ペットにわとり、名古屋コーチン一家の週末日記
(2010年7月〜2010年9月)

コーチン一家の週末日記、日々の出来事を1週間まとめて週末に記します。
たまに更新が遅れることもありますが、翌週位まで気長にお待ちください。
(私は、掲示板にも結構出来事を書くので、覗いて貰っても良いかも。。。)

■こーちんの庭トップぺージ■
名古屋コーチン一家の成長記録「こーちんの庭」バナー
(↑クリックするとTopへ飛びます)

更新履歴

にわとり
(日記も随時更新中)

掲示板
書き込みを待ってます!

PCと秋葉の話題
新品自作もします

自己紹介

散歩道
(色々と行った所をレポート)

リンク集

こーちんの庭管理人へのメール メールは
こちらから

過去日記置き場は”こちら”    ・「2010.10〜2010.12」の週末日記は”こちら
2010年9月25日(土)&26日(日)
雨&ちょっと肌寒い週末でした。 ぴよ美は初産です!
この頃は凄く涼しいですね〜。
職場だと「寒いね〜。上着が必要だぞ」との会話が飛び交っているけど、少々暑がりな私には丁度の気温です!
ちょっと前に、あれだけ「暑い、何時になったら秋になるんだ?」と言っていたのが懐かしいですよね(笑)。
9/23に空気が入れ替わって、数日だけど、これだけ変わるんだから、季節って凄いな〜と関心します。

土曜日はそんな涼しい陽気に加えて、朝は雨降りでした。
ヒンヤリとして肌寒い程です。
図書館で本も借りたし、最近撮った写真の整理も有るし(←このせいで日記が遅れた/笑)、引き篭もりをしようかと思った土曜日だったけど、天候は一転して午後には秋晴れになりましたよ。
お陰様で、色々と用事を済ませる事も出来て、こっこも嬉しそうに雨で濡れた庭で遊べました。

秋晴れになる
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記午前中降っていた雨は、正午には止みました。
そして、午後には左画像のように青い透き通った空が広がりましたよ。
見事な秋晴れです!

「今日は雨か〜」と、お預けにしようと思った母屋小屋の掃除を急遽行いました。 地面は雨で湿って水溜りも出来ていたけど、井戸水を使って産箱をゴシゴシとデッキブラシで綺麗に掃除して、日当たりの良い場所へ干すとあっと言う間に乾きました。
お日様パワーですね〜(殺菌効果もバツグンなのでしょう)。

雨の日がとても多かったこの頃でした。
こっこ達は、私の部屋の前の軒下で過ごしていたと思います。
羽繕いして抜けた羽や、う○ちも結構落ちてましたからね〜(笑)。
午前中は雨だったから、未だその場所でご飯を食べたり、ボ〜っとして過ごしてましたけど(笑)、雨が止んで彼らが庭へ出掛けて行った後に綺麗に掃除をしました。
チョコ糞もしてあったけど、デッキブラシを使って水洗いをして、秋晴れのカラッとした日差しで綺麗に乾きました!

この秋晴れは、土日だけだそうで、月曜日から再び雨降りです・・・。
私は見頃の彼岸花を色んな場所へ撮影しに行こうかと思っているけど、こっこ達も砂浴びしたり、羽を干したりと有意義に過ごせると良いな。

ぴよ美の卵
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記ぴよ太と共に母屋小屋で寝るようになったぴよ美は、金曜日に卵を産みました!
生後6ヶ月の事です。
実は前日の木曜日の朝に、私は彼女が産箱へ入っているのを見て出社したのだけど、結局産ますに翌日金曜日が正真正銘の初産となった訳です。 その時は他の年上こっこ達と同じように慣れた感じで堂々と篭っていたから(笑)、てっきり初産だとばかり思いましたよ。

どの子も初めは難産であることが多いのだけど、1日頑張って翌日に産まれたとなれば、普通か安産の方じゃないかなと思います。 写真の左がその時のぴよ美の卵で、右が年上こっこの誰か(笑)の卵。 大きさはSサイズくらいでしょうか〜。

濃いピンク色で、小さな可愛らしい卵です!
我が家の普通の子が生むのがMかMLサイズくらいだから、1回りか2回り小さい感じですね。
ちょっと血が付いてますが、初めですから大抵こんな感じか、もっと付いている事も有ります。
因みに翌日(土曜日)も同じサイズのを産んでました!
2回目の卵には血は付いてなかったから、初産よりは産み易くなったのでしょうね。

初産では3日間落ち着きが無く、あちこちの暗い場所へ潜って頑張ってようやく産んだ子も居たし、産むまで具合を悪くして寝込む子がいたりと、ぴよ美も心配でした。 だからぴよ美が具合を悪くする事なく比較的安産だったのは嬉しい事です!
「ぴよ美、頑張ったね!」と土曜日に(ちょっとしつこくて嫌がられていた感もあるけど/笑)ナデナデして褒めてあげました。

これからの悩みは、4羽の雌鳥さんが産むようになった事で起きる”産箱の取り合いについて”なりそうです(笑)。
産箱の数は十分なのだけど、何故かどの子も一番奥の部屋へ入ろうとするのですよ・・・。
”おしくらまんじゅう”状態になって、折角産んだ卵も踏まれて割れてしまう事もあります。 「真ん中の部屋でも良いでしょう?」って言うのですが、一番奥の部屋が空くのを待っている子は、怒りモードで不満一杯です(苦笑)。

ぴよ太
「こけっこっこ〜」の雄叫びの練習、雌鶏ちゃん達へのアタックを毎日頑張ってますよ〜。
そして、遂に雌鶏ちゃん達に中々背中に乗せて貰えないから、歌舞伎ステップをし始めました!
どうやら雄叫びの上手さに加えて、歌舞伎ステップの切れも重要なようです。
彼は、その事について気付いたようですね。

でも、雌鶏ちゃんへの(長男コーチンが沢山していたような)御馳走のプレゼントも、次に頑張らないとイケナイ課題なのでしょう。 歌舞伎ステップまでは気付いたぴよ太ですが、一番大事そうなプレゼントについては未だ全然駄目です。
美味しい物があると、自分が一番初めに食べようとするし、先代の雄鶏達に比べると修行が足りませんね(笑)。
もし気付いて、プレゼントを気前良く出来るようになった時、きっとリーダーだと雌鶏ちゃん達に思われるのでしょう。
そうしたらモテモテですよ!
長男コーチンや父コーチンがそうだった様に、雌鶏ちゃん達の方から自分でしゃがんで、「背中に乗っても良いよ!」って言ってくれるのですからね〜。

現在のぴよ太の状況は、雌鶏ちゃん達に怒られまくりです(苦笑)。
普段、例えば餌を食べている時とかは余り怒られなくなりました。
ぴよ太もぴよ美も少しずつぴよりん&ぴよこりんと距離を縮めてます。
ご飯も一緒に食べれるようになって、未だ時々怒られるけど、その頻度は確実に減ってます。

しかし、夕方にぴよ太がソワソワして、事もあろうか、怖いこの2羽の年上こっこに後ろから乗ろうとするんです(苦笑)。
気配で寸前でバレて目が合うと、何時もの2倍の距離をぴよ太は追い掛けられる事になります(笑)。
相当怒ってますよ〜。
だから、ぴよ太はキョロキョロしながら忍び足で後ろから彼女達に近づくのです(笑)。
そんなだから、夕方になると凄く嫌われ者になっちゃいます(苦笑)。

でも、長男コーチンも若い頃は、父コーチンの目を盗んで良くおばさんこっこの後ろから忍び足をしてましたっけ(笑)。
それで良く雌鶏ちゃん達に今のぴよ太のように怒られて追い駆けられてました・・・。
そっくりですよ〜。

左上:雨の午前中、軒下へ避難しての食事。 ぴよ美は、ぴよ太の隣で見えないけど仲良く全員集合しましたよ。
右上:食事が終わると雨もあがって、それぞれが庭へ散歩やカキカキや一休みに出掛けて行きました。
左下:ぴよ太とぴよ美は仲良く芝生の上で一休み。 まもなく、ドンヨリした空は快晴となりました。
右下:夕方、畑で収穫した甘柿を1つご馳走しました。 写真のように喜んで食べてくれました。


番外編【カメラとかのお話】
名古屋コーチン一家の週末日記
(収穫も秋の様相、これから沢山採れます)
名古屋コーチン一家の週末日記
(朝刊に新Pentax一眼の発売予告が・・・)
名古屋コーチン一家の週末日記
(先週末に注文したオレンジ色のK-x)
ここ数日で急に冷え込みましたよね。
関東だと9/23の大雨(台風による前線通過だったと思う)から10℃位気温が下がった感じです。
夏が異常に暑かったから落差にビックリだけど、本来の秋に戻ったのでしょうね。

■秋の味覚
私のところでは1枚目のように栗や柿が収穫できるようになりました。
甘柿は3つ採れて、その内の1つがカラスに突付かれちゃったような穴空きです(苦笑)。
人間が食べても大丈夫だけど、こっこの夕方のおやつにプレゼントしましたよ〜。
口に合ったみたいで、皆で交互に突付いて完食しました!

■新一眼レフ「K-5」
新聞を読んでいたら、4面か5面の微妙な場所にK-5の広告が載ってました(中央写真)。
K-5は、Pentaxが公式に発表した10月下旬発売予定の一眼レフです。
丁度私が持っているK-7の後継機種に相当し、防滴・防塵仕様のフィールドカメラとなります。

このカメラ、噂が出ていた頃から気になっていたけど・・・、凄く良い感じですね〜(笑)。
私が現在使っているK-7も凄く良く出来たカメラで、不満は余り無いのだけど、使い勝手と小型ボディ(デザイン)はそのままで、若干難ありだった高感度特性を劇的に改善し、更にPentax全機種が苦手だったAFも劇的に改良したそうです。
AFについては、相当他社に遅れを取っていたのか「他社と同レベルに改善した」って発表したとか、しないとか(笑)。
苦手を認識しているから、きっと控えめに言ったのでしょうね〜。
私は、そんなPentaxが好きだったりします。
他社の商品発表会だと「業界No1の性能を実現!」とか強気で言うでしょうから。

高感度については凄いです!
Pentaxから漏れた画像からは、何倍も強くなっているのが憶測できます。
この点については同クラスでNo1の性能と言っても良いかも。
Sonyのα55と同じCMOSセンサーだけど、あちらはハーフミラーで大よそ30%の光量を失っているそうで、
100%(幾らか散乱してロストするかもしれないけど)CMOSへ当てられるK-5は感度について有利です。
実際に漏れたと言う画像を見ると、ISO6400でも気になるノイズは余り有りません。
現行のK-7は、高感度での撮影が弱く、事実上ISO800までしか使えないのと比べると凄い進化です!
(その代わりK-7は、明るい場所でISO400までならば素晴らしい画像を撮ってくれます)

K-5について、新聞広告では「担当者とのトーク&K-xの体感イベント」を発売に先行して各地で行うとの事です。
10/2と10/3は、東京会場として秋葉原のUDXビルが記されてました!
先週注文したオレンジ色のK-xを取りにアキバへ行くと思うから、そのついでに寄って来ようと思います(笑)。
因みに凄く欲しいのだけど、私の欲しい防滴18-135mmレンズセットの予約価格は、現在17万円です・・・。
この前のK-xのようにポンと買えません(苦笑)。
もし入手するとしたら、価格が下がって落ち着く年明けとか来春になると思います。
今は同じ中級機K-7が手元にあるから、半年か1年くらいは待てます(たぶん/笑)。

■オレンジ色のK-x
注文してから1週間経ちました。
手元に来るまでワクワクして待ち遠しいですね〜(笑)。
PentaxのWebからオレンジ色のK-xの画像を切り抜いて来たのを貼ります(右画像)。
中々お洒落で、珍しい色の一眼レフじゃありませんか?

ところで、私が注文したこのオレンジ色のK-xと同じのを注文して悩んでいる人の話がありました。
下記の”価格com”へ相談が寄せられた悩みなのですが・・・。
相談者は「周りの人の視線が気になってカメラを持ち出せない」そうです。
回答者からは「初めは人が少ない場所で撮影して馴れるように」とか、「コレは玩具だと自分に言い聞かせる」とか提案があったけど、私は逆に「目立って格好良いじゃん!」って思うんですよ。

けれど、実物が来たら私もどうか解りません。
もし恥ずかしくて写真を撮りに行けなくなったら、相談するかも(笑)。
(でもピンク色とか紫色だったら本当に恥ずかしいかも・・・)

上でK-7と新しいK-5の高感度性能について記したけど、K-xはその中間くらいの性能です。
ISO1600は、結構使えます。 先日の祭りの彼岸花は夜間に白熱灯から漏れる灯りのみでISO1600で撮ったけど、そんなに悪い画質じゃない思いますしね〜。 だから新機種登場で安くなったオレンジ色のK-xを買ってしまった次第です(笑)。

・価格com「K-xのオレンジを買ったけど、恥ずかしくて中々外へ出れない」
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000059310/SortID=10606375/
2010年9月18日(土)&19日(日)
ぴよ太とぴよ美はお引越ししました。
また週末から急に暑くなっちゃいましたよ。 「勤め人に対する何かの嫌がらせか〜」と言いたくなりますね(笑)
そう愚痴を言っても、”週末毎に台風直撃”よりも良いから、快晴ってところには感謝しようと思います。

お引越し
2週間前に報告した”ぴよ太が母屋へ引っ越しそう”って話題が、現実となりました。
9/15(水)の事です。
私が帰宅すると、何時も2羽で座っている室外機に姿が有りません。
「もしや」と思い、母屋を覗くと「ホッホッホッ〜」って「お帰りなさい!」を言ってくれました。

2羽は、何故かお姉さんが登って寝ている産箱へは登らずに、入り口付近の床で寝てました。
上記・右下写真は、夕暮れ時だから未だ寝てませんが、2羽は立ってるその場所へ寝ます。
けれど、母屋へ引っ越して来た事に比べれば産箱へ登るか否かは小さな問題だから、そおっとしておこうと思います。
とにかく良かった!
翌朝、沢山褒めてあげました。
(水曜日を境に、夕方に室外機の上に登る事は無くなり、真っ直ぐに母屋へ帰って来ます)

2倍の卵
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記土曜日に採った卵の写真です。
右のは、普通サイズ(市販のMかMとLの中間位の大きさ)。
左は、黄身が2つの2卵生の卵です。
お姉ちゃんは少し年を取っているから、未だ若いぴよりんかぴよこりんが産んだ卵かもしれません。 我が家では年に数回このような巨大な3L位の卵を産みます。

産卵の問題だと、圧倒的に軟卵の割合が多く、牡蠣殻を食べさせると治るけど、巨大卵も産卵の不調によるものなのでしょうね〜。 巨大卵を産む前後の様子を見て、特に具合が悪いようには見えないけど、少なくても産んだ後はお尻が痛いと思います(苦笑)。
自分の意思でコントロールは出来ないかもしれないけど、頑張らずに無理のないようにして欲しいですね。

全体的に看ると、真夏が過ぎて、残暑も幾らか残るけど、産む卵は少しずつ増えてます。
今の季節、食欲も戻ったし体調的にも良い事を示しているのでしょう(ひと安心)。
ところで、ぴよ美もそろそろ産み始めそうです。
10月に入ってからだと思うけど、初産は辛い子も居るからちょっと心配です。
寝込んだりせず、安産になりますように!

バサバサっとしてます
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記ぴよ太が、バサッバサッと羽ばたいてました。
ずっと昔、私のデジカメが200万画素のコンパクト機だったころ、この瞬間を撮るのは難しかったけど、今愛用のPentax一眼なら簡単です!
シャッターボタンを押すと直ぐにシャッターを切るし、インターバルも殆ど無く次の写真を撮れます。 そうは言ってもK-mで3.5枚/1秒、K-xだと4.7秒/1秒、K-7で5.2枚/1秒だから、昔活躍したテレビゲームの高橋名人のような16連射できる人には物足りないかもしれないけど(笑)、何れの機種でも私には十分の速さです!

それで、本題ですが(笑)、最近良くバッサバッサしているんです。
良く中学3年生とか高校3年生が、人生の節目に差し掛かると「俺、日本一周バイク(或いはチャリンコ)で周って来るよ」とか言う心境で、ちょっと背伸びをして「そろそろ俺も庭に来るカラスや鳩のように飛んで旅をして来るから!」って意気込んじゃっているのかな〜と(笑)。 そのくらい頻繁に羽ばたく練習をしちゃってます。
家出をしないかと、親代わりの私はちょっと心配です(苦笑)。

少し前に、私の鼻や手を噛んだりしていたのは止みました。
にわとりの若者に反抗期ってのが有るのか否かは解らないけど(笑)、人間の子供に例えると次にはそんな事を想ったりするのかな〜と色々と妄想中です(笑)。
まあ、彼は家出よりも雌鶏さん達にモテようと必死だし、コケッコッコ〜の練習も頑張っていて、それどころじゃないかも知れないけどね〜。

食欲復活!
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記先々週の台風の後、季節は確実に秋へと移ってます。
気温も30℃を越す日が段々と少なくなって、連休中は例外だったけど、最高で27℃、28℃の日が普通になりました。
我が家の庭のこっこ達も活発に動き回るようになったし、人間も日中に行動できるようになってとても快適に過ごせました。

そのような具合で、とっても体調も良さそうな我が家の子達、ご飯も沢山食べてます。 毎朝1Kg位ご飯(配合飼料 + 屑玄米)を餌箱へ入れて、真夏の時は半分位残しちゃって、勿体無いから量を減らしていたのが、1Kgを翌朝には食べきって、(解り難いかもしれないけど)左写真のような米ぬかのようなカスしか残しません。
実際はこのご飯以外にも棚から落ちたブドウや、草や、虫を捕って食べているから相当沢山食べていると思いますよ。

そして、翌朝、私が起きて玄関の戸を明けると、その前でちゃんと待ってます。
朝寝坊をすると、ぴよ太のコケコが枕元から聞こえて来るような感じで、私を起こそうとします(笑)。 お腹が空いているのでしょうね〜。 それはとても健康的で良い事なのだけど、腹ペコ過ぎるのも可哀想だから、夕方に餌箱を家族に見て貰って、もし少ないようだったら追加するように頼むようにします。
(うちの子は放し飼いだから、腹ペコならば食べられる草や、カキカキして虫を捕まえて食べるのでしょうけど、念の為に家族に話をしておきます/家出したら困るしね)

そうそう、食欲復活と共に、山盛りう○ちも復活しました!
快食・快便ですね〜(笑)。

トレーニング続いてます
今週は火曜日、金曜日にジムへ通いました。
先週から週に2回の頻度で通い、来月中旬の健康診断に備えてます。
でも、しかし、何故か、余り体重は減りません(笑)。
筋肉は半年前に通っていた時位には戻っていると思うのだけど・・・。

今年の夏は暑すぎて余り外出をしませんでした。
それが悪かったのか、毎年夏になると2〜3Kg夏痩せしていたのが、今年は無いのです(苦笑)。
あと1ヶ月、例年の夏痩せ程度に体重を絞りたいと思います。

左上:まだ怒られる事もあるけど、5羽全員で食事が出来るようになりました。
右上:庭に羽が沢山落ちてます! どうやら写真のぴよりんが換羽期のようです(ぴよりんもそうかも)。
左下:夕方、畑からの収穫野菜を食べたそうにするぴよ太。結局ナスを食べちゃいました(他の子にも御馳走しました)。 
右下:夕暮れの18:00、ISO1600まで増感して撮影したぴよ太とぴよ美。
   エアコン室外機から母屋小屋へ引っ越してきました。


番外編【秋葉原で買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原ではマクドナルドと並ぶ? ”ケバブ”)
名古屋コーチン一家の週末日記
(御茶ノ水のサックス屋さんを覗いてみた)
名古屋コーチン一家の週末日記
(今日の購入品は、・・・、またカメラ/苦笑)
先週土曜に行こうと思っていたアキバ巡回、余りの暑さの為に断念しました。
2週間空いて本日行ってきましたよ。
でもね〜、今日も日中は暑さが盛り返して、一瞬躊躇しちゃいました・・・(笑)。
その結果、夕方16:00に到着して涼しくなってからの巡回です。

午後19:00頃まで何時ものルートと、仕事で必要な部材もあったのでそれを拾いながら回りましたよ。
途中思ったのは、屋台風のお店”ケバブ”が元気だな〜と言う事。
ケバブはお店の名前なのか、料理の名前なのか解らないけど、少しずつ有名になりつつあります。
職場でも「アキバのケバブ食べた事ありますか? 美味しいですか? 外人さんのお店?」と聞かれる事があります。

因みに私は、2回程食べた事があります(そんなに回数は多くない/笑)。
マクドナルドのようなファーストフードで、歩きながら食べられるから時間が無い時には良いですよ。
味は結構美味しい!
標準品が\500-位で、燻した焼肉に美味しいタレが絡まり、野菜と一緒に生地に挟まってます。
食べ盛りの高校生や、肉体労働の後だと物足りないかもしれないけど、私には丁度の量。
食後は口の周りにタレが付きまくるけど、好きだな〜、こういうジャンクフードは〜。

何店舗かあるけど、何れも外人さんが切り盛りしてます。
見た感じ中東の方のようで、彫が深い外人さんでした。
片言の日本語で「ケバブ〜、どうですか? 美味しいよ〜」って言ってます。
1店舗に2人くらい居て、繁盛しているから忙しく仕事をしてますよ。

写真は九十九電機近くの本店の写真。
お店の前では、アキバ巡回でお腹を減らしたお客さんがケバブを頬張ります。

巡回後は友人と待ち合わせて、居酒屋へ寄りました。
空いている隣町御茶ノ水へ行くのは定番になっていて、今日も少し歩いて移動しましたよ。
居酒屋へ入る前に少し上品なサックス屋さんを覗いてみました(中央写真)。
\68,000-、初心者用なのか? それとも中級・上級者もOKなのか? 綺麗なサックスが目に留まります。
私は音楽演奏は駄目だけど、何気に楽器を手にして格好良く演奏できる方は尊敬しちゃうかも。

帰りはアキバへの到着が遅かった事もあり、終電となってしまい、尚且つ電車遅延で帰宅が1時近くになってしまいました。 終電が途中駅で遅延すると「ドキッ」っとしますね(苦笑)。 何とか、その先の乗換えで終電が待っていてくれたから良かったけど、一つ間違えると飲み代以上のタクシー代を払う羽目になります(笑)。

◎購入品(上記右写真)
・50mm/F1.7 smc PENTAX-Mレンズ \2,800-(ジャンク扱い) ←1977年から1984年まで作られたオールドレンズ
・東芝製Class6のSDHCメモリカード、通称”白芝” 1つ1,480円を2枚 \2,960- ←前回から更に値下がりした!
・PC2700 ノート用メモリ256MB 1枚250円を2枚 \500-
・K-xオーダーカラー(オレンジ)を注文 \0(\41,800)- ←製造後引渡し時の後払い。
合計\6,260-  (Pentax K-x一眼レフは後払い)

■Pentax 50mm/F1.7レンズ
実はこのレンズは2本目なのです。
1回目は、今年の3/13に\3,800-で購入して、その後の分解清掃中にレンズ環の山を崩してしまいました。
復旧は、かなり厳しい状況で今は「暇な時にでもじっくり時間を掛けて弄ろうか」とガラクタ箱へ入ってます(苦笑)。
失敗した1本目のレンズは、ドリルでレンズ環を切断して全ての清掃を終えた後に、再び接着剤で固定すれば何とか写りには支障なく使えると思うのだけど、見た目は結構酷い事になると思います(笑)。

前回の失敗の理由は解っていて、今回のレンズでは100%成功すると思います。
因みに今回の\2,800-ジャンクレンズは、内部に大きなゴミが入っていて、分解清掃が必須。
3/13のレポートにも記した通りに、パンケーキタイプの機動性に優れたレンズなので期待してます!

■白芝メモリ
7/3、7/24に続き、7/3に動作検証を済ませた東芝製SDメモリカードを再び2枚購入しました。
ベンチテストから十分に高速なのが解っていて、しかも今回は更にお安くなりました。
カメラが増えている状況で、高速・信頼性の高いSLCタイプが安価になる事は嬉しい事です!

■ノ−ト用メモリ
DDRタイプの256MBメモリです。
現在DDR3なので、2世代前って事になるけど、そろそろ新品の流通もストップする頃です。
特に足らないって状況でもないけど、1枚250円だったので手に入る内に2枚確保しておきました(保守用)。

■Pentax K-x一眼レフ
いわゆる、完全な衝動買いです(苦笑)。
後悔はしてないけど、やっちゃった〜って感じでしょうか(笑)。
「カメラは1台持っていて、それで写せれば良いじゃん」と言う人達からは理解不能だと思います。
しかし、そこはコレクターの性ですね〜(PCやOS環境の収集もそうだけど/笑)。
「コレは○×△用、こっちは■◎▲用」って感じです。
私の場合、未だそこまで到達してないけど、”保存用”なる目的で収集される方もいらっしゃいます(笑)。

背景を説明すると、
新一眼K-rの発表が先日あって、現行のK-xのオーダーカラーが9月一杯で終了とアナウンスされました。
K-rはとても魅力的なデジタル一眼でK-xの後継機です。
当然K-xの性能を上回るのだけど、マダマダ販売価格が高く10月発売の予約価格がK-xの約2倍です。

一方、このK-rの発表と共に、K-rへの期待から現行のK-xが一段と値下がりしました。
且つ、私自身、とてもK-xの性能や使い勝手を気に入ってます(低感度ではK-mも大好きです)。
現在オーソドックスな”黒”を持ってますが、カラフルな赤や青やオレンジ色も良いな〜と近頃思っていました。
K-rもオーダーカラーがあるから、その価格がこなれて値下がりする年明けまで待つか、それとも(当初は割高だった)オーダーカラーのレンズキットが4万円強まで値下がりしたK-xを買うかで悩んだ結果、今日店頭でK-xのオレンジ色(グリップは黒)を予約しちゃいました。

店頭で受け取った控えのイメージ写真(右写真の紙面)のように、K-xのオーダーカラーはとても目立ちます。
例えば食事会へ真っ黒な”いかにも一眼レフ”を持って行くよりも、ちょっと派手目なカジュアルなカメラを持って行った方が溶け込むかな〜なんて思ったりして、使い分けるのも楽しいと思います。
おもちゃみたいな色のカメラから、一眼レフの、しかも腕が良ければ凄い写真が出るのですから、「オォ〜」って知らない人はギャップにビックリするかも知れません(その反応も面白いと思う)。
上で紹介したパンケーキタイプの”Pentax 50mm/F1.7レンズ”も凄く似合うと思いますしね〜。

K-xは百色用意されていて、その内の3色はレギュラーカラーとして店頭販売されてますが、今回のオーダータイプは大よそ2〜3週間製造に時間が掛かります(受注生産らしい)。 その間、楽しみに待っていようと思います。
2010年9月11日(土)&12日(日)
ぴよ太は反抗期? この頃ぴよ太ネタが沢山あるんですよ〜(笑)。
先週の台風以降、空気が変わったように涼しくなった陽気だったけど、土日は再び残暑が復活しちゃいました。
朝からジリジリと気温が上昇し、庭で掃除や作業をしていると汗がダラダラと流れます。
一度涼しくなって体が慣れつつあったからか、また元の暑さに戻るとしんどいですね・・・。

こっこ達の食欲も台風後に回復し掛けてます。
土日は特に夏バテの症状は無かったけど、暑さが数日続くとまた配合飼料を食べなくなってしまうかも・・・。
早く秋本来の涼しさになってくれると良いのだけど。

続・練習の成果
先週比べて、今週は更に上手に鳴けるようになりましたよ〜。
それでも未だ、立派な大人の雄叫びと比べるとちょこっと変です(笑)。
人間で言うところの、オンチなのでしょうね〜。

手本となる先生は、100m程離れたお宅の100羽の大軍鶏たち。
朝と夕方に「コッケッコッコ〜〜」って元気に鳴きますよ。
種類が違うからか、声が甲高いけど、音程は100点満点のパーフェクトだから良い先生になってくれると思います。
2週間でこれ位の上達ぶりだと、あともう2週間すると、取り合えず80点くらいになるかも知れませんね。
そこから更に半年、1年を掛けて雄鶏の品格たる”声の渋さ”を自分で追求していくのでしょう。
その渋さを手に入れたら、もしかして、モテモテになるかも(笑)。

反抗期
このところ、ぴよ太が反抗期っぽいです(苦笑)。
火曜日か水曜日、帰宅後に抱いて母屋小屋へ連れて行こうとしたら指をパクッと噛まれちゃいました。
本気で噛まれたから結構痛かったです(涙)。
急に抱っこされたから、寝ぼけていて誘拐されるかと思って抵抗したのかも・・・。
もしそうなら未だ良いのだけど、私(飼い主)だと解ってやっている事もあり得ますからね〜。

そして、土曜日。
明るい昼間に抱っこをしていたら、私の顔を覗いて、次の瞬間、鼻をパクッとやられました(苦笑)。
血は出なかったけど、やっぱり痛かったです。
長男コーチンにも父コーチンも、今のぴよ太くらいの時に同じような経験がありました。
不思議な事に末っ子は子供の時から穏やかな性格で、そのような事は無かったけど・・・。
これらの行動は反抗期なのでしょうかね?

ぴよ太はこれからの事だから解らないけど、父コーチンや長男は、暫くして収まり、懐いてくれました。
ずっと前に何処かで記した気もするけど、宮崎映画の”ナウシカ”に登場する1コマで、キツネリスのテトとナウシカが出会うシーンが有って、ナウシカの指を噛んじゃうんです。 けれど、テトに危害を加えないナウシカを信頼して直ぐに懐くんです。
そんな感じなのかな。

新しいお米が来たぞ〜
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記暑い日が続いているせいか、秋の収穫って雰囲気ではないのだけど、地元では稲刈りが済んで、新米が流通し始めました。
我が家は知り合いの農家から直接購入してます。
新米(玄米)を5俵に加え、こっこの為に1.5俵(90Kg)を購入しました(左写真)。
野菜作りと産箱に敷く藁も同じ農家の方から頂くのですが、今回はお米だけ。
(藁は軽トラックに満載して持って来てくれるので、乗り切らないのです)

こっこ用の玄米は、古々々米くらいの物じゃないかと思います。
それか新米でも出来が悪く、米粒が崩れちゃったような物です。
地域によって価格は異なると思うけど、だいたい30Kg(0.5俵)で\2,000-弱じゃないかな〜と思います。 配合飼料よりちょこっと高い程度ですね。
この価格で、配合飼料と更に配合する事で喜んで沢山食べてくれるのだから、お得な買い物だと思いますよ。

でも注意点が有ります。 流通時期が収穫時期と同じで、9月〜10月しか手に入り難い点で、更に言うと1年分確保しなくちゃならない事です。
更に更に言うと、屑米という事もあって虫の被害に遭っていたりします。
常温で放置するとコクゾウ虫やら、蛾の幼虫やらが沢山湧きます(苦笑)。
我が家でも使っている穀物用冷蔵庫を使うと良いかもしれません。
(時々天日干ししたり、ニンニクを入れて虫を追い出す対策も良いかも)
今日は、新しい屑米を入手できたので、古い物をおうばんぶるまいしました。
余り食欲の無かった我が家のこっこ達だったけど、5羽で沢山食べましたよ。
上記写真は、年上こっこが食べた後にぴよ太とぴよ美が食べてるところです。

命懸けの納豆ヨーグルト
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記日曜日の夕方、大好きな納豆ヨーグルトを御馳走しました。
年上こっこ達は嬉しそうに凄い勢いで食べてます(左写真)。
けれど、年下のぴよ太とぴよ美は食べさせて貰えません・・・。
「貴方達は、未だ若いから私達が食べ終わってからよ!」って怖い顔で怒られちゃいます。ぴよ美は諦め顔で、離れたブドウ棚に乗って食べ終わるのを待ってます。
しかし、ぴよ太は我慢出来ずに近くで隙を待ちます(笑)。
そして、左写真よりも近づくと確実に怒られて追い掛けられます。
つまり、此処がデッドラインなのです!
時々、後ろで撮影している私を見て「食べたいよ〜」ってアピールします。
そんな顔を見るとついあげたくなっちゃうけど、まずは待とうね!
ぴよ太は、待ち切れない様子で何度か忍び足で近づくけど、顔を上げたぴよりんと目が合って・・・、
ダッシュで逃げて来ました(目が合うだけでも怖いみたいです・・・)。
お姉ちゃんが助けてくれる事もあるのだけど、今日は大好物の納豆ヨーグルトに夢中で、ぴよ太が困っているのを察知できない様子です。 ぴよ美はそんな状況を解っているのか、大人しく遠くで待ってます(賢い子)。

10分程で3羽の年上こっこ達の食事が終り、その場を離れて行きました。
残りの納豆ヨーグルトは1/3か1/4程になっていて、納豆の粒は殆ど有りません・・・。
ちょっと可哀想ですけど、相撲界の下っ端が野菜しか入ってないちゃんこ鍋を食べるのと同じで、今は修行だと思って我慢するしかないのでしょうね〜。 でも、まあ、少しでも残っていて、ぴよ太もぴよ美も食べられたから良かったです。

左上:台風は庭に湿り気を与えました。砂浴びもとても気持ちよく、ぴよ美の砂浴びの傍でぴよ太が見守ってます。
右上:再び暑くなった土日、ぴよりん&ぴよこりんは、暗い庭木の奥の方で散歩をしてました。
左下:ナイアガラの実を見付けた! ブドウ棚の下で落ちるのを待っていたぴよ美の報われた瞬間です。 
右下:ぴよ太のがぶ飲み風景、暑い日はどうしても水を沢山飲んでしまいます(人間もね〜)。
2010年9月4日(土)&5日(日)
ぴよ太が母屋へ引っ越しそうです! 良い子だから、そのまま入ってぴよ美を呼んで頂戴。
しかし、暑いですね〜(苦笑)。
もう2ヶ月位ずっと書き続けている気もするけど、9月に入ってから益々暑くなった気さえするのです・・・。
雨もずっとずっと〜降ってませんよ。
畑の作物も大変だし、庭も出勤前のジョウロやバケツ数杯の水撒きでは直ぐにカラカラになってしまいます。

そんな状態なので、土曜日は冷たい井戸水を沢山庭へ撒きましたよ!
10リットルのバケツを両手に、満杯とはいかないまでも合計18リットルを持って50回くらい撒きました。
計算するとざっと900リットル分、お風呂が4杯半ぶんくらいです。
ある意味トレーニングにもなったかも知れません。
映画ベストキットの空手名人”ミヤギさん”の特訓のようでもあります(笑)。
直後はちょっと疲れた感が有ったものの、案の定、夕方には肩がパンパンになって筋肉痛の前兆っぽくなったけど、庭に吹く風が涼しくなった感じもするし、湿った庭を嬉しそうに散歩したり、カキカキしたりするコッコ達を見れたから満足です。

肝心の庭木ですが、サツキがヤバイです・・・。
全体的に元気が無く、葉っぱは黄色かったり茶色になっている物もあります。
茶色のは手遅れかも知れず、大規模な水撒きが1週間か10日早ければ・・・と反省ですね。
父のトラックは、連日用水路からの水を畑へ運びますが、庭へ運ぶ余裕は無いみたい(たぶん父の体力的に・・・)。
しかし、雨が1ヶ月近く降ってないというのも異常です・・・。
そろそろ(統計学的にも)降るんじゃないかと思うのだけど、どうだろうか?
天気予報では来週木曜日(9/9)に雨マークが付いてます。
農家の方々は凄く期待しているんじゃないかな〜と思います(我が家もだけどね)。

因みに日曜日(9/5)の午後に、空が真っ暗になり降る直前のような空になりました。
「おおっ、振るぞ〜」って洗濯物を取り入れて待つ事1時間、何も降らずに青空に戻ってしまいました(苦笑)。
ガッカリでしたよ〜。
この調子じゃニュースで「○×村の雨乞いの神事が、百何十年ぶりに行われました」ってやるかも知れませんよね(笑)。

練習の成果
先週記したぴよ太の雄叫びの練習だけど、少しずつ上達してますよ!
1週間前は滅多に初めから最後まで上手く鳴ける事は稀だったけど、今は半分くらいの割合で上手く鳴けます。
でも逆に言うと、未だ50%は先週のような鳴き方になってしまうから、マダマダ練習が必要な感じ。
前回、色々なバリエーションを試しているって記したけど、今も同じ感じです。
失敗する時は同じ所を失敗するのではなく、微妙に違ったところで失敗します。

彼なりに拘りがある:のでしょうね〜。
「俺はこんな鳴き方じゃ駄目だ! もっとコクのある、渋い感じに・・・」ってね(笑)。
そんな感じで、ぴよ太は試行錯誤の最中です。
それから、私が「ぴよ太、鳴いてみな。 コケッコッコ〜って言ってみな〜。」って促すと、言葉を理解しているのか、
鳴いてみせてくれます。 「上手になったね!喉自慢に出れるぞ〜」って褒めてあげると、嬉しそうに連発します(笑)。


夕方、母屋へ入れるかな?
名古屋コーチン一家の週末日記
1、お姉ちゃんが寝てるぞ、隣に座ろうかな〜。
名古屋コーチン一家の週末日記
2、でもぴよ美ちゃんが向こうに居るし・・・。
名古屋コーチン一家の週末日記
3、取り合えず入ってみようかな。
名古屋コーチン一家の週末日記
4、やっぱり、ぴよ美ちゃんの所へ戻ろう。
名古屋コーチン一家の週末日記
5、結局あの子、戻っちゃった。私は眠いよ。
土曜日の夕方、ぴよ美は何時ものエアコン室外機へ登ったけど、ぴよ太はお姉ちゃんの母屋へ向かいました。
私は、カメラを持って後をこっそり付けて様子を撮影しましたよ(笑)。
ぴよ太は、母屋の外からお姉ちゃんを暫く覗いてました。
行ったり来たりして、母屋へ入るか否かを悩んでいる様子です。
もしかしたら、自分の後をぴよ美が付いて来なかった事を心配しているのかも・・・。

それでもぴよ太は、母屋で寝たいみたいで1人で入って行きました!
更に産箱の上に飛び乗る寸前までいったのだけど・・・。
何故だが母屋から出て来ちゃって、ぴよ美の座っている室外機へ駆け足で去って行きました。

時間にして10分弱の出来事だったけど、とても大きな前進です!
もしぴよ美が一緒に来てくれていたら、2羽で母屋へ入ってお姉ちゃんと3羽で仲良く寝ていたと思いますよ。
ちょっと残念だけど、ぴよ太は「母屋で寝ても良いかも〜」と少しでも思っているのが解っただけでも良かったです。

翌日は、前年ながら2羽揃って室外機の上で寝ちゃってましたけど、このような葛藤があったんじゃないかなと思います。
あと何回か、同じような夕方を繰り返して、3羽揃って母屋で自主的に寝てくれる日が訪れると嬉しいな。
先に中へ入って寝床へ登ったお姉ちゃんも、この時は「こっちへおいで、一緒に寝ようよ。 さあ、おいで!」って呼んでくれていたと思います。 ぴよ太は母屋の周りを歩き回っていた時に、お姉ちゃんの顔を何度も見上げるように覗いてました。
ぴよ太が去った後、ちょっとガッカリ気味で眠ってました。

この後の暗くなった19:30頃、私はぴよ太とぴよ美を抱いてちゃんと母屋へ送って行きましたよ。
毎日の日課で、平日は帰宅する午後9時や10時になっちゃうけど、大人しく抱っこされて母屋へ送って行きますよ。
因みに、何故もっと早い時間じゃないかって?
それは、未だ明るい時間だと産箱の上に座らせても「室外機の方が良いな〜、帰ろうかな〜」って抜け出して戻ってしまうんです(苦笑)。 きっとぴよ太は土曜日の様子から大丈夫だと思うけど、ぴよ美が抜け出て、追い掛けてぴよ太も戻っちゃう気がするんですよね〜(笑)。 実はぴよ太は、ぴよ美に振り回される役回りなのかも(笑)。 ガンバレ〜ぴよ太!

身軽なぴよ美
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記ぴよ美は、小さい時に動画で収めたように高い所へ登って、怖くなって降りられなくなって泣いていたドジっ子でした(それも可愛かったけどね〜/笑)。
ある意味、自分の限界に挑戦する性格なのかも知れませんね。
それが、今はちゃんと高い所へ登って、自分で降りれる娘に育ちました!
身体能力はぴよこりんと同じくらい有るんじゃないかな〜と思いますよ。

そんなに高い所が好きだと、脱走癖のある先輩コッコを想像しちゃうけど、
でもぴよ美は、悪い先輩の真似をしたりません(笑)。
ちゃんとぴよ太の後を付いて一緒に行動してます。
時々別の所へ行ったりするけど、殆ど一緒な感じです。
だから、塀を飛び越えて外へお散歩に行ったりしませんよ〜。

そんなぴよ美は、今日もぶどうの棚へ登って他の子達を見下ろしてます。
もしかしたら、私が見ていない時に、ぶどうを食べちゃっているかも・・・(笑)。
うちの子達は、全員が庭のナイアガラと巨峰が大好きで、風が強い時は棚の下で待ち構えている程ですからね〜。

ぴよ太は、大きくなってから高い所が苦手になりました。
高い所へ登ったぴよ美を見上げて、「危ないぞ〜、早く降りておいでよ〜」って心配に思っているかも・・・、本人は全然平気なのでしょうけれどもね〜。

左上:チビ達のお気に入りの根元は、ぴよりん&ぴよこりんも大好きな場所です。
   今日はお姉ちゃんも他所へ行っているから、此処で思う存分、砂浴びをしましたよ。
右上:バケツに百杯くらい水を撒いて地面が湿りました。 こっこ達は、直ぐにお散歩へやって来ましたよ。
左下:日曜日の朝、幼馴染の若いカップルは仲良くくつろいでます(すごく良い雰囲気!)。 
右下:母屋小屋と産箱を掃除して日干ししていると、ぴよりんがお産にやって着ました。
   「直ぐ産まれそうよ! 何で産箱が無いの???」って怖い顔で怒られてしまいました(苦笑)。
   元通りに直してあげると、直ぐにホッカホッカ卵が産まれました。
2010年8月28日(土)&29日(日)
ぴよ太はコケコの練習を始めたよ。 まだ下手くそだけど、一生懸命頑張ってます!
今週も暑さが続きましたね〜。
お墓参りを今週へ先送りしようかと先週に思ったりもしたけど、結局今週も涼しくありませんでしたね(苦笑)。
この残暑(猛暑?酷暑?)は、何時まで続くのやら〜。
早く収まってくれないと、通勤電車へ夏休み明けの学生さんが加わり満員電車になってしまいます。
そうなったら、皆が汗ダラダラでいっそう蒸し暑い、ストレス電車になってしまいます(苦笑)。
夏バテしちゃっている我が家のこっこの為にも、満員電車を避けられない私の為にも(笑)、
なんとか涼しくなって欲しいものです。

ぴよ太
先週くらいから夕方になるとソワソワしちゃって、雌鶏さんの背中を狙っている様子です。
隙があれば鶏冠の後ろの後頭部の羽を咥えて、力ずくで乗ろうとするんです(苦笑)。
若い頃の雄鶏は良くやる事なのだけど、ぴよ美からは嫌がられるだけだけど、ぴよりんやぴよこりん、お姉ちゃんにもやろうとして、良くダッシュで追い駆けられて、怒られて逃げ惑ってます(苦笑)。
翌日の夕方に、また懲りずにやろうとするのだけど・・・、もうちょっと立派な雄鶏にならないと・・・。
例えば、コケコの雄叫びが上達するとか・・・、紳士になって御馳走をプレゼントするとか・・・。
何れにしても、今のままじゃ「何してるの!」って怒られちゃうと思うんです(苦笑)。

今は、ぴよ太にとって試練の時です。
頑張ろうね! ぴよ太〜。
(でも余りしつこくすると嫌われちゃうぞ〜。)

コケコの練習
今週水曜日くらいから練習をし始めたそうです。
私は土曜日に初めて聞きましたよ。
やっぱりこの時期の雄叫びっておかしいですよね(笑)。
音程がズレているような、伸ばさないとイケナイ場所が止まってしまったりとか・・・。
簡単に言い表すと「音痴」なのですよね(苦笑)。
そんな風に笑ったらぴよ太が可哀想だけど、遠くの軍鶏の雄叫びを真似て頑張って練習をしてますよ。

練習の最中と言う事で、聞く度に微妙に違って聞こえます。
途中で「コケッ」って不自然に止めて途中で終わらせてみたり、「コケコッコ〜〜コッ」とお尻を伸ばして、
最後に1回余計に言ってみたり、自分の耳で聞きながら調整しているようでした(近くの軍鶏君が先生かな?)。
そんな様々なバージョンのうちの1つが下記です。
音声のみだけど、ぴよ太に代わって録音したものを披露しますね。

どうかな? もうちょっと練習しないと駄目だよね・・・。
半月くらい練習して上手くなれると良いね〜、ぴよ太!
(雌鶏ちゃん達も少し見直してくれるかもよ)

ぴよ太のコケコ練習(2010.08.29)
(簡単なWMA音声ファイルです。標準の「Windows Media Player」で再生可能)

庭がカラカラに乾燥
私の記憶が確かなら、雨はお盆休み前半の台風で降って以来、皆無のように思うのです。
そして、お盆前の暑さが戻って、残暑以上の酷暑の日々が続き、まさしく”干ばつ状態”。
そんな状況だから、庭の土はカラカラ、バサバサ、ボファボファで風が吹くと土煙が舞います。
コッコが走ったり、バサバサと羽ばたくだけでも、土煙が・・・(苦笑)。
砂浴びをしたくても、程良く湿った土が有りません・・・。
湿って羽と羽毛の間に塗り込める状態じゃなくて、理想とは程遠い土の状態〜。
とても不満が有るんじゃないかな〜って、思うのですよ・・・。

庭木も葉っぱが黄色くなったり、赤くなったりと元気が有りません。
サツキが一番ダメージを受けているようで、葉が落ち始めてます・・・。
きっと枯れちゃっているのだと、見た目で解る程です。

こーちんの庭がこのような事になってしまっているので、先週から井戸水を活用してます。
トラックで用水路から水を運ぶのも良いけど、畑への散水で精一杯なのと、「ボッボッボッボッ・・・」っていうポンプのエンジン音を、うちの子達が怖がるから、庭にある井戸からの水を撒くのが一番かな〜と。

井戸はずっと前の祖父が若い頃に、30mの深さで掘ったものです。
因みに上総掘りって言う、ヤグラを組み井戸掘り職人が竹の筒を連ねて人力で掘り進む工法でした。
その井戸は、飲料に使わなくなって20年が経ち、10年前からはポンプ故障や土管詰まりで使えない状態でした・・・。
それを昨年に勿体無いからと直して、勢い良く出るように整備する事になりました。
直した後、真夏でも15〜16℃の安定して冷えた地下水が出ます。
けれど、何故か泥臭いです・・・(苦笑)。

きっと井戸が浅いからなのでしょうね〜。
それに、ずっと昔は田んぼだった場所と聞いているから、それも影響しているのかも・・・。
更に、最近臭くなった訳じゃなくて、飲料水にしている時に既に臭かったからね〜(二十数年前)。
元々泥臭い井戸だったのかも・・・、水道水を飲むようになると気になるけど、当時はそれ程気になりませんでした(笑)。
なので、今は誰も飲まないけど、もしかしたら昔のように飲料水にしても大丈夫かも・・・。
(災害時に水道が止まって、電気が復旧しさえすれば、水を利用できます)

そんな井戸水を、この時期に庭へ撒いてます。
特にこっこのお気に入りの庭木の根元へは、何杯ものバケツで水を掛けます。
そうすると暫くこっこ達の掘ったクレーターが水溜り状態になり、少しずつ乾いた土に染み込むのです。
そして30分もすると、丁度良い湿った土の出来上がりです!
こっこ達は、それを待ち構えていて集まって来るのです。
半日も経つと表面の土は乾燥し始めるけど、左上写真のように程よい湿気を保ち、気持ちよく砂浴びが出来ます。
此処は避暑にも絶好ポイントで、人気も高いです!
庭に何箇所かこのような場所を作ってあげると、各々が好きな場所で涼めるから良いですよ。
当然、庭木自身も水が貰えて喜んでいると思いますしね〜。

トレーニング再会!
お盆に筋トレを復活させて、今週水曜日にはジムへも行ってきましたよ。
暫く休んでいて、約半年ぶりのジム通いだったから、結構キツかったです(苦笑)。
2月の頃は、腹筋を100回とか出来ていたのが、70回位でお腹が痙攣しちゃって力が入りません。
2時間制だけど、正味1時間でダウンです。
筋肉痛も相当で(笑)、回復を待って来週も1回は通おうと思います。

左上:仲良しな3羽、先週に続きお姉ちゃんとぴよ太、ぴよ美が湿った庭木の根元で涼んでます。
右上:黄色く熟れたキュウリを食べるぴよりん。
左下:日曜日には、納豆ヨーグルトを御馳走しました(ぴよりん&ぴよこりんが食べてます)。 
右下:ぴよこりんは植木鉢の上に乗るのが大好きです。 今日もカキカキ、ゴソゴソと何やらやってました。


番外編【秋葉原で買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原駅の構内、客層はとても多様)
名古屋コーチン一家の週末日記
(ジャンク街の更に裏通り、昭和の香りが〜)
名古屋コーチン一家の週末日記
(映画の中で、近未来の街として出そう)
名古屋コーチン一家の週末日記
(修理の街でもあるアキバ、パナソニック)
名古屋コーチン一家の週末日記
(此方は、SONYの修理拠点)
名古屋コーチン一家の週末日記
(本日の購入品、最近は節約志向〜)
今日は秋葉原へ散歩に行って来ました。
特に欲しい物も無く、街を回っての情報収集と、友人と帰りに飲むのがメインだったりします(笑)。
残暑が厳しく、友人は正午前から回っていたそうだけど、私は陽が傾く16:30頃に到着するよう出発しました。
それでも、やっぱり暑い・・・(苦笑)。

今回は、街の様子でも撮影しようと気楽に散歩気分での巡回です。
取り合えず駅構内を写真へ収めました(左上)。
秋葉原って若者、オタク、メイド、アイドル?って言うイメージが有るかも知れないけど、結構年配の方も居ます。
年配の方は、憶測だけど、年代的に電機工作や真空管などに興味を持った人達じゃないかと思います。
30年、40年前は今の若者のようにオタク扱いされていたのかも知れないけど、今はお爺ちゃんです。
60代、70代になった方々が、定年退職になって時間に余裕が出来たから、遊びに来ているのかも知れませんね。
写真にも後ろ姿が写っていて、恐らくラジオデパートやラジオ会館等の老舗に向かうんじゃないかな〜って思います。

それから、会社員も多いです。
平日もそうだけど、土曜日出勤の方々が部材や、商品調査へやって来ます。
スーツを着込み、ビジネス鞄を持っているけど、この人達ってやっぱりアキバの街が好きな人種だと思います(笑)。
私も同じように平日に訪れるけど、何か理由を付けて通っていると思います。
でも、それで良いのです!
彼らに頼めば社内のPCを直してくれたり、ネットワークを安価に構築してくれるのですから〜。
情報収集や各種検証作業を自前でしてくれて(笑)、下手な外部ITコンサルタントを雇うより優れてます。

女性も増えました。
4〜5年前くらいからでしょうか? 女性がとても増えたように思います。
奥地のジャンク街でも見掛けたりするけど、駅周辺のヨドバシやおでん缶が売られている店舗辺りが多いかな。
TVや雑誌で特集される事も多くなって、ヨドバシのような大手が参入した時期位からの傾向です。
アキバが観光地になったと言うのが理由なのでしょうね〜。
それまで見られなかった光景として、おでん缶の自販機と一緒に記念撮影する方々がとても増えました(笑)。
時々ジャンク屋さんで、「現状引渡し、質問お断り」の注意書きの横で、色々と質問をして困らせたりもするけど(笑)、
賑やかになって良いと思います。

外国人もとても多い。
今日も沢山の外国人と擦れ違いました。
TVで放送されているように、やっぱり好景気に沸く中国からの観光客がとても多く一番ですよ〜。
次に欧米人が多く、ヨーロッパやアメリカからの買い物客も多く見掛けます。
そして今日はエジプト人っぽいオジサン2人組を見ました。
オジサン達は砂漠でラクダに乗るような白いマント?みたいなのを羽織って、頭にも白い頭巾を被ってました。
お腹がポッコリとメタボだったけど(笑)、見るからにエジプト人です!
「えっ、もしかして飛行機も日本観光も、ずっとこの格好?」って思いが、頭を巡っているうちに遠くへ行ってしまったけど、珍しい光景だったから今振り返ると、撮影しとけばな〜と少し後悔です(笑)。

後は、説明不要と思うけど、やっぱりオタクっぽい方々が多いですね〜(笑)。
以上〜、大体アキバを観察しているとこんな感じの人達が居ます。

秋葉原の街は、ひとつ路地へ入ると「下町風」の町並みが楽しめます。
そこは昭和へ迷い込んだ錯覚を味わえ、目的も無くカメラを片手に歩いているとシャッターも沢山切れます。
中央上写真は、そんなひとコマ。
小さな古い長屋風の事務所が連なっていて、2階は住居になっている。
入っているのは、電機工作の工房のようで、プリント基盤などの試作品を作るような会社でした。
お客さんもアキバ界隈なのかも、置かれた自転車で試作品を届けるのかな?と勝手に憶測したりすると楽しめます(笑)。
それから、ジャンク屋さんも以前は此処で営業をしてました。
入ってみると6畳位の広さで、お客さんは5人が限界のような店舗でしたよ。
路地裏は、このように趣があって私の好きな空間です。

右上写真は、あるジャンク街の1コマ。
私も好きな”リュック・ベッソン監督”や、キル・ビルの”タランティーノ監督”が描く近未来の都市に似てませんか?
映画中で何処の街とは説明が無かったりするけど、アジアチックで、漢字とコンピュータ部品屋(恐らくJunk屋)と中華料理屋とがごっちゃ混ぜになったような風景が登場するのだけど、アキバの景色に良く似てると思います(笑)。
この景色がどの位続くか解らないけど、ある意味で京都の町並みのように保存したら良いな〜と、
そうじゃないと、再開発されて次々と立つ高層ビルに侵食されてしまいそうです。

それから、秋葉原はメーカーの拠点が集まってます。
Panasonic、SONY、東芝・・・と、持ち込み対応して貰えるサポートセンターが何箇所もあります。
なので、私の様に自分で修理するのが好きでジャンクを買う以外にも、秋葉原で安いジャンクを買って、
直ぐ近くの修理センターへ持ち込み出荷当時の状態に復元して貰うって言う買い方もあるのかな〜って思います。
状態の良い物を選ぶ必要もあるけど、PCでもデジカメでも凄く安く入手出来るんじゃないかなと思います。
(実際、ジャンクショップの店員さんが、お客さんにサポートセンターの場所を説明しているのを稀に見掛けます)

本日は、こんな感じでブラブラと2時間余り歩き回って写真を撮ってました(笑)。
道中、カメラレンズやミラーの掃除道具のブラワーと、自宅のDVDレコーダー用のDVD-Rディスクを購入しました。
ブロワーは精密機械などへも使える空気でホコリやゴミを引き飛ばすゴム製の道具です。
空気を沢山吹き付けられる大型タイプを購入しました。
DVD-Rディスクは、知る人ぞ知る太陽誘電製です。
TDKや三菱、東芝などがOEMで製造を依頼しているこの会社の製品は、品質がピカイチだと大人気なんですよ。
秋葉原では高価格帯だけど、地方電器店の台湾や中国製と同じくらいの価格です。
安心が買えると思えば安いものです!


◎購入品(上記右下写真)
・That's 16倍DVD-R 50枚 \1,179- ← 人気ブランド、太陽誘電製!
・カメラ&レンズ用のブロワー(大型タイプ) \820(\1,020-) ←ポイントを200円分使った。
合計\1,999-  (ポイントを使わなかったら、\2,199-)

19:00、友人と万世橋で待ち合わせて、最近良く飲む隣の御茶ノ水へ行きました。
昼から回っていた友人は、暑さでとても弱って見えたけど(苦笑)、涼しい居酒屋で復活し終電まで飲んで帰りました。
飲み代が、一人当たり三千円ちょっと・・・。
電車賃込みで6千円余りの出費で、一日楽しめましたよ!
2010年8月21日(土)&22日(日)
猛暑復活、我が家のコーチン一家も再び夏バテ気味です。 それから、お墓参りに行ったよ!
お盆終盤から暑さが盛り返して、今週は第二のピークとなりました。
各地で”今年一番の暑さ!”を量産して、都心でもお盆前よりも暑い37℃を超えました。
そして我が家も今回の土日はとても暑い・・・。
日曜日(8/22)、屋外に設置した気温計は38℃を超えてました!
気象庁の温度計は、芝生の敷き詰められた場所に立てたやぐらの中の気温だけど、
各家庭(の屋内や庭)や路上の気温は、気象庁の発表よりも幾らか高いのでしょうね〜。
砂利の上や、アスファルトの道路では、40℃超えが当たり前かも知れませんよね。

そんなこの酷暑の最中、我が家のコッコは再び夏バテの様子です・・・。
大好物を除き、食事の量が減ってしまい、日中は木陰でグッタリとノビちゃってます(苦笑)。
私も先週はお腹を壊してちょっと元気が出なかったから、こっこも調子が悪いのでしょう・・・。
お互いに、早く涼しくなると良いです。

スイカ大好き!
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記今年育てたスイカは、6個か7個の実を付けました。
大きな2つのスイカをお盆中に収穫したけど、今日は3Kg程の中くらい(小さい部類に入るかも)のが、3つ収穫できました。
それで、早速左写真を撮るのにカメラを引っ張り出して撮影をしていると・・・、こっこ達が「大好物なスイカがあるぞ〜」って集まって来てしまいました(笑)。

まさか皮のまま食べないだろうと、高をくくって撮影を続行していると、「パクッ」って噛み付いちゃってます。 パクって言うよりも、グサッって表現の方が近いかも・・・。
とにかくクチバシがスイカへ刺さってます!
次の瞬間、当然ですけど、私は彼女達を止めましたよ(笑)。

普段、触られる事を凄く嫌う3羽の雌鶏さんは、好物を目の前にして、そんな事を気にしていられない様子。
私がお腹の辺りを押さえて、「駄目だよ〜。後で食べさせてあげるから待っててね!」って言いながら静止しても、スイカの方へグイグイと私の手ごと進もうとします(苦笑)。
そうこうしているうちに、他の子が突付きに来るんですよ〜(笑)。 「もう〜!」
仕方が無いので、1回撮影を終了させて室内へ隠しました。
室内へ持って行かれては「もう駄目か」と諦めたのか、ようやく庭へ彼女たちは去って行きました。

夏バテと言っても、大好物は別腹なのか、こんな感じで凄い勢いです(笑)。
配合飼料は残す事も多いけど、スイカやメロン、コーンや納豆ヨーグルトは完食します。
これらも食べられなくなったら、危険な状態だけど、まだ大丈夫です。

そして、少し時間をおいて・・・、
誰も私の様子を観察していない事を確認して(笑)、こっそり室内からスイカを出すと、再び撮影開始です(忍者のように)。
この写真はその時のものですけど、写真に写ってない裏側に何箇所か穴が開いてます。
そうです! 彼女達がクチバシで開けた穴なんですよ〜(笑)。
ニワトリのクチバシって、凄く強力です。 凶器です!
他の鳥もそうかも知れないけど、飼い主と遊んでいる時や、何かをねだって突付く時は手加減してますよね。
もし本気なら、私の手や足が穴だらけ、血だらけ間違いありません(苦笑)。
だって、硬いスイカの外皮を1発で突き刺せるんですから〜(笑)。

撮影した時、既に夕方でした。
残念ながらこの日には御馳走出来なかったけど、翌日曜日に沢山食べさせました。
毎回同じだけど、薄皮1枚残して見事に平らげましたよ〜。

我が家のこっこちゃん、もしかして丸ごと1個食べたかったのかな?
いつも食べ残しの、縁に赤い実がちょこっと残っているスイカしか食べさせて貰えないから、
それに比べると王様のような、大きな丸ごと1個のスイカに憧れているのかも〜。

お墓参り
名古屋コーチン一家の週末日記
(8つのお墓を綺麗にして、少し遅いお参りをしましたよ)
名古屋コーチン一家の週末日記
(一番最後に亡くなった長男コーチンのお墓)
お盆の終盤、暑さがぶり返してお参りに行けなかったけど、1週間遅れて日曜日(8/22)に行って来ました。
しかしこの日曜日もとても暑く、「また来週へ延期に・・・」と言う不精な考えも頭に浮かんだけど(苦笑)、
余り待たせちゃうと御先祖こっこが怒るかな〜と思って決行したのです。

午後5時、やっぱり暑く未だ気温は33℃もあります(庭の気温計)。
暗くなるといけないし、草刈りやお墓の周りの掃除もあるし・・・と思って出掛けました。
30分ほど掃除をして、畑から採ったお供えの花を活けて、線香をあげました。
大好物のお米と落花生もお供えしましたよ。

お墓は全部で8墓あります。
正直、どの子か解らないお墓もあるのだけど(苦笑)、1つずつ生前卵を産んでくれたり、抱かせてくれた感謝と、
「また会いに来るから、それまで今の子達を見守っていてね!」とお話をしてお別れしました。
暑かったけど、来週に延ばさずに来て良かったです。

左上:お姉ちゃん、ぴよ太、ぴよ美の3羽が仲良く涼んでます。 本当の親子みたい! 良い雰囲気でしたよ。
右上:軒下でグッタリするぴよ太、子供だってこの暑さじゃ参っちゃうよね? でもぴよ美は後ろで少し元気な様子。
左下:親子の様な3羽は、今日もご飯を一緒に食べました。 
右下:お姉ちゃんぴよが水を飲んでます。 十回以上もクチバシを水に沈めて飲んでましたよ。

今日の写真、ぴよりん&ぴよこりんが写ってないですね〜。
でも御安心下さい。 ちゃんと2羽も、夏バテだけど、それなりに元気にしてます。


番外編【K-7の帰宅とザリガニ】
名古屋コーチン一家の週末日記
(8/17、Pentaxから戻って着たK-7)
名古屋コーチン一家の週末日記
(K-7の処置報告書、意外と不具合多い?)
名古屋コーチン一家の週末日記
(父が用水路で捕まえたアメリカザリガニ)

■Pnetax K-7
お盆休み中の先週、8/11に新宿のPentaxフォーラムへ持ち込んで預かり調整対応となったK-7の帰宅です。
「8/19位に調整を終えてお届けできる」とのお話でしたけど、少し早い8/17に届きました。
予想の額面通りの日程で顧客へ伝え、それで数日遅れると怒られちゃうけれど、少し余計に日数が掛るように(あそびを持たせて)伝えておいて、数日速く仕上がれば逆に喜ばれると言う事が心理的にあります。
だから、私も数日間、余分に伝えられていたのかもしれませんね。

早速開封して、同封されていた処置報告書を読みました。
結構たくさんの調整が必要だったようですね〜。
電子水準器は調整不良だったから良しとして、”オートフォーカスピント不良”が気になります(苦笑)。
買ったばかりの新品状態で、先週の新宿で初めて本格的に使ったカメラです。
と言う事は、初期不良だったのですね・・・(苦笑)。

因みにこの不良は、カメラがオートフォーカス機能を使ってレンズのピントを自動調整した時に、必ずズレる不具合です。
レンズ側とカメラ側の両方の不良の可能性があるけど、たぶんボディ側だったのだと思いますよ。
先週の新宿での撮影は、このオートフォーカスを使って撮影しました。
私は、特にピントボケを見付けられなかったけど、微妙にピンボケ状態だったのかも知れませんね。
もっとも、F値(レンズ絞り)を絞っていると、ベストフォーカスからズレていてもバッチリ写るから認識できないものです。
撮影した時は、午後2時頃、快晴で非常に明るく、ビル群をシャープに撮ろうとF9まで絞りました。
この状態だと若干のフォーカス不良は気付かないですね〜。
(因みに何時も使っているK-m/K-xのレトロレンズは、マニュアルフォーカスだから全然この不良は影響しません)

他は、CMOS面とファインダーのゴミの清掃をして貰いました。
余り使ってないカメラだけど、撮影では影響しない程度の小さなゴミがあったのでしょう。
大きなゴミは写真にも写るし、ファインダーのゴミは撮影している最中に直ぐに見付かりますからね〜。

水準器は、新宿へ持ち込む前に左下へ幾らか傾いていたのがピタリと直ってます。
それが当然なのだけど、1度不具合を味わうと、この「ピタリ」がとても気持ち良いです!

今回はK-mの清掃や点検の事も有ったし、結果的にK-7の初期不良っぽい事も解ったから新宿へ行って正解でした。
私はK-m/K-x/K-7の3台のPentax製一眼レフを所持してます。
何れも1年間の無料点検を受けられます。
初期不良や、ゴミの清掃、ユーザーが悪くない不具合については、今回のように無料で対処して貰える筈!
購入後1年に近づいたら、また新宿のPentaxフォーラムへ持ち込んで点検を受けようと思います。
そして1年を過ぎても、1回\1050-だから、定期点検に1年毎くらいに見て貰っても損は無いと思います。

戻ったK-7で何を撮ろうかと考えていると、ワクワクします(笑)。
季節が涼しくなったら、フル稼働は間違いないでしょう!
防滴機能を生かして、秋雨の紅葉とか最高かも〜。


■ザリガニ
父が畑から戻ってくると、何やら手にバケツを持ってます。
「大きなバケツを用意してくれ。ザリガニ捕まえて来た!」って言うのです。
そんなに大きなバケツは無いから、底に穴の空いてない水生植物の植木鉢を用意して井戸水を張りました。
ザリガニは大小10匹くらい居ましたよ。

一番大きくて元気なザリガニは、右写真の子です。
この子は撮影の為に芝生の上に出すと、ハサミを振り上げて私を威嚇します。
とても元気で、捕まえようとすると力強く抵抗します。
因みに他の子の半分は、自宅へ戻る途中の暑さでグッタリしたようで、明日まで生きているかどうか・・・(苦笑)。

そうこうしているうちに、我が家のこっこ達が集まって来て首を長くして覗き込んできました。
ザリガニを食べたいようです(苦笑)。
「こっこっこっ・・・」と、「ねえ、食べて良い? 頂戴よ〜頂戴ってば〜」とカメラを構えた私に催促をします。
ザリガニ君も、いっそう高く大きな赤いハサミを振り上げて、「お前の鶏冠を切ってやるぞ〜」って威嚇をします(笑)。
撮影をしている間、暫く両者の睨み合いが続きました(笑)。

このザリガニは、元々日本に住んでいる地味な色合いの”日本ザリガニ”ではなく、戦前に食用として移入された食用カエル(ウシガエル)と共に、その餌として輸入された”アメリカザリガニ”です。
名前の通り、アメリカ出身でミシシッピー川の流域に住んでいたそうですよ。
Wikipadiaによると、体調は8〜12cm、大きい個体は20cmに及ぶ事があるそうです!
20cmってロブスター級ですよね〜。
捕まえた子は12cm位だと思うけど、爪はとても立派でした。
もし20cmのが居たら、相当立派で(笑)、食べたら美味しいと素直に思いましたよ(笑)。

父が何故ザリガニを捕まえたのか?
下記の私のもう1つのガーデニングHPに記載があるけど、農業用の用水路にトラックで水を汲みに行ったそうです。
こちらでは、お盆から雨が降っておらず畑がカラカラに干上がってしまっていて、そこへ散水する為です。
そうしたら、用水路に沢山ザリガニが湧いていて、近所の子達に配ろうと思って捕まえたそうです。

此処で1つ疑問が・・・
網なんかを持って行っていない訳だけど、素手で捕まえたのか?と言う点です(笑)。
もしそうなら、元々弱っていたザリガニじゃないかな〜って思います。
陸上ではノッソリノッソリ歩くザリガニだけど、水中はエビのように高速で機敏な”後退り泳法”をします。
ザリガニが弱ってない限り、常人は素手で捕まえられないと思いますよ〜。
でも、父が映画ベストキットに出てくるハエ捕り名人ミヤギ氏のように、達人級ならば話は別だけど・・・(笑)。
・2009.05.23、水汲みの様子
2010年8月14日(土)
お盆休みも終盤、天気はイマイチで不安定。
お盆休みも終盤となりました。
色々と計画してたけど、何時もと同じで余り進まないものですね〜(苦笑)。
そこのところは、小学校の夏休み以来、余り進化してないような気もします(笑)。
しかし、写真も沢山撮ったし、秋葉原も新宿へも行ったし、旧友たちとちょこっと集まって話もできたし・・・、
まあ80点くらいのお盆休みだったと思います。

■出来た事
・秋葉原巡回
・空写真の撮影
・K-mの点検&清掃(K-7の不慮の調整ミスにより新宿へ強制連行/笑)
・カブトエビ飼育セット(進行中)
・筋トレ ←3日間に1回ぺース、お盆明けも続けますよ〜。

■出来なかった事
・早朝の朝焼け写真 ←早起きはやっぱり苦手です(苦笑)
・K-7の本格実働 ←△かな、入院しちゃったけど新宿で使いました。
・ガーデニングHPの更新
・写真HPの開設 ←ドメインだけ取得しました。

ぴよ太
皆さんからご連絡頂いているように、とても成長して身長も一番高くなりました。
顔は未だ子供っぽいですね〜。
彼の瞳は大きくクリクリしているから、そう見えるのかもしれません。
ぴよ美の顔は、ちょっと怖い感じで大人っぽく変わってきたけど、ぴよ太は可愛い顔です。

体重は1Kgちょっとで、見た目が華奢です(苦笑)。
背ばっかり伸びて、ちょっと頼りないから沢山食べて貫禄を付けないと駄目です!
この点は亡くなった長男に似ているかも知れませんね。
彼の体重は4Kg前後で、父コーチンや弟と比べてとても軽かったです。

性格は、雄鶏君特有の大人しさがあります。
抱っこも余り嫌がりません。
急に抱っこをしようとするとビックリして避けられちゃうけど、ゆっくり首や背中をナデナデしながら、
お腹に手を持っていって抱っこをすると嫌がる素振りを見せずに大人しくしてます。
抱えると小さな声で「ホッホッホッ、コッ、コッ、コッコッ〜」っておしゃべりしてます。
嫌な時や逃げ回っている子を捕まえた時は、「コケェ〜ッコォ〜コォ〜!」って明らかに怒っている声で話してくるけど、ぴよ太は静かに会話をするように話し掛けてくれます。

雄鶏特有って記したけど、雌鶏ちゃんは子供&大人に限らず、私の経験では抱っこ嫌いです。
まず手を差し伸べた時点で嫌がって避けられます(苦笑)。
嫌がって逃げる子を抱くと怒った声で訴えると同時に、両足をバタバタして抱いた腕を引っ掻く攻撃を仕掛けます。
そのようは素行なので、本当に抱っこが必要なお尻の虫チェックの時は大変なのです・・・。
ところがぴよ美は、そんな我が家の歴代雌鶏ちゃんの常識から外れ、大人しいです。
ぴよ太と同じくらい大人しく抱っこさせてくれるから、「えっ???」って感じでした。
嬉しい事だけど、珍しい性格の子です!

ぴよ太もぴよ美も声変わりをして、大人と同じく「コッコッコッ・・・」って話すけど、ぴよ太は雄叫びの練習をしません。
そろそろ、「おえおっお〜オェッ」って、下手糞な雄叫びモドキをする頃なのだけどね〜。
若い雄鶏君って元気だから(笑)、必要以上に雄叫びをして時々「うるさいな〜」って思うことも有るけど、全く練習しないっていうのも心配ですよ。
そう記しつつ、明日に急に下手な雄叫びをし始めたりしてね・・・(笑)。

納豆ヨーグルト
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記連日トマトやキュウリやスイカ&メロンを食べさせて貰っている我が家のこっこ達。 栄養が十分だろうと思って最近納豆ヨーグルトを食べてませんでした。
と言いつつ、私の買いそびれも原因だから今日スーパーで購入しました。
左写真のように何時もの納豆ヨーグルトを作って御馳走しましたよ〜。

ここ数日は天気が不安定で、曇ったり晴れたり、雷雨が降りそうな空になったりと・・・、暑くは無いけど微妙な天気でした。
けれど、今日は少し様子が変わってまた猛暑が戻った感じです。
庭へ冷たい納豆ヨーグルトを置くと、凄い勢いで年長こっこ3羽が走ってきましたよ!
最後に食べさせた時は、丁度夏バテの時で3割くらい残しちゃいました。
今日は夏バテも治って食欲も戻った後だったから、3羽の年長さんが殆ど食べてしまい(笑)、彼女達が去った後にぴよ太とぴよ美が綺麗に完食できました。
(もうちょっと多めに作るべきだったかも・・・/チビ達、ゴメン!)

夏は本当にスイカやキュウリやらを沢山食べます。
水を沢山含んだ食べ物だから、水便っぽくなっちゃうのだけど・・・、納豆ヨーグルト効果で胃腸の調子も良くなって配合飼料もモリモリ食べて消化できると良いね。
ぴよ太も胃腸を丈夫にして、ズッシリと立派な雄鶏君になろうね〜。
きっと雌鶏さんにモテると思うよ。

左上:少し遅い時間のお産、やっぱり暑いよね〜。 ゆっくり落ち着いて産んでね。
右上:皆で納豆ヨーグルトを食べました。 大人こっこが独占中、チビ2羽も最後に食べましたよ。
左下:ぴよ太、ぴよ美、お姉ちゃんが親子のようにご飯を食べてます。
右下:お気に入りの木陰をぴよりんとぴよこりんに取られちゃったから、今日は此処で涼んでます。
2010年8月12日(木)       -- お盆特別編 --
台風4号が通過したよ。 風が強く物が飛ばされたけど、コーチン一家は大丈夫! 
お盆が近付いたここ最近、天気が不安定です。
そして今日は台風が近付きました。
毎日カンカン照りだと庭木や野菜の水遣りが大変で、暑くて人間もこっこ達も夏バテになっちゃうから、
それに比べたら(台風が近付くだけだったら)遥かにマシだけどもね〜。
そうは思いつつ、「半日くらいは真夏の青空が見たいな〜」って”無い物ねだり”をしてしまいます(笑)。
要するに快晴で気温が涼しければ良いのですが・・・、真夏にそれは望めませんよね〜。
9月〜10月の秋の季節が一番良いのかもしれませんね。

台風4号
今年はどうやら台風が少ないらしい・・・。
確かに言われてみると、「そうかも」と頷けます。
7月中旬からつい先日までは、本当にカラカラ天気が続いてましたからね〜。

今年初めて、関東地方が経験した台風が今回の4号でした。
昨日から徐々に天気が不安定になって風も強くなりました。
今朝、お盆中の私は、風の音で起きました(台風に起こされたと言うべきか/笑)。
雨戸も電線も風で大きな音を立ててます。
日課のう○ち拾いに庭へ出ると、バケツや軒下へ置いた雑巾やら軍手やらが飛ばされちゃって庭に散らかってます。

風は当然南から吹いてきて、私が庭へ出た時だと大粒の雨も時々混じる状態でした。
居間の前に置いた餌箱へも雨が入っちゃってましたよ。
普段の雨でも良く雨宿りをしている玄関前の軒下へ餌箱を避難させて、今日のご飯をそこへ出しました。
此処は風も弱く台風の時は倉庫と同じくらいに落ち着ける場所です。
直ぐにこっこ達も集まって、雨宿りをしながらの朝食となりました。

うちの子の限らずに、こっこは台風並の風を嫌うのかもしれないけれど、名古屋コーチンは凄く怖がりますよ。
直撃した時は去年の下記の日記が参考になるけど、庭木や草の中へ身を隠してずっと耐えてます。
今回の4号は日本海を進み、東北や北海道へ上陸したそうで、関東は直接の被害を免れました。
風は強いけど、去年のように身を隠す程の暴風では無くて、こっこもホッとしてると思います。
雨もずっと降っていた訳ではなかったから、庭へ出て散歩もしてましたよ。
ぶどう棚の下では、風で落ちるカナブンや虫も居るから絶好の御馳走ポイントになっていたし(笑)、
こっこにとって楽しい事もあったようですよ。

台風が直撃した時の日記(2009.10.08)

お姉ちゃんの羽
先日大量に抜けたお姉ちゃんぴよの羽だけど、抜けるのが止みました。
何故か理由は解らないけど、昨日と今日は殆ど羽が庭へ落ちてませんでした。
これで換羽は終りなのかな?
一昨年は大量に抜けたし、去年も結構抜けたように記憶しているけど、今年は控えめなのかな?
それとも9月、10月に本格的に抜けるのかも?
なんて、疑問の「?」が沢山出て来ます(笑)。

お姉ちゃんの姿は、先日記した時と同じです。
尾羽は殆ど抜けてしまって寂しいけど、背中やお腹は他の子達と変わりませんよ。
先日は背中やお腹をナデナデして少し掴んだだけでゴッソリと抜けた羽も、今は抜けません。

油のイボ ←なんじゃそりゃ〜
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記左の写真、何だと思いますか?
ぴよこりんのお尻の上(尾羽付け根の上)にあります。
イボみたいでしょう?
それにデキモノのようにも見えますね〜。
もしかして、何かの病気、それとも怪我?
虫に刺されて腫れちゃっているようにも見えるし・・・。
でも、全部不正解!

このイボみたいな物は、羽に塗る防水油が出てくる腺です。
クチバシで軽く咥えると此処から特製油(笑)が出ます。
それを羽繕いをしながら丁寧に全身の羽に塗るんですよ。

今日は台風4号の通過で雨が降ったり止んだり、小雨になったりと忙しかったです。
時々豪雨のように降る時は、流石に軒下へ避難するこっこ達だけど、突然降るので濡れちゃう事もあります。
小雨だと気にせずに出掛けるけど、ずっと当たっていると少しずつ濡れちゃいますよね・・・。
そんな時にする行動が羽繕いです。

大抵雨宿りしている時に、暇潰しも兼ねて、時間を掛けて丁寧に羽の手入れをします。
良く観察していると、お尻の上の羽の中に頭を突っ込んで、その後に他の羽を拭ってます。
また次の場所へ移る時も、1度必ずお尻の上に頭を突っ込みます。
突っ込んだお尻の上には、この油が出る腺があるって訳なのです!

油を塗って手入れをした直後は、防水効果が凄く良くなって大粒の雨も全部弾き飛ばします!
水鳥も同じようにお尻の上から出た油で羽をコーティングしているから、もしかしたらニワトリも水に浮かぶかも(笑)。
まあ、そこまで強力じゃなくても水に対してはとても強いと思いますよ。
逆にこの油のコーティングを落とすような事をしない方が良いのかもしれませんね。
羽が汚れたからと、油を落とす効果のある石鹸やシャンプーを使うのは良くないのかも・・・。
折角こっこが丁寧に塗ったコーティングを剥がしちゃう事になります。

今日、油腺を自然な形で偶然撮影出来たついでに、この話題で記してみました。
因みにこの腺(イボ?)は、雄鶏・雌鶏、子供・大人、こっこの種類に関係なくあると思いますよ。
水鳥にもあるし、もしかしたら鳥類全部にあるのかも知れませんね〜。
スズメが雨に当たっている光景も見るけど、雨粒を防水スプレーを施した傘のように弾いてます。
あれもこの油腺から出た特製油の効力だと思うしね。

左:野菜を撮影していたら、ぴよりんに見付かっちゃっいました(大好物のキュウリを食べたいみたい)。
右:台風の雨で濡れてしまったぴよこりんは、静養ケージの上で雨宿り中。
  羽繕いをして防水油を丁寧に塗ってました(台風の風雨に負けないくらい厚く塗るつもりなのかな?)。


番外編【K-7を持って新宿へ】
名古屋コーチン一家の週末日記
(新宿駅前、お盆休みで観光客が多かった)
名古屋コーチン一家の週末日記
(K-xのオーダーカラー、オレンジが良かった)
名古屋コーチン一家の週末日記
(80万円のデジタル一眼、645D)
名古屋コーチン一家の週末日記
(Pentaxユーザーによるギャラリー)
名古屋コーチン一家の週末日記
(K-7の調整・修理依頼書の内容)
名古屋コーチン一家の週末日記
(清掃済みのK-mとK-7のメモリのみを持ち帰り)
先日判明したK-7の電子水準器の調整不良。
この件で、8/11に新宿のPentaxフォーラムへ行くことになりました。
だけども一つ心配事があって、それはPentaxがお盆休み中か否かです。
もし新宿まで行って”お休み”だったらガッカリですからね・・・(苦笑)。
出発前に電話で確認すべきです。

早速、朝10:30の業務開始直後にTelをしたのだけど、「お待たせします」のテープも流れず、単に通話中状態。
電話は、11:30頃にやっと通じて私のK-7の状態とK-mの点検&清掃の事をお話ししました。
回答は「今週は通常通り業務を行っております。但し水準器の方は、マズ現象の確認が必要ですが、本当に調整が必要な場合だと10日間くらい時間を頂いて、しっかりと再調整する必要があります」との事。
ホッと一安心です。 電話を切って、直ぐに新宿へ向かいました。

新宿駅に着き電車を降りると・・・、暑い!。
西口から徒歩8分、高層ビルの一番手前”新宿センタービル”を目指して歩き始めても、やっぱり暑い(笑)。
途中で多くのホームレスが路上で寝ている光景を見たけど、とてもとても私には出来ませんよ(苦笑)。
地下通路や冷房の効いた場所へ移れば良いのでしょうが、追い出されてしまうのでしょうね・・・。
気の毒だな〜と思いながらもPentaxフォーラムへ進みました。

新宿センタービルは、223m/54階建てで、良く見るあの高層ビル群の1棟です。
デカイから地図を見ないで適当に進んでも、直ぐに解ります(笑)。
問題はそのビルの中、具体的にはPentaxのある地下1階が幾つかのブロックに分かれていて、解り難い事。
1フロアーが広いだけあって、内部や地下は迷路のようです(苦笑)。
ちょこっとだけ迷って、14:00頃にPentaxフォーラムへ着きました。

朝に電話した時、中々通じなかったので「混んでいるのかな?」って不安だったけど、今の時間はそうでも無い様子。
銀行のような整理券方式で顧客から順番に用件を伺う仕組みで、券を引くと同時にその番号が呼ばれました。
前回の日記で写真を貼った”サービスカウンター”にて、K-7の様子を詳しく説明しましたよ〜。

受付は少し大柄の中年女性です(←ちょっと失礼に感じる書き方だけど、悪い意味じゃなくて/笑)。
話をして解ったけど、この方は技術的に凄く詳しいです!
普通は私(顧客)から話を聞いて、エンジニアや担当者へ引き継ぐのだけど、この方自身がエンジニア並でした。
このような場面では、生返事をされる事も多く不快に感じる事もあるけど、今回は「頼もしい」と好感を持ちました!

この女性のお陰で奥で控える(本当の)エンジニアの方へ的確に話が伝わり、短時間で事情を理解して頂けました。
エンジニアの方からはK-7の現象の再現と、K-mの点検清掃の所要時間の説明と、預かり品の確認がありました。
時間は、「大よそ1時間半後の15:30位には終わるでしょう」との事です。
2台の一眼レフを受け渡し、Pentaxフォーラムの見学とそれでも未だ時間がたっぷり余るから、街を歩くことにしました。


■Pentaxフォーラム
そんなに広くは無かったけど、K-x/K-7/645Dの展示をしてました。
K-xの百色全ては無かったけど、40色が展示されてました。
紫色とかは、「ちょっとな・・・」って思うけど、オレンジ色は格好良くお洒落でしたよ(中央上写真)。
他にも「欲しいな〜」って言うオーダーカラーが何台かありました。
私はK-xの黒のノーマルモデルを既に持っているけど、「もう1台買っても良いかも」って少し本気にさせます(笑)。

645Dはカタログではなく、初めて本物を此処で見ました(右上写真)。
そして触れました!
シャッターも切りましたよ〜。
ボディはメチャ大きいけど、持った感じは大きさ程の重さではなく実用範囲内です。
ファインダーは、当然だけど35mm版カメラよりも広くて凄く見易いです。
私のデジタル一眼の2倍位の広さのファインダーでした!
これならマニュアルレンズも簡単に合わせられると思います。
流石80万円のカメラです!

この日は、Pentaxユーザーの写真展覧会を開催してました。
フォーラムでは、一般ユーザーに向けてギャラリーの貸し出してます。
(利用規定を見ると特にPentaxユーザーじゃなくても良い感じ・・・/NやC社でも良いのかな?)
私の好きな田園風景や秋の紅葉、山岳写真なども多数展示されてましたよ(左下写真)。
奥の方では年配の方が解説をしてます(男性で60台後半?)。
どうやらこの方は撮影者で、同年齢の来場者からの質問に答えてました。

Q:先生は何時も1人で撮影されているのですか?
A:基本的には1人だけど、撮影会などで初対面の方々と回る事も多いですよ。
とやり取りの会話がチラッと小耳に入りました。
恐らく年齢的にも定年退職されているだろうし、楽しそうに過ごされているな〜と羨ましかったりもします(笑)。
たぶんだけど、この方はアマチュアカメラマンだと思うのだけど、「先生!」って良い響きですね(笑)。
「先生! 出番です。切って下さい」みたいな・・・、時代劇の悪い奴の館の襖の隣で酒を飲んでいそうな響き・・・。
それは冗談として(笑)、好きな分野でそう呼ばれるのはきっと嬉しいと思います(コレを励みに長生きできそう)。

■新宿の街
Pentaxフォーラムへ2台のカメラを置いて、15:30までの間に高層ビルの間を歩き回ってみました(笑)。
この日、実はカメラを3台持っていて、K-7とK-mは預けてしまったけど、FinePix F11が手元に残ってます。
後日別の機会で、何処かで出すかも知れないけど、このカメラで沢山撮影しながら歩きました。
コンパクト機はこういう時の為に1台持っておくと便利ですよね〜。

意外にもサラリーマン風の方々が歩き回ってました。
金融関係はお盆が無いって言うし、外資系もお盆の週間が無いだろうから、そういう会社の方々かも・・・。
私の地元は工場勤務の方々でスーツよりも作業着姿ですけど、此処は仕事柄か土地柄か皆さんピシッとしてますね〜。
お盆の暑い中、ご苦労様です。

西口にはビックカメラとヨドバシカメラが有りました。
今では池袋家電戦争が有名だけど、
確かに「新宿西口駅の前、カメラは、よ・ど・ば・し・カ〜メ〜ラ〜」って言うCMがありましたよね。
ヨドバシカメラは増築と店舗数を増やしていった結果なのか、7〜8店舗かそれ以上に分散して建ってました。
それぞれ「マルチメディア館」、「携帯館」、「コンパクトカメラ館」とか命名されて、隣接して建っているものも有ります。
値段は秋葉原や池袋に劣るかもしれないけど、品揃えは店舗がデカイだけあって充実してましたよ。


こんな具合で街を回ってPentaxへ戻りました。
検証を終えて説明を聞いたところ、「K-mは、特にホコリやゴミなどは無く、他の箇所も検査で異常は有りませんでした。 清掃を終えてますが、レンズは古い物なので済みませんがそのままです。」とのお話でした。
取り合えず良かったです。
M42レンズは40年前のだし、確かに困るだろうな〜と、一緒に渡してしまった事を少々反省です(苦笑)。
(でも担当者は、Pentaxの古いレンズを未だにマニュアル操作で使ってくれている〜って嬉しかったかも/笑)

K-7については、「お客様のご指摘通りで、電子水準器が左下へ傾くように検出されているのが確認出来ました。 宜しければ8/19まで預からせて頂いて調整した後で返却させて下さい」との事で、私が検証した結果と同じだったようです。
即日持ち帰れるのを期待していたけど、コレばかりは仕方有りませんね・・・。
戻るのはお盆を過ぎちゃうけど、待つことにします。
預かり書&調査・修理依頼書へ自分の住所を記して、調整をお願いしました(中央下写真)。

自宅へ持ち帰ったのは、清掃済みK-mと直前まで使っていたK-7のメモリです(右下写真)。
K-7のメモリは、Pentaxフォーラムへ預ける直前まで撮影した道中の画像データが入ってます。
持ち帰って新宿の高層ビル等の写真を鑑賞したら中々の具合で写ってましたよ!
K-mやK-xと比べ、やっぱりカメラ内の絵作りが上手いようです(画像エンジンの違い?)。
調整を終えて戻ってくるのを楽しみに待ちます。
2010年8月9日(月)&10日(火)       -- お盆特別編 --
夏真っ盛り、お盆休みに突入! この時期の熟れたキュウリも美味しいね。
お盆休みです!
私は有給を使って9連休、8/15まで暫しの休養となりました。
有給を使っても連休明けに仕事が溜まっては大変なので、9日と10日はそれぞれ30分〜1時間程の自宅勤務(笑)。
主に顧客からのメールや、メーカーからの技術回答コメントの整理をしておきました。
20年も前だったら想像も出来ないでしょうけど、今はIT社会だから便利なものです。
もっとも、この時期は大手企業ならお休みの所も多く、私の部署へも余り仕事は来ません。
11日からは恐らく皆無となるので、本当の完全休暇となります!
「私と同じサラリーマン諸君、お盆休みを満喫してますか?」

と言う事で、月曜日と火曜日は自宅周辺でこっこと遊んだり、写真を撮ったりしてました。
お盆明けにリハビリが必要かも知れないけど(笑)、のんび〜りした時間が流れてます。
曇り空や雨の天気だったせいか、幾らか涼しく、そんなに辛くないお盆休みだしね。

それに良く、「夏の暑さもお盆まで」と言いますよね。
海水浴も「お盆を過ぎると荒れて寒くなる」みたいな事を聞いたりますし〜(私の気のせいじゃないよね?)。
酷暑もこの調子でそろそろ終わってくれると助かるな〜って思います。
因みに、うちの庭のこっこ達は、口を開けて苦しそうにする事無く元気に過ごせました!
私の夏バテもこっこの夏バテも収まったし、心配事も涼しくなって減りました!
良かったな〜と純粋に思いますよ。

キュウリ
先日の週末日記に記したトマトやナスの野菜に加え、我が家のコーチン一家は大のキュウリ好きです。
「あんた達は河童か?」って言いたくなる位に大好きです(笑)。
今日も上の写真のように、黄色く熟れた野菜を食べさせると皆で美味しそうに食べてましたよ。
全員写ってないけど、何本か与えたのでそれぞれの場所で皆が食べてます。
この写真だと、ぴよ太とお姉ちゃんですね〜。
年上のお姉ちゃんに遠慮しがちでしたけど、仲良く2羽でこのキュウリを食べてました。

強い雨
月曜日と火曜日は上空の大気が不安定でした。
午後からみるみる空が暗くなって、降る直前までになった月曜日の重い雲は結局数滴の雨粒で終わったけど、
火曜日には、その雲が乾いた関東地方の土を潤しましたよ! ← ずっと降ってました。
時折、豪雨のように激しく降って写真のように軒下へこっこが避難する場面もありましたよ。

軒下へは3羽の年長さん達だけの避難だけど、別の場所へはぴよ太とぴよ美が逃げ込みました。
全員で集まれれば、ご飯も此処には有るし良いのだけど、やっぱりぴよりんとぴよこりんの意地悪が嫌みたい・・・。
人間関係で悩む方が多い現代社会だけど、ニワトリ社会も色々と有りますよね〜。
コケリンガル(鶏語翻訳機/笑)があったら、沢山愚痴を聞いてあげたいな〜。
双方から聞くと良いかもね〜。

ぴよりん&ぴよこりん:あの子達、若いからってぶりっ子しちゃって、直ぐ泣いちゃうのが気に入らないの!
ぴよ太&ぴよ美:去年の先輩こっこ怖〜い、お散歩するだけで睨んでくるの。ご飯を食べようとすると怒るし・・・。
お姉ちゃん:貴方達、一緒にご飯を食べたら良いじゃない! それに、ぴよ太ってイケメンだよ!

まあ、そのうち上手く馴染んでくれると思うんですけどね(笑)。
こんなお話を聞けたら楽しいですよね(こっこの悩み相談を引き受けちゃおうかな〜/笑)。

左:8/9  熟して黄色く軟らかくなった我が家自家製キュウリ、お姉ちゃんとぴよ太が仲良く食べてます。
右:8/10 雨が時折強く降って、こっこは軒下へ餌箱と一緒に避難(庭の雨水の流れの凄さが解りますでしょうか?)。


番外編【K-7の調整不良】
名古屋コーチン一家の週末日記
(K-7の電子水準器、写真の水準を修正できる)
名古屋コーチン一家の週末日記
(今回のK-7と、1年目を前にK-mを点検&清掃)
名古屋コーチン一家の週末日記
(新宿のPentaxフォーラムの案内)
先日購入したPentaxの一眼レフK-7、ファームウェアーというカメラにインストールするソフトがアップデートされました。
お盆休みに本格的に使おうかと思っていて、丁度のタイミングでPentaxのWebで公開されたから、早速入手。
早速手順どおりにカメラへインストールして適用してみました。

このカメラは、購入した7/17に色々と記した通りに”フィールドカメラと”言う類になります。
少々の雨や、砂埃に強く無茶な使い方も出来ます。
と言っても、わざと無茶な事をする訳ではないけど(笑)、例えば夕立の時に雨の少々掛る軒下からの撮影とか〜。
天気の怪しい時に屋外で撮影を考えた時とか〜。
日本ではそう言った”雨”に関わる使い方となるのではないでしょうか。
海外だったら、砂漠の砂嵐とかも有りだと思います。

そんな感じのカメラで、私も雨粒とか雷雨の迫力とかの”マニアックな撮影”をお盆に考えていた訳です(笑)。
バージョンアップで今までの機能に加え、カスタムイメージの種類が増えたり、今回問題を見付けた電子水準器が使い易くなったりと色々とカメラの使い方を楽しくしてくれる筈だったのですが・・・。
「残念ながら」と言うよりも、元々調整不良だった水準器のズレを教えてくれました。
このバージョンアップで使い易くなった”ライブビュー電子水準器機能”が私に気付かせてくれたのです。
ある意味、”残念”ではなく、「良かったのかな〜」と思いましたね。

そのライブビュー電子水準器は、左写真の画面です。
戦闘機の画面のようにカメラの水準を撮影者に教えてくれるんですよ!
そして、K-7の”自動水準補正機能”をONにして撮影すると、この水準を元に撮った画像を水平に修正してくれます。
私のカメラの場合、電子水準器が左下へ1°か2°傾いたように検出されてしまいます。
自動水準補正機能を使わない、普通の手持ち撮影だと全く関係有りませんけれども、もしこの機能をONにして撮影すると、その写真は左上に1°か2°傾いたものとなってしまうのです。
この僅かな傾きは、写真になると結構目立つんですよ〜。

購入店舗へ姪っ子の写真をプレゼントしようと思ってプリントアウトするついでに、このK-7を持って行ってみました。
店員さんは「私はK-7の水準器のズレで2〜3台扱った事があります。これはPentax送りになりそうですね」とのお話。
「もし直接Pentaxへ持ち込めるようならば、その方が店舗経由より速いですよ」とも説明を受けました。

「K-7の水準器は、この機能がとても珍しくズレ易かったり元々精度を追い込み難いのかな〜」と思ったのと、
別のカメラのK-mを「1年以内の無償サービスを使って1度Pentaxのサポートへ点検と清掃で持ち込みたいな〜」と元々思っていたので、その場で新宿にあるPentaxフォーラムへ行く事を決めました。
(持ち込み対応は、東日本のこの場所と、西日本だと”大阪サービスセンター”の2箇所でやってます)

K-mは、今までこっこ達の良い写真を沢山撮ったカメラだし、古い40年前のSuper Takumarレンズを取り付けて、
「もしかしたら金属粉やホコリが本体ボディに入っているかも?」って言う心配が少々ありました(苦笑)。
私自身も気を付けてホコリを吹いたり、変な影の映り込みが無いかを日頃からチェックしてますけれども、
やっぱり毎日そのような点検&清掃作業をしている”プロ”に見て貰えるのは有り難いですからね〜。
因みに保障サービスが切れた購入1年後からは、1台に付き点検費用は\1,050-となります。
郵送の場合は(1年以内でも)別途送料負担が加わるけど、結構お得なユーザー思いの親切なサービスだと思います。

わざわざ持ち込まなくても、郵送しちゃえば良いのでしょうけど、日数が掛るし、私自身がお盆休みで時間も有るし、電車賃を差し引いても送料が浮くし、右写真の様にサポート以外でも新製品の展示や、Pentaxユーザーが撮影した写真のギャラリーをやっていて面白そうなので、中央写真の2台のカメラと保証書をリュックに背負って新宿へ行く事にしました。

特に見てみたいのは、K-xの100色のカラーバリューです。
カタログで見たり、店舗で何色かを見ることは有っても、実物を全部見れる事ってマズ無いですからね(笑)。
それから80万円以上もする中版サイズのデジタル一眼”645D”も触ったり、実際にシャッターを切ってみたいです。
幾ら私がカメラ好きだと言っても、恐らくこの値段は買わないですから・・・(苦笑)。
人生で最初で最後かもしれないので645Dを弄って来ます!
2010年8月7日(土)&8日(日)
日曜日は涼しかったね! お姉ちゃんの羽が抜けまくりだぞ〜(たぶん?)。
お盆もあともう少し〜、夏真っ盛りですね!
近所でも盆踊りや夏休みの子供達、蝉の声が賑やかだったりと季節を実感できます。
暑さへも慣れたのか、体も幾らか楽になったように思うし、こっこ達の食欲回復を見ても人間共々そう思います。

少し涼しい
日曜日は少し涼しくなりました!
涼しいって言っても30℃位だけど(笑)、少し前のように35℃、36℃、37℃と言う灼熱地獄と比べると涼しいです。
この日は、午後から空が曇り始めて一時的にだけど、真っ暗になりました。
ザザッ〜とにわか雨や雷雨を期待していたけど、結局ポツリポツリと数滴落ちただけ・・・(苦笑)。
畑や庭木への水遣りも楽になるし、雨上がりは空気が変わって涼しくなるから期待していたのだけどね〜。
そんな中途半端な雨?(←雨って言わないかも/笑)でも、幾らか涼しくなりました。

庭のコーチン一家も暑さに慣れた時だし、30℃位だと口を開けて苦しそうに「ハァハァ」と息をせずに普通でした。
日曜日は、私もこっこも快適だったですよ。
夜間にぴよりんとぴよこりんが玄関脇でやる足を踏み鳴らすような「トントンペタンペタン」も余り無かったです。
7/17の週末日記に記した事だけど、この行動は暑さで寝苦しいからだと思うのです。
丁度人間が布団を蹴飛ばしたり、頻繁に寝返りをしたり、起きたりするような物なのでしょうね〜。
だからこの音が聞こえない時は「ぐっすりと熟睡できているんだな〜」って私も安心して寝られました。
私も涼しくて熟睡しちゃっていたから、最近に良く聞くようになった早朝に飛び降りる羽ばたきも聞き逃しました(笑)。
こっこも人間にも、お互いに良い事です!

ぴよ美
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記ぴよ太と一緒に我が家に来てから3ヶ月半、生後4ヶ月半の女の子です。
人間で言うと、小学校の高学年くらいでしょうかね〜。
随分と大きくなって、いつもぴよ太と一緒に遊んだり砂浴びをしてますよ。
性格は〜、良く見掛けるけど、後ろに付いて行くタイプですね〜。
雄鶏のぴよ太を立てる奥ゆかしい女の子なのかな?

ご飯を食べる時もぴよ太が先で、後ろから恐る恐る餌箱へ近付きます(笑)。
けれど、ぴよりん&ぴよこりんに気付かれてダッダッダッ〜って追い掛けられたり、
鶏冠をツンって突付かれるのは、当然先に行ったぴよ太です(笑)。
もしかしたら、ぴよ美は先にぴよ太を行かせて様子を伺う慎重な賢い子かも〜。

体格はぴよ太よりも明らかに軽く、背も低いです。
抱いた感じだと1Kgあるか無いか位だと思いますよ〜(ぴよ太は1.3Kgくらい)。
軽いのが理由だからなのか、左写真のように高い場所へも簡単に飛び乗ります。
にわとりは習性なのか夕方に高い所へ登りたがる子が多いけど、ぴよ美も同じで良くぶどうの棚にこのように飛び乗って遠くを眺めています。

そして、高い所が得意なのはぴよこりんも同じなのですよね〜。
この子は、その得意技を武器に脱走を繰り返したお転婆娘だけど(苦笑)、
もしかしたらぴよ美もそんな先輩こっこを真似して飛び越えて脱走しないかと、
家族とそんな冗談を言いながら、今からちょこっと本気で心配してます(笑)。

因みに、我が家に来た小さかった頃は、ぴよ美は高い所が苦手で、登ったものの足がすくんで降りれませんでした。
今も可愛いけど、その時の様子もとても可愛いかったです! ←親バカをお許し下さい。
そして、ぴよ太がぴよ美が困って泣いているのに隣で必死でご飯を食べているのが、また面白い!
彼が大人になった時、このビデオを見せたら、「こんなの俺じゃないよ。」って言い張って、恥ずかしがるかな(笑)。

ぴよ美を置いて先にご飯を食べるぴよ太(2010.05.22)
(再生にはH.264コーディックが必要/フリーのQuickTimeがお薦め)

羽が沢山庭に落ちてた〜
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記土曜日に一気にドバッと庭に落ちていて、日曜日もたくさん落ちてました。
風が強かったから飛ばされちゃったり、植木の中へ落ちてて拾えなかった羽もあるけど、ざっと2日間で左写真の量を拾いましたよ。

落ちている場所は、やっぱり砂浴びをするお気に入りの所が一番です。
木の根元のフサフサの土の中に半分埋まっている羽た多数有りました(笑)。
砂浴びをしながら頭や背中やお腹をカキカキするから此処で抜けるのでしょう。

次は母屋小屋やその産箱の中が多く、その次は芝生でした。
これだけ抜けているのだから、ハゲても良さそうなものだけど・・・(笑)。
どの子もモコモコで、沢山羽があるんですよ。
きっと初めてにわとりを飼って、コレを経験した人は???だと思います。

じっと観察していると・・・、お姉ちゃんが怪しいぞ〜。
ぴよりんとぴよこりんが立派な尾羽があるのに、お姉ちゃんには無いし・・・、
彼女は、ところどころ抜け掛けてピョンと飛び出ている羽が多数あります。
試しに背中のピョンと跳ねた羽を軽く引っ張ってみると、ボロボロっと5枚くらい抜けました。 まるでお岩さんの髪の毛みたいで、自分の髪の毛がそんな感じで抜けたら嫌だな〜って嫌な想像をしちゃいました(苦笑)。
一方、若いぴよ太とぴよ美は、全くそんな気配が有りません。

でも、他の子が抜けている気配が無くて、お姉ちゃんだけって言うのもね〜。
写真のように結構沢山抜けているし、1羽だけから抜けたなら”ハゲこっこちゃん”になっちゃうと思うんだけどな〜(笑)。
それなのに、抜けている最中っぽい状態は確認できたけど、お姉ちゃんは尾羽以外はふわふわなんです!
上の写真でも抜けているのって尾羽だけなんですよね。  ウ〜ン、不思議だ〜。
他の子達の写真も特に見た目は普通だしね〜。
確かに普段でも幾らか抜けてて、20枚や30枚くらい拾う日もあるから、他のこっこも抜けてるのかも知れませんけどね。

因みにお姉ちゃんは羽換が一番派手で、寝込む事もあります。
2年前の秋にも凄く抜けて”ハゲこっこちゃん”になりました(笑)。
下記は2010年の10月の週末日記だけど、記録がちゃんと残ってましたよ。
もしかしたら数日で同じようにハゲちゃうかもしれません(苦笑)。
ちょっと見た目が気持ち悪いかもしれないけど、初めて飼う人は病気?って心配になるけど、コレは生理現象です!
食欲が落ちて、卵も暫く産まなくなって、座り込む事もあるけど大丈夫ですよ〜。
でも、チビちゃんの味方を出来なくなっちゃうかも・・・。 ←これがちょっと心配

ハゲハゲになっちゃったお姉ちゃん(2008.10月)

この時の日記、長男コーチンの足が悪くなった時の話題が載ってますね。
そうそう思い出しましたよ。
一旦薬が効いて、ちゃんと歩けるようになった時です!
凄く嬉しかったな〜(懐かしい)。


左上:子育てケージ跡地で砂浴びをするぴよ太とぴよ美、新しく植えた芝生はネットで覆われ砂浴び防止です。
右上:今日も全員でごはん。 真ん中にお姉ちゃんが陣取り、チビ達への意地悪の防波堤になってますよ。
左下:ぴよりん&ぴよこりんは、今日も仲良しです。 美味しそうに交互に水瓶の穴から飲んでました。
右下:スイカを食べる時も仲良しこっこのぴよりんとぴよこりん! 金さん銀さんのように2人で長生きしようね!


番外編【秋葉原で買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(暑さを避けて17時頃からの巡回)
名古屋コーチン一家の週末日記
(御茶ノ水周辺は楽器屋さんが多い!)
名古屋コーチン一家の週末日記
(今日の購入品は、コレだけ〜)
ライフワークとなっている秋葉原巡回、今日も行ってきましたよ〜!
今回は、2週間前に酷い目に遭った教訓から、夕方の5時前に到着するように出て来ました。
その甲斐あって、前回の灼熱地獄(笑)と比べ、幾らか暑さも残るけど随分と楽チンな巡回となりましたよ。

そうこうして遅く出掛けても、やっぱりアキバのジャンクを扱う個人店舗などは、概ね19:00閉店です。
ヤマダやヨドバシ、ソフマップの大手は普通に21:00だけど、私の回るお店は圧倒的に午後7時閉店が多いんですよ〜。
とは言っても、何十店舗のチェックすべきお店は毎回同じです。
(毎回お宝が出るような)注目店はちゃんと時間を掛けて、他は手短に回って丁度19:00、巡回を終えました。

今回は特に買う予定はなく、次期PC組み立ての為にCPUやマザー基盤の価格や状況を調べるのがボンヤリした目的。
CPUはCore2Quadの後継のCorei7 870がコストパフォーマンスが高く良さそうです。
まだまだ私のメイン&サブPCは現役だけど、そろそろ新規に作ってみようかな〜って思ってます。
直ぐにお盆休みに買って作るって訳じゃないんですけれどもね〜(笑)。
この手の情報(製品が潤沢か否かとか、何処で入手できるか)は、趣味のみならず仕事でも役立つんです。

秋葉原で何時も飲みに行く友人と待ち合わせてから、アキバの居酒屋が混んでいたから御茶ノ水へ移動しました。
御茶ノ水は7/3に記したように学生の街です。
でも今はちょうど夏休みだからか、医科大学とかのビルも真っ暗で電気もまばらです。
駅前も(のんべえそうな/笑)会社員は居るけど、学生風の若者は少なかったですね・・・。
アキバのようにすんなり居酒屋の席に着けないのも困るけど、こっちは逆に寂しい感じですよ(苦笑)。

それから御茶ノ水、楽器屋さんが多いです!
アキバの電気街、神田の書店、そして此処は「楽器の街、御茶ノ水」って具合じゃあないでしょうか(中央写真)。
3店舗くらいギター屋さんが連なっているような場所もあったし、中古も新品も揃いそうでした。
店舗では如何にもミュージシャンっぽい若い方がギターを目利きしてます(学生よりは年上?/パンク系かな?)。
私のHP、バンドをされていた方が多く見られているので、知識が無いながらちょこっと触れてみました。
因みに、楽器屋さんと同じ位に貸しライブ会場(ステージ?)みたいなのが多かったです。
狭い地下への入り口ではデビュー前のバンドだと思うけど、スケジュールがびっしりと掲示されてましたよ。

居酒屋は意外と街の様子とは反対に、以前よりも混んでました。
それで、仕方ないので小さい席で終電まで飲んで帰ってきましたよ。
飲む量を(健康の為もあって)減らした事もあって、一人当たり\2,600-で済みました。
3時間くらい飲んでこのお値段はお得です!
同じ理由と、お盆前の土曜日だからと言う事もあって会社員風の方々が沢山飲んでましたよ。
帰りの電車の中も普段よりも酔っ払いが沢山居ました(笑)。
明日から9連休って方も飲んで、終電間際に沢山乗車していたのでしょうね〜。
もしかしたら、家族の為に帰省やイベント続きになるから、飲んで気力を養っていたのかも知れませんね。


◎購入品(上記右写真)
・三協光機製 Pentax M42レンズ用 2倍テレコン \1,500-(ジャンク扱い) ←レトロレンズ用の焦点が2倍延びるアダプタ。
合計\1,500-

■テレコン
これは7/3に購入した接写リングに似ているけど、また違ったオプション品です。
接写リングは対象へより近くまで寄って撮影できるけど、テレコンは焦点距離を増やします。
私が買った今回のテレコンは、M42のレトロレンズ用に(廃業した?)三協光機(株)が製作したサードパーティ製です。
倍率が2倍だから、例えばSuper Takumar 55mm/f1.8へ装着すると、焦点距離が110mmのレンズとして使えます。
ちょっとした望遠レンズとなる訳です。
接写リングと違って、近くへ寄って撮影できる訳ではないけど、同じ距離から近寄らずに2倍の大きさで撮影できるようになるから、もしかしたら撮影後の写真から何れを使ったかを特定できないかも・・・。

そのように撮影し終えた写真を見ると同じかもしれないけど、利用方法は異なります。
近くに寄れる場合はどっちでも良いけど、例えば天井に張り付いたヤモリを撮ろうとした時・・・、
脚立を使って近寄るって事を除き(笑)、普通に撮る場合にはテレコンが威力を発揮します。
同じ距離からでも2倍拡大して撮影出来ますからね〜。

しかし、欠点もあって、やっぱりこのようなアイテムを使うと画質が落ちる事です(苦笑)。
ちゃんと光学的に設計した焦点距離110mmのレンズを使った時と、55mmのレンズに2倍のテレコンを付けて110mm相当にした時では、前者の方が光学的に優れ良い写真が撮れる筈です。

今回は\1,500-とお安かったので、このテレコンを購入して買い物を終えました。
最近はPentax K-7や防湿庫を立て続けに購入したから、ちょっと財布の紐をキツくしないとイケマセン(笑)。
近いうちに新型PCを製作するかもしれないしね〜。
2010年7月31日(土)&1日(日)
週末に雨が降りました。 けれど、土日は猛暑復活〜(笑)。
今週は木曜日と金曜日は雨降りで、久し振りに涼しさを体感できました。
この雨は、まとまって降ったから2週間振りの恵みの雨でした!
そして、我が家の畑でも、野菜達が翌日に凄く喜んで活き活きとしてました。

私は出勤していて家の事を知らないけど、きっとこっこ達も雨の中を気持ちよく歩き回っていたと思います。
特にチビの2羽は、元気に走り回っていたかもね。

食欲復活!
我が家のコッコ達、猛暑にも体が慣れてきたのか別の理由があるのか解らないけど、このところ沢山ごはんを食べます。
配合飼料に古々米を加えたベースのごはんと、スイカやメロン、トマト、菜っ葉などを完食してますよ。
翌朝は私が玄関を開ける「ガラガラガラッ〜」と言う音を聞くと、5羽のこっこが駆け足で全員集合をします。
餌箱が空っぽなのを確認しつつ、全員で倉庫の餌保管箱へ取りに行くのが日課です。

いま食べている配合飼料は、近所のペットショップから購入する「こがね」です。
1つ前(2週間前まで)は、大手ホームセンターで購入した「バーディースペシャル」を食べさせていたのだけど、丁度暑くなった頃だったからか、余り食べてくれませんでした。 いわゆる”夏バテ”ですね・・・(苦笑)。
この配合飼料は、他の飼い主さんからの報告でも好評だし、暑さに慣れて食欲の戻った今だったら”完食”は間違いないと思うけど、こがねの方も沢山食べてくれるので甲乙付け難いです。

とにかく、食欲が戻ってくれたのは良かったです!
(毎朝、庭にウ○チもどっさり落ちていて、快便のようです/笑)

配合飼料
先に少し記したけど、「バーディースペシャル」が2週間前に食べ切ったので、元の「こがね」へ戻りました。
「バーディースペシャル」が悪いとは思ってないのだけど、たまたま時期的に夏バテ真っ最中で、折角の好評の配合飼料を食べ残す状態が続いてました。 そして、食べ残した餌はスズメやキジバトが来て食べてしまいます。

この時期は、本当に勿体無かったですよ・・・(涙)。
「美味しいゴハンだから、ちゃんと食べて! スズメが食べちゃうよ!」って言っても、うちの子達は知らん顔です(笑)。
でも、やっぱり、元の「こがね」へ戻しても全く同じでしたね・・・。
7月中旬の話だけど、この状態が今週に入って劇的に改善して「こがね」を綺麗に食べ切って催促するほどです!
きっと今なら、運悪く駄目だったバーディースペシャルを美味しく食べてくれるかな〜って思います。
機会があれば、また20Kgの袋で購入したいと思ってます。

野菜のおやつ
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記畑の小松菜は収穫が終わってしまったけど、代わりに他の野菜を食べてますよ。
我が家のこっこちゃん、意外にもトマトを好むようで、1羽が丸々1つのトマトを食べちゃうくらいです(笑)。
左の写真は、ぴよ太がトマトにかぶり付いているところ(笑)。

トマトは時々掲示板にも載せる、真っ赤に熟した畑で採れた自慢の完熟トマトです。
苗を5本くらいずつ、何箇所かに分けて、収穫調整の時間差を設けて植えました。
草取り&水撒きの結果、背丈が2m近くの立派な株に育ちましたよ。
このトマトの今が旬なグループが、今週に入って連日沢山の実を赤くしました。
1日に20個以上も収穫できる日もあります。

でもね〜、トマトって直ぐ傷んじゃうんですよ・・・。
その日の内か、翌日に食べないとブヨブヨになったり、割れて腐ったりして直ぐに駄目になります(苦笑)。
人間も頑張って真っ赤なトマトを毎日食べているけど、それでも食べ切らないから、こっこにも分けてご馳走しました。
今日、私も縁側でおやつ代わりに3つか4つ、マヨネーズを付けてガブリと丸ごと食し、庭のコーチン達へは1羽に1個ずつ合計5個を一緒に食べて貰いました。
年上こっこも、ぴよ太とぴよ美も大きな口で美味しそうに食べましたよ〜。

トマト、人間の話だけど、ガン予防になるとか体に良いって言いますよね。
こっこ達へはどうかな? 夏バテ解消とか胃腸の具合を整えて健康で長生きをしてくれると嬉しいな!

ところで、我が家の子達は茄子も食べます!
ご存知と思うけど、時々私は野菜の写真を一眼レフ等で撮るのだけど、その時に興味津々でコッコ達は集まってきます。
人間の子供のように、「何してるの? これ食べられるの? 触って良い? 突いて良い(笑)?」って感じでしょうか。
竹ざるへ盛り付けて準備をしていると、首を長くして覗き込んで、大好物の野菜を突いて食べちゃう子も居ますよ(笑)。

先日、茄子(ナス)を盛り付けて写真を撮っていると、同じように集まってきて、なんと突いて食べちゃいました!
私の頭には「ナスは生だと苦そうだし、流石に食べないだろう〜」って言うイメージがあって、ノーガードだっただけに
「あっ、食べた!」とビックリ呆然でしたよ(笑)。

でも思い返してみると、前例があったのです!
昨年かその前の年か、庭でナスの株をプランター栽培していた時です。
立派なナスが何個も実ったと思ったら、こっこちゃん達がツンツンしちゃって、葉っぱも実も穴だらけに・・・。
その時は悪戯だと思って、突かれないように周囲にネットを張って対処しました。
今思えば、突いてみたっていう悪戯じゃなくて、食べようと思って本気だったのですよね(笑)。
今年のナスのプランターは、その時の経験からネットを施してます。
この対処方法は結果的に正解となった訳です!

因みに、ナスの効能は?
「体を冷やす作用、血圧低下、胃液の分泌作用、肝機能の改善、発ガン物質に対する抑制効果」だそうです。
そして、これらの成分は皮の部分に多く含まれているそうす。
もしかしたら、夏バテ防止作用を知って食べようと思ったのかも。

トマトも、「食欲不振、消化促進、二日酔い、胃酸過多、血圧降下、動脈硬化、肝臓病に効果あり」
そして「トマトが赤くなると医者が青くなる」「トマトのある家に胃病なし」って言われているそうです。
また「含まれるビタミンB6は、肉を食べても脂肪がたまらない(脂肪の消化を助ける)」そうで、
ダイエットにも効きそうですよ(私自身、もっと食べよう!/笑)。

もしかして、夏バテが治って食欲が復活したのも”野菜効果”だったりして〜。
特にトマトが効いてそう〜。

ぴよりん&ぴよこりんのイタズラ
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記
仲良しこっこのぴよりん&ぴよこりんは、日曜日の夕方に左写真のようにプランターへ進入してカキカキ、ツンツンしちゃってました。
このプランターは高さ50cmくらいのブロック塀の上に置いてあるのだけど・・・。
何故そんな場所にプランターが有るかと言うと、うちの子達がイタズラしちゃうから、母が施した対策だったのですよ〜(笑)。
でもこの2羽へは効果が無かったみたいです。

見付かると怒られるから、早く降りた方が良いぞ!
因みに、私のアボガドの木もカキカキしちゃってます(苦笑)。

ペットショップのウコちゃん
配合飼料の「こがね」を購入しようと訪れたペットショップでの出来事を記しますね。
うちのこっこちゃん達をお迎えした場所でもある、このお店ですけれども〜。
大人の大きな白ウコちゃんが何羽も居ます。
ひよこちゃんは4〜6月位まで見かけるのですが、普段は大人を余り見ません。
番のコッコなら1組か2組いる時も無くは有りませんけど、何故か今回は雄鶏君が1羽で各ケージに入ってます。
我が家のコッコほどの体格ではないけど、やっぱり結構なギュウギュウ詰め状態です(苦笑)。
5、6羽居たような気がしますよ〜。
GW前後にはウコちゃんのひよこも居たから、売れ残っちゃったのかな?
優しい飼い主さんが現れて、広いお部屋に移れると良いね!

左上:食欲復活の我が家のコーチン一家、チビ達も大人こっことの間合いが上手になりました(笑)。
右上:ぴよこりん、冷たいお水をガブガブ飲んでます。
左下:ぴよりん&ぴよこりんは仲良し姉妹です(血は繋がって無いかもしれないけど)。 木陰は涼しいな〜。
右下:真っ赤の無農薬完熟トマトを食すコーチン一家。 健康にも良いぞ〜。


番外編【防湿庫を使い始めた】 === こっこネタとかなり乖離してます(笑)。 御注意下さい! ===

・防湿庫のレポートを読みたい方も居るんじゃないかと思って(笑)、使用した感想をまとめてみました!

防湿庫、先週の土曜日(7/24)に無事に到着しましたよ!
友人の待つ秋葉原へ出掛ける前に運送屋さんが届けてくれました。
それで、開封する時間も無かったから取りあえず段ボール箱のまま廊下へ置いておきました。
運送屋さんが運んで来てくれた時、「うわぁっ、やっぱりデカイぞ〜」って言うのが第一印象です(笑)。

当日の夜はアキバ巡回で疲れていたので、翌日に開封すると、見た目通りにずっしりと重いです(苦笑)。
ガラス戸だし、スチール製だし、除湿するユニットも付いているからまあ当然なのですけれどもね〜。
サイズや重量とかの仕様はざっと下記です。

■東洋リビング社製 ED-120CDB
・幅 / 高さ / 奥行きは、41.9cm/86.1cm/39.9cm(ざっと1人暮らし用の小型冷蔵庫くらいかな)
・容量は118リットルで、重量は21Kg
・一眼レフボディを24台格納できる
・デジタル温度計&湿度計がガラス戸の内側に付いていて、
 湿度設定がダイヤルで通常〜低湿度までアナログ的に設定できる
・電気代は、大よそ一日に1円
・除湿機能の他に、光触媒機能がホコリや微粒子、ガス成分を分解除去する
・鍵付き、5年間メーカー保証(平均寿命は10年以上)

こんな感じなのですが、東洋リビングって言う一瞬建築屋さん?って思ってしまうメーカーのHPを覗くと(笑)。
この製品シリーズは、2010年の調べで30〜50%に保つクラス(個人やちょっとした事業所で使う?)でシェアを9割近くを占めているそうです。 私の職場でも同型が2台(1台は結構年代物)が動いているから、確かにそうかも。

ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記早速自室へ運んでセットしてみました。
取っ手が無いから運んでいる最中、重量の割には結構キツかったです(苦笑)。
初めは結構内部が匂いますね〜。 プラスチックの匂いのような、要するに新品の香りです(笑)。 各棚がテープやビニールで固定されていたので、マズはこれらを剥がして電源を入れてみました。

赤いLEDっぽいのが奥の方で点灯するだけで、特に音とかは有りませんでした。
冷蔵庫ほどじゃないけど、電気式の除湿機なので「ブォォ〜ン」って言うのが有るかな?と(近くで寝るから/笑)心配だったけど、全くの皆無で逆に除湿とか光なんとかを本当にしているのだろうか?と心配になった程です。

そして、暫くすると背部のユニットが熱くなってきました。
どうやらちゃんと動作しているようです(笑)。
この時、季節的にも湿度はクーラーを付けても65%程あったけど、私が外出をしたり目を離している間に44%前後まで低下してました。
時間にして6時間くらいで、除湿設定ダイヤルは標準枠の「低い側」の付近です。

翌日、標準粋から更に低い方へダイヤルを回してみました。 12時間以上経っていたと思うけど、仕事から帰って昼間の暑さと湿度でモアァ〜ンとする室内で38%に保ってました。 この時、室温33℃/湿度70%です・・・(中々過酷です/苦笑)。
良い仕事をしてくれそうですね!

因みに、ネットで調べるとレンズやカメラに適した環境は、湿度が40〜60%の間で、
特に40%台を保っている方が多いようです。
湿度は低い方が良いって普通に考えてしまうけど、ちゃんと理屈がありました。
カメラやレンズには潤滑油のようなものが使われていて、あまり乾燥し過ぎると揮発し易くなって故障の原因になるのだとか・・・。
確かにそう言われると、そうですよね・・・(知らないと怖い!)。

メーカーのHPでも下記の情報が掲載されていました。
つまりは、カビが生きていけない60%以下の湿度ならば、もし既にカビの生えたレンズを入れてしまっても(推奨できないだろうけど/笑)、隣のレンズへは理屈だと増殖して移らないって事だと思います。
これは、カビレンズが綺麗に元通りなるって事ではありませんよ。
もしそうなら、私は沢山入れてしまいます(笑)。
あくまでも、増殖を抑えられるって事です!

////////////////////////////////////////
カビの育成条件:温度12〜38℃/湿度61〜95%
カビの好む条件:温度20〜30℃/湿度80〜90%
////////////////////////////////////////

40%台の湿度でも全然OKのようで、一番初めの設定(標準粋の一番下)へ戻しました。
すると・・・、電源を入れて運転をして馴染んできたのか、(開閉をして一度60%くらいまで上昇させても)40%前後です。
再修正をして、もう少し上にダイヤルをセットして、大よそ40〜45%くらいに合わせました。
運転をしている最中に湿度が上下に変動するのは、除湿ユニットが動き始める時と、除湿が済んで止まった時の差なので正常動作のようです。

カメラは、Pentax K-m一眼レフは、結構頻繁に使うので作業机の上で待機してます(防湿庫には入れません)。
防湿庫は確かにホコリも少なく、ちゃんと一定に湿度を保ってくれるから安全だけど、除湿スピードが遅くてね・・・。
冷蔵庫も子供の頃に頻繁に出し入れしていると、大人に「駄目でしょ!中の物が腐るから1回で済ませなさい!」って怒られた人も多いと思うけど(笑)、
同じで、1時間に10%位しか除湿できないようだから、頻繁に開閉するのは良くないと思ったからです。
なので、K-m君は入れてあげられないです。
でも大丈夫、カビは頻繁に使ってあげたり、カメラケースにずっと入れたままになっていなければ生えません!
レンズを回したりすると、内部の空気が入れ替わって生え難くなるのと、外で使う事により苦手な日光を浴びるからです。

この防湿庫を部屋へ設置して眺めると、そんなに大きくない印象です。
衣服だと黒系の服を着ると、痩せて見えるって言うけど、同じ理由でスリムに見えるのかも(笑)。
カメラとレンズを収納してみると、半分くらい埋まった感じです。
出し入れを考えると丁度良い空きスペースになってます。
このサイズを購入して良かったな〜って今は思ってます。
もしカメラや、湿気やホコリを嫌う機器の保管を考えているならば、4万円弱で購入できるし、防湿庫は薦めですよ!
2010年7月24日(土)&25(日)
連日35℃を上回る気温、真夏の太陽がギラギラしてたよ〜。
日本列島が大変な事になってますね・・・(笑)。
暑さの事なのですけども、連日亡くなられる方が続出して、関東では20代の方も亡くなったとか・・・。
我が家の屋外に設置した気温計は、私の出勤時間でさえ既に30℃を示しちゃってます。
デジタル方式で記録できて、最低気温もチェックすると、26℃! 室内の最低は28℃でした〜。
そりゃ〜、エアコン無しの生活をしているお年寄りは、具合も悪くなりますよ〜。

そのような状況だったので、お昼休みのウォーキングを自粛しました(苦笑)。
この時間帯はきっと35℃以上になっているだろうし、アスファルトの街は40℃くらいでも不思議ありません。
掲示板でも貼った写真を撮りに、金曜日に出歩いたけど、汗だくでフラフラに近い状態に・・・(笑)。
案の定、命懸けの散歩となりました(笑)。
会社に戻った後、同僚から「えっ、雨が降ったのですか?」って言われてしまいました(苦笑)。

平日の様子は家族から聞くしかないけど、土日のこっこ達の様子を見ると10:00〜16:00くらいの時間は辛そうです。
皆さんのおうちの子と同じだと思うけど、口を開けてハアハアって呼吸をしてます。
翼を半開きにして、脇の下の空気の通りを良くなるように工夫もしてます。
それでも暑いのでしょうね〜。
各自、お気に入りの木の根元に穴を掘って、砂浴びみたいな状態で涼んでますよ。

大型ケージ撤去
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記
前の3連休に始めた、母屋小屋へ移る訓練は、まだまだ時間が掛かりそうです。
チビ達は、夕方になると毎日エアコンの室外機の上に登って寝てます(笑)。

そんな状態だけど、もう子供部屋(大型ケージ)を使うことも無いし、朝に撤去しましたよ。 朝と言っても、9:00頃に既に30℃を超えちゃってたと思うけど、午後から友人と秋葉原へ行く予定が入っていたから、頑張って汗まみれで作業をしました。
私がもっと早くに起きて、父のように朝5:00から作業し始めれば良いのだけど・・・、
朝寝坊&夜型人間なので、きっと50歳、60歳になっても早起きは難しいのかな〜、
なんて諦めてます(苦笑)。

土曜日に左の写真(上)のように、綺麗に片付けました。
片付けは、暑いからゆっくりと作業をしたけど、1時間も掛かってない筈です。
簡単に組み立て&撤去できるのが、このケージの最大の利点ですからね!
もう製作から8年も経っていて、材木が腐ったり、色々とガタが出ているけれど、次の出番が来るまで再び保管しておきます。
「今年も2羽を守ってくれて有難う! 出番が来たら、また呼ぶからね〜」

翌日、私が9:30に起床して庭を見ると、2枚目の写真のように芝生が綺麗に植えてありました。 
母が植えたそうで、ここでこっこが砂浴びをすると土埃が舞うから、防止する為だそうです。
ホースで水も掛けていて、母が去って暫くすると・・・。

大きな声じゃ言えないけど(笑)、水のしたたった芝生の芽を、ツンツン、パクパクと我が家のコーチン達が食べ始めました。 サラダみたいで、美味しかったのでしょうね〜(笑)。
後で見付かっちゃって、怒られちゃってたけど、きっと我が家のこっこ達は懲りずに、また食べてしまうのでしょう。
芝生にはネットを被せて、カキカキは出来なくなっちゃったけど、ツンツンは全然平気ですからね〜。

チビちゃんの引越し
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記ケージを撤去して帰る自宅を無くしたぴよ太とぴよ美。
ホームレスこっこちゃんになったけど、母屋小屋へ行けば全然問題ありません。
けれども、やっぱり行かないんですよね〜(苦笑)。
昨年のぴよりん&ぴよこりんも、3年前のお姉ちゃん達の時も同じでした。

今年のちびちゃん達は、3年前のお姉ちゃん達と同じで、真っ先に居間の室外機をお気に入りの寝床に考えたみたいです。 ケージを出た先週から続き、今週も毎日ここへ登って2羽で仲良く寝てます(左写真)。
そして、私が帰宅した時に声を掛けながら、お姉ちゃんの寝ている母屋小屋へ抱いて毎日連れて行ってあげます。


母屋小屋で先に寝ているお姉ちゃんは、特に嫌そうな声をだしたり、チビ達を突付いたりもしないし、逆に優しく声を掛けているようだから好意的なように思うのだけど・・・。 チビ達は、どうして母屋へ行かず室外機の上へ登るのか???
3年前に同じく室外機へ登ったお姉ちゃんは(笑)、一番の理解者だと思うから何かアドバイスを与えてあげて欲しいな〜。
「あそこは、白くて綺麗に思ったけど、雨が降るとびしょ濡れになるし、雷が鳴ると凄く怖いから、こっちへおいで!」って感じで良いから、母屋へ移る説得をしてくれると(私としては凄く)有り難いです。

でも、静養ケージへの愛着が強く、未だにその近くで寝てしまうぴよりんとぴよこりんよりは、良い線を行ってます。
今年の2羽は、子供の頃に過ごしたケージを卒業して、特に強い思いは持ってないようだし、2ケ月くらい掛ったけど、母屋へちゃんと引越しが出来たお姉ちゃん達と同じように室外機の上を選んだところが、そう思わせます。

未だ10日間くらいだけど、長い目でお引越しを見守ります。
ちゃんと母屋小屋へ行けると良いね! ぴよ太、ぴよ美!

息をするのも辛いぞ〜
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記左の写真、私が玄関で掃除とか片付け作業をしていたら、ぴよりんが遊びに来てくれました。 この時に限らず、掃除や草取り、何かの作業を庭やこっこ達の見える所でしていると、関心があるのか、一緒に手伝ってくれようとしているのか、近くの子が寄って来ます(可愛い子達です!)。

今回は、玄関脇の寝床にしている静養ケージの上へ飛び乗って、私の作業を上から「コゥ〜ッコッコッコッコッ〜〜〜」って覗きながら、何かを話してました。
「暑いのに大変だね〜。手伝ってあげたいけど、私のハアハアしちゃって苦しいから、此処から応援しているね!」って言っていたかも知れません(笑)。
静養ケージの下にはぴよこりんも居て、2羽でじっ〜っと見てましたよ。
10分くらいの間で作業を終えたけど、靴を庭へ出して干したり、傘も干して、色んな物を出して、玄関内に溜まった砂や土を掃いて掃除をし終えたら、私は汗がダラダラでした(笑)。
ぴよりんも写真のように口を半開きにして、呼吸が荒かったです(初めて見る人は心配しちゃいますよ)。
日陰だけど、気温は35℃位あったかもしれませんね〜。
こっこにも、人間にも酷暑でした。
後で一緒にこの子達も大好きなスイカを食べようと思います。

左上:飲み過ぎは良くないのは解っているけど、暑いからついガブガブ飲んじゃうよね〜(飼い主も同じ/苦笑)。
右上:スイカ、美味しいね! 涼しいけどスイカの無い季節と、暑いけどスイカが食べられる季節、どっちが好き?
左下:太陽が高い時間帯はこうして木陰で休むに限ります。
右下:ぴよ太とぴよ美が食事中。
  大人こっことの生活にも慣れて、特にぴよりんとぴよこりんとは、鉢合わせしないように工夫してますよ。


番外編【秋葉原で買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(秋葉原の観光スポット? 灼熱の万世橋)
名古屋コーチン一家の週末日記
(お土産屋は、如何にもと言う品々/笑)
名古屋コーチン一家の週末日記
(最近はカメラ関係が多い/笑)
3週間振りに秋葉原へ行ってきましたよ〜。
でも一言で表すと、今日のアキバは「辛かった」(笑)。
とにかく、暑い! 眩暈がするほどの暑さでしたよ。

何も考えずに乗った行きの電車が既に暑かったです。
コックリコックリと本を読みながら寝ていると、ムゥ〜ンと言う熱気でちょっと気分が悪くなるような感じ・・・。
何でこんなに暑いのだ? と思ったら、扉に「弱冷房」の文字が・・・。
空いているからと乗り込んだ車両は、そういう訳で空いていたようです(苦笑)。
きっとこの車内、気温は30℃以上あったと思いますよ。

今回は、カメラに興味を持っていて、PoworShot G11って言うキヤノンの上級コンパクトデジカメを買おうか、他のカメラにするべきかと悩んでいる友人に付き添って、秋葉原をじっくり案内するのが1つの目的です。
この友人、6年か7年前にも私が案内した事があって、「楽しいな! 訳解らん品物が堪らなく良い!」との絶賛でした。
訳有って、ひと足早い長期休暇(夏休み中)だったから、再びの観光目的でもあるようです。
だけど、勿論、私自身の買い物も重要です(笑)。

そんな事情もあって、「ちょっと早めの昼過ぎに現地へ行って、色々と回りましょう!」と言うスケジュールでした。
暑さを勘定に入れてなくて、それが灼熱地獄の巡回の始まりです(笑)。

友人は、早めに家を出てアキバで昼食を摂っていたようです。
私が到着する頃には少し歩き回っていて、暑さに参って「もう駄目だ、万世橋警察署の隣のパチンコ屋に入っているよ。」って携帯電話へ連絡がありました(笑)。 確かにパチンコ屋は冷房が効き過ぎるくらいに掛ってますからね〜。
20分後に万世橋隣のパンチンコ屋で合流しました。
因みに、この橋は有名で名所にもなっていて、結構古いです(左写真)。

今回は友人の観光案内も兼ねていたので、ちょこっとお土産屋さんもこの日記で紹介しましょう(笑)。
私も職場で(良く行くというだけで)聞かれるのだけど、いわゆる「もえ」文化を前面に出したお土産がずらっと並んでます。
饅頭やお菓子が、可愛い女の子のアニメキャラクターです(中央写真)。
海外からの観光客には、きっとウケるのでしょうね〜。
「This is OTAKU's Cookie in AKIBA. It is a present for you. 」って知人にあげると(珍しいから)喜ばれそう。
私ならジャンクPCやカメラ、メモリチップ等をお土産にすると思うけど、こういうのも面白いのかなと。。。

そう言えば、アキバに良く停まっている最近増えた痛車(アニメの女の子をプリントしている車)は見掛けませんでした。
観光目的の人に案内すると、パシャパシャと珍しそうに、このアキバならではの光景を撮るのだけど、今日は残念です。
痛バイクは交差点で信号待ちをしていた時に通り掛って、友人も見れたからコレで我慢(笑)。
因みに、私と離れた時に40歳前後の小太りの男が、セーラームーンの格好で自動車から降りて来たのを目撃して「スゲーぞ! セーラームーンのオッサンが居た」って嬉しそうでした(我々も年齢だけはそんなに変わらないのだけどね/笑)。
この街、色んな濃い趣味の方々が居るから、回って見ているだけで楽しいですよ!

それから最後に、ガチャポン会館へ案内しました。
子供の頃に良く駄菓子屋でやった、あのガチャガチャを何百台と置いてあるお店で、「日本中のガチャガチャが有るんじゃないか?」と思わせる場所です。 例えば、江頭2:50の何種類かのストラップだけが入ったガチャガチャとか・・・(笑)。
地方のお店に置いても、マズ買う人は居ないだろうな〜っていう類も置いてあります。
数年前にこの友人をココへ案内した時に大変気に入ったそうです。
前回同様に、何個もガチャがチャを「娘のお土産用」と言って回してました(笑)。

何時もより少し早い午後18:00、少し涼しくなったアキバを後にしました。
友人は未だ悩んでいるようだけど、沢山のカメラ実機を触れたし、面白い光景も沢山目撃できて満足そうでしたよ。

◎購入品(上記右写真)
・Kenko製 コンパクト三脚 \1,980-  ←ちょっと危なっかしいけど、鞄に詰めておくと便利。
・東芝製Class6のSDHCメモリカード、通称”白芝” 1つ1,580円を2枚 \3,160- ←前回から結構値下がりした!
・K-7用 液晶保護フィルム \0(\1,260)- ←ヨドバシポイントで購入。
・K-7用 予備バッテリーを注文 \461(\7,140)- ←ヤマダポイントで殆どカバー。
・時計修理セット \1,260-
・55mm/F1.8 smc Takumar M42オールドレンズ \4,000-(ジャンク扱い) ←状態が良くコーティング加工済のレンズ
合計\10,861-  (ポイントを使わなかったら、\18,800-)

■コンパクト三脚
また! と言う感じなのですが、買いました(笑)。
小型頑丈三脚、通常の頑丈な三脚、そして今回のKenko製三脚が揃いました。
表にすると下記のような仕様になります。

今回の物は、一眼レフも載せられない事も無いけど、主にコンパクトデジカメ用になります。
嬉しいのは、縮めた場合の長さが短く、且つ軽く、鞄にすっぽり収まる点です(安価なのも二重丸!)。
私は、職場の昼休みに同じタイプの三脚を持ち出して、良く撮影に行ってます。
(K-m&K-x一眼の重量は、オールドレンズを装着すると800g、コンパクトデジカメは150g〜250gくらい)

                最大高   自重    最大積載  縮めた長さ
小型頑丈三脚       0.22m   0.32Kg     2.0Kg     20cm    ← 卓上用
通常の頑丈な三脚    1.45m    1.3Kg     1.5Kg     48cm    ← 主に一眼レフカメラ用
今回のKenko三脚     1.08m   0.44Kg     0.8Kg     27cm    ← コンパクトカメラ用

■白芝メモリ
7/3に購入して、動作検証を済ませた東芝製SDメモリカードを再び2枚購入しました。
ベンチテストから十分に高速なのが解っていて、しかも今回は更にお安くなっていたのが理由です!

■K-7用品
背面液晶の保護フィルムと、専用リチウムイオン充電池を予備として購入しました。
双方とも量販店のポイントを使って、支払いはほんの僅かです。
充電池は、取り寄せになって近所の店舗で1週間後に受け取る事になりました。
Pentaxは、C社やN社のように売れ筋じゃないから、オプションの現物がない時もあってちょっと不便・・・。
(専用充電池は結構高かったけど、その費用の9割以上をポイントで払えたから満足)

■時計修理セット
時計を修理するつもりは全く無いけど、レンズ環を回す蟹目に似た工具が入っていたからGet!
帰宅後に箱を開けて手に取って見ると・・・、ちょっと違うかな〜(苦笑)。
素直に時計を直した方が良いかも・・・(今度は骨董級専門の時計マニアにでもなるかな〜/笑)。

■55mm/F1.8 smc Takumarレンズ
今日のレンズもM42スクリューマウントのオールドレンズです。
ずっと前に立て続けに3本買ったレンズと似ているけど、SMC(スーパー・マルチ・コーティング)が施されて点で異なります。 Web情報だと「SMCになっていて逆光性能は優秀、描写力や解像感は今も何らひけを取りません」との事。
今まで使ってきたK-mやK-xのSuper Takumarと同様に、優しい背景ボケを効かせた写真を写せそうです。

先週購入したPentax K-7用に、状態の良いオールドレンズが欲しくて寄ったジャンクレンズ屋さんにありました。
\4,000-はちょっと高いのだけど・・・、レンズも綺麗だし、ホコリも全く混入してなかったからGet!
2010年7月17日(土)〜19日(日)
梅雨明け、そして真夏の陽気〜、暑いけど3連休はこっこ共々ゆっくりできました。
梅雨が明けましたね〜。
気象庁の発表も週末にあったけど、今週初めから真夏のような天気でした。
この梅雨明け、例年に比べても早いですよね?
それに関東では梅雨らしい天気はとても少なかったようにも思います。
西の地域では、洪水や土砂崩れで大変な思いをされたと思うけど、関東はゲリラ豪雨があったものの、
シトシト一日中降り続く雨は少なく、どちらかと言うと「空梅雨」だったと思います。
野菜や穀物の生育、水道水への供給に後で影響するような気もします・・・。

我が家のこっこは、病気もせず元気にやっているけど、やっぱりバテてます。
水やスイカばかり食べるから、先週記したような水便が多い感じですね。
おねしょも時々しちゃって、翌日は砂浴びをして綺麗に拭ってますよ(そりゃあ、お尻が汚いと気持ち悪いよね)。
食欲は余りなく、日中はグッタリ木陰で休んでいる事も多いです。
(彼らだけじゃなくて、同じ時間帯に人間も屋内でグッタリしちゃっているんですけどね/苦笑)

夏はバテるし、畑へ行くと死にそうになるし(笑)、何かやる度に汗まみれになるけど、蝉の声だけは良いですね〜。
先週はサイクリングへ行った森林で合唱を聞いたけど、自宅近くだと未だ声を聞けません。
今週になって、自宅近くでもやっと賑やかになって”夏本番”の気分になりました。
蝉の音に合わせて、庭や軒下に鋳物の風鈴を取り付けました。
「チリ〜ン、チリリ〜ン」という涼しい音が幾らか真夏の暑さを和らげてくれます。

やっぱりお姉ちゃんは優しいね!
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記先週報告した、お姉ちゃんとチビ達の関係について。
やっぱり、お姉ちゃんは優しいですよ。
特にぴよ太とは仲が良く、左写真のように一緒にトウモロコシを食べたりしてました。 ぴよ美の方は同姓って事もあってか、すこし遠慮気味な感じ。

左の写真、ちょっと腰が引けているけど(笑)、ぴよ太はお姉ちゃんが食べているトウモロコシを一緒に食べさせて貰えました。 ぴよ太とぴよ美だけで食べていると、ぴよりんとぴよこりんの何れかが来て、追い払われて横取りされちゃいます。
でもお姉ちゃんと一緒だから大丈夫!
ぴよりん&ぴよこりんにとって、お姉ちゃんはちょっぴり怖い存在ですから。

チビちゃんの引越し
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記3連休、チビちゃんが暮らしていた子供部屋ケージを完全封鎖しました。
随分体格も大きくなったし、体重は”やせっぽち”で軽いけど、大人達に突付かれても十分逃げ切れたり、体格的になんとかなると思ったからです。
加えて、一番の理由は夜間の寝場所を母屋小屋へ移す事です。
(女の子のぴよ美は、「やせっぽち」よりもスリムと言われた方が嬉しいかな?)

寝床のお引越し・・・。
苦い経験があります(笑)。
昨年のぴよりんとぴよこりんですけど、未だに母屋へ自ら行ってくれなくて、
私が2羽を抱いて連れて行くか、疲れていたり面倒な時は放っておいてます。


それで、ぴよ太とぴよ美をケージから出して、24時間完全、大人達と一緒に庭で暮らしてもらう事にしました。
1つ年上のぴよりんとぴよこりんからは、何かと怒られる事もあるけど、先輩こっこの邪魔にならないように工夫しながら、ニワトリ社会のそんな掟を覚えてちゃんと暮らせてます。

問題の母屋小屋へのお引越しは、やっぱり3日間じゃ無理のようです。
初日は18:00を過ぎて、自宅(ケージ)の周りを歩いていたけど、入れないものだから居間の縁台に登って2羽で暫く座ってました。 そのうちに、縁台の隣にあるエアコンの室外機の上に移って、そこで2羽仲良く寝てましたよ。
この室外機は、3年前のお姉ちゃん達も登った場所です。
昨年組は此処へ登らなかったから失敗しちゃったように思っているので、今年の子は順調じゃないかな〜と思います。

未だ明るい19:00くらいまでは、抱いて母屋へ連れて行っても、「此処は私達の家じゃないよ!」って出て戻って来て、またケージの周りや、室外機の上に登ってしまうので、十分暗くなる20:00くらいに抱いて母屋へ連れて行きます。
何日か粘り強く繰り返せば、目覚めた母屋の朝の風景に愛着が沸いて、”自分達の家”と覚えてくれると思います。
チビちゃん達、お引越し頑張ろうね!

下記は、いま3歳のお姉ちゃんこっこの若い頃の動画。
ケージを卒業して直ぐの頃、ぴよ太&ぴよ美と同じく室外機の上で寝ていました。

お姉ちゃん達も室外機に登っていたよ(2007年8月)
(再生にはH.264コーディックが必要/フリーのQuickTimeがお薦め)

ぴよりん&ぴよこりんの引越し
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記上で記した、”苦い経験”の原因の子達〜(笑)。
ちょっと前までは、子供の頃過ごした静養ケージの天蓋の上で寝てたけど、進化して、更にその天蓋から飛び、左写真のように玄関隣のロッカーの上に登ります。
ちょっとしたお引越しですね!

此処は私の身長と同じ1.7m位の場所で、私が仕事から帰ると「コッ、コッ、コッ〜」って「お帰りなさい!」って、私の頭の上から毎日出迎えてくれます。
ちょっぴり嬉しいし、可愛いです! ←親ばか(笑)

それから、ちょっと考えてみたのだけど、彼女達はもしかしたら、家をを見張ってくれているのかな?って思います。
もし自分が泥棒で、夜間に忍び足で来たとして・・・、皆さん御存知の通りにニワトリって少しの音や気配にも敏感で、寝ていても直ぐに察知できますよね。
きっと泥棒は、頭の上から2羽に何かを話し掛けられますよ。
私以外の人間が夜間に着たら、ビックリして”ヒキツケコケコ”を連発するかも知れません。 泥棒側からすると、堪ったものではありませんよね〜(笑)。
(夜間だから)ビックリして腰を抜かすか、逃げ出すと思います。
意外と、此処で見張っていてくれるのは、防犯に良いのかも。。。

とは言うものの、ぴよりん&ぴよこりんは熱帯夜が寝苦しいのか、深夜に頻繁に起きます。
私の寝床は、この場所の直ぐ近くで、その様子が聞こえるのだけど、立ったり座ったり、
(暑いからか)少し動いてヒンヤリした場所に寝換えたり・・・とモソモソと動くのです。
そして、ガサガサッ(羽繕い?)、トントンペタンペタン(立ったり座ったり)って音が聞こえる訳ですけど、
私も熱帯夜で寝苦しいから、気になる時は、結構気になってしまうのですよ〜(笑)。
もうちょっと静かに寝ていてくれると良いのだけど、私自身そうだけど、暑いから集中して熟睡できないのでしょう。
ちょっと困った事です(笑)。

朝の4時くらい、私も寝苦しくてうつらうつらとしていると、「バサッバサッバサッ〜」って2回聞こえます。
1.7mの場所から、重量級のこっこが飛び立つ音です!
春や冬は私自身が熟睡していて聞くことが少なかったけど、今の季節はこの時間に2羽は起きているようです。
確かに早朝なら涼しいし、庭をカキカキして草や虫を一杯食べているんじゃないかなと思うんです。
昼間はグッタリ木陰で寝そべっている2羽ですが、早朝に用事を済ませちゃってます。
つまりは、朝型の生活ですね!
私もこの点は見習いたいなと思います(笑)。

野菜と果物
今週も沢山の果物と野菜を食べましたよ!
特にスイカは連日食べさせて貰っているようで、朝に私が庭掃除をすると、ペラペラの本当の皮だけになったスイカが沢山転がってます(笑)。 野菜も、百均の小松菜は終わったけど、別に栽培している小松菜や大根葉を食べてます。
夏バテで食欲がなく、配合飼料は人気が無いけれど、食べる事はしているので取り合えず大丈夫かな〜って思います。

左上:陽の高い日中は、子供達も流石にグッタリしちゃってます。 木陰で仲良く涼んでる最中(K-7で撮影)。
右上:ケージの扉を開くと、やっぱりチビ達は愛着があるのか、入って砂浴びを始めました。
左下:百均じゃない種で育てていた小松菜、たっぷり野菜も食べました!
右下:大人こっこもケージをお気に入り(笑)。 3羽で一生懸命にカキカキしてました。


番外編【Pnetax K-7】
名古屋コーチン一家の週末日記
(憧れの中級機が安い、しかも最後の1台〜)
名古屋コーチン一家の週末日記
(自宅へ連れて帰りました/笑)
名古屋コーチン一家の週末日記
(職場と同じ防湿庫、コレを注文しました。)
私はPentaxの一眼レフを使ってます。
本HP使っている写真も、Pentax製 K-mとK-xの2台のデジタル一眼で撮影した物が殆どです。
(だいたい8割が一眼写真、残りはFinePix F11とかF31、F30と言った感じかな)

この2台の一眼レフの上位に、”中級機”の枠に入るPentaxのK-7と言う機種があるのだけど・・・。
高級感と頑丈&扱い易さ、見た目の格好良さで、ずっと憧れでした。
NikonやCanonはこの中級機に、更に上級機(30万〜50万円)が控えている訳ですが、少し前のPentaxではK-7が最上位でした。 今はPENTAX 645Dって言う巨大な80万円位のがあるけど、普通の人は中々買えないですよね・・・(笑)。
そして、私がK-mを購入した時、K-7レンズキットは、13万、14万円くらいの値段で高嶺の花状態です。
K-mとK-xを足しても10万円に収まってしまいますから〜(笑)。

・頑丈さ
N社やC社の中級クラスにも防塵防滴なカメラは有るけど、K-7も同じです。
普通の一眼レフは、小雨でも使用禁止だし、埃にも弱くレンズ接続部の隙間から入り込むと大変な事になります。
完全防水じゃないけど、本体とレンズの全ての穴をゴムで塞いであるから、この類のカメラは大丈夫!
また防塵防滴カメラは、何処でも使えるという意味でフィールドカメラと呼ばれます。
極端だけど戦場カメラマンが使っていたりするのは、このフィールドカメラだし、
そこまでじゃなくても、雨天決行の登山とか、砂漠の砂嵐が吹くかもしれない場所での撮影とかにも使います。

そんな悪条件でも使うカメラなので、ちゃんと金属筐体で頑丈に造ってます。
K-7は、軽く頑丈なマグネシウムを使って衝撃から内部を守ると共に、触り心地もヒンヤリとして良いです。
初級機は殆どがプラスチックや強化樹脂だからこの点が持つと、高級感として伝わりますね。

シャッターユニットも1ランク上の造りを施してあります。
K-mの1/4,000、最新のK-xの1/6,000を上回る1/8,000秒の高速シャッターを切れます。
滅多に無いことだけど、日中の屋外で、明るいF値のレンズを開放した時で威力を発揮します。
K-mだと最速の1/4,000秒でも露出が多過ぎて、白飛びした事が何度も有るから、そんな時に有利ですよ。
このシャッター、耐久性にも優れ10万ショット以上を実現します。
(初級機は、大よそ5万前後かそれ以下と言われてます)

更に寒冷地も考慮して対策を講じてます。
バッテリーは一般的に寒さに弱く、普通は極端に撮影枚数が減るけど、K-7を含めフィールドカメラは強いです。
K-7の場合は−10℃の寒さまで考慮して設計されてます。

・扱い易さ
ボタンやダイヤルの類が沢山付いていて、初級機と比べ素早く目的の設定を行えます。
また寒冷地対策として、手袋をしていても操作できるようなボタンになってます(←まだ自分で試して無いけど)。
そして、小さい!
他の同クラスデジカメと比べて、最も小さいのがこのK-7です。
重量も670gで、中級機の中では最軽量です(他のは800g前後)。

・高級感
一眼レフの要である、ファインダーを目視し易くする為に高価な光学プリズムを採用してます。
初級機はコスト削減で採用出来ずに、15%程視野が削られて、実際に撮影される85%の風景しか見えません。
プリズムを採用した中級機クラスは、これに比べてファインダーの像が大きく見えます。
削られる領域(割合)を極力無くし97%とか100%を確保できるのです。
そしてK-7は、最も広い100%の範囲をファインダーを通して確認できます。
見たままを撮影できるカメラなんですよ。
だからプリズム機って聞くと、高そうだな〜って高級感を覚えてしまうんです(笑)。

■購入
そんなK-7が、発売1年を迎えて徐々に価格を下げて来ました。
実は3週間前からチェックしていて、カメラ屋さんでも「幾らに値引き出来ますか?」と聞いてました。
丁度一週間前は、店頭価格\89,800-で展示されてて、値引き後が\88,000-でした。
今日は、その価格を踏まえて10万円を持って店舗を訪れてました(笑)。

それで、店頭価格を見ると「一台限り \87,800-」です!
直ぐに店員さんに声を掛けて価格交渉したところ、「何とか精一杯で\87,000-丁度で・・・」とのお返事。
当日の価格com最安値が\87,400-だったから、即「じゃあ、それで貰います!」と購入を決めました。
ついに念願のK-7を買ってしまいました。
因みに、買ったのは、18-55mmの簡易防滴レンズのセットです。

一眼レフも3台に増えて、レンズもジャンクを中心だけど増えたので、防湿庫もついでに注文しました。
防湿庫は、カメラやレンズに大敵の湿気を取り除く食器棚のような物です(つまり除湿庫)。
80Lと、ちょっと大きな120Lのタイプで悩んでいたけど、それぞれ特価で\34,000-と\38,000-と提示されて、
4千円しか変わらないんじゃ大きい方が良さそうだと安易に120Lタイプを購入しました。
後で考えると120Lタイプって、結構デカイですね・・・(苦笑)。
一番右の写真だけど、高さが90cm位あって、重さは20Kgです。 デカイ!
今考えると80Lタイプで良かったかな〜と思います(笑)。
職場でも同じタイプがあって、普段は何も考えないけど、改めて見たら、やっぱりデカイ(笑)。

この防湿庫、取り寄せて貰って、東洋リビングって言うメーカーからの自宅への直送です。
1週間ほどとの事で、次の土日に到着予定。
それまでにジャンクPCの何台かを処分してスペースを確保しないとイケナイかもね〜。
頑張って整理しようっと。
こう言う訳で、3連休は散財をしちゃいました(笑)。
2010年7月10日(土)&11日(日)
今週は梅雨らしく雨が多かったです。 土日は・・・、やっぱり夏のように暑い(苦笑)
やっと梅雨らしくなって雨が降っていたかと思ったら、土日はまた蒸し暑く夏のような天気になりました。
そろそろ、こっこには厳しい暑さだろうし、梅雨明けくらいにはケージ暮らしのチビ達を外へ出そうかと思ってます。
大人達と同じように涼しい場所へ好きに行けるから、暑さ対策は自分できるようになりますからね。
そうすると、母屋小屋への引越しになるのだけど、昨年は失敗しているからソレが悩みです(苦笑)。

お姉ちゃんとチビ達
今まで気付かなかったけど、とても良い関係みたいなんです。
私は大人こっこ3羽の全員が、ぴよ太とぴよ美をイジメていると思ったら、どうやら違ってました。
一番の年長さんのお姉ちゃんぴよぴよは、イジメているように見えてもほんのちょこっとだけ。
ぴよりんとぴよこりんの様に走って追い掛けるような事をしないし、カブリと強く鶏冠を噛む事もありません。
噛むのでは無く、軽く「ツン」と突付きます。
それに滅多に、軽いツンすらしませんよ(突付く時は機嫌が悪い時?)。

だから、左上写真のように、ぴよ太もぴよ美もお姉ちゃんを怖がりません。
お姉ちゃんの隣で、ぴよ太は警戒する事なくご飯を落ち着いて食べてます。
これがぴよりんとぴよこりんだったら、半径1m以内には近寄れませんよ〜。
もし近づくと、ダダダッ〜って走ってきて、逃げ遅れると頭をガブリと噛まれちゃいます(苦笑)。

因みに、お姉ちゃんぴよぴよは、ぴよりんとぴよこりんにも同じように接してます。
たまにツンって軽く突付いて、2羽が逃げる事がありますよ。
鶏社会の何かの規律に反した時に、「だめだよ!」って叱っているようにも見えます。
先生みたいな感じでしょうかね〜。

ところで、ぴよ太とぴよ美はちゃんと大人達を区別出来てます。
顔が違うのか、容姿からか、声からなのか?
お姉ちゃんとぴよりん、ぴよこりんを見分けて、この人(鶏)は危険だとか、優しいとか判断できてますよね。
どういう風に見分けているのか、私と他の人とを見分けるのと同じ方法なのかとか、色々と興味が沸きます。

果物大好きこっこ
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記我が家のこっこ、最近は果物ばかり食べてます。
にわとりは雑食だから何でも食べられるけど、ちょっとセレブな感じです(笑)。
まあ、畑で採りすぎた果物や、買った物でも人間が食べ終わった部分をあげているから別に幾ら食べても良いのだけどね〜。
養鶏場のこっこや、ペットショップのこっこも、たまには食べたいだろうな〜って少し思っちゃいました。

土日は、スイカにメロン、そして畑で収穫したプラムを沢山食べましたよ。
スイカとメロンは上記写真や左写真のような感じで、人間の食べ残しの(スイカの赤やメロンの黄色の実が少し残った)皮の部分です。
何れも本当の皮一枚に、ペラペラになる位に食べちゃいます。

この時期、畑に植えたプラムが凄く沢山実を付けてくれます。
今年も何百個も収穫できました。 左写真は、そのほんの一部なんですよ。
このプラム、傷み易く、直ぐに熟れてブヨブヨになって、汁が出て腐ります(苦笑)。
困ったもので、人間だけじゃ食べ切れないし、ジャム等へ急いで加工が必要です。

そんなプラムを今日は私も一生懸命食べました。
庭のこっこにも協力願って、主に熟れたブヨブヨのを御馳走したのです。
上の写真だとチビ達だけだけど、大人こっこも美味しそうに食べてましたよ。

果物を食べた後、こっこは水便を沢山するように思います(観察しているとね)。
主にスイカを食べた後が多いですね〜。
スイカには確か利尿効果があったと思うから、それが理由かなと思うけど、人間と同じなんだなと親しみを感じます。
夕方にスイカを食べさせると、人間の子供のように夜寝ている時に水便をしちゃってお尻が濡れている事も・・・(笑)。
完全に夜尿症(おねしょ)ですね〜。

子供の頃「寝る前にスイカ食べちゃ駄目って言ったじゃない」って怒られた人も多いと思うけど、全く同じだなと、可笑しくなります。 もっとも、こっこは寝ながらウ○チをして、沢山すると山のように積もっている事があるから、”おねしょ”って概念は無いかも知れませんけどね。
でも、お尻が濡れちゃうのは本人も気持ち悪いだろうし、汚れて汚いから、夕方はスイカを御馳走すべきではないのかな?
皆さんのこっこは、おねしょ対策してますか?

百均の小松菜も終り
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記土日は、両日ともに畑へ作業に出掛けました。
この時期は草取りが大変で、あっと言う間に巨大化するから絶えず草取りに畑へ出なければなりません・・・(笑)。 でもね〜、日中は暑くて倒れて死にそうになるから、私が出掛けるのは涼しくなる16:00位になってからです(笑)。
薄暗くなる18:00過ぎまで作業をして、だいたい2時間です。
たった2時間だけど、蚊に刺されまくり&汗だくでTシャツは塩を吹きます(苦笑)。
ハードなトレーニング並で、体重は汗を流した分、おおよそ2Kg軽いですよ〜。
皆さんも”草取りダイエット”、如何でしょうか?
クワを振るって耕すと、更に効果があがります(笑)。
オマケに作業後のビールが美味しい! ←折角のダイエットが・・・

そんな草取りをした帰りに採って来るのが、こっこへのお土産です。
今日はずっと前に百均で買った小松菜の最後のを刈り取りました。
でき過ぎて硬くなっちゃった小松菜だけど、5羽で美味しそうに食べてましたよ。

左写真に写ってないぴよ太とぴよ美、少し離れた場所で様子を伺ってます。
「怖いお姉さん達、早く食べ終わらないかな〜」って念じながら待ってましたよ〜。
それで、怖いぴよりんとぴよこりんが此処から離れると食べに来ます。

一番年長のお姉ちゃんぴよぴよとは平気です。 チビ達は、彼女となら仲良く食べられますよ!
ぴよ太とぴよ美も大きくなったし、そろそろ母屋小屋へ引越しさせようかな〜。
お姉ちゃんとは仲良く上手くやっているし、あちらへ移れない理由はない筈だからね。
来週は3連休で、ずっと見てあげられるし、引越しを考えてみるつもりです。
(昨年のぴよりん&ぴよこりんは失敗だったから、今年は慎重にせねばなりません/苦笑)

左上:一番年上のお姉ちゃんとは仲良しなチビ達、一緒にご飯も食べられるんですよ!
右上:大好きなスイカを白くなるまで食べるぴよりん&ぴよこりん。
左下:ぴよ太とぴよ美は、私と一緒にプラムを沢山食べました。 ぴよ美は凄く大きな口でパクリと食べてます(笑)。
右下:沢山走って、跳んで、カキカキして疲れた2羽、涼しいスダレの影でお昼寝中。 とても仲良しな2羽ですよ!


番外編【サイクリングへGo!】
名古屋コーチン一家の週末日記
(サイクリングで古い町並みも通ったよ)
名古屋コーチン一家の週末日記
(サイクリングの帰りに会ったこっこちゃん)
名古屋コーチン一家の週末日記
(買って間もない愛車が、早くも不調〜)
梅雨明けっぽい、初夏のような土日だったから、少しヘビーな運動をしたくなりました。
そんな経験、皆さんも有りませんか?
私は良く有って、天気に限らず、アクション映画を見ると急に腕立て伏せとか、腹筋を鍛えたくなりますね〜(笑)。
カンフーものを見ると、特にそのような衝動を抱きます(笑)。
実際にやるか否かは別にして、天気が良いと同じく何処かへ自転車で走りに行きたくなるのです。
”思ったが吉日”、購入したばかりのSIGMA DP1sカメラで空も撮りたかったので、山方面へ走ろうと思います。
それに自転車好きは解って貰えると思うけど、山は坂があって足を付かずに登り切ると中々の充実感を得られるのです。

しか〜し、あの自転車盗難の代わりに買った、赤い通勤用自転車が不調でした。。。
10日くらい前から、前輪が「キュッ キュッ キュッ」って鳴るのです。
何が原因かを観察すると、タイヤが偏芯していて、要するに蛇行して回転しちゃってる訳ですが、片側のブレーキパッド(ゴム)にタイヤのリムが接触しちゃってます。 タイヤが1周する内に、軽いブレーキを1度掛けている状態です。
このような状態で10日近く乗ってしまったから、リムのその部分だけブレーキゴムの跡が濃く付いてます(苦笑)。
横着せずに、もっと早く調整しておくべきでした(反省)。

買ってから2週間でそんな状態になるとは・・・、安い自転車だったから調整がイマイチなのでしょうね〜。
サイクリングは別の自転車で行っても良かったけど、どうせ通勤で気持ち良くこの自転車を乗りたいし、直す事にしました。
気分が乗ったところで、直ぐに出発したかったけど、これは仕方が有りません・・・。
帰ってからでは疲れているし、明日にしようと思うと、大抵明日にはやらずに来週になるのがオチです。

■自転車の前輪偏芯調整
名古屋コーチン一家の週末日記偏芯修正は、タイヤを支える30本程の各スポークの長さ調整で行います。
上記右写真のように、自転車をひっくり返して緩めたり(スポークを伸ばす)、締めたり(短くする)して、タイヤを回転させて調整具合を診る作業の繰り返しです。
結構面倒です・・・(余り好きでは有りません/笑)。

偏芯して出っ張った部分を調整すると、タイヤの反対側に影響するので、そこも調整し、今度は全体を診ます。 大体30分で、この自転車の偏芯量が1/2くらいに改善しました。 また具合が幾らか悪くなっても、ブレーキゴムに接触しない感じです。
まだサイクリングに出てないのに、Tシャツがびっしょりになりましたよ〜(笑)。
因みにスポークのネジを回して伸縮を調整するのは、左の工具です。
この調整、普通の自転車は滅多にしない作業です。
2〜3年位では、(普通は)買った時の一番初めの状態とそれ程変わらないからね〜。
状態が変わってしまい、偏芯して私の自転車のようになるのは、事故を起こしたり、相当の悪路を走った時です。
今回の調整で、次の買い替え時まで良い状態を保ってくれると嬉しいな。

■サイクリングへ出発
通勤用自転車を直して、その結果(走った後で偏芯具合に変化があるか?)も診たかったから、この自転車で行きました。
サイクリングと同時にカメラ撮影もしたくて、風景写真に適したSIGMA DP1sとカメラ三脚、サブ機にFinePix F11を鞄に詰めての出発です。 予定では20Km程走るつもりで、途中何度も止まってカメラ撮影しちゃうし、そもそもママチャリだから、結構ノロノロサイクリングだと思います(笑)。
午後15:00、涼しくなってからの出発でした。

私の住んでいる地域は、全体的に海抜は低く、私の自宅は恐らく1mとかだろうし、ちょっと小高い山も100mとかです。
内陸県に住んでいる方から笑われそうだけど、200mだとかなりの山です(笑)。
そんな山とは呼べないかもしれない、山の方へ走って行きました。

サイクリングの途中、ところどころに集落があります。
上記左写真のような昔ながらの町並みで、明治・大正・昭和初期に生きた人じゃなくても不思議と懐かしさを感じさせます。
京都にあるような土塀、長い木造の塀、蔵が建っているお宅、かやぶき屋根の古民家・・・、どれもGoodです。
町の中を流れる水路には沢山の錦鯉が泳いでいて、近所のおじさんが餌を与えてました。
水も澄んでいて、餌を貰うコイ達も嬉しそうに口をパクパクして食べてましたよ。

運動と共に目的だった写真撮影では、DP1sとF11の2台のカメラで古い町並み、高台からの市街地の眺め、
通り掛った古い堰やそこに祭られている水神様、そして空の写真を沢山撮りました。
何処で聞いたのか今となっては解らないけど、その昔(江戸や明治・大正時代?)、日照りが続き水不足の夏に、
この古い堰の水を巡って隣接する村同士が争って犠牲者も出たそうです。
堰のほとりの水神様は、そんな日照りから水の枯渇を守り、仲良く暮らせるように頑張っているのでしょう。

この話、郷土史が好きだった亡き祖父からの昔話だったかもしれません。
古い町並みと重なるけど、あの「日本昔話」にも出て来そうな物語で、雰囲気も伝わります。
そんなサイクリングコースが好きです。

■帰りにこっこのお宅へ
このお話は下記のリンク先に詳しく別途記しますね!
ずっと前の2006年7月、同じようなコースへサイクリングした時、偶然に見つけたこっこ達のお宅へ寄りました。
昔に会ったこっこのうち、1羽はほぼ同じっぽく、もう1羽はもしかしたら・・・という子にも会えました。
上記中央の写真はその時の写真です。
この子は新しい今年生まれの子です。
とても人懐っこくて可愛い子でしたよ〜。

空き地でお散歩中のにわとりU(2010.07)
2010年7月3日(土)&4日(日)
初夏の陽気、連日30℃になってますよ〜。 チビちゃん達は土日は沢山外で遊びました。
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記 ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記
名古屋コーチン一家の週末日記 名古屋コーチン一家の週末日記
土曜日、一日中、太陽が照りつける天気じゃないけど、蒸し暑いです。
半袖Tシャツ1枚と半ズボンだけど、歩いているだけで額や背中が汗ばみます。
こっこ達も一番暑い時間帯(正午過ぎの13:00〜16:00)は、口を開けてハアハアするようになりました。
まだ翼を半開きにして、脇の下を開く動作はしないけど、もうちょっと暑くなるとそれもやりそうな暑さです。
これからの季節は人間もこっこも辛い季節になりそうですね〜(苦笑)。

日曜日は本格的に晴れましたよ〜。
紛れもなく真夏です!
太陽がジリジリと照り付けてます(笑)。
蝉の声はまだ聞こえないけど、もし鳴き始めたら本当に真夏です。

今日の御馳走
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記週末の御馳走、今週はワカサギ&コーンです!
このところ、配合飼料の食べ残しが多くて”夏バテ”気味でした。
美味しい栄養のある御馳走を食べさせようと思って、冷凍コーンと冷凍ワカサギを解凍して出した訳です。 初めのうちは3羽の年長こっこが催促して食べてたけど、半分くらいでお腹が一杯になったのか「もう要らない」って素振りをしちゃってます。
食欲が無く、小食だったから胃(そのう)が小さくなっちゃったのかな?

一方、ぴよ太とぴよ美にも御馳走しました。
年上こっこのようにワカサギを”ツルン”と、ひと口で飲み込んだりしないけど(笑)、少しずつ食べましたよ。 結構好きみたいです。 それぞれ2〜3匹を食べて、コーンも沢山突付いてました。

暑さにも慣れたみたい?
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記上記のように、”夏バテ気味”と記したけど、卵はちゃんと産んでます。
配合飼料は食べ残すのだけど、どういう事かな?
3羽の大人のこっこを抱き抱えるとズッシリと重いしね(笑)。

思い当たる節がありますよ〜。
雑草や虫を食べているんじゃないかと思うんです。
トウモロコシや色々な穀物を含んだ配合飼料よりも雑草が美味しいって言うのも変だけど、確かに庭の隅に生えている雑草をカキカキして突付いて食べてます(笑)。
それなら、それで良いけど、主食のご飯を食べられない程に雑草を食べているとは・・・、我が家の草取り当番は優秀です!
上のワカサギとコーンも、草や虫を食べちゃってたからお腹がいっぱいだったのかも。
夏バテだと卵も余り産まなくなって、鶏冠も白っぽく顔色も悪くなりますからね〜、今はそんなこともありません。
取り合えず健康って事かな。

母屋小屋にアシナガ蜂の巣〜
ペットにわとり名古屋コーチンの週末日記日曜日は天気も良かったので、母屋小屋を日干ししました。
屋根を全開にして、産箱の藁も出して焼けるような太陽で干しましたよ〜。
半日も干したから、きっとカビや、お尻にくっ付くダニも退散したと思います。

それはそうと、土曜日にはこの母屋小屋を掃除をしたのだけど、蜂が小屋のひさしに巣を作ってました。 蜂の種類はこの地域にもっとも多く住む”アシナガ蜂”です。
民家の軒下や、換気扇の中、植木の中、色んな所へ巣を作ります。
余り触れない場所ならば、作物の受粉にも役に立ってくれるし、放っておくのだけど、今回見付けた場所は毎日卵を採るのに出入りする場所です。
可哀想だけど、撤去しました。

幸いにも、上の写真のように巣は造り初めの小さな物でした。
蜂は女王蜂(写真のハチ)だけの小所帯で、巣には蜂蜜とかを吸って丸々太った幼虫が5〜6匹居ます。
直ぐに発見できる場所だからそうはならないけど、真夏になると幼虫が蜂になって50匹の大所帯になる事もあります。
そうなったら厄介で、人間もこっこも被害に遭うかもししれません。
小さいうちに駆除できて一安心です。

以前、祖父について、「動物が好きで、亀や小鳥を飼っていて、蜂の幼虫を与えていた記憶がある」って週末日記にも記した蜂は、このアシナガ蜂です。 今でも沢山近所に居て、祖父の頃(私が子供だった30年前)はもっと沢山居ました。
当時、畑に行くと2つも3つも巣が有りましたからね〜。
草取り中に刺される事も沢山あって、良く「刺された、痛ッ〜」って祖父も祖母も言ってました(笑)。
今日はこのアシナガ蜂の幼虫をこっこに御馳走しました。
可哀想かもしれないけど、ぴよりんとぴよこりんが美味しそうに食べてましたよ。

やっぱり子供部屋がお気に入り(笑)
ぴよ太とぴよ美の暮らすケージ(子供部屋)を大人達は狙ってます(笑)。
2羽のチビちゃんは、私の勤務日である平日は此処で暮らします。
でも週末は私が外へ出してあげて、大人こっこと一緒に庭を散歩したり、カキカキしたり、日向ぼっこをしたり、砂浴びをしたり・・・色々と遊びます。 平日も私が起床して直ぐに扉を開けてから、庭掃除をして私がご飯を食べている間の30分間に同じように庭で遊びます(短い時間だけど楽しそうに遊んでますよ〜)。

そんなチビちゃん達を外へ出す時、扉を開けるのだけど、まずぴよりんとぴよこりんが私の後ろで待ってます(笑)。
扉を開けると勢い良く2羽が入って行って、元々中にいたチビちゃん2羽を追い出しちゃうんです。
そうしている間にも、一番年長のお姉ちゃんが一緒に入って行きます。
お姉ちゃんはチビ達をイジメたりしないけど、やっぱりこのケージの中が大好きなんですね(笑)。

この3羽、一番上の左下の写真のようにカキカキして食べ残したご飯や、そんなご飯(配合飼料)に含まれていた穀物が発芽しちゃった”もやし”を美味しそうに食べてます。
そのうち食べ物も無くなると、今度はケージのフワフワの土で砂浴びを始めるんです。
きっとケージの扉を閉めてもこの3羽は不満を言わないと思います(笑)。
先週、チビ達に外で食事をさせていた30分〜1時間の間、ケージの扉にカギを掛け出られないようにて締め切ったけど、特に不満もなくケージで過ごしてましたからね(笑)。 閉じ込めたとは思ってなかったかも知れないけど、便利だな〜と(笑)。
嫌がる子は、扉を閉めただけでネットを蹴飛ばして「出せ〜出せ〜!」って激しく抗議しますから(笑)。

お姉ちゃんの訪問
土曜日、お姉ちゃんが縁台に登って、(たまたま)私が寝転がっている室内を覗いてきました。
私の姿が見えると、安心した様子で歩いて入って来ちゃいましたよ。
「いらっしゃい!」
急いでカメラを取り出してパシャっと撮ったのが上の写真!
こっこは、飼い主や他の人の特徴をどのような理屈か解らないけど記憶してます。
私だと思って今日は入って来たけど、他の人(怒る人)だとそのまま引き返したかもしれませんね。
意外と賢いこっこちゃんです。

「怒られちゃうよ!」って話し掛けて、お尻をナデナデして庭へ案内しました。
彼女も「コォォ〜コッコッコッ〜」って静かに何かを言ってました。
コケリンガルがあったらちゃんとお話できたのにね〜。
私は何て言っているか解らないけど、あちらは私の言葉を案外解っていたりして・・・。

左上:ぴよ太とぴよ美はお散歩中。 緑の葉っぱが美味しそうだね!
右上:ぴよりん&ぴよこりんは植木の根元でお休み中、暑い日中は此処が一番ですよ。
左下:大人こっこ3羽は、今日も子供部屋でカキカキ中。 何でそんなにそこが好きなのかな? 私には解りません・・・。
右下:3歳を過ぎたお姉ちゃんぴよが室内へ入ってきました。 私だけだったら、怒られなくて良かったね(笑)。


番外編【秋葉原で買い物】
名古屋コーチン一家の週末日記
(工事現場の壁に昔の秋葉原の写真)
名古屋コーチン一家の週末日記
(デジカメで勢いのあるリコーのイベント)
名古屋コーチン一家の週末日記
(今回も色々とGet! 白芝が目玉かな)
土曜日は先週末のオフ会に続き秋葉原へ買い物に行ってきました。
前回は早足での巡回だったから、今日はゆっくりたっぷりと秋葉を堪能しましたよ(笑)。

最近のデジカメ市場で、リコーが頑張ってますね。
特に”GR DIGITAL III”は評価が高く、(高価だから無理だけど/笑)使ってみたくなります。
私の鞄へ放り込んで愛用している(笑)ジャンクデジカメFinePix F11と同サイズの、1/1.7インチの大き目のCCD撮像素子と、F1.9と言うコンパクトデジカメでは最も明るいレンズも逸品です。 お値段が4万円台だから、このスペックから読み取れる性能を実感として解る人しか買わないと思うけど、良い写真を写してくれそうですよ。

上記カメラの下位として、撮像素子が今流行りの一般的なものになるけど”CX3”と言うカメラも大人気です。
スペック上、他社の同じクラスと比べて優れた点は無いけど、価格も2万円台前半だし、悪くないカメラです。
初めてデジカメを買う人や、写れば良いって人には良いかもしれませんね。
コンパクト機の中では、中の上か、上の下のクラスで、まあまあの写真が撮れると思いますよ。
(Sony裏面照射タイプのCMOSだから、暗い室内でも重宝する筈)

そんなリコーが、一般デジカメユーザー向けにCX3を中心に実演のイベントをしてました(中央写真)。
場所はヨドバシカメラの入り口前で、「接写が綺麗に写る」って推してましたよ。
確かに綺麗に写っていて、大型ディスプレイに写真が映し出されてました。
ボーナスシーズンだし、効果のあるイベントじゃないかな〜って思いました。

夜は友人と1ヶ月振りに会いましたよ〜。
私も友人も巡回に時間が掛かって、待ち合わせは19:00くらいでした。
この時間だと居酒屋が混んでるんですよね〜(苦笑)。
店頭で空きを待っていても、先客も飲み始めたばかりで20:00とか21:00にならないとマズ帰りません。
どうしようか?と言う事で、お隣の御茶ノ水まで歩いて移動しました。

お茶の水まで秋葉原からざっと15分、距離にして1Kmってところです。
学生の街で、駅前には東京医科歯科大と順天堂大があって、少し離れて東大があります。
神田も多いけど、此処も書店が多いですね〜。
土曜日だったけれど、学生さんも多く、若さで活気があります(アキバの活気とはまた別物/笑)。

駅前の金の蔵Jrへ入ったら、順番待ちもなくすんなり広いテーブルへ着けました。
アキバ駅前店のように客も多くないからか、”2時間で退場制限(笑)”もなく終電までゆっくりできましたよ。
友人へは、下記で記す”白芝”について、「中々評判の逆輸入SDを買ったよ」って深く語りました(笑)。

そうそう、友人と待ち合わせた秋葉原の駅前で、工事中のフェンスに張ってあった写真にビックリしたんです(笑)。
一番左の写真で、秋葉原のラジオセンター前で国民服?を着た男性が牛車を引いている写真です。
詳しい年代は忘れてしまったけど、恐らく昭和初期の戦前なのでしょう。
こんな時代から秋葉原の電気街があったのですね!

◎購入品(上記右写真)
・ネーム付き結束バンド1袋105円を4つ \420-  ←知っている人は知っている、便利な奴
・東芝製Class6のSDHCメモリカード、通称”白芝” 1つ1,780円を2枚 \3,560-
・ネームプレート20枚入り \259- ←結束バンドを見付ける前に買ってしまった・・・。
・Pentax一眼レフレンズ用キャップ 280円を3つ \840-(中古)
・M42オールドレンズ用接写リング3本セット \3,000-(ジャンク扱い)
合計\8,079-

■ネーム
配線とか、デジカメ用の接続ケーブルに付ける名札を探してました。
最近デジカメが増えて、そのケーブルがごっちゃごっちゃで大変な事になっております(苦笑)
充電用の電源ケーブルもそうだけど、PC接続用のUSBケーブルも似た物が多く、デジカメ側のコネクタが似ているからつい挿そうとしちゃうのだけど、微妙に別のデジカメケーブルだったって事が度重なっちゃってて・・・。
運良く壊した事は無いけど、無理にグリグリやると破損の元です。
デジカメの型番をこの結束バンドへ書いて巻けば、間違えはグンと減るでしょう。

実は、結束バンドが一番置いてありそうな店舗へ行ったら、欲しいのが無くて、つい値段も安かったからタコ糸で縛るタイプのネームプレートを\259-で買ってしまいました。
別の店舗に入ると、50本入りの欲しかった結束バンドタイプのネームプレートが\105-で有りました。
2タイプあって、値段も安かったから2袋ずつ、合計4袋買いました。

■東芝製SDカード
SDカードは現在2種類あって、純粋なSDカードのタイプと、4GB以上のSDHCと呼ばれるタイプです。
4GBの容量のSDカードって言うのも規格外ながら存在しますが、動作が保証されてません。
なので4GB以上は一般的にSDHCタイプのSDカードって事になりますね。

このSDHCタイプには、Class2、Class4、Class6、Class10の速度クラスがあり、更にそれぞれメモリチップの構造の違いであるMLCとSLCのタイプが存在します。 殆どのSDカードは安価で大容量化し易いMLCなのだけど、その安造りが仇となり(知らない人も多いけど)繰り返し書き換えた時の耐久性が低く、使い捨ての性格の強い製品です。
そしてMLCは、小さなファイルの書き込みが苦手でSLCの10〜20%の速度しか出ません・・・。

この事を十分承知でMLCタイプの安価なSDやSDHCカードを使っていた訳ですが・・・、
ある店舗でメモリのショーケースを眺めていたら、白い東芝SDカードがありました。
東芝製のSD(SDHC)カードは青、黒、白があります。
青は「青芝」、黒は「黒芝」、白は「白芝」と呼ばれていて、青→黒→白の順に速度が速く高性能です。
さっきのClass表記では青がClass2、黒がClass4、白がClass6で、白芝が唯一SLCで、他の2つがMLCです。

この白芝な4GBのSDHCカード、お値段は1枚\1,780-也。
高価な日本市場向けの白芝もあるけど、ショーケースで見たのはMade in Japanの逆輸入版の海外向け製品です。
国内向けと全く同じ造りで、SLCタイプだから耐久性も抜群です。
そんな事を考えていたら欲しくなってしまって・・・、2枚買ってしまいました(笑)。

白芝は速く人気があって、偽物も多く出回ってます(苦笑)。
ちょこっと、その辺の心配もあったけど、その店舗がアキバでも老舗だったので信用しての購入です。 因みに偽物はMLCタイプだから、ベンチを取って速度を検証すれば一目瞭然です(偽物は1/5以下の速度)。
もし偽物だったら、その速度データを添えて返品や交換交渉も出来ます。

・ベンチデータ
そこで、早速ベンチテストをしました。
ベンチテストとは性能テストの事で、PCを自作する人や、PCに限らず製品の耐久性や速度を検証する為に同じ条件の下で試験をし結果比較行う事です。

今回は主役の白芝(型番F04GR5W6/4GB/SDHC/Class6)と、現在Pentax一眼に使っているTranscend社製4GB(TS4GSDHC6/4GB/SDHC/Class6)、そして前々回のミニオフ会でも活躍した小型ノートPCの2ndディスクとして使っているTranscend社製16GB(TS16GSDHC6/16GB/SDHC/Class6)の3製品を検証してみました。

それぞれの結果は左画像の通りで、白芝は正真正銘の本物でした!
特に見るべき所は書き込みの”Write”の項目です。
SLCタイプの特徴である小容量ファイルの書き込みが群を抜いて速い事が解ると思いますよ。 因みに512KBのファイルは1秒間で約7.5MBも書き込めて、同じ4GBのTranscend社のMLCタイプの同1.14MBに比べ7倍近く高速です。

デジカメはJPEG方式で200万画素を撮ると、丁度これ位の容量のファイルとしてSDカードへ書き込まれます。 もしTranscendのSDを白芝へ換えると、7倍近く速く記録出来るって事になりますね〜。
白芝、どうですか? 欲しくなってでしょ〜う! (笑)

因みに一番上の項目(白芝が18.4MB/sを示す部分)は、50MBのファイルを書き込んだ場合の1秒間で書き込めた容量を示してます。 小さなコンパクトデジカメでは余り無いのだけど、一眼デジカメで選択できるRAW形式(ファイルの大きな非圧縮の生データ)だと10MBを超える容量となるから、この項目の数値が参考になります。

RAW形式は画質が最も良い形式だから、私の気合を入れた撮影で使います。
Pentax K-mだと11MB程度、K-xだと13MB程度のファイル容量になります。
今までのTranscendの4GBだと、5.7MBしか1秒間に書き込めないから、大よそ撮影後に2秒間待たされていた事になります(連写じゃない撮影の場合)。
確かにちょっと待ち時間が長く感じる事も多かった・・・(笑)。

白芝へ換えたならば、1秒間に18.4MBも保存できるようになるのだから、K-xでさえ0.7秒で画像保存が完了し、次の撮影が出来るようになります。
凄い高速化になる訳です!

16GBのTranscend製SDHCカードは、ノートPCで音楽データや動画ファイルを入れて使ってます。
特に再生に支障が出た事もなく、遅いと思った事も無い訳で、その理由が今回のベンチデータから解りました。
型番から「同社の4GB版と同じ仕様のメモリカードかな?」と思っていたけど、結果を見ると全くの別物でした!
読み出し(Read)では白芝と互角で、20MB/sもの速度を出してます。
書き込みもMLCながら健闘してますね〜。
白芝には及びませんが、同社4GB版と比べ遥かに高速で書き込めるようです。

ところで、私が速度毎にClass別けされていてClass2〜Class6まで有るって記したけど、今回の3製品全てClass6です。
知っている人は知っているけど、このClass表記は余りあてになりません(苦笑)。
今回は最上位の白芝だったけど、Class4の黒芝も評判が良く速いカードです。
恐らくClass6の(今回ベンチを取った)Transcend社4GBのカードを抜くんじゃないかと思いますよ。

以上、白芝について、濃く語ってみました(笑)。
(ベンチを取った理由は、白芝の真贋判定だったのですけどね〜)

■M42レンズ用接写リング
接写リングって知ってますか?
コンパクトデジカメを使っていると、接写モードがボタン1つで使えるから意識しないけど、一眼はそれが出来ません。
(大抵”チューリップ”マークがあって、押すと5cmとか至近距離で撮れるモードが接写モードです)

普通の一眼レフカメラは、装着したレンズにもよるけど、50cmより近くで撮影対象を撮るとピントが合わなくなります。
それよりも至近距離で撮影出来るようにするのが接写リングで、一眼ボディと交換レンズの間に挟んで使います。
どれくらい撮影対象に寄れるのかは、挟む接写リングの厚みで決まり、厚くなればより近くに寄れます。

この接写リング、料理や小さな部品を撮るのに欲しかった一品だったのです!
それで、ジャンク屋さんに展示してある奴を見付けて買って来た訳です。
私が買った物は、3種類の厚さが違うリングがセットになっていて、単独でも組み合わせても使えます。
一応、現状受け渡しのジャンク扱いだけど、ネジ式の筒状の単純な構造なので壊れ易い機械部品も有りません。
変形してネジ込めなくなる事も有り得るけど、帰宅後に試したら全然OKで使用出来ました。

これで撮影の幅がちょっぴり広がりましたよ!
写りも素晴らしいオールドレンズに装着して、どんどん接写で撮ろうと思います!

■Pentax一眼レフレンズ用キャップ
中古レンズを購入した時に装着しようと思って予備に3つ購入しました。
これを付けないとホコリやゴミがレンズに入っちゃいますからね〜。
過去日記置き場は”こちら
本ぺージTop

ペットにわとり名古屋コーチン一家の成長記録|こーちんの庭

Copyright(C) こーちんの庭 All Rights Reserved. Since 2005.03.13