ペットにわとり、名古屋コーチン一家の週末日記
(2012年4月〜2012年9月)

コーチン一家の週末日記、日々の出来事を1週間まとめて週末に記します。
たまに更新が遅れることもありますが、翌週位まで気長にお待ちください。
(私は、掲示板にも結構出来事を書くので、覗いて貰っても良いかも。。。)

■こーちんの庭トップぺージ■
名古屋コーチン一家の成長記録「こーちんの庭」バナー
(↑クリックするとTopへ飛びます)

更新履歴

にわとり
(日記も随時更新中)

掲示板
書き込みを待ってます!

PCと秋葉の話題
新品自作もします

自己紹介

散歩道
(色々と行った所をレポート)

リンク集

こーちんの庭管理人へのメール メールは
こちらから

過去日記置き場は”こちら”    ・「2012.10〜2013.03」の週末日記は”こちら
2012年9月29日(土)&30日(日)
またもや大型台風接近の日曜日、気温が急上昇して暑かったです。
左上:食事風景、ご飯を食べてるのはぴよ太とぴよりんです。
右上:新しい羽が生えてきたぴよこりんは、食欲が驚くほどにありますよ。
左下:日曜日の台風直前にヒジキをご馳走しました。 山盛りのヒジキを4羽で食べ切りました!
右下:台風の雨が降ってきたから、皆で軒下に避難しました。

先週の秋分を過ぎてから本当に涼しくなりましたね!
すっかり過ごし易くなって、良い日が続いております。
周りの人には薄着に見えますが、私は通勤に半袖姿でちょうど良いですよ。
服装はいまだに夏仕様で、夏服のスースーする薄い生地のスラックスを履いてます。
こっこ達もきっと私と同じく快適に思っている筈です。

ぴよこりんの羽換
本格的な羽換を終えたぴよこりんは、「これから涼しくなるぞ〜」という絶好のタイミングを見計らったのかも知れませんね。
因みにぴよこりんは、普通の子だったら食欲が落ちて元気なく木陰でじっとしている状況の筈が、バクバクと沢山食べて、(少し元気がないかな?と思う程度で)他の子の羽換よりも全然元気にしてます。
人間でも39℃の熱を出して「これくらい大丈夫!」と平気な人がいますが、こっこにも個人差があるんだな〜とあらためて感心させられてます。 日曜日には、下記のように大型台風が接近しました。
台風接近がぴよこりんの羽が生えてきた時で良かったな〜と思いましたよ。
地肌が見えてハゲハゲの時に強風に吹かれたら、流石に寒いですからね(苦笑)。

日曜日現在、全部抜けてしまったぴよこりんのお尻には、新しい綺麗な小さな尾羽が可愛く生えてます。
風切り羽も小さな綺麗な羽が生えていますよ。
でもね〜。夜に抱っこをして母屋へ連れて行く時、翼やお腹の生えたてのツンツンした羽の子(タケノコみたいな奴)を触られると、痛いのか、くすぐったいのか、「キュエ〜」っと小さい声で鳴いて嫌がります。
可愛い声なのですが(笑)、悪い事をしたな〜と思いながら、出来るだけ優しく抱っこをして連れて行きます。
こっこの羽が生えるスピードは本当に凄いから、ぴよこりんは、1週間後か10日後には綺麗なフサフサの可愛い姿になっていると思いますよ。

大型台風と大潮(満月&秋祭り)
「今度の台風もデカイぞ〜。」と言われていた”台風17号”が、日曜日(9/30)の午後にやって来ました。
ちょうど地元の秋祭り当日です(苦笑)。
1週間前から涼しい秋の陽気となっていましたが、台風が連れて来たのか、南風によって朝からグングンと気温が上がりました。 正午くらいまでは快晴の暑い秋晴れの日という感じで、気温は30℃を超えているように感じましたよ。 久し振りの暑さだったのと、正午を過ぎると天気が急変しそうな空になって、秋祭り会場には撮影に行きませんでした(笑)。
実際に本格的な雨が降る15時過ぎの前まで、小雨やにわか雨がときどき降っていました。
こっこ達が庭で散歩をしても「これくらい全然平気!」というような小雨でした。

しかし16時を過ぎるくらいになると、風も強くなって、雨も本格的です。
こっこ達も軒下へ集まって空を見上げている状況になりました。
私は傘を片手に庭へ飛びだし、母屋小屋の暴風&豪雨対策をしましたよ(笑)。
傘は役に立たず、私の背中がびしょ濡れになったけれど、しっかりと雨戸を閉めておきました。

夜になると、雨が弱くなって、風だけが強くなりましたよ。
22:00頃、私が暮らす部屋の屋根に何やら飛んで来て、バタンバタンと暴れてます。。。
「屋根の一部でもめくれてバタバタやっているのかな?」と思って懐中電灯で照らしてみると、別の家屋から飛んできたビニールトタンが暴れてました(笑)。 周囲の道路にも断片が落ちていて、周辺を見渡すと裏のお宅の(車の)ガレージから飛んで来たようでした。 自宅屋根を補修しなくちゃいけないとなると、出費が痛く、アキバ巡回の散財も控えなくてはならないので(笑)、自宅じゃなくてホッっと安心しましたよ。 何度か屋根に乗ったビニールトタンを確認するため庭へ出ていたら、23時には空が快晴になっていて、星が瞬いていました。
急速に速度を速めた台風がアッという間に通り過ぎたのでしょうね〜。

こっこ達は、強風には怖い思いをしたかも知れませんが、雨が早くに止んだことで、母屋小屋への差し込みなどでびしょ濡れになる被害はありませんでした。 他の家屋からトタン屋根の一部が飛んできた事以外には、特に我が家の被害や、庭の物が壊れたりの台風被害はありませんでしたよ(ちょこっと、庭のブドウが落ちちゃった被害があったかな〜/笑)。
こっこ達にも何も無くて良かったです!

秋祭りの日、基本的に大潮です。
昔の十五夜、満月の日を選んで秋祭りを執り行いますよ。
そして心配だったのが、大潮の満潮と台風が重なる事でした。
案の定、夕方の満潮時間に近所を流れる小川の水位を見に行くと、あと30cmくらいで溢れそうでした。。。
台風の雨が早めに弱まったから良かったけれど、一晩中降っていたらと考えると恐ろしいです。

土日のご馳走

週末限定のご馳走は、納豆ヨーグルトと山盛りヒジキでした!
ヒジキは、こっこ仲間のテン&シマさんから頂いたものですよ。
土曜日にお馴染みの納豆ヨーグルトをご馳走して、日曜日の台風接近の直前(15時頃?)にヒジキを水に戻してご馳走しました。 何れも完食してとても美味しそうに食べていたけれど、ヒジキは凄いですね〜。 上写真のように容器から溢れるくらいに盛ってあげたヒジキを、台風が強まるまでの1時間か1時間半の間に全て食べちゃいましたよ。 羽換を終えて、ツンツン羽のぴよこりんもバクバクと沢山食べてました。
ミネラルや栄養分が豊富そうで、きっと沢山食べてもOKなのでしょうね!
【写真:乾燥ヒジキを水で戻して塩を切っているところ。】
こっこの大好物を送って下さったテン&シマさんには感謝です。
2012年9月22日(土)&23日(日)
秋分の日を迎えたら、本当に涼しくなった! そして日曜日は、肌寒かったぞ〜。
左上:ぴよ太とぴよりんのお散歩風景。 こうやって並ぶと、ぴよ太の背は高いな〜。
右上:羽換になったぴよこりん。 羽を触るたびに、抜けちゃいます。。。
左下:大雨の日曜日、こっこ達は雨宿りをしていました。 退屈そうでしたよ(苦笑)。
右下:日曜日のぴよこりんは、風切り羽も沢山抜けてました。

秋分の日(9/22)に急に涼しくなりましたよ。
翌日の日曜日は、一日中降った雨の影響もあって肌寒い程に冷えちゃいました。
午後になっても屋外気温は20℃くらい、室内気温が25℃前後でした。
私にとっては丁度良い気温で、私に似て暑がりなこっこ達にも過ごし易いと思うけれど(笑)、「寒くて風邪をひきそう」と私の家族が厚着をする程に常人には冷えました(笑)。
週間天気予報をみると、気温の高い日もあるようだけど、概ね最高気温が25℃くらいの日が続くようです。
今回の土日(秋分の日)が”季節の変わり目”だったのかも知れませんね。


雨宿り
土曜日は「涼しいな」と思える、清々しい秋晴れの一日でした。
しかし翌日の日曜日は、一日中雨天の暗く(私は丁度良かったけど/笑)寒い一日となりました。
この日の雨は、秋雨前線によるものだったのか否か解りませんけれど、強い雨がずっと降っていましたよ。
こっこ達は、小雨ならば散歩くらい平気だけど、強い雨に殆ど軒下や倉庫に雨宿りして過ごす一日となりました。

(下に詳しく記した)ぴよこりんが寒そうに雨宿りをしていました。。。
羽換に突然なったのと、冷え込んだタイミングがピタリと合ってしまって、災難な子です(苦笑)。
夜になると、大きな体で優しいぴよ太にくっ付いて寝ていましたよ。

ぴよこりんの羽換
豪快に始まりましたよ〜(笑)。
ぴよ美やぴよ太の軽微な羽換が終わって暫く経った今週の水曜日、庭にドバドバッ〜っと大量に羽や羽毛が落ちていました。 この水曜日の夜、帰宅した私は、沢山の羽を玄関脇に落として、クチバシにも羽をくっ付けて寝ているぴよこりんが直ぐに目に入ったから、どの子が羽換かが簡単に解りました。
試しに足の付け根のモンペのようになっているフサフサの場所を軽くつまむと、簡単に5〜6枚の羽毛が抜けました(笑)。
翌日、木曜日の朝、起床後にウ○チ拾いの為に庭へ出た私は、また大量の羽を庭に見付けました。 【写真:土曜日に拾ったぴよこりんの羽】
犬に噛まれて羽が沢山抜け落ちたように見えるくらいに、庭に羽が落ちてます。
この状況でも当人の容姿は特に禿げてません(笑)。
良く見ると「尾羽が少し貧相になっているかな?」という程度でした。

「ぴよこりんは、そういえば正月明けに羽換をしたばかりなのにな〜」と思って、自分の日記を読んだら、冬に羽換をしたのは別人でした(笑)。 酷い羽換を経験したのはぴよりんで、昨年の10月のことでした。
因みに今年の正月明けに羽換を経験したのは、ぴよ美でしたよ。
(昔の事を思い出すのに便利な)私の週末日記によると(笑)、その時のぴよ美は酷い羽換ではなく、風切り羽を中心に部分的な羽換でした。 少し前に尾羽を中心に抜けたのは、ぴよ美が一気に激しい羽換をするタイプではなく、部分的に何回かに羽換を分けるタイプだからかも知れませんね。

そしてぴよこりんは、大きな羽換を1年以上してなかったから、今回思いっきり抜けちゃったのだと思いますよ。
今回の羽換がどの程度の規模になるか、今のところ予想が付きませんが、昨年秋のぴよりんと同じく手羽先の羽(風切り羽)が無くなるくらいに大規模な羽換かも知れません(笑)。
現在は中程度まで進んでいて、数日間に渡り、庭にドバドバッ〜っと羽や羽毛が散乱しますよ(笑)。
前にも記したけれど、見た目で地面に沢山落ちている羽は、実のところ、余り抜けてません。
(きっとこっこの体に付いている時の羽は、密集していて、ギュウギュウ詰めなのでしょうね)

日曜日現在、羽換が更に進んで、尾羽が完全に無くなっちゃいました。
風切り羽も凄く抜けて、夕方に何時も登る玄関脇の棚へ飛べなくなってしまいました。
ぴよ太の寝る静養ケージまでは登れるから、ぴよ太のフワフワの羽毛に寄りかかって寝てます
そしてぴよこりんは、元気もなく、いつも意地悪をしちゃう年下のぴよ美が近くでご飯を食べても意地悪をする気力もありません。 これは良いことで、ぴよ美も「今日は突かれないから、安心して食べられる!」と落ち着けます(笑)。
でもね〜。 羽が綺麗に生え揃う頃にはまたぴよ美に意地悪をしちゃうんだろうな〜(苦笑)。

ヘビ出没?
9/20(木)の夜、我が家の前の道路に小さなヘビが出没したそうです。
出没場所は、母屋小屋のまん前です!
その場所の庭と道路を繋ぐ排水管を伝うと、直ぐに母屋小屋の下へ通じることが出来る場所でした。

「ちょっと、ちょっと、小屋の前にヘビが居たってよ〜!」と呼ばれて、懐中電灯を手に外へ出ました。
既にヘビが去った後でしたが、排水管を伝って庭へ侵入したかも知れません。。。
家族も「気持ち悪い」というので、(小さいと聞き、私は余り気にしてませんでしたが)母屋小屋の周辺や庭を懐中電灯を照らしながら捜索しましたよ。 しかし結局ヘビの行方を知る事は出来ませんでした。
因みに、小屋で寝ていたぴよ美は、騒ぐこともなく熟睡していましたよ。

事情を詳しく聞くと「コンビニに買い物に行く時、小屋の後ろの道路脇(側溝の蓋の辺り)で小さなヘビを見掛けた。」、
「10分後、買い物を終えて同じ場所を通り掛かると、ヘビは既に居なかった」、
「ヘビは30cm〜40cmくらいの大きさ(子供?)」とのことです。

我が家のこっこにこの小さいヘビが見付かったら、突かれて撃退されちゃうのでしょうね(笑)。
若しくは、トカゲより大きいから「こんなの興味ない!」と無視されるかも知れません。
名古屋コーチンの卵を丸飲みすることも出来ない筈なので、まず無害だと思います。

ずっと前、小さな青大将の子供を庭で捕獲した事がありました。
その青大将の子は、15cm程の大きさで、見た目がマムシにそっくりでした。
掲示板にも「マムシを捕まえたかも〜」と写真をUPした記憶がありますが、調べると、どうやら「(怖いヘビに見せ掛ける擬態なのかも知れないけど)幼い青大将の柄がマムシそっくりで良く間違えられる。」とのことでした。
先日の子供のヘビは、もしかしたらずっと前の青大将の兄弟か子供かも知れませんね。
子供が出没するという事は、近くに親ヘビが居るということですから、何れ対面するのかも。
「灯台下暗し」で、我が家の庭にひっそりと親ヘビが住んで居たりして〜(笑)。

カウンター
9/18(月)の事でした。
「こーちんの庭」のカウンターが、「123456」に並びましたよ。
その瞬間が来たことを、ちょこっとご報告〜。
 【写真:私は職場からその次の「123457」を踏みました】
2012年9月15日(土)〜17日(月)
少し秋っぽくなった頃の3連休。 夜には、虫の音が心地よいですよ。
左上:ぴよ太のお食事風景。 後ろではぴよりん&ぴよこりんが、ブドウの根元をカキカキしていました。
右上:ブドウ(巨峰)の根元をカキカキしてたぴよりんとぴよこりん。 何か虫を見付けられたかな?
左下:ぴよ美は涼しい木蔭で休んでいました。 羽換後だから、一番の美人さんです!
右下:新しい大きな容器に納豆ヨーグルトが1.5倍盛ってあげました。 待っているぴよ美にもちゃんと残ります。

今週も雨が多い週でしたよ。 雨が降るときは、決まって夜間です。
雨が降らなくても私の帰宅時間くらいになると、空がピカッピカッっと光っています。
気温は少し下がりましたが、涼しいと言える程ではありませんね〜。
「暑さ寒さも彼岸まで」というから、来週(9/22)になるとグンと気温も下がるのかも知れませんね。
そうなると、我が家のこっこ達も過ごし易くなります。

ぴよ太の足
3連休最後の月曜日、ぴよ太を助手席に乗せて動物病院へ行って来ましたよ。
前回頂いたお薬が切れそうだったことと、ぴよ太の左足の甲の腫れ(コブ)について相談するためです。

足の裏に出来たバンブルフットの傷口は、小さくなって腫れも引きました。
バンブルフットが快方に向かってくれたから、その痛みも和らいだり、完全に無くなったようで、本当に良かったです。
薬を飲み始めて一週間後、8月中旬には普通に歩いたり、走ったり出来るようになりましたよ。

しかし裏の傷口が治るとともに、今度は足の甲がもっこりと腫れてきて困ってます。
先生は「普通に歩けているから、今のところは悪さをしてない。このまま様子を見るのが一番良いと思います。」という判断です。 同時に「切除して綺麗にしちゃった方が良いかも知れないけど、それは結果が良かった場合です。 足の甲は、裏と違って皮膚ではないから縫えません。 ウロコ組織は、傷口が治り難く、出来れば切らない方が良いです。」との説明を受けました。 切った場合に心配なることは、「病巣を切除する際に健を傷つけると、歩けなくなったり、足の指を開けなくなったりして大変な後遺症になって、それが寿命を縮める要因になったりします。」とも説明を受けましたよ。
私は手術をする際に全身麻酔を使うと聞いていたので、それが心配だったけれど、「小さなインコでも麻酔を使っての治療を沢山するし、ニワトリ程に大きい子は、体力も十分で殆ど失敗することは無いから安心して良いです。」とのことでした。

今回、先生の説明に納得して、足の甲については様子を見ることにしましたよ。
痛がったり、腫れが大きくなるようだったら、また相談しようと思います。
ぴよ太には、新しく処方された消炎剤と自宅に残っている整腸剤を続けて頑張って飲んで貰うようにします。

それから、蹴爪が伸びて反対側の足に刺さりそうだから(苦笑)、帰宅後に鋭く尖った蹴爪の先端を1cmずつ切りましたよ。 「もうちょっと切りたいな〜」と思ったけど、私の持っている片手で握るペンチだと、この1cmが限界です。
少し深爪をして血が出ちゃっても、2cmくらい思いっきり切った方が良いのでしょうけれど、今日は断念です(笑)。
因みに、先生のお話では「深爪は仕方がないから、犬猫用の(爪切りの)止血剤を塗ってあげるか、蚊取り線香では不十分だけど、火鉢の棒のような金属を熱して焼いてあげれば良いですよ。」との事でした。

待合室では、やっぱり今回も「大きいね〜」「大人しくてお利巧にしているね!」と声を掛けられました。
ぴよ太は、毎回そうですが、段ボール箱の上部から顔を覗かせて周りを静かに見ていましたよ。
患者のインコちゃんが「ピィ〜キュキュ〜」と鳴いている時は、「どうしたのかな?」と心配そうにそっちを見ます。
雄叫びなどはせず、大人しく、静かにしてるぴよ太は、ときどき私の顔を見て「ホッホッホッ〜」と言ったり、他の患者さんを見て何かを話し掛けます。
診察室では、(ニワトリの薬に詳しい)若い女医さんからナデナデして貰って、嬉しそうにしていましたよ!
ぴよ太〜、はやく足を治そうね!

虫が替わった
我が家に来る虫たちは、すっかり秋の虫に替わりましたよ。
コオロギや鈴虫っぽい音色を聞くし、キリギリスの声も聞こえます。
8月にあれだけ騒がしかったアブラゼミは全く姿を見せなくなって、先日久し振りにツクツクボウシが我が家で鳴いていました。 カナブンも余り見掛けません。 ブドウの木を揺すっても、1匹か2匹、仲間からはぐれたような、元気のないカナブンが落ちて来るだけです(笑)。
つい2週間前には、20匹以上も落ちてきたのに、こっこ達も残念がってます。。。

しかし蚊は相変わらず沢山居ます(苦笑)。
夕方に庭を歩くと、半ズボンから出た足に数匹くっ付いてます。。。
蚊も早く居なくなると良いのですが〜。

因みに我が家の格安電撃殺虫灯は、未だ頑張っていて、蛾や蚊を駆除してますよ。
この調子ならば、来年にも活躍してくれそうです!

昨年分の屑米が〜

昨年、2011年に入手した屑米に虫が大量発生しました(苦笑)。
もともと保存状態や虫食いという意味で”屑米”ですが、更に悪い状態になったので、写真のように天日で虫干ししましたよ。

主に米に付く蛾の幼虫が発生していて、強烈な日差しによる暑さによって、ウネウネと這い出して逃げて行ってくれました。
周辺にはそんな幼虫を待っている蟻たちが待ち構えていて(笑)、蟻に捕まった幼虫達は蟻に家へ連れ去られて行くのでした〜。
【写真:昨年入手の屑米を虫干し】


番外編【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(今回のアキバ巡回の入手品)
名古屋コーチン一家の週末日記
(Android用のワンセグチューナーは、ちゃんと使えた)

今回、3連休初日の土曜日に秋葉原を巡回しました。
先々週だったかな?
秋葉原に店舗を持つJINSという格安メガネ屋さんのWebショップから購入した”PCメガネ”が届きました。
8月の同店のセール期間中は、PCメガネ仕立て費用を含めても有り難いことに、自宅用と職場用の2本で\16,000-でした。 秋葉原の実店舗が売り切れていたので、在庫の残っていたWebショップから注文をしたのでした。
Web注文をしたから、自分の顔にフレームが合っていません。
メガネのツルや鼻のパットの部分が、ブカブカだったり、逆にキツかったりして、実店舗での補正が必要だったのです。
この日、きっちりと私の顔に合せて貰いましたよ〜。

因みにPCメガネの私の感想は、”目に優しい感じ”で”効果あり”です。
私が購入したのは、”クリアーレンズ”です。
このレンズは、茶色っぽかった元祖PCレンズの”ライトブラウンレンズ”と比べると、PC用途以外でも(「あの人、サングラス?」と思われずに)使える透明なレンズですよ。 しかし、実際にメガネを装着すると、少し黄色掛かったように風景が見えます。 理由は、PC画面やスマートフォンから発せられるブルーライト成分を反射させるレンズだからです。
このブルーライト成分を全て目に入れてしまうと、目の奥が疲れたり、肩こりや頭痛を引き起こしてしまいます(”眼精疲労”と呼ばれる症状です)。 PCメガネによってブルーライト成分を除外しますが、自然界の青色系の成分も反射してしまうので、(ほんの少し)黄色く色褪せたように景色が見えてしまうのです。

この様な理由で、PC作業中とそれ以外の時とで、私はメガネを使い分けることにしました。
でも少し黄色く景色が見えるだけだから、慣れてしまえば全然気にならない筈で、人によっては全ての場面にPCメガネを使っても良いかも知れません。

秋葉原到着後、すぐにメガネの調整を済ませました。
その後は、何時ものアキバ巡回です。
今回、「私の購入したタブレット端末用に、安価なワンセグチューナーが無いかな?」と探してみました。
すると、Android端末向けの丁度良い製品を見付けられましたよ!

それから、色々な方面で評価の高い傑作充電池”エネループ”が値下げされていました。
満充電5年後に70%の容量を保てる新型が、4月初旬に12本\3,000-でした。
全く同じ12本組パックが\2,500-くらいだったから、思わず1パックをGetしました。

街を回っている間、何度か例の”野郎ラーメン”を通り掛かりましたよ(笑)。
今回もやっぱり行列が出来ていて、このお店自慢の大盛りラーメンを断念しました。
因みにチャーシューが沢山乗っかった豚野郎ラーメンが食べたいです。
\880-ながら、山盛りでボリューム満点ですよ〜。

帰りは友人と例の格安居酒屋へ行きました。
どうやら半額ハイボールを終えてしまったようで、会計は一人\2,500-ほどになりました。
半額ハイボールの時には、一人当たり2千円位だったので500円位お得だったのでしょう。
とは言え、3千円以内でお腹いっぱいに飲んだり食べたり出来るのは嬉しいです。


◎購入品
・エネループ単三充電池 12本組 新品 \2,499-
・ロジテック製 Android用ワンセグチューナー「LDT-1SA01」 \980-
・精密機器用セラミックピンセット \580-
合計\4,059-

■Android用ワンセグチューナー「LDT-1SA01」
私の所持する2台のタブレットの内、東芝製”REGZA Tablet AT570”が利用できました。
価格が\980-だから、駄目もとでの購入でしたが(笑)、バッチリとTV視聴ができましたよ!
オマケに録画もバッチリできました。

このワンセグチューナーは、Windows用の汎用品とは違って機種を選ぶようです。
「Android3.1以降のOSで使える」と記されているけれど、もう一台のAcer製タブレット(Android3.2)では利用できませんでした。 掲示板でも同様の報告があって、口コミやロジテック社のWebページで利用できる機種を確認した後に入手することを奨めます。 取りあえず、口コミやメーカーWebぺージに掲載がない私の”REGZA Tablet AT570”では利用出来ました。

■精密機器用セラミックピンセット
仕事柄、精密機器の静電気破損が気になったりします(笑)。
エンジニアをずっとやっていると、冬の”バチッ”という静電気に敏感になって、基盤回路を触ったり清掃する作業に是非使いたくなるのが、このセラミックピンセットなのです。
千石電商というアキバの名物老舗(電子パーツ屋さん)にて、1本ゲットしました!
良い造りをしていながら、処分価格でお安かったです。 ←「一生もの」の道具になるかも〜。
2012年9月8日(土)&9日(日)
やっと本当に涼しくなってきましたよ(笑) ぴよ美の羽が綺麗になりました!
左上:先週に続き、ますます綺麗になったぴよ美〜。 背中と尾羽がふわふわです。
右上:お散歩中のぴよ美。 羽換も終えて、ご飯を沢山食べるようになったから顔色も良いですよ。
左下:ぴよ太は、今日も雌鶏さん達を警備してます。
右下:ぴよりん&ぴよこりんとお食事中のぴよ太。 ぴよ美は後ろで待ってます。 ←近寄ると怒られちゃいます。。。

9月に入ってから少しずつ涼しくなっていて、今度のこの感覚は”気のせい”ではないようです(笑)。
夜間、我が家ではエアコンを使う頻度が減りましたよ。
25℃以上の熱帯夜も減って、私もこっこ達も良く眠れてます(笑)。
但し昼間の暑さはまだまだ厳しく、歩き回ったり作業をするとびっしょりと汗が滲みますけれどもね〜。

それから、掲示板でも記したように雨がとても多いです。
秋雨かも知れませんが、2日に1回以上の頻度でザザザッ〜っと、雷雨のような感じで降りますよ。
雨の後は少しヒンヤリと涼しくなって、こっこの口を半開きをするような、「ハアハア」呼吸は見られません。
こっこ達にとっては、涼しくしてくれる恵みの雨なのでしょうね。

羽換
この夏、若い二人が羽換になりましたよ〜。
少し前に記したぴよ美と、微妙に羽換をしていたぴよ太です(以前に記したかな?)。
年上のぴよりんとぴよこりんは、冬の終わりに羽換をしたこともあって、今回はお預けとなった感じです。
ぴよりん&ぴよこりんは、前回と同じく、秋から冬(年明けくらい?)に羽換を迎えそうですよ。

ぴよ美の羽換は、尾羽が殆ど抜けたこともあって、程度が軽微ながら「羽換だな!」と解り易かったです。
ぴよ太は、ぴよ美よりも軽微なことに加えて、全身から少しずつ抜けたから”微妙”でした(笑)。
もしかしたら、羽換ではなかったのかも知れません。
確かに羽が抜ける量が増えたけれど、羽換未満の状態かな?
人間に例えると「抜け毛が何時もより多いけれど、脱毛症ではない状態」だったのかも知れませんね。

ぴよ太を抱いたりすると、ポロッ ポロッっと風切り羽が1枚・2枚抜け落ちることが何度かありました。
ぴよ太がクチバシに羽毛を咥えている姿も、ときどき見掛けました。
お腹や喉、お尻などの羽毛を手入れしていた時に抜けて、クチバシにくっ付いたままだったのでしょうね。
人間でも口に髪の毛がくっ付いてなかなか取れない時があるように、ぴよ太も気持ち良い状態ではない筈だから、取ってあげましたよ(笑)。 この様な感じで、微妙にぴよ太の抜け羽が多い夏でした。

季節もの
夏の終わり、9月になると毎年入手する”もの”があります。
こっこ達が食べる屑米と産箱用の藁です。 屑米は、古いお米のことで、古古古米くらいかも知れません(3年前くらい?)。 産箱用の藁は、畑で使う用途として、知り合いの農家から頂いた中から使っています。
軽トラック満載の藁から、一年間に1割〜2割程をこっこ達の為に使いますよ。

毎週、私は産箱の2部屋へ藁を入れ替えてあげます。
両手で握れる程の量(直径15cm弱くらいの束)の藁を一部屋へ使い、木材などの何かで叩きながら軟らかくして、丸すり鉢状に整えて産箱へ敷きます。
ぴよ美は、母屋小屋の一番奥の部屋で寝るのだけど、ときどき藁の上にウ○チをして汚しちゃうのと、ダニ対策も兼ねて1週間で入れ換えてますよ。 廃棄する藁は、(庭の)植木の間に掘った穴に捨てます。 ミミズや虫が此処に集まって、こっこにとって、カキカキする良い遊び場になっていますよ(笑)。

屑米は、年数が経ったり初めから出来の悪かった米を安価に入手しています。
今年も30Kgの袋を2つ、合計60Kgを入手しました。
配合飼料2に対して、屑米1の割合で混ぜて、こっこ達に食べさせます。
最もこっこが多かった頃と比べて、入手する屑米の量は2/3に減ったけど、こっこの人数も半分に減ったから十分以上の量です。
6月、7月頃になると「今年も余りそうだな〜」と解るから、配合飼料と屑米の割合を1:1くらいにして、屑米を増やしてあげます。 そうすると、こっこ達は玄米が凄く好きだから「米が増えてるぞ〜!」と喜んで食べますよ。

今年の屑米と藁は、屑米が月曜日くらい(9/3?)と、藁が土曜日(9/8)に我が家に到着しました。 藁は一昨年に「手間が掛かるから、来年はコンバインで裁断して藁の束にしない。」と言われていたけれど、有り難いことに手作業で藁の束にして頂けてます。 ご高齢な方なので、本当に感謝ですね〜。
【写真:こっこ用のくず米60Kg(上)、軽トラック1台分の藁(下)を入手。】


番外編【今年も健康診断】
またこの時期がやって参りました!
昨年の健康診断は、体重測定&腹囲計測の前に胃検査(バリウム&発泡剤)をさせられるというアクシデントによって、NGな結果となりましたが(苦笑)、今年はそうならない為にもトレーニングを続けてます。
今のところ腹囲は84cmになっていて、健康診断の当日には半日以上断食していることを考えると、このままでも問題ないように思えます。 前回駄目だった血圧は、恐らく当日の体調不良か何かが原因だと思うのですよね〜(風邪気味?)。
現在の血圧は、上が105前後で下が60台です(低い部類だと思います)。
ジム通いを7年続けているし、「運動によって血圧は下がる」という記事を読んだことがあるから、筋トレによって低く保たれているのかも知れません。

そういう訳で、たぶん今年はOKな結果が出る筈です!

因みに筋トレは、相変わらず”懸垂”が大好きで、(グローブを装着しているけど)手の平にタコができてます(笑)。
腹筋運動とバーベルを上げ下げするデッドリフトも定番メニューです(ディップスという種目も好きです)。
ここ1年くらいはこの様な感じで、週に2回ぺースでジムへ通って鍛えていますよ〜。
2012年9月1日(土)&2日(日)
少し涼しくなったかな? でもやっぱり未だ暑いね〜。
左上:羽換も終わりかけて、新しい羽毛がフサフサになってきたぴよ美。 木蔭で涼んでいましたよ。
右上:お散歩中のぴよ太とぴよ美です。 幼馴染どうし、仲が良いですよ〜。
左下:まだまだ残暑が厳しい季節、こっこ達も水が欠かせません。
右下:日曜日は、雨が降ったり止んだりのお天気でした。 軒下で雨宿り中の様子です。

幾らか涼しくなったかな〜と思ったけれど、私の勘違いでした(笑)。
少し動くと汗がどっと噴き出るし、庭のこっこ達も口を開けて暑そうにしている土日でした。
もう9月、そろそろ涼しい日がチラホラと増えてきても良い頃なのですけど、どうでしょうかね〜。

背中が焦げちゃった

ぴよ太と私の話題なのだけど、大変な災難に見舞われましたよ〜(笑)。
ブドウ棚の下に縁台を置いて、ぴよ太を抱きながら耳掃除をしていた時です。
ぴよ太は、首や頭や喉や目の周りを私にナデナデされながら、凄く気持ち良さそうにリラックスしていました。 綿棒を耳に入れて掃除を始めると「何するんだよ〜。耳掃除なんか嫌いだよ〜。」と言いたげに、頭を反対に反らせて逃げようとするけれど、直ぐに目を細めてぴよ太はウットリしますよ。

そんなひと時、ビックリすような災難が天から降って来たのです(苦笑)。
【写真:私のTシャツと短パンは、蚊取り線香の被害に遭いました。】

耳掃除をしていた場所は、ブドウ棚の日陰で涼しいのだけど、代わりに藪蚊が沢山います(苦笑)。
我が家では藪蚊対策として、ブドウ棚に蚊取り線香を3つくらい吊るしていますよ。
ちょうど居間の前だから、室内に蚊を入り込まないように防ぐ意味もあって、昼間には蚊取り線香を常に灯していますよ。
夜間には、先日購入した電撃殺虫等を灯して、害虫を駆除します。

この蚊取り線香が、ぴよ太を抱いて耳掃除をしている時に、「ぽたん」と落ちてきたのでした。
落ちた場所は、私達の座っていた所から1.5m前方で、少し離れていました。
燃え切った状態ではなく、燃えてない緑色の部分が2周くらい残っていたので「どうしたのかな? 何かの拍子に外れて落ちたのかな?」と他人事のように思っていたら、近くから焦げくさい臭いがしてきました。
蚊取り線香の落下から1分後くらい経った頃でしょうか?
ビニールが焼けるような臭いがします(苦笑)。

ぴよ太の顔を見ていた視線を、手前の自分のお腹の方へ移すと、煙が立ち昇っているではありませんか(苦笑)。
どうやら蚊取り線香の火が飛んで来て、私のTシャツへ落ちたようです。
そして、ぴよ太の背中にも赤い火の粉が見えて、煙が出ています。。。

ぴよ太は自分の羽が焼けて煙が出ていることを知らずに、目を細めてウトウトしちゃっています。
私もTシャツが焦げているだけで、熱くも無かったから気付かなかったけれど、ぴよ太も同じ様に気付いていませんでした。
(ビックリして)急いでぴよ太の背中の火の粉と、自分のTシャツの火の粉を叩いて、地面へ落としましたよ。
するとぴよ太の背中からは、燃えて切れた羽がパラパラっと落ちました。
私のTシャツには穴が幾つも開きました(苦笑)。

私の急な動作に、ぴよ太は「えっ、どうしたの?」という表情を一瞬したあと、またリラックスしています(呑気な性格?)。
ぴよ太も私も皮膚に蚊取り線香の火が付いて、火傷などをせずに良かったな〜と、思いつつ耳掃除を続けました。
(火の粉を叩いたとき、手を少し火傷しちゃって暫くヒリヒリしていました/苦笑)

しかし、なぜ遠くへ落ちた蚊取り線香の火が、私達のところへ飛んできたのでしょうか?
不思議なんですよね〜(笑)。
落ちる途中で何処かへ接触して、先端の燃えている場所だけ欠けて、私達を目掛けて飛んできたのでしょうか。。。
災難でした(苦笑)。

スイカの謎
我が家のこっこ達は、今週もスイカを沢山食べていますよ!
そんな彼らのスイカを食べる様子を見ていた私は、ふと気付いた事がありました。
それは、”種”についての謎です!

最近のことですが、私は我が家のこっこ達が、種を大好きなことを知ったのです(笑)。
何気ない普段の様子を眺めていると、ぴよ太や雌鶏さん達は、黒い種や白っぽい種を摘まんで食べていました。
人間の場合、私もそうですが、パクっと食べるとその中に種も入っていて、お皿の端に出したり、時には庭に向かってペッっと吐き出したりしますよね(笑)。
種を避けようと食べるのだけど、どうしても口の中に入ってしまうのが”スイカの種”です。
人間にとってスイカの種は、厄介な奴で、無い方が良い物なのです。
(もし種好きさんがこの文章を読んで居たら、お許し下さい/笑)

しかしこっこ達は、種を狙って食べていますよ〜。
私が庭に向かってペッっと吐き出した種も、拾って食べているかも知れません(苦笑)。
きっと大好きなのでしょうね〜。

それでここからが私の疑問です。
種を好んで食べる動物は、決して珍しいという訳ではありません。
例えばリスは、ヒマワリの種を食べるし、クルミの実も食べます。
しかしリスは、(ネズミの仲間だからかな?)大きく強そうな前歯でガリガリと砕いて、硬い食べ物を食べます。
ヒマワリの種やクルミを丸飲みする訳ではなくて、飲み込む前に前歯で粉砕した後、食べられる軟らかい部分だけを飲み込んでいる筈ですよね。 でもね〜。 我が家のこっこ達は、スイカの種を丸飲みしています。。。

スイカの種は、硬くて普通は消化できません。
人間が避けきれずに飲み込んだ場合、恐らくそのままの形で下から出て来ると思います(汚い話でスミマセン/笑)。
(人間と同じく)こっこも丸飲みしているし、良く「人間と比べて、ニワトリのソノウや胃(?)は、酸が弱く食べ物が腐食し易い。」と言われるから、人間よりも強力に胃酸を使って消化しているとも考え難いです。
(あやふやな記憶ですが、この理由で「パンや炊いたご飯を食べさせては駄目」と言われていたと思います)
そうだとすると、「消化しきれない種を、何故好んで食べるのか?」と考えてしまうんですよね〜。
私達人間は、美味しかったり、栄養が豊富で体に良い食べ物を好んで食べるけれど、こっこだって同じだと思うのです。
消化も出来なければ、味も食感も堪能できない”硬い種”を好んで食べる理由が、解らないのです。。。

この疑問を感じながら数日が過ぎた頃、進展がありました!
私の毎朝の日課である”う○ち拾い”をしていて、大きなう○ちを見付けました(笑)。
「スイカを毎日食べているから、種も原型のまま、入っているだろうな〜」と移植ゴテでバラしてみると、何とスイカの種はありません。 次に見付けたう○ちをバラバラにしても、やっぱり種を見付けられません(笑)。
次も、その次も〜!

我が家のこっこ達は、スイカの種を上手に消化しているようですよ。
消化の補助として意図的に飲み込んだ小石を使って、種を磨り潰しているいるのでしょうか?
wikipediaで調べたところ、モロにこの解説がありました!

動物の中で歯を持たない種では、小石や砂を飲み込んでおいて消化の助けとするものがある。
鳥類はそのために砂嚢を持つが、全ての鳥類が砂礫などを飲み込んでいるわけではない。
砂礫などを飲み込む種では、以下のようにして咀嚼を行う。:

鳥類は砂礫を飲み込んで、砂嚢中でそれらを歯の代わりとして、植物の種などの食べたものを砕き、消化の助けとする。
砂嚢に飲み込まれている砂礫は胃石と呼ばれ、多くの場合角の取れた滑らかな形状をしており、咀嚼とあわせて胃の中を洗浄する機能も果たしている。
しかしあまりに滑らかだと咀嚼に適さないため、その場合には吐き戻しにより排出される。


凄いですね!
とてつもない力で、小石をスイカの種に押し当てて磨り潰すのでしょう。
何10Kgとか、もしかしたら100Kg以上の力で磨り潰しているのかも知れません。
そして我が家のこっこ達は、スイカの種に含まれる栄養を意図的に食べて摂取していたのでしょう。
因みに、スイカの種について調べると、やっぱり栄養満点でした!

スイカの種にはリノール酸やタンパク質、ビタミンBやEが豊富に含まれていて、栄養たっぷりなのです。
(びっくり!)お隣の中国でもスイカの種は菓子として珍重され、わざわざ種の大きい品種が作られているほどです。


色々と解ってきたところで、逆にこっこの視点から私を観察すると〜。
「何でお父さんは種を食べないの? 捨てちゃうなんて勿体無いよ。」と思っているかも知れませんね(笑)。

番外編【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(神田川から眺めるアキバ中心街方面)
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原の外れには神田明神があります)
名古屋コーチン一家の週末日記
(購入品は、東芝製REGZAタブレット)
9/1(土)、目的があって秋葉原へ向かいましたよ。
その目的とは、東芝製の最新のタブレット端末を購入することでした。

2ヶ月ほど前、私はAcer製タブレット端末”ICONIA TAB A100”を購入しました。
「タブレット端末の使い勝手はどうなんだろう?」と試しに購入した7インチのこの端末は、買って正解でした。
・電車内で片手で持てるし、鞄の中にすっぽり入る”7インチ”という大きさが凄く良いです!
・デジカメ写真をまとめて入れて、誰かに見せる”アルバム”としても便利です。
・出先で調べ物をするのに重宝します。
・特に買い物中に”価格com”を閲覧できるのが、とっても便利!
・ICONIA TAB A100は、少ないバッテリー容量さえ気にしなければ、とても安価で良い。
・(劣る点として)掲示板やメールを書くのは、タッチパネル式に慣れる必要があるかな〜(笑)

良い点の方が多い結果に満足だけど、強いて言うと、(やっぱり)不便な点はバッテリー容量でした。
”ICONIA TAB A100”のカタログ公称値は5時間です。
この5時間というタイムは、使い方によって変わりますよ。
実際の駆動時間は6〜7割、良くて8割くらいと考えた方が良い時間です(動画再生ばかりだと、3時間を切るかも)。
通勤途中に(端末に入れた)本を読んだり、Web閲覧をした場合、もしかしたら毎日充電が必要かも知れません。
アキバ巡回程度ならば全然平気なのだけど、何処かへ、まる一日遠征に行く場合には不十分です。

私は気に入ったからこそ、本格的に利用しようと考えて、バッテリー容量の大きな機種を探していました。
そして見付けたのが、公称値10時間の”REGZA Tablet AT570(32GBモデル)”でした。
この東芝のREGZA Tabletは、Android4.0に対応している最新機種です。
店頭で動作を確認したところ、一度起動させたアプリやWeb閲覧画面を削除する機能を追加していましたよ。
”ICONIA TAB A100”は、一度起動した画面が残っていて「鬱陶しいな〜」と思うことも多く、この改善が嬉しいです。
4コアのCPUを搭載しているのがとても強力で、操作がキビキビしていました!

上記のような理由で、2台目のタブレット端末を購入しました。
因みにアキバ巡回中は、先に購入した”ICONIA TAB A100”を使って、何処が安いのかをチェックしていましたよ(笑)。
その結果、この日のほぼ最安値、\38,899-で購入できました。

この東芝REGZAタブレットの画面サイズは、Acer製より少し大きくなっていて、7.7インチです。
重量は逆に軽くなって332gになりましたよ。
因みにAcer製は、410gでした(これでも片手持ちは全然平気でした)。
新しく買った東芝製は、肉厚で頑丈そうな感じだったAcer製と比べて、少し華奢な感じがしたけど、金属筺体だから実際にはそこそこ頑丈な筈で、薄い事でホールド感が(私にとって)心もとないからそう思うのかも知れません。
この点は、レザーカバーを装着して”持ち易い”ように改善したいなと思います。

・野郎ラーメン
前のアキバ巡回記でも書いた、新しくジャンク街に開店した人気ラーメン屋さんです。
今回も何回か目の前を通りましたよ。
そして中を覗くと、やっぱり男性客しか入ってませんでした(笑)。
並んでいるのも全員男性です。
美味しそうだから食べてみたかったけれど、20人くらい並んでいたから断念しましたよ〜(残念)。
このお店は、常に混んでいるのでしょうね〜。
目の前を何回も通ったけれど、行列の長さは常に20人くらいでした(笑)。


◎購入品
・タブレット端末 REGZA Tablet AT570(32GBモデル) 新品 \38,899-
・Transend製 マイクロSDHCカード Class10 16GB \849- ←50円ほど値上がりしてました〜。
合計\39,748-
2012年8月25日(土)&26日(日)
ぴよ太の左足は、順調に回復していますよ〜。 日曜日に動物病院へ再受診に通いました。
左上:仲良しぴよりん&ぴよこりんは、木蔭で涼んでいます。 気温は35℃近くまで上昇、口も半開きで辛いですよ。。。
右上:ご飯を食べに来たぴよりんの顔が黒いです。 どうやら炭を突いて、顔にくっ付けたみたい(笑)。
左下:今日も沢山スイカを食べたよ〜。 体も涼しくなって快適だね!
右下:日曜日に食べた納豆ヨーグルトも冷え冷えです。 人間もそうだけど、真夏には、冷たい物が本当に美味しいね。

お盆も過ぎて、子供たちの夏休みもあと僅か〜。
夏も終盤となりましたね。
けれども、まだまだ気温は高く、真夏の陽気で蒸し暑い。。。
こっこ達も口を半開きにして暑そうにしていますよ。
最低気温が20℃前半まで下がってくれると、夜間にぐっすりと眠れて幾らか快適になるのですが、何時のことか〜。

ぴよ太の通院
「お盆休み前後くらいに、一度経過を診て貰った方が良いかな〜」と思っていたぴよ太の左足のバンブルフットですが、順調に良くなっていますよ!
(再診を予定していたお盆を過ぎちゃったから)前回7/28に頂いた残りの飲み薬を飲み切ったら、動物病院に行こうと考えていたところ、そのお薬を今回土曜日に全部使い切りました。 それで、日曜日にぴよ太を助手席に乗せて、掛かり付けの動物病院へ行って来ました。

前の通院でも記したけれど、乗り慣れてない車でのドライブは、怖かったり、疲れたりとぴよ太に負担を掛けちゃいます。。。 それに信号などの発進や停車に気を付けてゆっくり走ると、今度は後続の車両が気になりますしね〜(その私の運転を見て「前の車は、爺さんが運転しているのかな?」と思われたりするかも/笑)。
そのような理由で、事前に動物病院へ電話を掛けてみました。

ぴよ太の状態(普通に走れるようになった事)を伝えて、連れて行った方が良いかを聞いてみましたよ。 すると、お返事は「状態を診せて貰った方が適切に処置できるから、是非連れて来て下さい。」とのことでした。 やっぱりそうですよね〜。
先生に実際に様子や患部を診て頂いて、処置やお薬の変更を判断して貰った方が、確かに安心です! そのようなイキサツで再受診へ行って来ました。
【上写真:出発前の車の中】
【下写真:待合室での様子。 ぴよ太は、沢山声を掛けられたよ〜。】

何度かぴよ太と走っている山道ですが、やっぱり停車と発進、カーブが怖いようで、「ギュエッ〜」と小言を言っていました(苦笑)。 帰り道には要領を掴めて、余り言わなくなりますが、やっぱり怖いのでしょうね。。。 前回もそうだったから、たぶん1ヶ月後に再び車に乗せると、今回の事を忘れちゃって、また初めてのように怖がりますよ〜(苦笑)。

病院では、ちょうど待っている(ペットの)患者さんが居ない時で、直ぐに診察を受けられました。
診察室での待ち時間は、ほんの5分程度でしたよ。
その僅かな待ち時間の間、後から入って来た方と何時ものように”名古屋コーチン”の話題をしました。
ぴよ太が大人しくしているから、「大人しい子ですね!」と褒められましたよ。
段ボール箱から顔を出して、ぴよ太が周りを見て「ホッ ホッ ホッ〜」と言いながら、私の顔を覗いたり、また他の人の様子を見たりしている姿が、(ニワトリにしては)落ち着いているように見えたようでした。
毎回「大きいね〜」と言われるのも定番です(笑)。
先生からも毎回言われてます(笑)。

診察を終えて、お薬と精算を待っている10分くらいの間にも、別の方と”ぴよ太”のお話しをしました。
お婆さんを含めてその4人の家族は、(お婆さんが)ずっと前に名古屋コーチンを飼っていたそうです。
庭の草を食べてくれることや、放し飼いにしても迷子にならないこと、親しい人と知らない人を区別出来るという話をしました。 最後に名前を聞かれたので、「ぴよ太です。」と伝え、精算を済ませて病院を後にしました。

肝心の診察結果は、「凄く良くなっていますね! 足の裏は腫れがひいたから、薬をあと2週間飲んで様子を見ましょう。」とのことでした。 気になる事は、足の甲で、もっこりとコブが出来ちゃってます。
先生には、「痛くなくて、走れるならこのままでも良いでしょう。けれど、大きくなったりするようだったら切開しちゃった方が良いです。」と言われました。 薬は、一種類(消炎剤)が減って、”抗菌剤”と”整腸剤”だけになりましたよ。
急変が無ければ、今回頂いたお薬が無くなった時点で、次の診察を受けるか否かを考えるようにします。

電撃効果〜

前回土曜日に秋葉原で購入した”電撃殺虫灯”は、頑張っていますよ〜。
口コミ掲示板によると、「千円くらいの殺虫灯は、蛍光灯の寿命がおおよそ1週間で、直ぐに使えなくなってまう。」との書き込みが複数ありました。
私が\880-で購入した殺虫灯も直ぐに寿命が切れるだろうな〜と思っていたところ、案外頑張っている様子で、寿命が近付いて蛍光灯の脇が黒くなったり、チカチカと点滅することなく1週間頑張って捕虫をしています。

殺虫出来る虫は、蚊や蛾、カメムシのような虫です。
夜間、殺虫灯を観察しているとカナブンも寄ってくるのだけど、体が大きいから、殺虫灯のカバーに阻まれて電線のところまで入り込めません(命拾い/笑)。 こっこや人間を刺す蚊の駆除が第一の我が家には、ピッタリの仕様です。

蚊や蛾、カメムシのような虫達は、電線にくっついて焼かれて死んでいます。
使っているうちに、くっついた虫が沢山溜まって、新しく捕虫する能力が劣りそうだから、我が家の場合は、3日毎に割り箸や焼き鳥の串のような棒を使って清掃していますよ。 それから、雨対策に百均で購入した鍋の蓋を傘代わりに改造して、電撃殺虫灯の上に装着しました(笑)。
【写真:ニワトリヌカ蚊や藪蚊と思われる虫も焼かれてました。】
この殺虫灯の寿命は、あと幾らなのか?
もし10日間を過ぎても使えているならば、当たり商品と呼べるかも知れませんね〜。
2012年8月18日(土)&19日(日)
不安定な天候で、突然「ザザザザッ〜」と瞬間的な豪雨が降りましたよ〜。
左上:日曜日のゲリラ的豪雨で避難中のぴよりん(左隣はぴよ太)。 餌箱の上に登って耐えてました。
右上:日曜日のゲリラ的豪雨が一番酷かった時、庭は川のように水が溢れていました。。。
左下:雨が止んだ日曜日夕方、空気も涼しくなって快適に遊ぶこっこ達。
右下:ぴよ美はゆっくり羽換が進んでいます。 今回、尾羽付近が一番抜けました。

今回の土日は、とにかく雨が沢山降りました。
暫くは庭の散水も不要で、私も楽が出来そうです!
こっこ達は大雨で怖い思いをした筈ですが、その雨によって涼しくなった庭で数日間遊べますよ。
これも雨の恩恵ですよね。

ゲリラ豪雨?
今回の土日は、両日ともに天候が不安定でした。
土曜日は朝に1度、午後は1時間毎にザザザッ〜と雷鳴を轟かせて降りました。 集中して降る時間は10分前後と短いながらも、屋根を「ダッダッダッダッ〜」と打ちつける音が大きく、TV番組の音声が良く聞き取れない程でしたよ。
8/18、私が秋葉原へ出掛ける時間になっても、この急変する天候(雨が終わると直ぐに晴れます)が続き、傘を持って出掛けざるを得ませんでした。。。

翌日の日曜日は、更に激しい雨が降りましたよ。 通り雨というよりも”ゲリラ豪雨”と呼べるレベルです(苦笑)。 我が家の周りは都心などの半地下室のお宅は無いから被害は無かったけれど(地方都市の更に周辺地域だからね〜)、土地の少ない都会だったらそのような地下室へ浸水していたかも知れません。

そんな日曜日は、朝から不安定な天候でした。 いつ降っても良いように、洗濯物を倉庫の軒下へ吊るし、こっこのご飯をブドウ棚から部屋の軒下へ予め避難させましたよ。 案の定、午後になると黒い雲が空を覆い、雨粒が降り始めました。 部屋に居た私は、こっこの声が軒下から聞こえてきたことで、「あの子達が雨が遊べなくなる位に強くなったのか〜」と知りました。
【写真:雨の降り始め、ぴよ太が空を見上げて様子を伺っていました。】

こっこ達の様子を覗きに行くと、ぴよ太が空を見上げて、「雨が止むかな? それとも強くなるかな?」という素振りをしていました。 私は全員が避難していることを確認すると、再び部屋へ戻りました。

私が部屋へ戻って暫くすると、直ぐに風が吹き始め、横殴りの大雨になりましたよ。
前日土曜日の通り雨よりも大きな音で、「ダッダッダッダッ〜」と屋根や雨戸を打ちつけています(大粒の雨)。
こうなってしまうと、もうTVの音声は全く聞こえませんね(笑)。

軒下へ避難して来たこっこ達が心配になって、様子を覗こうと玄関まで来た私は、磨りガラス越しにぴよ太と2羽の雌鶏さんの姿を見付けました。 その様子に、私は「2羽の雌鶏さんは、ぴよりんとぴよ美かな? ぴよこりんは、静養ケージなどへ飛び乗っているのかな?」と直感しましたよ。 そして磨りガラス越しの姿は、凄く玄関に近いように感じます。
「雨が軒下奥まで吹き込んでいるのかな?
だとすると、軒下手前に避難させた餌箱が水浸しになっているかも?
もっと奥へ餌箱を移さない駄目だぞ〜。」と連想が巡ります。

玄関磨りガラス戸の傍に居る子達がビックリしないように、私はそっと玄関を開けました。
目の前は川です!
庭に降った水が集まって、玄関前の地面を川に変えて、激しく流れています。
水深は、ざっと5cmくらいあるでしょうか。。。
軒下の一段高くなっているコンクリートには、水の流れと横殴りの雨によって起きた波が押し寄せています。
これは、ゲリラ豪雨レベルでしょうか?

私は直ぐに餌箱を軒下の一番奥へと移動しました。
その場所は、ちょうどこっこ達が立っていた場所です。
さっきの私の直感通りに、ぴよ太とぴよ美、ぴよりんが居て、少しの間、避けて貰ってそこへ餌箱を移しましたよ。
この間、ジャンプ力の一番強いぴよこりんは、静養ケージの上から雨の様子や、私が作業をしている様子、仲間たちの様子を見降ろしていました。 そして、餌箱を移動し終わると、3羽は直ぐに餌箱の上にちょこんと登り、雨とコンクリートの上へ押し寄せる波から避難をしていました。

この雨は、強くなったり弱まったりを繰り返して、1時間くらい降っていましたよ。
別の窓から外を覗くと、道路の側溝が溢れて、(我が家の軒下前のように)道が川のようになっていました。
土曜日の雷雨は、地表にしか湿りを与えらませんでしたが、今回は(畑の作物には)良い湿りになった筈です!
しかし今回の雨は、我が家の周りだけの豪雨だったようで、3〜4Km離れた場所では何も降らなかったそうです。
数Kmほど離れた場所に居た父は、「空が暗くなって”降るかな?”と思ったけど、結局降らなかった。」と言っていました(笑)。 まさしく”ゲリラ”的に降った雨でした。

この雨によって、ぴよ太の足の包帯がびしょびしょに濡れてしまいました。
本人に「水溜りを歩いちゃいけない」という自覚がないから、庭の水溜りが無くなるまで包帯を外しておこうと思います。
そうしないと、新しく巻いた包帯でまた水溜りに入っちゃいますからね。。。(防水の包帯が欲しいです/笑)

電撃殺虫灯
8/18(土)、秋葉原を回っていたら電撃殺虫灯を見付けました。
そのお値段が\880-だったので、つい私は衝動買いをしてしまいましたよ(笑)。
秋葉原の街には、”売れ残り製品”や”使い勝手に難のある製品”、”消費期限切れの製品”が集まって来て、安価に売られることが良くあります。

例えば、消費期限切れ商品では”電池”をときどき見掛けますよ。
他の地域では絶対に有り得ませんが(笑)、期限を1年くらい過ぎたアルカリ電池が\10-などで売られてる事があります。 私も購入した事がありますが、プリンターのインクも消費期限切れの物が半値以下で販売されていたりもします。

そして今回購入した殺虫灯は、おそらく使い勝手が悪い類だと思います。。。
注意事項に「本製品は防水ではありません。雨の掛かる屋外での使用は控えて下さい。」とありました(笑)。 以前に「力を加えないで下さい。」と注意書きされた万力を百均で見掛けましたが、その類ですね〜(笑)。
まあ、この点は傘を付けるなどして、対策を講じようと思います。
【写真:翌日のゲリラ豪雨によって雨が掛かったけど大丈夫でした。】
この電撃殺虫灯、帰宅して直ぐに設置して電源を入れてみました。
青白い光を発して、近くで見詰めていると、結構眩しいです。 翌朝、私が夜間の電撃殺虫効果を確認すると、蛾や蚊、ハエが20匹くらい駆除出来ていましたよ。 こっこ達を刺す”ニワトリヌカ蚊”や人間を刺す”藪蚊”、こっこのウ○チに寄ってくる”ハエ”の駆除を目的として購入したから、この成果に満足でした。

因みに、虫が電撃されるときの音”バチッ”は、余りありませんでした。
焦げてはいるものの、ソフトな感じです(笑)。
庭で寝ているこっこ達も怖がらせずに済みそうで良かったです。
(青白い光は強烈なので、こっこ達から離れた場所に設置して安眠出来るようにしました)

番外編【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(ジャンク街中心に新規開店したお店)
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原の各店舗が集まってのイベント)
名古屋コーチン一家の週末日記
(購入品、殺虫灯は直ぐに使ってみました)
天候が不安定な土曜日、傘を持って秋葉原へ向かいました。
最寄駅までの道中、雨に降られて傘を使いましたが、秋葉原へ着くと、雨は一度も降りません。
土曜日も日曜日と同じく、”局地的な雨”だったのかもしれませんね〜。

秋葉原には新しいラーメン屋が出来ていました。
その名は、”野郎ラーメン”(笑)。
この名前に関係があるのか否か、男性しか入っていないように見えました(笑)。
前回巡回時には開店してなかったから、ここ1〜2週間くらいの間に開店したのだと思います。
店の外にはざっと30人ほどが並んでいて、大変人気なのですが、やっぱり全員男性。。。

Webで調べると、この野郎ラーメンはとてもボリュームがあるそうです。
”小”を頼んでも、他店の標準盛りよりも大盛りになるそうで(店の看板に掲げた写真のように大盛り)、自然と”大食いの男性”に客が偏るのかもしれませんね。 因みにメニューは、”豚野郎ラーメン”とか”スタミナつけ野郎”とか、品の無い名前ですが、美味しそうでした(笑)。 ほとぼりが冷めたら食べてみたいな〜。

夜は、”ハイボール\135-キャンぺーン”をやっている金の蔵Jrへ行きました。
2店ある秋葉原店が混んでそうなので、隣の御茶ノ水店まで移動して飲みましたよ。
キャンぺーンが効いたようで、今回も一人当たり\2,000-でお腹いっぱいになりました!

◎購入品
・JavaScriptのマニュアル本(HTML5を意識した新本) 2冊 \5,334- ←この手の本は高いです。。。
・USB3.0 メモリー 16GB \1,680-
・電撃殺虫灯 \880-
合計\7,894-


■JavaScriptのマニュアル本
少し前の日記にも記したように、今後HTML5によってWebぺージが製作される流れになりそうです。
従来のHTML4だと、Adobeの開発ツールFlashやPHPなどの言語を使って、動的なWebぺージを埋め込んで製作していたけれど、HTML5を使えばJavaScriptや他の言語との連携がスムーズになり、より簡単に同等のWebぺージが作れます!
そのようなバックグランドがあって、JavaScriptが再び注目されているのでしょうね〜。
秋葉原の書店という事もあって、JavaScriptマニュアル本の新書が沢山置かれていました。
友人との飲み屋待ち合わせの空き時間に2冊購入しましたよ。
ちょっと高額だけど、以前に読んだ本には無かったHTML5への導入例も沢山あって、良い復習になりそうです。

■USB3.0メモリ
USB3.0のメモリの中でも、読み出し100MB/s、書き込み50MB/sを誇る高速タイプのUSBメモリです。
「きっと快適だろう」と思って、入手しました。 ←所謂”衝動買い”ですね〜。

■電撃殺虫灯
購入時点で「防水では無い」ことを知って購入しましたが、もう1つ後で解った事がありました。
千円前後の安価な電撃殺虫灯は、「3日間で蛍光灯に寿命が来た」「1週間で蛍光灯の端が黒くなって点灯しなくなった。」という情報が沢山ありました。 概ね付属する蛍光灯の寿命が1週間前後のようで、早いと2〜3日で使えなくなるそうです。。。 私が購入した物も、短い寿命の製品である可能性が凄く高いと思いますよ〜(笑)。

因みにオーム電機製の電撃殺虫灯は、二千円くらいですが、概ね良い評判でした。
1週間で寿命を迎える\880-円の製品と、夏を何回も乗り越えられる二千円の製品、購入するなら後者でしょうね〜。
私が購入した製品の寿命がどの位なのか、様子を見ようと思いますが、事前に調べておくべきだったな〜と、少し後悔です(笑)。 ← 「安物買いの銭失い」の可能性大。。。
2012年8月14日(火)
お盆休みの色々。 【夏休み特別編日記】
左:頂いたヒジキを戻して塩を切ってご馳走したら、美味しそうに食べましたよ〜。
右:こっこ仲間の”テン&シマさん”からジャムとこっこ用のヒジキが届きました!

初ヒジキ
本日午後、テン&シマさんからルバーブジャムとヒジキが届きました。
ジャムは、6月オフ会の時に十一郎さん経由で頂いたもので、焼いた食パンに塗ると甘酸っぱくて、とても美味しく、何度かそのお話をしていたら、「まだ余っているから、良かったらお送りしましょうか。」と声を掛けて下さったので、お言葉に甘えて、送って頂いたものです。 そしてヒジキは、テン&シマさん家のこっこが食べている定番です。
お写真にも良く登場していて、ご近所の海で沢山採れるそうですよ。

早速、我が家のこっこ用に同封して下さった”乾燥ヒジキ”を水で戻したあと、塩を切って食べさせました。
1/5袋分を水に戻したら、、、10分後にフワッ〜っと凄く増えました(笑)。 ←解っていたことですが〜。
ちょっと多かったので、半分をビニール袋に入れて冷蔵庫へ次回分に保管しました。

ヒジキは、何時もワカサギ&冷凍コーンを解凍している水切りに入れました。
このヒジキ入りの水切りを庭へ運ぶと、我が家の子達は凄く嬉しそうにダッシュで集まってきましたよ〜。
黒いヒジキをコンクリートに出して広げながら、私は「他所のこっこも食べているよ。食べてみな〜。」と話し掛けました。
こっこ達は、「???」というような表情で、口を付けません。
空になった水切りを私が持って立ち去ろうとすると、一生懸命に後を追って来ます。
手に持った水切りの中を見上げたり、覗こうとする素振りをします。。。 どうやらこっこ達は、「”ワカサギ”と”コーン”が入っているんじゃないか?」と疑っているようでした(笑)。 ダッシュしてまで集まった理由もこれですね。。。 ときどき私は思うのですが、今回もこっこはちゃんと記憶しているな〜って、あらためて思いました。

急いで室内へ空になった水切りを置いて、私はヒジキの場所へ戻り、こっこ達を呼びました。
すると直ぐに4羽が集まって、私が指さすヒジキを覗き込みます。
自分は未だ口を付けて無いのだけど(笑)、ぴよ太は「ホッ ホッ ホッ ホッ〜」と言いながら、ヒジキを突く素振りをしながら、雌鶏さんに「これ美味しいよ!早く食べな〜」って促しています(ぴよ太はいい加減な男かも知れません/笑)。

ぴよりんか、ぴよこりんが初めに口を付けて、直ぐに2羽ともパクパクと食べ始めました。
後ろで控えているぴよ美も食べたそうに、年長こっこ達が食べ終わるのを待っています。
暫くすると、雌鶏さんに促していたぴよ太も食べ始めましたよ。 ←「どんなものか?」と様子を見ていたのかも(笑)。
ぴよりん&ぴよこりんが食べ終えてその場を立ち去ると、ぴよ美も食べ始めました。
当初、「我が家のこっこ達はちゃんと食べてくれるかな? 折角のヒジキを無駄にしちゃわないかな?」と考えたものの、この日、全員が美味しくヒジキを食べられましたよ! テン&シマさん、有難うございました。

お盆の迎え火

私の地元では、8/13にお墓へご先祖様の霊を迎えに行きます。
朝からその準備をしますよ。 鬼灯や折り紙を刻んでしめ縄をくくり付けて、仏壇に飾ります。 ご先祖様が乗ってくる茄子の牛と、キュウリの馬も作らないといけませんね。 団子や漬物やお酒などのご馳走もちゃんと用意します。

午後になると新盆のお宅からお墓へ迎えに行きます。
15時くらいになると、道路は提灯を持った行列で一杯になりますよ。
”旧道”と呼ばれている細い昔の街道は、墓参りの行列によって車が徐行運転状態になります(我が家の前の道)。 行きは空の提灯を持って行って、帰りに灯して帰ります。 ロウソクの炎にご先祖様の霊を重ねているのでしょう。
提灯のロウソクは、お盆の終わり8/15まで灯し続けます。

私の地元では、迎え火は提灯の炎ですが、母の故郷(東北地方)では、お盆の間、松を毎晩燃やしていたそうで、昨年の津波被害の事もあって焚いてみました。
我が家のご先祖こっこ達も、この炎を目印にして戻って来ているかな?
【写真:マツヤニによって燃え上がる迎え火】

新レーザープリンターGet!
お盆休みの目標の1つに掲げていた”プリンターのセットアップ”が済みました。
プリンターは、前回記したようにカラーレーザープリンターですよ!
機種はNECの”MultiWriter 5600C”です。 大変お安く、ネットショップから新品を\7,980-(代引き手数料別途\315-)で入手出来ました。

このプリンターは、一般的なインクジェット式ではなく、レーザー式なので(インクに相当する粉の入った)消耗品のトナー交換が必要です。 そのトナーは、初期購入時に付属するトナーの1.5倍の容量だけど、一式が約\15,000-と結構高いです。
しかし、レーザープリンターの優れた特性を考えると、インクジェット式よりも私の使い方にマッチして、経済的だと思うんですよね〜。
【写真:先日撮った花火大会写真を試し印刷!】

■レーザープリンターの特性
1、トナー(粉)は、時間が経っても乾燥や変質に強い。
2、インクではないから、印刷物が濡れても滲まない。
3、高消費電力で本体重量が重い。
4、インクジェットと比べて容量も大きいけど、交換するトナーが高い。

私の場合、写真を沢山撮りますが、プリントアウトすることは殆どありません。
PCを使う頻度が高く、部屋に在室するときには、メインPCを常に電源ON状態で使っています。
だから新PCを組み立てる際は、長時間PC稼働を念頭に置いて、省電力&高性能を天秤に掛けて製作しますよ〜。
そのような環境だから、PC保存した画像を24インチモニターなどで直ぐに閲覧できて、嵩張る紙面印刷をしません。

多くの人のプリンターを購入する目的の1つに”写真印刷”が挙げられるけど、この点で私は違います。
では何を印刷するのか? 私の場合は、年賀葉書がメインです(笑)。
他では、突発的な事で”来客者への印刷”があります。
例えば、Web閲覧が出来ない方への(私の親戚は野菜を作っている人が多いから)作物の作り方の手本だったり、似た品種の見分け方などが解説されたWebぺージを印刷してあげることがときどきありますよ。

このような使い方なので、1週間に何度も使うような頻度ではなく、1ヵ月間に一度も使わない事もあります。
インクジェット式を使っていた時には、2〜3ヵ月使わない期間が開くと、(消費期限が短いから)駄目になって一式\5,000-くらいのインクセットを買い直すことが何度もありました。。。 使わないと劣化が早まるというのは致命的でした(苦笑)。

レーザープリンターのトナーも劣化はしますけれど、インクジェットのように短くは有りません。
暑中見舞いを印刷した半年後に年賀葉書を印刷するような使い方でも、たぶん大丈夫だと思うんです。
(開封後の消費期限が6ヵ月程度のインクジェット式と比べると、結果的にコスト的に優れる筈です)

レーザープリンターの他の特性では、上記2番目が優れますね〜。
インクだと雨や水滴によって滲んでしまいますが、レーザーは心配無用です!
葉書印刷や名刺印刷は、印刷物が濡れる恐れが高いから、レーザー式の方が優れると思うんですよね〜。

しかし、重量が重いです。 消費電力も高く、印刷時には最大1000Wくらい消費します。。。
私の今回購入したプリンターは、軽量級の約11Kgでしたが(そうでも重いけれど)、大抵のレーザープリンターは20Kg前後ありますよ〜。 レーザーを使って焼き付けるから、図体も大きく電力も沢山消費するのでしょうね〜。
(最近はお安くなりましたが、元々はビジネス用途だったから、この辺は余り問題にならなかったのかも)
2012年8月11日(土)&12日(日)
お盆休みに突入! 少し涼しかった一週間でしたよ。
左上:ぴよ美のところへぴよ太が会いに来ました。 「お散歩へ行こうよ」と声を掛けているのかな?
右上:一本だけ長い尾羽のぴよ太。 50cmくらいの長さで、立ち方が悪いと地面に着いちゃうんですよ〜。
左下:どの子も水を沢山飲んでいますよ。 暑くて喉も直ぐ乾いちゃいますね〜(私もね)。
右下:砂浴びをしてバサバサッ〜とやらずにご飯を食べに来たぴよりんは、土だらけでした(笑)。

今週は、前の週と比べてだけど、少し涼しい一週間でしたよ。
先週末の天気予報でも「月曜日からの1週間は、比較的過ごしやすい気温となるでしょう。」と言っていて、月曜日は予報通りに涼しく、最高気温も30℃未満でした。 職場のビルでは、省電力対策をしていてエアコン設定温度が28℃にしているから、この日はビルの外へ出た方が涼しく感じたくらいです(笑)。
窓を開けて涼しい外の風を入れたかったのですが、職場に虫嫌いな方が数名居て、「蚊や小さな虫が入ってくる」というので、残念ながら窓開放は出来ませんでした。 ←それくらいに外が涼しかったですよ〜。

そんな感じの涼しい一週間だったので、その前の週までの猛暑に体が慣れたこっこ達にも過ごし易い週だったと思います。 ハアハアと口呼吸もせず、翼を開いて風通しを良くしたりの暑さ対策もしなくても過ごせました。
人間にとっても、こっこにとっても、夏バテを回復させる猛暑休みの週だったと言えますね!

そして今週末からお盆休みとなりました!
色々と片付ける作業がありますが、大きく3つに絞りましたよ。
1、新PC関係  ←新プリンター購入や遣り残したソフトウェアーの設定
2、新HP用の勉強  ←XHTMLの復習と新しくHTML5を覚えたいな〜と思ってます。
3、自宅筋トレ  ←職場近くのジムへ通えないから、サボり癖が付かないように頑張ります(笑)。

・プリンターは、職場から持ち帰ったモノクロレーザープリンターが未だ使えるのですが、少々古い製品なので、Windows7のOSに対応出来ておらず、色々と手を尽くしましたが利用できませんでした。。。
そこで、カラーのレーザープリンターを入手しようかと思ってます。
レーザープリンターは大きく重いけれど、インクジェットタイプと比べてインクの劣化が微小で、半年間使わなくてもヘッドが固まって使えなくなったり、インクが揮発して駄目になったりするトラブルが殆ど皆無です。
余り紙面出力しない私にはピッタリのプリンターなんですよ!

・HP製作は、”こーちんの庭”もそうだけど、殆どほったらかしになっている野菜のHPの事も考えて、新しい言語でテコ入れをしようかと考えています。 HTML5は、動的なWebぺージ製作を得意としていて、AdobeのFlashなどを使ったようなWebが作れます。 これからはスマートフォン向けに、各企業がこのHTML5を使ってWebを製作してくると思いますが、私もその流れに乗ろうかと思っていますよ〜。

・筋トレは、ときどき週末日記にも記しますが、私の趣味の1つです(笑)。
かれこれ20年くらい筋トレを続けていて、一度サボると2〜3ヵ月離れてしまったりもします。
大抵は、(風邪で寝込むなどの)病気や仕事の繁忙、長期休暇がサボるきっかけになってしまっていて、お盆やGW、正月休みにも根気良く続ける事がとても大事なのです。 この点は、女性のダイエットと同じような感じで、筋トレの効果も健康維持・老化防止・体力向上に続き、エネルギーを消費する行為なので、ダイエット効果もありますよ〜。
昨年にはお腹周りがメタボ基準をクリアー出来なかったから、今年はちゃんとクリアーしたいな〜と、ダイエット効果も狙って筋トレを続けて行きたいと思っています(笑)。

羽換?
庭に羽毛がまとまって落ちていました。
「誰のかな?」、ちょっと心配になって「猫とか侵入犬に何かされたかな?」などと考えているうちに、また翌日夜、会社から私が帰宅すると、玄関周りに羽毛が沢山落ちていました。 玄関周りにはぴよりん&ぴよこりん、そしてぴよ太が寝ていて、このうちの誰かだろうな〜と思いながら、一羽ずつ羽の様子を覗いていきましたが、夜間で暗いこともあってイマイチ解りません。。。 ですが、ぴよ太のクチバシには羽毛がくっ付いていました。

ぴよ太の体の羽は、見た目では禿げたりしていませんでしたが(笑)、クチバシに抜けた羽毛がくっ付いていたことから、羽が抜けやすくなっていて、羽の手入れをしていたら抜けてしまったという事なのでしょう。
今のところ”軽い羽換”という判断で、暑い季節柄、抜けた方が涼しくて良さそうだなと感じましたよ〜。

翌朝、左足のお薬を飲ませる時に、体の羽を調べてみました。
ぴよ太は、私に翼を広げられて脇の下を触られたり、尾羽や背中の羽を持ち上げられたりして、「ホェ〜」と言っていました(笑)。 「今日は僕の羽をやけに触るけど、くすぐったいよ〜」と言っていたのかな?
嫌がる様子は無く、大人しく私に羽を調べられていましたよ。 
その様子がまたまた可愛いから、私はぴよ太を沢山ナデナデしちゃいました(笑)。

そうこうしてぴよ太の体を調べても、余り羽換の気配はありませんでした。
軽い羽換だと、こっこには沢山の羽が生えているから、余り解らないのかも知れませんね。
庭に20枚か30枚の羽が落ちていると、「沢山抜けてるぞ」と思ってしまうけれど、人間の髪の毛が(何かのアクシデントで)100本くらい抜けて「俺、禿げるかも?」とビックリするのと同じで(笑)、全体に比べたら微小なのかも知れません。

あらためて他の子の様子を観察すると、ぴよ美の尾羽が減っていました(笑)。
ぴよ太も軽い羽換だと思うけれど、ぴよ美も羽換のようでした。
先週のぴよ美写真と、今週の写真を比べても解るけれど、尾羽中心に抜けてるようです。
ぴよ美を暫く観察していると、彼女がバサバサッ〜っとやりました。
すると、羽毛が5〜6枚抜け落ちたので、羽換をしている事に間違いないようです。

P.S.
髪の毛が抜けるお話、実は十数年前に半導体工場に勤めていた頃に経験しました(笑)。
クリーン着という体からホコリなどを工場内へ出さないツナギを着ていて、ビニールの帽子を8時間とか10時間連続で被っていたのですが、脱ぐと帽子の裏に沢山髪の毛が付いているのです。。。
人間の頭髪は10万本あって、一日に数百本が抜けると言われています。
だから8時間分の100本程度が付着していても普通なのですが、「禿げるかも?」と恐怖を覚えたものですよ(笑)。

蚊とダニのその後
ダニは、5月に夕方に登る静養ケージ天蓋裏にワクモダニを見付けました。
少し後の6月、産箱の天井に同じくワクモダニを見付けてしまいました。
何れも少しの量で、拡散している様子は無かったのですが、凄くショッキングだったから、毎週、母屋小屋を洗剤を使って水洗いするのが習慣になりましたよ。 昨年夏の大量発生を鮮明に憶えているから、二度と拡散しまいと気合を入れてゴシゴシ洗いました!

その結果、5月と6月に1回ずつ見た後には、再びワクモダニを見掛けることは有りませんでした。
昨年夏に大規模駆除をした頃、私が調べたワクモダニの習性に「寿命は約3ヶ月、しかし空の鶏舎で吸血せずに9ヶ月間生き延びるものも居る。」というのがありました。
ある一定期間見掛けなければ、あたらためて外から来ない限り根絶出来たと考えて良いのだと思います。
その期間は、3ヵ月〜9ヵ月間です!
小屋の隙間に産みつけられたワクモダニの卵がずっと孵らずに生き永らえるという事は無いと思うので、9ヵ月間、姿を見掛けなければ我が家のワクモダニは根絶出来たと考えても良さそうです。
一番繁殖し易い夏季、丁度今の時期ですが、入念に駆除を行って根絶したいな〜と考えています。

ダニの種類のもう1つ”トリサシダニ”は、今年は一回も発生していませんよ!
5月のGWの頃、予防的に一度だけ軽くノックレン(ダニ・ノミ駆除スプレー)を散布しただけです。
ワクモダニとは習性も棲家も違うから、ワクモダニを根絶させる試みがトリサシダニの発生を抑えているという事は考え難いのだけど、こっこにとってはお尻が痒くならずに済んで良かったと思っています。
これからもダニが発生しないと良いなと願っています!

ダニは、発生が抑えられて大成功なですが、蚊は人間を刺す種類と、ニワトリを専門に刺す”ニワトリヌカ蚊”が玄関周りに集まってきます。 玄関周りに集まるのは、私の部屋から漏れる蛍光灯の光に集まる事と、こっこ達が夕方に集まって、玄関の周りに登るから、こっこ達の体から出る何か(蚊が獲物を識別する臭気?)に寄ってくる為だと思います。
当然、私が玄関から出ると、私の体から出る二酸化炭素によって藪蚊が私に襲いかかってきますよ〜(苦笑)。

玄関周りの蚊には、前に記したようにこっこ達を移動させた後、殺虫スプレーを散布しています。
毎晩ではありませんが、2〜3日に一度、散布をして軒下の全部の蚊を駆除していますよ。
この対策によってどの位の効果が有るのか解りませんが、死んだ蚊が落ちているので、それなりに期待できるのだと思います。 ぴよ太の頭には引っかき傷がときどき出来ていますが、出来るだけ蚊を減らせればな〜と思っています。
(不思議な事に、ぴよ太以外の子には鶏冠の傷が有りません。ぴよ太の足癖が悪いだけかも/笑)
2012年8月4日(土)&5日(日)
猛暑日が続きましたが、ぴよ太の左足は順調に回復しています!
連日の猛暑によって、人間もこっこも弱ってきている感じですが、こんな時こそちゃんと食べて、良く休まないと駄目ですよね〜。 そう思って、私は庭へ冷たい井戸水を散水し始めました。
庭を通る風もヒンヤリと涼しく、人間にも活力を戻す散水になりましたよ。
勿論、庭のこっこ達も冷たく湿った土にうっとりしています!

散水三昧(さんすいざんまい)

ここ最近の私の週末日記、そして掲示板へも記しているかも知れませんが、”こーちんの庭”へは雨が殆ど降っていません。 小雨程度だったら降った記憶がない訳ではありませんが、、、印象が薄いですね〜(笑)。 
庭の地面はカラカラで、こっこが翼でバサバサッっとやると、土煙が立ちます。 そのような状況の連日の猛暑だから、週末の土日になる度に私はたっぷりと水を撒いていますよ。

水撒きをした後は、庭の気温がグンと下がるのを体感出来ます。
そしてこっこ達は、湿った土をカキカキしたり、そこへ座ったり、寝そべったりして気持ち良さそうにしていますよ。 日陰を作ってあげる事は最も大事だけど、加えて水を沢山撒いてあげると更に”暑さ対策”としての効果が上がります!

今回の土曜日(8/4)には、午前中から冷たい井戸水をずっと流しっ放しで散水しました。 この井戸水、数年前の改修時に計ったら、真夏でも15℃でした。
手を暫く井戸水に浸けておくと、手がかじかむくらいに冷たい水温です!
【写真:冷たい井戸水を”こーちんの庭”へ沢山撒きましたよ。】

母屋小屋の水洗い、その他の作業をしながら撒く場所を変えて、大よそ2時間、この冷たい井戸水を流し続けました。
1分間に20リットルくらい出る井戸だから、その数字で計算すると、20リットル×60分×2時間 = 2,400リットル!
計算してビックリですが、お風呂12杯分、約2.4トンを散水した事になります。
水道水だったなら、県の水道局から怒られそうですね。。。(苦笑)
使ったポンプの電気代は、32インチテレビを2時間鑑賞したくらいかな? ←20円くらい?
水道水を使うよりもコスト的には凄く安いのでしょう。

これだけの水量を撒いておけば、木陰に数日間湿り気を保てますよ〜。
庭木には勿論恵みの水となり、こっこ達の良い避暑地にもなります。
唯一の悩みは、庭木が甦って青々するのと同時に、雑草の勢いが増すことです(笑)。
折角カラカラに干からびて、息も絶え絶えになった雑草も復活しちゃいます。。。

散水直後は地面は泥んこになるけれど、真夏の太陽と暑さで、午後にはこっこの好む土質になってきましたよ。
丁度良い湿り気の土に、こっこ達は、寝転がって砂浴びの様な事をしたり、座って昼寝をしたりしていました。
ちゃんと砂浴びをするには、もうちょっと乾かないと駄目みたいで、散水から丸一日くらい経たないと丁度良くならないかも知れませんよ〜。

ぴよ太の左足
ペット病院へ連れて行って、診察を受けたのは、ちょうど1週間前のことでした。
ぴよ太は、処方されたお薬を、毎日ちゃんと頑張って飲みましたよ。

抗菌剤0.5cc、消炎剤1cc、(人間の赤ちゃん用の)整腸剤を0.5包を一日に2回、朝と夜に飲みました。 これら3種類のお薬を混ぜ合わせた2ccくらいの液をスポイトに入れて、ぴよ太に飲ませます。
この量は、調理用の”小さじ”が5ccと聞くから、その半分以下の微量です。 ぴよ太の口ならば、余裕の”ひとくち”で飲める量なのですが、「嫌だよ〜」「そんなの飲まないぞ〜」と首を振ることが多くて困ります(苦笑)。 大人しく飲む時には、凄く素直にペロペロッっと一瞬で飲んでしまうのですが、機嫌を損ねると大変です。。。
それでも毎日、なんとか薬を頑張って飲んで貰っている効果か、ぴよ太の左足の痛みは緩和されているようです。

診察前、走るのがとても辛そうで、左足をかばっていました。 普通に歩く時でも、ふと立ち止まると、左足を挙げて地面に着かないようにしていました(右足の蹴爪に引っ掛けた状態)。 その状態から普通に速く走れるようになりましたよ!
【写真:ぴよ太の足は、快方に向かっています!】

でも左足の腫れは、未だ残っていて、見た目には、それ程良くなっているようには見えません。。。
消炎剤や抗菌剤がもっと効くと、足に溜まったバイ菌やそれによって起こされる炎症が引くから、きっとスマートな正常な足になるのでしょうね。

因みに、先生からは「抗菌剤が胃腸の善玉菌を減らして、胃腸の具合を悪くする。」というのは、整腸剤もちゃんと飲んでいるから大丈夫みたいです。 配合飼料もちゃんと食べられるし、スイカやカナブンもムシャムシャと食べていますよ!
う○ちもコロコロな状態で、快便そのものでした。

頂いたお薬は、あと1週間〜10日間分あります。
ぴよ太には頑張って貰って、ちゃんと飲んで貰おうと思います。 頂いたお薬が無くなった時点で、再び病院で診察を受けるべきかどうかを、(ぴよ太の様子を伝えて)電話で問い合わせてみようかなと思っています。

左上:日曜日、ぴよりん&ぴよこりんはお産中。 納豆ヨーグルトをぴよ美とぴよ太にご馳走しました。
右上:ぴよ美がご飯を食べていました。 お姉ちゃん達は夏バテ(本当は暑さ対策)で食が細っていますよ。
左下:沢山の水を撒いた庭で涼むぴよりん。 気化熱によってヒンヤリと気持ちが良いですよ!
右下:冷たい井戸水の散水後、木蔭で昼寝をするぴよりん。 湿った土が冷たくて気持ち良いです。


番外編【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(午後19時頃の秋葉原ジャンク街は閑散)
名古屋コーチン一家の週末日記
(金の蔵Jrは、ハイボールが\135-キャンぺーン)
名古屋コーチン一家の週末日記
(ガチャガチャは、化石が欲しかったな〜/苦笑)
今回は、16時過ぎに家を出て、秋葉原到着は18時近くになりましたよ。
暑過ぎで、夕方を待って出掛けないと、アスファルトの熱でクラクラしそうだったからです(笑)。
そしてアキバへ向かう電車内は、浴衣姿の男女が沢山いました。
どうやら東京湾岸の何ヶ所かで、花火大会が同時にあったようです。

今回のアキバ巡回は、1ヵ月くらい前に購入したタブレット端末”Acer社 ICONIA TAB A100”のオプション品を探すのが目的でした。 このタブレット端末は、普通のPCのようなUSB端子やHDMI(外部映像&音声出力)端子ではありません。
おそらく、DocomoやAU、Softbankから販売されているスマートフォンも同じように小さな”マイクロUSB端子”だったり、”マイクロHDMI端子”を装備している筈ですけれど、初めてこの手のモバイル端末を使った私には、「えっ、何この小さなコネクタは?」という感じでしたよ(笑)。

HDMI端子は、家庭用のTV(32インチとか37インチ、42インチなどの大画面)と接続して、音声と一緒に写し出す為に、一般のTVと接続できる通常サイズのHDMIへ変換するためのアダプタが欲しいです。 家族や誰かに何かを説明したい時、大きなTV画面へYouTubeの動画やWeb検索した様々な資料を映し出せれば便利ですからね〜。

それからUSB端子は、PCとのデータ受け渡し等で普通サイズのUSBコネクタへの変換が出来るとまた便利です。
マイクロSDカードを使ってのデータ受け渡しでも良いのですが、USBメモリの方がより一般的ですからね!

夜、友人と秋葉原の金の蔵Jrで飲みました。
秋葉原では、土曜日だと大抵テーブルが開くのを待たされるのですが、この日は空いていて空きテーブルがチラホラありましたよ。 秋葉原で飲む客層も、今夜は花火大会を見に行っているのでしょうね。
直ぐにテーブルに座れて、1杯目にはビールを飲んだけれど、2杯目からはハイボールばかり飲みました。
なんと、ハイボールが中ジョッキ1杯で\135-のキャンぺーンをやっていたのです!
このお得なキャンぺーンのお陰様で、一人当たり\2,200-でお腹いっぱいになりました!

◎購入品
・タブレット端末のマイクロHDMI端子→ノーマルHDMI端子変換アダプタ \440-
・タブレット端末のマイクロUSBI端子→ノーマルUSB(メス)端子変換ケーブル \360-
・化石・鉱物標本図鑑ガチャガチャ 2回 \400-
合計\1,200-

■タブレット端末のオプション品
お目当ての2つを入手できましたよ。
”マイクロHDMI端子→ノーマルHDMI端子変換アダプタ”を装着して、TVへHDMIケーブルを使って接続すると、TVにちゃんとタブレット端末の画面が表示出来ました。 YouTubeの動画も大きなTV画面へ音声とともに表示されて満足でした!

■ガチャガチャ
アキバの名所”ガチャポン会館”を覗くと、”化石・鉱物標本図鑑”なるガチャガチャがありました。
この手の物が好きな私は、早速\200-を入れて回しましたよ(笑)。
お目当ては、”アンモナイトの化石”だったけれど、残念ながら”翡翠”が出てきました。
気を取り直してもう一度回すと、今度は”紅玉髄”というモンゴル原産の透明な鉱石でした。。。
今回は運が余り良くないようです(笑)。
次回、またガチャポン会館にこのガチャガチャがあったならば、リベンジしちゃうかも(笑)。
2012年7月28日(土)&29日(日)
ぴよ太の左足をお医者さんに診てもらいました。 早く良くなると嬉しいな〜。
梅雨が明けてから2週間余り、本格的な真夏です!
今週から多くの学生たちも夏休みになって、通勤電車も幾らか混雑が緩和され、快適になりましたよ。
しかし、それ以上に1ヵ月以上続く学生の夏休みが羨ましかったりしますね〜(笑)。
あっと言う間に8/31を迎え、「夏休みって何をしてたんだっけ?」と無計画に過ごした学生時代ですが、
もう一度あの頃に戻りたいな〜と、今の時期にときどき思います(笑)。

しかし暑いですね。。。
昼休み散歩が凄く過酷に感じています(笑)。
最近は、クーラーの効いたスーパーや”○×カメラ”のような家電量販店、百均などを歩きまわっています。

カナブン踊り食い
子供達も夏休みとなり、本格的に真夏を迎えた日本列島、我が家周辺の昆虫たちもイキイキしています!
”こーちんの庭”の周辺は、1週間か10日くらい前から蝉の声が聞こえ始めて、庭のブドウ棚へはカナブンが集まって来るようになりましたよ。 今年も話題にしちゃうけど、夏になると必ず週末日記のネタにするのが、この”カナブン”です(笑)。

我が家のブドウの棚は、下から棒でバサバサと揺すると、2匹、3匹のカナブンが「ボタッ ボタッ」っと落ちてきますよ。
事前に「ぴよちゃ〜ん、カナブンを落とすからおいで〜!」と、4羽をブドウ棚の下に全員集合させておくと、こっこ達は首を長くして頭の上の棚を見上げて「何処から落ちてくるかな?」「私が一番だからね〜」「お父さん、早く落として!」と待っています。 私が棚を揺らしてカナブンが落ちると、タタタタッ〜という素早い動きで捕まえます。

落ちる途中で飛び始めるカナブンもいて、低空飛行で必死に逃げる場合があります。
雌鶏さんは、一生懸命に飛んで逃げるカナブンを追い掛けますよ〜。 見ていると、5mくらい、場合によっては10mくらい執念深く追い掛けます(笑)。 まんまとカナブンに飛んで逃げられちゃうケースも結構多いけれど、捕まえられた時には「どうだ!」というように、凄く嬉しそうにしています。

7/28(土)、快晴の灼熱地獄の庭、私は今年初めてブドウ棚を揺らしました。
そうしたら、沢山のカナブンが落ちてきました!
1mくらいの間隔で、揺らす場所を移動させてカナブンを落とした結果、合計20匹くらい落とせました!
飛んで逃げたのが10匹弱くらい居たけれど、1羽あたり3匹のカナブンを食べられた計算です。

我が家のこっこ達は、カナブンを豪快に食べましたよ。
読んでいる皆さんは、千切って小さく分解して食べると思うでしょう?
違うんですよ〜(笑)。 丸飲みしちゃいます! 
踊り食い状態だから、(特に初めてだと)その光景に本当にビックリなんです(苦笑)。

カナブンは、体長2〜3cmの大きさで、カブトムシと同じく、とても固い殻で覆われています。
人間でも丸飲みすると、「オエッ」となりそうだし、喉に固い足や体が引っ掛かって、食道の怪我をしそうなのだけれど、
(人間と比べて)小さい口と狭い喉にもかかわらず、「ゴクン」と丸飲みしちゃいます。
喉を通る時、まだカナブンが生きているから、そのうの中で暴れまくりそうな気もしますけれど、そんなカナブンを丸飲みしても全然平気なようですよ(笑)。 飲み込んだ後、少し休んだり、(固い昆虫だから)消化の為に時間を開けることなく、また次の獲物を探しにタタタタッ〜と駆け寄ってきます。

夏の風物詩、スイカやメロン、キュウリが大好きな我が家のこっこ達は、カナブンも大好物です。
普段、年上のぴよりん&ぴよこりんに遠慮して、お姉ちゃん達が食べ終わるのを待っているぴよ美は、獲物がカナブンになると、一緒になって奪い合いをします。
(ぴよ美は、若いこともあって、お姉ちゃん達よりも動きが素早く、カナブンGet率も高いみたいでした/笑)
それくらいに、我が家のこっこにとっては好物のようです。

ぴよ太の左足 〜通院〜

昨年秋から患っていたぴよ太のバンブルフット(趾瘤症)ですが、余り経過が良くありません。 再び腫れているのに私が気付いたのが、7/7(土)の事でした。
その日、私の素人治療(蓋になっているカサブタを剥がして、奥に溜まった膿を取り出した)によって、膿が更に溜まって炎症をもっと悪化させる事態を阻止できたかも知れませんが、左足の腫れが未だ引いていません。
毎日患部の清掃をしたあと、オロナイン軟膏を塗って新しい包帯を巻いてあげていましたが、そろそろ次の手を考えなければならないようです。。。
そのような事情で、昨年秋に掛かったペット病院(過去、長男コーチンの足も診て貰っていました)へ行く事にしましたよ。

ぴよ太には、自動車助手席に置いた段ボールに入って貰いました。
私とぴよ太の病院まで30分か40分間のドライブです!

前にも記したけれど、山道をクネクネ走り、上がったり下がったりを繰り返してやっと到着する病院です。 ぐるっと周って良い道を走ると、到着まで1時間半くらい掛かってしまうから仕方がないのだけれど、ぴよ太には、おっかなびっくりの怖い思いをさせてしまいました。。。 ぴよ太は、昨年秋には同じ経験をしていました。 しかし彼は、車の乗り方については、やっぱり忘れてしまったみたいです(苦笑)。
でも本日の帰路にはちゃんと要領を掴めて、立たずに、ちゃんと座ることを憶えましたよ。 ←昨年にもちゃんと憶えた筈ですが、忘れちゃいますよね。。。

到着した病院の待合室は、私達以外には誰もおらず、1組が診察室で診て貰っている最中でした。 暫くすると、あっという間に3組が入ってきて、「大きいですね〜。名古屋コーチンですか?」、「そうなんです。2歳ちょっとの雄鶏なんですよ〜。」という、解り易い反応の挨拶を交わしましたよ。
そして、いきなり”名古屋コーチン”という種類名がでてきたのには、訳があったのでした。 インコちゃんの診察に来ていた一人が、「私、実は名古屋コーチンを飼おうと思っているのです」に続いて、もう一人が「私のところは、3歳の雄鶏名古屋コーチンを飼っていますよ!」と話し始めたのです。

飼おうと思っている方は、名古屋コーチンとアヒルのどちらにするか迷っているそうで、私の方から雄鶏と雌鶏の性格の違いや懐き易さに付いてお話をしましたよ。
既に飼っている方は、頷いていて、「そうそう、雄鶏は全然性格が違うよね!」と私に続けて説明をしてあげていました。 お話を聞いていくと、この方の飼っている雄鶏君もバンブルフットを患っていて、「患う率が高いのだな」と、あらためて思いました。
待合室の中が、ニワトリの話題、特に名古屋コーチン率が凄く高い状態になっていましたよ(笑)。 世間一般的なペットの話題で、この様にこっこの話題が普通な感じになったら、凄く嬉しいですよね〜。

【1枚目写真:病院へイザ出発。自宅にて車内を撮影。】
【2枚目写真:ペット病院の待合室。 ぴよ太を囲んで、こっこネタが炸裂しました。】
【3枚目写真:今回処方されたお薬は、3種類。】
【4枚目写真:普通の納豆ヨーグルトとは別に、薬入りも用意。】

楽しいお話しをしていると、ぴよ太の番になりました。
事前に具合を電話で説明してあって、先生にあらためてぴよ太の足の状態を説明すると、次のようにぴよ太に話しかけてくれました。 「何度見ても大きいね〜」「オロナイン軟膏を塗っていた子だね!」
「涼しい季節は炎症は悪くならないけど、夏になって腫れちゃったかな?」
先生は、ぴよ太の事を憶えていて下さったようです(カルテに記してあったのかも知れませんけれども)。

先生は、私の巻いた包帯をほどいて患部の診察を終えると、患部の奥へ化膿止め注射を打ちました(人間の子供だったら、泣いちゃいそうです/苦笑)。 看護婦さんに顔を布で覆われ、怖い事をされていないかを悟られない状態だったから、ぴよ太は暴れたり嫌がったりしませんでした。 ぴよ太は、とても大人しく診察と治療を受けてくれました。
でも、今後の治療説明を受けながら、ぴよ太が新しく包帯を巻いて貰っている時、初めて少し足をバタバタとやっちゃいました(苦笑)。 「なに巻くんだよ〜、やめろよ〜」と抵抗している感じでしたよ。
私と看護婦さんの二人に「もう終わったんだよ。 家に帰ろう〜」ってなだめられて、良い子に戻ってくれました!
診察と注射治療を終えるまでの時間は、大よそ15分くらいでした。

今後の治療は、消炎剤と抗菌剤、整腸剤を1日に2回飲む事です。
整腸剤には(乳酸菌などの)善玉菌が入っているとの説明で、抗菌剤によって足のバイ菌と一緒に胃腸の善玉菌も駆除されてしまう事への対策です。 消炎剤と抗菌剤が液体だったので、「パンに染み込ませて食べさせても良いですか?」と聞いたところ、「絶対に避けた方が良い」と注意されました(苦笑)。
ご存知のように、ニワトリの胃酸が弱く、パンが発酵して悪くなってしまうとの説明でした。
私は、好物の納豆ヨーグルトへ3つの薬を練り込んで食べさせる事にしました。 
(3つの薬は、一緒に全て混ぜて与えても良いそうです)

自宅へ戻り、納豆ヨーグルトに消炎剤・抗菌剤・整腸剤を混ぜてぴよ太に与えました(18時頃に自宅へ戻ってきました)。
スプーンに載せてぴよ太の口元へ持って行くと、パクっと食べてくれました!
続いてパクッ、パクッっと食べてくれて、全部ではありませんでしたが、半分以上を食べてくれました。
取りあえず、良かったです! ←明日から別の方法を考えないと駄目ですが、今日のところは成功と思いましょう。

本日打って貰った注射も効いて、飲み薬も効いて、早く治ると良いな〜と期待が膨らみます!
「ぴよ太〜、明日から頑張ってちゃんと薬を飲もうね!」

左上:ご飯を食べているのはぴよ美、隣でグビグビとぴよ太が水を飲んでいました。
右上:仲良しぴよりん&ぴよこりんが、「美味しいわね〜」と言いながらスイカを食べていますよ。
左下:ぴよ太は、ぴよ美と一緒にスイカを食べていました。
右下:猛暑&渇水続きだから、庭に沢山の散水をしました。 ぴよ太は、早速、湿った土に寝転がっていました。
2012年7月21日(土)&22日(日)
火曜日、梅雨明け宣言が出たぞ〜。 でも週末はとても冷え込みました。
7/17(火)、関東甲信地方をはじめ、四国、中国、近畿、東海が梅雨明けしましたよ。
朝から快晴、ギラギラと太陽が照りつけて、アッという間に30℃を越えて、(気象庁発表だと)千葉県は32℃まで上昇しました。 他の関東地域だと、35℃を越えた場所が幾つもあったとか、、、もう真夏ですよ〜(笑)。

続いて連日の真夏日和が続き、7/19(木)には35℃位まで上昇しましたよ。
昼休みに散歩を日課にしておりますが、汗が噴き出るように流れ、会社へ戻ったあとに暫くグッタリしちゃいました(苦笑)。 「暑さに弱いこっこ達も、きっと今頃辛いのだろうな〜」と扇風機に至近距離で当てながら思っていましたよ。

「このままずっと暑くて、そのうち猛暑とか酷暑と言われるくらいに、どんどん暑さが増すのかな〜」と思っていたら、
金曜日にガラリと気候が変わって、急激に冷え込みました。 前日比、なんとマイナス10℃以上の冷え込みで、金曜日の最高気温が22℃でしたよ。。。 ←GW頃の気温くらい?
続く7/21(土)と7/22(日)も涼しくて、何れも最高気温は23℃(←気象庁の千葉県情報)でした。
私には丁度良い、ヒンヤリとした気持ちの良い気温だったけれど、職場や家族からは「寒い」「具合が悪くなりそう」という悲鳴のような声が聞こえてきましたよ(苦笑)。

暑がりなこっこ達にとっては、私と同じく、丁度良い涼しさだと思うけれど、急激な気温変化は体に良くないのかも知れませんね〜。 人間のように着衣を脱いだり着たりして調節できないから、体への負担が慣れるまでに大きいように思います。
それに、また数日も経たないうちに、直ぐに元の真夏が戻るだろうし、その時の温度変化のほうが辛そうですよ。
私自身、また汗が噴き出るような暑い日々が戻るかと思うと、憂鬱になります(笑)。

猛暑で偏食
こっこ達は、このところ食欲不振です。。。
といっても何も食べない訳ではなくて、主食の配合飼料を避けてます。
今週前半に梅雨明けをして、かつ先週からずっと真夏のように暑かったから、防御本能で体を熱くする食べ物を控えているのでしょうね。 配合飼料は、きっと高カロりー(高エネルギー)食品なのだと思います。
栄養学について、私は余り詳しくはありませんが、米ぬかやトウモロコシ、穀物類、(我が家のこっこ達は嫌いで、残しちゃうけれど)肉骨粉みたいな成分は凄く高カロリーっぽいですよね。
事実、「愛玩用&採卵鶏」と袋に記されているから、卵を産む雌鶏さんへ与えても十分な栄養やカロリー量を賄えるということですから、夏には、そのエネルギーが体を内側から熱くしちゃうのでしょうね〜。

週末の冷え込んだ数日間は、そこそこ食べていましたが、連日30℃以上を記録して、最低気温が25℃を越えて熱帯夜が続いていた週前半までは、猛暑によって配合飼料を余り食べなくなっていました。
その代わりに、スイカやメロン、畑で採れた野菜などを貰って、ムシャムシャと沢山食べていました(笑)。
そのうがフニャフニャになっている事もあって、心配になること時々ありますよ。
具合が悪い訳ではなくて、柔らかい物を食べているのだから、仕方が有りませんけれども。。。

夜、母屋小屋へ抱いて連れて行くとき、配合飼料や玄米がそのうに詰まってカチカチになっているのを確認しながら、
「今日も元気に沢山食べたんだな。」と思いながら「おやすみ」を言うのが一番安心できるのだけど、猛暑の時期には暫く諦めないといけませんね〜。

そういえば、野鳥も盗み食いに来なくなりました(笑)。
連日、20〜30羽の団体で盗み食いに来ていたスズメ達は、現在、ちらほらの状態です。
10羽も来なくなって、7〜8羽くらいがちょろちょろと来ている状態ですよ。
少し離れた田畑の収穫時期が近付いていて、新鮮なお米や野菜をそちらで盗み食いしている可能性もあるけれど(笑)、我が家のこっこと同じで、ご飯を沢山食べちゃうと暑くてしょうがないのかも知れません。

母屋小屋のお掃除中
ここ最近、毎週末、私は母屋小屋の大掃除をしていますよ。 ワクモダニ対策として、大発生した昨年夏の惨状をを繰り返えさない為(苦笑)に、ゴシゴシと水洗いや洗剤洗い、そしてダニ忌避剤散布をしているのです。
水洗いをしたあと、天日で乾き切るまで、(水洗いしても)残ったダニを強烈な天日の力を借りて、でトドメを刺すまします(笑)。 干す時間は、少なくても4時間〜5時間掛かりますよ。 この数時間の間、母屋小屋の産箱と床板は、運び出されて日向に干されていて、(母屋小屋の)屋根も全開にして、母屋小屋の中へ日光を当てるとともに、風を通して小屋の中を自然殺菌します。

朝寝坊な私だから、掃除の開始時間は10時や11時頃です(笑)。
この時間帯は、普通だと雌鶏さんの産卵が終わった後なのですが、(この日に限って)稀に遅い子が居たりするのです。
先週のことですが、7/14は、なんと2羽も遅い子が居ましたよ〜(苦笑)。 雌鶏さんがお産したいとき、まず産箱の中へ入って頑張るのだけど、その産箱がないものだから、写真のように床下の基礎石に座っています。
この2羽は、仲良しのぴよりんとぴよこりんでした。
【写真:お掃除中に運悪く産卵したくなっちゃいました/先週写真】

ぴよりんとぴよこりんの2羽は、「今日は、ちょっと産みに来るのに遅れちゃったね。。。」「掃除されちゃったから、ここで頑張ろうよ。」「うん、仕方がないね。。。」という会話を、床のない母屋小屋でしていたかも知れませんね。

因みに、少し後に母屋小屋へ寄ったら、2つの卵が産んでありました。
1つは、床下に溜まった落ち葉の上へ産み落とされていて、無事でした。
しかし、もう1つはコンクリートの上へ落ちて、残念ながら割れてしまっていました。。。
夕方に清掃すれば、もっとこのようなアクシデントを減らせますが、水洗いした産箱などが乾きません。
困った事ですが、余り多くないアクシデントだから諦めて、「掃除中は来ないで〜」と祈ることにします(苦笑)。


左上:急に冷え込んで、曇り空の日々が続いた週末。 ご飯を沢山食べられたことが良かったね!
右上:曇天、涼しくて薄暗い庭を歩くぴよ美。 お姉ちゃん達と距離をおいて遊んでいましたよ。
左下:足を患っているぴよ太ですが、段差のある庭も普通に歩いて散歩できますよ。 早く治しちゃおうね!
右下:ぴよりん&ぴよこりんと合流して散歩をするぴよ太。


番外編【秋葉原&新宿のPentax訪問】
名古屋コーチン一家の週末日記
(夜、ワタミで冷えたビールを飲んだよ)
名古屋コーチン一家の週末日記
(新宿Pentaxフォーラムへデジイチ修理依頼)
名古屋コーチン一家の週末日記
(今回、マイクロSDHCカードをまとめ買い)
7/21(土)は、新宿と秋葉原を回ってきました。
夜には、何時ものように秋葉原の居酒屋でゆっくりと友人と飲みましたけれど、なかなかハードな一日でしたよ(笑)。

新宿へ寄った目的は、カメラの故障相談やカメラ清掃&各部チェックをして貰えるPentaxフォーラム(サポート部門の通称)へ寄ることでした。 私の所有するK-5がどうも少し調子が悪く、それを診て貰おうと思ったのです。
2011年末に購入したこのK-5は、電子水準器が搭載されていて、私は構図調整(水平出し)に利用しています。
ここ最近、微妙に水準がずれていて、角度でいうと1度か2度くらい傾いて表示されていました。

秋葉原の街も回りたいので、何時もより少し早めの14:00頃に家を出ました。
こっこの母屋小屋を綺麗に水洗いしたり、色々と作業を前倒しにして、大急ぎで家を出ましたよ(笑)。

東京や秋葉原へ出掛ける時、私はデジイチを持って出掛けます。
街の様子や色々な場面を撮り歩く為、そして週末日記に貼る為にも持ち出しますよ。
この日、2台持って出掛けるか否かで迷いました。
新宿のPentaxフォーラムで「この調整は、此処では出来ません。」や、
「本日カメラを預かって、工場調整を行って自宅へ郵送させて貰います。」と言われる恐れがあったからです。

急いでいたので、「目盛り1つか2つ分の補正だから、簡単に1時間待ちくらいで調整して戻して貰えるだろう」と楽観的に考えてしまいました(笑)。 軽量なデジイチのK-xも持って出掛ければ良かったのだけど、面倒になって不具合のK-5だけで出掛けちゃいました。 そして、新宿のPentaxフォーラムでK-5を預けての結果は、「お預かりになります。返却は、8/1頃ですが宜しいでしょうか?」でした。 1年くらい前、別のカメラ”K-7”の水準器(この時は3目盛りのズレ)を直しに寄った時も同じだったので、程度の違いがあっても水準器トラブルは、工場調整なのかも知れませんね。
この報告を聞いたのが、17:00頃でした(窓口担当者へ預けてから1時間後でしたよ)。

報告を受けるまでの待ち時間、新宿の中古カメラ屋さんなどを回っていました。
有名な”マップカメラ”と”カメラのキタムラ”があります。
購入した品はありませんでしたが、Pentaxの中級デジイチでは、K-7の在庫が殆ど無くなっていて、代わりにK-5が沢山並んでいました(先日、K-5 Silver Special Editionを購入したばかりなので、幾ら安くても、見ないようにしていました/笑)。
修理のために訪れた新宿だけど、中古カメラ屋とヨドバシカメラ巡りもなかなか楽しめましたよ。

そして、唯一持っていたデジイチをPentaxフォーラム(サポート部門の通称)へ預けて、急いで秋葉原へ向かいました。
中央線と総武線を使って、大よそ30分くらいで着きました。 夏だから、18:00近くになっても全然明るいですね〜。
今回のアキバでの目的は、先日購入したタブレット端末”Acer ICONIA TAB A100”に挿入する16GBのマイクロSDHCカードの購入でした。 事前に性能を調べておいた製品を探したところ、意外とお安く、2枚購入しておきました。
同じお店で、8GBのそこそこの品質(信頼出来るトランセンド製)のマイクロSDHCカードが、\299-だったので、こちらも2枚購入しました。 4枚のカードを購入したけれど、合計で\2,200-ほどでしたよ。 ←時代は変わりましたね〜(笑)。

19:00頃、友人と秋葉原のワタミで合流して、やっとゆっくり出来ました。
冒頭で記したように、涼しい土日でしたけれど、新宿とアキバを急いで歩き回っているうちに暑くなっていた私は、
Tシャツ1枚の格好ながら、少し蒸し暑かったです。 店内でゆっくり落ち着きながらビールを飲んでいると、やっと暑さもとれて、体も冷えてきました。

しかし今日は疲れた。。。 涼しい陽気じゃあなかったら、きっと夏バテを起こしてグッタリしていたと思います(苦笑)。
22:30頃までワタミで飲んでいて、自宅へ帰って来たのは、(何時もの事だけど/笑)0時を過ぎていました。

ところで、タブレット端末”Acer ICONIA TAB A100”を鞄に詰めて持って行ったので、
これを使って新宿と秋葉原の街を撮影しました。

◎購入品
・Transend製 マイクロSDHCカード Class10 16GB 2枚 \1,598- ←SDカードアダプター付属
・Transend製 マイクロSDHCカード Class4 8GB 2枚 \598-
合計\2,196-


■Transend製 マイクロSDHCカード Class10 16GB
早速ベンチソフトを使って性能を測定してみました。
価格com掲示板の情報によると、「Readが20MB/s、Writeも10MB/s以上の速度が出る。」と、結構良い品のようです。

実際に左写真のように計測してみると、本当に速かったです!
タブレット端末用に、YouTubeからダウンロードした動画データや、私のデジカメ写真を入れておこうと思って入手したカードでしたが、十分な速さのようで、快適に動画閲覧が出来ますよ。

下の画像は、数年前に購入したKingstone製の2GBのカードです。
比べると、特に書き込み側(Write)性能がとても良いことが解ります。

16GBもの容量が、この速度で\799-ならば、お買い得です!
それに、Transend社は安物メーカーではなく、そこそこ良い品を作る会社ですよ。 運が相当悪くない限り、直ぐに壊れたりしません!

【写真:上側は、今回入手のカード、下側は比較用に古いカード】
2012年7月14日(土)&15日(日)
夏日が続いていますよ。 もうすぐ梅雨明け? 本当の夏が来そうだぞ〜。
連日30℃の日が続いていいます。
7/9(月)〜7/15(日)の間、最高気温がずっと30℃以上でしたよ〜。
特に今回の土日が暑くて、体感的にもとっても辛いです。。。
日曜日の私の部屋・軒先に設置した温度計は、34℃を表示していました(苦笑)。
梅雨明けは未だだけれど、気温から判断すると、既に真夏です!

今週は、雨も少なかったです。
快晴の日が多かったこともあって、上記のような真夏のような陽気になったのでしょうね〜。
少し早いけれど、今年の梅雨明けもそろそろかな〜などと、私は思っていますよ(笑)。

真夏の陽気
何度もお話ししたと思いますが、私は暑がりです(苦笑)。
今週のような真夏のような陽気だと、日常生活の色々な場面で辛いです(笑)。 通勤電車へ乗るまで区間、私はママチャりをこぐのですが、駅へ着くと汗だくになりますよ(笑)。 朝寝坊で、ついギリギリに家を出る私ですが、暑さに耐えられなくて、5分か10分、早起きをしてゆっくり自転車をこぐようになりました。 それでも汗をかいちゃいますが、電車の冷房によって直ぐに引くから、全然OKです。 ←但し”弱冷房車”だと、不十分ですよ〜。

私でもこんな状態なのだから、私よりもっと暑がりなこっこは大変!
正午過ぎの13時、14時頃になると、ハアハアと口を開けて呼吸をしていて、苦しそうです。。。
暑くなった日曜日には、最終手段として翼を半開きにして、(人間でいうと)脇の下に空気を通して冷やしていましたよ。
次の項目でも記すけれど、我が家の子達は、メロンやスイカなどの水ものを食べて体を冷やしていました。

まだ梅雨だけれど、このまま雨が降らなくて庭が乾燥してきたら、こっこに涼む場所を作ってあげるために、私は散水を考えていますよ。 昨年作成した「熱中症・夏バテ対策のまとめ」ぺージの中に次のように画像付きで記したことの実行です。 これは、我が家では最も効果のある”こっこの暑さ対策”です!
散水による気化熱が周辺の気温を引き下げるから、人間にとっても、とても涼しく感じて快適になりますよ〜。
実際、散水を行った庭を通り抜けた、ヒンヤリした風が気持ちよく感じられます。

・猛暑が続く季節、庭へ沢山の散水を行い、日陰が湿って砂浴びが出来る状態を保ちます。
そのような場所は、気化熱により涼しくなり、鶏達は猛暑を乗り越える事ができます。
(1本の木陰に、13リットル入りバケツを4〜5杯散水すると、2日程度湿っています)


”梅雨明け近し”だから、十分に対策を考えて、何とか猛暑を乗り切りましょう! ←人間もこっこもね〜。

夏のご馳走
我が家のこっこは、夏になるとご馳走を沢山食べさせて貰えますよ。
スイカやメロン、庭のブドウを毎日のように貰えます。
特にスイカとメロンは、我が家の子達の大好物なんです!

本当のところを言うと、スイカとメロンは人間の食べ残しです。
食べた残りの皮にくっ付いている実の部分を貰うんですよ〜。
数人で食べた後に、上記写真(中央左)のように、皮付きのメロンやスイカを数個食べさせて貰えます。
こっこ4羽に対して、同じくらいの数を貰うから、大抵、1羽で一切れを食べられます!

こっこは、(苦そうだから?)皮を食べませんが、美味しそうに皮のギリギリまでを突いて食べますよ。
そして、もっと真夏になって、お盆の連休辺りになると、スイカを食べる人数も増えるから、こっこ達も食べ過ぎちゃったりします(苦笑)。 お腹もユルユルになって、水便のような感じになっちゃうのだけど、こっこ達が凄く美味しそうに食べるから、取り上げて「もう食べ過ぎだから、止めようね!」と、言い難かったりもします。

人間で考えると、「水便 = 下痢」なのだけれども。。。
私が昨年作成した「熱中症・夏バテ対策のまとめ」ぺージに記したように、熱中症対策として”冷たい水を飲ませる”というものがあります。 水便のようなウ○チになっちゃうけれど、暑い季節には、そうなってでもスイカやメロンのような水分を沢山含んだ体の冷える果物を食べることが良いのかも知れませんね。

ここまで記してきて、気になったので”スイカの効能”について、Webで調べてみました。
スイカには強い利尿作用があるが、これは、カリウム以外にアミノ酸の一種であるシトルリンという特殊成分が含まれているからだ。 スイカは、熱を取り体を冷やし、口の渇きを癒やす働きのある涼性食品なのである。 この点も夏好んで食べられる理由の1つになっている。 なお、スイカの皮には実以上に利尿作用があるというから、中国では皮をせんじたものを腎臓病などに使っている。
皮も実以上に利尿効果が高いのですね! ←良いことを知りました!

メロンについても調べてみると、
メロンに含まれるカリウムの量は果物の中でも特に多く、高血圧や動脈硬化、糖尿病の予防効果が期待できます。
カリウムには水分バランスの調節をする働きもあり、利尿作用やむくみ解消にも効果的です。

という事のようで、スイカと同じく利尿作用が強いようです。

これらを読むと、水便のように見えたものは、”おしっこ”かな???
水ばかり飲んでいると、お腹に水が溜まって動く度に「チャッポン チャッポン」となったり、下痢をしちゃって体力が落ちちゃうから、その事を心配をしていたけれど、(下痢にならずに)小便として、直ぐに排出されているのだとすると、無害ですよね。 「食べさせ過ぎは良くないかな」と思っていましたけど、調べた結果、安心できました。
きっとこっこ達は、体を冷やす為にスイカやメロンを食べて、その利尿作用によって直ぐに排出すると同時に、また貰えたならば、美味しそうにパクパクと食べていたのでしょうね。
本能的に、「暑い季節には、スイカやメロンのような果物を食べるんだぞ〜」ということを知っていたのかも。


左上:あれ? 昨晩にぴよ太の足へ巻いた包帯が取れちゃっていました。。。 因みにぴよこりんとデート中ですよ。 
右上:菜っ葉もどきを貰って美味しそうに食べていました。 しかし大きな葉っぱだね〜(笑)。
左中:メロンの残りを貰ったよ。 5個か6個の食べ残しの皮があったから、全員で食べられました。
右中:良いお天気だった土日、今回も産箱をゴシゴシと水洗いしました。 ちゃんと洗剤も使ったよ!
左下:産箱や母屋小屋の床板を干している間、ぴよりんとぴよこりんは卵を産みたくなっちゃいました。。。。
右下:新しい綺麗な包帯を巻き直してあげたぴよ太の左足。 あんまり強くカキカキしちゃダメだぞ〜。


番外編【駅の掲示板/合気道の道場】

ちょこっと駅で見たポスターについて、記しますね〜。
武道の中に”合気道”というのがあります。
ボクシングや柔道、空手、剣道のような激しいものではありませんが、同じ格闘技の1つで、詳しい人に聞くと古武道に分類されるそうです。 良くお爺さんがやっていたり、他の格闘技のようなゴツイ人ではなく、普通の体型の人が師範だったリします。

他の格闘技と違って攻めたりせず、向かって来た相手を上手くかわしたり、ねじ伏せたりする護身を得意とする武術だそうです。 だから試合というものがありません(職場に経験者が居て、先日色々と聞いてみました)。

私は(プロレスやボクシングファンのような)本格的な格闘技好きではありませんが、K-1だけは好きでしたよ。 あと、スティーブン・セガールの映画、沈黙シリーズが好きだったりします。 沈黙シリーズで繰り出すセガールの技の原型も合気道だったりもします。 セガール拳法は、軽快で、見ていてスカッっとしますよね(笑)。
【写真:合気道のポスター、中高年も歓迎らしいですよ。】
私の歳で何か習い事(学生時代から始める事の多い空手や柔道などのように)を始めた場合、普通の格闘技だと過酷過ぎて寿命を短くし兼ねません(苦笑)。 きっと体も硬くなっているから、怪我もしちゃいそうです。。。
運動としては、筋トレ(好きなものは、懸垂と腹筋、デッドリフトとかだけど/笑)を一応やっていますけれど、自分の年齢を考えて、他にスポーツ的なもの考えた時に、もしやるとしたら合気道かな〜と思っています。
実際には、道場へ通って稽古をする時間もありませんから、直ぐにはやれないと思いますが、他の競技と比べると(私のような会社員にとって)幾らかハードルが低いように思うのです。

因みに、合気道といえば塩田剛三さんという有名なお爺さんが居ました。
亡くなった方ですが、身長154cm/体重46Kgの小柄な体で、大男を軽快に投げ飛ばしたりしていました。
ケネディ大統領と会った時、頼まれて大統領の大男のボディーガードと手合わせをしたエピソードについて、大統領が「私のボディーガードが、その小柄な先生に立ち向かっていったところ、まるで蜘蛛がピンで張り付けられたように、苦もなく取り押さえられた。」と後日談を語っていました。 マイクタイソンなど、世界的な著名格闘家達も自分の技を磨くヒントを得ようと、塩田氏の合気道の道場を訪れたそうです。

上記の塩田氏が開いた道場が、見掛けたポスターの”養神館”でした。
合気道、仕事を引退したら始めようかな〜。
2012年7月7日(土)&8日(日)
雨天の土曜日、そして晴天の日曜日。 ぴよ太の足を治療しました。 しかし、蒸し暑い(苦笑)
梅雨だから蒸し暑いのは仕方がないことだけど、やっぱり私は苦手ですね〜(苦笑)。
暑がりな私は、庭で作業をしていると直ぐに汗だくになってしまいます。。。
にわとりも暑がりだから、きっと私と同じように「暑いな〜、嫌な時期だな〜」と思っているに違いありません(笑)。
そして先週も記しましたけど、今週も続いて雨が少ない週でしたよ。
土曜日には小雨が降って梅雨らしい一日でしたが、日曜日は快晴の暑い一日となりました。

ぴよ太の足

暑くなってきたこの時期、ぴよ太の左足が再び腫れちゃいました。

ぴよ太は、昨年秋からバンブルフット(趾瘤症)を患っていました。 Webで調べると「趾底部に腫瘤と潰瘍を形成し、疼痛性破行を呈す。ビタミンA欠乏や趾に合わない止まり木、肥満による趾底部への負荷などが原因となり、細菌感染を起こすことにより悪化する。」とあります。 ぴよ太が特別に肥満かどうかと言われると「No」ですけれど、名古屋コーチン全員が肥満体質だから、、、やっぱり足に負荷が掛かっちゃうのでしょうね。
【写真:治療のあとに包帯を巻いてあげました。】

ぴよ太の異変に気付いたのは、土曜日でした。
昨年秋にバンブルフットを患ってからは、正常な右足と比べて、患っている左足が少し腫れている感じでした。
その左足が一回り大きく腫れてしまっていたのです。。。 暑くなって、バンブルフットの患部の中が蒸れるなどして、環境が悪くなってしまったのでしょうね。。。 きっと、細菌が増えて炎症(膿?)が広がってしまっているのだと、直感しました。 

ぴよ太の歩き方などを観察していると、重症ではなく、悪くなり始めかな〜という感じです。
普通に歩いている時には、足をかばったり、引きずったりしたりはなくて、普通に歩けていました。
走ると、、、左足をかばってしまいます。 大きな左右の蹴爪が干渉するから、それを防ぐために変な走り方なのかも知れませんが、左足が痛いように私には見えましたよ。。。

過去、昨年秋の発症時にさかのぼると、昨年秋に今回と同じく、走るときに痛がって、治療をしました。
直ぐに家禽類も診てくれる動物病院へお世話になりましたよ。
過去に同じく足を患った長男コーチンを診て貰った先生に掛かっての服薬治療です。
切開手術をして、患部に溜まった膿を除去する治療はその時に行わずに、化膿止め(消炎剤)の服薬と患部への軟膏によって回復しました。 走ると痛がる素振りをしていたぴよ太ですが、先生の処方で良くなって、直ぐに普通に走れるようになりましたよ。

この時、動物病院の先生からは、「そんなに重症ではないようだね。切開手術は大出血の可能性もあるし、危険も伴うから、今は軟膏と化膿止めのシロップで治療をしましょう。」との結果を頂きました。
ぴよ太のバンブルフットのカサブタが余りにもカチカチで、切開すと(大きく切り開く必要があって)出血して、かえって悪くしちゃうとマズイと考えての処置でした。

今回、土曜日にぴよ太の足の異変に気付き、カサブタを触ったところ、昨年秋よりも小さくなっていて、梅雨だった事もあって湿って少し軟らかくなっていました。 そしてこっこ仲間から教えて頂いた海外サイトの情報を思い出して、カサブタと中に溜まった膿の除去を試みたのです。 海外サイトには「ニワトリは余り痛みを感じず、出血も多くない。」や「バンブルフットは切開して膿を除去するのが一番良い治療方法です。」などと記されていました。
包帯の巻き方や治療方法も参考になりましたよ。

実際にカサブタを触ってピンセットでつまむと、比較的簡単にペロッと剥がれました(事前に綺麗に足を水洗いして、アルコールで消毒しました)。 カサブタの下には膿が固まってチーズ状になった物が溜まっていて、続いてピンセットで少しずつ削って取り出しました。 ぴよ太は痛がる様子もなく、大人しく私の膝の上で横になっています。
本当に良い子でした!

ピンセットで膿を掻き出していくと、深さが5mm程になりました。
この深さになって血が滲んできてしまい、2滴くらい落ちて、私は焦りました。。。
出血は直ぐに止まってくれたので、安心できましたけれど、私の額には外科医並に汗が滲み出ていましたよ(苦笑)。
バンブルフット内部の出血を綿棒で綺麗に拭って、綿棒にオロナイン軟膏を付けて内部に塗って終わりにしました。
包帯は昨年秋に巻いてあげていたので慣れていて、今回も綺麗に巻いてあげられました。

日曜日、再び残りの膿が無いかを診ました。
それと暫くの間、一日に一回、包帯を新しいものに交換してあげるのと、中を綺麗に拭ってあげて、消毒も兼ねてオロナイン軟膏を塗る必要もありますから、その時に再び溜まった膿や、包帯からすり抜けて入ってしまった異物(カキカキしちゃって入った土や色々な物/苦笑)も除去してあげないといけません。 そのような理由で、再び日曜日に診たけれど、1回目の除去で殆ど固まった膿を出せたようです。 余り突くと再出血になりそうなので、ほどほどで止めておきました。
(日曜日は、出血をしたけれど、滲む程度で、ポタポタと落ちるような量ではありませんでした)
それから昨日の包帯は、ちゃんと外れずに巻かれたままだったので、土や砂などの異物も入ってませんでしたよ。

この処置でぴよ太の足が良くなると嬉しいです。
Web情報によると「切開処置によって、腫れは暫くして引きます。」ということなのですが、状況によっては、お医者さんへ行った方が良いかも知れませんね。
平日は、私の帰宅後の夜になるけれど、包帯交換&消毒をして様子を見ようと思います。

カラス再び
カラスが悪戯をしに来た訳じゃないのですが(笑)、こんなタイトルで記しますよ〜。
じつは、数年前に試した鳥避けのカラスを再び試した話題です。

何時だったか、、、スズメやムクドリに餌箱を荒らされるから、試して成功したものの、本物のカラスが「仲間が居るぞ〜」と我が家の庭へ遊びに来ちゃって断念した百均の鳥避けカラスです。 その時は、スズメの訪問がピタリと止んだ代わりに、実物カラスが物干し竿の上のとまって、至近距離で「カァ〜カァ〜」とやっていました(笑)。 当時のこっこ達は、当然だけど「グェ〜」とカラスを怖がっていましたよ。 長男コーチン時代だったと思います。

当時も現在も、餌箱へ沢山のスズメがやって来て盗み食い&ウ○チをします。。。
ムクドリやキジバトも来るけれど、スズメが一番多くて、その数はざっと20羽から30羽です(苦笑)。 【写真:百均カラス君、頑張ってスズメを追い払っておくれ〜。】

盗まれるこっこのご飯の量も結構な量だと思うけれど、不衛生極まりないのが”置きウ○チ”です!
先日の線虫もそうだし、他の悪いバイ菌や病気を貰っちゃうかも知れませんから、可能か限り防ぎたいです。

そういう事情で、再びカラスに登場して貰いました!

今回、数年ぶりに百均鳥避けカラスに登場して貰った結果は、、、
数日間は効果があって、殆どのスズメ達は寄り付かなくなりましたよ。
しかし、徐々に「な〜んだ! 動かないカラスじゃないか!」と、5日目くらいに、殆どのスズメが再び餌箱の周りに集まるようになってしまいました(苦笑)。 未だこのカラスを餌箱の上に吊るしているけれど、オブジェのように意味もなくぶら下がっているだけです。。。 今回に限っては幸いな事に、カラスは近寄って来たりしませんでしたよ。
果敢にもぴよ太が寄って来たカラスを突いたり噛み付いたりして追っ払ってくれるから、「あそこの庭には怖い奴が居るぞ〜」とカラス界で要注意区域に指定されているのかも知れませんね(笑)。 スズメにはもう慣れられてしまって、効果を望めない感じですが、暫くこのカラスを吊るしておこうと思います。
(ぴよ太の武勇伝は、昨年11/12の日記にその様子を記してありますよ〜)

カラスを追い返してくれるぴよ太は本当に偉いです! ←親バカ。。。
でも、スズメも追い返してくれると嬉しいな〜(笑)。

左上:土曜日は梅雨らしいお天気でした。 ぴよ美とぴよ太が雨宿りをしていましたよ〜。
右上:快晴の日曜日、こっこ達は芝生の上で羽を干しました。 虫に悩む季節は、虫干しが一番だね!
左下:無防備なぴよ太。 今日は、警備員のお仕事をお休みしましたよ〜。
右下:ぴよこりんは、裏庭の日陰でお休み中。 日曜日は本当に暑かったね。。。


番外編1【PENTAX K-5 Silver Special Edition】

ペンタックスの一眼レフカメラなのですが、つい2台目を購入してしまいました(苦笑)。 既に所持している普通のK-5(黒)の特別生産モデルです。
本体ボディが銀色で、背面液晶が強化ガラス仕様になっていて、世界1,500台限定です! レンズも40mm/F2.8の超薄型がセットで付属しますよ〜。

中身は普通の黒いK-5と全く同じなのですが、「Silver Special Edition」というのが、コレクター魂を揺さぶるのです(笑)。
この特別モデルは、今年3月に発売されて、初値が\125,000-程でした。
段々と値下がりして、7月に入ると9万円台前半となりました。
40mm/F2.8の超薄型レンズが価格com最安値で3万円なので、シルバー本体ボディは大よそ6万円です。 普通の本体ボディ(黒)の価格com最安値”6万8千円”と比べると、「特別モデル」といいながら、とても魅力的なんですよ〜。

そんな事を数日間考えたあと、日曜日(7/1)の夜、Amazon.comにて”ポチっ”とやってしまいました(笑)。 アマゾンは、ちょうど良い具合に、価格comサイトの上位に表示されていましたよ。
【写真:黒いデジイチが多い中、金属の銀色ボディが素晴らしい】

私は良くアマゾンで物を買うのですが、このサイトには魔物が住んでいますね。。。
人の心の”衝動買い”や”散財癖”を上手くくすぐる魔物ですよ〜。
普段買えないような珍品や格安品を見付けちゃうものだから、またまた厄介なサイトです(笑)。
皆さんもご注意くださいね!

番外編2【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(小雨の土曜日、アキバ巡回を敢行〜)
名古屋コーチン一家の週末日記
(今回、秋葉原の金の蔵Jrへ行きましたよ)
名古屋コーチン一家の週末日記
(今流行りのタブレットを入手、筆まめもね〜)
小雨が降ったり止んだりしていた土曜日でした。
私は、鞄に折りたたみ傘を忍ばせ、ふらっと秋葉原へ行って来ましたよ。
つい数日前、上記の”K-5 Silver Special Edition”を購入してしまったから、散財に注意して歩いたアキバでしたが、、、
またやってしまいました(苦笑)。 目に入ったタブレット端末が欲しくなって、購入しちゃいましたよ〜。
活用できそうな物だったから、「良い物をGet出来た」と結果的に思っています。
暫く色々と勉強の意味でも使ってみようと思っています。

◎購入品
・タブレット端末 Acer社 ICONIA TAB A100 [ネイビー] 新品 \24,800-
・タッチパネル用のペン \480-
・葉書ソフト \780-
・白芝SDHCカード(東芝製) 16GB \1,440-
合計\27,500-


■タブレット端末
ICONIA TAB A100 [色:ネイビー]を購入しました。

これには伏線があって、5月か6月くらいにWindows8のRC版(PCエンジニア向けプロトタイプOS)がマイクロソフト社からリリースされ、私自身が試したことがキッカケでした。
仕事の上でも、趣味的にも興味があって、私は新しいWindows8をテストしましたよ。 従来のWindowsと比べて、GUI(画面構成)が大きく変更され、タブレット端末を強く意識した設計でした。 「PCユーザーにはきっと不評だろうな〜」と思いながら、「タブレットならば、なかなか面白い作りだぞ!」と感じて、タブレット端末に是非とも入れてみたくなりました(笑)。 そして価格comや週末の秋葉原を歩きながら、Windowsタブレットを探し始めたのです。

探した結果、Windows7を搭載したタブレット端末は、Android端末と比べて(それぞれの低価格帯の機種が)2倍高い事が解りました。。。 因みにWindows7のタブレット端末の一番安い機種が大よそ4万5千円で、Androidのタブレット端末の安い機種が大よそ2万3千円でした。 Windows8をインストールするには、各種ドライバーに互換性のあるWindows7タブレットを必要とします。 だけど、Windows8を入れて遊ぶだけで4万5千円を出せるかというと、ちょっと躊躇しますよね。。。
という事で、この時は断念しましたよ〜。

この価格調査(スペックとの比較で”お買い得”と思える機種の調査)の時に、”ICONIA TAB A100 ”を知って、マークしていました。 当時はWindows端末しか興味が無かったけれど、「もしAndoroid端末で良いならば、この機種が良いかな〜。」と、少し思っていました。 十分に速いデュアルコアCPU、16GBのSSD容量、GPU機能付きの中級スペックながら、Android端末の中では低価格の2万5千円位でしたよ。
そして今回のアキバ巡回の途中で、\24,800-で販売されているこの端末に出逢ってしまいました(苦笑)。
1時間ほど考えて、再びその店舗へ戻っての購入となりましたよ!

使い勝手は、なかなか良いものでした!
一般的なタブレットは10インチモデルが多くて、画面が見易い半面、図体が大きくて、持ち運びに難点があります。
私の購入したタブレットは、7インチ。 見易さは犠牲になるけれど、鞄に易々入るし、電車の中での操作も抜群です!
一つ劣っているのは、バッテリーでした。
他製品がカタログスペックで8時間程度なものが多いのに比べ、私のは5時間です。
実際の使用では、もっと少ない時間になるから、一日一回の充電が必要ですよ。
この点だけ目をつむれば、概ね満足できます!

帰り掛けに、タッチパネル用のペンを購入しておきました。
細かい操作だと便利かな〜と思ったけれど、実際にタブレットを使ってみると、指だけの操作で大抵は大丈夫でした。

■その他
白芝SDメモリが再びお安くなっていました。
先日購入した上記”K-5 Silver Special Edition”用に、16GBのSDHCカードを購入しましたよ。

それから、新PC用に”筆まめ”を購入しました。
Windows7 64bit環境でも動作するソフトで、昨年2011年に販売された2012年元旦(辰年)用でした。
季節を過ぎて\780-とお安いし、干支は毎年新しい画像を探せば問題有りませんから、購入してきました。
後々、旧PCから住所データを移そうと思います。 ←結構面倒なんですよね。。。
2012年6月30日(土)&7月1日(日)
暑い土日、夏のようでした。 こっこの家もゴシゴシ水洗いしましたよ〜。
先週日記に続いてなのですが、やっぱり今年の梅雨は、雨が少ないですね〜。
今回の土日は両方とも雨は降らずに、快晴の土曜日でしたよ。
気温はグングンと上昇して、30℃位の夏日となりました。

私はこの好天気を利用して、上記写真のように母屋小屋産箱を洗剤を使って綺麗にゴシゴシと水洗いをして、「ワクモが大発生しないように」と祈りました(苦笑)。 数週間前、少量のワクモを見掛けた母屋小屋でしたが、私の掃除が効いてくれているのか、それ以降、見掛けません。
この調子で、梅雨と夏を乗り越えられると良いなと思っています。

草取りの手伝い?

うちのこっこ達は、草をカキカキ&ツンツンするのが大好きです。
何か生えているとマズ突いて、足でカキカキしちゃいますよ〜。 例外的に、経験や本能によって知っている、自分達(ニワトリ)にとって有害な草には関心を示さずに放っておきますけどね(笑)。

こっこにとっての有害な草の代表は、水仙です。 水仙は、4羽のこっこが遊び回っている我が家の庭でも無傷で、毎年綺麗な花を咲かせますよ。 他には、”ヤブタオシ”と呼んでいる繁殖力旺盛なつる性の雑草にも興味を示しません。 この”ヤブタオシ”も有毒なのか、不味いのか、、、何かしらの理由があるのでしょうね〜。

そんな我が家のこっこ達は、私の草取り作業に興味津々です。 草取りを始めた私の周りに集まって、「楽しそう! 何か居た? 虫、居た?」と私の手元を覗き込んできます(笑)。 実際にミミズやカナブンの幼虫などが出てくるものだから、こっこ達はその都度、大喜びしますよ。 私が一休みして手を休めると「もっとやって〜」と、私の刈っていた場所を自らカキカキして催促する様な素振りもします。
【写真:私が刈った草の山で遊び始めるこっこ達】

ちょっと心配なのは、草刈り鎌を使っている時です。
人間の子供と同じで予測不要な行動をしちゃうから、常に彼らの様子を観察しなければなりません。
突然目の前に出て来られちゃうと、鎌で足を突いちゃったり、怪我をさせちゃったりしますからね。。。

私が鎌を使う時には、「危ないよ〜。 足が切れちゃうぞ〜。」と私の背後に周るように促しますよ。
私の周りに集まってチョコマカするのは、決まって雌鶏さん達で、私の腕で(私の)背後に押しやられると「キュ〜」とか「キャッ」みたいな声を出します。 私には、「何よ〜。いいじゃない!」と不満を言ってるような感じに聞こえます(苦笑)。
実際にはどう思っているのか解らないけれど、暫くは大人しく良い子でいてくれて、言い付けを守って、私の背後や少し離れた場所から首を長くして私の手元を覗き込んでいますよ。
でも何か虫が出てきちゃうと自制心が保てないようで、「それ私の! 私のだからね〜」と、皆が出て来ちゃいます(笑)。
ほんの少し、私の草刈りは中断です(笑)。

こっこ達は、刈り終えた草を集めた小山も大好きですよ。
こんもり山盛りになった刈り終えた草を楽しそうにカキカキして遊びます。
ぴよ太は、「ホッホッホッ〜」と雌鶏さん達をわざわざ呼んで、「早くこっちへ来なよ! 楽しいよ〜。」みたいな感じになっちゃって、全員集合します。 集まったこっこ達は、刈った草の中から美味しそうな物を選んで食べたり、草の小山へ紛れ込んだ虫を探したりと楽しそうに見えます。
折角綺麗に集めた草なのだけど、嬉しそうに散らかしちゃう事を、まあ大目に見てあげてますよ(私はね〜)。

蚊の話題の続き
私の殺虫スプレー散布が功を奏したのか、蚊がめっきり減りました!
人間を刺す藪蚊は、相変わらず多く、私を含めて家族は散々な目に遭う事が多いけれど(苦笑)、こっこ達を刺す”ニワトリヌカカ”は見掛けなくなりましたよ。

前回日記に記したように、夜の私の帰宅後に、こっこの一次的な寝床になっている玄関付近に殺虫スプレーを散布していました。 こっこ達を母屋小屋へ運んだあと、こっこ達の居なくなった後だけど、付近に集まった”ニワトリヌカカ”を殺虫する作戦です。 人間を刺す藪蚊と同じく夜間に活発に行動をするこの蚊は、夕方くらいになるとニワトリを察知するレーダーを働かせて集まるようです。 藪蚊の場合、人間の排出する二酸化炭素濃度を敏感に察知して集まるそうだから、同じ様にニワトリの何かを捉えているのでしょうね〜。

毎日ではありませんが、連続したり、一日空けたりして殺虫スプレーを散布したところ、初めのうちは(スプレーによって)死んで落ちている蚊を容易に見付けられたけど、段々と居なくなりました。
当初目視で見付けられた”飛んでいる蚊”も見られなくなりましたよ。 ←小バエみたいな奴!
連日ニワトリ達に寄って来る蚊を駆除した結果、”ニワトリヌカカ”を減らす事ができたのでしょうね!
近くの側溝に発生源があって、そこの駆除までが完璧に出来なくても、この方法によって親の蚊を減らす事が出来れば(発生源へ戻っての)繁殖も出来なくなります。

そもそも”ニワトリヌカカ”などという蚊は、珍しい類だと思うので、行動範囲の限定される蚊にとって「我が家の”ニワトリヌカカ”を減らす」事は、イコール「近辺の”ニワトリヌカカ”の根絶」を意味する筈です。
ご近所こっこのお宅から”はぐれニワトリヌカカ”が来る事もあるかも知れないけれど(笑)、定期的な夜間の殺虫スプレー散布は、結構な効果を出せるんじゃないかな〜と思えました。
この方法で行きたいと思います!

P.S.
早く気付いてあげて、こっこ達に痒い思いから解放してあげたかったな〜と、今思うと少し後悔です。。。
これからは、こっこ達の鶏冠の掻き傷が減ると良いなと思っています。
それから、自分の日記を読み直していたら”殺人スプレー”に見えてきて、三流映画風な映像を想像しちゃって笑えてきました(笑)。 ←80年代の三流ホラー映画のように〜。

左上:母屋小屋の前、ぴよ太が落ち葉をカキカキして遊んでいました。
右上:母屋小屋の近く、草の中へ潜って遊ぶぴよりん&ぴよこりん。
左下:菜っ葉を刻んで貰ったよ〜。 ぴよ美は、お姉さんこっこの食べ終わるのを待っています。
右下:快晴の土曜日、(ダニが嫌がりそうな)洗剤を使って母屋小屋をゴシゴシ掃除しましたよ〜。
2012年6月23日(土)&24日(日)
こっこも蚊に刺されているようです。 これから蚊の季節だから要注意ですよ!
梅雨だから、当然ながら”こーちんの庭”へも雨が降りますね〜。
このところの週末は、土日の何れかが小雨です。
しかし例年のこの時期と比べて雨日和が少なく、梅雨だというのに、一週間に1日か2日しか降りません。

今回の週末も日曜日が快晴となりました。 ←色々と掃除やら作業が捗るから、良いんだけどね〜。
こっこにも晴天は嬉しいことで、ちょうど良い具合に湿った土を被って、思いっきり砂浴びを楽しめます。
だけど、やっぱり梅雨にちゃんと雨が降っておかないと、真夏になってから渇水や野菜不足になりそうだから、ちょっと私は心配をしていますよ〜。

蚊に刺される?
我が家の庭には藪蚊が沢山います(苦笑)。
庭へ素足で出て暫く留まると、私の足へ数匹の蚊が刺しに来ますよ〜。
長く作業をする時、人間の場合には、蚊取り線香や長袖&長ズボンを履いて武装します(笑)。
沢山刺されと、痒くて堪りませんからね〜。

そんな藪蚊に対して、羽毛に覆われて硬いウロコのような足の皮膚を持つこっこは、完全防御に近いように思います。 強いて言うならば、顔と頭だけが皮膚ですよね。 だから、私は蚊の対策を今まで真剣に考えていませんでした。
しかし先日、こっこが刺されていることが分かっちゃいました。。。

こっこが寝ている周りに蚊がいるのですが、どうやらその蚊達に刺されてしまっているようです。
蚊はとても小さく、普通の人を刺す藪蚊の半分以下のサイズでした。 ←このとき、初めて”蚊”と認識した虫でした。
”蚊”というよりも、バナナとか台所の三角コーナーに寄って来るショウジョウバエと見た目が近いです。
(ショウジョウバエは、ごまみたいなハエで、高校生物の教科書の「進化」の説明に出てきた記憶がありますよ)

ずっと前から、私はそのような虫がこっこの寝床の周りにいる事を知っていましたが、その外見から、ずっとハエだと思っていました。 「寝床にしちゃったウ○チ(笑)や、お尻に少し付いて残っているウ○チに寄って来たのだろうな〜」と思っていたのです。 ところが、先日、飛んでいるその小さな虫をパチンと両手で潰すと、、、血のような赤い成分が滲みました。
どうやら吸血しているようです。。。
私も良く庭で蚊に刺されるから、私の血か、あるいは近くで寝ているこっこ達の血だと直ぐに解りましたよ。

Webで検索すると直ぐにこの虫の正体が解りましたよ。
その虫は、”ニワトリヌカカ”という吸血する蚊でした!
この文書からだと、人間も刺すそうだから、”パチン”と潰した時に血は私のかも知れないけれど、
たぶん、こっこを好んで吸うそうだから(こっこの寝床の近くだし)、こっこの誰かのだと思います。。。

・Webで調べた”ニワトリヌカカ”の生態
お米のヌカのように細かい蚊という意味です。画像でも分かるように体長は、1.5mmに満たない大きさです。
また、体の幅は、0.5mmほどです。
網戸の網の間隔は、約1ミリメートルほどですから、たやすく網戸をくぐり抜けられます。

ニワトリヌカカは、人を吸血しますが、名前のとおりニワトリを好んで吸血します。
しかも、ニワトリのロイコチトゾーン病(人のマラリアと同じように原虫の仲間)を媒介し、経済的にも損害を与えます。
このことから鶏舎では、色々な対策が行われています。
その内容は,人の被害への対策の参考になります。


・Webで調べた”ニワトリヌカカ”の駆除方法
畜舎、鶏舎等では蚊、ヌカカ、ハエ等の衛生害虫が発生いたします。
このような場所で発生する衛生害虫を駆除する場合には、農林水産省より動物用医薬品や動物用医薬部外品の承認を得る必要性があります。
この理由は、効力が充分認められることは絶対条件ですが、これを使用することによって家畜等への影響がでないか等の安全性の試験を行い、問題がないことを確認し保証することにあります。
(動物用アースノーマット取替ボトルは、動物用医薬部外品の承認を得ております。)

一般家庭内とは違い、動物用の場合は屋外での使用が多く、特に開放式鶏舎で使用する際は、風通しの良い場所に設置することになります。
ご存じの通り、アースノーマットは器具に取りつけた特殊セラミックリングヒーターで取替ボトルの特殊組成の吸液芯(特許 第1267053号)を加熱し、有効成分を30日間安定して揮散させます。
(間接加熱による殺虫方法:特許 第1434374号)
また外に光が漏れないような場所に、ライトトラップを設置して捕獲します。
屋内に侵入したヌカカに対しては、電気蚊取りや蚊取り線香によって対処します。


調べた結果、(こっこは)余り刺されない方が良さそうです。
ロイコチトゾーン病を患う危険もあるそうだから、定期的に駆除するようにしたいですね〜。
対策として挙げられていた”電気蚊取り”は、どうだろうか?
あれは「バチッ!」っとなって、人間でもびっくりするから、心臓に悪いですよね(苦笑)。
寝床の近くに設置したら怖くて仕方がないように思います。。。
効果絶大に思うけれど、電気蚊取りは見送ります。

暫くの間、寝床周辺の隠れ家になりそうな場所へ殺虫剤を定期的に散布して駆除しようと思います。
調べた結果に「名前のとおりニワトリを好んで吸血」とあるので、こっこの周りに集まって息を潜めている筈です。 こっこの体臭か何かによって引き寄せられている筈なので、周辺を定期的に駆除することで激減するんじゃないかな〜と思うのですよ。 こっこ達を母屋小屋へ全員連れて行ったあと、早速、玄関周辺に殺虫スプレーを散布しました。

翌朝、コンクリートの上を見ると、数匹〜10匹くらいのニワトリヌカカが落ちていました。
「こんなに沢山集まっていたのか〜」と思うと同時に、「駆除できた!」と達成感もありましたよ〜(笑)。
暫くこの方法で駆除します!

思い返してみると、ぴよ太が頭をカキカキしているのって、ダニが原因の可能性もあるけれど、この蚊に刺されていたのかも知れませんよね。。。 人間でも掻いちゃうから、蚊が原因かな。。。

左上:ぴよりんのメルヘンチックな写真〜。 お花が綺麗だね?そして美味しそうだね(笑)。
右上:晴れた日曜日、雌鶏さんが気持ち良さそうに砂浴びをしていました。 誰かな?
左下:ぴよ太も砂浴びをしていますよ。 尾羽が長いから、折らないように気を付けてね!
右下:高い場所に置いた植木鉢へ登ったぴよこりん。。。 カキカキすると、怒られちゃうよ〜。


番外編【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原駅構内、2mサイズのロボットが登場〜)
名古屋コーチン一家の週末日記
(今回、初の”わたみん家”へ行ってみました)
名古屋コーチン一家の週末日記
(新PC用のバックアップHDD関係を入手)
先週末が雨天となった為に、3週間ぶりのアキバ訪問となりました。
主に、完成近い次期メインPCの為の部品で、バックアップのHDDを入手することが目標です。

JR秋葉原駅へ着くと、駅構内に人だかりができていました。
彼らは、デジカメや携帯電話を使って何かを撮影をしているようです。
近付いてみると、アニメに登場するロボットが展示されていましたよ。
身長が2mくらいで、人よりも大きい感じでした。 ←きっと人気物のロボットなのでしょうね〜。
(人だかりになって、通行の邪魔にならないように警備員さんが忙しく「留まらないように〜」とか「写真を撮られる方は、近付いて邪魔にならないように〜」とお仕事をしていました)

今回のアキバ巡回での私のお目当ては、HDDを簡単に脱着できる”クレードル”です。
SSDやHDDを複数使ってRAIDを構築して、2重化にして壊れにくくした次期メインPCですが、イザという時、何百GBや何TB単位の巨大データを素早く持ち出せるようにする為です。 災害時、突然の避難のときを想定しましたよ。
バックアップというよりも、持ち出し用ですね〜(広義のバックアップには違いありませんけども)。

夜は、何時ものように友人と居酒屋へ行きました。
最近は金の蔵Jrに飽きてきたので(笑)、ワタミ系列の”わたみん家”へ行って来ました。
ワタミと同じくらいか、少しお安く飲めましたよ〜(一人、3千円くらいだったかな〜)。
最近はデフレなのか、お安い居酒屋が増えて嬉しいですよね。

◎購入品
・3TBまでのHDDやSSDを2台同時に装着できる”クレードル” \7,000-
・WD社 2TB HDD \8,380-
合計\15,380-


■クレードル
私が買った商品は、「裸族のお立ち台DJ クローンプラスUSB3.0&eSATA CROS2EU3CP」という名前でした(笑)。
HDDを剥き出しのままクレードルへ差し込むから、「裸族のお立ち〜」なのでしょうね。
上記右写真のような商品です。 ←簡単に脱着可能で、私が欲しかった物です!

2つ装着できることで、HDDをコピーすることも出来ますよ。
PCのトラブル時や、更に新しく速いHDDやSSDへの乗り換えの時に便利なツールでもあります。
日頃、毎日のように使う物では有りませんが、イザという時に所持しておくと大変便利なツールです!

■HDD
上記クレードルにセットしてデータ保存(持ち出し)するために購入しました。
タイ洪水の前に6千円まで価格下落が進んでいましたが、2年前、2010年7月の洪水によって(WD社の2TBモデルは)1万8千円まで高騰しました。 価格は高止まりして、なかなか下がりませんでしたが、やっと8千円台まで落ちてきましたよ〜。
2TBの大容量だから、1万円でもお安いとは思うけれど、以前の6千円(安売りだと5千円台)を知っているとね。。。(笑)
「そろそろ買い時」だと思って、観念して購入しちゃいました。

現在、私が撮って保存した画像データは、”26,862枚 / 22.6GB”です。
こっこだけでも、”6,063枚 / 2.8GB”ありますよ〜。 ←約10年分の写真です!
まだまだ、どんどん増えると思うけど(笑)、このHDDと上記クレードルを利用すれば、アッという間に持ち出せます。
2012年6月16日(土)&17日(日)
今週末も梅雨日和。 私はアキバ巡回を断念して、こっこ達は雨宿りの土曜日となりました。
土曜日、梅雨らしい雨模様でしたが、翌日の日曜日はカラッと晴れて良い天気となりました。
私は秋葉原へ行く週末(勝手に決めてますが/笑)でしたが、行くのを諦めて、(週末日記の最後に記した)調整途中で壊してしまった新PCの復旧作業を続けましたよ(苦笑)。 余り前向きな作業ではありませんが、Windows7の扱いを熟知するには良いトレーニングだと、前向きに考えるようにして作業しましたよ〜。
軒下ではこっこ達が雨宿りをしていて、作業に疲れると私の相手をしてくれました。

ぴよ太はサンダル嫌い
暑くなって、私がサンダルを履き始めたら、それが凄く気になる様子です(笑)。
ぴよ太は、もともと足元が凄く気なる雄鶏でした。
「ご飯を倉庫から運んでいる最中、ぴよ太に足のつま先を”ツン”と軽く一回突かれる事がときどきある。」と、以前にも記した事が何度かありました。

2歳の若い雄鶏だから、幾らか気性の荒い部分もあって、人を突く事があるけれど、基本的には私を突くことはありません。 でも何かの動作とセットになると、私の足のつま先だけが気になって、軽く「ツン」とやってしまうみたいなのです。 私のつま先を突いた後、ぴよ太は私の顔を見上げて「あっ、お父さんを突いちゃった。ゴメンナサイ。。。」という表情をしますよ〜(笑)。

知らない人が庭の奥まで入って来た場合(例えば昨年6月のNHKロケ班が取材に来たとき/苦笑)、太ももや脛(すね)をガブリと思いっきり噛み付いたり、首の周りの羽をライオンのように膨らませて、フェイントを掛けて突進する素振りの威嚇行動をしちゃいます。 1歳前後の若鶏だった頃が一番激しくて、2歳を過ぎたこの頃にはだいぶ落ち着いてきたけれど、(洗濯干しを邪魔して)母に怒られると、ときどき反抗してやっちゃいますよ(苦笑)。

私へは、お父さんかお母さんだと思っているのか、「ホッホッホッ〜」と言いながら、小石を持って来たり、小枝を運んでくれたり、もしかしたら大きな雌鶏さんだと思われているのかも知れないけれど(笑)、本気で突いたり威嚇したことは一度もありません。 繰り返して説明するけど、少しだけ間違えて(つま先が気になって我慢出来なくて)、ツンと軽く突く事がときどきです。 それが、冒頭に記したようにサンダル履きになった途端に頻度が増しました。。。
そのサンダルを履くと、かなりの確率で”ツン”とやられます(苦笑)。

サンダルは、カーキ色(薄い茶色)を主に履きますが、これが大嫌いみたいです(泣)。
灰色と(妹の)ピンク色のサンダルも駄目ですね。。。
余り色に関係なくて、運動靴なら大丈夫なのが、サンダルになると殆ど駄目な感じですよ〜。

ずっと前に、こっこ仲間から「人の顔や姿(外観)は勿論だけど、耳の良い鶏の事だから声や足音(歩く癖)もちゃんと判断材料にしてると思いますよ。」と、ニワトリから見た人の判断材料を教えて貰った事があります。
私も「体格を含めた容姿や顔を見ているのかな?」などと、以前より思っていたけれど、歩く音までは考えておらず、もしかしたら私のサンダル履きへのぴよ太の”ツン”は、その事の証明かも知れませんね。
急に私がサンダルを履いたから、歩く時に出る音が変わってしまって「あれ? 見た目はお父さんだけど、違う人かな??? 部外者?」と少し混乱気味なのかも知れません。 ”ツン”の後に、ぴよ太は私の顔を見上げて「あっ、お父さんだ!」と解ってくれますが、夢中になっている時には解って貰えないようです。

以前は、「サンダルの色によっては、宿敵のネズミに見えるのかな?」と思って、ぴよ太の”ツン”を説明付けようと思っていたけれど、今回は足音の切り口から関係を考えてみました。
そして、サンダル履きを続けるか、運動靴に戻るか、悩みの多い飼い主の週末日記となりました(笑)。

唐辛子好き?

少し前の日記に記したように、3週間連続で週末に唐辛子入りのご飯を食べさせました。 その結果、唐辛子で退治しようと考えた”う○ちの中のウネウネ線虫”が、ちゃんと消えてくれましたよ。 そして、1つ解った事があります。 どうやら人間と同じで、こっこにも、辛い物好きと、苦手な子が居るようなのです!

ぴよ太とぴよりんは、案外、唐辛子を好きみたい。 私が赤い唐辛子の(微塵切りにしました)破片を手に載せると、ツンツンしてパクっと食べます。 1つ2つだけではなく、3mmくらいに小さく微塵切りした断片ですが、5個、10個と続けてパクパク食べてしまいました。 【写真:虫下し用に刻んだ唐辛子】

辛くないのでしょかね〜(笑)。

人間だったならば、辛い物好きでも「これくらいの辛さが美味しんだよ!」と言いながらも、水を飲むと思うのだけど、、、
ぴよ太とぴよりんは、水を飲もうとする素振りをしません。
辛いという感覚(味覚)が、人間のようには無いのでしょうかね〜。
辛い物が苦手な私には「???」な光景でした。 ←食べさせておきながら言うのも何なのですが、、、(苦笑)

そして、逆にぴよ美とぴよこりんは、私の目の前では唐辛子を全く食べませんでしたよ。
手の平に乗せて、ぴよ太やぴよりんの時と同じく差し出しても、「フン、そんな辛いの要らないよ!」という素振りで、口を付ける気も全くありません。 こっこの性格による、好みの違いなのかな?
また唐辛子を食べさせる機会があったら、注意深く観察しようと思っています。

番外編【PCがクラッシュした。 トホホ。。。】
遣り直しになっちゃいました。。。
OSインストール、各種デバイスドライバー、Office、セキュリティソフト、Adobe系ソフト(画像処理やAcrobat、Flashなど)、各種フリーソフト、こーちんの庭を作っているHP作成ソフト、などなどを入れ込んで60%〜70%の完成度に達していた次期メインPCが、あっという間に只の箱となってしまいました。
「なってしまった。」というのは少し違っていて、「してしまった。」というのが正しいかも知れません(苦笑)。

マザーボードの不具合や性能向上、機能拡張のために定期的にBIOSというハードウェアとソフトウェアの中間的なソフト(ROMデータ)が公開され、提供されます。 この日、私は新しいBIOSを見てしまいました。 ←3日前に公開されていた。
このBIOSの改善点は、私には使う予定がなかったけれど、堅固なXeonというCPUのサポートが行われている事です。
私は、つい「おっ、Xeon対応になったんだ〜。Ver UPしておこう!」と思ってしまった訳なのです。。。

BIOSをアップデートすると、Windows7の画面が途中でフリーズして起動しませんでした。
再度PC起動スイッチを押すと、、、完全にBIOS起動後に停止してしまっています。。。
どうやらOSが呼び出されてないようで、直ぐにOSを入れた(2台のSSDで構成した)RAID1ディスクの障害だと解りました。

案の定、BIOSアップデートによって、2台のSSDで構成したRAID1が分解されて、単体の2台のディスクの扱いに戻っていましたよ。。。 「ガ〜ン」という感じです(涙)。 また一からの作業となります。
長い長い道のりが、始まります。。。

左上:ぴよ太は、お気に入りの静養ケージに登って雨宿りをしています。 シトシト・ジメジメの土曜日〜。
右上:小雨の舞う庭をお散歩中なのは、ぴよ美でした。 「退屈なんだよね〜」と言っていました(笑)。
左下:納豆ヨーグルとをご馳走しましたよ。 蒸し暑いから、お腹の調子や色々と健康を気にしないとね。
右下:日曜日は晴れて蒸し暑い陽気でしたよ。 ぴよりん&ぴよこりんが水を飲んでいました。
2012年6月9日(土)&10日(日)
梅雨の季節、ジメジメ・シトシトと小雨が降って、空も暗くなっちゃたね。。。
土曜日(6/9)は、朝からシトシトと雨降りの一日でした。
「そろそろ梅雨の季節だな〜」と思っていたところ、夕方のニュースで関東地方の梅雨入り宣言を気象庁が出していましたよ。 前日(6/8)の九州、四国、関西地方に続き、北陸と一緒に今日から梅雨になっちゃいました。

シトシト、ジメジメ、通勤中に濡れたり、洗濯物が生乾きになったりして、余り良いイメージがない梅雨だけれど、農作物には必要な湿りですよね。 こっこ達も「雨ばかり降って遊びに出られないよ!」と思っても、真夏の庭に日陰を作ってくれる木や植物は、梅雨のこの時期に水分を摂って枝を広げ、沢山の葉っぱを付けますから〜。
こっこ達も私も梅雨の雨に感謝をしなければなりません(砂漠のようなカラカラ天気と比べれば、恵みですよね〜)。

ぴよ太のクチバシ

また欠けてしまいました。。。
今回も血が出ていないから、そんなに痛くないと思うけど、飼い主としては心配になってしまいますよ。 見た感じ、前回欠けて新しく生えた部分が欠けちゃってるように見えます。 生えたてのクチバシだから、軟らかいのかも知れませんね。
(幸いなことに、前回と同じく軽微な欠けで、口をちゃんと閉じらます)

前回にも記したように、ぴよ太は、ガラス窓に付いた何かをツンツンするのが癖みたいなのです。 ガラスに付いたゴミとか、姪っ子が内側から落書きしたクレヨンの跡とか、、、 何か気になると(そんなに強くはないけれど)ツンツンしちゃいます(苦笑)。

欠けたのは、生えたての柔らかいクチバシだったからだと思うから、硬くなるまで我慢して、丁寧にクチバシを使って欲しいなと飼い主の私は思います(苦笑)。 1か月くらい、人間の軽微な骨折と同じく、余り負荷を掛けずにご飯を食べて欲しいですね。 硬く頑丈になってしまえば、ガラスを多少強く突いてもきっと大丈夫だから〜。
【写真:上のクチバシの先っちょが欠けて取れかけてます。。。】

ワクモ
2週間前、5/26&27日の日記に「ぴよ太お気に入りの寝床(笑)の静養ケージの天蓋裏にワクモ発生。。。」と記したばかりですが、今度は母屋小屋の産箱に数匹のワクモを見付けてしまいました。 GW直後から「今年の夏はワクモ発生を抑えるぞ〜」という気持ちで、母屋小屋を中心にゴシゴシと水洗いをしていて、今回も入念にゴシゴシしている最中のことでしたよ。 土曜日(6/9)、バケツで水を掛けながら産箱をゴシゴシ水洗いしていたら、未だ水の掛かっていない産箱天井裏に数匹のワクモが(水を嫌って)避難してきたのです。
数匹居るということは、(ゴキブリと同じく)もっと沢山居るということだから、、、考えると恐ろしいです(苦笑)。

母屋小屋の産箱は、特にダニ・ノミ忌避剤の”ダニクリン”を沢山ふり掛けてあるから、これでも少なく済んでいるのでしょうね。 昨年夏には、凄く沢山のワクモに住み着かれてしまって、何千・何万という単位でしたから。。。
それに比べたら、まだまだ少なくて済んでいる筈です。
今回も産箱と母屋小屋床板、壁面を入念に水洗いしました。
洗った後は、綺麗な藁を敷いてあげて、ワクモを寄せ付けないように”ダニクリン”を噴霧しましたよ。
完全駆除出来れば良いのですが、、、どうだろうか。。。
朝の卵採集の時に、産箱の中も毎日チェックしようと思います。

因みに、前回数匹を見付けてしまった静養ケージの天蓋の裏にはワクモは居ませんでした。 数日毎に蓋を開けて中を見ていますが、”ダニクリン”の効果なのか再発生に至ってませんよ〜。
「一回の噴霧で1ヶ月程度効果が持続」とのことですが、1週間毎か2週間に1度くらいの間隔で、母屋小屋と静養ケージへ噴霧して、ダニの類を寄せ付け居ないようにしたいです。

庭の野菜

我が家のこっこは、草を良く食べますよ。
皆さんのお宅のこっこちゃんも同じだと思うけれども、そのことを記しますね〜。

私はこの事をずっと日記や掲示板に記しているので、私のHPへ来られる方ならばご存知と思うけれど、雑草だとドクダミが一番の好物で、既に庭から絶滅した経緯がありました(笑)。 草と言えるかどうか解らないけれど、芝生も案外好きで、良くツンツンと摘まんで食べています。 秋から冬に掛けて、庭には芝生しか食べられる植物が無くなるから、余計に芝生を食べちゃいますよ。
それから今の季節だと、サツキやツツジの葉っぱや花を食べます。
雑食性だと言われるけれど、こっこは草や葉っぱが好きなんですよね〜。

当然ながら野菜も良く食べます。 そして、我が家では畑で野菜を自作栽培してます。 畑で採れた野菜をおっそ分けしてご馳走すると大喜びして、特にキュウリや白菜が大好物ですよ。 また、(母がすぐに目の前で収穫して料理に使えるという理由で)庭でもトマトや茄子、ピーマンなどを鉢植えで栽培することが多いですよ。
【写真:どうですか? 完璧なデフェンスですよ〜(笑)】

軒下だと、緑のカーテンとして、ゴーヤやカボチャも我が家の定番だったリします。
我が家のこっこ達は、困ったことに、この鉢植え野菜の葉っぱが好きなんです(苦笑)。
当然好き嫌いがあって、食べない種類と喜んでムシャムシャ食べる種類がありますよ。

こっこ達は、茄子とトマトの葉っぱを好んで食べますね〜。
彼らは、ゴーヤやピーマンには余り興味がない様子です。 ←苦いのかな?
そして私の母は、こっこ達に茄子とトマトの葉っぱを食べられると「あっっ〜、コラ〜、また食べたな〜!」と怒ります(苦笑)。 私もこっこ達に「葉っぱを食べちゃうと、大きく育たないから、美味しい実が採れないんだよ! 食べちゃ駄目だよ!」というのですが、ニワトリだからか余り解ってくれません。。。 こっこ達は、私の説得に「ホッホッホッ ホェ〜?」みたいな反応なんです(苦笑)。
「だってさ〜、美味しそうに見えるから我慢できないんだよ〜」と言っているのかも知れません。

そこで、写真のようにネットで囲いました。
名古屋コーチンである我が家のこっこ達には、この高さは、十分立派な防護柵になりますよ。
ズングリして重い体の彼らは、50cmの高さを登るにも一苦労です。
ネットの外から「この葉っぱ、美味しそうだな。。。」と思っているかも知れないけれど、収穫時期を迎えてご馳走できるようになるまで我慢です。

左上:土曜日はずっと雨が降っていました。 コーチン一家は軒下で雨宿り中です。
右上:日曜日、雲の晴れ間から、時折太陽が見えましたよ。 砂浴び中の雌鶏さん達を守るぴよ太です。
左下:ぴよ美のカキカキが気になって、「何か見付けた?」と近づくぴよ太。
右下:ぴよりんの砂浴び。 梅雨の砂浴びは貴重だから、沢山バサバサしないとね〜。
2012年6月2日(土)&3日(日)
う○ちの中に良くないものを見付けてしまって、唐辛子を食べました〜。
とにかく、蒸し暑い季節になりましたね〜(苦笑)。
GW後から暑くなって、もう慣れてきたけれど「暑いこと」には変わりありません。。。
こっこ達も「暑いな〜」と思っている筈です。

そんな暑さにウンザリしているこっこだけど、雨続き後の晴れた日には、芝生の上で横になって寝転がって、気持ち良さそうに羽を広げている事がありますよ。 この行動、この季節から発生する虫を追いだす為の”虫干し”だと思います。
我が家では実際にワクモが発生しているし、お尻に付くトリサシダニの活性化する季節でもあるし、こっこも長年の経験から知恵を身に付けていますね。 晴れの日が続いたりすると、当然木陰へ逃げ込みますが、久し振りの好天をこのように有効に使っていますよ〜。 人間に例えると、梅雨の期間、天気の良い日にまとめて洗濯するのと同じです。

にわとりTシャツ

少し前に掲示板にも貼ったニワトリTシャツを入手しましたよ〜。
その時の掲示板書き込みと重複するけれど、経緯を記しておきますね。

私がにわとりTシャツを度々購入して、さらに着ている事(笑)を知っている妹から、仕事中に電話が鳴りました。 「何か急用かな?」「誰か家族が急病になったのかな?」と少し心配しながら電話に出ると、「ユニクロでニワトリのTシャツを見つけたから、代わりに買ってきてあげようか?」とのこと。
ホッとすると同時に、「うん、じゃあお願い。因みにどんな柄?」と答えました(笑)。

妹は「のりたまの可愛いニワトリ!」というのだけれど、私はその柄を全然想像できません。 ←のりたまの絵を思い出せない。。。
(以前、私が同店で2枚購入したニワトリTシャツは、どちらもそんなに可愛く無かったから、私に「可愛い」を強調して、そのような説明になったのだと思います/笑)

高いものではないので、妹へ購入をお願いしました!
 【写真:のりたまのTシャツ/ユニクロですよ〜】

夜、仕事から帰宅してそのTシャツを受け取りました。
確かに”のりたま”で、深緑色がべースの柄です。
私はユニクロで(ヘビメタ風の)ロックンニワトリと葛飾北斎のニワトリTシャツを購入していますが、これら過去の2枚と比較すると可愛いです。 街で着て歩いていても普通な感じでしたよ〜。 以前のロックンニワトリは、こっこの首に(ブルドック犬のような)トゲトゲの首輪が付いている柄で、少し恥ずかしかったりしました(笑)。 それに比べると全然良い感じでした。

私の記憶では、何年かに1度、ユニクロからニワトリTシャツが出ます。
北斎企画だったり、今回のような(老舗?)企業の企画だったりしますが、何年か後の次がまた楽しみです。
因みに今回の”のりたまこっこTシャツ”は、\1,480-でした。 ←この日の夜に忘れずに20円プラスして払っておきました。

唐辛子!
こっこにトウガラシをご馳走しました。
唐辛子は、昨年に会社の同僚が栽培したもので、干した状態の株を2つほど頂いて保管してあったものです。

実は、こっこの下痢ウ○チから線虫のような小さいような虫が見付かりました。
汚い話で申し訳ないのですが(苦笑)、ウネウネと5mmほどの虫が動いているのを見付けてしまったのです。。。 こっこ自身は、特に不調だったり顔色が悪かったり、痩せたりはしていませんが、虫がお腹の中に居るのは良くないですから、辛い唐辛子を食べさせて、虫を驚かして下そうと思った訳です。
【写真:唐辛子の実を10個くらい刻みました。】

ぴよ太とぴよりんは、私の手の平に刻んだ唐辛子を置くと、パクっと素直に食べてくれました。 しかし、ぴよ美とぴよこりんは、辛いのが苦手なのか、いちど口を付けると「プィッ」と捨ててしまって、食べてくれません。。。
皆が食べてくれると良いのですが、、、

ところで、過去のこっこ達の便の中にも、ときどき同じようにこの小さい線虫を見付けていました。
ニワトリの線虫について調べてみると、体調3〜12cmに育つ鶏回虫と、7mm〜1.5cmの鶏盲腸虫が良くお腹に住み着くそうです。 我が家の線虫は、大きさから後者かも知れませんね。

この鶏回虫について、Webで調べたところ「家畜寄生虫病学という教科書を引っ張り出して調べてみると、この虫は鶏の健康にほとんど障害を与えることはないという記載があった」という情報があって、取りあえずは一安心のようです。
とは言え、人間に住み着く(普通の時には悪さをしない)ウィルスや菌と同じで、何かの病気に掛かって弱った時に悪さをし始めそうだから、お腹の中から出て行って貰うのが理想ですね!

今回のこの線虫、誰のウ○チに居たのか解りませんけれど、全員に唐辛子を食べて貰って、辛いエキスによって全部排出されて駆除出来れば嬉しいです。。。 暫く唐辛子を食べさせて、様子を見ようと思います。

深夜の地震
5/29の深夜1:40頃、久し振りにドキッとする地震に襲われました。
地震の規模はM5.2、震源地は千葉県北西部、最大震度が東京都と神奈川で”4”です。
千葉県北西部は、私の地域とも重なるから(私から見ると)直下型だと言えますよ。
(震度3と発表されているけれど、4に近い3だったか、局地的に4だったかも知れませんね)

私が寝ていると「ドスン!」となって、グラグラと直ぐに揺れ始めました。
あの3.11大地震の後には、この規模の地震が頻発していた為、私を含めて慣れっこになっていましたが、久し振りの深夜の地震にビックリでしたよ。 私は、数秒経たずに跳び起きて、布団から直ぐ近でセットアップ中の次期メインPCを押えに行きました(笑)。 私の部屋は(一般人と比べて)PCの台数が多いのですが、それらPCの中でも近日中に入れ替えようと作っている次期PCが、とにかくデカイのです。。。
重さも20Kgを超えていて、飛んで来て体の上に落ちると致命的です(苦笑)。

過去の地震では、不幸でお気の毒な事例ですが「部屋に高く積まれた本が崩れ、深さ30cmほどの本に埋もれて亡くなっていた」という方もいたので、”他人事ではない”と、このPCを作り始めてから思っていました。 しかし作り終えてしまえば、現在のメインPCが置かれた机の上へ入れ替えるので、幾らか安心できますよ。 だから早く作り上げなければ、、、

そして今度のメインPCは、壁面にワイヤーで固定しようかと思っています。
大きな揺れで飛んで来る恐怖もあるけれど、机から落下してPC自体が破損するのを防ぎたいですからね〜。
せっかく複数の無停電電源装置(UPS)を使って、災害に強いシステムとして運用している訳なので、災害の一番初めの揺れで壊れたら意味がありません(苦笑)。

もっとも、PCや家具を飛ばしたり倒したりする大きな地震が来ないことが一番です!
各種研究機関が「○○地域は、今後××年以内に△△%の確率で大地震が発生する」と発表しているから、永久には避けられないのかも知れないけれど、あと50年くらい来ないでいてくれることを祈ります(笑)。

因みに、今回のこの地震について、我が家のこっこ達は無反応でした。
グラグラと揺れた時、寝ぼけて起きて「何? 今揺れた?」という表情でお互いに顔を覗き合ったかもしれませんが、警戒鳴きや雄叫びコケコは皆無でしたよ。

左上:我が家の庭で一番大きな木の下、ぴよ太とぴよ美が涼んでいましたよ。
右上:産箱を外へ出して干していた小屋掃除の最中、産気付いたぴよこりん。 お掃除中でごめんね。。。
左下:職場同僚から頂いた唐辛子、こっこの虫下し用に一部を刻んでご飯へ混ぜました。
右下:餌箱の赤い粒々は、刻んだ唐辛子です。 唐辛子が好きな子と、嫌いな子が居ますね〜。


番外編【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(ジャンク監視カメラ、レンズ付き!)
名古屋コーチン一家の週末日記
(今回はワタミへGo、和食が充実してますよ〜)
名古屋コーチン一家の週末日記
(入手品、良いジャンクPCを入手出来たよ!)
このところ仕事が忙しくて、平日はぐったりしてます。。。
来週、6/6〜6/8に開催される毎年恒例の商品展示会へ出展する為、準備が大忙しなのです。
前日も含めて4日間、横浜まで2時間以上かけて通って、立ちっ放しの作業になるから、来週は更に大変ですよ(苦笑)。

そんな繁忙期ですが、自作PCへインストールするソフトを探しに秋葉原へ行って来ました。
今までのWindowsXPは、長い期間使われたOSだったから大抵のソフトは流用可能で、「互換性が無くて使えない!」と慌てることが少なかったのだけど、、、 現在、私が作製しているWindows7 64bitの新PCは、"32bit→64bit"の大きな根幹の違いに加え、Vistaからも大幅に変わったOS自体の違いもあって、「互換性が無いぞ〜(涙)」が続発しています(苦笑)。
その結果、Windows7 64bit対応のアプリケーション購入が必要なのです。
普通の店舗で購入すると高くなるし、特にAdobeは数万円の高額アプリが多いから、AcrobatXとPhotoShopをアキバの裏通り(ジャンク街)で探してみました。

夜、何時もの友人と飲み屋へ行きましたよ。
先月には忙しいと言っていたけれど、今月はそんなに忙しくないそうです。
居酒屋は、毎回行く金の蔵Jrに飽きてしまったので(笑)、秋葉原のワタミへ行ってみましたよ。
ワタミは海鮮系やサラダ系などが充実していて、金の蔵Jrと比べるとお高いけれど(それでも安価な部類)、料理がさっぱりしていますよね! 金の蔵Jrは、格段にお安いのですが脂っこい料理が多いので何回も通っていると少し辛くなってきます(笑)。

居酒屋では、新規発売される一眼レフカメラの話題になりましたよ。
NikonやCANONから高価なフルサイズ機が発売された事と、私の好きなPentaxからコストパフォーマンスの良い中級機が出ることについて話をしました。 Pentaxのカメラは、防塵・防滴に加え、100%視野率のペンタプリズム搭載の本格派なのですが、ボディ材質をプラスチックに抑えての7万円前後という価格が、他社の初級機並みです。
私もつい購入しちゃいそうですが(笑)、きっとPentaxユーザーを増やす良いカメラとなってくれる筈です!


◎購入品
・Panasonic Let's Note CF-T5 ジャンク品 \6,980- ←久し振りに見付けた掘り出し物!
・Adobe PhotoShop elements8.0 多国籍版 バンドル品(新古) \4,980-
・Adobe Acrobat X Standard 日本語版 バンドル品(新古) \5,980-
・白芝SDHCカード(東芝製) 32GB \3,180-
・ADATA製USB3.0メモリ AS102P-32G-RGY 32GB \2980-
合計\24,100-

■Adobe系ソフト
ジャンク街にありましたよ〜。
新品PCに付属していたバンドル品ですが、何かの理由でPC本体と別々に流通したものが秋葉原へ流れ着いた感じです。
セット品としてAdobeが承認した物なので、バラバラにして流通させた場合には、(Adobe的に)非正規な売られ方という事になります。 だから何かトラブルが起きた場合には、正式なサポートを受けられず”自己責任扱い”の可能性もあるんです。 お店も「返品不可」「ノーサポート」の姿勢なので、微妙な価格となっていますよ(笑)。
ジャンク街の商品の典型例ですね(笑)。

・AcrobatX Standard
複数書類を繋ぎ合せてPDFファイル化したり、逆にPDFファイルを分解して編集したり、PDFファイルに文字を書き込んだりする為に必要なソフトです。 自宅で仕事もするし、スキャナーで取り込んだ書籍の編集でも利用する便利なソフトですよ。 但し正規流通品は、3万円台だから、凄くお高いです。。。
今回購入した製品は、ちゃんとインストール出来て、問題無くライセンス認証も完了しました。

・Adobe PhotoShop elements8.0
1つ前のバージョンのPhotoShop elementsだけど、Windows7 64bit対応なので購入しました。
問題無くライセンスも認証出来ましたが、どうも機能が貧弱な感じですね。。。
PhotoShopの廉価版なので仕方が無いのかも知れませんが、10年前(2002年発売)のPhotoShop7の方が色々と編集機能が充実してます。 PhotoShop7も(メーカーサポート無しだけど)一応64bitのWindows7で動作するから、2つのPhotoShopを使い分けて利用しようと思います。

■Panasonic Let's Note
久し振りに良い品に巡り合えました!
ジャンクですが、2007年5月発売のモバイル高性能ノートPCです(当時)。

【CF-T5】
CPU:Core2Duo U7500 1.06GHz超低電力モデル   ←デュアルコアCPUは強力ですよ〜。
メモリ:1GB
HDD:80GB
液晶画面:12.1インチ
重量:1.25Kg
バッテリ:ECOモードOFF時、最大約15時間   ←劣化していなければ、素晴らしい持続時間です!
無線LAN:無し   ←企業モデルだったのか、搭載してませんでした。。。
ACアダプタ:無し   ←ジャンクだから付属しません(笑)
外装:少し剥げているけど、概ね綺麗!

この\6,980-のレッツノートは、消去済みの80GB HDD付でしたよ。
コンテナに入っていた幾つかの中から、電源ボタンを押して起動する個体を選びました。 バッテリーが十分に元気な物を選びたかったのと、続けてBIOSを確認したり、液晶画面の劣化度合いを診たかったからです。
そして、PC背後に”Windows XP Professional”のライセンスキーのシールがしっかり貼られている物を選びましたよ!

秋葉原から帰宅して家に着いたのが0:30、お風呂に入って直ぐにこのジャンクPCのセットアップに取り掛かりました。 既に所有していたIBM製のACアダプタを使って、充電しつつ作業を進めましたよ〜。 OSは、背後のライセンスキーを使ってXP Proをインストールしました(自作PCのCDを流用)。 ドライバーを探して全てセットアップを終わられたのが、午前四時半。。。 眠いけれど、サクサク高速に動作するこのレッツノートに大満足でした!

翌朝、満充電されたバッテリーをチェックすると、、、「残り8時間30分」の数値にビックリでした!
企業が使っていたのか、一度か二度メンテナンスを受けて、新品に交換されたバッテリーが付属していたようです。
このPCのECOモード(バッテリを長持ちさせる為に80%で充電を中止する機能)を早速ONにすると、充電しきった状態で実際のバッテリ残量は”6時間”と表示されています。 十分に満足できる結果です!

とりあえず、会社で使っているJunk購入&今回のように復活させたIBM ThinkPadと入れ換えようと思います。
ThinkPadはPentium3 866MHzの10年以上前のモデルなので、快適になる筈です。
早速無線LANカードを装着して、来週の横浜通いのお供にもするつもりですよ(笑)。
その為に、もう少し色々とアプリのセットアップを続けて実用的なPCに仕上げる予定!
2012年5月26日(土)&27日(日)
初夏の陽気、暑い土日でした。 こっこ達は、水をグビグビ飲んでいましたよ〜。
今回の土日も晴れて暑い陽気になりましたよ。
暑いといっても30℃弱、我が家の温度計で28℃か29℃です。
7月や8月の37℃や38℃の殺人的酷暑と比べると低いけれど(笑)、暑さに未だ慣れてない体には十分に堪えます。
人間もそうですが、こっこ達も水を沢山飲むようになりましたよ。

ワクモダニ発生!
今年もアノ嫌な奴が発生してしまいました。。。
「また厄介なものが、、、」と憂鬱になりますよ(苦笑)。
なんと言っても、小屋掃除が大変な重労働ですからね〜。 ←そうは言っていられませんが(苦笑)

ワクモダニは、夕方にぴよ太が登る静養ケージ蓋の裏に小さなコロニーを作っていました。
数匹の小さなコロニーですが、集まっている赤い体のワクモを指で潰すと、プチッっと赤い血液が染み出てきました。
ぴよ太が刺されいるのかな?
因みにぴよ太の体は、ワクモダニやトリサシダニは見付けられず、(昨年に見られた)掻きむしって出来た傷や羽毛の抜けた状態もありませんでした。 幸いな事に未だ発生序盤で、被害が拡大する前の段階です。

5/26(土)の事で、1週間前には全く発生が無く、「何処から沸いて来るのか?」といった感じです。
昨年にはあれだけ手こずらされたワクモダニだけに、ショックでしたよ〜(笑)。
早速大掃除を行いました。

発生源ではありませんが、母屋小屋の産箱と床板を外へ出して、丁寧にブラシを使って水洗いしました。
昨年の経験から産箱天井に住み着くので、そこを重点的に車洗浄に使う目の細かいブラシでゴシゴシやりましたよ。
母屋小屋の壁面と床下も目の細かいブラシでゴシゴシ。
床下へは(未だバルサン乳剤は使わずに)ハエ蚊用の殺虫スプレーを噴霧しました。

強烈な初夏の日差しで十分に乾かした後、天然抽出のダニ・ノミ忌避剤”ダニクリン”を産箱を中心に噴霧しました。
殺虫剤ではないけれど、天然成分を主成分にしているから、動物や人間に無害なところが安心できます。
ワクモの完全駆除は難しいようだから、昨年のような大量発生をこの措置で抑えられれば良いな〜と思っています。

同様に発生源の静養ケージを丸ごと水洗い&ダニクリン噴霧しました。
暑い陽気に結構な重労働でしたよ〜(苦笑)。

耳掃除
上に記した”ワクモダニ”が発生する暖かくなる季節に、ぴよ太の耳も汚れ始めます。
我が家の雄鶏さんは、理由が解らないのだけれど、結構な確率で(GWを過ぎた頃から)耳クソが溜まったり、耳から膿のような汁が溢れて出てくる症状が現れます(苦笑)。 人間に例えると、子供がときどき罹る中耳炎に似ているな〜と、私には思えます(男子コッコも、4歳、5歳と年を経ると段々と罹らなくなりますよ。 ←人間の子の中耳炎に似ている)。

過去の子だと、父コーチンを除く長男コーチンと末っ子コーチンが罹っています。
ぴよ太を含めると、合計4羽中の3羽が罹っているから、(病気ではないのかも知れませんが)発病率が75%と高いです。。。
一方、雌鶏さんは皆無で、過去も含めて10羽くらい居ましたが、1羽も罹って居ませんよ。
何故、この耳クソが出る症状が男子にだけに起こるのか、不思議なんですよね〜。

昨年、ぴよ太のバンブルフットの診察を受けた際に(家禽類も専門の)獣医さんに相談した事がありました。
獣医さんによると「耳クソが出るのは、炎症が起きているからです。 中耳炎と同じだから、綿棒で拭ってあげて下さい。 アルコールなどの刺激物は駄目です。」とのことでした。 雄鶏君にだけ発症する理由は先生にも解りませんでしたが、今まで使っていたアルコールが良くない事を教えて頂いただけでも聞いて良かったです。

そんな耳クソが、今年もぴよ太の耳に現れ始めました(苦笑)。
土曜日、ぴよ太を抱いて、耳掃除をしてあげましたよ。
耳の中を(人間の子供向けの)ベビー綿棒で拭ってあげて、耳から出て周辺の羽をベッタリと汚してカチカチになったのを、獣医さんから貰ったワセリンのような油で溶かして綺麗に拭いてあげました。 ぴよ太は、人間の子供ように耳掃除を嫌がりますが、綺麗になって良く聞こえるようになった後では、「綺麗にしてもらって良かった!」と思っている筈です。
次の耳掃除でも「感謝の心」をしっかりと憶えていて、首をブルブルってやらないようにして欲しいな〜(笑)。

納豆ヨーグルト
今週のご馳走は”納豆ヨーグルト”です。
暑い陽気が続くから、口当たりの良い納豆ヨーグルトをいっそう美味しく感じるのか、あっという間に1杯を平らげました。
こっこ達の体調も一番良い時だし、食欲も絶好調にあるから、もう1杯お替りを出してあげました(笑)。
2杯に使った材料は、ヨーグルト300gと納豆2パック(90g)でしたよ〜。

1杯目はあっという間に食べてしまったものの、2杯目は先に食べ始めたぴよりん&ぴよこりんが早々にダウン(笑)。
年上コッコの食べ終わるのを待っていたぴよ美がバトンタッチして、猛烈な勢いで食べ始めました。
ぴよ太も傍らで、ゆっくりとひとくちずつ食べていました。
この2人も、2杯目の皿を8割くらい食べたところで満腹になったようでした。
4羽はその場を離れて散歩へ出かけましたが、結局、寝る前に再び立ち寄って全部食べてしまいました。
よっぽど好きなのでしょうね(笑)。 ←完食するために、軽く散歩へ出掛けてお腹のスペースを空けなのかも?

左上:日に日に、暑い陽気になってきました。 こっこ達は、ブドウ棚の下へ避難して涼んでいます。
右上:お気に入りの木陰で砂浴びをしながら休む雌鶏さん。 その間、ぴよ太は周囲を見張っていますよ。
左下:午後のご飯。 ぴよ太は「おやつを御馳走してくれるの?」と気になる様子。
右下:夕方、納豆ヨーグルトを御馳走しました。
2012年5月19日(土)&20(日)
GWも過ぎて、暑くなってきましたね〜。 こっこ達の木陰で休む姿を多く見かけるようになりました。
5/14(月)にオフ会をしましたよ〜。
場所は御茶ノ水、時間は19:00集合でした。
2010年6月のオフ会に続き、今回は2回目です。

メンバーは、COBRIDERさん、Mさん、館長さん、十一郎さん、バーチャル参加のイッコ*ニコさんと私でした。
前回(2010年6月)と比べて、集まって下さった方も多くなり、とても楽しい会となりました。
このお話は、またあらためて、ご報告したいと思います。
(当日はお世話になりました!)

カラスを観察
先日の日記に記したように、我が家の卵をカラスが狙っているようです。
私は、カラスを注意深く観察する事にしました。
「本当に狙っているのか?」「カラスが降りて来た時のぴよ太や我が家の子達の反応は?」「カラスの奴を懲らしめてやろう(笑)」という疑問や思いを、私が持っていたためです。 「朝に良く狙いに来る」という母の言葉を思い出して、出勤時間までの間、こまめに小屋や電線の上を観察するようにしていましたよ。 そして土日には、カラスの「カァ カァ」や「アッホ〜アッホ〜」(笑)という鳴き声を聞けば、直ぐに確認するようにしていました。

その観察(監視?)の結果は、、、
数日間、私は彼らを観察したけれど、決定的な犯行を確認する事は出来ませんでした。。。
「頭が良い」と言われるカラスだし、スズメにしても少しの窓の隙間から、「お前達! また餌を盗みに来たな〜!」というオーラを出して覗いていると、その殺気を悟られてしまうのか、直ぐに飛び去って暫く近寄りません(苦笑)から、そのスズメ以上に敏感だったりするのかも知れませんね。
頭脳明晰さに加え、カラスもそのような特殊能力(霊感みたいなもの?)が備わっているのであれば、私が観察している事を察知され、「暫くは別の家へ盗みに行こう」と寄り付かなく、観察は困難です。
本当にそのような理由だったのか否か、結果的に我が家のこっこ(正確には卵だけれど)への悪戯を確認する事は出来ませんでした。

その代わりに凄い事件を目撃しました!
私は、我が家の電線で繰り広げられた”カラスVSムクドリ”の争いを見る事となりました。

日曜日(5/20)、「カァ カァ」や「ギャー、ギャー」と鳴く声にビックリして、私は窓を開けて直ぐ上の電線を見ました。
すると1羽のカラスが何やら口に咥えてその電線へとまりました。
ほんの数秒後、いやカラスと同時にだろうか?
別の野鳥がそのカラスに寄ってきて、カラスを突いたり、突進したり、「ギャー、ギャー」と鳴いて威嚇をし始めました。
その野鳥は、どうやらムクドリのようで、2羽、3羽と集まってきて、直ぐに10羽近くに増えました。
ムクドリ達は、カラスを取り囲み、けたたましく鳴き、攻撃をしています。
しかしカラスは、口に咥えた物を離そうとしません。

私はカラスの口に咥えられた物を「何かの野鳥かな?」とまでは直ぐに解かりましたが、この様子からカラスはムクドリの子供を捕まえて連れ去る場面だったようです。 ぐったりしてしまっていましたが、その子の親や仲間が奪還しようとカラスに挑んでいる場面でした。 子供を取り返えそうと必死なムクドリも、食べ物を獲らないと生きていけないカラスも、両者とも必死です。

クチバシを使って反撃できないカラスは、ムクドリ達の体当たりや、突かれたりの、ヤラレ放題です。
ですが体格が10倍くらい大きいので、カラスには決定的なダメージを与えられません。。。
20秒か30秒間の攻防を我が家の電線上で繰り返した後、近くのケヤキの大木へ逃げ移ると、ムクドリ達が追い掛けて行きました。 ケヤキの木の中から「ギャー、ギャー」と暫く聞こえたあと、カラスもムクドリ達も遠くへ飛び去って行きました。

恐らくカラスは逃げ延びて、巣で待つ自分の子に食べさせたか、或いは自らが食べてしまったのでしょうね。。。
こっこ達の卵を盗られている(かも知れない?)私は、立場的にはムクドリの側なのですが、自然の摂理だと考えると仕方が無いのかも知れません。


左上:強い日差しの下、こっこ達は日陰へ避難しましたよ〜。 木陰の砂浴びが気持ち良いね。
右上:木陰で休む雌鶏さん達を見守るぴよ太。 毎日の警備、有難うね〜。
左下:全員でお散歩中。 先導はぴよりん&ぴよこりん、そしてぴよ美はぴよ太の後に続きます。
右下:裏庭を警備中のぴよ太。


番外編【秋葉原買い物】
なんと、5/19(土)は、今週2回目のアキバ訪問でした。
実は、5/14(月)のオフ会前に探したい物があって、アキバを10分か15分くらいの時間、ピンポイントで1店舗だけ覗いてきたのです。 この時の”探したい物”というのは、打ち心地の良いキーボードで、5千円くらい払っても良いかなと思っていました。

秋葉原の安価なキーボードは、概ね千円以下で、2千円も出せば(デザインとかならば)そこそこの物を入手できるのですが、「軽快に疲れずに気持ち良く打てるキーボード」は殆どないようです。。。

5千円も出せば、そこそこの物を入手できると思って、沢山展示して打ち心地を試せる店舗へ行ってみた私ですが、1万円以上払わないと満足できる物を入手できないことがわかりました。 今、自宅で使っている物もそうだけど、沢山の製品と打ち比べちゃうと駄目ですね(苦笑)。 それだけ使っていれば不満に思わなくても、高価な製品と比べちゃうとイマイチに思えてしまいます(笑)。

1万円という金額は、5/14には”高価すぎる”と思えましたが、段々とあの軽快な打ち心地に惹かれて、5/19(土)に意を決して再び秋葉原を訪れたのでした。
価格.comサイトを使って最安値近辺をお店を調べたところ、\9,000-弱のお店があったので、そこで購入しましたよ。
【写真:秋葉原へ向かう電車内から撮影したスカイツリー】
この件で、キーボードには3つの構造的な違いの種類があって、それによって価格が大きく異なる事を知りました。 一番高価なのは”メカニカル式”で、1つずつの文字キーが(裏側の基盤上で)独立していて、軽快に打てて構造的にも耐久性が高いです。 一番打ち易いタイプですが、やっぱり高価な事がネックとなって、余り普及していないようです。

”メンブレン式”と”パンタグラフ式”は、多く見掛けるキーボードの種類です。 ディスクトップ用の普通の安価な奴(アキバで千円くらいで販売)は、メンブレン式ですよ。 そしてノートPCのような薄いキーボードは、次に安価なパンタグラフ式です(ディスクトップ用にも結構採用されているようです)。
メカニカル式以外のこれら2種類のキーボードは、全体の9割以上を占めると思います。

因みに私が現在使っている物は、ディスクトップ用のパンタグラフ式です。 ←見た目が薄くて格好よいです(笑)。
4年ほど前に\2,980-とかで購入した記憶があります。
購入2年後くらいに良く使うキーの文字が消えてきて、現在は5文字位が半分以上消えていますよ〜。
未だ使えるけれど、新PCの自作にあわせて、買い換えちゃおうと思います。

キーボードともう1つお目当てがあって、それは”モニターアーム”でした。
机にネジでしっかり固定して、ビヨ〜ンとアームで高さや角度を自在に調整できる器具です。
自分に適した目の高さに調整できるから、首や肩の凝りも改善される筈です!
それから、これを使うことで地震対策にもなって、少々の揺れでは引っくり返ったり落ちたりしませんよ。
24インチ液晶ディスプレイを吊り下げられるモニターアームを事前に調べておいて、九十九電機で実物を確認し、直ぐに購入できました(ネット価格を伝えたら\1,500-程値引きしてくれました!)。

◎購入品
・Owltech製メカニカル式キーボード(茶軸) OWL-KB109BM(B)UB \8,700-
・エルゴトロン製 モニターアーム 45-241-026 LX \13,000-
合計\21,700-

友人と飲みに行こうかと思っていたら、「暫く土日が忙しい」とのこと。
17:00頃にアキバに着いて、2時間歩き回って19:00に帰宅しましたよ。
2012年5月12日(土)&13日(日)
過ごし易い良い1週間でした。 先週に続き、こっこ達はご飯を沢山食べましたよ!
爽やかな気候が多かった一週間でした。
昼間には動くと「少し暑いかな」と思うこともあったけど、朝晩はキリッと冷えて清々しい気分になります。
寒がり体質には少しキツイ冷え込みかも知れませんが、暑がりな私には、気持の良い涼しい朝と晩でしたよ。

我が家のこっこ達は、元気一杯です。
ご近所こっこ達からも元気な声が聞こえてきますよ〜!
ぴよ太もときどき返事をしますが、最近、多くはスルー状態です。
全部に「こっちも元気にやっているぞ〜!」と返すのは、ちょっと面倒臭いのかもね(笑)

食欲
モリモリ食べていますよ〜。
年上お姉さんこっこに遠慮しがちなぴよ美も、2羽が食べ終わるのを待ち切れずに、一緒になって食べています。
このとき、着く場所が重要なのですけれどもね〜。
必ず年上こっこから見て、ぴよ美はぴよ太の陰になる場所へ着いてご飯を食べますよ。
そうしないと、隣り合ったぴよりんか、又はぴよこりんに「ぴよ美は私達の後じゃないと駄目だよ!」と怒られちゃいますから。。。 食欲旺盛な季節や体調が絶好調なときには、ぴよ美は、このようにして食べています。
今は、そのような(調子の良い)季節のようです!

他のこっこ達もご飯をモリモリ食べています。
夕方には餌箱の中にはカスしか残ってませんよ!
(カスは、主に米ヌカと肉骨粉を固めたような成分で、昔から我が家のこっこが苦手にしているものです)

困ったことは、我が家のこっこの食欲が旺盛なこの時期には、野鳥達も旺盛になることです(苦笑)。
野鳥達の子育ての季節でもある今、幼いスズメがなかなか飛び上がれずに、私やこっこ達の姿に気付いてちょこまかと走って逃げる姿を良く見掛けます。
スズメの幼鳥がヨチヨチ歩く姿は可愛くて、「おっチビが歩いているな」と跡を目で追ってしまいますよね。
でもね〜、(幼鳥を連れたスズメの親たちが)家族で沢山やってきて、こっこのご飯を盗み食いするんですよ〜。
そこまでは許容範囲なのですが、、、
食事の後、ウ○チを餌箱の中へ残して帰るのが、どうにもイケマセン(苦笑)。
この問題は、いまの時期から秋までの間、私が悩む種でもあります。 ←毎年の悩みです。。。
過去に色々と試したけれど、有効な対処方法は今のところありません。
我が家のこっこ達に盗まれずに沢山食べさせてあげたいという理由もあるけれど、同時に野鳥のウ○チから貰うかも知れない病原菌を防ぐ意味でも、この野鳥問題を是非とも解決したいですね〜。

ぴよ太
毎晩、私が抱っこをして母屋小屋へ連れて行っていると何度か記しています。
そしてぴよ太が、一度だけですが(今年の1/8に)自主的に母屋小屋へ入って行った事も伝えたと思います。
(ぴよりんとぴよこりんは、一度も自主的に母屋小屋へ入ろうと思ったことが無さそうですが/苦笑)

その後のお話ですが、全く駄目ですね〜。
あれから5ヶ月が経ちましたが、私の知る限りでは、ぴよ太が自主的に母屋小屋へ入ろうとした事はありませんでしたよ。
私の知らないところで「今日はぴよ美ちゃんとこっちで寝ようかな? どうしようかな?」と迷って、夕方に母屋小屋の周りでモジモジしていたかも知れませんが、どうだろうか。。。

私の抱っこ輸送がずっと続くのか否か、恐らく続きそうだけれど、もし引っ越してくれるのならば、そうして欲しいな〜と思う飼い主でした(笑)。

左上:4羽揃ってお食事中ですよ〜。 左端はぴよ美で、ぴよ太の陰に入れて貰っています。
右上:ぴよ美がお散歩をしていました。 緑が綺麗なフワフワの芝生は気持ち良さそうです!
左下:ぴよ美(左)がご飯を食べていたら、、、ぴよりん姉さん(右)が来て、怒られちゃいました。 その瞬間を撮影。
右下:涼しい木陰でお食事中のぴよ美。
2012年5月3日(木)〜5/6(日)
GWも後半へ突入! 私は相変わらず次期メインPCを組み立て調整中〜。
GWも後半に突入ですね〜。
私は、前半に揃えた自作PCパーツを元に、次期メインPCを組み立てていました。
しかし前回の秋葉原巡回で入手したり、ネット通販で揃えた部品だったのですが、組み立てて弄っていると、(予想していましたが/笑)不足部品&長さ等が合わないケーブル類などが、チラホラ出てしまいました。
その調達の為に、5/4(緑の日)に再び秋葉原へ通うこととなりました(笑)。

しかし暑いですね〜。
GW後半の週末は、また最高気温が30℃近くにまで上昇しましたよ。
庭へ出て何かをしたり、こっこ達の小屋を大掃除したりすると、あっという間に汗だくになってしまいました(笑)。
コーチン一家は、日陰へ潜って涼んだり、カキカキを良くしていました。
砂浴びをするには良い季節なので、穴ぼこを沢山掘って、それぞれのお気に入りの場所で砂浴び三昧でしたよ。

卵が沢山! だけど、カラスが・・・
ときどき暑い時もありますけれど、まあまあ過ごし易い気候だと思います。
こっこ達も沢山食べて、元気ですよ!
そして雌鶏さん達が沢山の卵を産んでくれています。

全員が毎日産んでくれる訳ではありませんが、産箱へ2コ産んでくれたり、1コの時もあったりという感じです。
ぴよ美、ぴよりん、ぴよこりんの3羽は、平均して2日に1コずつ全員が産んでくれている計算ですね〜。
昨年の秋から、今年の3月くらいまで、殆どお休みしていたから、凄い事だと思うのです!

しかし、ずっと前にもお話しをした事がありますが、母が言うには「またカラスが小屋の上に登って狙っていたよ!」とのこと。。。 更には「小屋の中から逃げるカラスを見た!」というような事も話していました(苦笑)。 別の日には「ぴよ太がカラスを追い掛けていた。」という話も聞いたので、厄介なこのカラス問題の対策をしなければならないかも知れません。

昔からなのですが、卵が産箱から落ちて割れている事が良くありました。
私は、「雌鶏さんが産箱の中でおしくら饅頭をする」と何度か記していて、その犠牲になった卵だと思っているのですが、もしかしたら(全部ではないにしても)カラスに突かれて割れた卵もあるんじゃないかな〜と思えてきました。
過去、私の目の前でも、一度カラスを撃退してくれたぴよ太ですが、もっと頑張って貰うと同時に、私も何か対策を本気でしなくてはなりませんね(ぴよ太武勇伝:良く雌鶏さん達が登って休む鉄パイプにカラスが降りてきたら、直ぐにぴよ太が突進して、噛み付いて追い返しました)

記すと動物虐待などと言われそうな方法ですが、、、
幾つか対処法を思い付きましたけれど、実際にその方法を行うか否かは微妙です(苦笑)。
しかし頭が良く、嫌な事をちゃんと覚えている賢いカラスならば、恐らく対策としては有効じゃないかな〜と思うのです。

ダニ対策の季節
ワクモ(ダニ)について、昨年調べた情報の中に、次のものがありました。
**************************************************************************
・一般的に3月頃から活動を始め、春から秋にかけて盛んに繁殖し、冬場には不活発となる。
・活動は外気温により左右され、25℃ 前後で吸血活動を行うが、-3℃の低温だと休止する。
**************************************************************************

この情報によると、そろそろ活動を始める季節のようです。。。
先日訪問したご近所こっこのお宅では、一足先に、お尻にトリサシダニが発生していたし、我が家も清掃を中心に予防的な対策を強化するつもりです。 現時点では、私のお尻チェックによって、トリサシダニは幸運にも我が家のこっこ達には発生していない事が解っていますよ! つまり、予防が大事です!

そのような理由で、GW中の余暇のある週末土曜日(5/5)、水洗いの大掃除を行いましたよ。 産箱や母屋小屋の床板、壁面をタワシでゴシゴシ洗いました。 そして、ぴよ太とぴよりん&ぴよこりんが夜間に登る場所も綺麗に水洗いしましたよ。
静養ケージやぴよりん&ぴよこりんが寝る場所も、容赦なくゴシゴシと水洗いです!
仕上げには、ダニを寄せ付けない天然抽出のダニ・ノミ忌避剤”ダニクリン”を噴射しました。

予防措置としては、マズマズの仕事だったと思います。
気温も上昇した日だったので、私は汗だくになって「今日は大仕事をしたぞ!」となかなかの満足感でした(笑)。 【写真:産箱へダニクリンを散布】

日差しも強く、水洗いした母屋小屋や静養ケージの木材は、あっという間に乾いてカリカリに熱くなっていました。
「ダニは熱にも弱い」と言われているから、強烈な日差しの下、もし潜んで居たとしても、綺麗に退治できたのではないかと思いますよ〜。 この清掃措置が功を奏して、今年のダニ発生を抑えられたら良いな〜と願っています。

そういえば、下記レポート「ご近所こっこ訪問」の中で記した事で、不明確だったことが解りました。
飼い主さんが使われていたワクモ駆除の”殺虫剤○×乳剤”は、”バルサンうじ殺し乳剤”でしたよ。
近所ホームセンターへ行った時、トイレ掃除売り場を通り掛かって、私の目に入りました。
元々の使用方法は、昔ながらのトイレ用の”ウジ殺し”の薬剤のようですね。
歯磨き粉で有名なライオン(株)が製造していて、効能と(ダニ駆除への)使用方法は、次の通りでした。

///////////////////////////////////////////
【バルサンうじ殺し乳剤】500mL/希望小売価格(税込み)1,313円
効能:ハエ幼虫(ウジ)、蚊幼虫(ボウフラ)、ハエ成虫、蚊成虫、ゴキブリ、ノミ、トコジラミ(ナンキン虫)、イエダニの駆除。
使用方法:目的に応じて水で希釈し、一般に害虫の生息または発生場所に対して散布します。
「ノミ、トコジラミ(ナンキン虫)、イエダニ」の場合、5倍希釈して1平方メートル当り50mlを散布すること。
http://www.lion.co.jp/ja/seihin/brand/068/07.htm ←ライオンの商品紹介Webぺージ
///////////////////////////////////////////

5倍に薄めて1平方メートル当たり50mlを散布するので、1瓶500mlだと50平方メートル分に相当しますね。
我が家の母屋小屋の床下は、多く見積もっても2平方メートルなので、ざっと25回散布する事が出来ますよ。
床下以外だと、こっこ達にも触れる部分だから、用心をして使用を控え、水や熱湯洗浄、そして天然成分を使った忌避剤を活用しようと思います。 我が家でも使っている”ダニクリン”のようなダニ忌避剤は、割高だったりしますが、こっこ達の健康が第一ですからね〜。 昨年のようにダニ大量発生に直面したならば、この薬剤を試そうと思います。

レポートを書きました!
ゴールデンウィークに2つレポートページを作成しましたよ。
今回のGWは、もう既に掲示板などで知っての通り”PC自作引きこもり週間”を決め込んでおりました(笑)。
5年半ぶりのメインPC製作なので、かなり気合も入って(笑)、豪華仕様、且つ丁寧に作り上げるつもりですよ〜。
そのような自宅篭りとPCパーツを秋葉原へ探しに行くだけのGWなので、普段から作ってみたいな〜と思っていたWebページを2つ作成しました。 ある意味、長期休暇の宿題みたいな感じでしょうかね(笑)。

ご近所こっこ訪問
ときどき「ご近所の100mくらいの距離に、数十羽単位で軍鶏を飼われているお宅が2軒ありますよ。」とお話しをしていたと思いますが、そのうちの1軒のお宅へお邪魔させて頂きました。
我が家と同様にダニに悩まされていて、私が訪れた時にはお尻チェック&ダニ駆除の最中でした。

ひよこフェアへ行ってみた
私のこっこ達も、このペットショップから連れ帰りましたよ!
4月〜6月までの期間、各種にわとりの雛を集めて「ひよこフェア」を開催しています。 実は、「こーちんの庭」宛へ「何処でヒナを入手できますか?」と、ときどきご質問を頂いております。 「ペットショップでは、こんな感じでニワトリのヒナが売られているんだ!」と知って頂いて、お役に立てればなと思って記してみました。


左上:ぴよこりんかな? ぴよ太に見守れられて、お散歩&カキカキ&ツンツンしています。
右上:年上こっこが食事を済ませると、ぴよ美の番です。 ガッツリと沢山食べますよ〜。
左下:最高に良いお天気に恵まれたGW、お気に入りの木陰には、砂浴びのクレーターが沢山できました(笑)。
右下:母屋小屋、そして静養ケージを綺麗にゴシゴシ水洗いしました。 ダニが来ると嫌ですからね〜。


番外編【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(5/4の秋葉原は凄い人混みでした!)
名古屋コーチン一家の週末日記
(今回のお目当ては、サードパーティから出されている大型CPUファン! 純正品と比べて数倍の大きさで、真夏でもCPUを良く冷やしてくれます。)
名古屋コーチン一家の週末日記
(PCケース内へ取り付けて、テスト起動!)
今回は、3週連続のアキバ巡回となりました。 理由は、自作PCパーツを求める為です(笑)。 通常の定期巡回は、友人と居酒屋で飲んで帰るのですが、この時ばかりは、直ぐに持ち帰って作業を続行させたかったから単独でしたよ。

ゴールデンウィーク後半の秋葉原は、凄い人出でしたよ!
写真のように通常土日よりも混雑が凄くて、特に家族連れの姿を多く見掛けました。
電子パーツ好きなお父さんが、子供に教えながら何かを買ったりしていたのかも知れません。
途中の電車内も遠出客だらけだったし、日本中が混雑している時期なのでしょうね(笑)。

さて、お目当ては、次の買いそびれたり不足してしまった品でした。
1、ファンコントローラー /サイズ社製 KS01-BK \5,480-
2、サードパーティ製の大型CPUクーラー /サイズ社製 KABUTO SCKBT-1000 \2,780-
3、S-ATA6Gbpsケーブル1本
4、2.5inchディスクを3.5inch格納ベイへ変換するアタッチメント

■ファンコントローラー
PCケースに装備した4つのファン回転数を自在に操作できる機器です。
シビアなコントロールを要するCPUクーラーは、マザーボードBIOSや専用ソフトウェアーを使って、CPU温度を監視しながらリアルタイムに制御します。 その他のPCケース底部に配置した口径18cm大型ファン3基と、ケース天井に配置した同12cmファンをこの機器を使ってコントロールするのです。

私の入手したPCケースは、大きな容量である点や煙突式という性質、口径の大きなファンを多数使っている事から、他のケースよりは冷却性能は断然高いと思います。 だから、真夏、エアコン無しの暑い室内ではない限り、本気で回転しなくても大丈夫です。 ファンが100%回転でも静かなように、(大きくて重くても)金属フレームの分厚いケースを購入しましたが、春・秋・冬には、更に静かに、回転数を50%以下に落として運用しようと思っています。

もしもの場合に備えて、異常熱を感知する為の温度センサーの値を監視しなくてはなりませんが、音楽鑑賞や何かの作業中にファンの回転音は極力静かな方が良いですからね〜。
(因みに、現行メインPCもこの方法によって、静かにコントロールしていますよ)

・結果
GWのこの陽気の中、50%回転数で大よそPCケース内は、室温と同程度の25℃前後です。
数時間、PC電源を入れたままでも温度上昇は無く、現在は余裕です!

■サードパーティ製の大型CPUクーラー
やっぱりCPUを良く冷やさないと、PCは不安定になりますからね〜。
”CPUクーラー”の冷却性能は、とても重要になります!

私は、ときどきCPUをオーバークロックさせて遊んだりしていますが、その時にも念のために使っているパーツです。
(オーバークロック:CPUを定格周波数以上で動作させる事です/当然メーカー保障外、自己責任な少し荒技です)
オーバークロックは、発熱量や消費電力が定格動作以上となるから、純正品以外にサードパーティ(互換品製造者)から性能の良い、CPUが良く冷える、ゴツイ製品が多く出されていますよ。
(車に例えると、性能の良いスポーツカー向けラジエーターといったところです)

今回のPC自作では、真夏にエアコンが使えなくなるという想定で、純正品を使わずにサードパーティ製の大型CPUクーラーを搭載しました。 室温40℃近くにもなる真夏の室内は、まさしくオーバークロック状態ですからね。。。
上記のファンコントローラーを100%回転させると共に、大型CPUファンも回転させて、できるだけCPUやPCケース内から排熱させる必要があるのです。 この対策によって、節電の夏、きっとエアコン無しでも安定駆動できる筈ですよ〜。

・結果
CPU付属のIntel社純正CPUクーラーをを使った場合、CPU温度は50℃前後でした。
それを、このKABUTO SCKBT-1000と載せ換えてみると、CPU温度はグンと下がって、40℃弱です。
ざっと10℃冷却能力が向上した事になりますね〜。
満足な結果でしたよ!

■小物
ケーブルが足らなくなったり、2.5インチのSSDを3.5インチの格納ベイへ挿入するパーツも手元になく、購入しました。
この辺りの小物は、必ずといって良いほどに毎回不足しますよ(苦笑)。
2012年4月28日(土)&29日(日)
嬉しいゴールデンウィークです。 天気も良く、初夏の陽気にこっこ達は少し参った様子でした。
待ちに待ったGWですよ〜。
色々と計画をしているけれど、欲を言わずに今回は”自作PC”をある程度組み上げる事に集中したいと思います。
必要なパーツさえ揃えて、ハード的に組み立ててしまえば、あとは会社から帰った後、コツコツとソフト的な環境作りを進められますからね〜。

天気は、日曜日は最高に良かったです。
そして最高に暑くて、我が家は29℃を記録しました!
土曜日も暑かったけれど、日曜日は私もこっこもグッタリでした。。。
この日、私は冬服を押入れの奥へしまい、代わりに夏服を引っ張り出しましたよ〜。

ぴよ太
最近、体重がずっしりと重いです(笑)。
計測した訳ではありませんが、5Kg近い重量かも知れません!
暫くぴよ太を抱いていると、私の効き腕(右腕)がダルくなるほどですよ。
ジムのダンベルで鍛えている私の腕を疲れさせる程の重量だから(笑)、やっぱり”体重増量”に間違いないと思います。

過去の雄鶏君の中で重かったのは、父コーチンと末っ子でした。
彼らの体重は、年齢や季節によって増減をするものの、(ちゃんと計測した数値だと)最も重かった頃には4.7Kgもありましたよ。 そして末っ子の兄で(実の兄弟だった)長男コーチンは、名古屋コーチンには珍しく、細くスラリとした風貌でした。
長男コーチンは、3.5Kg〜4Kgくらいの体重だったから、雌鶏さんと同じくらいの体重です。
そんな長男コーチンは、父コーチンと同じく雌鶏さん達に結構モテました(笑)。

それから、「季節で体重が増減する」と記したけれど、真夏と真冬は体重が減る傾向です。
普通の子達は、冬にはそれ程に軽量にはなりませんが、真夏だと夏バテのような感じで(熱を体内に篭らせないように、水分を余計に摂って、自ら食事制限をして脂肪や肉を落としていると思われる)になります。
我が家の子達の場合は、気候の良い頃と比べて、1Kgくらい軽くなっていると思います。
真冬の場合、羽換中か或いは直後かによって影響されますね〜。
我が家の子達に限ったことかも知れませんが、12月〜2月頃に羽換になる子が多くて、羽換になるとその期間中は殆ど食事をしません。 何時もの量の2〜3割位しか食べてないように見えるし、(スケールの大きな羽換をした場合)凄く体重が落ちて軽くなる子も居ますから、場合によっては3.5Kg→2Kgくらいに激ヤセしちゃう場合もありますよ。
羽換は、病気ではありません。
酷い羽換を終えたあとでは、少しずつですがちゃんと食欲が戻って、1ヶ月以上かけてやっと元の体重まで戻ります。

そして一番絶好調な春と秋には、こっこ達の体重もピークとなりますよ!
GW前の季節は、そのような食欲&体調が良い時期で、ぴよ太に限らず雌鶏さん達もふっくらして重いです(笑)。
但し、GW頃から巣篭りを始めて、初夏に向い頑張る雌鶏さんは、段々と軽くなりますけれどもね〜。

カエルとトカゲ
過去、我が家には沢山のカエルとトカゲが生息していたのですが、コーチン一家が住むようになってからすっかり姿を見掛けなくなりました。 我が家のこっこ達によってカエルやトカゲが食べられてしまったのが理由なのか、それとも雑草の激減によって暮らし難くなって引っ越してしまったからなのか、、、或いはその両方が原因による激減なのか?
コーチン一家を飼い始めて数年後、2003年か2004年には、すっかり小動物達を見かけなくなったことは、事実です。

我が家では、手作業によって草刈りをしていました。
広大な庭という訳ではありませんが(笑)、それでも刈っても刈っても1ヶ月もすると、膝上くらいの雑草が生い茂ってしまい、GWを過ぎるとイタチごっこのような感じでしたよ。 季節が7月に入って真夏になると、酷暑によって草取り作業が辛くなるため、庭の奥の方は手付かずの密林状態になる事もしばしばでした(苦笑)。
当時、(密林状態の中に)大きな青大将やモグラ、ネズミなども住み着いていたのを思い出します。
亡くなった私の祖母は、そのような”放ったらかしの庭”を眺めながら、良く嘆いていました。。。
掃除好きな祖母でしたからね〜。

そのような状態の(自然豊かな)我が家の庭では、沢山のカエルやトカゲが暮らしていました。
庭石をひっくり返すと、小さなトカゲの卵が幾つも出て来て、(小学生の私は)プラスチック水槽で孵化させた事もありました。 そして、丁度今のGWを過ぎた頃になると、裏の畑からも、我が家の庭からもツチガエルやアマガエルの合唱が聞こえましたよ。 何匹も何匹も鳴いていて、煩い程でした(笑)。

草むらは、コーチン一家の好物である植物から食べられて瞬く間に姿を消しました。
不死身ともいえる再生能力によって、祖母を最も困らせたドクダミ草は、呆気なく食べられてしまいましたよ(笑)。 今では余り美味しくない草が数種類、しかも食べられないだけで、虫を掘る時に(巻き沿いで)カキカキされちゃって、弱々しく生えている程度です。 カエルやトカゲのような小動物には、暮らし難い庭となっています。
逃げ込む場所もこのように減ったことで、簡単にこっこ達に捕まって、パクリと食べられちゃうのかも知れません。

因みに我が家のこっこ達は、トカゲを見ると目が血走って追い掛けて食べます。
カエルを食べている場面を見たことは、未だありませんが、こっこ仲間のお話しでは「食べる」ということなので、きっと奪い合うように食べちゃうのだと思います。 私は動物好きなので、カエルもトカゲも庭で気ままに暮らして貰っても全然平気です。 むしろ、(先に書いたように)両生類も爬虫類も好きな性格で、トカゲやカエル、シマヘビも飼った経験がありますからね。 コーチン一家を飼うようになった後も(つい数年前には)迷い込んだ青大将の子供を暫く保護したこともありますよ〜。 その時、青大将の子供がマムシに余りにも似ていたから、掲示板で「マムシが庭に出現」などのタイトルでご報告したこともありましたね(笑)。

そう言えば、飛ばない昆虫も激減しました。
カマキリやバッタ、コオロギも余り見掛けませんから、カエルやトカゲと同じような末路を辿ったのかも知れませんね。
(飛ぶ昆虫、セミや蝶々はこっこ達に捕まらないから昔と同じように沢山遊びに来ますよ)

左上:暑かった土曜日、ぴよ太は涼しい午前中にお散歩をしていました。
    ぴよ太:「今日は暑くなりそうだな〜、ああイヤだ、イヤだ。。。」(笑)
右上:土曜日の正午過ぎ、ぴよりんとぴよこりんは涼しい木陰で休んでいましたよ。
左下:皆で砂浴びをしたよ〜。 日差しが強いから、木陰です! ぴよ太:「やっぱり暑くなったよ〜」
右下:土曜日以上に暑くなった日曜日、涼しい夕方にぴよりんとぴよこりんは、変わったところで遊んでいましたよ(笑)。


番外編【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(土曜日入手と通販購入した自作パーツ)
名古屋コーチン一家の週末日記
(ケースだけで15Kg、奥行き62cmの最大級〜)
名古屋コーチン一家の週末日記
(こだわりの、要となるパーツ達!)
今回の秋葉原は、GW初日ということもあって、先週に続いての巡回となりました。
もう掲示板などで記しているからご存知と思うけれど、一番の目的は”自作パーツ集め&偵察”です!
翌日4/30(日)、待ちに待った新CPU、Intel社Corei7-3770Kが発売されます。
私は、このCPUを使って5年半ぶりにメインPC自作を考えているのです。
CPUについては他に選択の余地がないので良いのですが、通販で購入する大きなパーツ(ケースやマザーボード、重い電源・・・)について、秋葉原で実物を見て品定めの偵察目的が大きいですよ。

昨今のCPU、一世代前のCorei7-2600Kや2700Kですら凄いパフォーマンスを持った高性能CPUだったけれど、今回のCPUは、省電力性能が凄く進歩してます。 そしてCPU内臓グラフィックチップの進化によって、合計50Wや100Wに迫る省電力を実現できるかも知れません。 3.11後の原発危機の昨今、恐らく真夏には節電ムードになると思うので、このようなPCの意味が大きいと思うのです。

更に高省電力性能は、熱排気量も少なく、PCをフリーズさせたり、HDDを壊したりする要因も減らしてくれますよ。
そして節電ムードでエアコンを使えない既に暑い室内(笑)へ、更に撒き散らす熱排気も減らせます!
もし仮に”計画停電”という事態に陥っても、既に私が構築した3台のUPS(無停電装置)を使ったバッテリーシステムを、
最大限に活用できて停電中でもディスクトップの高性能CPUを使った作業を可能に出来ます。

という訳で、今回の”Corei7-3770K”という新CPUを待ち望んでいました。


■夜は友人と居酒屋へ
お決まりのパターンですが、夜は隣町でもある御茶ノ水へ移動して飲みましたよ。
2〜3年前の秋葉原巡回は、友人と秋葉原の居酒屋で飲んでおりましたが、満席だったりテーブルが極狭だったりとイマイチでした。。。 「満席」というのは、外国人にも日本人にも観光スポットのアキバだから仕方ないにしても、狭いテーブルは居心地が悪かったです(苦笑)。

歩いて10分程度(距離が1Kmくらい?)の御茶ノ水は、同じ系列店舗でもテーブルが少なくても1.5倍広いです。
そして席待ち客も少ないせいか「当店、本日は2時間までとなっております!」というのも滅多にありません。
お茶の水は、観光スポットというより”学園の街”や”楽器の街”というイメージが強く、実際にそうで、土曜日と日曜日の訪問者も少ないのでしょうね〜。 それと同時に、店舗家賃もお安くなって、テーブルも広くできるのだと思います。
数年前、「隣まで歩いて飲んだらどうか?」と訪れた御茶ノ水でしたが、以降、ずっと御茶ノ水で飲むようになりました。

■新PC自作
次のメインPCは、上記のように4/30(日)に発売されるCorei7-3770Kに決めました!
そして、高性能と省電力を両立させ、頑丈で静音を重視して作ろうと考えてます。 ←相当な金食い虫(苦笑)

ケースは、私の作ってきたPCのなかで(自宅や職場でも)、最大です!
高さが50cm、奥行き62cm、重量が15Kgですよ〜。
このケースが大きくて重い理由は、頑丈さと空気循環を重視した結果でした。
台所換気扇を若干小さくした18cm径のファンを3つ底部へ配置し、ファンやHDD回転の震動防止や内部からの騒音を防ぐ為に肉厚なフレームで覆った為なのです。 骨格部分も骨太で、ズッシリと重く頑丈です。
ケース重量のみで15Kgだから、各パーツ、特に重い電源ユニットや、CPUクーラ−などを搭載すると20Kgプラスαの重量になると思いますよ。

高性能さは、CPUの能力も大きいけれど、システムであるOSをインストールするディスクデバイス性能にも依存します。
堅固さとこの性能を上げるために、高速なSSDを2台使ってRAID1のシステムディスクを作りました。
従来メイン機に使ったHDDと比べ、大よそ5倍の読み出し性能だから、起動時間は少なくとも3倍は速くなる筈です。
(OS起動には、ディスク速度に比例した時間短縮がなかなか得られませんが、画像データや大容量データを扱った場合には、ほぼ5倍の短縮が実感出来るはずですよ〜)

データディスクは、3TBのHDDを2台使ってRAID1を構築して使う予定です。
システムディスクと共に、”壊れ難さ”を重視した為、RAID1のミラーリングをこちらにも適用しました。
よって、1台HDDやSSDが寿命や予期せぬ故障で破損した場合でも、問題なくPCを利用し続ける事が出来ます。
(壊れたのが解ったら、次の故障に備え、その時点で代わりのデバイスを入手して再びRAID1を構築しますけれどもね〜)

そんなこんなで、暫くこのPCを作り上げる事に集中しようと思います!
2012年4月21日(土)&22日(日)
今週末、日曜日が雨だよ〜。 でもね、こっこ達は過ごし易い陽気に元気満点でした!
土曜日はそこそこの良い天気でしたよ。
夕方、少し肌寒く思ったけれど、眼鏡受け取りに訪れた秋葉原を気持ちよく巡回できました。
しかし、やっぱり翌日の日曜日には小雨が舞ってしまいました。。。
ジンクスですね〜。 このところの定石なのですかね?
決まりごとのように今週も降ってしまいました(笑)。

もっとも我が家のこっこ達は、小雨程度を気に掛けません!
日曜日も庭へ出て遊んでいましたよ〜。
背中に雨粒が落ちても、お尻の上から脂を出して羽へコーティングしてあるから大丈夫です。
高級雨傘のように小雨を弾き飛ばしちゃいますから、問題なし!

【不思議談】いちばん奥の部屋
毎年の事だけど、卵を良く産む季節になると、困ったことが起こります。
それは、産箱の陣取り合戦をしちゃう厄介な問題の事なのです(笑)。

我が家の母屋小屋には4部屋の産箱があります。
同時間帯に全ての子が運悪く篭ったとしても4羽、実際には時間もズレるから、7羽か8羽の雌鶏さんを賄える部屋数だと思うのです。
我が家の雌鶏さんは現在3羽だから、全員同時でも1部屋余る計算ですよ〜。

だけど、余るどころか、大人気の1部屋に2羽篭ったり、外に1羽がモジモジしながら待っていたりと大変な事になってしまいます。。。 外で待っている子が中の子を突付いて「早く出てよ〜」とやったり、中の子達が「アナタ、外へ出て行って!」「あなたこそあっちへ行って!」と”おしくら饅頭”を始めたりと、それはもう大変!

その大人気の部屋というのが、入り口から一番奥の産箱です。 歴代のこっこ達も此処を陣取ろうと必死でしたよ(苦笑)。 他の部屋と全く同じ寸法で、「広い」とか「内装がゴージャス」などは全くありません(笑)。 そして、今年もこの部屋を巡る雌鶏さん達のバトルの季節となりました。
【写真:何時も仲良しなぴよりん&ぴよりんは、一番奥の産箱で険悪な雰囲気。。。】

歴代のこっこで大変だったのは、初代コーチン一家の雌鶏さん達でした。
先週の日記に記したように、子育て上手&大好きな子達揃いだったので、どの子もずっと長く篭ろうとするのです。
1日か2日間、2羽で1つの産箱に入って険悪な雰囲気で篭る事もシバシバ。。。
顔が近くになったり、目が合うと「出て行って!」と互いにツンと頭を突付き合ったりします(苦笑)。
お尻で相手を押し出そうとする”おしくら饅頭”などは日常茶飯事で、いつも被害に遭うのは産み貯めた卵でした。。。
”おしくら饅頭”の被害に遭って、床に落ちて割れてしまった卵を見ると、とても悲しかったことを覚えています(涙)。
産箱が4部屋あるのだから、空き部屋で各々が篭れば良いだけの話なのですが、なかなかそれが出来ませんでした。

そのような状況のなか、2004年春、私は子育て小屋を作りましたよ。
前年の様子を思い出しながら、一番子育てが上手そうな、のちに”母コーチン”と呼ぶことになる雌鶏さんを1羽だけ引越しさせて、他の子達が邪魔をしない環境を作って子育てに専念して貰いました。 (此処は自分の家だと)慣れさせる為、2〜3日間こそ扉を閉じて外出制限をさせて貰ったけれど、それ以降は外出フリーの開放状態でした。
母コーチンは、子育て小屋で21日間、毎日がんばって4つの卵を暖め続けました。 1つの卵は途中で成長が止まってしまい孵りませんでしたが、3羽の可愛い子達が誕生しましたよ!

母コーチンが「私は、この子育て小屋で頑張る!」と、新しい産箱で篭っている最中、残りの3羽の雌鶏さんはやっぱり母屋小屋の一番人気の部屋を争って取り合っていましたよ。 おしくら饅頭もしちゃうのだから、卵は即回収して割られないようにしました。 しかし、そこまであの一番奥の部屋に固執する理由とは???

電車のシート(座席)に当てはめて思い返すと、両端の人気が高いですよね〜。
そして(何処の学校でもそうではないかも知れませんが)、中学や高校で人気の席は一番後ろでした。
ガラの悪そうな学生ほど後ろに座ろうとする傾向があった気もするけれど(笑)、そんな類かも知れませんね〜。
あっ、そうそう、会社新人教育で受ける”上座”も一番奥ですよね!
何か理屈では説明できない魔力が「一番奥」や「一番後ろ」にはあるのかも知れません。

昨今の雌鶏さん達は、あまり子育てに積極的ではないので初代コーチン一家のような壮絶な状態ではありません。
篭っても数日間、大抵は朝の時間に1〜2時間で飽きて出てきます。
しかしながら、一番奥の部屋の魔力に魅せられてときどき小競り合いをしちゃいますよ。
仲良しなぴよりん&ぴよこりんの2羽でさえも、「一番奥の部屋だけは譲れないの!」と互いに頑張って占有しようとしていました(笑)。 春から初夏に掛けて、このような光景をときどき見掛けます。

ジム通い
ときどきトレーニングのし過ぎで肩の鈍痛が続いたり、背中の筋肉痛が長引いたりしていますが、週2回ぺースを守って職場近くのジムへ通えていますよ。 肩の鈍痛と記したのは、恐らく懸垂とディップスという種目のやり過ぎだと思います(苦笑)。 以前に記したバーベルの上げ下ろしトレーニングもそうだけど、使う筋肉やトレーニング内容によって、○日間休養が必要だったり、毎日やっても良かったり色々とあります。 その人の元々の骨格(何処が弱いとか)、現在の筋力によってもそれぞれ違うので、自分の状態を観察しながらのトレーニングになるようです。
昔のように「筋肉痛で腕立てをやれば更に鍛えられる」とか「筋トレは根性だ!」というのは駄目みたいです(笑)。
それから、「運動中は体力が落ちるから飲み物厳禁」という旧体育会系の無茶な考えも、今では厳禁ですよね〜。

そんな感じで、私は2時間会社帰りに通っていますが、GW前ということもあって、新しいメンバーがどっと増えました。
毎年この時期にはどっと増えて、多くは夏前に来なくなってしまうのですが、動機は「進学して部活に入ったから、筋トレもしようかな」とか「今年度の目標は、上司に命じられたメタボ対策だ〜」だったり、(大学生や若い会社員などの)若い人だと「夏に海に行った時、格好良いモテる体にしたい!」だったりだと思います(笑)。

3月に一度急増した事があって(春休みだったからかな?)、その後直ぐに激減したけれど、今回は今週くらいから一気に人数が増えましたよ。 そして公営の小さなトレーニングジムだから、15名を超えた辺りから手狭になります(苦笑)。
新しく加わる人は、大抵友人連れで3〜4名グループで来る事が多く、1つの器具を代わる代わる使って、会話をしながらトレーニングをするから、その器具がなかなか使えなくなる状況になりますよ。

でも私は大丈夫!
バーベル(フリーウェイトスペース)と懸垂は殆ど人気が無く、まず初めての人は近寄らないから影響はありません。
一番人気は、ランニングマシンと腹筋(ベンチが斜めになっている奴)、そして太ももや肩、胸筋を鍛えるマシーンです。 腹筋器具は私も使うから少し困ったりもするけれど、そんな時は、代わりの(以前にちょこっと記したドラゴンフラッグとかの)運動をするようにしていますよ〜。

新しい人たちから、ジムの古参として「へぇ〜、ああやってこの器具を使うんだ」、「自分も鍛えれば、格好よく10回くらい懸垂が出来るようになるかな?」などとチラチラ見られるし、「何ヶ月続けると結果を実感できますか?」などと声を掛けられることもあって、(修行中の身ですが/笑)色々と自分自身「頑張ろう!」と良い刺激も受ますよ。
そして、2012年10月の健康診断では是非良い結果を出したいな〜と思っています。


左上:ぴよりんの砂浴びを見に来たぴよこりんに、「ぴよこりんちゃん、今日の土は気持ち良いわよ!」とひと言。
右上:砂浴び中のぴよりんは、凄く気持ち良さそうでした。
左下:コックリコックリしているぴよ美。 暖かいから、つい眠くなっちゃうね!
右下:ぴよりん&ぴよこりんのお散歩風景。 そろそろ美味しい虫も出てくる頃かな?


番外編【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(メイド足裏マッサージ店、気持ち良さそう!)
名古屋コーチン一家の週末日記
(ジャンク街に新しくPCパーツ店が開店)
名古屋コーチン一家の週末日記
(ジャンク街の夜景、周りに高層ビルを建築中)
今回の秋葉原も少し涼しい巡回となりました。
前回ほどではありませんが、(暑がりな私が涼しく思ったのだから)寒いと思った人も結構いたかも知れませんね。
私は早足で回ったので、初めこそ涼しいと思いましたが、Tシャツ + 長袖Yシャツ姿で丁度に感じるようになりましたよ。

今回の目的は、やっぱり眼鏡でした。
一番初めに購入した眼鏡のうちの金属フレームの方が、どうやら塗装が剥げているようなのです。
店頭にサンプルとして置いてあった現品しかなかったので、そのフレームで作って貰った眼鏡でした。 色々な人の手に取られ、落としてしまったか、何処かへぶつけてしまったかで、塗装が剥がれてフレームエッジ部分の地金が見えてしまっていました。 そんな具合だったので、前回のアキバ巡回の時に交換依頼をしておいて、それを今回受け取りに行ったという訳です。 そして、今回受け取ったフレームは、綺麗な新品で満足でした!

夜は、また友人と待ち合わせて、御茶ノ水の居酒屋で飲みましたよ。
毎度同じようなメニューで少し飽きたりもしますが、とてもリーズナブルで嬉しいお店です。
今回も1人\2,400-くらいで、3時間半楽しめました。
近くの席からは、研修の話題や「俺の会社はこんな風だよ」などの会話が漏れていたので、大学を卒業して就職したばかりの友人同士が近況を語り合っている感じでした。 大学も回りに多いし、季節毎にそのような会話が聞こえ、自分がそんな新人だった頃を少し懐かしく思った居酒屋の光景でした。


■買い物は、白芝SDカード
今回は、またまた眼鏡絡みのアキバ巡回だったのですが、私の大好物である”東芝SDHCカード”がじわりじわりとお安くなっていましたよ〜。 ビデオカメラ用に32GBを購入しちゃいました。 この東芝製カード(白いから通称”白芝”)は、何度か記したように、並のカードより10倍の耐久性を持ったSLCタイプで、且つ高速なメモリです!
普通の同容量と比べて(秋葉原だと)2倍くらいのお値段になってしまうけれど、信頼性は凄いです。

私のCANON製ビデオカメラは、Full HD(1920×1080)です。
ひと昔まえのビデオカメラがVGA(640×480)だったことを考えると、大よそ7倍の高解像度となります。
当然データ容量も比例して7倍程度になるのですが、現実には画質を抑えたり、ワザと解像度を低く設定したり(1440×1080)して、内蔵メモリを節約して長く撮影出来るように工夫しますよ。 ←最高画質に拘る人は違いますが。

私のCANONビデオで言うと、Full HD(1920×1080)で撮影すると内臓64GBメモリを6時間余りで消費し尽します。
しかし現実的に、「まあまあ綺麗だな」という程度に抑えると、内蔵64GBメモリに19時間記録できます。
この画質は、解像度1440×1080に落とし、中程度のデータ圧縮を行いますが、ひと昔まえのVGA画質と比べると格段に勝り、雲泥の差ですよ(解像度は5倍ありますからね〜)。
だから私は、Full HD最高画質から、この設定に落として普段撮影に使っています。

とは言え、何時本気で撮影しなければならない場面に出くわすか解りません(笑)。
本気モードならば、最高画質が必須となって、今回入手した32GB高速メモリ程度も必要になります。
この32GBメモリを追加すると、内臓メモリと合わせて9時間弱の最高画質撮影が可能になりますよ。
もし抑えた普段撮影用設定で撮る場合、28時間も記録可能です! ←バッテリーが全然足りませんけどね(笑)。

という訳で、購入理由を記してみましたが、半分衝動買いのように\3,880-で32GB白芝メモリを購入しました(笑)。
2012年4月14日(土)&15(日)
今回の土曜日も雨〜。 不思議だけど、土曜日雨は定番みたい(笑)
日曜日はぽかぽか陽気になったけれど、やっぱり土曜日に雨が降ってしまいました〜。
私の記憶では、ここ1、2ヶ月間、土日の何れかが雨天な感じです(苦笑)。
それでも気温は、”春”そのもので、こっこにとっても人間にとっても過ごし易くなりました。
私の昼休み散歩もYシャツ腕まくりスタイルとなりました(それでも汗ばむ感じですよ)。

ぴよ太と雌鶏さん達
春の陽気が続き、ぽかぽかで動物達にとっては、子作り&子育ての季節です。
そしてぴよ太も春になって、少しやんちゃになっているようなのです(笑)。
我が家の名古屋コーチンは、名古屋にある畜産研究所によって改良が進んだ子達だと思うのですが、
雄鶏君は今まで通りみたい。。。

我が家のこっこ達も出演したNHK BS放送の「いのちドラマチック/名古屋コーチン よみがえったブランド鶏」によると、産卵効率を良くするために就巣性を弱めて改良を進めた個体(ひよこちゃん)が出荷されているそうです。
私もその事にハッキリとではありませんが、番組以前から薄々と気付いていました。
そして(番組を見たあとでは)その改良した子達というのが、5〜6年前の2007年頃ではないかな〜と確信しましたよ。

初代コーチン一家は凄く巣篭りを頑張ってする子達で、辞めさせるのに苦労する程でした(笑)。
その子達のうちの1羽は、環境を整えてあげることで3羽の可愛い子達を上手に孵して育てました。
(親バカですが/笑)とても可愛い3兄弟が育ちましたよ!
この時の母鶏達は、就巣性が強く5羽の雌鶏さんのうち3羽か4羽が頑張って同時に巣篭りをしていた記憶があります。
2002年に受け入れた子達のことです。

そしてその時の3兄弟が晩年になった頃、2007年生まれの子達を受け入れたら、子育てがとても苦手でした。
お姉ちゃんぴよと妹ぴよの2羽は、数日こそ巣篭りをすることがありましたが、5日も長続きしませんでしたよ。
三日坊主という言葉がありますが、そのような感じです(笑)。
たぶんこの頃の子達は、畜産研究所によって就巣性を弱められた子達なのだと思います。
その後のぴよりん&ぴよこりん、そして現在我が家で一番若い雌鶏さんのぴよ美も長く巣篭りする事はありませんでした。

雌鶏さんはそんな感じで子育てに積極的ではありませんが、雄鶏君はそうではないようです。
人間に例えると草食女子・肉食男子みたいな感じですね(笑)。
我が家のぴよ太は、少し前から良く雌鶏さんを追い掛けてます。。。
結構頑張ってアピールもしています。
もう2歳だけど、雌鶏さんが草食だからか、ぴよ太の紳士さに磨きが掛かってないからなのか、頑張っても拒否されて逃げられてしまうのです(苦笑)。 幼馴染のぴよ美にも「イヤッ〜。」と逃げられてしまうから、ちょっと可愛そう。。。
ぴよ太は、ぴよ美に意地悪をしてくる年上こっこの盾になって守ってくれているのにね〜。

昔の雄鶏君は、凄くモテましたよ〜。
父コーチンや父コーチンが亡くなって暫くした後の長男コーチンは、本当に雌鶏さんにモテました!
夕方、近寄って行くと雌鶏さんが座って「良いよ!」と交尾を待っていてくれます。
今のぴよ太のように「イヤ〜」と逃げられたりしません(笑)。
ぴよ太もそうなってくれると良いのですが、、、どうなのでしょうか〜。

そんな状態だからなのか、仮にモテていてもそうなってしまうのかは解りませんが、このところ人に対しても少しやんちゃです。 私の靴を軽く”ツン”とする行為は、それでもほんの少しなのですが、他の人の足へ絡む頻度が増えたように思います(苦笑)。 自分の縄張りを主張して、雌鶏さんを守っているつもりなのか、雌鶏さんに逃げられた事のストレス発散をしているのか、、、 理由は解りませんが、春のこの時期、ぴよ太は少しモヤモヤしているみたいです。

店員さん
前からなのですが、良く店員さんに間違われます(笑)。
ある特定の条件を満たした時なのですが、、、 スーパーや百均へ買い物に行った時、他のお客さんから「○×って何処に置いてありますか?」と聞かれますよ。

私は、(職場の)昼休みにカメラを肩に掛けて散歩をしたり、近所の電気屋さんやお店を回るが日課になっています。 撮り歩きもそうだけど、お店を回ってウィンドウショッピングをするのも好きなのです。
見て回るうちに、つい衝動買いしてしまうこともときどきあったりしますよ。
私の週末秋葉原巡回もこの類です(笑)。

そんな昼休みですが、私のスラックスにYシャツ、ノーネクタイ姿が店員さんっぽいようです。 歩き回っているうちに、暑くなって腕まくりしているのもいっそう間違えられるポイントみたいですよ(笑)。 百均のダイソーやスーパーのイトーヨーカドーで特に間違えられます。 因みに一眼レフを肩に掛けて店内を歩いている時は、間違えられません(笑)。
【写真:文章とは関係ないけれど、土曜日雨宿り中のぴよ太達】

しかしダイソーは、女性店員がダイソーエプロンを掛けている事が殆どで、男性店員はマズ見た事がありませんし、イトーヨーカドーはネクタイをしっかり締めて、名札プレートを首から掛けていると思います(腕まくりしている店員さんも見た事がありませんよ)。 余り似ていないと思うのですけどもね〜(笑)。
ちょこっとこの話を職場同僚にしたら「私の雰囲気が店員さんっぽいのでは?」という事でした。

因みに、一眼レフを掛けて七五三シーズンに上記の格好で神社を歩いていたら、フリーカメラマンと間違われて「今日お世話になるカメラマンさんの○×さんですか?」と声を掛けられた事があります。
その直後に本物が現れて姿を見ると、私と背格好&体格、顔の雰囲気がそっくりでした(笑)。
ジーパンにパーカー姿でしたが、「確かに間違われるな〜」と思いましたよ。


左上:土曜日は、また雨天。。。 ぴよ太とぴよりん&ぴよこりんは静養ケージ上で雨宿り中です。
右上:ぴよ美はお姉さん達に怒られるから、此処でカキカキしながら雨宿り中です。
左下:晴天の日曜日、4羽揃って仲良くご飯を食べました。 本当にぽかぽかの良いお天気!
右下:日曜日のご馳走は、納豆ヨーグルトですよ〜。 納豆を2パック使ったら、少し残しちゃったけれど、後で完食!
2012年4月7日(土)&4月8日(日)
土曜日の午後、やっぱり小雨だけど降っちゃいましたね。 そして夜は急に冷え込みました。。。
春の陽気だからか、荒れた天候や急変が多いように思います。
先週土曜日に続き、火曜日には台風並(いやそれ以上かも。。。)の暴風雨が全国を襲いました。
仕事で電車などを使われる方は、交通が大変だったと思います。
幸い私の職場は、正午過ぎに帰宅命令が出て被害は有りませんでしたが、
定時帰宅だったら大変なことになっていたと思います。。。

この大荒れの原因は、気温が上がって気象状況が不安定になったことがあるかも知れませんね〜。
それだけ”春”になって、温暖になったということかも知れません。
今月末、あと3週間でゴールデン・ウィークとなり、その頃には(ときどき)初夏の陽気にもなる筈です。
冬服をしまって、半袖Tシャツが丁度良いかも知れませんね!

そんな温暖なこの頃ですが、私が秋葉原を訪れた土曜日晩は凄く寒かったです。。。
気温は5℃とかだったかもしれませんよ〜。
私が家を出た15時半くらいから急に気温低下が始まり、念の為に羽織ったコート姿だったけれど、夜にはそれでも寒いほどでした。 私よりも先に秋葉原へ向かった(軽装の)友人は、「寒い」と言いながらブルブル震えていました。。。

暴風雨再び
先週土曜日に暴風雨に襲われたばかりなのに、3日後の今週火曜日(4/3)、再び暴風雨が襲来しちゃいました。
職場では前日から「明日はどうする?」「土曜日よりも酷くなってよ〜」「帰宅は大丈夫?」という話題になっていました。。。
そして当日正午、まだ風は穏やかで雨も降ってません。
大事をとり、この段階で「電車通勤者は帰宅が怪しくなるから帰宅するように」と会社から指示が出ました。
私は昼食をとって、お昼過ぎに会社を出ましたよ。 ←良かった〜!
帰宅の電車は、遅れる事もなく普通に運行していて、思いのほか、乗客が多い感じでした。
私のように、早期帰宅を促されて帰宅する人達だったのかも知れませんね。

自宅へ到着すると、まだ風も強くなかったこともあって、こっこ達は普通に過ごしてましたよ。
嵐が来る前にご飯を食べさせようと、私はこっこ達を軒下の餌箱周りに呼び、ご飯を食べるように促しました(素直に集まって食べてくれましたよ)。 しかし急に数分単位で風が強くなり始めました。
私が到着してから(ご飯を食べさせていた時間も含めて)30分後には、「ビュウーー、ゴォ〜ゴォ〜」と電線が音を立てて唸るほどで、こっこ達は1羽、また1羽と木陰へ避難して行きました。

15時ちょっと前、強風に雨も加わって横殴りっぽく降っています。。。
庭のこっこ達は、今度は玄関前の軒下へ避難して来ました。
しかし暴風雨なだけあって、先の土曜日と同じく、この場所にも雨が吹き込みます。
軒下は、南側を向いていて(普段には)日当りがとても良いのすが、南からの暴風雨には弱い場所なのです。

私はまた(先日の土曜日と同じく)1羽ずつ雨の吹き込まない倉庫へ連れて行きました。
不思議な事は、何故かこの日は2羽同時に両脇に抱えられなかった事(笑)。
まあ、どうでも良い事なのですけれど、土曜日には上手くいったのに、今日は2羽同時が無理でした。。。
だから、今回は4羽の運送に4往復しました(苦笑)。

でもね〜。 また土曜日と同じなのですが、雨が小降りになると玄関前に戻ろうとしちゃうのです(苦笑)。
雨がずっと強く降っていたならば倉庫に留まってくれるのでしょうけれど、時どき雨が弱まる瞬間に「あっ、天気が良くなった!」と庭へ飛び出ちゃうみたいです。
彼らの居る玄関は、私の部屋から直ぐの場所だから、内側から彼らの姿が見える度に合羽を着て倉庫へ連れて行きましたよ〜。 何度か繰り返しているうちに、陽が沈んできたこともあって、今度は母屋へ入って貰いました。
夜には(大人しくしていて)外へ飛び出さないから、もう大丈夫です。

翌朝、私が庭へ出ると空は快晴でした。
まだ少し風は強いけれど、こっこ達は元気に私の元へ寄って来てくれましたよ。
暴風雨による被害は、部屋の前に吊るしたヨシズが切れて飛ばされた事、そして庭へ出したままのサンダルやバケツが色んな場所へ飛ばされてしまった事のみでした。
お陰様でこっこ達の身体や母屋小屋への被害は全くありませんでした。
暴風雨を、無事に乗り切ってくれて良かったです!

番ニワトリ!
ぴよ太と雌鶏さん2羽が不審者を撃退したかも知れないお話です!
それは土曜日の晩の事でした。
下記に記したように私はアキバで飲んで、午前0時を過ぎてから帰宅した日の出来事。

私が酔って帰ると「泥棒! さっき泥棒が来て(私の部屋のある)庭の奥の方へ行ったのよ。」と母が起きて来て話し始めました。 私は、「えっ泥棒? 何か盗られた?」と、当然だけれど母に尋ねました。

そして母の話は続きます。
「夜10時頃、既に雨戸が閉められて庭の見えない居間で裁縫仕事をしていたら、部屋の前を砂利を踏む”ザクッ ザクッ ザクッ”という音が聞こえた。 その足音は、(庭の入口から奥の)あなたの部屋の方へ歩いて行くように聞こえた。
(秋葉原へ行ったあなたが)こんな時間に帰って来るのが珍しいから、今日は随分と早いな〜と思っていたら、こっこ達が騒ぎ始めたのよ〜。 (あなただったら静かにこっこ達は寝たままだし)絶対にあんな鳴き方をしないから直ぐに別人だと解ったんだけどさ〜。 (足音は聞き間違えじゃないから)泥棒かと直感し、寝ているお父さんを起こして懐中電灯を手に庭へ出て見回ったら既に人影はなかったのよ〜。」
という事でした。

本当かどうか解りませんが、、、
もしそうだとしたら、私の玄関の両脇で寝ていたこっこ達3羽が異変に気付いて、撃退してくれた事になります。
因みに玄関鍵が壊されたり、付近の軒下に置かれた物が無くなったり、こっこが連れ去られたり(笑)する被害はありませんでした。

翌日に再び話を聞くと、父が起きるのに時間が掛かって、足跡を聞いてから庭を見回るまでに数分を要したそうです。
(自分の顔の高さに居たニワトリに不意に騒がれて/笑)裏門を乗り越えて逃走した後だったのかも知れません。
私には当然のことでビックリも何もしないけれど、息を殺して住民の気配を探りながら忍び込もうとする人間にとって、目と鼻の先の暗闇で(得体の知れない生き物に)モソモソ動かれたり、コッケッコッコッ〜と鳴かれたり、警戒鳴きされるのは本当にドキッとする事だと思います(笑)。

我が家の塀に張り巡らせたぴよこりん逃走防止ネットは、何処も破られてなく、ぐるっと2m以上の高さを保っていました。
裏門だけが少し低いけれど、飛び降りると「ドッスン」と大きな音がするし、門もギシギシ鳴るだろうし、(母や父が)その音に気付かなかったことが少し腑に落ちません。
だから裁縫をしながら(時間的にも)コックリコックリしていて、空耳か寝ぼけていた事もあるかもな〜と、私は話半分ですけれども、こっこ達には良かったみたい。

翌朝、特にぴよ太は、凄く母に優しく接して貰っていましたよ(笑)。
何時も母の足に絡んでくるぴよ太は、「あっちへ行きなさい! コラッ、もう〜しょうがないな・・・。 水を掛けるよ!」と怒られていたけれど、(泥棒撃退の手柄からか)「ぴよちゃん、そんな事をしちゃ駄目だよ。 仲良くしようね!」と優しく言われていました。

ノラ猫ちゃん
過去何匹か我が家に来たうちの1匹のことを記します。
お正月にこっこの餌を盗み食いした灰色のネコちゃんは、私や家族に追い払われて一度姿を見せなくなっていました
こっこの餌だけでは済まずに、ゴミ袋を破って庭に散乱させちゃうから、、、仕方がないのですけれども。。。
ですが最近再び現れるようになりましたよ。

少しまえ、倉庫の藁を積んだ場所に寝ている姿を良く見掛けました。
う○ちをされたら汚れるから、その都度追い払っていたら姿を見せなくなったのです。
実際には粗相をすることはなく、藁置き場に寝ているだけで、(こっこ仲間の)テン&シマさんの話だと「メス猫ちゃんは、縄張り意識が余りなくて、便や尿を寝床へすることが無いから汚しませんよ」と教えて貰う前のことでした。
だから知った後は、「悪い事をしちゃったな〜」と少し反省でしたよ。

しかし、戻ってきたこの猫ちゃん、、、
(そんな私の反省をよそに)やっぱりゴミ袋を荒らして庭を汚しちゃいます(苦笑)。
こーちんの庭から退去して頂くのが一番のようです。。。


左上:ぴよこりんとぴよりんのデート。 仲良く2羽でお散歩をしてましたよ〜。
右上:土曜日午後は少し怪しい空模様でしたが、日曜日は快晴でポカポカでした。 陽の差す軒下でランチタイム〜。
左下:土曜日に回収した卵は3つ! 軟卵が治って、硬く大きな卵を産んでくれるようになりましたよ。
右下:日曜日のご馳走は、ワカサギとエビ。 冷凍だけど、魚介類は珍しいから大好物です。

////////////////////////////////////////////////////////
2011.09〜2012.03の週末日記は「過去日記置き場」へ引っ込めました。
  (前回3/31&4/1の日記も此処へ記してますよ〜)
/////////////////////////////////////////////////////////


番外編【秋葉原買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(万世橋から「肉の万世」をパシャっと撮影)
名古屋コーチン一家の週末日記
(万世橋と国鉄万世橋駅跡の建物を撮影)
名古屋コーチン一家の週末日記
(震災から1年が過ぎ、お安い線量計も出回った)
冒頭で記したように、4/7(土)はとても寒いアキバ巡回となりました(苦笑)。
急激な気温低下の兆候は、正午過ぎから始まりましたよ。
それは、こっこ達の母屋小屋を掃除して、産箱を洗い終えて暫く経過した時に見上げた空模様の異変でした。
モクモクと黒い厚い雲が現れて、みるみる空を覆いました。。。
同時に風向きが変わり、涼しい風が吹き始めたのです。
洗い終えて日当りの良い場所へ干した筈の産箱は、直ぐに陰ってしまって、、、乾きそうにありません(苦笑)。

私は秋葉原へ行く用事があったので、15:30くらいまでギリギリ産箱を干しました。
その頃には、正午過ぎと比べて10℃近く気温低下していたと思いますよ。
(午前中は快晴&汗ばむ陽気だったので、夜に少し冷える事を想定しても)Tシャツの上に長袖Yシャツを羽織って、腕まくりして出掛ける予定だったけれど、冬用のコートを更に羽織って秋葉原へ出掛けることになりました。

秋葉原の私は、何時も凄く早足で巡回するので(笑)、寒さを感じないばかりか、少し暑いな〜程度に思っていました。
因みに私の早足は、職場昼休みにPentax一眼レフを肩に掛けて撮り歩く習慣から身に付きました。
30分余りの昼の余り時間に欲張って2Km近くを撮り歩くので、自然と人波を縫うような速さになりました(笑)。
(その後知った事ですが、早歩きは長生きにもなるそうで、良いことだな〜と思っていますよ)

そのような早歩きな私ですが、友人との待ち合わせ場所(万世橋)で数分立ち止まっていたら、急に寒くなりましたよ。
姿を現した友人は、凄く軽装で、私が当初想定した長袖Yシャツな格好でした。。。
「寒い! 昼の陽気は何だったんだ?」と友人は口にしていたけれど、私よりも何時間も早くに家を出て、付近の桜を一眼レフで撮り歩いていたそうだから、気候急変に対応出来なかったのだと思います。
その後、急いで隣町(御茶ノ水)のお安い居酒屋へ急ぎ、熱燗をクイッと飲みましたよ(笑)。
帰りは更に寒かったけれど、居酒屋の中はとても暖かでした!

そして午前零時を過ぎて帰宅すると、、、上記に記した「不審者騒ぎ」が自宅で起きておりました〜。


■眼鏡の受け取り&追加購入
今回のアキバ巡回の最大目的は、珍しくPC&カメラ以外でしたよ〜。
2週間前に訪れた”JINS(ジンズ)”へ出来上がった眼鏡2本を受け取ることでした。 私の眼鏡レンズ度数は、取り寄せ加工扱いになることが多く、今回も1週間ほど掛かって出来上がり、この日まで取り置いて貰いました。
そして、また新しく眼鏡の依頼をしようと思って出掛けました。

新しい眼鏡は、職場と自宅の長時間PC作業用として作ります。
その為の処方箋を、当日午前、眼科に相談して作って貰いましたよ〜。
どうも職業的にも、趣味的にも、年齢的にも(苦笑)、一日10時間のPC操作というのは、目をとても疲労させて肩凝りや頭痛を引き起こします。。。 これが、なかなか辛いんですよ〜(苦笑)。【写真:今回受け取った眼鏡2本】

丁度格安眼鏡屋さんを前回見付けたので、この際にPC作業用専用を作ってしまおうかと思った訳です!
前回の眼鏡2本は、セルロイド製と金属製で、合計\13,960-でした。
これらを受け取った後に、セルロイド製のスケルトン黒(上記の色違い)と、青色の金属製を購入しましたよ。
今回は、合計で\10,980-と前回よりお安い眼鏡にしました!
格安だけれど、当然、前回同様に屈折率1.67の薄型レンズ込みのお値段です。
仕上がりが10日間前後ということで、次回アキバ巡回する歳に受け取ろうと思っています。

本日受け取った眼鏡は、なかなか装着具合も良く、気に入りました!
深緑というかエメラルドっぽいセルロイド製眼鏡は、私がエンジニアという事で、なかなかクールです(笑)。
ですが、少しだけツルがきつい感じなので、次回の巡回時に修正をお願いする予定ですよ。

■第三世代の新型エネループ
「繰り返し充電1,800回、満充電した5年後に70%の容量を維持」という高性能さに研きの掛かった充電地を購入しました。
12本パックで、\3,000-です。 ←1本250円丁度ですね!

現在私の使っている充電地は、第1世代と2世代のエネループです。
これらは、今回入手の新型より幾らか劣るものの、なかなかの高性能充電池ですよ。
因みに、1世代目エネループは「繰り返し1,000回&満充1年後に85%の容量維持」
2世代目エネループは、「繰り返し1,500回&満充3年後に75%の容量維持」という性能でした。

繰り返し充電回数の多さもさることながら、充電容量の維持期間が長いことが、この充電池の一番凄いところです。
他のニッケル水素充電池は、私の使った感じだと、2〜3週間足らずで50%以下に低下していました(全て破棄処分済)。
使う直前に充電しないと役に立たない感じでしたね〜(苦笑)。
そんなダメダメ充電池と比べて、(初代でさえ)1年後に85%を維持している事が、本当に凄いことなのです!
だから、災害用に備蓄する用途でも向いています。
災害発生時、停電になってしまってから「さあこれから充電するぞ〜」などとやっていられませんからね。
過去日記置き場は”こちら”    ・「2012.10〜2013.03」の週末日記は”こちら
本ぺージTop

ペットにわとり名古屋コーチン一家の成長記録|こーちんの庭

Copyright(C) こーちんの庭 All Rights Reserved. Since 2005.03.13