ペットにわとり、名古屋コーチン一家の週末日記
(2012年10月〜2013年3月)

コーチン一家の週末日記、日々の出来事を1週間まとめて週末に記します。
たまに更新が遅れることもありますが、翌週位まで気長にお待ちください。
(私は、掲示板にも結構出来事を書くので、覗いて貰っても良いかも。。。)

■こーちんの庭トップぺージ■
名古屋コーチン一家の成長記録「こーちんの庭」バナー
(↑クリックするとTopへ飛びます)

更新履歴

にわとり
(日記も随時更新中)

掲示板
書き込みを待ってます!

PCと秋葉の話題
新品自作もします

自己紹介

散歩道
(色々と行った所をレポート)

リンク集

こーちんの庭管理人へのメール メールは
こちらから

過去日記置き場は”こちら”    ・「2013.04〜2013.09」の週末日記は”こちら
2013年3月30日(土)&31(日)
天気の悪い週末が続きます。 そして、今回は肌寒い週末でもありました〜。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:ご飯を食べてます。 写っている2羽は、ぴよりんとぴよこりんです。
右上:雄鶏ぴよ助もたくさん食べていますよ。 季節も暖かくなって、食欲も増して来ましたね!
左下:椅子に登ってうたた寝中のぴよこりん。 目が凄く細くなってます(笑)。
右下:我が家の畑で採れた育ち過ぎの白菜を丸ごと一本貰ってご満足。 因みに、菜の花のような花が咲いていました。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
週末、天気が良くありませんね。。。
先週もイマイチな天気で、見頃の桜を撮り損ねましたが、今回も最後のチャンスを撮り損ねてガッカリです(苦笑)。
そして、気温も1ヵ月くらい後戻りしたくらいに肌寒く感じましたよ。
こっこ達も「春なのに、このところ随分と冷えるな〜。」と不思議に思っていたかも知れません。

まあそれでも、”春”には違いありません。
連日収穫できる野菜をこっこ達は喜んで食べてます!
日曜日、上の写真のように菜っ葉類の株を丸ごと1本貰って食べていました。
1mの背丈の株で、伸びた先端には菜の花にそっくりな花が咲いていましたよ。
葉が”菜の花”とは異なり、どちらかと言うと白菜っぽいですね。。。 たぶん、放置し過ぎて、育ちすぎちゃった白菜だと思います(笑)。 父に聞けば、イキサツは解るのでしょうけれど、曖昧に表現すると”菜っ葉類”ですね〜。
この様な良く分からない菜っ葉系の野菜が良く育っている我が家の畑です(今回のは白菜っぽいけれども)。

雌鶏さん達
卵を沢山産んでくれるようになったけれど、カルシウム不足が原因なのか、このところ軟卵が多いです。
暖かくなって、急に沢山産むようになったからかな?
若いぴよ美もお尻で潰して汚しちゃう事もあるし、ぴよりん&ぴよこりんが二人揃って玄関脇の寝床で軟卵を産んでいた事もありました。 幸い、ぴよりん&ぴよこりんの時は、私の帰宅した際にお腹の下から取り出して難を逃れましたが、、、
もし気付かずにそのままにしていたら、翌朝、二人のお尻やお腹はカピカピだったに違いありません(苦笑)。

対策として、牡蠣殻を潰した粉末状のものを庭に置きました。
彼女達は、自分の栄養状況を自覚して「カルシウムを食べておこうかしら〜」と、きっと自主的に食べると思います。
牡蠣殻は、数年前にJAから取り寄せた20Kg入りの残りです。
まだまだ沢山残っていて、一生使い切らないと思うから、畑の土壌改良化(酸性をアルカリ性に改良)の用途に父へも譲りました。 こっこ達が摂るカルシウムの量は、ほんの僅かのようで、偶に食べる牡蠣殻を金槌で砕いて与える程度でも良いのかも知れませんね。

以前、牡蠣を殻付きで焼いて食べた数日後、十数個の牡蠣殻を洗って庭で乾燥させました。
その内の1つを金槌で砕いていると、雌鶏さん達が周りに集まって来て「何しているの? 貝の殻?」と首を長くして覗き込んでいましたよ。 小皿一杯分の砕いた殻を置くと、突いて食べ始めました。
食べる量は2口か3口、せいぜい5口くらいですが、自らのカルシウム不足を自覚しているようでした。

砕かずに庭に放置した牡蠣殻も、雌鶏さんが食べている光景を見ます。
彼女達は強烈なクチバシ攻撃によって、牡蠣殻を粉々に粉砕しますよ〜(笑)。
怒らせて本気で突かれた時を想像すると、怖いくらいの突きの力でした!

遊ぶのが楽しい季節
我が家のこっこ達は、あっちへ行ってカキカキ、そっちへ行ってカキカキ。
そして疲れると、木陰や地面に掘った浅い穴に入ってウトウトして眠りますよ。
とても充実したニワトリLifeを楽しんでます(笑)。
ぴよ太の頭にカサブタがある以外は、どの子も元気で、動き回っています。
しかし1羽ずつ様子を見ていると、好きなことが違うみたい!

ぴよ太は、相変わらず雌鶏さん達へのプレゼント探しが大好きです。
雄鶏君ならば、他の子もそうかも知れないけれど、雌鶏さんの注意を惹こうと、小石を見付けては「ホッホッホッ〜」、小枝を拾っては「ホッホッホッ〜」と、歓喜の声を挙げて雌鶏さんにアピールしますよ(笑)。
走って駆け寄った雌鶏さん達は、小石や小枝に「何それ、私、欲しくな〜い。」と呆れ顔です。
ぴよ太は気付いてないらしく、クチバシで拾い上げては地面に落として「ほら〜、コレどう?」と繰り返しいますよ。
自己満足にしか見えないのだけど、、、そのうち雌鶏さんの気持ちが解るようになるのかな?

ぴよりんは、どうやら腐葉土の場所にハマっているようです。
庭の落ち葉を集めて、金網をぐるっと囲った場所なのだけど、ぴよりんは良くそこへ入ってカキカキしています。
きっと美味しい虫が居るのでしょう。
不思議なは、他の子達がそこへ行かない事です。
腐葉土置き場は、ぴよりん専用になっていますよ。

ぴよこりんは、岩ツツジの根元が大好きです。
砂浴びをしている事もあるし、砂浴びに掘った穴に入って寝ている事もあります。
強風の時には、そのまま隠れ家になる場所だから、便利な”お気に入り”なのかも知れませんね。
そして幼馴染のぴよりんと一緒のことが多いです。

ぴよ美は、とってもシャイです。 そしてぴよ太と一緒のお散歩が大好きです。
ぴよ太もぴよりんを良く警備している光景を見掛けます。
ぴよりん&ぴよこりんも同じだけど、一緒にひよこ時代を過ごした幼馴染は、より絆が強いみたいですよ。
2013年3月23日(土)&24日(日)
週末、ぴよりん写真ばっかり撮っちゃった(笑)
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:お散歩中のぴよりん。 曇り空だったけど、殆ど無風の穏やかな天気でした。
右上:雌鶏さん達がのんびり過ごしていても、ぴよ太は警備を怠りません! 後ろは、ぴよ美です。 木蔭の子は???
左下:植え木の根元をカキカキ中のぴよりん。
右下:ぴよりんは、腐葉土を熟成させている場所がお気に入りですよ。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「今日は、この子を沢山撮ろう」と思ってカメラを構えていた訳ではありませんが、何故かぴよりん写真ばかりです!
ぴよこりんの露出が全くないけれど、元気にしていますよ〜。

ぴよ太の頭、続報。
今週も頭をカキカキしちゃいました〜。
そして鶏冠の後部はカサブタだらけですよ。。。
私もその事に気を付けていて、(本人の問題でどうしようもないのだけど/苦笑)ぴよ太の頭を見ると、ちょうど出血中のときもあって痛々しいです。 彼には「掻いちゃ駄目!」と注意するけれど、きっと解ってくれてないのだろうな〜(苦笑)。
まあ、それでも昨年程には酷くなっていないから、そんなには心配してませんけれど、早く痒みが治まってカサブタも無くなれば良いな〜と願っています。

春が本番
先週には、主題として記したことだけど、あれからずっと暖かい陽気が続いていますよ!
1日か2日くらい、少し寒い日もあったけれど、真冬の寒さではありませんから全然温暖です。

そんな春の陽気だから、我が家の畑でも”春の野菜”が絶好調でなのです。
菜っ葉類、大根、白菜が採れますよ〜。
父が畑から帰ってくると、「今日、何か採れた?」と直ぐに覗きに行くこっこ達。 手ぶらの父だとガッカリなんだけど(笑)、野菜を抱えた姿を見ると「ホッホッホッホッ」と、ぴよ太も大喜びで駆け寄って行きます。

しかし父は、おっかなビックリです(苦笑)。
ぴよ太に時どき長靴を噛み付かれるから、彼が駆け寄って来るとフリーズ気味になってしまうんです。。。
でも「ホッホッホッホッ」って喜んでいる時は、ワンコがしっぽを振って上機嫌な時と同じだから、大丈夫なんですよね。
知っているといっても、朝のゴミ出しの時にガブリとやられるのがトラウマになっているらしく、大根葉でガードしたりと身構えちゃいます。 でもこっこ達は、そんな父の心境を知らず、その大根葉を喜んで食べに寄って来るのでした!
春の陽気にちょっとぴよ太も過激になっている事もあるけれど、、、
そんなぴよ太にもご馳走を持って来てくれる父には感謝ですね。

ぴよ太には、「いつも美味しい物を貰うでしょ。」「家族なんだから、仲良しになろうね!」と言って聞かせていますよ。
改心してくれるのか? いや、解ってくれてないと思うけれど(笑)、ぴよ太はもうすぐ3歳です。
人間に例えると30代後半か40代だと思うし、そろそろお行儀が良く落ち着いた紳士こっこになってくれる筈です。
そう願っていますよ〜(笑)。

ペットショップ
名古屋コーチン一家の週末日記
もう3月も終盤、暖かくなって”ひよこ”の季節がやってきましたよ。
我が家のこっこもそこから迎えたペットショップは、掲示板に記したように”ひよこ牧場”を開催していました。
昨年は”ひよこフェア”だったと思うけど、今年は牧場でしたね〜。

ひよこの種類は、名古屋コーチン、岡崎おうはん、ボリスブラウン、アローカナ。。。
色々な可愛い子が沢山でした! 1.5mくらいの大きいケージが1つ、そして小さなケージの3つから「ぴょ ぴょ ぴょ」と可愛い声が溢れていました。

こっこのホームページを運営している関係で、私は「ひよこは、何処で販売されていますか?」というような質問を、1年に何通か頂きます。
お話しを伺うと「春になっても、最寄りのペットショップでは取り扱わなくて困っています。」ということのようです。 また別の方からは「名古屋近郊では、名古屋コーチンとの触れ合いイベントが多く、ひよこの入手が簡単です。」というお話を頂いたことがあります。 ひよこを入手し易い地域と、そうではない地域があるようです。

幸いにも、私は毎年”ひよこフェアー”を開催するペットショップがご近所にあって、恵まれていたようです。 その縁もあって、11年前にこーちんの庭がスタートしたんだなと、ふと思い返しました(Webは、2005年スタート)。
良く遊びに行くペットショップだから、この季節、ちょっと目の毒かな〜(笑)。
【写真:可愛いひよこ達をつい連れ帰りたくなる”ひよこ牧場”】
2013年3月16日(土)&17日(日)
もうすぐ春ですねえ〜。 70年代のあの歌を歌いたくなる季節です(笑)。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:暖かい陽気が続いているから、楽しくピクニック気分でカキカキ中。
右上:「よっこらしょっ」 ぴよ太もオジサンの年齢になってきました(笑)。 ひと休みも良いね〜。
左中:ぴよこりんも自分で掘った穴にすっぽりとハマって、ぐっすりとお休み中。
右中:深く掘った穴に、何か見付けたかな? 此処は藁捨て場、太ったミミズが沢山居るよ〜。
左下:日曜日にこっこ仲間のテン&シマさんから”ヒジキ”が届きました。 みんなで食べたよ!
右下:畑から採れた菜の花を食べるぴよりん。 これからの季節、菜っ葉類が沢山採れるよ〜。
///////////////////////////////////////////////////////////////////

急に寒くなったけど、最後はポカポカ
前回土日は、とても暖かい2日間でしたよね!
私の住む地域では、両日ともに25℃くらいまで上昇して、半袖Tシャツ姿がとても気持ちの良い気候になりました。
日曜日は強風に煙霧が加わって大きく荒れたけれど(笑)、季節にして5月、GWくらいの陽気でしたよ。

そんな前回土日が終わると、グンと気温が下がって普通の3月の陽気になりました。
「3月の雪」というのも降るくらいだから、普通の3月は、それなりに寒いです(笑)。
氷こそ張りませんが、月曜日は4℃くらいまで冷え込みましたよ〜。
布団の枚数を減らした私は、朝方、ゾクッっとなりました(苦笑)。

こっこ達は、ふかふかの羽毛が沢山生えているから、寒さには強いです!
3月の寒さなんて、全然平気です!
けれど、25℃からの急変に「アレ? おかしいぞ〜」と思ったかも知れませんね。
そして急変は、幾ら寒さに強いこっこにとっても体に負担となるから、要注意です。
結果的に体調を大きく崩した子はいませんでしたが、ぴよりんのウ○チが緩かったから、お腹を冷やしちゃったのかも知れません。 ぴよりんが週末に治ると、今度はぴよ美が下痢になってしまいました(苦笑)。
実は、私も木曜日に腹痛に襲われて、2日間余り食べられませんでした。。。
この時期は、気候が急変するから要注意です!

そんなお腹が痛い週でしたが、再びポカポカ陽気になりましたよ〜。
水曜日には20℃になり、週末も20℃くらいまで気温が上昇しました。
このポカポカ陽気によって、私の周りには花粉症患者が続出しております(笑)。
幸い、我が家のこっこ達はくしゃみをしてません。
過去にも花粉症っぽい症状を出した事がないから、たぶんこっこ達は大丈夫なのでしょう。

「こーちんの庭」の8周年
3月13日に、我が家のこっこの達を綴ったホームぺージを作って、ちょうど8年を迎えましたよ〜。
2005年は、まだブログも少なくて「じゃあHTMLを打ち込んで、ホームぺージを作ってみるか〜」と、修行をするつもりで作り始めました(笑)。 HTMLの種類の事などを全く考えてなくて、図書館から借りた本を読んで作った事を思い出します。 
今ではHPを立ち上げる際、各ブラウザーとの相性、HTML4.01やXHTML1.0、Strict形式かTransitional形式の何れで作るのか、そしてCSSを如何に使いこなしてHPを整えるのかを考えて作り始めるけれど、当時は全く知識も技術も有りませんでした。 「こーちんの庭」を作ったからこそ、色々と知識を身に付けることが出来ました。

それから、週末日記を欠かすことなく記した結果、幾らかマシな文章を書けるようになりました(笑)。
このことは、仕事でも役に立っていますよ〜。
同じテーマについて8年間も記し続けることは、同じ仕事(製品)について、色々な宣伝や解説を書くことと同じ要領のようです(笑)。 1つのテーマについて、アッという間に幾つもの原稿を書き上げられるようになっていました。

こーちんの庭の8年間は、色々と勉強になった8年間でした。
そしてこれからも「こーちんの庭」を記し続けるつもりです。 ←ネタ切れが何時なのかが心配だけど(笑)。

ぴよ太は、頭が痒い?
名古屋コーチン一家の週末日記
ぴよ太は、今になって霜焼けっぽい素振りをし始めました。
頭を足でカキカキ、夜中にも起きてカキカキ、、、
掻き過ぎちゃって、血が出ることも良くあります(苦笑)。
どうしても頭が痒くて、カキカキしないと気が済まない様子なんですよ〜。

昨年のぴよ太は、鶏冠の後ろ側1/3くらいが黒くなって、明らかに”霜焼け”だと解る状態でした。 そしてやっぱり、鶏冠のその場所をカキカキしちゃっていました。 今年は未だ軽いけれど、昨年は自分の爪で付けた傷が酷かったです。。。
傷から出血したのが気になるのか、ブルンブルンって首を振るから、血が周りに飛んで凄いことになっていましたよ(苦笑)。
【写真:鶏冠の後ろが痒くて、爪で掻いちゃいます。そしてカサブタ〜。】
昨年の冬の終わり、母屋小屋の天井や壁、床に血痕が点々と沢山飛散していました。。。
「ブルンブルンってやると、血が沢山出ちゃうから駄目!!!」と叱っても解ってくれなくて、ぴよ太は「頭に何か付いてて、気になるんだよ〜」と、ブルンブルンしちゃうんです。

今年、霜焼けには罹ってないように見えるけれど、痒がっていることから、軽い霜焼けなのかも知れません。
出血もカサブタも昨年よりも少ないから、このまま痒みの元が治ってくれると良いな〜と思っています。
2013年3月9日(土)&10日(日)
ぽかぽかの土日。 気温は25℃と、23℃まで上昇しましたよ〜。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:芝生に寝そべって昼寝をするぴよ太。 私に気付いて薄目を開けているけど、コックリコックリしちゃってます(笑)。
右上:ぴよ美がぴよ太の隣へ座りました。 そして直ぐに目を閉じちゃいました〜。
左中:思いっきり砂浴びをした直後のぴよ美。 お尻も綺麗になったね!
右中:軒下でお食事中です。
左下:日曜日の強風に、ぴよ太も木蔭に隠れてじっとしていました。
右下:強風の中、藁で遊ぶぴよ美。 元気いっぱいだね!
///////////////////////////////////////////////////////////////////

またまた写真を沢山撮ったので、6枚掲載します。
土曜日は暖かく風も穏やかだったので、日向ぼっこ写真が沢山撮れました!

ぽかぽか陽気と、また強風〜。
写真から解ると思うけど、土曜日はとても良いお天気でしたよ!
気温はグングンと上昇して、何と25℃まで上がりました。
暖かいを通り越して、暑いと思ってしまうほどです(笑)。 ←上着は着れませんでした。

こっこ達は、当然のように芝生の上にゴロンと寝て、日向ぼっこを楽しんでいました。
何時も警備に余念のないぴよ太も、この絶好のお天気の土曜日には、流石にゴロンと横になっています。
目を細めて、気持ち良さそうでしたよ〜。
砂浴びをしていたぴよ美もバサバサっとやったあと、直ぐにぴよ太の近くに座り、一緒に寝ていました。

先週、偶然にも「ぴよ美のお尻が汚れていて、砂浴びで綺麗になれば良いな〜」みたいな事を記しました。
1週間後の土曜日、絶好のお天気によって、私の希望通りにぴよ美のお尻が綺麗になりましたよ!
嫌がるぴよ美を捕まえてお尻を洗うよりも、本人が気持ち良く砂浴びする方が自然ですからね〜。

翌日の日曜日、この日も朝からグングンと気温が上昇しました。
そして風もどんどん強くなりました。。。
正午には、「ゴォォォ〜、ビュゥゥゥ〜、ドタンバタン、、、」と電線が唸り、ご近所のトタン屋根が暴れます(苦笑)。
こっこ達は、怖くて怖くて、植え木の中へ逃げ込みます。。。
植え木の根元に座り込んで、じっとして過ごしました。

14時頃、何やら空が暗く、黄色くなりました。
「黄砂?」「雷雲?」とも思ったけれど、雲ではなく、猛烈な砂煙でした。
何故そう知ったかというと、観ていたNHKに「関東地方に”煙霧”が発生中。黄砂ではありません。」というようなテロップが流れたからです。 そして直ぐには”煙霧”を解りませんでした。 Webで調べてやっと納得です。

東北・北海道では、地吹雪(ブリザード)が猛威を振いました。
あれは、暴風によって地表に積った雪が舞い上げられて再び吹雪になる現象です。
同じく煙霧は、暴風によって地表の砂やゴミが舞い上げられる現象でした。
砂などが暴風によって飛んで来る訳だから、顔が痛いです(苦笑)。 ←私は自転車で買い物へ行きました(笑)
こっこ達も、「何か顔に当たる! パチパチ当たって痛いぞ〜(ギュエェェェ〜)」と言ったに違いありません。
ますます植え木の間から出て来れない状況だったと思いますよ。

たった一日違いで、天国と怖い気象現象を経験したこっこ達。
強風のない穏やかな天気が明日から続くと良いね〜。

飼料のお話し
新聞にこっこのご飯についての記事を見付けましたよ〜。
食料自給率について、「米が余っている」とか、「外国産比率が上昇?」などと、時どき話題になりますよね。 今回の記事は、「鶏飼料をカウントすると、本当の自給率はもっと高いんじゃないか?」という内容でした。
確かにこっこは、玄米が大好きです。
我が家のこっこは、実際、屑米を美味しそうに食べていますからね〜。

有害物質が入っている物は論外だけど、単に人間が美味しく食べるには古かったり、米粒が欠けているなどの不適合な屑米を、ペットショップなどで販売したら良いと思います。 お米オンドリーだと栄養も偏るから、我が家のように配合飼料と混ぜて食べさせると良いですよ。 【写真:日経新聞に掲載された”鶏の餌”の記事】

ペット顔認識ソフト!!!
仕事の絡みの事だけど、私の手元に回って来た業界誌に、面白いテーマの論文がありました。 「ペット認識ソフトウェア」の紹介と、そのソフトが顔を識別するアルゴリズムの解説です。 アルゴリズムとは、”方法”やプログラムに採用している”理論”の事で、例えば「目や鼻、口、オデコの位置の比の違いによって、個人を判断する」というような人相を判別する方法論の事です。
「犬、猫に加え鳥の顔まで自動識別」と記されているように、ペットの顔をどうやって判断するのかを解説した内容でした。

”ロボットビジョン”のカテゴリーに載っていたから、将来の災害時、人が入れない現場で、自動ロボットが活躍するのかも知れませんよ。 例えば、ロボットが「○×さん家のぴよ太君を見付けたよ〜」というように、探してくれたりするのかも!
そして課題は、ロボットを怖がらずに、ペット達がロボットに従って避難したり、体を預けてくれるか否かです。 ロボットを初めて見るペット達は、きっと「何だコイツ! 怖いぞ〜」って思うでしょうからね(苦笑)。 こっこの場合には、パニックを起こさないように、雌鶏型ロボットを作る必要があるかも〜。
雄鶏型だと、ややこしくなります(笑)。 【写真:ペットの顔認識技術の論文】

ところで、我が家の雌鶏さん達は、人相(鶏相?)だけだと判別が難しいですよ〜。
体の他の部分を総合的に比較するならば、プログラム判別出来るかも知れれないけれど、顔だけだと至難だと思います。
(羽の色の特徴や体型、横から見た鶏冠の形など、総合的に判断する必要がありそうです)
このプログラムが、もし顔だけを見て、ぴよ美、ぴよりん、ぴよこりんを判別出来るのなら大したものです!
2013年3月2日(土)&3日(日)
金曜日に春一番が吹き荒れた余波で、またしても強風〜。 ビュービュ〜って、怖いぞ〜。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:カメラを構えると、ぴよ太が急ぎ足で「ホッホッホッ、何しているの?」って、寄って来てくれました。
右上:強風の土曜日、植え木に囲まれた”藁捨て場”で、カキカキに夢中になるぴよりん(?)。
左中:ぴよ太警備の傍らで、ぴよ美が食事中です。 強風だから、餌箱は植え木に囲まれた場所に移動。
右中:ぴよ太とぴよ美は、仲良く食事中(風の収まった日曜日)。
左下:ぴよこりんは、お散歩中です。 枯れた芝生の間に、何を探しているのかな?
右下:土曜日の夕方、強風も収まって、納豆ヨーグルトを食べましたよ。
///////////////////////////////////////////////////////////////////
今回は、良い写真が沢山撮れたから、6枚貼りました。

春が近い?
関東地方では、金曜日(3/1)に春一番が吹きました。
激しい雨を伴う大荒れの夜でしたよ〜。

私は丁度ジム通いの日でした。
18時頃に降り始めた雨は、直ぐに土砂降りとなり、傘も無意味な程でした(苦笑)。
雨がピークだった21時頃に会社を出た私は、ズボンや背中がずぶ濡れ状態です。。。
電車内には同じような境遇の方々が大勢居ました。 私と同じく、傘が役に立たなかったのでしょうね〜。
春一番によってグングンと上昇する気温によって、電車内は、乗客の衣服からの蒸発でとても蒸しています。
コートを脱いで電車に乗り込みましたが、直ぐに汗だくになりましたよ(笑)。

そして翌日の土曜日(3/2)も荒れました!
天気は快晴ながら、暴風です!
前日の春一番の延長なのでしょうね。
電線が「ゴォォォ〜、ビュ〜ゥゥゥ〜」と唸っていて、買い物袋やお菓子の空き箱などのゴミが遠方から飛来して来ました。
前回飛来した社宅屋根が気になって、目をやると、どうやら改修中です。 屋根にブルーシートや足場などを置いて、平日に作業をしているようですが、再度飛ばされないかと心配になるくらいの強風の土曜日。。。

庭のこっこ達は、お天気が良いから、地面をカキカキ、芝生をカキカキして思いっ切り遊びたいだろうけれど、植木の根元に座ってじっとしています。 ぴよ太は、強風でも立って周囲を警戒していましたよ。
強風だからこそ、「何か飛んできたら大変だ」「周りを良く見ておくべきかな」と思ったかも知れません。
こっこ達は、風が強くなった正午頃から夕方16時頃まで余り遊べませんでした。
天気が良いだけに、勿体無いな〜と彼らも思っていたでしょうね。

翌日の日曜日は、”曇り空で風が穏やか”な天気でした。
”快晴で風が穏やか”だと一番良いのだけれど、、、なかなか理想通りにはいきませんね〜(笑)。
しかしながら、風が穏やかだったのが良かったらしく、暖かく感じましたよ。
土曜日最高気温12℃に比べて、10℃の少し低い最高気温でしたが、体感的には土曜日よりもポカポカでした。
こっこ達も色々な場所へ行ってカキカキして遊べたから、良い一日でした!
芝生のある広い開けた場所に出ても、風に吹かれることなく遊べるし、お散歩もできましたよ。

春一番が吹いたし、先日には、職場近くの河津桜も満開でした。
寒い日もまだありそうだけど、少しずつ春が近付いて来るのでしょうね。

ぴよ美
お尻が汚れている時があって、洗ってあげようと思うのだけど、捕まえるのがとても大変です(笑)。
ぴよ太は言うまでもなく一番抱かれ慣れていて、耳掃除やお尻掃除、(以前の)足の看病などの時、超楽チンでした。
ぴよりん&ぴよこりんは、「イヤだよ〜」という素振りをするけれど、ダッシュで逃げたりせずに、良く抱っこをさせてくれますよ〜。 この2羽は、母屋小屋へ送る時に私の抱っこされるから慣れたのでしょう。

ぴよ美はまったく駄目ですね〜(笑)。
手を差し伸べるとダッシュで逃げられますよ。
もし確実に捕まえたい場合には、夕方の産箱へ入った時を狙うしかありません。
しかしそのような時間では外も暗く、お尻を洗ってあげるのも億劫で困っています。。。

砂浴びを良くする季節、ぴよ美はお尻が汚れても、直ぐに自分で砂浴びをして綺麗にします。 お利口さん!
しかし霜柱が立ったり、強風だったリ、雨だったリ、、、
冬の土や気候が余り良くない時には、どうしてもお尻が汚れたままになってしまうので、良くありません(苦笑)。
困ったもので、次の土日に再び捕獲を試みようと思っています(笑)。 ぴよ美には、「今日のお父さんは、目が鋭くてなんか怖い!」「私を捕まえようとしているのかな?」と悟られないように用心が大事です!
2013年2月23日(土)&24日(日)
寒波が強いらしく、冷えた一週間でした。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:暖かい軒下でご飯中ですよ〜。 手前のぴよ美は、苦手なぴよりん姉さんが居るので、様子見です(苦笑)。
右上:ぴよ美は、壁になってくれたぴよ太の隣に入れました! 安心して食べられます。
左下:夕方、ぴよりん&ぴよこりんの就寝。 凄く眠そうな顔ですよ(笑)。
右下:先週の写真だけど、雨も雪も降らない空に”虹”が出ました。 思わずパシャっと撮影。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今年の冬
このところ「寒い」「寒波が留まっている」「雪の当たり年だ〜」などと良く記してしまっているけれど(笑)、やっぱり寒いです。 暑がりな私ですが、素手でこっこ達の水瓶をタワシでゴシゴシする時は、何かの修行だと思ってやっていますよ(苦笑)。 私の起床が遅くて、早朝に掃除が出来ないのは勿論だけれど、太陽が高く登った時間に水洗いしても手が凍るように冷たいです。。。

そんな寒い冬の季節、我が家のこっこは、平気です!
羽毛が沢山生えている体だし、名古屋コーチンの平均的な体格だとしても、ちょとメタボっぽくて(笑)、ズングリ体型だから、私と同じく暑がりなんだろうな〜とも思えます。 しかしそれは体の話です。
真冬に美味しそうにグビグビと氷水を飲んだり、氷をかじったり、霜柱を食べたり、”雪だるま”だって食べるし、、、暑がりな私でも出来ません(笑)。 素足で霜柱を踏み歩いても全然平気ですよ〜。

そして今年のぴよ太の鶏冠は、霜焼けになりません!
ぴよ太は、痒くて頭をカキカキして血だらけにすることなく、とっても健康的に真冬を過ごせていますよ。
因みに毎年、我が家の雄鶏くん達は霜焼けに悩まされていました。。。
そして雄鶏君よりも小さな鶏冠の雌鶏さん達は、霜焼けを患った事がありません。

鶏冠の霜焼けは、健康的な赤い鶏冠の端っこが変色して、黒ずんでしまいます。
人間の霜焼けと同じく「末端の血管が血行不良」を起こしているのだと思いますが、余りにも黒色になるから、「鶏冠が腐って落ちてしまうんじゃないか?」と心配したものです(笑)。
この鶏冠の霜焼けは、お昼頃のポカポカした時間帯になると改善します。
黒くなっていた鶏冠の端っこは、ピンク色や元気な赤色に変わりますよ!
でもね〜、とっても痒いみたいです。。。
足の爪でカキカキしちゃって、傷だらけになって出血してしまうんです(苦笑)。

私の足も指先が霜焼けになることがあるから、解ります。
冷たく冷えている時には感じませんが、コタツに足を入れてポカポカになるとジンジンと痒さが強くなるんです。
人間の私でさえ、その時にはカキカキしちゃいますからね〜(笑)。
そんな風に辛い思いをせずに良かったな〜と、ぴよ太の真っ赤な頭を見て思っていますよ。
まだ寒い季節が続くけれど、このまま乗り切れれば良いね!

この場所が好きなんだよ〜
かれこれ、2年くらいになるでしょうか?
我が家の3羽の子達は、夕方になると玄関脇に登って寝支度をしますよ(笑)。
上の写真は、ちょうど夕方に撮った、そんなぴよりんとぴよこりんです。
「今日も疲れたな〜。眠たいね〜。」という顔です。

ぴよ太は、この高さまで登れずに、近くの静養ケージ天板に登ってコックリコックリしていますよ〜。
この3羽は、どうやらこの場所をとても気に入っていて、寝床だと思っています。
早朝「コケッコッコ〜」と雄叫びを挙げるぴよ太を、母屋小屋へ連れて寝かせますが、2羽の雌鶏さんは放置状態ですよ(笑)。 因みに私の寝床は、ぴよ太の静養ケージから戸を隔てた直ぐ隣です。
母屋小屋へ連れて行く事がお億劫な時、ぴよ太と私は、大よそ2mの至近距離で寝る事も、時にはあります(笑)。
ぴよ太の「コケッコッコ〜」に誘発されて、私も寝ぼけて「ぴよ太〜、ちゃんと寝ようよ〜」と雨戸越しに声を掛けているかも知れません(笑)。

もう2年以上の間、この場所へ登り続けているいるのだから、きっとこの先もずっとそうなのかも知れないな〜と、私は諦めています。 しかし1つ不思議なのは、卵を産みに篭るのは、ちゃんと母屋小屋の産箱だということ。
卵を産む場所と寝る場所は、別々ってことなのかな? 不思議です(笑)。
2013年2月16日(土)&17日(日)
寒波が駐留しちゃっているみたい。 寒い! そして、土曜日は台風並みの強風でした。 
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:強風の土曜日、こっこ達は風を避けようと、植え木の中に隠れました
右上:植え木の根元に座って、風にじっと耐えますよ。
左中:風が少し穏やかになった日曜日、安心して納豆ヨーグルトを食べられました!
右中:畑から採りたての白菜を貰って、大喜びのコーチン一家です。
左下:今週は引き続き寒く、分厚い氷も良く張りました。
右下:風の強かった土日、安全のために、小屋清掃&日干しを屋根を閉じて行いましたよ。
///////////////////////////////////////////////////////////////////

土曜日は凄い強風でした!
近所の築40年くらいの古い社宅屋根が吹き飛ばされて、断熱材に使われていた発砲スチロールが空一面に広がったそうです。 目撃した母の話によると、その破片が100m程離れた我が家の方角に飛んで来たとの事でした(苦笑)。
母の声に飛び起きて、私が庭に出ると、破片の発砲スチロール20個弱が庭に飛来していましたよ。
一番大きなものが50cmサイズでした(苦笑)。
こっこ達が食べないように、私は直ぐに回収しました。

我が家に飛来した破片はほんの一部で、他は道路や他のお宅へ落ちました。
とにかく強い北西風でした。。。

雌鶏さん
このところの雌鶏さんは、卵を一週間に2コか3コ産んでくれますよ。
もう少しで4歳のぴよりん&ぴよこりん、そして同じく3歳弱のぴよ美は、それぞれ一週間に1つずつ産んでくれている計算です。 もしかしたら、若いぴよ美だけが一人で頑張っているのかも知れないけれど(笑)、絶好調な4月〜6月と比べると、(一人で一週間に3個だとしても)それでも少ないくらいです。

冬季には、1歳前後の一番産む年齢を別として、どうしても産卵数が減ります。 3歳、4歳の年齢では、1週間に1つ、場合によっては1ヶ月や2ヶ月に1つという事も珍しくありません。 そして我が家の名古屋コーチンの場合では、過去の経験から、大よそ5歳を過ぎると卵を産まなくなりますよ〜。 春や秋の良い季節に思い出したかのように産んでくれる事もありますが、それでも5歳や6歳以降では、年間に数個の産卵数です。

そのような年齢の事もあって、今季の雌鶏さん達のお産は、この様な感じです。
しかしながら、産箱には習慣のように篭ります。 何故なのか?
きっと、朝の時間になると”催す”のでしょうね!
とりあえず産箱に入って、10分間くらい目を閉じて「今日はどうかな?」と考えているのかも知れません。
南東向きの母屋小屋は、午前9時頃になると日差しが射し込んで、ポカポカです。
日向ぼっこも兼ねて、とりあえず篭ることが日課になっていますよ。

それから、私が土日に小屋掃除を終えたあとにも”とりあえず”篭ります(笑)。
小屋を開放して「風を通す」、「太陽の日に当てる」、「新しい藁に入れ替える」という作業を終えたあと、私の後ろでは、殆ど必ず雌鶏さんの誰かが待っています(笑)。 私が全てを終えて、母屋小屋を元に戻すと、彼女は急いで産箱へ向かいますよ。 粗く敷いた新しく硬い藁をクチバシでほぐして、自分のお尻やお腹に丁度よい具合に整えながら、「新しい藁は気持ちいいな〜」とウットリしています。
この時に卵を産むことは、マズありません。
私は、産箱に篭った雌鶏さんを眺めながら「新居の雰囲気を、人間と同じように感じているのかな?」と思うのでした。

雌鶏さんのお話しのついでに、ぴよ太の事も記しますね。
日曜日、ぴよ太とぴよりん(だったかな?)が、2羽で母屋小屋へ入っていました。
デート中? それともぴよ太は、産箱に篭るぴよりんを警備しようとしているのかな?
と思って見ていたら、ぴよ太が篭りました(笑)。
ぴよりんは、産箱の外から産箱に篭ったぴよ太を眺めていましたよ〜(笑)。
ぴよ太は「ホッ ホッ ホッ〜」と楽しそうでした。
遊んでいたのかな?
私には、ぴよ太が何をしたかったのかが、イマイチわかりませんでした(笑)。

ぴよ太の癖
もうすぐ3歳になるぴよ太は、とある癖が治りません(笑)。
それは、私がご飯を倉庫から餌箱へ運ぶ時、私の靴紐を捕まえようとする癖です。 知らない人の足に飛び掛かろうとする動作とは異なって、揺れる靴紐をクチバシと足を使って捕まえようとしますよ。

この癖は、餌を運ぶ私の跡を、雌鶏さん達と一緒に追い付こうと、駆け足で走って来る途中に起きます。
良く「犬は、逃げる動作をする対象に対して、狩猟本能が湧きあがって、必死に捕まえようと追いかけちゃう」と言うけれど、それに似ている感じです(笑)。 どういう訳か、雌鶏さん達にはそのような本能は無いようで、走って私の跡を普通について来ますよ。 雄鶏君は、犬と同じく狩猟していた時代があったのかも知れませんね〜。
前にも記した事だけど、靴紐や靴が外敵のネズミや、逆に美味しい小動物に見えちゃうのかも知れません(笑)。

因みに他の雄鶏君達にはなかった癖です。
父コーチン、長男コーチン、末っ子は靴紐を捕まえようとしたことは一度もありませんでした。
この事から、もしかしたら、ぴよ太の遠い祖先だけが狩猟生活をしていたのかも(笑)。
ぴよ太のこの癖は、暫く続きそうです。

最近の筋トレ
私のジム通いの話ですが、未だ続いていて(笑)、1週間に2回ほど通っていますよ〜。
この季節、風邪やインフルエンザが流行っているので、体調に気を付けて通っています。

ときどき筋トレネタを記すから、知っている人も多いかも知れないけれど、私はジムに7年間通っています。
しかしながら、半年通って、半年間疎遠になって、、、という繰り返しでした。 足が遠のくきっかけは、風邪で寝込んだり、仕事の繁忙で通えない日が続く時です。 体調が回復しても、10日間とか2週間くらいの期間を休んでしまうと、どうにもこうにも足がジムへ向かいません(苦笑)。 仕事の忙しい時にも同じで、早く帰れるようになっても、なんだかジムへ行くのが億劫になって、代わりにお酒を飲みに行ったり、家にまっすぐ帰ってしまうんです。

だから定期的に、確実にジム通いを続けることが、一番大事だと身に染みて感じてますよ。
そして風邪をひかないように、特にジムで汗を流したあとには、マスクをして暖かくして帰宅するようにしています。
レモン飲料を、職場で良く飲むようにもしてます。 昔”C1000タケダ”として販売していた後継のハウス食品から出ている奴で、「レモン50コ分のビタミンC」と書かれていますよ。
「飲み過ぎでは?」とも思ったりするけれど(笑)、お陰様で今期は風邪とは縁がありません!

ジムでは、やっぱり何度か記しているデッドリフトが好きですね〜。
床に置いたバーベルを中腰の体勢から持ち上げ、腰より少し下の位置まで挙げて、胸を張る。
そして今度は、逆にドスンと落とさないように、力を保ったままバーベルを床に出来る限りそっと置く。
この繰り返しが息も上がってキツイけれど、全身が鍛えられるし、日常生活でも良く使う動作だから、私は好きですよ。 100Kgを超える重量は(好きな人以外には)余りお勧めしませんが、自分の体重よりも軽い重量ならば、女性や年配の方に凄くお勧め出来るトレーニングだと思います。

それから懸垂です!
キツイ訳ではないけれど、限界になると、腕や肩に力が入らなくなって体が持ち上がらなくなります。
体が持ち上がらなくなるまで、繰り返し懸垂をします。
そして1分くらいインターバルを開けて、再びチャレンジします。
1回に、3セットくらいをやります。 例えば15回、10回、7回のような感じで、腕力が無くなるまで繰り返しています(1分間休んでも、疲労によって回数が減っていきます)。 20分くらい別のトレーニングをしていると、再び15回くらい出来るようになって、再開できますよ〜。 だから2時間のジムトレーニングの間に、合計100回くらい懸垂をしていると思います(笑)。
懸垂を始めた頃、「津波から少しでも逃れる可能性を高めること」を目標にしていましたが、今では楽しくてやってます(笑)。 因みに今ならば、トレーニングの甲斐があって、電柱を素早く登れる気がします(笑)。
実際に住宅地の電柱を登ると、不審者に間違われるので、やりたくても実行しませんけれどもね(笑)。

他には、腹筋やベンチプレス、バーベルスクワットなどを、みっちり合計2時間やっています。 余裕がある時の日曜日の自宅筋トレを含めて、1週間に4時間〜6時間だから、スポーツ選手と比べると一般人レベルだけれど、年齢を重ねると、何もしてない人と比べて「違いが出るんじゃないかな〜」と、その時を楽しみに励んでいます(笑)。
こんな感じのジム通いを続けてますよ〜。
2013年2月9日(土)〜11日(月)
大雪が大外れした水曜日、代わりに木曜日から寒気が再びやって来ました。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:ぴよりんが真剣な顔で籠っていましたよ。 あとで産箱を覗くと、ホカホカの暖かい卵がありました。
右上:産箱に籠ったぴよりんが気になるぴよ太。 小屋の入口を覗いたり、周りを歩いてみたり。。。
左下:風が寒い日曜日、それでも日差しは暖かく、砂浴び日和でした。 ぴよ太は警備中。
右下:畑から採りたての大根葉が届きました。 こっこ達は大喜びです!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今週後半は、凄く寒かったです。
氷が張るくらいの寒さで、本来の冬の寒さに戻った感じですが、久々の寒波に服装にも気を使いますよ。
こっこ達の服装は? 相変わらずのふわふわの羽毛だから、全然大丈夫みたい(笑)。
寒いと言っても、最低気温が0℃前後、最高気温が10℃弱くらいだから、東北や甲信越の方々からは「やっぱり南関東だな〜」と言われちゃいそうです。

こっこの耐寒性、ちょこっと考察
寒さとこっこの防寒対策について、ふと考える事があります。
何か別の動物やペットと比較して考えますよ〜。
ワンちゃんやネコちゃんと比べた場合、室内ネコや室内犬の場合は、ぬくぬくと暮らせていて、外回りのサラリーマンよりも恵まれた環境ですよね(笑)。 でも、外飼いのワンちゃんや野良ネコちゃんの場合、東北地方にも居るのだろうから、
-10℃くらいでも暮らせていけます。
体格の良い、我が家のこっこ達のようなニワトリは、同じくらいの場所ならば暮らせていけそうに思います。

それから、同じ”鳥”の場合を考えます。
ムクドリやスズメや鴨やアヒル、それから白鳥(笑)です。
渡り鳥の場合、寒い地方から暖かい地域へ移って来ますよね。
「暖かい地域」と聞くと、自分の住んでいる場所(私の場合は南関東)よりも暖かい場所をイメージしちゃいますが、日本全土が冬の飛来地になっていて、野鳥達が中国内陸部やロシア方面の寒さから逃れてくるようです。
氷点下10℃以下になるような新潟や東北、もっと寒い北海道へ、ずっと寒い北の国から飛来しますよ。
だから、逃げてくる元の場所(ロシアとか)は駄目だとしても、野鳥達は東北や北海道のような環境で十分に暮らしていけます。 身近なスズメは、渡り鳥ではないから、東北や北海道の冬の街でも、そのまま生活できているのでしょう。

こっこも同じ鳥類だし、同じように羽毛があります。
まったく同じだけの耐寒能力や、生命力を備えているか否かは解りませんが、近いくらいの能力を持っていると思うんですよね〜。 それから、私は”我が家のこっこ達が霜焼けに罹らない事”を不思議に思っていたけれど(笑)、似た動物に例えて考えてみると、霜焼けにならない事は当然かもしれません。
理由は解りませんが、野鳥が霜焼けになったり、(素足だからという理由で)白鳥が冷たい湖の水で霜焼けに罹ったのを見たこともないし、話を聞いた事がありませんからね〜(笑)。

長期的な健康や寿命への影響を考えると、決して良くはないと思うけれど、東北地方や北海道の寒さには、十分に耐えられるんじゃないかな〜と、思うんです。

水曜日に”暴風雪予報”
先に記した「耐寒性」に続き、また寒い話題だけれども(笑)、今年の冬は、雪の当たり年なのでしょうかね〜。 1/14、1/28に続き、トンデモナイ予報が出ました(笑)。
それはYahoo天気予報による、水曜日(2/6)についての天気予報でした。

TVや各機関による”大雪予報”が出る中、私が良く利用するYahoo天気予報は、南関東だけが”暴風雪”となっていました。 埼玉や東京北部は、普通の雪予報です。 前回、1/28に降った雪が南関東中心だったから、「またあのパターンかな?」と直ぐに思いましたよ(笑)。

【写真:こーちんの庭に発令された”幻の暴風雪予報”】

因みに”暴風雪”をWeb検索すると、「風速が毎秒20メートルを超える風を交えた猛吹雪。ブリザード。」と説明されていたりします(三省堂 大辞林)。 凄い雪、どうかすると遭難してしまうくらいの大雪を想像しますね(笑)。
だって、ブリザードですから〜!

前日の晩、私は倉庫から玄関に長靴を持って来て準備をしました。
こっこ達にも、言葉は通じなくても「大雪になると寒いから、おうち(母屋小屋)で寝ようね!」と説明して、母屋小屋の寝床へ連れて行きました。 心配なのは、前回1/28と比べて、とても早くに降り始めること。
夜が明けてから雪が降り始めた前回は、こっこ達が母屋小屋を出て、餌箱を置いた軒下へ移動したあとに積りました。
だからこっこ達は、雪に阻まれることもなく、余裕で移動できましたよ。
しかしながら今回は、予報によると午前3時から、もしかするともっと早くから降るとのこと!
こっこの起床する5時〜6時には、(暴風雪かもしれないし)相当に積っているかも知れません。。。
私は、仕事から帰ったあと、1時間毎に外の様子を見ていましたよ。
いつ降るのか? 雨なのか雪なのか?

私は、日付の変わる頃、午前0時頃に「アレ? おかしいな?」と、気付きましたよ〜。
設置した温度計が、外気温5℃を示しています。
肌に感じる風も暖かく、とうてい雪が降るようには思えず、暴風雪もあり得ないと感じたのです。
案の定、午前1時過ぎに、雪ではなく”雨”が降り始めました。
少し風も強く、もし雪になっていたらブリザードになっていたかも知れないくらいに強い雨でした(笑)。
安心して私は寝ました!

翌朝起きると、結構強く、相変わらず”雨”が降っていました。
こっこ達は、つまらなそうに軒下で雨宿りをしています。
ありふれた雨天の景色でしたよ。

こうして3度目の大雪は、予報通りとはならずに消えた訳ですが、電車が大混乱でした(笑)。
前日に間引き運転を決めた鉄道各社は、結果的に雪が降らずに、通常通り外出した乗客を消化し切れなかったようです。 「とんでもない大雪が来るぞ!」という天気予報が原因で、それが大外れになったのが悪かったのですが、私の職場でも何名もが遅延して到着する有り様でした(苦笑)。

ぴよ太の左足

快方に向かって確実に良くなっているぴよ太の左足!
先日取れたコブの痕は、相変わらずカサブタになっていますが、毎週撮っている写真を眺めていると、段々と腫れや患部が小さくなっているのが解ります。

昨年秋の頃、足の裏のバンブルフットが塞がったあと、足全体がパンパンに腫れちゃいました。 逃げ場を失った膿が、足の中で炎症を起こしていたのだと思います。 何でもない右足と比べて、骨折した人の足のように、パンパンに2倍くらいの大きさに腫れていました。。。 今ではすっかり腫れが引いて、右足とそれほど変わらない”普通の足”に戻りましたよ!

以前の日記にも記したことですが、足裏の穴が塞がってくれた事が、一番の転機だったと思います。 足の裏は、色んなところをカキカキしたり、水溜りの中にも入ってしまうコッコにとっては、本当に厄介な場所でした。
この調子で、綺麗に完治へ向かってくれると嬉しいです。
【写真:ぴよ太は、産箱に籠るぴよりんの警護をしてますよ〜。】
2013年2月2日(土)&3日(日)
暖かく、暑いくらいの週末でした。 今回も写真を沢山貼りますよ。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:暖かい陽気の中、みんなでお食事中です。
右上:ぴよりんは、「春みたいだから、虫も出てきたかな?」とカキカキ中です。 ぴよ太は、警備中ですよ。
左中:少しシヨレタ大根を、二つに切ってご馳走しました。
右中:こっこ達は、真っ二つに切った大根の美味しい所を綺麗に食べました!
左下:週末のご馳走は、定番の納豆ヨーグルト。
右下:ぴよ太は就寝中。 薄暗い夕方でしたが、シャッター速度を多くして、明るく撮影しましたよ。
///////////////////////////////////////////////////////////////////


月曜日の雪

2週間前の大雪に続き、1/28(月)に突然の積雪がありました。
前日天気予報では、全く触れられてなく「関東北部の山沿いで2〜5cmの積雪」と言うだけでした。 雨の予定だった私の地域は、いざ起床してみると、銀世界の庭! 
本当に真っ白でビックリです!

普通に会社へ行くつもりで起きたあと、こっこのウ○チを拾おうと玄関まで来ると、ガラス戸の先が真っ白なのが解りました。 玄関を開けると、真っ白な雪が一面に広がっています。 誰の足跡も無く、こっこ達の足跡も無く、ただ真っ白な雪がシンシンと降り積もっていました。

こっこ達は玄関の前に集合していて、私の顔を見上げて「(雪が積もって)軒下から出られないよ〜!」と、表情で訴えています。 彼らが起床して軒下へ集合したあとに、雪が本降りになって軒下から出られなくなったのでしょう。 この時、雪は5cm以上の深さで積っていたと思います。 私は、倉庫に配合飼料と屑米を取りに行こうとしたけれど、断念しました。 そして母屋を伝わって、なるべく雪道を迂回しながら倉庫まで行き、こっこのご飯と自分の長靴を確保しようと考えました。

【写真:大雪の為に、玄関前の軒下に足止めされちゃったこっこ達】

母屋から倉庫までの間、普通の靴だったから、私の足はズボズボと雪に沈みました(笑)。 それでも、べちゃべちゃな雪ではなかったから、幸いにも余り染みません。 そして倉庫で長靴に履き替えて、こっこのご飯を用意して軒下へ戻りました。 こっこ達は、雪が降り続く庭を背に、ご飯を美味しそうに食べます(雪見ご飯?)。

雪はずっと降り続いていましたが、Webを見ると、どうやらJRが動いているとの情報でした。 1時間半遅れで家を出て、軒下のこっこ達に見送られながら、出社しましたよ。 私が家を出る頃には、その間に新しく積もった雪によって、積雪が10cm近くなっていました。 前回1/14(月)の大雪を上回る、今季2回目の大雪となりました。

1時間半の間、長靴も装備していたし、庭の除雪も兼ねて、雪だるまを作りました(笑)。
雪だるまを転がした跡は、雪が吸い取られて、道が出来ますからね〜。 庭を何往復かして、身長1.5mの雪だるまを作りました。 そしてこっこ達も通れる道も出来ましたよ〜。
こっこ達は、「お父さん凄い!」と軒下から、雪が降り続く中、雪だるまを転がす私を見ていました(笑)。

因みに、職場には全く雪が無く、同僚たちは私の話に半信半疑でした(笑)。
話によると、「通勤途中、みぞれが舞ったのを見た」という程度だったそうです。

こーちんの庭は、南関東に位置します。
大抵の積雪の場合、今回とは逆に都心や埼玉方面が積もって、こちらは雨というのが通例です。
今回の大雪は、大変珍しい逆パターンでした。

なま暖かかった土日
土曜日は暖かかったですね〜。
前日金曜日の夜から風が強い南風に変わりました。 急変だったから、屋外よりも(緩いかも知れないけど)暖房器具を使った室内の方が、ヒンヤリと感じる程でした。
23時頃の気温は、15度くらいだったと思います。 会社帰りにジムへ寄った私は、コートを脱いで、それでも汗を掻きながら帰って来たのを憶えています(笑)。

翌日土曜日は、引き続き暖かい一日でした。 こっこ達も「気持ち悪いくらいに暖かいぞ〜」と思っていたかも知れません(笑)。 だって、天然のフサフサの羽毛を沢山着ているから、きっと困ってしまうでしょう?

この日、気温はグングンと上昇し、20度まで上がりましたよ〜。 正午過ぎまで降った雨の湿気も加わって、何とも生暖かい一日でした。(月曜日に作った雪だるまも、この日までの命でした) 【写真:ぴよりんは、少し日陰の場所でお昼寝中】

翌日、日曜日も暖かかったですよ。
家族は「気温が下がったから寒い」と言っていたけれど、それでも平年に比べると高く15度くらいまで上昇しました。 こっこ達には丁度の気候だったらしく、庭のあちらこちらで日光浴や砂浴びを満喫していましたよ。 雌鶏さん達は、日光浴や砂浴びの合間に土をカキカキして虫を探していました。 暖かいと言っても、現在は冬。 虫は簡単には見付かりませんが、出て来ても不思議じゃないくらいに暖かい陽気でした。
2013年1月26日(土)&27日
こっこは、「植木屋さんが怖いよ〜。」と言っておりました。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:植木屋さんの作業や、北西風が吹いたこともあって、水瓶と餌箱をここへ避難しました。
右上:「植木屋さん、バリバリと葉っぱを沢山刈ったな〜」と、仕事の出来栄えを眺めるぴよ太。
左中:ぴよ太の足です。 嬉しいことに、左足のコブは少しずつ小さくなってますよ〜。
右中:雪だるまを食べる瞬間を撮りました! ぴよこりんが、パクパクと何回も食べていました(ぴよりんも)。
左下:ぴよ太は、霜柱を熱心に食べています(笑)。 冷たくないのかな? 私は見た瞬間、ゾクッとしました(笑)。
右下:ぴよりんの砂浴び風景。 日当たりも良好で、気持ち良さそうでした。
///////////////////////////////////////////////////////////////////

ここのところ、また寒いですね〜。
我が家の庭では、ほぼ毎日、氷が張っていますよ。 そして日陰には午前中いっぱい、霜柱もあります。
そんな寒い季節に、いつもの植木屋さんがやってきました。
10年ほど前には、(お正月の為に)年末に来ていたのですが、どうやら年齢的に仕事が厳しく、ずれ込んでしまうようです。 そして我が家のこっこ達は、植木屋さんが苦手です(笑)。
音や、動作にビックリするニワトリ全般に言えるのでしょうけれど、我が家のこっこ達も同じです。
こっこ達には試練の週となってしまいましたが、無事に乗り越えられましたよ。

植木屋さん

金曜日と土曜日に植木屋さんが来ました。
我が家のこっこは、植木屋さんの使う器具の音が怖いです。
特に、エンジンを掛けて使うノコギリや刈り込め機の音が苦手です。
そしてブルーシ―トも怖いです。 強い風に巻き上げられて、バタバタしているブルーシートは恐怖そのものですよ〜(苦笑)。 2日間、庭の隅に固まって「早く終わらないかな〜」と、虫歯治療中のような気持ちで過ごしたこっこ達は、良く頑張りました!

作業中、ぴよ太は、植木屋さんの足に噛みついたりしませんでしたよ(笑)。
前回の1年前には、ぴよ太も若かったから雌鶏さん達を守ろうと頑張って突進しちゃったようだけど、今回は大人しくしていたそうです。

植木屋さんの仕事中には、庭に沢山の枝や葉っぱが落ちていて、こっこ達は「あれ? いつもと違うぞ〜。 葉っぱが落ちていて歩き難いよ〜。」と思っていたかも知れません。 それも土曜日のお昼には、片付いて綺麗な庭になりました。
【写真:刈った葉っぱや枝を持ち帰る為のブルーシート】

やっぱりね〜
我が家のこっこは、雪だるまを食べました!

先週日記に「「雪や氷を食べるこっこが暮らす庭」だから、雪だるまの寿命も少し縮みそうなのですよ〜(笑)。」と記して、その瞬間を観察して待っていました(笑)。 私は、こっこの誰かが雪だるまを食べる瞬間を待ち構えていました(笑)。
木曜日(1/24)、私が有給休暇を取った日に、その瞬間がやってきました。
この時、雪だるまは作ってから11日間経って、随分と小さくなっていました。

30cm程の雪だるまの周りに、ぴよりんとぴよこりんが屈んでいました。
遠くからだと、下を向いて何かを突いているように見えます。
「もしや?」と思って、私は近付いて、彼女達が何をしているのかを確認しましたよ。
その結果は、想像通りでした。 2羽は、雪だるまの白く綺麗な部分を突いて食べていたのです!

私は、直ぐにカメラを取りに部屋へ戻りました。
カメラを手に、雪だるまと2羽の元へ戻ると、ぴよこりんだけが食べ続けていましたよ。
先程まで食べていたぴよりんもそうだけど、食べ慣れた感じがしました(笑)。

氷も霜柱も食べる我が家のこっこは、やっぱり雪だるまを食しておりました(笑)。
雪だるまが日々小さくなっていったのは、もちろん陽に照らされて融けたことが一番だろうけれど、こっこ達によって、少しずつ食べられたことも影響しているのでしょうね〜。 大きな石が自然の力によって千年万年の月日の間に砕かれることを、風化と呼びますが、その自然の力には昆虫や動物による影響も含まるそうです。
と言うことは、こっこは、人工的な雪だるまを風化させた自然の力の一つだったということでしょう。
(何となく、ぴよ達の食害を壮大な”自然の力”に結び付けてしまいました/笑)

それから、ぴよ太が霜柱を食べている瞬間も冒頭写真として撮れました。
土曜日の朝のことで、日陰の寒そうな場所の霜柱を、ザクザクと突いて食べていましたよ(笑)。
足元も霜柱があって「霜焼けにならないのだろうか?」と、見ている方は心配にもなります。
しかしながら、本人は素足でも全然平気だし、霜柱を連続で食べても「キィ〜ン」とならないようでした(笑)。
2013年1月19日(土)&20日(日)
残雪が、ところどころにまだ有るけれど、天気は良好! 穏やかな土日でしたよ。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:雪解けによって、丁度良い湿り気になった土が気持ち良さそうでした。 ぴよりんは、砂浴び中ですよ。
右上:ぴよ美は、庭の隅に捨てた米ヌカが美味しかったみたいです。 それとも、隠れた虫を食べていたのかな?
左下:みんなでお食事中です。
右下:日曜の午後、北西風が強くなると木蔭に隠れます。 植え木の根元は、一番安心できるみたい。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

いや〜、繰り返しになるけれど、月曜日(1/14)の積雪は凄かったですね〜。
翌日火曜日、無謀にも、私は自転車を使って駅へ向かいましたが、走れるものじゃ有りませんでした(苦笑)。
しかし幸い、陽のあたる道路中央部は、車の通行によって雪解けになっていましたよ。
そして積雪の影響で、車の通行量は1割くらいになっていて、殆ど車の走行のない道を思いっきり自転車で走る事が出来ました! 駅までの半分の道のりを、広い県道のど真ん中を走りましたが、車を避けて道端へ退避したのは数回のみでした。 因みに道端は、積雪が残りシャーベットの様な状態です。
道端を走ると、自転車の後輪がツルンツルンと滑って、命が幾つ有っても足りません(笑)。

電車は通常と比べてダイヤが乱れてましたが、ほぼ通常通りに運転していました。
「混雑しているかな?」と思ったけれど、出掛けることを諦めたり、時間をずらした乗客が多かったのか、普通の時と比べて空いていましたよ〜。 (少し早めに家を出たこともあって)職場へは、特に遅れることなく、トラブルもなく到着しました。

残雪のある景色

月曜日に積った雪について、庭の状況を記しますね。
陽のあたる場所に積った雪は、翌日(1/15)の夕方までに殆どが融けました。
前日には「これだけ積ったのだから、2〜3日間は雪景色かな?」「降雪地方の雰囲気を味わえるから、1年に一回くらいはそれも良いかな。」と思ったものですが、太陽の力って本当に凄いですよね!

日陰の積雪は、やっぱり融けるのに3日間か4日間を要しましたよ。
雪は、庭の隅や植え木の陰になっている場所、北側の屋根瓦に残っていました。 
そして、(翌日に姪っ子を驚かせようと/笑)14日夜に作った雪だるまは、当然だけど、少しずつ小さくなっています。 この雪だるまは、下部分が直径1m、上部が直径40cmくらいの大きさで作りました。 5日経過した土曜日(1/19)は、上部分が完全に融けて、小さくなった下だけが残っていますよ。
現在、直径60cmの雪だるまですが、あと何日もつかな?
こっこにも食べられそうだけど、この大きさならば、あと1週間くらい残っているかも知れませんね。 【写真:5日後の雪だるまは、下部分だけが残ってます。】

いま、此処まで読んで「こっこが雪だるまを食べる?」「エッェェ〜?」と思った方も多いかも知れません(笑)。
少し前に、「我が家のこっこは、霜柱や氷を食べますよ。」とお話しをしたことがありました。
今回の積雪でも、こっこ達は残雪をときどき食べていましたよ(笑)。

ぴよ太は、私の前で食べた事はなく、雌鶏さん達の食べている場面を何度か見ました。
観察をしていると、”食べ物”として突いている訳ではなく、喉が渇いて水を飲む感覚で、口に含んでいるような感じでしたね〜。 少し歩けば水瓶があるのだけれど、雌鶏さん達は、面倒臭がりなのかも知れません(笑)。
このような「雪や氷を食べるこっこが暮らす庭」だから、雪だるまの寿命も少し縮みそうなのですよ〜(笑)。

雪だるまを食べる瞬間、面白い絵になると思うから、私もカメラで狙ってみようと思います。
私の腕に掛かっていますが(笑)、こっこが雪だるまを食べる瞬間を期待していて下さい!

スズメの奴が〜(笑)
やっぱり、この時期の問題は、野鳥の盗み食いです!
特にスズメの大群には、毎年悩まされていますよ〜(笑)。
20羽か30羽の大群が、ピーチクパーチクとやって来て、こっこ達のご飯を食べながら、ウ○チをするのです。
盗み食いの問題よりも、この”ウ○チをする”のが大きな問題だったりするのです。
どんな病気をうつされるか解らないし、そもそも餌箱にウ○チをするなんて、お行儀が悪いですからね〜(苦笑)。

過去に幾つかの対策を試しました。
その中で継続しているのが、百均で買った偽カラス(プラスチック製)です。
初めのうちには効果がありましたが、現在、慣れてしまったらしく、スズメは怖がりません。

もう1つは、(こっこ達が自分で開けることのできる)餌箱カバーです。
私が出掛ける時にカバーを閉めて、こっこのお腹が空いて、自分達で開けるまでは有効なのだけど、閉める行為が出来ないから、1回限りの対策です。 まあ、それでも1時間か2時間の間、野鳥たちは食べることができないのだから、効果はあると思っていますよ。 もし自分達で再び閉めるように訓練出来れば、最強の対策になるのですが(笑)、どうでしょうかね〜。 ワンちゃんならば、知能的に出来そうですが、我が家のこっこ達には、とても難しそうです。

しかし、しかし、世間的には「スズメが激減している。」「もしかすると、野メダカと同じで、保護しないと絶滅するかも?」などと囁かれていて、何処かの調査によると、ここ20年間に1/5に、50年前と比べると1/10に激減しているそうです。
我が家の周りだけをみると、凄く増えているように思うのですが。。。
毎年記すことなのだけど、何か有効な野鳥対策があれば〜と思う、この頃です(笑)。
2013年1月12日(土)〜14日(日)
正月明けの3連休でした。 最終日は、久しぶりの大雪です!
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:日記にも記した事だけど、仲良く4羽でご飯を食べました。 やっぱり、仲良しが一番だね!
右上:月曜日の午前中は、大雨でした。 雨宿りに飽きて、ときどき遊びに庭へ出ました(笑)。
左下:月曜日の正午くらいから、雨から雪へと変わって強く降りましたよ。 4羽は、軒下から雪を眺めています。
右下:ぴよ太の左足の甲。 コブが取れて、カサブタの状態になっています(詳しくは、先週日記を参照)。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ぴよ美
小さい頃からぴよりんとぴよこりんに指導を受けてきたぴよ美について、2羽のお姉さんからの接し方が少し変わってきました。 ニワトリ社会は、序列が厳しい社会です。 これは、雄鶏にも雌鳥にもいえます。

雄鶏の場合には、自分以外の雄鶏をグループから追い出す為に喧嘩をしますよ。
ニワトリのグループは、アフリカのライオンと似ていて、こーちんの庭のように一夫多妻です。
1羽の雄鶏君が、複数の雌鶏さんを率いていて、その地位を巡って戦います。

喧嘩に敗れた雄鶏君は、別の群れのボス(雄鶏)に戦いを挑み勝つか、元のグループのボスに再び戦いを挑んで勝つまでは、お嫁さんを貰えません。。。 だから、頑張って強くなろうとするのでしょうね。
兄弟であっても、父と息子であっても流血の戦いをします。
(力の差が圧倒的だと、諦めて逃げることもありますけれども)

雌鶏さんの間でも序列があります。
雄鶏同士の流血の喧嘩とは違いますが、食べる順番について、頻繁に指導を受けます(苦笑)。
ぴよ美は、このご飯を食べる順番についての指導を受けていました。
序列が下の雌鶏さんは、上の雌鶏さんと一緒にご飯を食べさせて貰えません。
同席すると、鶏冠をツンと突かれてしまいます。 時には、追い掛けられることもありますよ。。。

しかし最近のぴよ美は、指導を受ける頻度が減ってきました。
ぴよ美は今年の4月で3歳になります。 ぴよりん&ぴよこりんは、同じく4歳になりますよ。
少しずつ年齢差が縮まってきたことと、お姉さん達の性格が歳を取って丸くなってきたからかも知れません。
人間に例えると、小学生の1歳差は大きいけれど、中年になっての1歳差が余り関係なくなるのと同じだと思います。
(人間の中年の場合、年齢よりも日頃の生活習慣や努力が顔や身体に出るし、経験も単純に年齢を重ねたからと言って高い訳ではありませんからね〜)

昨年、2012年の秋頃から変わってきましたよ。
4羽で一緒にご飯を食べる機会がグンと増えました!
それまでは、ぴよ美だけが少し離れた場所から3羽の食事風景を眺めていました。
(ぴよ太は突いたりしないから)ぴよ太を除く、2羽のお姉さん達が食べ終わるのを待って、餌箱へ近付きます。
仕方がないことだけど、私は可哀想だな〜と思いながら、仲良くなれる事を願っていました。
現在、私の願いが叶いつつありますよ〜。 ぴよ美にとっても嬉しいことです。

三連休最後は、大雪


月曜日の天候は、前日の天気予報により「関東の山沿いで積雪になる」と伝えられていました。
そして、こーちんの庭の地域は、「強風と大雨による天候の荒れに注意!」という事でしたよ。
私は、「雨降りだから、溜まった作業を片付けるか〜」とか、「傘を差して、近所のお店にでも散歩へ行こうかな。」などと普通に考えていました。 しかしながら、この予報は大きく外れる結果となりました(笑)。

朝の時点では、天気予報が当たっていて、強い雨が降っていましたが、そのあと見事に外れて、夕方には5cm以上の積雪となりました。 久しぶりに強い降雪を見ました! 私の記憶では7年降りですよ〜。

こっこ達は、強い雨の午前中と午後の雪によって、一日中、雨宿りをしていました(午後は雪宿り?)。
雨が降っていた時、飽きちゃうと、雨に当たっても水溜りの中を歩いて遊びに行っていました。
濡れるのは余り好きじゃないから、少しの間だけお散歩すると、また元の軒下へ戻ってきます。
しかし雪に変わってからは、庭へ遊びに行かず、ずっと軒下で退屈そうにしていましたよ。
どうやら我が家のこっこ達は、雪が苦手のようです!

今まで、10年くらいニワトリを飼っていて気付いた事があります。
若い子は好奇心旺盛だけど、2歳を過ぎると、どうやら億劫になるということです(笑)。
それは、人間の場合の子供と大人の様な違いですね〜。
例えば、幼稚園くらいの子供は、雨の日にわざわざ水溜りに入ったりしますよね〜。
でも大人になると、わざわざ水溜りに入る人はいない筈です(100人中、一人くらいいるかもしれないけど/笑)。

こっこの場合でも、3兄弟が若かった頃は、積雪の中を歩いたりしました。
まっ白く誰も足を踏み入れてない積雪の場所を歩いて、楽しんでいるようでしたよ(笑)。
ちょうど一番初めの週末日記(2005年3月4日)に、その様子が記してありました。
この時、末っ子が雪の中へ立ち入って、「どう? 凄いでしょ!」という表情で写真に収まっています。
この写真を良く見ると、末っ子の背中に積雪があります。 雪が降る庭を遊びまわっていたのでしょうね〜(笑)。
そんな子供とは違って、父コーチンを含めて他の大人のこっこ達は、雪を避けて移動していましたよ。

ぴよ太やぴよ美は、もうすぐ3歳だし、ぴよりん&ぴよこりんも4歳になります。
きっと「そんな冷たい場所、わざわざ行ったりしないよ〜。」と思っていたのでしょうね。
退屈しながらも「軒下でコックリコックリしている方が楽だよ!」と思ったのかも知れません。
冷たい雪の中を素足で歩くのだから、霜焼けになってもイケマセンからね〜。
人間もこっこも、大人になると無用な事をしなくなるということなのでしょう。

今回の雪によって、最も積った時の積雪が5cm〜10cmになりました。
過去の積雪を思い出してみると、2006年の積雪が10cm級でした。 2008年には、5cm級の積雪があったようですが、今回のはそれを上回っていると思います。 そして、私が経験した一番の積雪は、1984年のものです。 
この時には、30cmも積って大変なことになりました。 あらためて調べてみたら、”昭和59年豪雪”や”五九豪雪”と呼ばれているそうで、歴史的も記録的な豪雪だったようです。 この時、私は庭に大きなかまくらを造りましたよ! このかまくらは、なかなか解けずに、2週間くらい残っていたと記憶してます。
2013年1月5日(土)&6日(日)
新年、第一週目は寒さが厳しかったです。
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
左上:水飲みの洗面器に張った氷を水瓶の上に置いたら、みんなが集まってきたよ〜。
右上:日曜日のご馳走は、納豆ヨーグルトです!
左下:裏庭で遊ぶこっこ達。 ぴよ太は、何を探しているのかな?
右下:先週記した白髪のぴよ美。 首の後ろに、白髪が見えますか?
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

年末年始の休暇が終わってしまいましたね〜。
私や他の多くの方は、1/7(月)が仕事始めになると思います。
この週は、きっとリハビリの週になるでしょう(笑)。
特に週の前半は、9連休のあとだから、残業もそこそこで帰宅するつもりですよ〜。
何といっても、気力が続きませんからね(笑)。

この点、こっこ達は毎日が同じことの繰り返しだから、リハビリは要りません。
違うのは、「あっ、お父さんが仕事で遊んでくれないね〜。」と思うくらいです(思っているかどうか解らないけど/笑)。


丸くなる季節

冬になると、私は良く北西風について日記に記します。
こーちんの庭に吹く、新年になってから本格的になる(全国的な冬季の偏西風だと思うけど)冷たく強い北西風のことです。

この風は、朝の8時や9時頃から吹き始め、夕方の17時頃に弱まりますよ。 11時〜15時頃は、風速10m/sを超えるような強風になる事も多いです。 そして、私は「何故、昼間にしか吹かないのか?」と不思議に思うのです。
1週間のうち、1日くらいは夜間も強風の日がありますが、基本的には昼間しか吹きませんからね〜。 凄く不思議に思ってます。

1/2(水)には、15m/sの強烈な風が吹きました。
我が家の正月飾りも門松も飛ばされましたよ(苦笑)。
「他所から飛ばされた門松が、家の前に転がっているけど、どうすれば良い?」と、地域掲示板に記されていたのを見て、ドキッとしましたが(笑)、それは別のお宅のようでした。 この強風の中、こっこ達は、植木の陰か隠れてじっとしていましたよ。
全員が首をすくめて、まん丸になって耐えてます。

この日、「他所から飛ばされた門松が、家の前に転がっているけど、どうすれば良い?」と、地域掲示板に記されていたのを見て、ドキッとしましたが(笑)、それは別のお宅のようでした。 この強風の中、こっこ達は、植木の陰か隠れてじっとしていました。 全員が首をすくめて、まん丸になって耐えていましたよ。

これからの季節、まん丸になる事が増えそうです。 早く穏やかな、ぽかぽか陽気の季節になってくれると良いのだけど、あと2ヵ月ほど、3月中旬くらいまでガマンしないとね〜。 そして、冬季になると風邪が飼い主としては心配ですよ。
何れにしても、体調を崩さなければ良いな〜と思っています。

【上写真:1月になると、毎日のように分厚い氷が張ります。】
【下写真:地面には、霜柱も立ちます。】

ぴよ太の左足
年末にポロッっと取れた足のコブは、そのあと、カサブタ状になっています。
足の裏にバンブルフットがあった時と似ていますが、状況は違うように思います(良い意味で〜)。
そして現在の左足の裏は、綺麗になっていて、バンブルフットではありませんよ。
まるで、バンブルフットが足の裏から甲に移動してきたような状況です(笑)。

コブが取れた痕は、今、少し盛り上がって火山の火口のようになっています。
年末にコブが取れた直後には、(未だ切ってなかった)反対側の蹴爪も当たって、血が時々滲んでいたりもしました。
私が左右の蹴爪を1.5cmほど切ってあげたあと、1日に2回オロナイン軟膏を塗ってあげて、2日くらいで出血が止まりました。 現在、傷口はカサブタに覆われて、出血はありません。

足の裏にバンブルフットがあった時、その足へ体重が掛かるから、歩く時に痛そうでした。
そしてバンブルフットのカサブタが取れて出血している時、その傷口に、土や泥が入って衛生的にも良くありませんでした。
実際、足に開いた傷口の穴に入ったばい菌が、化膿を悪くさせて、膿も沢山出ていましたからね。。。
なかなか病状が改善出来なかったのは、このように裏側にバンブルフットがあったからだと思っています。

現在では、足の甲に(コブが取れた痕の)バンブルフットのような物があります。
しかしぴよ太は、痛がったり、傷口を泥んこにして汚したりもせずに、快適に過ごせています。
足裏の傷口と比べて衛生的だから、ぴよ太の左足が治るのも早いと、私は思っていますよ〜。


番外編【初・秋葉原巡回】
名古屋コーチン一家の週末日記
(年始、秋葉原の街は普段通りでした)
名古屋コーチン一家の週末日記
(懐かしいプラモデルが展示されてます)
名古屋コーチン一家の週末日記
(若干値上がりされた金の蔵Jrで飲んだ)
年始に秋葉原へ行きました。
1/5(土)のアキバは、年始にも関わらず、普段通りの光景でしたよ。 そして、各店舗には”福袋”が並んでいました。
年始の特売以外には、特に目を惹くようなイベントはありませんでした。

今回の目的は、年末に購入したJINSメガネの調整です。
そして、Androidタブレット端末Nexus7を触ってみたかった事です。

帰りには、友人と飲みました。
久しぶりに金の蔵Jrへ行ったら、若干お値段が上がっていましたね〜。
以前には、殆どのアルコール類を含め、\270-だったのが、数十円お高くなったメニューがチラホラありました。
ビールは、\290-でしたよ〜。 それでも全然お安いですけれどもね!

・JINSメガネは、ツルの耳の部分が浅くてズレ落ちる感じでした。
5分か6分程度の調整で、良い具合になりましたよ。 この眼鏡屋さんは、Zofと共に安価で有り難いです。
薄型レンズ付きセットが5千円くらいから買えます(見切り品は4千円〜)。
何本も作っておいて、気分やファッション、そして一日毎にメガネを交換するような楽しさがありますよ。

・Nexus7は、良かったですよ〜(笑)。 ソフマップ店頭で「人気商品ですが、在庫が3台あります!」と言われた時、購入しそうになりました(笑)。 しかしながら、私は2台のAndroid端末を既に所有していたので、「買ったら駄目だ!」と自分に言い聞かせて、踏みとどまりました。

この端末、4コアCPUを搭載してサクサク動作するにも関わらず、7インチ液晶&340gの軽量クラスのタブレットです。
最新のCPUだから、性能が高くても省電力でバッテリーは9時間持続します。
MicroSDスロットが無いのが少し残念ですが、代わりにUSB端子から電源を取れます。
USB端子は5V電源で、一般的に売られている安価なバッテリーをサブで利用出来ますよ〜。
なかなか良い端末です!

現在所有する2台の端末が古くなったら、またその時に考えようと思います。
その頃には、Nexus11とかになっているかも知れませんけれどもね〜。

◎購入品
ナシ!
年明けから、節約してアキバを楽しめました(笑)。
ちなみに居酒屋の代金は、若干値上がりしたけれど、\2,500-くらいでした。
2013年1月1日(火)
新年、明けましておめでとうございます。 また、宜しくお願い申し上げます!
左上:母屋小屋にも正月飾りをしましたよ。 良い年になりますように〜。
右上:既に元旦なのですが、年賀状を作りました。 数年前にも似たような事が。。。(苦笑)
下:お正月のこっこ達のご飯。 海老とワカサギとコーンをご馳走しました。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こーちんの庭は、2013年の元旦を無事に迎えましたよ。
そして前日の大晦日がとても暖かく、元旦も比較的暖かい良い年賀になりました。

こっこ達の世界には、お正月という概念がありません(たぶんね〜/笑)。
主人の私が遅く起きても、こっこ達は、普通に起きて庭を歩きまわっていましたよ。
ぴよ太は、元気に「こっけっこっこ〜〜〜」と雄叫びをあげていました。
彼は、そのように思って無いのでしょうけれど、見事な初雄叫びです。

特に何もなく、普段通りの元日でしたけれど、
2013年、また「こーちんの庭」を宜しくお願い致します!
2012年12月29日(土)&30日(日)
今年も残りがあと少しです。 アッという間に年末になってしまいました。
左上:29日の土曜日は、晴れ間ものぞいて暖かい一日でした。 お食事中の写真です。
右上:好きな場所の1つ、鉄パイプに座るぴよ美。 鳥類だからなのでしょうね。 落ち着くみたいですよ〜。
左下:日曜日には、大雨が降りました。 こっこ達は、軒下で雨宿りをしました。
右下:雨天の中をお散歩するぴよ太。 「ほっ ほっ ほっ〜〜」と言いながら歩いていました。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1年が過ぎ去るのは、本当にあっという間ですね〜。
ついこの前に”お盆”が過ぎたと思ったら、もう”年末”です。
そして今回の年末年始は、12/29(土)〜1/6(日)までの間、なんと9連休ですよ!
これは私の会社の場合ですが、同じように長期の会社が多いように思います。
長いお休みだと、色々と計画もできますよね!

私の場合、毎回の長期休暇と同じく、Web絡みの作業や読書、PC弄り、写真撮影、、、
このように沢山の計画をするのだけど、きっと(毎回のように)惰性でなかなか達成できません(笑)。
私の計画を邪魔するものは、面白いTV番組、溜まったビデオ録画、美味しい料理とお酒、等々です(苦笑)。

特に友人との飲み会やアキバ巡回(やっぱり夜に飲む)の場合、相当に時間を消費するので厄介だったりします。
とは言え、楽しみでもあるし、仕事とOFFとの気分転換には必要なことだから、大切だと思っています。
同じように、こっこと遊んだり、ご馳走を作ったりする時間も大事ですよね。

皆さんは、どう過ごされますか?


ぴよ美が白髪?
後頭部に白髪が発生しちゃっています!
私の頭じゃありませんよ〜(笑)。
ぴよ美の頭、後頭部です。

ぴよ美は、8月に羽換を経験して、かれこれ4ヵ月が経ちます。
されど、まだ4ヵ月なので、新しく羽換になったとは思えないのですが、後頭部の白髪に見える羽は、羽換のあとに出来る新しい羽を包むストローでした。 「新陳代謝が早くて、もう次の羽換かな?」と疑問に思いつつ、8月のぴよ美写真を見直しました。 すると夏の羽換には、お尻や背中の羽が中心に抜けていましたよ(特に尾羽)。

どうやら、夏に抜けずに残った羽の一部が、抜けて、生え換わったようです。
既に新し後頭部の羽が生えたあとなので、その前の段階としての”ハゲの状態”もあった筈ですが、、、(笑)
私は、ぴよ美の後頭部の羽が抜けていた事に全く気づきませんでした。

ぴよ太の話ですが、ぴよ太の後頭部は良く羽が抜けています。
私の記憶も曖昧で、当てにはなりませんが(笑)、一年に2回か3回、今回のぴよ美のように白髪状態になっていますよ。
ぴよ太は、自分の足の爪を使って、(他の場所も掻きますが)良く後頭部をカキカキしているからです。
ダニやニワトリヌカ蚊に刺されて痒くて、カキカキしたり、クチバシで掻いたりしているうちに羽が抜けて、羽換のように新しい羽がストロー状の物に包まれて生えているのかも知れませんね。

ぴよ太は、良く私に抱っこされるから、ツンツンのストローが私の手に当たって解ります。
「あっ、またぴよ太の後頭部がハゲている。 ツンツンで(人の頭髪の)カリアゲみたいだな〜。」と解りますよ(笑)。
いっぽう、ぴよ美は滅多に私に抱っこされないから、気付きにくいです。
その違いだけで、もしかしたら頻繁にぴよ美も(羽換以外にも)抜けているのかも〜。

ぴよ太の左足
症状が少し進展しました。
良くなったのか、悪くなったのか判断が出来ませんが、足の甲のコブが自然に落ちましたよ。

少し前から左足のコブの状態が変化してきて、「取れそうな感じだな」と思っていたところで、実際に取れたのは、12/26の事でした。 12/27の朝、私がぴよ太の足を見ると、既にコブが無く、コブの痕に血が滲んでいた状態です。

コブは、(私の憶測ですが)反対側の蹴爪が当たって、自然に落ちたようです。
そして、コブの痕にも何かの拍子に蹴爪の先が当たって出血しちゃっているように思えました。。。
だから、本人には凄く嫌な”爪切り”なのだけど、蹴爪を少し切ってあげました。
5cmくらい伸びた立派なミニ象牙のような蹴爪を(笑)、1.5cmくらい切って、3.5cmくらいにしましたよ。
因みにこれ以上は切れません。
硬くて、太くて、普通のペンチでは刃が立たなかったです(苦笑)。
それに、爪には血管が通っていて、これ以上は深爪の可能性もありました。
ぴよ太本人が、「もう止めてよ〜。怖いよ〜。」とジタバタするのも危険でしたからね〜(苦笑)。

爪切りのあと、コブの痕にオロナイン軟膏を塗ってあげました。
本人は、痛がったり、足をかばったりする仕草をしてないので、状態が悪くなったようには思いませんが、暫く様子を見るようにします。 コブの痕から膿などの悪いものが出て、綺麗に傷口が塞がってくれたら良いな〜と願っています。
2012年12月22日(土)〜24日(月)
毎日、氷が張るようになりました。 そして、こっこ達の食欲が凄い! 
左上:曇りの土曜日、軒下でお食事中。 ぴよ美も加わって、4羽で食べることが多くなりました。
右上:ぴよ美のお尻〜。 モフモフのふわふわですよ。
左下:ぴよりんかな? 庭に落ちていた氷を突いて食べていました。
右下:晴れた月曜日、採れたての白菜をバリバリと食べました。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

う○ちが沢山(笑)
良い事なのですが、庭や寝床に沢山のウ○チが落ちていますよ〜。
ぴよ太の寝床には、ちょこちょこっとだけど、雌鶏さんの場所には、どっさり置かれています(苦笑)。
そして庭の芝生にも大きなのが落ちています。

ご飯の減りが速いから、こっこ達が沢山食べているのは間違いありません!
冬の寒い季節に過ごすために、体を温める熱源に使ったり、防寒能力強化に皮下脂肪を蓄えようと、配合飼料や玄米を沢山食べているのでしょう。 その証拠に雌鶏さんはプリプリ体型ですよ〜(笑)。
そして、その結果の”どっさりウ○チ”なのです。

私は、起床後に庭のウ○チを掃除してから小屋を覗いて、そのあとに餌箱を掃除します。
ここ最近の掃除では、餌箱に本当にカスしか残っていません。
粉状のヌカだけが残っていて、私はヌカを綺麗に捨てて、新しいご飯を入れてあげますよ。

こっこ達は、私が清掃を終えてから(餌を保管している)倉庫へ向かう様子を覗いていて(笑)、「あっ、ご飯の時間だ!」と察知します。 首を長しくして、4羽が倉庫の入り口で待っています。
配合飼料と屑米を混ぜたあと、容器に入れて餌箱へ運ぶ間、4羽のこっこ達は、私の跡をついてきます。
この時、私がモタモタしていると、ぴよりんとぴよこりんは待ち切れません。
私は、お尻や太ももをガブリと噛み付かれちゃいますよ〜(笑)。
結構、痛いです(苦笑)。
「何しているの? 早く食べさせて!」と催促しているのでしょうね。
(そう言えば、納豆ヨーグルトを混ぜている間も、時どきガブリと噛まれます/笑)

雌鶏さんの噛み付き行為は、この時以外には有りません。
日常は凄くシャイで、私がナデナデしようと思っても、身をかわして手から逃れます。
因みに私の家族は、噛み付いちゃう雌鶏さんの話を信じません(笑)

雄鶏君は、今のぴよ太も突く事があるし、過去の子達もときどき突くことがありました。
ご飯を催促している訳ではなく、何かのスイッチが入った場合ですけれども、本気の時と、遊んでいる時があります。
知らない人が庭に入って来た時、そしてぴよ太に向って行った時には、血走った目付きも本気です(苦笑)。
私の靴紐に飛び掛かる行為は、猫がネコじゃらしにじゃれる感覚で、遊んでいる感じがしますね〜。
靴紐を両足で掴んで、クチバシ真ん中を咥えた姿勢をしながら、私の顔を見上げて、「あっ、やっちゃた」というような仕草をしますよ。 でも紐を咥えた瞬間は、「やった〜! 捕まえたぞ〜。」という感じだと思います(笑)。
これら雄鶏君の噛み付く行動は、何かを飼い主に伝えたくてする雌鶏さんとは違うと思います。

雌鶏さんが噛み付くというお話しは、意外に思いましたか?
こっこを飼われている方でも、雌鶏さんの性格に左右されることだから、
もしかしたら”噛まれる”という体験が無いかも知れませんね〜。

今回は、噛み付くくらいに食欲があって、沢山う○ちをしちゃってますよ〜というお話でした(笑)。

毎朝の氷
もう真冬、毎朝が氷点下に冷え込んでいますよ。
そして水飲みには、氷が張ります。
冷え込みが厳しい朝は、屋外の水道が凍って、蛇口がカチンコチンです(苦笑)。
こうなると、暫くは水が出ません。。。 午前9時や10時まで待つ必要もあります。

そのような極寒の季節にも関わらず(笑)、こっこ達は氷に興味津々です。
食べようとして突く子もいるし、実際に食べちゃう子もいます。

日曜日には、庭の落ち葉の上に氷が落ちていました。
洗面器か、柄杓か何かに張った氷を、家族の誰かが庭に投げたものだと思います。
ぴよこりんは、その氷を見付けるとツンツンしたあと、パクリと食べちゃいました。

私はその光景を見てゾクッとしちゃいましたよ〜(笑)。
真夏にかき氷を食べる人を眺めることは何でもありませんが、真冬にその光景を眺めると流石に背筋がゾクッとしちゃいます。 こっこでも同じですね(笑)。
ぴよこりんに「冷たくないの?」と聞くと、「ホェェェ〜」と言っていました。
美味しいのかどうか解りませんが、嫌いじゃないみたいです(笑)。

新聞記事:先週の話題
左の写真、新聞記事を見て下さい!
先週に記した、配合飼料値上げの記事が書かれています。

私は、平日には余り新聞をよく読みません。 そして、週末にまとめて細かく読むのを習慣にしています。 丁度先週の土曜日の新聞でしたが、読み直していたら「配合飼料、高値続く」という見出しを見付けました。
先週に私が懸念したように、「農家、負担増の見込み」との副題もありました。
日本全体、或いは世界的に価格が高騰しているのでしょうね。

JA(農協)は、どうやら2013年の1月〜3月の配合飼料価格を据え置くとの説明だけど、私が購入している一般価格がどうなるのか解りません。
先週記したように、”こがね”は、現在\1,680-です。
2013年に更に値上げされるとなると、数十羽とかの飼い主さんは大変だろうな〜と、他人ごとじゃない感じです。
【写真:こっこのご飯も値上がってしまったという新聞記事。】
2012年12月15日(土)&16日(日)
土曜日は雨、日曜日は晴れ。 また一段と寒くなった一週間でした。
左上:雨の土曜日、ぴよ美は居間の前で雨宿りです。 縁台に登って小雨の庭を眺めていました。
右上:ぴよこりんとぴよ太は、父の収穫した菜っ葉を盗み食いしていました。 美味しそうに食べていたけれど。。。
左下:菜っ葉を1株ご馳走しました。 籠から盗み食いしていると、怒られちゃうぞ〜〜〜。
右下:日曜日は、皆で納豆ヨーグルトを食べましたよ。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こっこのご飯が値上がり!
うちのこっこ達の主食が、値上がりしちゃってました(苦笑)。
”こがね”という配合飼料を継続して購入していて、今回、価格が1,680円になっていました。
今回を含めると、過去4年間に3回目の値上がりになっていますよ〜。
当初、この”こがね”は、980円でした。
4年くらい前までは、ずっとこのお値段でしたよ。

1回目の値上がりは、世界的に穀物市場が高騰した2008年12月の事です。
パンやインスタント麺と共に、約4割ほど値上げされて1,380円になりました(結構な値上げぶりです/苦笑)。
2回目の値上げは、2011年10月でした。
穀物市場の高騰が落ち着いて、それを織り込んだように修正した感じで、この時には1,500円ちょうどになりました。
そして今回の2012年末は、当初より1.7倍の1.680円になってしまいました。。。

人間の食品に換算すると、今まで食べていたラーメン屋さんの味噌ラーメン(600円)が、1,000円になるイメージです。
某ファーストフード店のべーコンレタスバーガーセット(620円)も、1,000円位になってしまいます。
回転寿司で一皿105円のを10皿食べると、1,700円程になります。
そう考えると、なかなかの値上げです(苦笑)。

我が家の大事なこっこがお気に入りの銘柄だし、他の銘柄も似たような値上がりをしているので、変えたり、ケチったりはしませんが(笑)、もっと高くなるようならば困りものですよね。
品質を保ったまま、価格が落ち着いてくれたり、反転して値下がってくれると良いな〜と思っています。

めんどりさん
調子が良くなってきました。
「調子が良い」と書くと、いままで不調の様なイメージを与えちゃうけれど、正確に書くと、「羽換後に、以前の体力に戻った。」や「秋から冬季の変わり目を乗り切って、体が寒さに慣れた。」という状態ですよ。

我が家の雌鶏さん達は、秋の終わり頃(10月末)から、産卵を止めていました。
ぴよ美、ぴよりん、ぴよこりんの全員は、ずっと産んでなかった状態です。
順番に羽換を経験した時期と重なって、体が新しい羽を作る作業に集中したからだと思います。
羽換中には、顔も鶏冠も白くなって貧血を思わせる状態になります。
そのような状態で、生命維持の栄養を産卵に使うことは、とても危険ですからね〜。

もう一つの原因が、季節の変わり目だということです。
羽換という生理現象自体が、そもそも季節の変わり目に起こることだから、無関係ではありませんが、、、
日々、段々と確実に寒くなる季節には、人間でも風邪をひきやすかったり、不調になることがあります。
11月や12月には、こっこにもそのような事が起こるんじゃないかな〜と思うんですよね。
夏の終わりに、早々と羽換を終えたぴよ美が卵を産まなかった原因が、そうだったのかも知れません。

そして今週、久しぶりに産箱に卵を見付けました。
続けて翌日、また1つ、ホカホカの産みたての卵を見付けましたよ。
卵を産めるくらいに体力や栄養面で余裕が出来たということなのでしょう!
美味しい卵を貰えることも嬉しいけれど、こっこ達が元気な事がそれ以上に嬉しいですね。

番外編【秋葉原巡回】
名古屋コーチン一家の週末日記
(16:40頃、自民党総裁による演説準備中)
名古屋コーチン一家の週末日記
(18:00頃、アキバの民衆が集結中、熱気が凄い)
名古屋コーチン一家の週末日記
(近くのイベント会場は、アイドルの熱気です)
名古屋コーチン一家の週末日記
(客を他に取られた感じのPCパーツ見本市)
名古屋コーチン一家の週末日記
(本日の購入品、国旗は自民党から貰ったよ〜)
名古屋コーチン一家の週末日記
(外れ品だったカード型線量計)
凄く久しぶりの秋葉原巡回でした。
朝から小雨が舞っていたけれど、我慢できずに出掛けましたよ!
小雨は、アキバへ私が着くと同時に止みました。
傘を片手のアキバ巡回は、とても動き難いので助かります。

今回の秋葉原、翌日が総選挙ということで賑やかでした。
まず駅前に自民党総裁(安部氏)と元首相(麻生氏)が応援演説に来るということで、数時間前から報道陣や自民党関係者が陣取って準備をしていました。 都知事選挙の候補者も、総選挙候補者や応援者と共に各場所で演説をしていましたから、重なってとても賑やかです(笑)。

自民党陣営は、二人の首相経験者が来るということで気合が入っています。
私も18:30からの演説に、ちょこっと遠巻きに見物に行って来ました。
開始直前には、大小の沢山の日の丸の国旗がたなびいていて盛りあがっていました。
小さな国旗を配る人がいて、私も1本頂きましたよ。
自民党が配っているのか、国費で配っているのか、、、良く解りませんが、有り難く頂きました(笑)。

演説の場所は、麻生さんの案でしょうかね?
ガンダムカフェとAKBカフェの前というのは、アキバ好きな麻生さんの思惑に感じられます(笑)。
TVニュースでも流れていた演説ですが、背景にガンダムカフェが写って、連邦軍総裁の演説のようでした(笑)。
ガンダムマニアには、ちょっと格好良く映ったかも知れません。

夜、友人と落ち合って飲んできました。
金の蔵Jrに飽きて、ワタミに行きました。

◎購入品
・PCメモリ 1GB×2枚組 \2,680-
・USB 5mケーブル \450-
・地デジワンセグ&FMチューナー(USB) \999-
・RADTriage カード型線量計 \980-  ←期限切れが解って、返金対応の予定となりました。
合計\5,109- (次回返金されると、\4,129-)

■RADTriage カード型線量計
店員さんの知識が足らなくて、どうやら全品が期限切れだったようです。
あの3.11の直後に入荷した商品で、売れ残りを\980-で処分したかったようなのですが、製造された瞬間から線量計が反応し始めて、おおよそ1年余りで寿命を迎たようです(Webで読んだ製品解説)。
すでに1年半以上経過していて、製品寿命ゲージが振り切れてしまっていましたよ(苦笑)。

元々5千円くらいで販売されていたもので、8割り引きだったから、「寿命が近いかも?」と思っていました。
購入する時に店員さんに確認をして「多分、大丈夫」とのコメントを貰っていたので、その旨を電話で伝え、次回のアキバ巡回時に返金に応じて貰える事になりました。
ジャンク扱いだったならば、返金は難しいでしょうけれど、今回は普通に売っていたものなので、大丈夫でした。

■PCメモリ
先日、Windows8化と高速SSD化したディスクトップの増設用に2GBを購入しました。
元々2GBを搭載していて、64bitのWindows8を入れた段階で4GBの容量に増やしたかったのです。

■地デジワンセグ&FMチューナー
安かったので、つい衝動買いをしてしまいました(笑)。
録画もできるし、アンテナ線を繋ぐコネクターも同封されていたから、安定して利用できる筈です。
FMラジオは余り最近聞きません。
この製品を使って、ちょっとは聞いてみようかな〜と思っています。
2012年12月8日(土)&9日(日)
強風の土日、こっこ達は怖い思いをしましたよ〜。 明日は、穏やかな日になるかな?
左上:4羽揃ってお食事中。 強風だったので、植え木の陰へ餌箱を避難させましたよ。
右上:植え木の陰と言えども、「ビュゥ〜」っと風が吹くと、全員が顔をあげて警戒します。
左下:羽が沢山生えてきたぴよりん。 こうやって植え木の根元で、強風から隠れていました。
右下:ぴよりん&ぴよこりんは、枯葉をひっくり返して、カキカキやっていました。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

土曜日と日曜日は、とても風の強い2日間でした。
ニュースで全国的な”爆弾低気圧”と伝えていたから、こーちんの庭だけの気象ではないけれど、私に大好きなアキバ巡回を諦めさせて、コーチン一家を震え上がらせるのに十分な威力でした(苦笑)。

この荒れ模様は、東京湾アクアラインも通行止めにさせました。
台風以外では滅多に通行止めにはならないのだけど、風速が規定値を超えたのでしょう。
3.11の工場地帯通行止めと同じく、我が家の前が迂回路になって、午後3時頃〜20時頃まで渋滞になりました。
アクアラインからは、20Kmくらい離れている筈ですが、ぐるっと迂回して車列が回って来たのでしょう。
時折、イライラしたドライバーによるクラクションが聞こえましたが、こっこ達には強風の方がよっぽど怖かったようで、ビックリしたり気にしている様子はありませんでした。

2日間も強風
こっこ自身は、とても怖がっていたけれど、私もこっこのお世話に苦戦しましたよ。
まず小屋掃除ができません!
母屋小屋の開閉式屋根を開けると、強風に煽られて、私の頭を直撃しそうな勢いで暴れます(苦笑)。
重量20Kgくらいの屋根は、ハエ叩きのように私をきっと潰す筈です(笑)。
怖くて掃除が出来ませんでしたよ〜。

それから、こっこのご飯を風の当たらない場所に移さないと駄目です。
吹いた風は南西の風だったから、何時もの軒下に直撃する方角でした。
植え木の中へ移動させて、風がなるべく避けられる場所に置きました。
すると、お腹を空かしたこっこ達は、「お父さん、持って来てくれてありがとう!」と、足早に駆け寄ってきます。
それでも強風が威力を増す瞬間、周囲の電線や空が「ゴォォォ〜」っと唸るときは、食べるのを止めて、「何? 風?」と全員で顔を見合わせて固まっていました(苦笑)。

この強風は、土曜日にはずっと吹きました。
土曜日の夜にはいったん弱まった感じでしたが、日曜日の朝になると再び盛り返しました(苦笑)。
ようやく弱まったのは、日曜日の午後3時頃です。
私もやっと母屋小屋の屋根を開けてお掃除が出来ました。
既に日が傾いていたから、じっくりお日様で干せなかったけど、綺麗にしましたよ。
明日、月曜日には強風が収まってくれると良いな〜。

ぴよ太の足
バンブルフットを患った左足ですが、少し状態が変わってきました。
足裏の元々の患部は、殆ど塞がって完治状態です。
代わりに腫れて、コブになった足の甲は、相変わらずですが、先が黒くなってカサブタ化してきました。
良いことかどうか解りませんが、ポロっと取れて落ちそうな感じになってきました。
(日本昔話のコブ取り爺さんに出てくる”善い爺さん”のように、ポロっと取れるかも知れません)

本人は、痛いとか、歩き難いとは感じてないようで、普通に歩いたり走ったり出来ていますよ。
足の裏に穴が開いていた頃は、左足を上に挙げて、痛そうにしていました。
その頃に比べたら、両足とも踏ん張れるし、随分と良くなっているように思います。
2012年12月1日(土)&2日(日)
このところ、雨天続きですよ〜。 不思議な気候でした(笑)。
左上:4羽仲良くご飯を食べました。 少しずつだけど、ぴよ美もお姉ちゃん達と一緒に食べれるようになりました。
右上:羽換を終えて、新しい羽が一斉に出てきたぴよりん。
左下:ぴよ太やぴよ美の抜けた尾羽などを集めて、地面に刺してみました(笑)。 羽の墓〜。
右下:日曜日、恒例の納豆ヨーグルトをご馳走しましたよ。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

すっかり冬です!
土曜日深夜、屋外に設置してある温度計が1.3℃を示していました。
あと少しで氷点下でしたよ〜。
私は午前2時に寝たので、もしかしたらその後、最も気温の低くなる夜明け前(午前6時半頃?)にそうなっていたかも知れません。 氷は張っていませんでしたが、今季一番の冷え込みとなりました!

それから、気候が変です!
毎日、雨が降っています。。。
昼間には快晴でも、夕方や夜、にわか雨の様な感じでザザザッ〜っと降りました。
ほぼ一週間ずっと雨続きでしたよ〜。 洗濯物が大変でした(笑)。
冬季の雨続きというのは、ちょっとした異常気象じゃないかと思います。

ぴよりんの羽換
峠を越して、羽が生え始めましたよ〜。
今、ツンツンの状態で、新しい羽がストローにびっしり詰まった状態です(上の写真の通りですよ)。
ぴよりんは、その小さな羽の子達をクチバシで整えます。
半透明のストローを外して、中の羽の子達を整えます。
そのストローのカスが寝床やお気に入りの木蔭に沢山積っています。

だけど私がツンツンのストローを撫でて、外してあげようとすると嫌がります(苦笑)。
きっと他人にやられると、くすぐったかったり、痛かったり、痒かったりするのでしょうね〜。
だから、抱っこをするときはツンツンの場所を触らないようにしていますよ。

因みに未だ生え始めで、風切り羽も小さいままだから、上手に跳ぶことができません。
夕方に登る寝床も、もう暫くはぴよ太と同じく一段下の静養ケージです。

ぴよ太の尾羽
ほんの少し、ぴよ太も羽換をしました。
尾羽だけ限定の羽換です! ←日常生活に支障はありません。

古くて傷んだ長い尾羽が連日抜けて、換わりに黒々とした太い元気な尾羽が左写真のように生えましたよ〜。 未だ短い尾羽だから、若々しく見えます!
人間で言うと、30歳が20歳に見えるくらいに若返った感じです(笑)。
実際、2歳8ヵ月のぴよ太は、生後1歳くらいの若鳥のようです。

ぴよりんのも含まれるけれど、抜けた羽を集めて地面に刺して「羽の墓」を作ってみました(笑)。 アフリカのある場所に、死期を悟ったゾウ達が集まって出来た「ゾウの墓」をイメージしました(笑)。 悪戯心です(笑)。
そのうち家族から「気味が悪いから止めて〜」と言われるかも〜。
【写真:黒々と新しい尾羽が生えました。 若いでしょ?】

卵をお休み中
ちょっと前から、たぶん11月初旬から産卵が止まっています。
羽換中のぴよりん、少し前に終えたぴよこりんは体力的に無理だとしても、ぴよ美も卵を産んでいません。
寒さが原因でしょうかね〜。

エネルギーを消費する産卵を止めて、食べたご飯を厳冬に備えて皮下脂肪化させているのかも知れませんね。
羽換でフワフワの羽毛を生やす(厚着)に加えて、人間に例えると、ぽっちゃり系になって、寒さを緩和させようとする策なのでしょう。 それは良い事です!
ずっしりと体重を増やして、ズングリな体型に磨きを掛けて(笑)、冬を暖かく越して欲しいな〜と願っています。
2012年11月23日(金)〜25日(日)
今年最後の3連休! 初日は雨降り日和だったけど、後半は快晴でしたよ。
左上:前回土曜日と同じく、一日じゅう雨が降った金曜日。 シトシト降る雨を避けて、軒下でお食事中です。
    手前のぴよ美は、上下関係の厳しいお姉ちゃん達が食事を終えるのを待つつもりのよう。。。
右上:ご飯を早く食べたくて、ぴよ太に隠して貰ったぴよ美も加わって、全員でご飯を食べましたよ〜。
左下:軒下での雨宿りに飽きたコーチン一家は、倉庫に移動しました。 だけど退屈そうでした(苦笑)。
右下:「プチ羽換かな?」と思ったぴよりんは、1週間前から羽がドバっと抜けちゃいました。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

どんどん冷え込む季節です。 そして近所の銀杏やケヤキ、桜並木が紅葉して綺麗ですよ。
私の住む南関東では、未だモミジは紅葉してないものも多いけれど、3連休に街路樹の紅葉を撮影しにぶらりとカメラを片手に散歩をしました。

3連休の寒さは、そこそこでした。
ストーブを引っ張り出したし、コートを着るようにもなったし、気温も最低だと5℃くらいに下がっていると思います。
この調子であと1週間ほど経過して12月になると、”初氷”が張るかも知れませんね〜。
今のところ、寒さに耐性のある私は耐えられますが、その頃には通勤途中の自転車で手や顔や耳を痛くして、こっこのモフモフの羽毛が羨ましくなっているかもしれませんね〜(笑)。

木枯らし一号?
11月18日の日曜日は、木枯らし一号が吹いたそうです。
こーちんの庭では、風が異常に強いな〜とは感じませんでしたけれど、夕方のニュースでそう伝えていましたよ。
冬の直前だから、「北西風が普通に強いかな?」という程度でした。

Wikipediaによると、「木枯らし(こがらし)とは、日本の太平洋側地域において晩秋から初冬の間に吹く風速8m/s以上の北寄り(北から西北西)の風のことで、冬型の気圧配置になったことを示す現象である。」ということなので、もう11月下旬ということも重なって、季節は冬なのかも知れませんね〜。

我が家のこっこは、風が怖いです(苦笑)。
他所のこっこ達も同じかも知れないけれど、飛べなくてバランスを崩しやすいから、仕方がないのでしょう。
そして冬には、私の地域特有の強い北西風が吹きます。
コーチン一家は、この風をとても怖がります。
これからの季節、こっこ達は植え木の中で過ごす時間が増えそうです。

ぴよりんが本格羽換
やっぱり思いっ切り抜けちゃいました(笑)。
先々週には一旦収まって、プチ羽換だと思ったのだけど、今週月曜日(11/19)から再び始まりました。
再び抜け始めると、”プチ”では済まないようで、ドバッっと沢山の羽が庭に落ちていましたよ。

雄鶏くんとは違って、雌鶏さんは高確率で本格的な羽換になりますね〜。
今年、夏からの5ヶ月間にぴよ美、ぴよこりん、ぴよりんの3羽が順番に羽換になりました。
何れもが本格的で、大きなサイズの買い物袋を一杯にするほどの本格的な羽換でしたよ。

いま、ぴよりんは、未だ少しずつ羽が抜けていて、完全に収まっていません。
前回のぴよこりんが最も酷かった時、風切り羽が殆どなくて、高く飛べなかったように、ぴよりんは、いま羽がスカスカで跳べません。 数日前から、(羽換を終えてフサフサの羽の)ぴよこりんが夕方に登る玄関脇の棚へ登れずに、ぴよ太と同じ静養ケージの上に座って一緒に寝てますよ。
羽が無くなった前回のぴよこりんを温めてあげたように、ぴよ太はぴよりんを温めてます。

私が帰宅すると、大きなぴよ太に寄り添ってハゲハゲのぴよりんが仲良く寝ていますよ。
前回のぴよこりんも風切り羽が大きくなるまでの間、大よそ2週間ほどぴよ太と一緒に寝ていました。
ぴよりんも同じ様に暫く過ごすのかも知れませんね!

大根葉の季節
最近、夕方になると、こっこ達は父からご馳走を貰えます。
ご馳走とは大根葉のことで、現在、冬大根が沢山収穫できています。
私も好きで胡麻油で炒めて良く食べるのだけど、一度に4〜5本も持ち帰って来る大根を全て消費できる訳もなく、こっこにもおっそ分けされるんですよ〜。

我が家のこっこは、大根葉が大好きです!
今の季節だと、他には、同様に自家栽培している白菜や小松菜も好物です。
しかしながら、一番の好物は、大根葉ですよ。
葉の部分を全て食べるのは勿論のこと、茎も小さくちぎって食べます。

ずっと前、獣医さんに「人間や動物、こっこにも大根が胃に良く、不調の時には効く。」と教わった事があります。 Webで調べると「大根には消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれており、消化を促進し、胃酸を コントロールし、胃もたれや胸焼けを解消します。胃腸薬にも配合されています。 酵素は 加熱に弱いので、大根おろしにして食べるとよいです。」という事でした。
この成分は、葉っぱにも含まれていて同様に胃に良いそうです。

【写真:無農薬・有機自家栽培(こっこのウ○チも)の大根葉を食べてます。】

こっこ達は、冬季になって緑の少なくなった庭から葉物を食べられて満足です。
そして私は、こっこ達がお腹に良い野菜を食べてくれるから安心です!
快食・快便が一番ですからね〜。
2012年11月17日(土)&18日(日)
雨降りの土曜日、夜には豪雨になりました。。。 日曜日は快晴になったよ!
左上:ずっと雨が降り続けた土曜日、こっこ達は軒下で雨宿りをしていました。 ちょっと退屈そうだったよ〜。
右上:ご飯を全員で仲良く食べました。 雨降りだったからか、お姉ちゃん達はぴよ美に意地悪をしませんでした。
左下:居間の前で雨宿りをするぴよ太。 室内の人間を観察していました(笑)。 TVも観てましたよ。
右下:少し風が強いけど、快晴の日曜日。 木蔭でご飯を食べました。

晩秋の嵐
土曜日は、朝から雨が降る一日でしたよ。
我が家のこっこ達は、殆ど軒下で過ごしていました。

子供のころに私は、雨の日をとても退屈だと感じて過ごしていました。
そんな小学生の頃を思い出していたら、「この子達も同じかな?」と思えてきましたよ〜。
今ならば、色々と片付けるべき作業や、HP更新やら、関心を惹く分野の研鑽など、時間が足らないくらいに雨の日でも忙しい私ですが、子供の頃には遊びだけの世界でしたからね〜。 雨の日は、子供には本当に最悪でした(笑)。
きっとぴよ太やぴよ美、ぴよりん&ぴよこりんも私の小学生時代の感覚だと思います。

そして土曜日の雨は、夕方から天気予報通りに強まりました。
ダダダダッ〜っと、屋根を叩き付ける雨音が凄かったです。
夜に風も強まったこともあって、雨は軒下へも差し込み、避難させた餌箱へも入る勢いでした。
南風だったのか、気温は生温かく感じましたよ。
こっこ達は、ぐっすり眠った後だったから、怖がらずに済んで良かったです(笑)。

自慢の長い尾羽
11/14(水)だったと思うけど、ぴよ太の長い自慢の尾羽が無くなってました!
自慢の長い尾羽は、羽換でも落ちなくて、古いままボロボロで残っていました。
長さは、大よそ50cm。
ぴよ太が立っていても姿勢によっては地面に先っちょが着いちゃうくらいに長い尾羽です。

「この残ったお疲れ気味の尾羽は(笑)、何時か落ちるだろうな〜」と思っていた私でしたが、この日、スッキリしたぴよ太のお尻を見ることになりました。 直ぐに周りを見渡して抜け落ちた長い羽を探してみたけれど、見付かりません。
あれから数日間、私は庭掃除の度に探していますが、長い尾羽を見付けることができません。
もし見付けたら、ちょっと変な趣味だけど、庭の片隅の地面に刺しておこうと思います(笑)。
実は、既に何本かの尾羽と風切り羽が刺してあって、(私の中では)羽の墓になってます(笑)。
一本イタズラ心で刺してしまうと、次からまた並べて刺したくなってしまうんですよね〜。

裏門
我が家の子達、最近良く裏門に遊びに行きますよ。
裏門の脇には氏神様があって、隣に大きな芙蓉の木があります。
樹高4mほどの生い茂った芙蓉は、真夏には日陰になって、ヒンヤリと気持ち良い避暑地です。

裏門は、殆ど開かずの門です。
庭から伐採した枝や草をトラックで積む場合や、近くの私の部屋へ大きな荷物を運び入れる時にだけ、開門します。
ずっと昔、8年ほど前に生後2ヶ月くらいの長男コーチンが、スルリと抜けて、裏道をキョロキョロ歩きながらご近所の空地へ遊びに出た門でもあります。 当時の幼い長男は、門の内側で待つお母さんコーチンを心配させながら、30分くらい毎日お散歩に外出していました(苦笑)。
この親不孝な長男コーチンの件によって(笑)、現在では、私によって金網で封印されています。

ここ数週間、良くこの場所へ現役のこっこ達が遊びに来ます。
私の部屋からも見えるこの場所で、砂利をカキカキする音や、ぴよ太の雄叫び、羽ばたく音やこっこ同士の話し声が聞こえてきますよ〜。 おもての大通りと違って、目の前の裏通りには車が殆ど通りません。
ご近所さんやお散歩中の人は、我が家のこっこを脇に見ながら通りすがって行きますよ。
(先週の週末日記の写真は、私の部屋から撮った裏門付近で遊ぶこっこ達です)
2012年11月10日(土)&11日(日)
晴れた良い日が続いてます。 そして気が付くと、ニワトリヌカ蚊が居なくなっていました!
左上:庭の自然食料が無くなって、配合飼料が美味しく感じる季節〜。 沢山食べてますよ!
右上:ふっくらぴよ美のお散歩。 梅の下を散策してます。
左下:私の部屋から、窓ガラス越しにぴよ太達が見えました。 此処は裏門です。
右下:ぴよ太の顔。 涼しくなって、ニワトリヌカ蚊に刺されることも無くなったから、鶏冠も綺麗ですよ〜。

姪っ子にナデナデされる。
近所に住む3歳の姪っ子がいます。
年を越すと4歳になる姪っ子は、ママ(私の妹)と同じで、ぴよ太が怖いです(苦笑)。
理由は、ママから聞く”雄鶏の怖い話”だと思うのだけど、確かに心当たりがありますよ。

妹は、亡き父コーチンに良く追い掛けられていました(苦笑)。
父コーチンは、妹のみならず、髪の長い女性を見ると追い掛ける変な癖がありました。
困った癖なのだけど、(特に染めた茶髪とかの)髪の毛が敵の雄鶏に見えちゃうのかも知れません。。。
まあ、血の気の多い若い頃、2歳くらいまでの事だけどもね〜。

父コーチンが1歳くらいの頃、檻を脱走して我が家に侵入した土佐犬に背中をガブリとやられて、瀕死の重傷を負った事がありました。 その時、私が不在の昼間に、「可愛そう」と妹が看病を毎日してくれたのです。
ご飯を用意して貰ったり、水を換えて貰ったり、ウ○チを拭いて貰ったりしましたよ。
父コーチンは、この時ばかりは大人しく、良い子にしていたそうです。
看病してくれる妹に向かって、ときどき可愛く話し掛けてもいたようです。

しかし背中の怪我が癒えて、歩けるようになったら、またガブリとやっちゃいました(苦笑)。
きっと妹はこの事を根に持っているのでしょうね(笑)。
かれこれ8年か9年前の出来事だけど、この理由で、きっと妹(ママ)は雄鶏が苦手です。

この話を聞かされた姪っ子も、「小さいぴよが可愛い!」と話します。
「小さいぴよ=雌鶏さん」なのだけど、ぴよ太は「怖い、大きなぴよ」ということかも知れません。

土曜日、何時もの週末と同じく、私はぴよ太を抱いてベンチに座ってました。
互いに何を言っているのか解らないのだけど(笑)、話し掛けると、返事をします。
「ぴよ太〜、今日は暖かいね。 今日、何か虫を見付けた?」と話すと、「ホッ ホッ ホッ、ホゥ〜」と返事をします。

姪っ子を居間に見付けたので、呼びました。
「尻尾を触ってみる?」と聞くと、「長い尻尾だ〜。こんなに長い!」と、姪っ子は羽換で抜け残った少しヨレヨレの長い尾羽を優しく触ってみました。 そのあと、ぴよ太は姪っ子に背中や首の周り、鶏冠もナデナデして貰いましたよ。
ナデナデして貰っている間、ぴよ太は遠くを見て「ホッホッホッホッ〜」と言っていました。
姪っ子も「ぴよ太は、ふわふわだね!」「ぴよ太、足痛い? 血出た?」と話し掛けていましたよ。

ところで、妹の話だと、園児の間で”怪我ネタ”が流行っているそうで、異様に怪我や血に反応するそうです(笑)。
ささくれのような小さい出血でも「い゛・だ・い゛〜」と、のたうち回るようです。
幼稚園では、少しでも怪我をして出血をすると、他の子が「血が出た?」と集まって来て、人だかりになるとのこと。
(出血している園児本人は、のたうち回るそうで、幼稚園の先生も大変です/苦笑)
だから、我が家でも姪っ子が少々血が出ていても、”血”という言葉は禁句になってます(笑)。

ぴよ太の足は、バンブルフットの後遺症によって、コブが膨らみ、先っちょが赤黒く変色してます(出血はありません)。
姪っ子なりに、「痛そう」と思ったのかも知れませんね。
ぴよ太本人は、走ったり跳ねたり普通に遊んでいますから、コブの違和感を感じながらも痛くはないと思います。

そんな感じの、ちょっとした触れ合いがありました。
姪っ子は雌鶏さんもナデナデしたいようで、私に「小さいぴよもナデナデする〜」と言いますが、昼間の雌鶏さんは激しく逃げ回るから(笑)、抱っこするのも難易度が高いです。
抱っこができても、きっと足でカキカキして抵抗しちゃうから、腕を引っ掻かれちゃうかも。。。
雄鶏ぴよ太よりも全然危険だと思います(笑)。

ニワトリヌカ蚊
いつの間にか居なくなりましたよ!
11月中旬の現在、人間を刺す藪蚊は、ときどき未だ見掛けます。
藪蚊は今にも落ちそうに、フラフラと弱く飛んでたりしますけれど、こっこを標的にするニワトリヌカ蚊の姿はありません。

思い返すと、この小さな蚊は、7月頃に現れ始めて、9月か10月頃に見掛けたのが最後でした。
こっこ達が寝ている周りをフワフワと低速で飛び回ります。
パチンと簡単に潰せて、藪蚊と比べると半分かそれ以下の小さなニワトリヌカ蚊は、とてもひ弱に見えましたよ。
殺虫剤には弱く、飛翔力も弱いからかも知れないけれど、簡単に一網打尽に殺虫出来ました。
ハエ・蚊用の殺虫スプレーを付近に散布すると、翌朝には息絶えたニワトリヌカ蚊が何匹も落ちています。

因みにこのニワトリヌカ蚊は、雄鶏が好きなのでしょうか?
雌鶏さんの鶏冠や顔には、痒くて引っ掻いた跡が余り無かったけれど、ぴよ太には沢山ありましたよ(苦笑)。
私の目の前でも、ぴよ太は良く頭をカキカキしてました。
夏の期間、ぴよ太の頭は、傷だらけ、カサブタだらけです。。。
それが、今は全くありません。
あらためて、「ニワトリヌカ蚊に刺されていたんだな」と解ったと同時に、「居なくなって良かった〜」と思いましたよ。
これからの季節、こっこ達は安眠できます!
2012年11月3日(土)&4日(日)
最低気温が10℃を下回って、本格的な寒さの予感がします。
左上:裏門のまわりで遊ぶぴよ太、ぴよりん、ぴよこりん。 美味しそうな物が見付かったかな?
右上:ぴよりんとぴよこりんは、仲良く虫探しをしました。 でもね、美味しい虫は、季節的に難易度が高いぞ〜。
左中:日曜日、ぽかぽかの日差しを浴びて、日向ぼっこ中のぴよりん。 首の周りは、プチ羽換中ですよ〜。
右中:ぴよ太の尾羽。 羽換後の新しい綺麗な羽と、抜け残った古い羽。
左下:日曜日のご馳走は、納豆ヨーグルトです。 一番先に駆け付けたのは、ぴよ美でした!
右下:意地悪をするお姉ちゃん達の後に食事をするぴよ美。 ぴよ美も後輩が入ったら、やっちゃうんだろうな〜。

ぴよりんもプチ羽換
ぴよりんの首が禿げてました。
どうやら羽換のようですね〜。
首の周り以外は抜けてないので、今のところ”プチ羽換”の状態だと思います。

ぴよ美、ぴよこりん、ぴよ太の順番で羽換が回って来て、ぴよりんの番になりました!
軽度、重度の違いがあるけれど、夏から秋に掛けて、全員が経験した事になります。
病気じゃなくて、爬虫類でいう”脱皮”みたいな生理現象だから、重度というのも変だけど(笑)、全員が無事に済みました。

現在羽換をしているぴよりんは、先のぴよこりんのように酷い羽換ではありません。
だから食事も運動もまったくの普通です。
元気に他の子達と一緒に、遊んだり食べたりしていますよ。
どの程度の羽換になるか解らないけれど、寒い冬の前に綺麗になってフワフワな羽毛になると良いね! ぴよりん!

庭の味覚・欠乏
我が家は、こっこ達が自由にお散歩しながらご馳走を探して食べてます。
「放し飼い」スタイルです。
春、夏、秋には、食べられる草や昆虫達、木の実などを拾ったり捕まえたりして食べてますよ。
昆虫だと、ミミズやバッタ、コオロギ、カナブン、色々な幼虫などを食べます。
真夏には、連続のカナブンの踊り食いが凄かったりします(笑)。
きっと丸飲みするくらいに、黒くて硬く、こっこの口には少し大きく見えるカナブンは、美味しいのでしょうね〜(笑)。

つい先日までは、ブドウの棚に熟れた実が残っていました。
自然に落ちたり、風で落ちたり、こっこ達はその落ちた実を楽しみにしていましたよ。
下記にも書いた野鳥達もそんな我が家の”ご馳走”を狙って集まってきます。
彼ら野鳥達にとって、自然の恵みの少ない冬には、こっこのご飯(配合飼料)もご馳走ですからね〜。

そして季節は11月となり、すっかり冷え込む日も多くなりました。
芝生の緑も少しずつ減って、食用の雑草も食べ尽くし、ブドウも昆虫も殆ど見付けられません。
単調な食事になるから、こっこ達には残念な季節だと思います。
彼らは、仕方なく配合飼料を食べるのか、その証拠に消費量が増えましたよ。
暫くの間、春になるまで我慢して貰うしかありませんね。。。
週末にご馳走をするから、じっくり味わって食べるんだぞ〜。

野鳥達
やっぱり来ましたよ(笑)。
先日からムクドリが何羽か来るようになりました。
庭の木にとまって「ギャーギャー」と時折鳴いていて、我が家の子達も「ギュェ〜」って鳴き返してます(笑)。
我が家の子達、特にぴよ太が「ギュェ〜」といいますが、雌鶏達に「よそ者が来たぞ!」と”警報”を出しているか、相手に「ここは僕の家だから、あっちに行け!」みたいに”警告”している感じなのでしょうね。

ちなみに、いまのところ、一番厄介なスズメ軍団は、我が家には来てません。
しかし時間の問題で、ムクドリに続き近日中にご飯を盗みに来ることでしょう。。。
ムクドリは警戒心が強く、人の気配やこっこを恐れて餌箱へ余り近付かないのだけど、スズメは堂々と盗み食うのがイケマセンよ(笑)。 「スズメよ来るな〜」と祈る毎日です(笑)。


番外編【神谷バー&浅草10/24】
名古屋コーチン一家の週末日記
(デンキブランと、チェイサーの生ビール)
名古屋コーチン一家の週末日記
(神谷バーは、レトロな雰囲気がGoodでした!)
名古屋コーチン一家の週末日記
(23時頃の浅草寺、外国人観光客が居ましたよ)
少し前のことですが、浅草に行って来ましたよ(10/24)。
会社帰りに遠回りだけど、寄り道をしました。

お目当ては、日本で一番古くに創業した”神谷バー”です。
1880年に開業、有形文化財指定もされている現在の建物は、1921年(大正10年)に建築されました。
「大衆居酒屋的な雰囲気」と事前に知っていて、浅草観光でも有名なこのバーに是非行ってみたかったのです。

最寄駅は、東京メトロ・銀座線と都営地下鉄・浅草線、東武本線・伊勢崎線の浅草駅で、お店の直ぐ前にあります。
しかしながら、これら地下鉄に乗り慣れてない私は、JR浅草橋から1.5Kmほど歩いて、やっと辿り着きました(笑)。
道中、大きなスカイツリーを眺めながら、ツリーの撮影を楽しむ他の観光客の何組かと遭遇しました。
当然ながら、私も通勤鞄からPentax一眼レフを取り出してパシャッっと撮りましたよ(笑)。

店内は、レトロな外観と同じで、昭和を感じさせる雰囲気でした。
女性店員さんの服装や髪型がまたレトロです。
お客さんの半分もレトロです(笑)。
年代的に60代、70代だから、それだけでレトロだけれど(笑)、雰囲気がレトロでしたよ。
普通の居酒屋で飲む同年代の方と比べて、昭和初期のジェントルマン的な雰囲気で、パナマハツトと呼ばれる帽子を被った紳士もいました。 胸ポケットから懐中時計などを出しそうな感じのお客さん達です。

店内は、最も古い老舗Barだから、堅苦しい?かとも思ったけれど、庶民的な感じでした。
お値段は、お奨めのカニコロッケ、そして海老フライ盛り合わせ、マグロ刺身、チーズ盛り合わせなどと、中ジョッキ生ビール(2杯)やお目当ての”デンキブラン(40度)”を飲んで、一人当たり\4,000-ほどでした。
3時間ほど飲んで、お腹もいっぱいになって、お財布にも優しいお値段だと思います!
席は、昔からの慣習で相席でした。
お客さんが順番に好きなテーブルへ「ちょっと失礼!」と座るスタイルでしたよ。
(Webで調べると、この相席スタイルが楽しいとの記載を沢山見掛けます)

デンキブランは、やっぱり強烈でした(笑)。
自宅でも”オールルド(アルコール40度)”タイプのデンキブランを飲みますが、直ぐに酔います(笑)。
お店で飲んでも、グラス一杯だけで、酔いが結構回りますね〜。
神谷バーの昔から伝統の飲み方があって、生ビールと交互にデンキブランを飲みます。
つまり、ビールをチェイサーにして飲みます。
これをやってみました(笑)。
他テーブルのお客さんもこの飲み方でしたよ。

帰りは、静まり返った夜の浅草寺に寄って写真を撮って帰りました。
帰宅は、終電の1本前の電車になってしまって(笑)、自宅には0時を過ぎた時間に着きました。
この日の遠回りな寄り道は、とても良い想い出になりました!
また何時の日か、寄ろうと思います。

P.S.
一つ残念で、後悔は、「神谷バー外観撮影を忘れたこと」です(笑)。
帰りにライトアップされた、レトロで洋館風の神谷バーを撮ろうと思っていたのだけど、デンキブランに脳が痺れたのか、忘れて1枚も撮らずに帰って来てしまいました(苦笑)。 「次はちゃんと撮って帰るぞ〜」と胸に刻んだ夜でした!
2012年10月27日(土)&28日(日)
朝晩が冷える季節になりました。 強い風の日は、こっこの天然羽毛が効果絶大!
左上:ぴよ太とぴよりんのお散歩風景。 ぴよ太がぴよりんを待っているようでした。
右上:ぴよりんは、上空に何かを見付けたみたい。 鳥かな?
左下:ぴよ美とお散歩デート中のぴよ太。 ぴよ美は羽がフサフサですよ〜。
右下:ぴよ美は、何かを見付けたようです。 「何かな? 食べられるかな?」と少し悩んでます。


冷え込む季節
人間には「寒い」と思わせる季節だけど、こっこ達には丁度良さそうですよ。
その証拠に、ご飯を沢山食べるようになりました。
配合飼料のカス(粉)を残して、穀物の粒を殆ど食べ切ってます。
庭に落ちてるウ○チも増えました(笑)。
つまり、快食快便ですよ〜。

それに、全員の羽が生え揃って、とてもフサフサです。
ご飯を沢山食べて、冬に向けて皮下脂肪を増やしていることもあるだろうけれど、羽の量も増えているから、一回り大きく見えて、まん丸です。 雄鶏のぴよ太は、少し脂肪が増えても元が筋肉質だからゴツゴツしちゃっているけど(笑)、雌鶏さん達は、本当にまん丸ですよ〜。

因みに私の服装は、オフでも上着を着るようになりました。
ジャケットや薄いジャンバーを夕方や朝に着ますよ。
11月下旬になると厚手のジャンバーやコート、それに手袋が必要になりそうですね。
その頃には、寒さに負けないように、もっとモリモリとご飯を食るこっこ達の姿があるかも知れませんね。

猫一家の引っ越し
私も含めて、家人が「子猫達は元気かな?」と頻繁に覗き込むのが居心地が悪かったのか、今週に引っ越してしまったようです。 子猫達もそこそこ大きかったし、人に懐いた親子ではないから、見られたり干渉されるのが苦痛だったのかも知れませんね。 現在、こっこの産箱と野菜栽培に使う藁の置き場は、もぬけの空になっていますよ。

母と3匹の子猫達が暮らした藁置き場は、壁におしっこの乾いた跡が複数残ってます(苦笑)。
マーキングなのか、子猫が我慢できずにしちゃったのか。。。
悪臭は余りしないから、子供達のだと思います。

4匹の親子の”その後”だけど、裏道で親子を見掛ける事があるから、周辺に寝床を移したのかも知れませんね。

健康診断
2週間ほど前に受けた健康診断結果が届きました。
驚いた事に、私の身長が1cm伸びてた〜。
因みに過去、身長が一年間でそれ程伸びていた最後の時期は、高校生の時です。
よく言う”成長期”で、大よそ四半世紀前の事でした。

身長測定は、誤差や一日を通しての身長の微妙な変化(朝は高くて、夜に自重で少し縮むと言われますよね)によって、
2〜3mmならば、測る度に高くなったり低くなったりした事がありました。 しかし1cmの変化には、ビックリです(笑)。
歳を経て、縮む方向だったら十分に有り得ますけれど(苦笑)、伸びることは、滅多にないと思います。

私の大好きな懸垂によって、背骨や骨格が矯正された結果として、身長が伸びたのか?
(Web出調べると)筋トレによって成長ホルモンが出て、身長が伸びるそうだけど、本当にそうなのか?
来年にどうなるかが楽しみです(笑)。
もし来年以降も伸び続けるのであれば、姿勢が良くなったこと以外に、本当に身長が伸びているのでしょう。
それは、余り考え難いけれどもね〜(笑)。

そしてメタボ測定とも呼ぶべき、お腹周りの結果は、、、駄目でした(苦笑)。
前日の夜、自宅で測定した時には83cmだったのに、病院で測った時には85cm丁度になってしまいました。
また来年の健診に向けて頑張ろうと思います。

他の血液検査などの項目は、全て健康そのものでしたよ。
適度な運動をしている事で、赤血球が多かったです。
これは良い事ですね!


番外編【秋葉原巡回】
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原ジャンク街にも焼き芋屋が来た)
名古屋コーチン一家の週末日記
(ヨドバシ脇の連絡通路で、Pentaxデモ開催)
名古屋コーチン一家の週末日記
(夜、和民で鍋を囲って飲みました)
今回は珍しく、購入品はゼロです。
電車賃と飲み代だけ、おおよそ\4,000-の出費でした。
秋葉原を散歩して、帰りに飲んで帰って来た感じですね(笑)。

アキバの街もすっかり秋になっていて、ジャンク街に焼き芋屋さんの軽トラックがありましたよ。
狭い路地裏を低速で走る焼き芋屋さんは、通行人から相当に邪魔扱いされてました(笑)。
PCパーツ屋さんやJunk屋さんが軒先に広げる商品も道路を狭くしているから、一概に焼き芋屋が原因じゃないのだけどね〜。 因みにアキバのお客さんは、焼き芋を余り買っていませんでした。
どうやら、スター・ケバブの方が良いらしく、ホカホカのケバブが沢山売れてましたよ。

夜は、友人と待ち合わせをして、秋葉原の和民へ行きました。
唐辛子の入った熱い鍋が美味しかったです!
2012年10月20日(土)&21日(日)
今週末の写真は、ぴよりんが主役だよ〜。
左上:仲良く、みんなでお食事中。 日差しが強い日曜日、木蔭で食べました。
右上:ぴよりんは、庭に落ちたぶどう(ナイアガラ)を食べてましたよ。 熟して、ワインっぽくなっているかも(笑)。
左中:夕方、お散歩中のぴよりん。
右中:ぴよりんが産箱にやってくると、先客の卵がありました。 「あら、誰のかしら?」と覗き込むぴよりん。
左下:「誰も暖めてないの? 冷めちゃうじゃない!」と、上手に転卵して、暖める事を決めたぴよりん。
右下:「よいしょ! これで落ち着いたわ〜。」と、先客の卵に加えて、自分も産み始めました。
しかしぴよりんは、卵を産み終えると、そそくさとお散歩へ行ってしまいました。

子猫が3匹
なんとビックリ!
納屋の藁置き場から、子猫たちが「みゃーみゃー」と言いながら顔を出してました。
そして、近付いた私と目が合うと、一目散に逃げ出します。
母猫と思われる大きな猫も納屋から飛び出し、子猫たちの後に続いて走って行きました。

子猫たちは3匹です。
生後半年未満と思われる、コロコロした可愛い子達でした。
やんちゃな盛りの子達は、既に走りが達者で、速く走れてましたよ。

子供達は母猫とそっくりの色と柄です。
そして、何処かで見た柄でした(笑)。
私は、後から出て来た母猫を見た時に、ハッキリと確信しましたよ。

母猫は、前の冬に我が家に住み着いて、こっこ達のご飯を盗み食いしていたノラ猫ちゃんでした。
その時、私は「猫って、こんな(パサパサの)ニワトリの配合飼料も食べるのかな?」と思いながら、何度か追い払っていました。 灰色のシマ模様のふっくらしたノラ猫ちゃんが、冬の餌泥棒でした。
あの時、お腹に子猫ちゃん達がいて、空腹に耐えられなくて、こっこのご飯を食べていたのかも知れませんね。

そのような過去があったからか、子供達に「あの人は、追い掛けてくるから見たら逃げなきゃ駄目だよ!」と教えていたのでしょう。 子猫たちは、私を見ると一目散に逃げ出します(苦笑)。

我が家の子達の前を、子猫や母猫が通り過ぎる事もあります。
しかし互いにノーリアクション(無反応)ですよ。
猫達が私に驚いて走って逃げる時、こっこ達は「何? どうしたの?」と、ちょっと驚いた様子も見せますが、普通の生活では互いに干渉しないようです。
母猫は、(お腹に子達がいたのかもしれない)正月頃と比べて痩せた感じで、大きさは我が家の雌鶏さんと同じくらいです。
子猫は、チャボくらいの大きさでしょうか?
住み着いた藁置き場の中から、小さな顔を幾つも出して私を見てますよ。
母猫からきつく言われているのか、私の行動には興味津々のようだけど、決して藁から出て近寄って来ません(笑)。

因みに、こっこのご飯を盗み食う悪さは、春ころからしてません。
だから私は、てっきり我が家から旅立ったのかな〜と思っていたのだけど、ちゃんと住んでいたようです(笑)。
子供が産まれて、離乳食になって、母猫は「こっこのご飯でも良いから、子供達の為に何でも食べなくちゃ!」という状態を脱したのでしょう。 しかしながら、相変わらずゴミ袋を破って散らかされていた事があるから、代わりに生ゴミを食べていたのだと思いますよ(苦笑)。 困ったものです。。。

ぴよ太の羽
後頭部が禿げてます!
しかし少し前から始まった羽換は、他に尾羽と風切り羽が少し抜けただけで、もう抜けてませんよ。 一番抜けたのが後頭部から首の後ろに掛けての部分で、羽の量が結構減って、角度を変えて見るとハゲが出来ちゃってます(笑)。

先週の日記に書いた「因みに私は、過去の雄鶏君の強烈な羽換を記憶してません。」ですが、今回も軽微な羽換で終わりました。 全員ではないけれど、全身がハゲになる事もある雌鶏さんと雄鶏君とでは、羽換のメカニズムが違うようです。
一気に抜ける必要性がないのか、或いは一気に抜けるとマズイ事になるのか?
何れにしても、雌鶏さんとは体質が違うのでしょうね。

ペットとしての歴史の長い犬・猫については、色々な文献や参考資料があります。
きっと、毛が生え換わるタイミングや抜ける量、性別や血統によっての違いが記された資料もあるのだと思います。
しかしながら、こっこは文献自体が少ないから情報も余りありませんね〜。
命に関わる事ではないから、深刻じゃあないけれど、こっこの色々な情報がメジャーになると良いですね!

ぴよ太の左足
どうやら落ち着いてきたようです。
相変わらずコブは大きいままで、引っ込む気配はありませんけれど、悪い方向には進行してません。
足の裏のバンブルフットは、傷口も小さくなって、腫れも萎んでますよ。 裏の腫れが小さくなった分だけ、足の甲が腫れちゃってる感じもしますが(苦笑)、歩く時に痛みが無い分だけ全然良いです。

実はコブが腫れ始めた頃、コブが熱を持ってました。
きっと膿んでいて、炎症によって熱を出しちゃっていたのでしょうね。。。
現在、コブは特に熱を持った感じではなくて、(素人の見た目ですが)落ち着いた感じがします。
火山で言うと”休火山”のような感じかも知れません。
何時活火山になるか解らないけれど、その時が来たら、直ぐに病院へ連れて行こうと思っていますよ。
(ずっと休火山でいて欲しいと、願っていますけれどもね)

今年最後のダニ対策
先週に続いての話題ですが、今年のダニ対策を今回で終わりにします。
ダニが繁殖する季節を過ぎた事による、終息宣言です!

最後の対策は、母屋小屋の床や壁面と、産箱の洗剤を使っての入念な水洗いです。 洗剤は、昆虫の気門(腹部にある、その他動物の肺に相当する器官)に入り込み、呼吸を停止させます。 つまり、殺虫することになるんですよ。
この方法をGW前後から続けてきたので、絶滅寸前まで追い込めている筈です。

来年再開するかも知れないけど、今年は仕事収めです。
【写真:食器洗剤を使って入念にゴシゴシしました。】
2012年10月13日(土)&14日(日)
秋の天気は変わりやすいね〜。 日曜日は、予想外の雨降りでした。
左上:熟した庭のぶどうは、風が吹くと自然に落ちますよ。 ぴよ太が美味しそうに食べてる写真です。
右上:ぴよ美もぶどうを食べようとしていました。 ぶどうは、”ナイアガラ”という白ワイン用の品種ですよ。
左下:小雨が舞った日曜日、ときどき軒下へ集まって雨宿りをしていました。
右下:ぴよ太とぴよりんがお食事中です。

土日の両日ともに、冷えた休日でした。
朝晩の気温は、15℃近くまで下がっていたと思います。 私の自宅での服装は、一週間程前から長袖&長ズボンになっていて、日曜日に半ズボンを全て押入れの奥へと片付けました。

日曜日は、寒さに加えて雨降りの一日でしたよ。
雨と言っても小雨だったので、こっこ達は外で遊びつつ、ときどき軒下で雨宿りをしていました。 前日土曜日の天気予報は、日曜日を「晴れ」と予想していたから、「秋の天気は予想し難いのだろうな〜。」とあらためて感じました。

ぴよ太が羽換?
ぴよ太の尾羽が土日に抜けてました。
夏にも少し抜けていて、暫く抜けるのが止まっていたのですが、再び抜け始めたようです。
「羽換かな?」と思いつつ、様子を見ているところですよ〜。

羽毛も抜けていて、日曜日に納豆ヨーグルトをご馳走した後、クチバシに羽毛をくっ付けてました。
ヨーグルトを口の周りにくっ付けたまま、そのクチバシでカキカキしちゃったのだと思います(笑)。
乾いたヨーグルトが糊の役割を果たして、羽毛がカピカピにくっ付いちゃっていました〜。
取ってあげようと私が手をクチバシに近づけると、「何するんだよ〜」と嫌がるのだけど(笑)、ササッっと素早く取ってあげましたよ。 まるで子供みたいでした!

抜けかけてる羽毛は、どうやら足のふとももの辺りです。
フサフサしていて、モンペのように見える部分です。
ナデナデしたり、抱っこをして手が触れると、抜けた羽毛が2〜3枚くっ付いてきましたよ〜。
本格的な羽換の気配もしますが、今までぴよ太は、禿げる程の羽換を経験してません。
もしぴよこりん並の羽換にこのまま進んだら、初めてのことになりますよ。

因みに私は、過去の雄鶏君の強烈な羽換を記憶してません。
雄鶏君は、雌鶏ちゃんに比べて羽換が少ないのかも知れないし、たまたま過去の子がそうだっただけかも知れません。
ぴよ太のこれからの様子を観察すると、もしかしたら、答えが出るのかも知れませんね(笑)。

ぴよこりんが跳べた
ぴよこりんは、羽が沢山生えてきて、跳べるようになりました。
羽換の最中、3週間ほど、ぴよ太の(一時的な)寝床の静養ケージ天板に一緒に登って寝てましたが、今週になると天板から更に高い棚の上に飛び乗れるようになりました。 自慢の飛翔力が戻ったようです。
私が帰宅すると、仲良しのぴよりんと一緒に棚の上で寝ていますよ!
ぴよ太は「もう一緒に寝ないの?」と寂しそうに見えなくもないですが、ぴよこりんが元通りのジャンプ力(飛翔力)に戻れて良かったです。

ダニの季節も終わった!
今年の夏は、昨年の”ダニ大発生”の教訓から、入念にダニ駆除&増殖防止対策を行いました。
その結果、大発生を防ぐことが出来ましたよ!
大発生どころか、普通の発生も防げたことで、次のダニ繁殖時期(2013年5月頃〜)にも有利になるんじゃないかな〜と、期待をしています。 今年の5月にワクモの小発生を一度だけ許してしまったけれど、それ以降は皆無です。

以前、私が調べた”ワクモダニの生態”に「寿命は約3ヶ月、しかし空の鶏舎で吸血せずに9ヶ月間生き延びるものも居る。」、「夏季では、卵期2〜3日、幼虫期1〜2日、若虫期3〜5日で、卵から成虫まで5〜9日間である。」というものがありました。 最もダニに好都合な夏季、駆除し切れずに生き残った卵は、5〜9日後に成虫になって、再び産卵をするようになります。 そしてひっそりと死滅を免れて、成虫のまま、吸血せずに生き残れる期間が9ヶ月です。
つまり、9ヶ月間、発生ゼロに抑えることができれば、”根絶”できるかも知れません!

5月の小発生から5ヶ月間が経ちました。
あと4ヶ月間、ワクモダニ発生を抑えることが出来れば良いのでしょうね。 そして嬉しい事に、これからの4ヶ月は、ワクモダニにとって生息に不利な冬季です。 私やこっこ側からすると、とても有利な季節の到来です!

ワクモダニの他に、こっこのお尻に住み着く”トリサシダニ”の発生も皆無でしたよ!
5月の連休の頃、ダニ・ノミ駆除忌避剤ノックレンを予防的に噴霧して以降、どの子も発生してませんよ。
ときどき私が行うお尻チェックを嫌がって、お尻にカピカピのウ○チをくっ付けちゃっている子も居るけれど(笑)、幸いなことにお尻を痒くするトリサシダニは皆無です。 思い返すと、かれこれ1年以上、発生してないと思います。


番外編【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原駅構内に出現したヒートテック売り場)
名古屋コーチン一家の週末日記
(今回の入手品、USBケーブルが大漁だった)
名古屋コーチン一家の週末日記
(こちらも入手品、安価な鞄を入手/笑)
最近では珍しく、期間を開けてしまってのアキバ巡回となりました。
4週間ぶりだったので、小物を中心に沢山購入する結果となりましたよ(笑)。

土曜日(10/13)の昼間は、半袖Tシャツ姿で丁度良いくらいの温かい日でした。
しかし天気予報を見ると「昼間は25℃を超えても、夕方から夜に掛けて15℃まで低下します。」と言っていたので、リュックに長袖シャツを入れて出掛けました。 夜になると天気予報通りに冷え込みました。
速足で歩きまわっていた19時頃、まだ私は半袖Tシャツでした。
しかし既に気温が20℃を下回っていて、涼しい風を受けて気持ち良かったですよ!
22:30頃、御茶ノ水の居酒屋から外へ出ると、流石に寒くなって、リュックに詰めた長袖を着ました。

そうそう、ここ2週間くらいですっかりと冷え込んだからか、JR秋葉原駅構内にユニクロの臨時店舗が出来てました。
ヒートテック専門の売り場になっていて、立ち止まって商品を見る人、手に取って購入する人が沢山居ましたよ。
寒がりな人は、そろそろ秋や冬の服装が気になる時期なのでしょう。


◎購入品
・ICカードリーダー \480-
・小型USBキーボード \1,280-
・マイクロUSB→普通のUSBを4口にするハブ \980-
・B5サイズノートPC用バッグ(黒・カーキ色) 1つずつ合計2つ \1,360-
・ノートPC用 旧式メモリ256MB ジャンク品 9枚 \900-
・標準USBケーブル1.8m 10本 ジャンク品 \100-
・タブレット&スマートフォン落下防止ストラップ \1,280-
・グラフィックボード 「SAPPHIRE HD7750 1G GDDR5 PCI-E」 \8,480-
合計\14,860-

■小型USBキーボード、マイクロUSBのハブ
タブレット端末用に購入しました。
東芝”REGZA Tablet AT570”は、ワンセグチューナーが利用出来たから、他のUSB機器も使えるだろうと考えての入手でした。 翌日の日曜日、早速試したところ、マイクロUSBハブを介して接続した小型キーボードを利用出来ましたよ!
落ち着いて作業の出来る環境(机や飲食店のテーブル)では、この組み合わせで文字入力することで、タブレット端末運用の効率が向上する筈です。
しかしながら、もう一台の端末”Acer ICONIA TAB A100”は、残念ながら利用出来ませんでした。 無念!

■タブレット落下防止ストラップ
今回のアキバ巡回の目的の1つは、これでした。
良く読む本を電子データ化(PDF)して、順次タブレット端末に移してます。
300ページの単行本が、大よそ10MB程度に収まるから、とても携帯に優れますよ〜。
例えば16GBのマイクロSDカードならば、1,600冊も持ち歩くことが出来ます。
大変便利でカバンの中がスッキリする半面、電車に揺られて読んでいる最中に眠ってしまうアクシデントにも見舞われそうです(笑)。 紙の書籍の場合、電車の床に落としても少し汚れたりページが折れたりする程度ですが、タブレット端末だと、液晶画面が割れて使い物にならなくなる事も考えられます。
そこで腕にくくりつけて、落下を防止するストラップを探してました。

このストラップをタブレット端末に装着して座布団の上で実験したところ、何とか大丈夫そうでした。
一番重要なことは、私が書籍を読みながら眠り込まない事なのでしょうけれどもね(苦笑)。

■ICカードリーダー
税務署の電子確定申告(e-Tax)に使えるそうです。
\480-を払って自宅で申請出来るならば嬉しいですよね!

■グラフィックボード
これを入手する事も、今回のアキバ巡回の目的でした。
しかしながら、購入した後に私の思い違いだというのが解って、無駄遣いだった可能性も。。。(笑)

実は、このところ半年前に製作したメインPCが不調でした。
YouTube再生中にPCのフリーズが起きたり、何かの作業中にWindows Media Playerの音が飛ぶ事やPCのフリーズ現象があって、てっきり「CPU内臓グラフィックHD4000が力不足かな?」と思ってしまって、このグラフィックボ−ドを購入したのだけど、原因が”Kernel-Power 41病”という問題でした。

この”Kernel-Power 41病”は、諸説あって、原因や対策が未だ確立されていないWindows7の不安定現象です(苦笑)。
私の場合は、電源管理画面から最小のプロセッサの状態を、5%から20%に変更したら安定したようです。
どうやら電源管理絡みでマザーボードやWindows7が不安定要因を持っていたようですね。。。
という訳で、\8,480-のグラフィックボードですが、余計なものを買ってしまったかも知れません(笑)。

ところが、使ってみたら、なかなかの高性能でした!
Corei7 3770Kに内蔵される”HD4000”も”Kernel-Power 41病”を解決してしまえば十分な能力なのだけれど、HD7750は補助電源無しで(YouTubeや重いサイトを閲覧しても)消費電力がプラス15W程度だった上に、PCの画面切り替えがサクサクと機敏になりました。  一万円以下で、電力も喰わないし、コストパフォーマンス的には最高かも知れません。

因みに高性能を追及したグラフィックボードは、補助電源も必要で、40Wや50Wを平気で使う金食い虫です(笑)。

■B5サイズノートPC用バッグ
なかなかお洒落な感じのカバンが安価だったので、つい衝動買いをしてしまいました(笑)。
黒とカーキ色が、それぞれ\680-だったので、両方を購入しました。
ノートPC用のカバンですけれども、近所を散歩したり、ちょっとした用事で出歩くのに丁度良いサイズです。
7インチタブレット端末、モバイルルーター、コンパクトデジカメが余裕で入りますよ。
2012年10月6日(土)〜8日(月)
一段と涼しく、秋が深まった3連休でした。 こっこ達は羽毛がふさふさだから、大丈夫!
左上:ぴよ太は、食事中の雌鶏さんを警備中でした。 「勝手に写真撮っちゃ駄目だからね!」
右上:納豆ヨーグルトを食してます。 ぴよこりんの羽は、新しいのが沢山生えてきましたよ。
左下:お散歩中のぴよ美。 我が家で一番のふわふわお尻ですよ〜。
右下:ぴよ太は、ぴよこりんとお散歩デート中です。

////////////////////////////////////////////////////////
2012.04〜2012.09の週末日記は「過去日記置き場」へ引っ込めました。
  (前回9/29&30の日記も此処へ記してますよ〜)
/////////////////////////////////////////////////////////

先週日記でも記したけど、本当に涼しくなるのが速いです。
今回日曜日には、一番の冷え込みとなって最低気温が17℃まで冷え込みました。 最高気温も低く、23℃でしたよ。
流石に私も半袖Tシャツ1枚では寒く、長袖Yシャツを上に羽織りました。
涼しくなったけれど、風を受けると清々しくて気持ち良いですよね!

こっこ達は、全身にふわふわの羽毛があるから全然平気です。
きっと「涼しくなって気持ち良くなったし、食欲も湧いてきたぞ!」と、思っているかも知れませんね。

ぴよ美とぴよこりん
夏の終わりに羽換を終えたぴよ美が絶好調です!
容姿は、新しい綺麗な羽でふさふさになっていて、我が家で一番の美人さんですよ〜。
そして体力も戻って、卵を産むようにもなりました。
相変わらず年上こっこに怒られて、木蔭に隠れる事が多いぴよ美ですが、我が家で一番の元気こっこです!

そしてぴよこりんは、ぴよ美よりも大規模な羽換を経験して、羽と体力が戻っている最中です。
地肌が見えるような禿げは無くなって、ツンツンの羽の子から短い羽が一斉に生えてきました。
人間で例えると、ショートカットのボーイッシュな感じです。
でも、風切り羽がまだまだ不完全なので、跳び乗る動作には不自由をしちゃってますよ。
相棒ぴよりんの登る高い棚まで跳べずに、羽が生え揃うまでの暫くの間、ぴよ太と同じ静養ケージがぴよこりんの寝床になりそうです。 ぴよ太の大きな背中にくっ付いて、仲良く寝てます(笑)。

ぴよこりんの寝床には沢山のフケが落ちていました。
フケというのは、ツンツンの羽の子を包む皮の事で、幼い羽を守る透明なストロー状のカバーの様なものです。
羽が生え換わっている場所が痒いのか、生え換わった羽を整える必要があって、自分でストロー状の皮を剥ぐようです。
寝ている最中にもクチバシで丁寧に落としているのでしょうね。
翌日、寝床を覗くと沢山のフケが積ってます(笑)。

野鳥たち
「そろそろ戻って来るのかな?」と、毎日心配している私です(笑)。
野鳥というのは、こっこ達のご飯を盗み食おうと、我が家に大挙してやっている鳥達の事で、スズメやムクドリ、ヒヨドリ、キジバトです。 カラスも稀にくるけれど、頭が良くて、ぴよ太に追い掛けられることを知っていて滅多に近寄らなくなりました。

真夏の8月から10月くらいまでの間、それ以外の季節と比べると驚く程に庭が静かで、1羽も我が家へ近付きません。
この期間は、数百メートル離れた水田に見事な稲穂が実る時期です。
野鳥たちは、我が家へ来て配合飼料や屑米を食べるより、水田へ行って、実りたての美味しいコシヒカリやササニシキをお腹いっぱいに食べているのでしょうね(笑)
農家にとっては頭の痛い鳥獣被害ですが、我が家にとっては盗み食いされない平和な季節なのです(笑)。

しかし10月も中旬になると、稲刈りの時に落ちた米も食べ尽くしてしまい、近隣の畑に実った野菜も収穫されて無くなります。 すると、「お腹も減ったし、仕方が無いな〜。 あそこの家へ戻るか!」と我が家の庭へ戻って来るのです(苦笑)。
我が家へはスズメ30羽、ムクドリやヒヨドリが数羽、キジバトがツガイで一組がやって来ます。
中でもスズメの軍団は厄介ですよ〜。
食欲が恐怖心に勝るのか、こっこや人間を怖がらなくなります。

他の野鳥が人間を怖がって、室内に人間の姿を見付けると直ぐに飛び去るのに対して、スズメは怖がらずに食べ続けます。 こっこが近付くと、「大きい奴がこっちに来て怖いよ〜。」と、他の野鳥が怖がって逃げるのに対して、スズメは一緒にご飯を食べてます(笑)。 スズメを”ガブリ”とやってお灸を据えないぴよ太達も悪いのだけど、スズメは、困ったことに、こっこを仲間だと思っているのかも知れませんね。。。

10月も中旬になって、そんな厄介な野鳥達が戻って来そうな雰囲気です(苦笑)。
「戻って来てくれるな〜。」と願いつつ、毎年「何か良い対策は無いのかな?」を考える私でした。

健康診断の直前
10/10、昔の”体育の日”に、私は今年の健康診断を受けることにしました。
何故この日かというと、特に理由はありません(笑)。
私の職場では、指定病院の業務日(平日午前)から好きな日を選べます。
まず、夏と冬は除外します。

夏は、「前日の午後20時以降は、飲食を控えて翌日の検診を受けて下さい。」が守れそうにないので(守れても命の危険がありそうだから/笑)避けます。 だって、熱帯夜になって、夜間でも30℃以上になる室内で寝ていたら、「飲むな」と言われても水分補給は必修ですからね〜。
真面目に守ったらフラフラ状態で熱中症になってしまうと思います(苦笑)。

冬は、暑がりな私には一番良い季節なのだけど、快適だから、逆に体重増加の季節になっちゃいます。。。
夏は、どちらかというと夏バテで体重が落ちる傾向がありますよ〜(冬よりも2Kgくらい軽いです/笑)。
春と秋では、夏に落ちた体重を少しでも軽く維持できる”秋”の方が良いと思ってます。
このような理由から、私は毎年10月初旬に健康診断日を希望して受けてます。

今年は筋トレ結果が反映されて、お腹周りが”メタボ基準”を下回れればな〜と思ってます。
因みに体脂肪率は、同年代男性よりも低いのですが、ジムへ通ってバーベルを上げ下ろしたり(デッドリフトと言います)、懸垂運動(背中や肩幅が広くなるみたい)や腹筋運動を定番メニューにしている私は、どうやら(脂肪が減っても)背中や腰回りが太いままのようです(笑)。
服を着ちゃうと(特に冬服)、メタボ体型に見えちゃうのが残念ですが(笑)、野良仕事や職場で重い物を持っても平気だし、満員電車が揺れた時でもバランスが良くなったので、筋トレには(自己)満足してますよ〜。
過去日記置き場は”こちら
本ぺージTop

ペットにわとり名古屋コーチン一家の成長記録|こーちんの庭

Copyright(C) こーちんの庭 All Rights Reserved. Since 2005.03.13