず余り食べませんが、涼しい陽気が続くなら食欲も増してくれる筈です。
それまでは、我が家の畑で採れたキュウリやトマト、スイカを食べて貰いましょう。
(スイカは、やっと我が家の畑のものが食べ頃になりました!)

土曜の朝(だったと思う/笑)に降った局地的な雨は、結構激しかったですよ〜。
そして日曜の夕方、私が自宅トレーニングのときに降った雷雨も激しかったです。

土砂降りになると、こっこ達は軒下へ一目散に逃げて行き、暫く雨宿りをしていました。 軒下へ避難した私は、雷雨の30分間、そこから出られません(笑)。 家屋まで20mも離れていないのに、大粒の雨が瞬時に全身をびしょ濡れにする勢いの雨でした。。。
仕方がないので、重量を落としてのショルダープレスをやっていました(笑)。 落雷が相次いで、近くに落ちることもあったから、「驚いて手を滑らせたら大変だな〜」と緊張しながらのトレーニングです(苦笑)。

こっこ達は、つまらなそうに羽を整えたり、コックリコックリしていたけれど、軒下の私を見たならば「あっ、お父ちゃんも同じだ〜!」と思ったに違いありません(笑)。 涼しかったけれど、突然の土砂降りもあった週末でした。

午後のひととき
15時頃、居間から外を覗くと、3羽が座っていました。
地面にぺったり座り込んで、午後の一休みのようです。
のんびりした、凄くよい感じの3羽でしたよ!

若い頃のこっこ達は、忙しなく動き回ってじっとしていられません。
人間の子に例えると、幼稚園児のように動き回って、遊んでいます。
でも3歳、4歳を迎えると、こっこは落ち着きますね〜。 人間の40歳くらいの感じになります(笑)。
ご飯を食べて遊び疲れると、固まって座り、コックリコックリしていますよ〜。

私が居間から顔を出していることに気付くと、薄目を開いて「なに〜、どうしたの?」とチラッと見ています。
私と最も会話をするぴよ太は、「ホゥォォ〜ホッホッ〜〜」と小さく答えます。
「みんなで昼寝をしているからね。」と、私に説明しているのかも知れません。

穏やかな天気、涼しいブドウ棚の下で、そんなゆっくりした時間が流れていました。

野菜泥棒
つい先週の日記へ、”一年前に起きた盗難の話”を記したばかりでした。
気を付けないとな〜と思っていた矢先、月曜日夜(9/2)、我が家の畑で野菜泥棒を捕まえてしまいましたよ(苦笑)。
自転車で会社帰りに畑の前を通り掛かったとき、人影が見えて、ゴソゴソやっていたのき気付きました。
一度通り過ぎたあと、自転車で戻って、前タイヤを少し動かしながら蓄電式のオートの自転車ライトを当てました。
ゴソゴソしている付近をじっと見詰めましたよ(笑)。
父に似た背格好と服装(作業着姿)です。
ですが、父はこの時間には自宅で寝転がっているのが常なので、畑にはいません!

私に気付いたのか、植木の垣根をかき分けて逃げ始めたので、追い掛けて静止しましたよ。
男は抵抗せずに、大人しく捕まってくれました。良かったです。
捕まえた男は、痩せた60歳前後の野菜泥棒でした。。。
イチジクをスーパーレジ袋に詰めて盗んでいて、「盗ったの?」の問いに「盗ってしまいました。」との返事です。
「何度も盗った?」の問いには、「初めてで、1回だけです。本当に〜」と答えます。
嘘っぽい感じですが(苦笑)、「もうニ度としません。本当です。」と言い、反省を口にしています。
「家は?」の問いには、「(近所の)あの辺に住んでます。」と指さし、私に説明します。
「これは、立派な犯罪なのだから、もうやらないでね!」と言って、今回は見逃すことにしました。

自宅へ着くと、野菜泥棒の話をして、さっそく似顔絵を描きました。絵は、何時ものクオリティーですけれども(笑)。
「この顔が再び野菜泥棒をしていたら、常習犯だから。。。」と伝えておきましたよ。
父の話によると、ここ最近、ナスやトマトやキュウリも盗られていたとのこと。
もし盗難が減るならば、この犯人の仕業かも知れませんね(苦笑)。

泥棒は、いつの時代も居るので仕方がないと諦め、また会社帰りに畑を見ようと思います。
2013年8月31日(土)&9月1日(日)
8月最後の週末は、台風の影響なのか強風でした。 南風が、とても暑かったですよ〜。
左上:暑い庭でお食事中のぴよ太。 暑いと、あんまり食べたくないね〜。 あとでスイカを食べようね!
右上:散水して湿った藁捨て場で遊ぶぴよりんとぴよ美。 気化熱が周囲の温度を下げて、ヒンヤリです。
左下:湿った地面が気持ち良いぴよりん。 散水した地面が乾く数日間、砂浴びも気持ち良いね!
右下:ぴよ美が庭石に登って、「何か居ないかな?」と獲物を探していました(笑)。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

また暑さが戻って来ましたよ。
関東地方もグングンと気温の上がった一週間でした。
そして土曜日、最も近い観測点が”36℃”だと、お昼のニュースで放送されちゃいました。
庭の気温を見ると、、、なんと38℃になっていましたよ。
そんな状態じゃあ、暑いわけです(苦笑)。
早速、冷たい井戸水を庭へ散水することにしました。

散水したら、黒い顔に、、、
名古屋コーチン一家の週末日記土曜日にたっぷりと散水をした翌日(日曜日)も暑い一日になりました。
我が家の庭は、良い具合に湿っています。 そしてこっこ達にとっては、ヒンヤリしていて気持ちが良い筈です。 私は「こっこ達が元気にしているかな?」と、一人ひとりの顔を覗きに行きましたよ。 そうしたら顔が泥んこでした。

ぴよ太とぴよりんが泥んこです(笑)。
炭でこすったように、博士がコントの実験で爆発した顔のように、黒くなっていますよ〜。 何を突いたのか解らないけれど、黒いものを突っついて遊んだのが想像できます。 散水の翌日だから、湿った土じゃないかな〜と思っています。
庭でちょこちょこっと刈った草や植木の葉を焼くことがあるから、きっとそこの土で遊んだのかも知れません。

ぴよ太の顔は、下記”爪切り”のとき、水洗いをしてタオルで拭ってあげました。
水洗いは、私の指先に1滴か2滴の水道水を付けて、マッサージする感じで洗いましたよ。 でもぴよ太は嫌がりましたね〜(苦笑)。 
顔マッサージだけなら気持ち良さそうにしてますが、水が嫌いみたいです。 プールに初めて入る子供達と同じく、「ハイ顔だけ水に漬けようね〜」というレベルで嫌がっちゃっていますよ。
【写真:ぴよりんの顔は、黒くなっていました(笑)。】

雌鶏さんのぴよりんは、抱っこをするのも嫌で、水なんてとんでもありません!
ちょこちょこっと顔を撫でただけで、「イヤダーイヤダー、もう放して!」と足をバタバタさせて、大暴れです。
仕方がないから、顔を綺麗に拭き切る前に断念しました(苦笑)。

ぴよりんは、写真のように顔が黒いです(笑)。
「何処から来た田舎の子なの?」と聞くと、「キュゥ〜」と怒りそうだけど、、、でも言いたくなっちゃいますよね(笑)。

爪切り
最近、数か月間に切ってあげたばかりのような気がしますが、、、
ぴよ太の蹴爪の長さが気になって、日曜日に切ってあげましたよ。
前回切った長さから、新しく1cmくらい鋭く、新しい爪が生えてきていたから、その伸びた部分だけを切りました。
使った道具は、ペンチの針金を切る部分です。
毎回このペンチを使いますよ。

前回は”深爪”をしてしまって、痛々しい流血になってしまいました(苦笑)。
だから今回には、控えめに前回から伸びた部分だけを切りましたよ。

毎回嫌がるぴよ太や過去の雄鶏君だけど、今回のぴよ太はお利巧さんでした!
大人しく私の膝の上で横になって切らせてくれました。
その結果、片側の蹴爪に2回か3回のカットで、切り口がまん丸にカット出来ましたよ。
そして流血もしませんでした!
私の膝からぴよ太を降ろすと、ブルブルっと羽をやって、邪魔な蹴爪がなくなったからか、歩きやすそうに雌鶏さん達のほうへ行きました。 伸びるのが早いから、次の”爪切り”は冬頃かな?

番外編【1年前のこと】
ちょうど一年前のこと、立て続けに身の回りで起こった盗難について、思い出したことを記しておきます。

我が家のことだけど、畑に置いたエンジンポンプを盗まれちゃいました。。。
無くなったことに気付いたのが昨年7月末のことで、父が灼熱の太陽にカラカラにされた畑へ水を撒こうと、掘り抜き井戸の近くに行った時に初めて気付いたそうです。 盗まれたのは、ホンダ製のガソリンを燃料とするエンジンポンプと20mのホース一式で、金額にして7万円くらいでした。

畑に隣接するお宅へ父が聞きに行ったところ、「前日夕方に、息子さんらしい人がホースを巻いていたのを見たよ。」と教えてくれたそうです。 ”息子さん”というのは、ときどき畑へ作業をしに来る私の事ですが、(事件前後に)私自身は全く畑へ立ち寄っていないので、この男が犯人だと思います(苦笑)。 こんな物を盗んでどうするのか?と思うのだけど、案外、近くの畑で使っていたりするかも知れません(笑)。
困ったものです。。。

この盗難事件から3週間くらい前のこと(昨年7月初旬)、我が家の庭へ近所から盗難された鞄が投げ込まれた事がありました。 直ぐに警察署へ届け出ましたよ。 その鞄には、通帳と封筒に入れられた10万円が入っていました(お財布だけ盗まれたようでした)。 名前や住所も直ぐに解り、前日に被害にあった方のものでしたよ。

そのお宅は、ご近所さんです。 場所は、50m離れた軍鶏のお宅に隣接するお宅のようでした。
(借家に一人暮らしの)70代のお婆さんが、翌日にお礼に現れて、話をされました。 「昼間、(暑いから)網戸にして、お昼頃に居間で寝転がってTVを見ていたら、無施錠の玄関から無言で入って来た小柄な若い女に盗まれた。」との事でした。 お財布には小銭しか入って無かったそうで、「良かった」とお婆さんは話していたけれど、お婆さんに何も被害が無いことが一番の幸いです。 しかし、この犯人の女は玄人っぽいですよね〜。
真っ昼間に、人の気配のするお宅へ侵入するなんて、普通は男でも怖くて出来ません(苦笑)。

そんな事件を思い出して記してみました。
現在、我が家の畑では買い直した新しいポンプが稼働しています。
再び盗まれないことを祈っていますよ〜。
2013年8月24日(土)&25日(日)
小雨がときどき降る土日、気温はグンと下がって涼しくなりましたよ〜。
左上:スズメの盗み食い防止の蓋を開けてj、ご飯を食べるこっこ。 足やクチバシを使って、ひょいと開けますよ。
右上:小雨が上がった庭へ出てお散歩をするぴよ太。
左下:ぴよ美も涼しい庭をお散歩中ですよ。
右下:土曜日、小雨が掛からない木蔭で休むぴよ美。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ガラッと空気が入れ替わったように、日曜日は涼しかったです!
気温25℃、ヒンヤリとした風が吹いていましたよ。
天候は「曇り時々雨」で、地面は湿っていました。

この日のこっこ達は、相変わらず夏季特有の小食でした。
私は「涼しいから、今日は沢山食べるかな?」と思ったのだけど、古米を混ぜた配合飼料には少々口を付ける程度です。
こっこ達は経験的に「涼しいのは今日だけじゃない? たくさん食べたら、きっと明日暑くて堪らなくなるよ。。。」と思っていたのかも(笑)。 体が”食べるモード”に変わるには、数日間の涼しい日が必要なのでしょうね。
そんな相変わらず小食な子たちでしたが、苦しそうにハァハァと息をすること無く、快適に過ごせていましたよ。

カナブンの季節
高タンパクっぽく栄養がありそうだけど、カチンカチンに硬いカナブン。。。 
丸飲みなどをしたら、喉に引っ掛かって、凄く痛そう(笑)。
しかしながらカナブンは、大のご馳走らしく、無条件に「あっ、美味しそうなカナブン!」と食べちゃう対象のようです。

お盆を過ぎて、我が家のブドウも大きく順調に育っています。 ←品種はナイアガラ(緑色の実)
そしてブドウを狙って、様々な昆虫がやって来ますよ。
代表は、カナブンです。 母には「ブドウを食べちゃう!」と害虫扱いされて、煙たがられています(笑)。
他には、チョウチョウや蜂、便所蜂(笑)みたいな黒い昆虫などがブドウへ寄ってきます。

私が棒を使ってブドウ棚をゆらゆらと揺すると、ボトンボトンと何匹もカナブンが落ちますよ。
事前に「ぴよちゃん、カナブンを落とすからおいで〜。」と呼んだこっこ達は、我先に、それに飛び掛かります(笑)。
このとき、機転の利いたカナブンは、「食べられまい」と一生懸命に羽ばたいて、低空飛行で難を逃れようとします。
成功率は高く、飛んで逃げ切るカナブンは飛んだ者の8割程にもなりますよ! そして逃げ切れられない2割のカナブンは、低空飛行するも、猛烈なダッシュで追い掛けて来る子に、パクっと食べられちゃう。。。

昔からそうなのだけど、食べ物に執着するのは雌鶏さんです!
私が庭を歩きながらパンやおにぎり、お菓子などを食べていると、雌鶏さんは、ジャンプをして奪おうとしますよ(苦笑)。
それに比べると、雄鶏君は紳士ですね〜。
私に近付いて「それ頂戴!」と話し掛けてきますが、強引に奪おうとはしません。
食べる素振りをしますが、ダダダダッ〜っときて、いきなりガブリとする雌鶏さんとは違います。

カナブンを執拗に追いかけるのは、食べ物に特別な思いを持つ雌鶏さんです(笑)。
飛んで逃げるカナブンを10m近く追い掛けることもあるから、カナブンにとっては恐怖そのものでしょう。。。
雌鶏さんは、カナブンを捕まえると「ゴクン」と丸飲みしちゃいますよ。
もともと歯が無いから、噛む事をしませんが、地面や石に叩きつけて細かく砕くようなこともしません。
本当に”丸飲み”なんです!
毎年、決まってこの事を記す私ですが、「喉が痛くないのかな?」とまた決まって記してしまいます(笑)。

我が家のこっこちゃん
私が窓から顔を出して、「ぴよちゃ〜ん、ご飯だよ〜〜〜」と呼ぶと、駆け寄ってくる子たち。
庭から丸見えの居間、私が手に食物を持ってモゴモゴと口に頬張っている姿を見付けて、「何食べてるの?」「ご馳走してよ!」と、首をかしげるように見つめる子たち。
草取りをしていると、刈った跡のふさふさの地面をカキカキしようと、首を長くして覗き込む子たち。
その草を集めて盛ると、「この中にご馳走があるんでしょう?」と草の山を蹴散らしちゃう子たち。
どれも我が家の子たちです!

そんな好奇心旺盛な子たちなのだけど、寂しいことに満腹の時には、何にも反応してくれませんよ(笑)。
良く猫が「気まぐれ」と言われるけれど、こっこも気まぐれだな〜と、私は思います。
朝、新しいご飯に入れ換えて「ご飯だよ〜。食べにおいで〜〜〜!」と呼んでも、チラッと私を見るだけで、誰も駆け寄って来てくれない時は、ガッカリしちゃいますね〜(苦笑)。
夏は暑くて食べるのを控えているから、仕方がないけれどもね〜。
2013年8月14日(水)〜18日(日)
お盆休みですよ〜。 続編! こっこ達とのんびり過ごしましたよ。
左上:食欲が落ちる夏季でも人気なのが”納豆ヨーグルト”です。 3羽は、仲良く食べました!
右上:ブドウ棚の下へも散水。 泥んこの地面が冷たくて気持ち良いこっこ達。
左下:ぴよ太の散歩。 蝉の抜け殻を沢山見付けましたよ。 でも殻だから、食べられません。。。
右下:庭の奥、薄暗く涼しい場所を散歩するぴよ美。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お盆休みも終盤、ちょっと残念な気持ちになってきたコーチンの庭管理人です(笑)。
何か特別なことをした訳ではないけれど、普通の休日が延長したように過ごすのも悪くありませんね。
こっこ達と遊んで、庭掃除や散水をする。 午後にはコーヒーを飲みながらWebを巡って調べ物をする。
ときには勉強もしますよ〜。
Webの技術や仕事でも最近重要になって来た”文章術”について学ぶこともあります。
そして、やっぱりアキバ巡回! ウォーキングを兼ねて、秋葉原の街を歩き回るのは楽しいですからね(笑)。

こっこ達は、真夏の庭でグッタリでした。
人間もグッタリなのだから、これは仕方がありません。。。
彼らが少しでも涼めるように、お気に入りの場所へは毎日散水をしましたよ。

こっこのダイエット?
我が家の子達は、この夏に随分と軽くなったみたいです。
通常、ぴよ太は4Kg強、雌鶏さんは3〜3.5Kgほどの体重があります。
過去の子だと、父コーチンや末っ子コーチンが5Kgくらい。 雌鶏さんも4Kg超えの体格を誇っていたけれど、遺伝子のせいか、最近の子は少しスマートのようですね。
そんな昔の子達よりもスマートなこっこ達は、夏になると更に軽量になりますよ。
現在、抱っこをした感触だと、ぴよ太は3.5Kg、ぴよ美とぴよりんが3Kg弱くらいの重さになっています。

理由は、「食べる量を減らしているから」です。
そして「沢山食べると暑いから!」でもありますよ。

少し前の日記にも記したことだけど、こっこ達は体温上昇を抑えるために、本能的に食事制限をしています。
キュウリやスイカ、納豆ヨーグルトなどは良く食べるけれど、配合飼料に含まれた穀物類などを食べたがりません。
私が「賢いな!」と感心するのは、体温を上げやすい食物と、スイカなどの利尿作用によって体温を下げやすい食物を見極めていることです。 本能的なのか、頭で理解して選んでいるのか、、、結果的に体温上昇を起こす高カロリー食品を控えていますよ。

玄米や乾燥トウモロコシ、肉の粉末などの高カロリー食品を食べてないのだから、体温は抑えられますが、体重も減ります。 その結果、冒頭のようにダイエット効果が現れています。
人間に例えると、70Kgの成人男性が60Kgくらいに減った感じですね。

涼しい地域に暮らすこっこ達には無関係ですが、我が家の子達の”真夏のダイエット”は、この様な理由で毎年恒例になっています。 因みに、養鶏業界では”夏の暑さ対策”として、例えば下記のように案内していますよ。
賢い子は、自分で判断してダイエットするのでしょうけれど、そうじゃない子もいるから「飼い主に気を付けて貰う。」ということなのでしょうね。

/////// (例)愛知県 中央家畜保健衛生所のアナウンス //////////////////////////
体内の熱産生量を下げる。 飼料摂取時間の制限・変更、昼間の絶食:8〜13時までもしくは9〜17時まで給餌を停止することで、飼料摂取による体内発熱増加と舎内温度上昇が重ならないようにする。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ぴよりんが再び〜
羽が抜けています!
夕方、玄関前の静養ケージの上にぴよりんを見付けました。
ぴよ太と並んで立っていて、向いの棚へ飛び乗ろうとしている場面でしたよ。

ぴよりんに「抱っこをして、あっちへ載せてあげようか?」と言いながら、私はぴよりんを抱っこしました。
「キュッ キュッ〜」と言いながら、触られるのを嫌がる素振りを少し見せるぴよりん。。。
同時に、私の手や腕に何枚もの羽毛がくっついてきましたよ。
棚の上に乗ったぴよりんは、私に触られたのが気になって「もぉ〜、羽が乱れちゃったじゃない!」と羽繕いをします(笑)。
すると再び、パラパラッ〜っと何枚かが抜け落ちました。

ぴよりんの羽は抜けやすくなっていました。
どうやら1ヶ月前の羽換の続きがきたようですね!
ぴよ美の羽換が来るのかとおもったら、再びぴよりんでした。

前回は背中の後部と尾羽、風切り羽が中心に抜けました。
きっとそれ以外の部位が、これから抜けるのかも知れませんね。
首周りやお腹がハゲハゲになるのかな〜と、私はぴよりんの様子を見ていますよ。


番外編【秋葉原巡回】
名古屋コーチン一家の週末日記
(AKBカフェは、観光客で賑わったよ)
名古屋コーチン一家の週末日記
(買いそびれた”LUMIX DMC-GF5”)
名古屋コーチン一家の週末日記
(立ち止まって悩んでしまった”防塵マスク”)
お盆休みに”アキバ”へ行って来ましたよ〜。
連休中は何れの日も暑く、午後3時でも35℃近くの気温に「行くの止めようかな?」とも思ったけれど、「行かなきゃ駄目だ!」と自分に言い聞かせて家を出ました(笑)。 電車の中は冷房も効いて、快適でした。
しかしアキバヘ着くと、、、灼熱のアスファイルに照り返された熱に蒸し焼きにされそうです。。。

今回のお目当ては、パナソニックのミラーレス一眼”LUMIX DMC-GF5”のボディです。
色は、センシュアルブラウン。 ←赤茶色の落ち着いた感じ
事前の調べで、秋葉原のニッシンバルという店舗で\14,500-でした(価格com最安値常連)。

このカメラは、とにかく安いですよね〜。
コンパクトデジカメを買うよりも安く、光学ファインダーは無いけれど、一眼カメラが買えちゃいます!
搭載される撮像センサーは、フォーサーズサイズ(4/3インチ相当)です。
メーカーが大面積センサーと銘打って販売していた、一昔前の高級コンパクトカメラ(1/1.7)よりも5倍の面積を誇りますよ。 それだけ光を沢山取り込んで繊細な写真撮影が出来るのだけど、それが1万4500円なんです。
「これは買っておくに限るな〜」と少し前から思っていました(笑)。

アキバヘ着くと、すぐに私はニッシンバルへと足を進めました。
この店舗は、私も良く巡回をするジャンク街にあります。 用事がなくても、取りあえず入って「今日は何が安いか」と普段から様子をみる店舗ですよ。 しかしこの日、ニッシンバルまでやって来た私は、思わぬ顛末に「えっ〜!!!」と心の中で呟いてしまったのでした(苦笑)。

店舗は、シャッターが閉じられ、そこには紙が張られていました。
紙には「夏季休暇の為、お休みを下記のように取らせて頂きます。8月○○日〜××日」と記されています。
今となっては、ショックの為に記された日付けを正確には思い出せませんが(笑)、私がアキバを訪れた8/16(金)が該当することは間違いないようです。 そのような事情によって、私は”LUMIX DMC-GF5”を買いそびれてしまいました。

私はその足で、同じく価格com常連の”PCボンバー”へと進みました。
この店舗もニッシンバルと同じく、新品カメラを安価に入手できる場所です。
「もしかしたら」との思いで訪れた店舗は、残念ながら”LUMIX DMC-GF5”の在庫は、ありせんでした。
ガッカリしながらも「無駄な散財をせずに済んだ!」と自分に言い聞かせ、その後の巡回を続けましたよ(笑)。

上記カメラの他、仕事で使うBlue-Rayドライブを探していました(色々なデータのバックアップに欲しかった)。
それに加えて、職場PCを2014年4月頃までにWindows7移行させる必要があるから、新環境で動作する焼き付けソフトがあると便利です。 この日、バルク品ながらWindows8に対応するソフト付きBlue-Rayドライブを購入しましたよ。
Pioneer製”BDR-208BK/WS”です。
CyverLink社Powr2Go Ver7やDVD再生ソフトPowrDVD Ver10などが付属して\8,380-でした。 メディアは、現在100円弱となっていてDVDと比べると高いけれど、一気に大量のデータを焼ける25GBもの容量は、便利なこと間違いなしです!

その他、ぶらぶら街を歩き回って、腰のベルトに装着する頑丈そうなホルダーを2つ購入しましたよ。
そのホルダーへ更にペットボトルを吊るす一回り小さいホルダーを3つ購入しました。
何となくだけど、「便利かな〜」と思ってね〜。いわゆる衝動買いです(笑)。

街の様子は、お盆休みということで観光客が多いようでした。
少し飽きられて、一時の大行列が消えていた”AKBカフェ”と”ガンダムカフェ”の行列の復活がその証拠です。
AKBカフェについては、開店直後を思い出させる程の大行列でした。
驚いたことに、炎天下の路上にざっと100人くらい並んでいましたよ。

しかし私のお目当てだったお店は、商売気がないのでしょうかね〜(笑)。
客が増える季節に、長期休暇を取るなんて勿体無いと思います。
実際にカメラ1台を私に売りそびれていますからね〜。
2013年8月13日(火)
お盆休みですよ〜。 こっこ達と一緒の夏休み!
左上:ぴよ太は、「お父さん、夏休みなの? カメラで沢山撮るの?」と私に話しかけている様子。
右上:藁捨て場で獲物を探すぴよ美。 少しずつ元気が出てきたみたい。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お盆休みに入ったところで、ちょこっと日記を記しておきますね!
私の職場は、平均的だと思うのだけど、8/13(火)〜8/16(金)が夏季休暇です。
続く土日を含めると、6日間の連休になりますよ〜。
でも休暇の長い会社だと、8/10(土)〜18(日)の9連休というところが多そうですよね。

休み中には、秋葉原を巡回したり、こっこ達と遊んだり、夏休みの宿題(原稿執筆/苦笑)を予定しています。
こっこ達が居るから、長期休暇でも余り遠出をしない私は、いつもの土日の様な感じですよ(笑)。

猛暑日続く?
前回土日は強烈な暑さでした。
我が家の庭に設置した気温計は、両日ともに42℃を示していましたよ。
地域の気象庁発表が38℃弱だったから、この温度表示は、あながち間違えではないと思います。

月曜日と火曜日は、土日と比べると涼しいです。
涼しいとは言っても気温が35℃や33℃だから、十分に暑いですよね(笑)。
余りにも暑いあとだから、涼しく感じるだけで、騙されちゃっています(笑)。
因みに我が家のこっこ達は土曜日から口を開けてハアハアしながら呼吸をしていますよ〜。
翼も半開きにして、脇の下へ空気が通るようにしながら日陰で過ごしています。
食べるものは、前回日記に記した”低カロリー食品”です。
涼しい木蔭に潜るように涼んでいて、ときどき出てきて、スイカやキュウリを好んで食べています。

暫く暑い日々が続きそうですね〜。
2013年8月10日(土)&11日(日)
酷暑復活〜。 今年一番の暑さに私もグッタリでした。
左上:大好物のキュウリを食しています。 食欲のないぴよ美も沢山食べましたよ。
右上:散水後にお気に入りの根元で涼むぴよりん。 お尻やお腹が冷えて、気持ち良さそうだね〜。
左下:同じく散水後に砂浴びをするぴよ太。 掘った穴にすっぽり入って、こっちも気持ち良さそうです。
右下:ぴよ美も湿った土をカキカキしています。 美味しい虫を食べたいのかな?
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

土曜日(8/10)は、久しぶりの酷暑でした。
そして只の酷暑というだけではなく、この夏一番の暑さです。。。
軒先に設置した気温計は、午後3時頃に42℃を示していましたよ〜。
同じ頃、フルパワーでエアコンをつけた室内は、33℃までしか下がりませんでした(苦笑)。

翌日の日曜日も同じく酷暑でした。。。
気象庁発表の気温が37.9℃、私の気温計が42℃です。
私もこっこもグッタリで、2日連続の灼熱地獄に参りました(笑)。

この暑さの中、近所へ徒歩で買い物に出かけたのですが、店舗内にも関わらず汗だくです。
弱冷房状態の店舗内では、店員さんも手拭いで汗を拭いての作業でした。
私は堪らずに自販機で500mlの飲料を購入して飲み干しました(笑)。
するとドバッ〜っと、更に滝の様な汗が噴き出る有り様です(苦笑)。

庭へ帰って来ると、今朝に水撒きをした植木の根元へ寝転ぶこっこ達を見付けました。
買い物前に与えたキュウリが皮だけになっていたから、お腹がいっぱいになって涼んでいる場面だったようです。
こんなに暑いのだから、何も用事が無いならば、涼しい場所で寝転ぶのが一番ですね!

夏には小食〜その理由。
夏は美味しい食べ物が沢山あって、配合飼料を余り食べてくれません。
毎年のように記すことなのだけど、今年もまた書いちゃいました(笑)。

ぴよ美は、先週日記に書いたように食欲がイマイチです。
そしてぴよ太とぴよりんは、不調ではないけれど、夏季特有の小食状態です。
人間も同じだけれど、食べ過ぎや、カロリーの高い食物を摂取すると、体温が上昇しちゃいますよね。
それを知ってか否か、こっこ達は暑い夏が来ると、体温を上げない為に小食になるんです。
自己管理が出来ているのだから、凄く賢いですよね!

配合飼料は、穀物や肉骨粉のような高カロリー成分が入っています。
夏以外の季節には栄養満点で良いのかも知れないけれど、暑い季節には、これらが体温を上げ過ぎちゃうのでしょう。
ぴよ太とぴよりんは、この理由で小食だと思うんです。
でもカロリーの低そうな食べ物だったら大丈夫ですよ!

もともと好きだった食べ物ということもあるのでしょう。 スイカやキュウリ、その他の果物&野菜だったら沢山食べます!
今回の土日には、採りたてキュウリやスイカの残り、納豆ヨーグルトをご馳走しましたよ。
ぴよ美も含めて、3羽全員でパクパクと沢山食べていました!
きっとこれらは、カロリー的に熱量が低いのでしょうね。

ぴよ美のことだけど、羽換かな?と思いつつも、羽がそんなに抜けていないのが気になります。
かといって、ご馳走には目がなく、納豆ヨーグルトも半分近くを一人で食べちゃいました(笑)。
「何も口を付けない」となったら、凄く心配なのだけど、配合飼料以外ならば食べられるのだから、ぴよりんやぴよ太と同じく”夏季特有の小食”の状態なのかも知れません。 遊ぶ時には、ぴよ美は皆と同じく、虫探しや砂浴びを楽しんでいます。
一番下の子だから、引っ込み思案な性格が、元気がない姿に見えちゃうのかな?
余り心配せずに、暫くぴよ美の様子を見ようと思います。

庭への散水、再び〜
名古屋コーチン一家の週末日記
上写真の解説にも記したように、庭へたっぷりと散水しましたよ。
いつもと同じくらいの量の井戸水を散水しました。 ざっと2トンくらいの水量です。

先週くらいまでは、午後や夜に少雨ながら降っていました。
今週に入ってからは、気温がグングンと上昇しているのに雨は皆無です。
畑に精を出す父は「これだけ暑いのだから、ザザっ〜っと集中的な雷雨があっても良いんだけどな〜。」と愚痴をこぼしています(笑)。 そんな状況だから、畑も庭もカラカラでした。 こっこ達がバサバサッ〜とやったり、足でカキカキすると砂煙が舞う状況です(笑)。 今回の異常な気温上昇も重なって、私は散水再開を決めましたよ〜。

時刻は10:30頃、散水作業のとき、気温は既に35℃を超えていました。
ホースの届かない場所へ、バケツ2個を両手に水を運ぶけれど、繰り返しているうちに意識が少し怪しくなります(苦笑)。 呼吸も速くなって、汗が噴き出て、体も熱いから危険な作業かも知れませんね。 それでもこっこ達が見守っていて「ガンバレ〜」と言ってくれているような気がして、水溜りが何か所も出来るくらいに撒きましたよ。

散水後の庭は、幾らか涼しくなったようです。 太陽に照らされて蒸発する水が、気化熱として周囲の気温を奪ったのだと思います。 そして水溜りが消えた跡には、こっこ達が遊びにやってきますよ! 水を嫌がって地表に出てきた虫をカキカキして探したり、穴を掘ってすっぽり収まって涼を楽しんだりします。
【写真:我が家の井戸水は、流量20リットル/分。冷たい散水に庭が生き返ります。】

一番気持ち良いのは砂浴びで、丁度湿り具合の良い場所を見付けてやったりもします。
こっこも喜んでくれたし、庭木達や草花もイキイキと元気になったから、頑張って散水した甲斐がありました。

散水をした翌日、日曜日午後に、強烈な雷が我が家の周辺を襲いました。
17時半頃、近くに何度も落雷がありました。
空は真っ暗で、集中的な雷雨が今にも降りそうな不気味な空模様です。
自宅筋トレ中の私は、ザザッ〜と降って涼しくなることと、前日の散水にプラスして庭への湿りに期待をして待っていました。
しかしながら、数回の停電にも関わらず雷雨は一滴も降らずに終わってしまいました(苦笑)。
あらためて「散水しておいて良かったな〜」と思いましたよ。

補足:
我が家の井戸水は、水温16℃です。
冬も夏も余り温度変化しないから、夏には冷たく、冬には温かく感じますよ。 気温30℃以上の夏に感じる水温16℃は、凄く冷たく、井戸水をバケツに張ると温度差からバケツ表面に水滴(結露)が現れるほどです。
2013年8月3日(土)&4日(日)
8月に突入〜、本格的な”夏”ですよ! 蝉の大合唱が庭木から聞こえてきます。
左上:木蔭で休む雌鶏さん達を警護するぴよ太。 彼もブドウ棚の下で涼みながらのお仕事です。
右上:意外なことに、我が家のこっこ達は、キュウリが大好きです。 柔らかい身を、くり抜いて食べますよ。
左中:このところ、ぴよ美は元気がありません。 もしかしたら羽換かも知れませんよ。
右中:早速、新しい羽が生えてきたぴよりん。 羽換は凄く早く終わりました!
左下:ぴよ太の砂浴び〜。
右下:ぴよ太の砂浴び、その2。 良い具合に湿った土が、気持ち良さそうです。
////////////////////////////////////////////////////////////////////

2週間程前にまとまった雨が降ってからというもの、雨が良く降るようになりましたよ〜。
雨は小雨だったり、一瞬であがるような感じですが、気温を下げる効果があります。
今回の土日も最高気温が30℃ちょっとでした。

お陰さまで、今年のこっこは、夏のダメージを余り受けていませんよ!
例年、ハアハアと口を苦しそうに開けて呼吸をしたり、翼を半開きにして暑そうにしているのが、今年には皆無です。
食が細くなっていることはあるけれど、苦しそうな程に暑くないようで一安心!
と言いながら、私は例年と同じく、庭仕事をすると汗だくです(苦笑)。

ぴよ美
上写真を見て貰えると解りますが、羽換のぴよりんは、早くも新しい羽が生えてきましたよ。
食欲も旺盛で、ご飯もスイカも、キュウリもパクパク食べています。
代わって食欲不振なのは、ぴよ美です。
先週記した「背中の黒い羽が抜けちゃった。」というのは、もしかしたら羽換かも知れません。

土曜日のことですが、ぴよ美のお尻が汚れているのを見付けて、洗ってあげましたよ。
3羽の中で一番抱っこ嫌いな子がぴよ美なのだけど、この日も抱っこをされると「嫌だ〜!」と足をバタバタさせて抵抗しました(苦笑)。 流水でお尻に着いたウ○チを洗っている最中に、観念して大人しくなったけれど、、、
やっぱり普段抱っこをしてあげてないから、慣れてないのでしょうね。

お尻を洗っている時、ぴよ美の数枚の羽毛が自然に抜けました。
見た目には余り抜けているように見えないぴよ美は、結構抜けているのかも知れません。
そうなると、ぴよりんに続いての羽換になりますね。
それからお尻の汚れは、下痢が着いちゃったようで、夏バテか羽換の体調不良が原因だと思いますよ。
羽換にしても夏バテだったとしても、早く元気になって食欲を回復させて欲しいな〜と願っています。

こっことキュウリ
我が家のこっこ達は、キュウリが大好きです。
キュウリは我が家の畑で採れる自家製、そして毎日たくさん採れますよ!
漬物やサラダにして食卓にあがり、私などは洗ってマヨネーズを付けながら丸ごと一本を食べます。
ビールのつまみや、小腹がすいた時のおやつにもピッタリですよね。
それでも人間だけでは食べ切れないから、こっこ達へもご馳走しています。

こっこ達は、どんなキュウリも食べます。
若いピチピチの張りのあるキュウリも好きだし、畑で旬を過ぎて丸々太って、巨大になったキュウリも大好物!
巨大なキュウリは、若いキュウリの10倍以上の大きさと重量があります。
若いキュウリは大よそ200g、巨大キュウリは瓜よりも大きく、2Kg以上にも育ちますよ(笑)。
巨大化したものは、水をたっぷり吸って軟らかく、お味噌汁の具にも適しています。
こっこ達は、その軟らかい中身をくり抜くように穴を空けて食べます。

キュウリと同じ植物(野菜?)に属するスイカの話題ですが、我が家では、近年スイカを細々と栽培しております。
祖父の時代には何株も栽培していて、一度に大玉を10個くらい収穫したこともありました。
現在はひと夏に4〜5個くらいの収穫です。
家族で食べるスイカの殆どは、貰い物やスーパーで買ったものになりました。

こっこへご馳走するスイカは、人間が食べた残りの部分です。
私や家族が、中央部分の甘く美味しい場所を食べちゃいます。
そしてスイカの周辺、皮に近い部分だから、人には美味しくない場所です。
それでもこっこ達は、美味しそうにスイカを食べていますよ。
スイカには利尿作用があるらしく、こっこ達は水のような便をします(苦笑)。
そのことは体に良いかどうか解らないけれど、他にはガン予防、シミや老化を防ぐ成分を含むそうです。
皮に近い部分には、特に心臓病・高血圧予防に効く成分があるそうだから、健康には良いですね。

因みに、余り元気のないぴよ美は、キュウリならば幾らでも食べられます。
スイカは少々で、配合飼料は全く口を付けません。
それくらいにキュウリが好物です!

雑誌連載
7月末、2誌への原稿を執筆をしていました。 そのうちの1つは、例の雑誌連載の件です。
連載に向けての初めの作業は、まずコーナーのタイトルを考えることです。
単発タイトルとは違って、長く使うものだから「ああでもない、こうでもない」と悩みました(笑)。
他には、同じく長く使う自画像やプロフィール文の用意もあります。
そのような理由で、初回分は8,000文字クラスの単発原稿と比べても2倍くらいの労力を使いましたよ〜。

内容は、カメラとPC関連、色々なテクノロジーの話題をすることになりました。
初回9月号とその翌月号は、カメラ清掃がテーマです。 今回9月号は、連載初めの挨拶、写真へ汚れが写ってしまう理由、付着すると汚れが目立つ部位、写らなくする方法などを説明して、大よそ5,000文字弱です。
ページ数が5項となり、無事に期限内に仕上がりましたよ(笑)。
しかし月刊誌だから、次の「汚れ清掃・実践編」を、お盆明けまでに仕上げておきたいな〜と、思っています。

「連載は、どのくらい続きそうですか?」と聞かれますが、上の通りに、取りあえず2回は続きそうです(笑)。
そして”アキバ巡回記”も含めると、暫くはネタ切れせずに続けられる筈〜。
”ジャンクPC編”も散りばめたいと思っていますよ(笑)。

ジーンズ置き忘れ(涙)
買ったばかりのジーンズを、JR快速電車に置き忘れてしまいました。。。
ジーンズはショップブランドの安価なものが最近流行っているけれど、私が買ったのは、Leeブランドです。
裾直しが終わってお昼休みに受け取りました。その日の帰宅電車でのことでした。

私が置き忘れに気付いたのは、自宅最寄り駅の改札を出た辺りです。
何だか手が寂しいことを不思議に思い「何だろう?」と考えてみたら、ジーンズを網棚へ忘れたことに気付きました。
改札の駅員さんにそのことを伝え、忘れ物相談室の電話番号を聞きました。
そこへは終電を迎えた電車からの届け出が集まり、数日間の忘れ物が保管されるという説明でした。
集計は翌朝まで確定出来ないこともあるそうで、翌日まで待って、相談の電話を掛けてみました。

ところが、、、
私が乗った路線に「ジーンズの忘れ物は届いていません。」との事です。
「届け出が遅れているのかも知れません。」という事だったので、1日経って再び電話をしましたが、やはり見付かりません。。。 翌週の週末に「最後に〜」と思って問い合わせたけれど、やはり駄目です(苦笑)。
どうやら誰かに履かれてしまっているようです(笑)。

ジーンズには、裾直し依頼書が紐で縛られていて、私の名前や電話番号が書かれています。
もし忘れものだと解って拾ってくれたならば、駅員さんへの届け出や私への直接の連絡が貰えていたと思います。
しかしLeeのジーンズがピッタリ足にフィットして、きっと凄く気に入ったのでしょうね〜。
残念ながら私の元へ戻ることはありませんでした(涙)。

当日、ジム帰りだったのが原因です。
すっかり疲れて電車内で寝込んでしまいました。
最寄駅に着き、パッっと起きた時、網棚に置いたジーンズを忘れてしまっていました。
反省です!

因みに数日後、再びジーンズを買いましたよ。
Leeは何だかしゃくに障るので(笑)、エドウィンにしました。
2013年7月27日(土)&28日(日)
まとまった雨が降って庭も潤いました! ぴよりんは、羽換の峠を越えましたよ。
左上:3羽全員でご飯を食べています。 羽がボロボロながら、ぴよりんも食欲が復活!
右上:夏のご馳走の1つは、スイカ! 美味しそうに食べていましたよ〜。 あとでウ○チがゆるゆる〜(苦笑)。
左下:夕方のひと時、3羽はくつろいでいます。
右下:ぴよりんの羽は、ボロボロです。 尾羽は殆ど抜けてしまいました。 風切り羽も半分くらい抜けました。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今週は比較的涼しく、雨の多かった週でした。
地面は湿り、砂浴びにも適した状態です。
畑の作物&庭木への渇水対策が不要なくらいのまとまった降雨に感謝でした!
こっこ達も湿った庭で幾らか暑さが和らいで、過ごし易いと思いますよ。

ぴよ太が母屋で寝てたよ
名古屋コーチン一家の週末日記
普通、玄関前に置いた静養ケージへ登って寝るぴよ太。
ときどき彼は、母屋小屋に入って寝ますよ。 頻度は、一年間に数回です。 ”ときどき”ではなく”稀”と言った方が良いかも知れませんね(笑)。

母屋小屋へ向かうぴよ太は、「どっちへ行こうかな?」と悩みながら母屋小屋へ向かいますよ。 悩んで静養ケージの置かれた玄関と母屋小屋を行ったり来たりするのは、日没前後の時間帯です。 今の季節だと、18:30〜19:00の頃かな?
何故悩むのか解らないけれど、一説には「今日はぴよ美と一緒に寝ようかな〜」と思ったりすることがあるのかも(笑)。

今週水曜日、私は会社から帰宅し玄関までやってきました。
何時も出迎えてくれるぴよりんとぴよ太に「ただいま〜、今日は何したの? 良い子にしてた?」と言おうとしたら、静養ケージに寝ている筈のぴよ太が見えません!
静養ケージ隣の高い棚には、ぴよりんが何時ものように座っています。 私の帰宅に気付き、半目を開いて、首を半分くらい持ち上げています。 ぴよりんに「ぴよ太はどうしたの?」と聞くと(笑)、寝ぼけているのか「???」な表情です。 彼女は、首を傾げているばかりでした。。。
【写真:記事には関係ないけれど、土曜日に清掃中の母屋です。】

私は「何処か具合が悪くて、ぴよ太は、植木の中で寝込んで居るのかな?」と悪い想像をしてしまいました。 ぴよ太に限らず、どの子も夏期特有の”食欲不振”になって、力無く弱々しく歩く姿を良く見かけていたからです。。。
しかし「もしかしたら、年に数回の”母屋帰り”かな?」と直ぐに考え直しましたよ。
玄関のぴよりんに「ぴよ太を探してくるからね〜」と伝え、直ぐに母屋小屋へ向かいました。

居ました!
母屋小屋へ入った直ぐの場所、マットを敷いた場所にぴよ太は座って寝ていましたよ。
行方不明や生き倒れの心配が解決して、一安心でした!

翌日はどうかというと、普通に玄関脇の静養ケージに登っていました。
2日空けて土曜日、居間の私は、ぴよ太の迷う姿を眺めていました。
「今日はどうするのかな?」と楽しみにしていたら、最後には母屋小屋へ入って行きましたよ。

ぴよ太は、何に迷って行ったり来たりするのか?
最後に母屋小屋を選んだとき、ぴよ太は何を決断したのかな〜?
好きな雌鶏さんがいるところ? 涼しい場所?
もしニワトリ語翻訳機”コケリンガル”が完成したならば、ぴよ太にじっくりと聞きたい私です。

ぴよりんの羽換、その後
羽換の初日前後には元気のなかったぴよりんでしたが、今週水曜日&木曜日くらいには元気に歩き回っていましたよ。
羽が抜け始めたのが先週日曜日で、前日の土曜日に座り込んでいたから、夏バテということもあるけれど、ダウンは4〜5日間程でした。 今ではぴよ美やぴよ太達と同じくらいに歩き回っていますよ。
(全員、夏特有の小食によって活動量は低下しちゃっていますが、寝込むほどではありません)

羽換は、お尻と翼、背中の真ん中から後部が中心です。
頭も少し禿げていて、鶏冠の両脇が涼しげですよ。

食欲も復活しました。ぴよ美やぴよ太と一緒にご飯を食べています。
日曜日には、納豆ヨーグルトを3羽で美味しそうに食べいたので大丈夫そうです。

因みに日曜日の納豆ヨーグルトは、3羽で何時もの半分の量しか食べられませんでした。
初めのうちは美味しそうにパクパク食べていたけれど、夏季の高温対策として、小食を心掛けているのだと思います。
人間の私だって、お腹いっぱいに食べたあとには、暑くなりますからね〜(笑)。
食べ残した半分は、冷凍庫へ直ぐに入れておいて、翌日月曜日にご馳走しました。
「二日連続の納豆ヨーグルだ〜! ラッキー。」と完食しましたよ。

ぴよ美のトレードマークが〜〜〜。
名古屋コーチン一家の週末日記
少し前に「ぴよ美の背中に黒い羽が現れた!」と記したのを憶えていますか?
しかし今週、彼女の背中が寂しいのに気付き、観察したら無くなっていました。。。
尾羽の少し上、背中の後ろ側に生えた黒い羽が良い感じだったのですが、残念です(苦笑)。

1ヵ月間だったけれど、遠くからでも”ぴよりんとぴよ美の判別”が出来ました。
結構便利な黒い羽でもありました。
また生えてくると良いね! ぴよ美〜。
【写真:黒い羽が無くなったぴよ美の背中】

2013年7月20日(土)&21日(日)
理由を知らないけれど、涼しい一週間でしたよ! こっこ達も幾らか快適だったと思います。
左上:我が家のこっこ達は、ブドウ棚の下で涼んでいます。 喉が渇いても直ぐに水瓶へも行けますよ。
右上:食べ残しが多い初夏のこの頃、捨てる前にコンクリに置いたら、少し食べました。
左下:ぴよ太の横顔、なかなか渋いですね〜。
右下:ぴよりんが座り込んでいました。 傍らには沢山の羽が落ちていますよ。 これは、羽換だね〜。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

関東だけかも知れないけれど、今週は涼しい日が多かったです。
火曜日くらいから、最高気温が30度くらいの日が続いているのと、熱帯夜が無くなった事が嬉しいです!
とはいえ相変わらず雨が降らりませんね。。。
そして涼しいとは言え夏であるから、動くと直ぐに汗が噴き出ますよ〜(苦笑)。

ぴよりんの羽換
土曜日、座り込んで食欲もなく、元気がないな〜と少し心配に思っていたぴよりん。
そのぴよりんは、日曜日に沢山の羽が抜け始めました。 夏バテや病気ではなく、羽換のようですよ。

彼女が座るお気に入りの木陰の周りは、抜けたてのフワフワの羽毛が散らばっています(上記写真)。
首や背中が痒いらしく、クチバシで羽繕いをすると、パラパラっと数枚の羽毛が抜けます。
クチバシにくっ付いてくる羽毛が気持ち悪いようで(笑)、足を使って「早く取れなさいよ〜」と拭っています。
人間に例えると、頭髪を洗っている時、口に入る抜け毛のような感じでしょうか。
口に入った頭髪って、気持ち悪く、取れにくく、嫌な感じですからね〜(笑)。

羽換わりを始めたぴよりんは、今後、どれくらい抜けるのでしょうかね?
冬には大規模に羽換になって、ボロボロの状態になる我が家のコッコだから、軽微で済むかな〜。
日曜日、ぴよりんは大好きな納豆ヨーグルトを沢山食べました。
夏の厳しい季節だから、美味しい物を食べさせて様子を見ようと思っています。

庭へたっぷりと散水
今年は異常に暑いです!
”異常”というのは、言い過ぎかも知れないけれど(笑)、少なくても「猛暑がやたら早くやって来た!」とは言えますよね。
今週は比較的涼しかったけれど、関東地域では、7月6日の突然の梅雨明けからグングン気温が上昇していました。
そして我が家に限ったことかも知れないけれど、雨も滅多に降りません。。。
私の勤務する東京近郊では、時折激しい夕立に遭遇するものの、自宅の”こーちんの庭”へは、地面を湿らせる程の降雨がありません。 帰宅して家族に聞くと「ポツリポツリと1分か2分降っただけだよ〜」という返事です。。。
そこで週末には、私がたっぷりと散水をしますよ。

庭木への渇水対策も大事だけれど、こっこ達が少しでも涼めるように地面を湿らせることが第一です!
私が散水する事で両方が解決するのだけら、一石二鳥ですよね。

庭に撒く水は、我が家の井戸水です。
とても冷たい水を出してくれる井戸だけれど、ちょこっと泥臭いのが難点(笑)。 残念ながら飲料には使えません。
庭への散水には問題なく、流量は、1分間に20リットルくらい出してくれる井戸ですよ〜。
日曜日、2時間ほど散水したから、20×120分 = 2,400リットルと計算できます。
お風呂が200リットルだと聞くから、大よそ12杯分という事になりますね!

これだけの水量を撒くと、庭のところどころに水溜りができます。
乾いたところでも、地面は半日間くらい泥んこですよ〜。
サンダルなんかで歩くと、ツルンと滑りそうな具合です(笑)。
そして庭は冷たい大量の散水に、ヒンヤリした空気に包まれます。
人間もこっこも涼しく過ごせる庭が”一丁上がり”です!

こっこ達がお気に入りの植木は、地面が窪んでいますよ。
理由は、こっこ達です(笑)。
大好きな場所でカキカキするのは当然だし、天候や気分が一致すると、砂浴びだってしますからね〜(笑)。
植木の根元の土が掻き出されて、幹の周りがぐるっと窪んだ地形になっています!
この場所は、散水によって丁度良い具合に水溜りになりますよ。

大好きな木陰に出来た水溜りは、時間が経つと地面に浸みて無くなります。
水溜りが消えると同時に、こっこ達はそこへ直ぐに近付いて来ます。
泥に近い状態になったすり鉢状の根元を見て、「なんと素晴らしい砂浴び場なのだろう!」、「お父さん水を撒いてくれて有難う!」という気持ちでしょうか(笑)。 そしてこっこ達は、暑い真夏の庭の涼しい木陰の湿った土の上へ横たわり、砂浴びを始めるのでした〜。 ヒンヤリとした土が気持ち良さそうです。
時折、目を細めて眠り込む顔が幸せそうですよ。

こっこ達は、夏の暑さに弱い生き物です。
熱射病対策として、散水はとっても有効だと思いますよ〜。
庭を通る風もヒンヤリして人間も快適ですからね!

熱射病対策のぺージ「鶏の熱中症・夏バテ対策のまとめ」を参考にして下さい。

コッコのご飯が値上げ〜
名古屋コーチン一家の週末日記
またまた配合飼料が、値上がりしちゃいました!
我が家のコッコが継続して食べている配合飼料”こがね(20Kg)”は、1,750円になってしまいましたよ〜(苦笑)。 以前の1,580円から、約10%の値上げになります。
値上げ要因は、やっぱりアベノミクス(円安誘導政策)でしょうね。
過去5年間に数回の値上げが行われた要因が”世界的な穀物価格の上昇”だったのだけど、日本の”円”が半年もの間に25%も安くなったことが、今回価格上昇の主因です。 この点は、秋葉原のPCパーツ価格上昇と全く同じ理由ですね〜(苦笑)。

価格上昇がきっかけという訳ではないけれど、今回、コッコの配合飼料を替えてみましたよ〜。 5〜6年前、”こがね(20Kg)”が980円だった頃、少し高価な1080円だった”兼松配合飼料 成鶏用まつ号(20Kg)”に切り替えました。
現在この飼料の価格は、1,580円です。
いつだったのかを憶えていませんが、こがねと価格が逆転していました。

今月初旬にこの飼料へ替え済みでした。
6月中旬に先行して購入したとき、”兼松配合飼料 成鶏用まつ号(20Kg)”が1,380円だったから、今回、こちらも約15%の値上げになります(苦笑)。
こっこ達の新しいご飯への反応は、、、微妙ですね〜。 ←未だ判定できていません。
【写真:新しく購入した”兼松配合飼料 成鶏用まつ号”】

梅雨が明けて、猛暑到来&夏バテ気味の食欲不足の頃だったから、こっこ達は新しいご飯を余り食べません。
目視した感じでだと(骨粉の様な)粉成分が少なく、トウモロコシや他の穀物が比較的大粒だから、我が家の子達が好んで食べそうな感じです。 現在、私は「夏の暑さに慣れたらパクパクと食べてくれるだろう。」と思って様子を見ていますよ。
そして我が家の子達の口に、新しい飼料が合ってくれると嬉しいです。
加えて、もう配合飼料が値上がりしないことを祈っていますよ〜(笑)。

因みに、”兼松配合飼料 成鶏用まつ号(20Kg)”が我が家の子達に不評だった時、余り食べてくれないならば、、、
再びこっこ達の主食を”こがね”に戻すつもりです。


番外編【秋葉原巡回】
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原JR駅前20日19:30頃、自民党・安部氏の演説に熱気も上昇)
名古屋コーチン一家の週末日記
(2週連続、青と緑のフレームを購入。涼しげな色を集めました)

まさかの3週連続の秋葉原!
土曜日の夜、先週注文したメガネを取りに行って来ましたよ〜。
午後19時過ぎに30分程の滞在でした。 ←流石に隅々まで巡回する気にはなれなかった(笑)。

秋葉原駅前は、何やら人だかりです。 ざっと1万人以上が集結しているように見えます。
どうやら翌日投票の参院選演説のようですね。 時刻からして、「最後なのかな〜」と思って覗くと、安部総理が来ていました! そう言えば、昨年末の衆議院総選挙にも麻生さんと一緒に演説に来ていました。
私は、年末にも貰った国旗を再び貰いましたよ。 日曜日深夜、新・政治勢力が確定します。
日本を良い方向へ舵取りできる、、、そんな議員さん達に是非国政を担って貰いたいですね!

今回購入したメガネは、青色のフレームです。 前回の緑色フレームと共に夏用メガネとして使う予定ですよ。 
何度も記すけれど(笑)、安価にメガネが入手できる時代になったのは、本当に有り難いですよね〜。
2013年7月13日(土)〜15日(月)
猛暑の3連休、やっと暑さに体が慣れてきました。 そして初の散水をしましたよ。
左上:散水後の涼しい庭に立つぴよ美。 湿った涼しい風が吹きぬけますよ〜
右上:お気に入りの場所にもたっぷりの散水! 座ると、お尻のお腹もヒンヤリして気持ち良いね!
左下:納豆ヨーグルトを仲良く食べる3羽。
右下:夏、スイカの季節です。 ぴよ太も大好きなスイカを食べます。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

先週の突然の梅雨明けから猛暑続きの3連休。。。
最終日の15日(月)に幾らか涼しくなったけれど、まる一週間、本当に辛い暑さが続いていました。
昼間の気温が、35度や36度は当たり前の毎日、夜には当然のように連日熱帯夜となります。
こっこも人間も夏バテ気味の1週間となりましたよ〜(苦笑)。

先週末に体調が悪そうに見えてぴよ太は、やっぱり夏バテだったようです。 わたしたち人間も同じだけれど、急に暑くなって体温調整を上手く出来ずにぐったりしちゃったみたい。。。 現在、他の子達と同じく木陰に座ってばかりだけれど、段差につまづいて転んだりせずに、暑さに少しずつ適用出来ています。

梅雨後半から雨降らずの関東でした。
地域的な雷雨にもこーちんの庭は避けられてしまっていて、カラカラの庭となってしまいました。。。
そこで、今回の3連休、たっぷりと庭へ散水をしましたよ〜。
散水後の庭は、こっこにとっても人間にとっても涼しく快適です!

ぴよ太
庭でパンを食べていると、ぴよ太が「美味しい? ちょうだいよ〜」と寄って来ます。
私の顔を見上げて「ホッホッホッ」とおねだりする姿に、ついあげちゃいますよ〜。
「人間の食べるものだから、お腹が痛くならないように少しだけだよ〜」と言いながら、小指の先ほどに千切ったパンを手に乗せて差し出すと、軽くクチバシで摘まんで嬉しそうにしています。
でもね〜。 次の瞬間ぴよ太は、しゃがんでパンを地面に置いちゃいますよ。。。
どうやら雌鶏さんにご馳走したいらしく、「ホッホッホッ〜〜〜」と雌鶏さん達を呼びます。
雌鶏さんが視界に入るくらいに近付いて来ると、クチバシでパンを持ち上げたり、地面に再び置いたりして「ほら、パンがあるよ!」と教えます。 ぴよ太にパンを幾つあげても、全部プレゼントしちゃいますよ〜。

過去の雄鳥君達もそうだったけれど、みんな雌鶏さんへのプレゼントが好きでした。
昔撮った動画に「ワカサギを雌鶏さんに配る長男コーチン」の姿が映っていました。
自分は食べずに、雌鶏さん達に「これ食べな」と配り続けていますよ。
ぴよ太も同じように、ぴよりんとぴよ美にご馳走する”優しい雄鳥君”に育ってくれました!
本当はぴよ太にもパンを食べて欲しかったけれど、1つも食べなくても、本人は大満足だったのでしょう。

猫対策 その2
名古屋コーチン一家の週末日記
先週に記した「野良ネコ増殖中」の”その後”を書きますね〜。
猫の通り道に木酢液を置いたところ、野良ネコ侵入が殆ど無くなりました!
効果てきめんだったようですよ。 取り合えず一安心です!

しかしながら効果を見定める前に、”猫寄らず”を追加で購入しちゃいました(笑)。 木酢液だけだと心許ないなと思って、月曜日に百均で良さそうな”猫寄らず”を見付けました。 そして5個購入したのでした(525円)。 「のらネコ忌避、におい約60日、雨にも強い」という商品で、半径1mくらいに近付けさせない効果があるそうです。
【写真:百均で購入した猫寄らず(ネコ用の忌避剤)】

今回の3連休に、猫の通り道へ仕掛けてみました。
開封すると正露丸の香りがプゥ〜ンと匂って、鰹節を固めたような、少し湿ったフェレット状の”猫寄らず”が入っていました。 それを触ってしまった私の手は、石鹸を使ってゴシゴシと2度洗っても正露丸臭さが取れません(苦笑)。
この強烈な臭いは、猫を避ける効果が高そうだと期待できます。 早速、”裏庭への通路”、”物置脇と隣家との隙間”、”コッコの藁置き場”に仕掛けました!

既に木酢液が効果を上げています。 追加の”猫寄らず”は、きっと野良ネコに追い打ちをかけて「あの家は嫌な臭いがするから行くの止めよう!」って寄せない効果を増幅してくれる筈です。
野良ネコ侵入が無くなって、藁が汚されなくなったり、こっこが怖い思いをしなくなると良いな〜。

蝉が遅刻
梅雨が明けて1週間が経ちました。
例年になくとても早い夏の訪れだったけれど、もう1つ異例の事がありました。
それは蝉の声が無いことです!
私の地域だけかもしれませんが、3連休の真ん中、日曜日にやっと庭から蝉の声を聞くことができました。

思い返すと、毎年、蝉の鳴き声は、夏の訪れより少し前から聞こえていました。
梅雨明け直後の真夏日和には、「ジ〜ジィ〜ジィ〜」、「ミンミンミンミ〜〜〜」とアブラゼミとミンミンゼミが五月蝿いくらいに合唱するのが通例でしたよ。 しかし金曜日(12日)か土曜日(13日)までは、その鳴き声が皆無です。
先週末、梅雨明けの土日、私は「何か足らないな〜?」と思いつつ、蝉の声が無いことに気付きませんでした。
そのことに気付いたのは、水曜日だったかな?
職場窓から快晴&灼熱地獄(笑)の外を眺めながら、「何か足らない」ことが「静か過ぎる」ことだと、その日に判りましたよ。

3連休の最終日、我が家の庭からは近所のケヤキの木から1匹か2匹の蝉の声が聞こえます。
聞こえるのは一瞬、20分〜30分、夏っぽい蝉の合唱には程遠い感じでした(笑)。

今年の夏は、梅雨明けが異常に早かったことで、蝉が夏に遅刻しちゃったのでしょう。
7月20頃が梅雨明けの標準だから、蝉の言い分は「スケジュール通りだけど、何か問題?」という感じかも知れませんね(笑)。 因みにカナブンは、少し前からブドウ棚に集まり始めていて、こっこ達が落ちたのを食べていますよ。

我が家の庭に穴を空けて沢山の蝉が這い出て来るのは、もう直ぐです。
夏らしい蝉の合唱を早く聞きたいものですね〜。
蝉を追い掛けて遊ぶこっこ達の姿も見られます(苦笑)。 ←捕まえたら、食べちゃいますけどね(笑)。


番外編【秋葉原巡回】
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原の街頭、JR高架下の風景)
名古屋コーチン一家の週末日記
(アジアからの僧侶でしょうか?)
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原電気街マップ、便利ですよ〜)
2週連続の秋葉原巡回となりましたよ〜。
前回のアキバ巡回で注文したメガネを受け取りに行って来ました。
過去にJINSで作った10本近くのメガネは、レンズの度数が標準でないため、10日間前後待つことが多かったです。
今回、とても早い仕上がりとなりました! 因みに受け取った薄緑色の軽いプラスチックフレームのメガネは、あらためて装着すると、涼しげな良い感じでしたよ〜。

2週連続の秋葉原となったけれど、今回もやっぱり暑い。。。
都会のアスファルトは、太陽の熱を貯めて足元から人間を焙ります(苦笑)。
背の低い子供や動物(ペット)は、堪ったものではありません。
そう思って、ふと我が家のこっこ達の事を思い浮かべました。
陽の当たるコンクリートや砂利の上は歩きたくないだろうな〜と、アキバの路上で思いました(苦笑)。

メガネ受け取りが目的だった今回のアキバ訪問だったけれど、折角訪れたので何時ものように色々と歩き回りましたよ。
街を見まわして良く思う事だけど、アキバって色々な人達がいますよね! 色々な意味だけど〜(笑)。
電気オタク、アニメオタク、ゲームオタク、PCオタク、コスプレオタク、アイドルオタク、オーディオオタク、、、が居ます。
街角に立つ制服姿やメイド、巫女さん、振袖姿の若い女性(メイド喫茶の店員さん)は、最も目立つ人達かも知れません。
ラジオ会館の周辺を徘徊しているお爺さん達(真空管時代からの電気オタクかな?)を見掛ける事もあります。
とは言え、最も多いのはオタクの層が厚い10代後半〜30代の男性ですけれどもね〜。

さいごに挙げる人達は、外人さんです。
元々アキバで仕事をしている外人さんは、とても多いですよ。
中古カメラ屋さんやジャンクPC屋さんの店主をやっている事が多いですね。 近隣のIT企業に勤める人も多いと思います。 飲食店だと、アキバに多くあるカレー屋さんの店員(インド人)、ケバブ屋さん(中東の彫の深いお兄さん達)ですね!
そして国外からの観光客が多いのは、アキバの街です。

欧米人、中東からの人達、アジア圏からの旅行者が、彼らの話す言語と風貌から分りますよ。
そして今回、後ろ姿写真を掲載した僧侶姿の観光者っぽい方に遭遇しました。 赤い袈裟だから、インドやミヤンマー、チベットなどの僧侶かも知れません。 以前には、エジプトの砂漠でラクダに乗るような頭にターバン&マント姿の外人さん御一行を見掛けた事もありました。 その国の正装なのかも知れないけれど、この姿で飛行機に搭乗してアキバへやって来るのかを知りたいな〜と思いました。

因みに私は、仕事で海外メーカーの方々とコンタクトを取ることがあります(外国語会話が苦手だから、Google翻訳+メールが主だけどね/笑)。 日本に出張に来られると、雑談の途中で「秋葉原には週末に行く予定だよ。」「子供にお土産を買いたいのだけど、お薦めのお店はある?」「日本のアニメが好きなんだけど、○×△原作漫画本(日本語でOK)の全集を売っている所を教えて〜」という会話になりますよ。 彼らは、PC部品やカメラ(電子機器)を扱う男性エンジニアが多いせいか、アキバを京都に並ぶ”行ってみたい場所 in Japan”と思ってくれているようです。
アキバ好きとして、嬉しいですよ!
そしてもっともっと日本に来て貰って、日本の文化や日本人と接して、Japanに親しみを持ってくれると嬉しいです。

それから、メガネを受け取る際に訪れたJINS店頭にて、また新しいメガネを買ってしまいました(笑)。
売れ残りフレーム(薄レンズセット)を値引き販売していて、定価7,990円のメガネが、5,990円になっていました。
早速試着すると、、、なかなか良い感じでした! また来週、メガネを受け取りにアキバへ行くかも知れません(笑)。
2013年7月6日(土)&7日(日)
突然の梅雨明けからの猛暑! こっこも人間もグッタリですよ〜。
左上:梅雨明け、真夏の太陽に水を飲むぴよ太。 グビグビっ〜と、いっぱい飲んでいましたよ。
右上:木蔭で涼むぴよ美のお尻。 向こう側には、ぴよ太が涼んでいました。
左下:裏庭、湿って涼しい氏神様の周りで涼むぴよ太とぴよ美です。
右下:ぴよりんとぴよ太のお食事風景。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

土曜日のこと、関東甲信越地方が急に梅雨明けをしましたよ。
朝から気温がグングンと上昇していて、「この暑さは梅雨じゃないよ〜。もう夏じゃない?」と冗談っぽく家族と話していた事が本当になって、ビックリでした(笑)。 この日の最高気温は30度、そして最低気温が25度。 既に梅雨が明けて“夏”になった翌日曜日は、最高31度、最低気温25度でしたよ〜。 梅雨明けと共に、初の熱帯夜となった土日でした(苦笑)。

庭のこっこ達は、突然の夏にグッタリでした。
涼しい木陰で殆どを過ごす一日になってしまって、時どき歩く足取りは、とても弱々しいです。
ぴよ太の足取りもおぼつかなく、芝生エリアから一段登った植木エリアへ移動する時、20cm程の庭石を登れずに足を滑らせて転んでしまっていました。。。 そのとき私は、「足を悪くしちゃったのかな?」と大変心配をしましたよ。
しかしその原因は、突然の暑さに参って熱射病気味になっていた事かも知れません。
その証拠に、ぴよ太に限らず3羽全員の食欲がめっきり減ってしまっています。
大よそ半分くらいしか食べられず、ご飯の食べ残しがとても多かったです。
人間もグッタリして食欲減退しちゃっていたから、仕方ありませんけれどもね〜(苦笑)。

耳掃除
夏季になると必ずする話題に”耳掃除”があります。
何故か解らないけれど、我が家の雄鶏君は、耳が汚れる事が多いのです。
人間に例えると中耳炎のような感じです。
耳クソや膿のような汁で耳の穴が塞がったり、周囲の羽毛がカチンカチンになったりしますよ。

冬や晩秋の涼しい季節には余り症状は、現れません。
ちょうど今の季節から目立つようになります。
そして、今年もぴよ太の耳が汚れ始めました(苦笑)。

過去には、長男コーチン、末っ子コーチンも患っていた”中耳炎”のような症状ですが、ぴよ太も1歳頃から患っています。
父コーチンだけは患わなかったけれど、4羽中3羽が患っているから、雄鶏君の75%が罹患した事になりますよ(高確率!)。 不思議な事に、雌鶏さんは大勢いるのに、誰一人として患いませんでした。
雄鶏君特有の病気なのかも知れませんね。。。

ぴよ太の耳掃除は、土日の何れかに行います。
平日に出来ないのは、私が仕事で遅い事が理由です。
朝はギリギリに起きますので〜(笑)。
そして今週は、土曜日に耳掃除をしてあげましたよ。

ぴよ太は耳掃除に慣れっこです。
ぴよ太が1歳か2歳くらいまでは、耳の入れた綿棒を首を振って”嫌だ!嫌だ!”とやったものです(笑)。
しかしここ1年程、ぴよ太はあまり抵抗しません。
抱っこをして、顔や首、鶏冠をナデナデすると、気持ち良さそうに大人しくしていますよ。
耳の中も周りの羽毛も綺麗になって、今週も気持ち良さそうでした。

参考の為に耳掃除の手順を記しておきますね。

・用意する物
耳クソを拭うティッシュ 1枚
硬い耳クソをほじる爪楊枝(尖っていない裏側を使う) 1本
百均のべビー用綿棒 2本か3本(汚れの度合いによります)
ワセリン少々(耳の周りに付着したカチカチの耳クソを溶かす)

・手順
1、こっこを膝の上に抱いて、目の下や鶏冠や首をナデナデしてあげます。きっとリラックスしてくれる筈です。
2、耳の周りの羽毛に少量(片耳に1滴くらい)のワセリンを浸して30秒〜1分放置。
3、指先で耳の周りの羽毛に染みたワセリンを軽くよじって、カチカチを溶かします。
4、ティッシュを使って耳の周りを綺麗に拭ってあげます。こっこは少し嫌がるかも知れません。
5、硬い固形の耳クソを爪楊枝の裏を使って掻き出します。
  こっこが耳掃除に慣れていない時には、首を”ブルブル”と振るので要注意です。
  急に”ブルブル”とやられた時の為に、軽く爪楊枝を握って、直ぐに手放せるようにしておきます。
6、湿った耳クソや膿は、べビー綿棒で拭きます(片側に1本使ってあげて下さい)。

以上!

野良ネコ増殖中
私は、ノラ猫の話題を何度かしているかな?
もし私が記しているとするならば、こっこの藁置き場で子育てしていた猫の話題だったと思います。
現在、その親子のどちらかがまた出産したらしく、小さな子猫が「ミャ〜ミャ〜」と我が家周辺で鳴いていますよ。

最近、こーちんの庭周囲を歩き回る猫は、3匹か4匹います。
我が家の庭へも入ってきますよ。
そのような状況の日曜日、こっこ達が「コッコッコッ〜、コケッ〜ッコッコッコッ〜〜〜」とパニック鳴きをしていました。
私が庭へ飛び出てみると、植木の中を歩いている若い猫を見付けました。
風貌から昨年産まれた子猫(今は若い猫)のようです。
こっこ達に危害を加えるような事はしませんが、突然ブロック塀から飛び降りられたり、走られたりするとビックリしちゃいますよね(苦笑)。 その若い猫が悪さをした訳ではないかも知れないけれど、私はダッシュする素振りで追い払いました。

我が家のこっこ達が怖がったりするからには、対策をしなければなりませんね〜。
現在、庭の周囲には、ぴよこりん脱走阻止のネットが張れています(笑)。
ネットに破損や劣化は無く、未だ健在ですよ! このネットは、猫侵入も防いでくれます。
だから猫達は、ネットが張られてない場所から我が家の庭へと出入りをしています。 ←猫の道になってます。

日曜日の午後、その通り道に合計3本の木酢液入りペットボトルを置きました。
こっこ達の安心の為にも、効果があると良いな〜。


番外編【秋葉原巡回】
名古屋コーチン一家の週末日記
(アキバの入口、JR秋葉原駅)
名古屋コーチン一家の週末日記
(初夏の秋葉原は賑わっていましたよ)
名古屋コーチン一家の週末日記
(格安メガネ屋さんJINSでメガネを注文!)
友人と合流しなかった今回のアキバ巡回は、2時間程度となりました。
まずお目当ては、秋葉原の風景写真です。
「何故?」と思った人へ、理由を簡単に書きますね〜。

驚いた事に、こーちんの庭の週末日記の”秋葉原巡回”が、ある雑誌の連載コーナーになりそうなのです。
飲み屋の話を別として(笑)、カメラ&PC関係の月刊誌連載依頼を受けた際、「秋葉原の動向や巡回日記風の記事はどうか?」と編集者へ話してみたところ、「良いと思いますよ〜」という反応でした。
そのような理由で、使えそうな画像を集めておきたかったのです。
巡回しながら「この景色も撮っておこう」、「この店舗写真はきっと役立つだろう」と、沢山の写真を撮ってみました(笑)。

2つ目は、JINS(メガネ屋さん)です。
安価なこの眼鏡屋さんで、夏用メガネを1つ新調しようと思っていました。
20〜30年前のこと、一式3万円でも安い部類だったのに、今では薄型レンズを選んでも5千円や6千円です。
夏用、冬用、春用、秋用、仕事用、遊び用、PC用、筋トレ用(笑)、、、昔のメガネ1本分の予算で色々と作れますよ!
そのような軽い感じで、緑色の涼しげなメガネを1本注文しました。

因みに、巡回中に友人に電話を掛けてみましたよ。 「今日、アキバに来ているけど、そっちはどう?」と聞くと、
「今週末は用事があって行けなかった」とのこと。 飲みに行くのを楽しみにしていた私は、ちょっとガッカリでした(苦笑)。 その代わり、早く帰宅できたことで別の用事を片付けられましたよ。
2013年6月29日(土)&30日(日)
蒸し暑い土日、ぴよ太のお尻を綺麗に洗ってあげましたよ〜。
左上:ぴよりんはお産中、ぴよ太とぴよ美だけのお食事風景です。
右上:ぴよ太とぴよ美のお食事中、ぴよりんは産箱に籠っていました。 カラスが狙っているから気を付けてね!
左下:ぴよ太のお散歩。 颯爽と芝生を歩いていました。
右下:ぴよ太のお尻を洗ってあげました。 お尻の穴の周りに付いたカチカチのウ○チが綺麗になったよ〜。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


犯人はカラスだった!
色々な説が出ていた”卵泥棒”の件だけれど、やっとハッキリしましたよ。
どうやら真犯人は、初めに疑ったカラスでした。
その犯行の一部始終を、私の家族が見ていたので間違いありません。
大胆にも数日毎に犯行を繰り返しているそうです(苦笑)。

先週から今週にかけて、2〜3日に1つの頻度で、割れた卵の殻が庭に落ちていました。
落ちている場所は、母屋小屋の入り口付近が多かったです。
割れた殻の中身は綺麗に食べられていて、黄身や白身は残っていませんでしたよ。

今週月曜日だったか、火曜日だったか、私の家族が目撃しました!
まず1羽のカラスが、先に来るそうです。 そのカラスは、周囲の偵察をしているように見えたそうですよ。
偵察のカラスが好んでとまる場所は、母屋小屋の直上にある電線です。
そのカラスは、我が家の雌鶏さんが卵を産み終えて小屋から出て行くのを監視しているそうです。

そして、雌鶏さんが母屋から出て行ったあと、暫くするとカラスは4羽に増えていたそうです。
雌鶏さんは、普通に卵を産み終えて「コッケ〜コッコッコッコッ〜〜〜コッケ〜コッコッ〜〜〜」と少し騒がしく(笑)、ぴよ太達のところへ行ったそうです。 騒がしいのは何時もの事で、「カラスに怯えて特別に騒いだ」という事ではありませんよ。因みに家族は、「遠くからだったから、ぴよりんかぴよ美かが解らなかった。」と言っていました。

偵察役のカラスと、増えた3羽が仲間か家族かは解りませんが、きっと呼び寄せたのでしょうね。
「早く来いよ〜。産みたての卵が食べられるよ〜!」みたいな感じで(苦笑)。

その話を聞いていて、私はある事に気付きました。
どうやらカラスは、我が家のこっこが怖いらしいのです(笑)。
ずっと前、ぴよ太は、庭に降りてきたカラスを威嚇しながら突いた事がありました。
その時のカラスは、一目散に逃げて、飛び去って行きましたよ。
私は、時どきカラスと(子供を守ろうとする)ムクドリ夫婦が空中戦をやっている光景を見ます。
相手が自分より小柄だったりすると、カラスは反撃をしたり凶暴になったりするけれど、自分よりも体重が5倍くらい重そうなぴよ太相手に、一目散に逃げて行ったのです。

カラスは「賢い」、「会話をする」、「考える」と良く聞きますよね。
4羽のカラスの中に、ぴよ太に突かれたカラスが居たのかも知れません。
仲間内で「ここの奴らは、凶暴だぜ!」「あの黄色い奴らには、絶対に近付いたら駄目だからね!」と情報共有していたのかも知れません(笑)。 もしそうだとすると、納得です。
雌鶏さんへも恐怖心を持っているからなのか、産箱に篭っている時には絶対に降りて来ないそうですからね〜。
卵は盗まれてしまっていますが、お陰様でこっこ達が突かれたりすることなく無事に過ごしております。

しなしながら、カラスから卵を守る対策もちゃんと考えないとね〜。

ぴよ美の背中
名古屋コーチン一家の週末日記少し前、1〜2ヵ月前くらいかな?
ぴよ美を直ぐに判別できる目印(マーク)が出来ましたよ!
背中の後ろ、お尻の上に黒い羽が現れたのです。
左写真を見ると、クッキリと真っ黒な羽が1枚あることが分るでしょう?

ずっと昔の我が家の子達は、雌鶏さんにも黒々とした尾羽がちゃんとありました。 今回ぴよ美のお尻付近に現れた黒い羽の場所に、十本以上も生えていましたよ。 我が家の今の雌鶏さん達は、基本的にどの子も、薄い色の羽が少しあるだけだから、何かの改良の影響かも知れませんね。
その意味では、ぴよ美のこの黒い羽は、先祖返りみたいなものかもしれません。

現在、後ろ姿を見れば直ぐにぴよ美かぴよりんかの区別が出来ますよ〜。
今後、どんどん黒々とこの羽が増えて行くのかを観察しようと思います(笑)。
【写真:ぴよ美のチャームポイントの黒い羽!】

ぴよ太のお尻掃除
お尻がカピカピになっちゃっていました(苦笑)。
この状態は、オ○ッコとウ○チの残ったのが、お尻の周りの羽に付着してそうなるんだと思いますよ。
触った感じは、スーパーハードジェルで固めたロックンローラーの頭髪の様な感触です(笑)。
パチンコ玉くらいの大きさにカチンカチンに固まった数個の塊は、水洗いしてほぐさないと、フサフサになりません。

土曜日、ぴよ太を抱っこして、そのカピカピ&カチンカチンのお尻を水洗いしました。
抱っこされたぴよ太は、「いつもの散歩?」「抱っこしてナデてくれるの?」という感じで、大人しくしています。
しかし水道の蛇口へ連れていかれて、お尻に水をチョロチョロと掛け始められると、「えっ? 何するの!!!」と足をバタバタさせて抵抗するのです。。。 まあ、暖かい季節だといっても、お尻がびしょ濡れになるのは気持ち悪いだろうし、当然と言えば、そうなんだけれどもね〜。

かれこれ5分〜10分間くらいのお尻掃除は、無事に終わりました。
中盤からのぴよ太は、「好きにしてくれ〜」という諦めの感じで、大人しくしています(イイ子だったね!)。
綺麗に水洗いしたお尻は、高い気温によってあっという間に乾きましたよ。
冒頭、右下写真のように、綺麗なお尻の出来上がりです! お尻がすっきりして良かったね。 ぴよ太〜。
2013年6月22日(土)&23日(日)
初夏の陽気、梅雨の中休みとなりました! 気温は、ざっと28℃くらいです。
左上:強い日差しの時間、こっこ達は庭木の陰へ逃げ込みました。 ここなら涼しいから大丈夫!
右上:夕方、ぴよ美の散歩風景。 ぴよ美は、最近背中に黒い羽が1枚生えましたよ〜。 旧コーチンの面影かな?
左下:日曜日夕方の納豆ヨーグルト。 ぴよ太が最後に食べている姿を眺めるぴよ美。
右下:誰の卵かな? ぴよ美かな? それともぴよりん?
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

雌鶏さん!
我が家の雌鶏さんは、4歳2カ月のぴよりんと1歳年下のぴよ美です。 全員で雄鶏1羽、雌鶏2羽ですよ〜。
ぴよこりんが存命だった頃、年上のぴよりんとぴよこりんが結託して、年下のぴよ美に意地悪をしちゃっていました。
ぴよ太が未だ6ヶ月未満の頃、雄鶏というよりも子供体型だからか、良くぴよ美と2羽で怒られていましたよ(苦笑)。
目が合っただけで、「何見てるの! あっちへ行きなさいよ!!!」と追い掛けられていました。。。

大人になったぴよ太は、立派な尾羽を気に入られたのか、ご馳走をプレゼントして機嫌を上手くとったからか(笑)、2羽の怖いお姉さん達に意地悪される事が無くなりました。
いっぽうの雌鶏のぴよ美は、残念ながら大人になっても怒られてばかりでした。
ご飯を食べるときは、一緒に餌箱に行くと怒られれて頭をツンとされるので、少し離れた場所で待っている事が多かったです。 1年くらい前からは、余り怒られなくなったけど、過去の体験がトラウマになっていたからか、ご飯の時にはぴよ太の体に隠れるように食べていましたよ。 辛い期間が、少し長かったように思います。。。

そんなぴよ美でしたが、現在、ぴよりんに全く怒られません!
追い掛けられたり、頭をツンとされたりの意地悪をされませんよ。
ぴよりんは、双子のように育った仲良しのぴよこりんを失って寂しいのかも知れませんね。
私にとってはとても嬉しい事です。
旅立ったぴよこりんが、2羽の為に、何か手助けしてあげているのかも〜。

ひよこ牧場
「ぴよ美の後輩こっこ(ひよこちゃん)は、どうかな〜?」と思って、前回日曜日の6月16日、ひよこ牧場を覗きに行って来ました。 ひよこ牧場とは、近くのペットショップで開催されている”ひよこ販売特設コーナー”のことです。
4月〜6月までの期間限定で、毎年開催されていますよ〜(昨年、2012年には、「ひよこフェア」として開催されました)。

4月末やGW(ゴールデンウィーク)中に見に行った時、そのひよこ牧場には、沢山のひよこちゃんが居ました!
ポリスブラウン、ウコッケイ、アロウカナ、名古屋コーチンの子達が、「ぴよぴよぴよ〜〜〜」って可愛かったですよ!
しかしながら、どの動物でも子供って直ぐに大きくなるし、時間が経てば売られて行ってしまいます。
過去、名古屋コーチンのケージに「30羽予約済」というような札が貼られていたのを見た事もあります。
農家? 愛鶏家? 何れにしても「人気の品種なんだな〜」と思ったものです。

そんな理由もあって、「もうシーズン終盤の6月だし、ひよこちゃんは売り切れちゃったかな?」と、諦め半分の訪問でした。
ひよこ牧場コーナーに着くと、ひよこちゃんのケージがちゃんとありましたよ〜。
上下に2つのケージが未だ置かれていて、中でひよこちゃんが元気に遊んでいました!
近くに寄ってじっと見ると(笑)、名古屋コーチンっぽい子も居たのだけど、、、
どうやら種類が違っていて、オマケに「ポリスブラウン メス 予約済」の札が貼られていました(上のケージ)。
もう一つの下のケージは、明らかに名古屋コーチンの子ではなく、ウコッケイのひよこちゃん達でした。

店員さんに「今後、名古屋コーチン雛の入荷は有りますか?」、「上のケージの残っている子は、オスですか?」と直ぐに質問しましたよ(笑)。 すると、その店員さんは、奥に居た責任者っぽい方に相談して、再び私のところまで戻ってきました(ドキドキ/笑)。 店員さんの回答は、「今年は、もうひよこ販売がこれで終わりです。 今いる子だけです。」、「ポリスブラウンは、オスのみですね〜。」でした。
残念ながら、今年のひよこ販売は、もう終わりのようです。
因みに残っている雌鶏のひよこちゃんは、ウコッケイのみでした。

ぴよ美は、先輩こっこになり損ねてしまいました。。。
あと1年、頑張って待って貰おうと思います。
とはいっても、ひよこちゃんを育てるには、お世話をしっかりしないと駄目です。
また来年、新しい子をお迎えするか否かを、もう一度考えようと思っています。
(そう言いながら、ひよこコーナーから2羽を連れ帰ってしまう私なのだけどね〜/笑)

ぴよ美も先輩こっこになって自信を持てたら良いしね。 先日ぴよこりんを亡くしてしまって、庭も寂しくなったから、来春は是非お迎えするつもりでいます。 あと一年、可愛い子を待つのは、待ち遠しいな〜〜〜(苦笑)。

今回土曜日(6/22)、気になって、再び”ひよこ”牧場を訪れましたよ。
牧場コーナーはは既に撤去されていて、ポリスブラウンの雄鶏君1羽だけ普通のケージに入っていました。
大きさは、ちょうど鳩サイズです。
体も丈夫に大きく育った頃だから、お迎えするには良いお年頃なのですけれども。。。
この子が、女の子で名古屋コーチンだったら良かったな〜。

トレーニングジムが活況
私が通うジムの事ですが、夏を前にして利用者数が増えてきましたよ。
増えた客層は、男性会社員の20代〜30代前半の方たちです。
一人で訪れるのは稀で、2〜3人組で初トレーニングに来るケースが多いです。

初めての場合、受付の職員から器具やロッカールームの使い方をレクチャーされます。
この受付の職員は、つい半年くらい前までは単なる受付でした。
聞かれた事をマニュアルを読んで答える説明員役も兼ねているけれど、自らがスポーツや筋トレをやっているようには見えない感じです。 体育大学でトレーニングを学んだりしていれば、きっとマニュアルを持ち出さなくてもスラスラと説明出来るのでしょうけれども、そう言う”頼もしい”感じではありませんでした。
半年くらい前まで、私が通っていた7年もの間、ずっとそのような感じでしたよ〜。
やっと詳しい職員に代わったのが、つい半年前の事でした。

この詳しい職員(=インストラクター)は、なかなかの人気者です。
最近通い始めた利用者から「胸を鍛えたい」「お腹だけをへこませる方法ありますか?」「背中を格好良く厚くしたい」と聞かれていました。 自らが筋トレ好きで、トレーニングをやっているからか、ベンチプレスをそこそこの重量(←初心者から見たらだけど)で実演して見せたりしていましたよ。
その時、「腕の伸ばし方」「バーを胸のどの辺りに降ろしたら良いのか」「時どき腕の角度やフォームを変えて変化させると別の部位も鍛えられる」などを解説していました。 半年前までは、20歳くらいの細い女性職員(大学生のバイトさんだったかも知れません)のような方々が担当していたので、この様な光景は新鮮でした。

ジムが活況な理由には、「公営の安価なジムであることと、詳しい職員が配置された事で、初心者が早期に離脱する事を防いでいる。」もありそうです。 季節的に”薄着になる夏の前”だから、「体を引き締めたい」「ダイエットしたい」という理由が一番の理由には違い無いけれど、今が最も活況な時期になっています。

因みに、前回火曜日にインストラクターが、デッドリフトを実演して教えていました。
ちゃんと背中の反り具合やバーベルを持ちあげる軌道を説明していましたよ。
二人組を相手に教えていて、35Kgで初のデッドリフトをやっていました。 そしてやっぱり危ないフォームでしたね。。。
しかしながら、インストラクターの指導と(デッドリフト好きな)常連の一人、私も「ゴリラが威嚇してる姿勢」と少し口を出して(笑)、1セット8回を3セット終えるまでには良いフォームになりましたよ。
二人組は「腰がヤバい」「キツイ!!!」と言っていましたが、なかなか充実した表情で帰って行きました。
2013年6月15日(土)&16日(日)
雨の土日、梅雨真っ盛りの一週間でした。 ぴよこりんの新しいお墓にも雨が降ります。
左上:強い雨に雨宿りをするぴよ太とぴよ美。 退屈そうだな〜と、明らかに様子で解ります(笑)。
右上:玄関内側から見た雨宿り中のぴよ太。 廊下を歩くたびに「雨宿りしているな〜」と、私は思うのでした。
左下:ツンツンするぴよこりんが居ない食事、ぴよ美はリラックスしているようです。
右下:小雨の中、我慢できずにお散歩へ出掛けるぴよりんと警護のぴよ太。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

雨の一週間
梅雨の期間だから、それが当り前なのだけど、雨が多い週となりました。
私は、火曜日〜金曜日までを、横浜へ通って仕事をしていましたよ。
商品展示会の解説員として立ちっ放しなのが辛かったけれど、朝晩の雨天の通勤も憂鬱です(苦笑)。

こっこ達は、上写真のような様子で過ごしたのでしょうね〜。
軒下での雨宿り、退屈が我慢を超えると庭へ出て遊んで帰って来る、という行動を繰り返していたと思います。
そして梅雨の散歩は、雨にも濡れるから、お尻の油壺からの防水脂が活躍します!
良質の防水脂を沢山出すために、栄養のある食事をして欲しいな〜と私は思っています。
雨が羽に浸み込んじゃうと風邪をひいたり、病気になったり、、、心配ですからね〜。
先日ぴよこりんを亡くしたあとだけに、こっこの体調が気になります。

こっこのパワーバランス
ぴよこりんが旅立って2日目、ぴよ美に変化がありました。
ぴよ美はぴよりんとぴよこりんの2羽から先輩風を吹かされて、ご飯のときや、近くで遊んでいる時に”ツン”と頭を突かれちゃう事が日常的になっていて、少しみんなと距離を置いて行動していました。
それが不憫で、先週日記にも「そろそろ後輩こっこを、、、」と私は記しました。

ぴよこりんが居なくなって、不思議な事に、ぴよりんはぴよ美をいじめません。
ぴよ美は、少しずつぴよ美が安心して、ぴよりんに距離を近付けてきましたよ。
ご飯の時もぴよ太に隠れずにぴよりんの隣で食べていました!
この調子で3羽が仲良しになってくれると良いな〜。

藁にネズミ?
土曜日、いつものように母屋小屋を掃除しました。
雨の合間を縫っての清掃だから、小屋の開放と日干しをせず、産箱だけの清掃となりましたよ。
古い産箱の藁を廃棄して、新しいのを用意しようと藁置き場に行った私は、「ん???」と不思議な光景を見たのでした(笑)。 目の前には、藁の束が何かに噛み切られて半分くらいの長さになって、横たわっています。

私は、「初めから(カマなどで)切れていたのかな?」とも思って、観察しようとその束を持ちあげると、、、
パラパラパラッ〜っと、藁の細かい屑が沢山落ちてきました。
どうやら動物が噛み切った痕で間違いないようです。
以前にも発生した事があって、駆除をしたハツカネズミやクマネズミの仕業が考えられます!

物置兼ガレージの一部に作ったこの藁置き場、色々と観察していると、壁に穴を見付けました。
穴の大きさは直径3cmくらいで、小型のネズミ(ハツカネズミ)に丁度の大きさです。
私は百均で購入したネズミ捕りを仕掛けましたよ。
粘着によってペッタンペッタンと強力に貼り付く、ゴキブリホイホイを大きくしたような仕掛けです。

ネズミは、藁を噛み切ってグズグズにするだけではなく、糞や尿をする不衛生な害獣です。
同じ倉庫に保管したこっこのご飯や畑からの収穫物も食い散らかされかねません。
保管してある青梅やジャガイモ、大根、ネギ、山芋、米、、、人間の食べ物にバイキンを移されたら大変なので大人しく捕獲されて欲しいな〜と願っています。

因みに、前回のハツカネズミ駆除は、8年程前の事でした。
当時、12匹を数日間のうちに捕獲し、無事に収束しましたよ!
(レポート”ネズミ駆除のトラップを仕掛けました!”を参考 ←捕獲したネズミ写真があります。苦手な方は注意!)

ぴよこりんのお墓
名古屋コーチン一家の週末日記
金曜日に亡くなったぴよこりんを土曜日に埋葬しました。
先代こっこ達の眠る畑の傍らです。 草や笹に飲み込まれつつある先代達のすぐ脇に新しく埋葬しました。

雨が降ったり止んだりする不安定な天候だから、埋葬する事だけに集中して、手早く草刈り&穴掘りをしましたよ。
先代達のお墓も綺麗に草刈りをしてあげたかったけど、それはまた今度の機会です。

埋葬を終えて、墓石を据えると、ザザザッ〜っと雷雨の様な強い雨が降り始めました。 本降りの前に何とか埋葬を無事に終えられました。 線香やお花はないけど、ご飯や落花生を一緒に埋葬出来ました。

虹の橋を渡って、第二の鶏人生を歩んでね!
ありがとうね〜。 ぴよこりん!
【写真:ぴよこりんのお墓】
2013年6月14日(金)
ぴよこりんの旅立ち。 4歳2ヶ月でしたよ。
ぴよこりんが旅立ちました。
急な事で、私も驚いています。
しかしながら、少し元気ないな〜と前日に思っていて、当日は寝床から飛び降りて散歩をしていましたが、寝床には血の付いた便が残っていて、その予兆がありました。

存命のぴよりんにも言える事だけど、ぴよこりんは、4歳を過ぎて産卵数も減ってきて、ときどき産む卵がブヨブヨの軟卵だったり、血が付いていたりして、産卵絡みの不調だったのかも知れません。

卵を沢山産んでくれた子でした。 感謝です!
若鳥の頃、毎日庭を抜け出て近所空地へ通ったエピソードを忘れられない子です。 そして残された仲良しのぴよりんが寂しがります。。。 年下のぴよ美に辛く当たる事も多かったけど、ぴよ美とぴよりんが仲良くなれるように見守って欲しいな〜と思います。

沢山の想い出を有難う! ぴよこりん。
2013年6月8日(土)&9日(日)
今年の一番暑い日になったよ。 我が家の気温計は、30℃を指していました!
左上:何かを植えた場所が気になるこっこ達。 悪戯はしないけど、ぴよ太も気にして歩いていました。
右上:気温がグングン上昇した土日、時折、こっこ達は木蔭に入りながら遊んでいました。
左下:サツキの木に潜るぴよ美。 ムシャムシャ食べている様子(笑)
右下:ぴよりんとぴよこりんは、日陰で砂浴びをしていました。 気持ち良さそうだね〜。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ぴよ美は、後輩が欲しい?
年上こっこが苦手なぴよ美は、そろそろ伸び伸びしたいと思っているのかな?

ぴよ太に付き添って貰ってのお散歩の時、気兼ねなく好きなところへ行って、彼が時どき見付けるご馳走を食べています。
だけど、お姉ちゃん達が居ると、ツンと突かれるんじゃないかと、おっかなビックリなんです。
ぴよ美は、一人が好きな訳じゃないと思うのだけど、どうしてもお姉ちゃん達と距離をおいてしまいますよ。
お姉ちゃん達が優しくしてくれれば、きっと一緒にご飯を食べたり、砂浴びをしたり、お昼寝をしたい筈なのにな〜。

因みに、時々、ぴよ美をいじめちゃうぴよりんとぴよこりんも、若い頃には自分達よりも年上のお姉さん達に怒られていました。 そしてぴよ美を我が家に迎え入れた時、自分達がされていたように、怒ったり、意地悪したりし始めたのです。
こっこは完全に縦社会なんだな〜と、あらためて思いましたよ。
ぴよ美もきっと年下こっこを迎え入れたなら、その子を苛めちゃうのかも知れないけど、
苛められたり、偉そうにしたり、、、と順番に立場が変わって行くのが、自然な事なのでしょうね。

そんな彼女の立場に、私は「後輩の子が欲しいのかな〜。」と考えるのでした。

週末のご馳走
名古屋コーチン一家の週末日記土曜日に、冷凍ワカサギ&コーンをご馳走しましたよ〜。
雌鶏さんが好むのは脂の乗ったワカサギです!
きっと卵を作ったり産んだりするのに、動物性の栄養が必要なのでしょうね。
筋トレが趣味な私は、トレーニング後に無性に焼肉などを食べたくなるし、彼女達の気持ちも良く解ります(笑)。

今回納豆ヨーグルじゃなかったのは、買い忘れていたからなんです(苦笑)。
常に1回分を買い置いているのだけど、、、前回日曜日に買い忘れてやって、ストックがありませんでした。 一方、冷凍コーンと冷凍ワカサギは、当然ながら冷凍食品で賞味期限が2年半とか3年くらいあります。
だから冷凍庫には、300g入りや500g入りの袋が2〜3つありますよ! 納豆やヨーグルトの賞味期限が10日前後なのと比較すると、とても長持ちする保存食ですよね。

ワカサギとコーンを水で溶かしあと、水切りボールに入れて庭へ出ると、こっこ達が早速集まって来ました。
「えっ? 今日は納豆ヨーグルトじゃないの?」「それ、久し振りだけど、ワカサギ?」「アレ絶対にワカサギだよ〜」
「やった〜!!!」「脂が乗って、大好物なんだよね!」「早く食べさせて!!!」
と凄い喜びっぷりです。 ぴよ太も「ホッ ホッ ホッ ホッ〜」と大喜び。
【写真:本文に関係ないけど、雌鶏さんの砂浴びを見守るぴよ太。】

私は、1羽ずつワカサギを順番にあげました。
ぴよ太にも渡すのだけど、ぴよ太は雌鶏さん達に配りたい様子。
私から受け取ったワカサギを直ぐには食べずに、隣の子に「はい、コレあげるね〜」と、口に咥えて渡しちゃいます。
そのぴよ太の様子に気付かずに、雌鶏さん達が私の手元に集中していると、ぴよ太は残念そうにしてます。
彼は、口にワカサギを咥えたまま「ほら、これあげるからさ〜」と、10秒くらいジェスチャーをし続けますよ。
そしてぴよ太は、雌鶏さん達がお腹いっぱいになる頃、終盤になってようやく1匹か2匹のワカサギを食べます。
偉かったね! ぴよ太〜。

スズメが減った?
我が家のニワトリの餌を狙いに来る迷惑なスズメの軍団について書きますね〜(笑)。

定期的に記す野鳥の話題だけど、春を過ぎると我が家への飛来が増えます。
子育ての季節でもあるGW前後が一番多くて、6月、7月、、、と飛来数が減りますよ。
減る理由は、田畑の実りや野山の昆虫が多くなって、我が家の飼料よりも美味しいご馳走にあり付けるからです。
8月終盤や9月には、嬉しい事に、野鳥の飛来は全くありません!
きっと彼らは、近所の稲穂を食べ放題にしているのだと思います(笑)。
それはそれで、農家が野鳥対策に手を焼いているのだと思うけれども〜。

そんな季節による野鳥の盗み食いの変化もあって、GW前後のピークから減ってきたのです。
GW前後には20羽〜30羽近くの雛鳥を含んだスズメの大軍団とムクドリやキジバト達が、盗み食いに来ていたました(苦笑)。 今では10羽前後のスズメだけです。
このスズメについても、巣立った直後の雛鳥とその親鳥が殆どじゃないかな〜と思っています。
巣を離れられるほどに成長したスズメ達は、田畑へご馳走を探しに移動している筈ですからね。

こっこの餌箱にウ○チを置いて盗み食いをする野鳥達には、本当に手を焼いています(苦笑)。
何の対策が取れないのだけど、何時もながら自然と飛来数が減る季節になる事を願っています。
その兆しを感じて、ホッっとしていますよ〜。
2013年6月1日(土)&2日(日)
少しずつ暑くなってきたよ〜。 体調に気を付けようね!
左上:一人でお食事中のぴよ太。 「一人だと、ゆっくり食べられるな〜」と思っているかも(笑)。
右上:母が植えたばかりの”竜の髭”に悪戯をするぴよりん&ぴよこりん。 怒られぞ〜(苦笑)。
左中:悪戯防止のネットを突くぴよりん&ぴよこりんを、心配そうに見守るぴよ太。 ぴよ太:「だから駄目だって、、、」
右中:ぴよ太とぴよ美が良い感じでした! このあと、ぴよ美は、ぴよ太の羽毛を整えてあげてましたよ。
左下:ぴよ太のバサバサ”を披露〜。
右下:採れたての大根葉を食べるぴよりんとぴよこりん。 美味しそうだね!
////////////////////////////////////////////////////////////////////

先週までの”過ごし易い気候”から、少し暑くなりました。
暑くなったといっても、最高気温は25℃くらい。
ほんのちょっと「季節は春から夏に向かっているんだな〜」と感じるくらいです。

畑では大根や菜っ葉類、ジャガイモなども採れて、夏野菜の季節になってきました。
土曜日には、こっこ達が父が畑から持ち帰った採りたての大根葉を、ムシャムシャと食べていましたよ(写真)。
30℃を超えるとシンドイけど(苦笑)、20℃台だったら生命力が満ちて丁度良いのかも知れませんね!

因みに、色々な生物が25℃くらいを適温としているようで、、、
藪蚊やダニ、ゴキブリなんかもその温度で激しく増えます(苦笑)。
鈴虫やコオロギ、ヒグラシ蝉なんかが鳴くのは風流だけど、害虫は嫌ですよね〜。
私は、こっこの害虫対策に手を抜かないようにしないとな〜と、今年も思っていますよ。

こっこのお散歩
名古屋コーチン一家の週末日記お気に入りの場所というか、巡る順番が決まっているというか〜。
散歩には、だいたい毎日同じようなルートで同じ場所に行きますね。
季節によっても変わるし、天候によっても場所が違うけれど、幾つかのパターンがありますよ。 「三歩歩くと忘れる」と言われるこっこだけれど、ちゃんと天候の事を考えているし、好きな場所も憶えていますよね!

この時期、梅雨の合間に晴れて暑くなるときがあります。
そんな気候だと、裏庭の湿った場所へ散歩に行きますよ。 この場所は、今の季節から芙蓉の木が伸びて茂り、高いブロック塀に囲まれた氏神様の周りがとても涼しいのです。 私の部屋のすぐ裏側の場所だから、氏神様の周りに敷いてある砂利を「ジャリジャリ」と蹴散らす音に、「皆で遊びに来たのだな」と、ビックリさせない様にそろりとガラス戸を開けて様子を眺めたりします。

庭木の奥も涼しいけれど、涼むには氏神様の周りが良いのでしょう。
そしてこの場所へは、きっとぴよ太が先導して来るのでしょうね。 先代の雄鶏達が雌鶏達を引き連れて涼しい場所に避難していたのを私は知っています。 その姿は、生徒を引率する先生のようでした! 特に父コーチンが先導しているのを鮮明に記憶してます。
【写真:本文に関係ないけど、玄関に入った私を追って来ました。】

雨が降ると、こっこ達は、とりあえず庭木の茂る奥に行くのが定番です。
強く雨が降ってくると、観念して軒下や倉庫に行って雨宿りしますよ。
でもね〜。 地面がちゃんと土じゃないと、カキカキして遊べないから(笑)、コンクリートの軒下や倉庫は飽きちゃいます。 そんな場合には、「軒下(羽乾燥) → 植木の中 → 倉庫(羽乾燥) → 植木の中 → 軒下(羽乾燥) → 」 のような順番でグルグル回っています。

そう言えば、ぴよこりんが1歳くらいのとき、ご近所の空地へ散歩に行くのを日課にしていました。
ちゃんと自宅へ戻ってくるし、塀の上を歩いて、2軒先まで道を憶えていましたよ!
ニワトリは、三歩歩いても忘れませんよね!

スカイツリー対策
5/31(金)に地上波デジタル放送がスカイツリーの電波に変更になりました。
それ以前に東京タワーからの電波を受信していた我が家の場合、スカイツリーへは、大よそ20度の方角変更です。
アンテナの方角を変えて、4月から始まった試験放送時間に臨んだとき、NHKや主要な民放が問題なかった事から、「大丈夫だろう」と思っていたけれど、イザ変更になると幾つかの地方局が映らなくなりましたよ。。。
千葉テレビ、東京MXテレビ、放送大学は、完全に映らなくなっていて、TVの受信レベルが10前後に下がっています。
(試験放送でも映らなくなっていたと思うけど、余り映す局では無かったから、誰も気付かなかったのかも)

色々と調整してみたところ、どうやら信号増幅機(ブースター)が強過ぎたようです。
「映らないのだから、もっと強くしなきゃ駄目なんだろうな〜」と思っていた私は、何時間も試行錯誤をする羽目になりました(苦笑)。 最後に、既に最大になっていたブースターのボリュームを、試しに”中”に変更したところ、何れのテレビ局もくっきりと映るようになりました。 正常に映っていたNHKや主要民放局についても、”強”の時に60前後だった信号レベルが、最大値の80まで上昇しました(笑)。
遠く低い東京タワーに合わせていた設定では、近く高くなって、強力なったスカイツリーからの信号には合わなかったようですね〜。 無事に解決して、メデタシです!

番外編【秋葉原巡回】
名古屋コーチン一家の週末日記
土曜日、前回のゴールデンウィークから1ヶ月ぶりに秋葉原へ行ってきました。
午後、電気街を巡回したあと、夜に何時もの友人と飲んで帰ってきましたよ。

相変わらずPCパーツが高騰しております!
しかしながら今回の目的が仕事で必要なパーツ収集という事もあって、領収書を貰って必要な物品を購入しました。 私物では、午前中に作業して不足したテレビアンテナ線関係の部品です。 上記の通りにブースター設定のみで解決した問題だったけど、アンテナ線を減衰しないように太く短縮させる工事をした結果、保守部品を色々と消費してしまいました。

それで、アンテナ線の継ぎ目部品などをアキバで探していると、ちょうどスカイツリーへの移行特需に沸いた後だったからか、その手の部品が溢れかえっていました(笑)。 最も需要があったのは、試験放送中の4月〜5月だったのでしょうね。
その時には、東京スカイツリー移行推進センター(総務省の団体?)から、多量のアンテナ対策依頼を受けていた街の電気屋さんも大忙しだったのでしょう。
【写真:ワタミの串盛り合わせ(680円だったかな?)】

電波塔の移行を終えた後、そして殆どの電波障害などの苦情を処理した後では、それら部品の需要ピークを過ぎた感じで、特需とばかりに過剰に製造された部品が、安価に大量にアキバに出回った感じがします。
そのお陰で、何でもない時に150円位で売られている部品を50円で入手できましたよ。
2013年5月25日(土)&26日(日)
過ごし易い陽気が続きました。 庭にはサツキが満開です! そして食べ放題?
左上:雌鶏さんのお食事を見守るぴよ太。 警備、ご苦労さん!
右上:雌鶏さん達が3羽、くつろいでいました。 真ん中のぴよ美は、左のぴよこりんに何を話し掛けているのかな?
左下:ぴよ太は、ぴよ美のお散歩を警備しています。 何時も偉いね〜。 ご苦労さん!
右下:お腹も治って、サツキをムシャムシャ食べるぴよこりん。 元気になって良かったね。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

過ごし易い一週間でした!
先週に続き、「暑くもなく、寒くもなく」の気候で、こっこ達も私も快適です。
そして庭には蝶々やトカゲ、蜂などの小動物が沢山やって来るようになって、厄介な蚊も増えましたよ〜(苦笑)。
未だ見付けて無いけれど、梅やブドウ棚にそろそろ毛虫も発生しそうな予感もします。
子育て中の野鳥も沢山来ているし、動物たちが活性化する季節となりました。

ぴよこりん
先週土曜日と日曜日にお腹を壊してしまったぴよこりんは、月曜日の朝には回復していましたよ。
「良くあることだから、直ぐに治るだろう」と思いつつも、少し心配だった私は、元気な彼女の姿を出社前に見れて安心できました! そして月曜夜には、高い棚の上にちゃんと登れて、ぴよりんと一緒に熟睡していました。
日曜日に食べた”納豆ヨーグルト”が効いたのかも知れませんね。

こっこは、ときどきお腹を壊すことがありますね〜。
まあ私もお酒の飲み過ぎや(苦笑)、食べ過ぎ、何かの不調でお腹を壊すことがありますから、同じと言えばそうなのだけどね(笑)〜。 私の不調も1日か2日続くので、人間もこっこも動物学的に同じです!

今週末のぴよこりんは、後に記すようにサツキをムシャムシャと食べていましたよ。
ご飯もちゃんと食べられたし、ウ○チも臭くなくて、ほど良い硬さのコロコロな状態でした。
不調が治って美味しいものを沢山食べられるようになって良かったね〜。 ぴよこりん!

サツキが大好き!
名古屋コーチン一家の週末日記
恥ずかしいのですが(笑)、実は、サツキとツツジの違いが余り解りません。。。
父には「そんなの誰でも解るじゃん」と言われてしまうのですが、殆ど同時期に咲くし、花の色もピンクだったリ白だったリ、混じっていたり、私には酷似し過ぎています! そんなサツキなのだけど、Webで調べると「5月中旬以降に咲いている方」だという事で、現在、我が家に満開に咲いている花は、きっと”サツキ”です(笑)。

このサツキ(そういう事にしておきましょう/笑)、我が家のこっこの大好物でもあります。 昨年のいま頃、画像と一緒に報告したのを記憶しているけれど、今年も「ツンツン、ムシャムシャ」とあちこちで食べていますよ(苦笑)。
その姿を見て、人間の子供(小学校低学年)と似た行動をするな〜と、ふと思いました。

私自身、その歳の頃にサツキの花をむしり取り、その根元の蜜をすすった記憶があります。 サツキは、1つの花弁に少ししか蜜がありませんが、結構甘くて旨いですよ〜。 どういう訳か、こっこもそれを知っていて好んで食べるようです。
【写真:ぴよりんがサツキの花をムシャムシャ食しています。】

我が家のこっこは、花弁を丸ごと食べちゃいます。
私の記憶では、花弁は苦くて不味かった筈で、、、子供の頃の私は、蜜だけ吸って花弁を捨ててました。
こっこの味覚は、スイカの場合でも緑色の皮の部分も食べちゃうのを見ていると、ちょっと人間と違うかも知れません。
スイカの皮も好みならば、サツキの花弁も蜜に加えて好物なのかも知れませんね。

そんな理由から、この時期はサツキの木陰が大人気!
時どき母に怒られちゃうけれど、サツキの花は辞められませんね〜(笑)。

卵泥棒、、、?
もしかしたら一連の卵泥棒の犯人は、カラスではないかも知れません。
一番の容疑者は、ぴよりんでした(笑)。

この前のぴよこりんがお腹を壊していた時、その朝、寝床にブヨブヨ卵が産んであって、既に割れていました。
割れてから少し時間が経ったようで、硬くなり掛けた状態の卵でしたが、ぴよりんが一生懸命に黄身を突いて食べていたのです(苦笑)。 このときの卵は、体調の悪かったぴよこりんが寝ている時に産んだのかも知れません。。。

卵泥棒が、カラスとぴよりんの二人という事も有り得ますが、、、
最も怪しい容疑者は、ぴよりんじゃないかな〜と思います(笑)。

直ぐに何か対策を取れるというものでもないので、この卵泥棒の件は、様子を見守るしかありませんね。
2013年5月18日(土)&19日(日)
このところの暑さは一服、過ごし易い陽気でした。 しかしぴよこりんのお腹が、、、
左上:ぴよ太とぴよりんは、仲良く日向ぼっこ中です。 ぴよりんは、砂浴びもしていますね〜。
右上:気持ちの良い陽気にお散歩も絶好調のぴよ太。
左下:ぴよ美は、日陰で涼んでいました。 沢山食べたあとだから、眠そうにしていましたよ。
右下:夕方、お腹を壊したぴよこりんを気遣うぴよ太。 ぴよこりんは、静養ケージまでしか登れませんでした。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

雑草とこっこ達
名古屋コーチン一家の週末日記
暑さは、ひと段落したようです。
今週の朝晩は、そこそこ冷えて涼しかったですよ。
最低気温が10℃くらいに下がった日もあったから、「寒い!」と冬服を引っ張り出した人もいたかも知れませんね。
それでもお昼には25℃くらいになったから、過ごし易かったですよ!

こっこ達も食欲が増したようです。
庭にも色々な草が生えてきて、ツンツンして食べていますよ。
人間には草取りの手間が厄介な雑草達なのだけど(笑)、こっこのご飯を狙って来る野鳥の落とした糞に紛れ込んだ草木の種から芽吹いた植物もあるのかも知れません。 同じ鳥類が食べた実の種だから、そこから生えた植物もうちの子達の食用に適しているのでしょうね。

庭には、写真のように綺麗な草花が咲いています。
過去に植えた憶えがないから、これも雑草なのかもしれませんね(笑)。 こっこ達は、綺麗な花の雑草を好まず、オオバコや他の背の低い雑草を食べていますよ。 それから芝生もね! そして人間が食する元から庭に群生していた赤紫蘇は、どうも苦手のようです。 ”薬味”として扱われる植物だから、動物には”毒の味”がするのかも知れませんね。 同じ薬味でも、ニンニクやエシャロット、ノビルを彼らは好んで食べるから、好みの問題もあるのかも〜。

今までに何回か記していることだけど、こっこを迎えたから庭の雑草が激減しました! 写真のように、背の低い雑草は相変わらず生えていますが、こっこ達が居なかった頃の「3ヶ月も放置すると腰の高さに雑草が生い茂る勢い」はありませんよ。
草取りも年に数回、ちょこちょこっとするだけです。
こっこの草取り(足でカキカキして蹴散らしたり、美味しい草を食したり)には、本当に助かっていますよ〜。 因みに我々人間にとって一番厄介な部類の雑草、、、庭に生い茂っていた”ドクダミ”は、驚く事に、数か月で全て食べつくされてしまい、全滅状態です(笑)。
これからの季節、雑草もグングン伸びるから、彼らの働きに期待しています!
【写真:庭に色々な雑草が育ちました。綺麗な草花系は、取り合えず放置〜】

ぴよこりんが腹痛?
今回の土日、ぴよこりんは体調不良で元気がありませんでした。
こっこも人間と同じく、風邪をひいたりお腹を壊したり、足が痛くなったり、、、
色々な理由で1年間に何回か元気が無かったり、座り込んだりすることがあります。
今回のぴよこりんは、どうやらお腹の調子が良くないようでした。。。

土曜日の朝、ぴよこりんの寝ている棚の下に下痢ウ○チがどっさり落ちていました。
お腹を壊した人のウ○チの様な臭いがするから、やっぱりお腹の具合が悪いのだと直ぐに解りましたよ。
そして、彼女は植木の根元に座りっぱなしで、食欲もイマイチなのです。

翌日の日曜日にもぴよりこりんの不調は続いて、配合飼料を少し食べるのみです。
午後の納豆ヨーグルトは、ムシャムシャ食べていたから深刻な状態じゃないのでしょうけれど(苦笑)、寝床へは跳び上がれずに、ぴよ太が寝ている静養ケージで寝ていました。
ぴよ太は、「ぴよこりんお姉ちゃん、お腹痛いの? 明日になったら元気が出る?」と心配そうにしていましたよ。

納豆ヨーグルトは、”鶏に理想の食材”に記したように、乳酸菌(ビフィズス菌)を増加・安定化させる効果があって、下痢やお腹の調子を整えるのにとても有効な食べ物です。
ぴよこりんのお腹にも効いて早く元気なると良いな〜と思っています。
2013年5月11日(土)&12日(日)
最高気温25℃? GWを過ぎて、ますます夏の様相です!
左上:仲良く4羽でご飯を食べてます。 ぴよ美は、ぴよ太の隣です(一番左の子)。
右上:日差しが強いお昼過ぎ、やっぱり植木の奥のこの場所が涼しいね!
左下:植木の茂る奥は、藁捨て場です。 涼しくて、虫探しに絶好の遊び場だね〜。
右下:日曜日の午後、大好きな納豆ヨーグルトを食べましたよ。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

週末のご馳走
毎週お決まりのご馳走の時間、こっこ達は私を見掛けると「今日はご馳走を出してくれるの?」という仕草をしていますよ。 私にはそう見えちゃうのかも知れないけれど、本当に私の顔を見上げて催促している素振りです(笑)。
そして私がご馳走を入れる(百均で買った)ワンコのご飯入れを弄っているのを見掛けると、遠くからでもダッシュで私の元へ駆け寄ります。

私が綺麗に”ご飯入れ”を水洗いしている間、周りを歩き回ったり、首を長くして覗き込んだりソワソワしています。
その様子がとっても可愛いいのです! ←親ばか発言にご容赦を〜(笑)
そんな時、先週記したようにぴよりんとぴよこりんは、私の背後に回ってお尻とか、ズボンの裾を摘まみます。
きっと「早く! 早くしてよ〜」って私に催促しているのでしょうね〜(笑)。
時には、ガブリって少し強く噛む事もありますが、可愛いいから許しちゃいますね(笑)。
まあ、私も彼女達のモフモフのお尻を軽く叩いて、「もう少し待ってなさい!」って仕返ししますけど〜(笑)。

因みに今週日曜日は、定番の納豆ヨーグルトをご馳走しましたよ!
(どうやら平日昼間には、家族からスイカの残りを何度かご馳走してもらったそうです)

虫の季節
名古屋コーチン一家の週末日記この時期は色々な虫が出てきますね! こっこ達が美味しそうに食べちゃう虫から、血を吸う嫌な虫まで色々と現れます(笑)。

GWの後だったかな? 私自身、就寝中に耳元で「プゥゥゥ〜ン」とやられて、「イラッ」っとして飛び起き、蚊取りマットを点けたことがありました。 本当にアレは、嫌な音だし、刺されると痒い害虫です!
そしてこっこ達に悪さする虫もこの時期から現れますよ!
我が家だと、”トリサシダニ”、”ワクモ”、”ニワトリヌカ蚊”の3種類の害虫被害が過去にありました。 私の耳元で「プゥゥゥ〜ン」とやった奴の仲間は、最後の”ニワトリヌカ蚊”で、皮膚が露出しているこっこの顔や鶏冠を狙って刺しに来ます。。。
【写真:虫も発生する陽気だから、日曜日に洗剤を使ってゴシゴシ清掃!】

ニワトリヌカ蚊に刺された子は、(私もそうしますが/笑)頭や顔を爪でカキカキして、翌朝には流血してカサブタになっていたりします。 大きな鶏冠の持ち主(苦笑)、ぴよ太の頭が一番に狙われちゃいます!
ぴよ太、受難の季節ですよ〜(苦笑)。 ←冬は鶏冠に霜焼けができるから、夏も冬も大変。。。

そのような理由で、昨年夏の彼の鶏冠は、いつも鶏冠にカサブタが点々とある状態でした。
夜、彼らの寝床に集まるニワトリヌカ蚊を(こっこ達を母屋小屋に避難させたあと)殺虫剤で駆除する方法が有効で、昨年夏には1週間に一度は駆除していました。 そろそろ殺虫剤散布をしても良いかも知れませんね。

一番厄介なのは、ワクモ(ダニの仲間)です。
とても小さな害虫なのだけど、凄い数に増殖して、夜、就寝中のこっこを襲います。。。
何故厄介かというと、とても小さい体だから、木造の小屋の無数の小さな隙間に入り込みます。
殺虫剤を使っても、水洗浄しても、隙間奥に入り込んだ個体はなかなか退治できません。

我が家では一昨年にワクモの大発生を許してしまい、数ヶ月掛かってやっと退治出来ましたよ。
洗剤を使った洗浄、熱湯駆除、忌避剤散布によって地道にワクモを減らしました。
そして小屋自体にも屋根補修に使うシリコン接着剤を隙間に詰めるなどの対策を施しました。
この対策によって洗浄や殺虫剤散布から逃れようとする試みを打ち砕いた訳です。
これらの甲斐あって、昨年には、ほんの少しだけの1回の発生で済みました!

トリサシダニは、駆除が比較的簡単だけど、こっこ本人にとっては一番痒い害虫かも知れません(苦笑)。
この虫は、こっこのふさふさのお尻に巣くいますからね〜。
「肛門の周りを良くカキカキしているな〜」、「モフモフの羽毛に、何時もより砂が沢山くっ付いているな〜」と思ったら要注意ですよ! 良くその砂粒(虫)を見て下さい! モソモソと動いていませんか?
こっこのお尻の皮膚がただれていませんか?
もしも砂ではなく、トリサシダニのコロニーだったら、ダニ・ノミ忌避駆除剤の”ノックレン”を5cm間隔で吹きかけて下さい。
翌日には全滅している筈です。
そして予防の為、3日後〜5日後にもう一度吹きかけて下さい。
2回目の噴射で、1回目の噴射の時に卵として生きながらえてトリサシダニも駆除出来ますよ。

ゴールデンウィークの翌週、今回の土日に、食器洗い洗剤を使ってゴシゴシと母屋小屋を清掃しました。
一番厄介なワクモが発生しないように、予防的な対策です。
食器洗い洗剤は、ダニ系の害虫の体表を覆う油膜を剥がし、呼吸器に入り込み、窒息させる強力な駆除剤になります。
今年もワクモをはじめ、不快な害虫の被害を最小に抑えたいな〜と思っています!
2013年5月3日(金)〜6日(月)
長期連休の後半も絶好の初夏の陽気が続きました。
左上:初夏の陽気にこっこ達も木蔭で涼みます。 ぴよ太ものんびり過ごしていました。
右上:藁捨て場は、ふわふわの寝床代わりになるのと、虫探しの穴場です。
左中:産箱に籠るぴよこりん。 頑張って立派な卵を産んでね〜。
右中:ぴよ美が水を飲んでます。 こう毎日が暑いと、喉が渇くね。
左下:「ぴよ太〜」と呼んだら、木蔭から顔を覗かせました。
右下:ぴよりんのお散歩風景。 痒かったのかな? 顔をカキカキしてました。
////////////////////////////////////////////////////////////////////

水が美味しい季節
こっこ達が水を良く飲むようになりました。
そして水瓶の水が減りが速いです!
人間もそうだけど、にわとりだって暑くて喉が渇くから、グビグビと飲んでいるのでしょう。
それからこっこ達は、スイカやメロンのような”水もの”も好んで食べています。

水瓶は、まだ寒かった3月頃だと、1週間に1度の清掃のあと、次の清掃まで水を追加せずに済んでいました。
今の季節、土曜日に清掃した場合、水曜日か木曜日くらいには10cmくらい水位が減ってしまっていますよ〜。
そのくらいに水が減ってしまうと、こっこ達は爪先立ちの様な格好で首を水瓶に突っ込こむ必要があって、水も飲み難いです(苦笑)。 その状態を見付けると、朝、私は綺麗な水道水を追加して出掛けます。

でもね〜。
この時期は、水が汚れ易い季節でもあります。
汚れなくても、緑色のミズゴケが瓶の内側に付いてしまうから、時間に余裕があればタワシでゴシゴシと綺麗に清掃してあげますよ。 清掃後、こっこ達は綺麗な水が満々に満ちた水瓶を見付けると、駆け寄って来てグビグビと飲み始めます。
(こっこの水を飲む仕草は、とっても可愛いですよね!)

カラス監視
名古屋コーチン一家の週末日記
先々週に記した”卵泥棒”について、私はカラスをなるべく監視しましたよ(笑)。
私の殺気を感知したのか、廊下や玄関の窓の隙間から覗いている時に限って、カラスは現れません。
逆に考えると、誰かの目があれば、カラスは姑息な犯行に及ばないといえるのだろうけれど、どうなんでしょうかね〜。

しかしながら、連休中に卵泥棒の被害に再び遭ったようなのです。。。
左写真のように、母屋小屋の入り口と前のコンクリートの上に割れた痕跡を見付けました。 「再び遭ったようなのです」と曖昧に記したのは、卵が割れた痕跡だけが残っていて、現場をちゃんと目視した訳ではないからです。

状況証拠だけだと、「軟卵を自ら割ってしまった雌鶏さんや他の子が、それを突いて食べちゃった。」という可能性がありますからね。
食べ物に異常な執着心を持つ雌鶏さん自身が”犯人”である可能性も、ゼロではないと思っています。
昔から卵を食べる厄介な子が居たと、亡き祖父に聞いていたし、アクシデントで割れた卵を突いて食べていた現場を見たこともありましたから〜。

カラスが犯人で、もし人間に監視されている事で犯行を諦めるのであれば、カカシなどを作って、私の代わりに監視させようと思っています(笑)。
【写真:卵を割って盗み食いした痕跡を証拠写真に収めました/笑】

ぴよりんとぴよこりん
名古屋コーチン一家の週末日記
彼女達には、私のズボンの裾やお尻を摘まむ癖があります(笑)。
私がしゃがんでいると、背後に回って、背中やお尻を突いたりもしますよ。
とっても個性的な癖をもっています。
因みにぴよ美にはそんな癖はありませんよ〜。
幼いひよこ時代から共に過ごした2羽だから、癖も似ているのかもしれませんね。

私の家族は、ぴよ太にしか突かれた事がありません。 ぴよ太は、サンダルや靴に夢中になって、靴を捕まえようとして突いちゃいます(笑)。
これはこれで、ぴよ太の個性的な癖なのですけれどもね〜(笑)。
その様な理由で、私以外には「突くのは雄鶏」という固定観念があるのかも知れません。 私が「雌鶏さんの方がガブリって噛み付くことが多いよ!」と話しても、誰も信じてくれません(笑)。 ぴよりん&ぴよこりんは、私以外には”猫を被って”良い子にしているのかも知れないけれどもね〜。

2羽は、お腹が減っている時と、私がご馳走を持っている時に「ご飯をちょうだい!」の意思表示として”ツンツン”しているようです。 ツンツンする強さは、ガブリと少し痛いくらいの時があったり、ズボンの裾を摘まむ程度の軽い時もあったりと、マチマチですよ。 【写真:連休最終日の夕方、玄関前に全員集合】

跳ねるのが得意なぴよこりんは、若い頃、ジャンプして私のお尻を噛む行為”ジャンピングガブリ”をしていました。
このジャンピングガブリは、体重も掛かるからつねられたように結構痛かったですよ〜(苦笑)。
そして彼女達は、ご飯を意識してない時には全くそのような行為をしません。
ご馳走を滅多にしてくれない私の家族には、”ガブリ”をしませんね〜(笑)。

私は、彼女達がガブリをすると、お返しにお尻をナデナデして「もうちょっと待っててね〜」と声を掛けます(笑)。
そんなやり取りが1週間に数回あります。
2013年4月27日(土)〜29日(月)
ゴールデンウィーク前半は、快晴でした。 先週が冷えたから、体感的に暑かったですよ。
左上:気温20℃超え、快晴! こっこ達は、植木の陰で涼んでいます。
右上:ぴよこりんは、藁捨て場をカキカキ中。 此処は日陰だし、良い場所だね。
左中:お散歩中のぴよ太は、隙間に美味しそうな草を見付けました。
右中:ぴよこりんは、夕方にお散歩をしました。 ぴよ太も近くで何かを探索中。
左下:土曜日、スイカをご馳走しました。 こっこは、やっぱり大好きですね〜。
右下:草取り後のフサフサの地面を踏み締めて、気持ち良さそうなぴよ太。 バンブルフットの具合も良いですよ!
////////////////////////////////////////////////////////////////////

GWに突入しましたね〜。
間に3日間の平日が挟まっているのが、イマイチな感じですが、前半3連休と後半4連休を有効に使おうと思います。
計画している事は、バンブルフットのまとめぺージ作成です。
獣医さんが記された参考になるWebぺージを見付けて、引用依頼をしていますが、メールが届いて無いらしく、お返事が頂けてません。 ”OK”のお返事が頂ければ、一気に進みそうなのですが〜。
それから、自転車が色々と疲れてきたので、手入れをしようと思っています。
サイクリング用のクロスバイクと通勤用のママチャリで、4年と3年が経過していて、何れもガタが来ていますね〜(笑)。

春のぴよ太
どうやら、ぴよ太が春のようです。
倉庫から餌箱に配合飼料&玄米を運ぶ途中、私の足に絡んでくることが多くなっています(笑)。 何故ご飯を運ぶ途中の私の足に絡むのかは解らないけれど、走ってきて、靴紐やズボンの裾をクチバシで掴もうとしますよ。 実際には、「あっ、お父さんだから、やっちゃ駄目なんだよね〜。」と私の顔を見上げて、寸止めみたいな感じになります。 時どき、軽く摘ままれることがあって、それが今の時期に多いな〜と感じます。

もしかして、、、歩いている時の私の靴が雌鶏さんにでも見えるのかな? 摘まみ方が、ガブリと噛み付く感じじゃなくて、ソフトな感じです(笑)。 「どうしたの?」と聞いてみるけれど、ぴよ太は教えてくれません。 もしそうだったなら、「可愛い雌鶏さんと間違えちゃったんだ。。。」とは、きっと恥ずかしくて言えないと思います(笑)。

ちなみに、左足のバンブルフットの具合は良いですよ〜。 足の裏は綺麗に治ったし、足の甲に現れた傷口もどんどん小さくなっています! この調子で、地面がグジョングジョンになって不衛生な梅雨までに、傷口が塞がってくれると良い嬉しいな〜。

春の雌鶏さん
ずっと昔のこと、初代コーチン一家の雌鶏さんについて、懐かしく思い出すことがあります。
GWの頃、ちょうど今頃の季節の雌鶏さん達が代わる代わる産箱を占拠する光景が懐かしくってね〜。

かれこれ7年、8年前になりますが、子育て好きな雌鶏さん達は、産箱の前に行列を作っていましたよ(笑)。
彼女達が無理なく篭れるように、私が4室用意した産箱は、何故か一番奥の部屋だけが人気で、そこに彼女達が集中した結果でした。 手前の2番目、3番目、4番目の部屋は、不人気で、何時も空部屋になっているのは、人間の私にとって理解不能でしたよ(苦笑)。

2羽ならば、ギュウギュウ詰めですが、何とか大人気の一番奥の部屋へ入れます。
しかし互いに「あなた、邪魔よ〜。出て行きなさいよ〜。」と、”おしくら饅頭”を始めて、大事に温めようとしていた卵を踏んで割ってしまう事件も頻発しました(苦笑)。

それから、”根競べ”ですね。
巣篭り中には、1日に一回、食事・トイレ・砂浴びなどを30分ほどで済ませます(沢山のウ○チを一度にするから、貯め糞とも言います)。 巣篭っていた雌鶏さんが、その一日に一度の機会に産箱から出て行くと、それを見計らっていた子が、代わりに占拠し始めちゃうんですよ(笑)。
だから、近くで産箱を狙っているライバルが居る時には、根競べなんです(苦笑)。

暖かくなる4月の中盤から遅いと7月の初夏までの間、そのような産箱の陣取り合戦が繰り返されていましたよ。
巣篭り常連の子だと、1ヶ月半も頑張って、足取りもおぼつかなく、顔や鶏冠も蒼白になるくらいの根性でした(苦笑)。
「子供を育てよう!」「卵を大事に温めよう!」という強烈な本能の結果だったのでしょうね。

現在の子達は、残念ながら巣篭る事はありません。
我が家の子が挿入画像に使われたNHKの番組によると、「巣篭り本能を限りなくゼロに取り除く品種改良の結果、巣籠り本能を喪失させて、年間産卵数を増やせた。」ということです。 初代コーチン一家から7年後、8年後に産まれた若い子達は、残念ながら、子育ての意識を持ってないのかも知れませんね。

巣篭りは、体力を使う命懸けのお仕事です。
命を落とす雌鶏さんも居ます。
だから一概に巣篭りを良いこととは思いませんが、この季節になると昔の光景を懐かしく思い出すのでした。

公園の大人向け遊具、その後
名古屋コーチン一家の週末日記
2週間前に記した公園の遊具について、先週と今週日曜日にも立ち寄りましたよ〜。 何れも午後5時半頃、30分間程のトレーニングでした。

順手懸垂、逆手懸垂と、リバース・プッシュアップと呼ばれる腕のトレーニングを数セットずつやりました。 ”リバース・プッシュアップ”というのは、椅子やベンチで出来るトレーニングです。 言い難いこの正式名について、私は知りませんでしたが(笑)、ジムで良く見掛ける運動だったので、公園トレーニングに取り入れてみました。

途中、妹夫婦と姪っ子たちが応援に現れ「おじちゃ〜ん、頑張れ〜!!!」の声援を貰いましたよ(笑)。
ちょっと恥ずかしいのですが、天気も良く親子連れも未だチラホラ遊んでいる空間では、余り違和感ない光景だったかも知れません(笑)。

先日、何処かのテレビ局が”大人向け公園遊具”の特集を組んだそうです。 それによると、新設する自治体も増えているようですよ。 どうやら高齢人口が増える今後に備えて、体を動かしたり鍛えたりして貰って、出来るだけ健康寿命を延ばして欲しいようです。 寝たきりにならずに自分の足で健康に歩けたならば、医療費だって激減して自治体にとっても本人にとっても嬉しい事ですからね〜。
【写真:大人向け遊具を写真に収めました。】


番外編【秋葉原巡回】
名古屋コーチン一家の週末日記
(GW初日の秋葉原、ジャンク街)
名古屋コーチン一家の週末日記
(友人は、高価なカメラを持参! 酒も旨そう)
名古屋コーチン一家の週末日記
(午前中、猪木氏を撮影したらしい)
このところ、余り記すことのなかった秋葉原巡回日記でしたが、久し振りに記しますね〜。
どうやら物欲がこのところ陰っていて、巡回&居酒屋で終わることが多かったです(笑)。
因みにこの巡回は、秋葉原の街を何Kmも歩き回って良いウォーキングになるし、コンピュータ分野の商品相場と流行りが解り、そして街の微妙な変化も察知できるから、私にとっては必要な習慣になっています。

私の物欲ですが、、、
カメラについては、Pentax K5を入手している事もあって、暫くコレクションしたい製品が現れないと思います。
もし可能性があるとするならば、Pentax 645Dという大きなカメラが挙げられます。
しかしながらこのカメラの価格は、ボディーのみで60万円にもなります(苦笑)。
「最小の出費によって、最大の効果を目指す」という”Junk道”的な考えも合わせ持つ私にとっては、相反する製品となっていて、購入の可能性は僅かです。

PCについては、アベノミクス効果の円安によって、年末と比べてPCパーツが20%ほど値上がりしちゃいました。
例えば、Intel製SSDの240GBモデル”335 シリーズ SSDSC2CT240A4K5”は、現在\18,000-ほどです。
昨年秋の2012年11月、Amazonから購入した時には、\14,310-でした。
25%以上の値上がりです。

1年前に購入したCPU、”Core i7 3770K BOX”は、(発売直後のご祝儀相場で高かった)当時の\29,500-から、現在の\32,500-へ10%強の値上がりです。
順調に価格が値下がって落ち着いた半年前が\27,000-だったので、やっぱり20%以上の値上がりになっていますよ。

皆さんご存知と思うけれど、通常、PCパーツの値崩れは凄いです(笑)。
1年前のモデルやパーツは3割、4割、半額が当たり前だったりします。
CPUは2社しか無くて、競合が少ないから例外だけれども、そんなCPUでも2割くらい値下がった価格で暫く安定するのが通常です。 現在のPCパーツ市場は、2年前のタイ洪水時のHDD価格と同じく、異常事態に思いますよ。

そんなこんなで、新しい強力なCPUなども発売されてなく、PCパーツも私の物欲を掻きたてない訳なのです(笑)。
1年前に製作したメインPCは、最新のパーツで新規製作しても殆ど同じ性能ですし、HDDやSSDは逆に値上がっているいるのだから、逆に高コストになって意味がありませんしね〜。

ところが今回、唯一、必要になったパーツがありました。
GW中に届くように手配してある父のWindows7ノートPC(デル製)に使う無線LANルーターです。
新PCは、6年前に購入したWindowsXP機の後継で、来年4月にサポートを終えるWindowsXPを切り替える意味もありました。 現在使っているルーターのセキュリティーが古く危険だったのと、無線LANの規格も比較的新しい”IEEE 802.11n”を使いたかった事が理由です。 そのような理由で購入をしましたよ。

夜、何時ものようにアキバ仲間と居酒屋で飲みました。
金の蔵Jrが値上げしちゃったので、最近はワタミで飲んでいますよ〜。

この日、友人はCANONの”EOS-1D Mark IV”というカメラと、同社製の通称”白レンズ”を持って来ていました。
何れも最近中古で入手したとのことですが、それでも合計45万円くらいになりそうな組み合わせです。
友人は、1年前くらいにデジイチにハマりましたが、短期間に何台もの一眼レフを購入していますよ。
きっとカメラには、散財させたり、ハマったりする魔力があるのかも知れません(苦笑)。
因みに友人は、「午前中に(あるイベントで)猪木さんを撮って来た。」と話していました。
彼の高額なカメラには、アントニオ猪木氏の姿がバッチリ写っていましたよ!


◎購入品
・PLANEX社製 無線LANルーターセット \700- ←300bpsのダブルアンテナタイプじゃない奴にケチりました(笑)
合計\700-
2013年4月20日(土)&21日(日)
雨降りと寒さが戻った土日でした〜。 寒い!
左上:日曜日、強い雨に倉庫で雨宿り中のコーチン一家。 でも、とっても退屈なんですよ〜(笑)。
右上:雨が降り始める前の土曜日、ご飯を食べて一休み中。 ぴよ美。
左下:ぴよりんとぴよこりんは、ぴよ美から50cm程離れた場所で寄り添ってコックリコックリしていました(土曜日)。
右下:雨があがった日曜日の夕方、大好物の納豆ヨーグルトを食べたよ。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

最高気温10℃の土日、冬の寒さに戻りました。 
加えて冷たい雨が降り続いた過酷な週末でした!

こっこ達は、ふさふさの羽毛があるから、この程度の寒さには全然平気なのでしょうね。
しかし暑がりにも関わらず私は、厚着をして、片付けようと灯油を使い切った石油ファンヒーターを再び使う羽目になりました(苦笑)。 ぷりぷりフワフワのぴよ達のお尻を「暖かそうだな〜」と眺めながら、夏服を重ね着して凌いだ2日間でした。
(4月の初旬、私は衣替えをして、長袖Tシャツやコート類を押入れの奥へ片付けちゃっていました/笑)

こっこ達は、ふさふさだから気温だけの低下なら全然平気です。
しかし土曜日午後から日曜日の午後に掛けて、結構な雨が降ったのでした。
寒さに強い我が家のこっこ達も、流石に冷たい雨に濡れるのは避けたい様子。
多くの時間を軒下と倉庫で過ごしましたよ。
上の写真のように、倉庫の中で羽を綺麗に整えたり、座ってコックリコックリしたりしながら過ごしました。

でもね〜。
こっこ達は長時間、じっとしていられません!
人間の幼稚園児と同じくらいの我慢強さです(笑)。
1時間か長くても2時間、倉庫や軒下で雨宿りをすると、ソワソワしちゃって雨の中に出て行ってしまいます。
冷たい雨にも関わらず、植木を掻き分けてお散歩を楽しむこっこ達。。。
しかし10分、20分経つと、綺麗に塗ったお尻の油壺からの防水コートの効力も限界を迎えます。
ジワジワと背中や頭に冷たい雨が染み込んで来て、ゾクゾクッっとなって、元の場所に戻って来ますよ。
そんな繰り返しでした。

私自身も寒かったり、外出を控えたりと残念な休日でしたが、こっこ達も退屈な2日間だったと思います。

カラスが卵泥棒?
どうやら、最近カラスに盗まれているようです。。。
犯行現場を直接見た訳ではありませんが、母屋小屋近くの電線に1羽止まっているのを何度か見掛けていました。
「何度か」が同一のカラスか否か、私には個体の区別が付かないから解らないけれど、、、
カラスは学習するという話をよく聞くから、「朝にあそこへ行くと産みたての卵があるぞ〜。」と憶えた1羽のカラスだったのかも知れません。

【状況証拠】
1、母屋小屋の中、産箱前に卵が割れた形跡あり(黄身無し、白身のみ)。
2、母屋小屋入り口の外に、割れた卵の殻が数日毎に2度落ちていた。
3、(家族目撃談によると)母屋小屋の屋根に1羽のカラスが登っていた。

上記の証拠から、産箱の卵を運んで母屋小屋の前で食べている様に思います(苦笑)。
我が家のこっこの卵は、M〜Lサイズくらいの大きさだから、極悪カラスには上手く運べずに(笑)、産箱前の床に落として割って黄身だけ食べたと思われる形跡もありましたよ。。。
そしてカラスは、産箱に雌鶏さんが篭っている時には盗みに入らないようです。
産んだ後、雌鶏さんが小屋から出て行くのを確認した後に犯行に及ぶのだと思います。
「母屋小屋の屋根に1羽のカラスが登っていた。」というのは、雌鶏さんが卵を産み終えて小屋から出て行くのを、カラスが見張って、待っていた状況かも知れません(ずる賢い奴め〜/笑)。

困ったものですね。。。
土日しかできませんが、こっこ達が卵を産む時間帯に現場に張り込む事にします(笑)。
何度かビックリさせたら、賢いカラスの事だから、心を入れ替えて悪事を止めてくれるかも知れません。

地震とコッコ
こっこと地震について、Webに記事が掲載されていたので、本文をそのまま引用しますね。
我が家は4羽、他のニワトリスキーさん達も多くても数十羽だから、大丈夫だと思うけれど、数千羽単位で飼っているとこの様な危険があるのですね。 先日の淡路島で起きた地震ですが、痛ましい事故です。。。
震度6の揺れがとても怖かったのでしょう。 安らかに。


【淡路島地震で鶏が大量死…パニック起こし窒息か】
読売新聞 4月17日(水)15時10分配信
===================================================================
兵庫県・淡路島で最大震度6弱を記録した13日の地震で、同県西部の養鶏場で飼育されていたブロイラー約1700羽が大量死していたことが、県の調査でわかった。 鶏の習性により、揺れに驚いてパニック状態になり、1か所に寄り集まったため窒息死した可能性が高いという。

県畜産課によると、地震発生直後、養鶏場の担当者が見回ったところ、6000羽を飼っていた1室で約1700羽が隅に集まり、死んでいるのを見つけた。 養鶏場は鳥インフルエンザの発症を疑い、県の家畜保健衛生所へ通報。
解剖して調べたが、感染は確認されなかった。
また、イタチなどが鶏舎に侵入した形跡もなく、地震が原因と判断した。

独立行政法人・家畜改良センターの矢内早苗・鶏改良係長は「驚くと1か所に集まる習性があり、今回の地震でも敏感に反応したのではないか」としている。

===================================================================
2013年4月13日(土)&14日(日)
春、良い気候が続いていますね! コッコも人も過ごし易いです。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:植え木の間から「こんにちは!」、ぴよ太です。
右上:大きな幹の脇から「こんにちは!」、ぴよ美です。
左下:仲良しなぴよりんとぴよこりんは、カキカキお散歩も一緒です。 美味しい虫を捕まえられたかな?
右下:風が強くなった日曜日、仲良しぴよりん&ぴよこりんは、一緒に避難しましたよ。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ぽかぽかの陽気が続きますね!
お昼過ぎには最高気温が20℃を超える日も多く、お昼休みに街なかを散歩すると汗ばむ季節となりました。
そしてこっこ達は活発に活動していますよ〜。
草の芽を突いたり、植木の間の狭い場所に潜ってカキカキして虫を探して食べてるようです。
そのせいか、配合飼料をちょっぴり多く残しちゃってるみたい(笑)。 まあ、美味しい草の芽や虫を食べられて幸せならば、飼い主としては「ちゃんとご飯も食べてね!」とは言えませんね〜。
そのように、生き物たちにとって良い季節となりました。

あと2週間ほどでゴールデンウィークです。
人間にとっても「あと○×日」と数えて、ワクワクする良い季節となりました(笑)。

深蹴爪、やっちゃった〜
名古屋コーチン一家の週末日記定期的に私は雄鶏君の蹴爪を切ってあげています。
父コーチン、長男コーチン、末っ子、今までの雄鶏君も全員切ってあげていました。
そして現在、私はぴよ太の蹴爪を半年間隔くらいで切ってあげていますよ。

名古屋コーチンは、とっても立派な象牙のような蹴爪が生えます。
根元の直径は1cm、長さは5cm〜6cmに達しますよ。 人間に例えて、自分の身になって想像して貰うと解り易いと思うけど(笑)、スネの部分の内側に生えるのが厄介なんですよね〜。 前方や後方に向かった生えたり、外側に生えるならば、余り自分自身には影響がありません(この場合、他人に当たったり、刺さったりするかも知れないけれど/苦笑)。 
【写真:歩き易く短くなったけれど、ぴよ太の右足蹴爪を深蹴爪しちゃった。。。】

でもぴよ太や他のこっこのように、尖った蹴爪が内側に向かって生えると、反対側の自分の足に当たって自分が痛いです。。。 だから、当たらない様に自分で蟹股になる訳なのだけど、凄く歩き難そうだし、足を悪くしちゃうかも知れません。
走る時が一番辛そうで、当然だけど、余り早く走れませんよ〜。

そのような理由で、定期的に切ってあげます。

そして土曜日、ぴよ太の両足の蹴爪を切ってあげました。
太い針金も切れるガッチリしたペンチを使いましたよ。
前回切った長さから伸びた部分の大よそ1cmを切りました。
(蹴爪の長さを3cmに切った前回から、1cm伸びていたから、再び3cmくらいに短くしてあげようと思いました)

切り終えると、右の蹴爪からポタっと血が出ちゃっていました。。。
蹴爪の先端、中央部からの出血で、20〜30秒毎に血痕が落ちるくらいの量です。
つまり深爪ならぬ、深蹴爪をしちゃいました(苦笑)。

大出血という訳ではないけれど、暫く止まりそうにないので止血する事にしました。
バンブルフットでお世話になった時、獣医さんからの「蹴爪を切ると、どうしても出血してしまうので、蚊取り線香などで焼いて止血すると良いですよ(普通の線香程度では駄目)。」、「蹴爪は痛くもなく、熱さも感じないから大丈夫。」の説明を思い出しました。 私は、太めの釘を直ぐにコンロで熱して赤くして、蹴爪の先端に押し当てました。
すると、直ぐに出血が止まって、蹴爪の止血に成功しました。
ぴよ太も熱がったり嫌がったりしていません。
(蹴爪には神経が通っていないのか、出血している時も特に痛がったりしていませんでしたけれどもね)

そのような出来事があって、止血までの間に庭や軒下に血痕が5〜6滴くらい落ちちゃったり、ぴよ太の足が血染めになったりしちゃったけれど、無事に止血ができて、蹴爪も綺麗に短くなりました。
切り終わったあと、ぴよ太は歩き易そうでしたよ。
本人も「あっ、走っても大丈夫だ!」と喜んでくれたと思います。

公園の大人向け遊具
日曜日の夕方、今月にオープンしたばかりの近所の大きな公園へ行ってきました。
広さが300m×300mくらいあって、その中に水鳥が飛来しそうな池もありますよ。

お目当ては、”フィットネスゾーン”です。
大人向けのウンテイや懸垂器具、その他にも色々な遊具が置かれているようです。
懸垂マニアの私は、さっそく懸垂をしに行って来ました(笑)。

時間は午後5時過ぎ、早い時間だとお子さんを連れた家族が和気あいあいと遊んでいるでしょうから、邪魔してはイケマセン(実際、少し早い時間に買い物ついでに公園を覗くと、沢山の子供達が遊んでいましたからね〜)。
私が到着すると、風が強い日だったからか、子供達の殆どは帰宅していました。
そして、数名のオジサンランナーが公園広場外周のトラックを走っていましたよ。

フィットネスゾーンの器具は、どうやら大人向けのようです。
ウンテイの高さは2mよりも高く、私が台に登って背伸びをして届く高さでした。
時間にして約30分、なかなか充実したトレーニングができましたよ。
私が遊具を使い始めて暫くすると、走っていた人たちも寄って来て、懸垂や他の運動をし始めました。
そこには、私を含め3人のオジサン達がトレーニングをする珍しい光景が広がっていました(笑)。

大人向けの健康遊具や鉄棒系は、嬉しいですね!
比較的寄り易い場所なので、ときどきトレーニングに訪れようと思います。
2013年4月6日(土)&7(日)
このところ、週末は荒れますね〜。 今回も天気予報の通りの大荒れぶりでした(苦笑)。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:風が強まる前、土曜日午後のこっこ達。
右上:ぴよこりんのお産。 暖かい陽気が続いて、雌鶏さん達も良く卵を産むようになりました。
左中:菜っ葉を刻んで貰って食べました。 株ごと貰うよりも食べ易いかな?
右中:ぴよ美は、ぴよ太と一緒にご飯を食べるのが大好きです!
左下:ぴよ太の鶏冠、まだ痒いのか足でカキカキしちゃっています。。。 傷ついちゃうから駄目だよ〜。
右下:出来過ぎの白菜の株は、生命力が強いらしく、イキイキと花を咲かせていますよ。 美味しそう?

2012.10〜2013.03の週末日記は「過去日記置き場」へ引っ込めました。
/////////////////////////////////////////////////////////

荒天
数日前から「大荒れの土日になる!」「屋外に出歩かない様に〜」と言われていた今回の土日、、、
予報は7割がた当たって、荒れ模様の土日となりました。
こーちんの庭の地域では、人が歩けない程の暴風ではありませんでしたから、少しオーバー気味の予報だったかも知れません。 しかしながら、私を2時間早起きさせる程度には強烈でした。
こっこ達も風を怖がって、植木の根元や軒下に身を寄せて居ました。

ところで、なぜ私が2時間早起きしたか?
それは、「正午過ぎから雨が降り始める」と予報されていたからです。
私は、こっこの小屋掃除(庭掃除)、クリーニング店、図書館、買い物を、風雨が強まる前に済ませる必要がありました。
だから、8時半くらいに起きましたよ〜。 午前2時頃に寝たから、休日にしては寝足りない感じでした(笑)。

風は強く無かったけれど、留守にした間に急変すると危ないから、(清掃したあとに)母屋小屋の屋根を開けずに暫く風通しを良くして、陽に干しました。 未だ雨も降ってなく、強風でも無かったから、こっこ達も自由に遊んでいましたよ。
正午近くになると、次第に雲が濃くなり、風も強くなりました。
日差しと曇りが交互に目まぐるしく変化して、にわか雨が時折混じります。
庭の飛ばされそうな物の処置をして、雨戸を閉めて”暴風雨対策”を万全にしました。

こっこ達の餌箱を軒下の奥へ引っ込めて、最後にこっこ達がそれぞれの寝床へ向かったのが午後16時頃です。
その頃、ちょうど雨足が強まり「ザザザザッ〜」という音を立てて屋根を叩きつけるようになりました。
玄関脇のぴよ太を、毎日、母屋へ送って行く私ですが、本日は大雨の為に断念です(笑)。
往復40〜50mの距離ですが、ずぶ濡れになるのが明らかでしたよ。
ぴよ太は、「お父さんが抱っこしてくれないな〜。どうして?」と思っていたかも知れないけれど、荒天なので仕方ありませんね。 この日の夜は、玄関脇のぴよ太とぴよりん&ぴよこりんをナデナデして、「おやすみ」と声を掛けて寝ました。

翌朝、日曜日の朝には天気は晴天になっていました。
しかしながら、風が強い!
予報のように「立っていられない」という事は無いけれど、「外出したくない」と思うくらいには強烈でした。
こっこ達もそう思ったようで、植木の根元に引き籠っていましたよ。

根元に卵
天候が悪かったからなのでしょうね〜。
日曜日の正午頃、こっこ達のお気に入りの木の根元に、卵が1つ落ちていました。
強風の為に母屋の産箱へ行くのが怖かった子が、「此処で産んじゃえ」と思って産んだっぽいです。
前日正午頃には気付かなかったので、土曜日の午後か日曜の午前中に産んだようですよ。
割れたりしておらず、普通の産箱に産んだ卵と一緒に頂きました。

ぴよ太の頭
もう霜焼けの季節じゃないのだけどね〜。
未だ痒いようで、「掻くと治らないよ〜!」と言っても、足で頭をカキカキしちゃって、再び出血しちゃいます(苦笑)。
霜焼けになった頃に掻いて出来た傷が、治りかけて痒いのかもしれません。
カサブタの裏って、人間でも痒いから、ぴよ太も同じように痒いのでしょう。
もう少しで治るのに、寸前で掻いちゃうから困ったものです。。。

とうとう風邪をひいてしまった
2週間前に食あたりになって2日間寝込んでしまった私ですが、今回は風邪をひいてしまいました。
水曜日の午後から急に調子が悪くなって、木曜日はダウンしてしまい、寝込んでしまいましたよ(苦笑)。
実は、数日前から喉がイガイガしていて、少しずつ悪化をしていました。

ジムへ行った帰りの電車内など、体力を使い尽くした時に風邪を貰って来る事が多く、筋トレの日には、マスクをしたりサプリドリンク(ビタミンAとかBとかB6とか入っている)を飲んだりと対策をしていました。
しかし、とうとう風邪をひいてしまい、ガッカリです。
インフルエンザ流行が収まる季節ですが、気を抜くと風邪をひくので、皆さんも気を付けて下さいね!
過去日記置き場は”こちら
本ぺージTop

ペットにわとり名古屋コーチン一家の成長記録|こーちんの庭

Copyright(C) こーちんの庭 All Rights Reserved. Since 2005.03.13