ペットにわとり、名古屋コーチン一家の週末日記
(2005年10月〜2007年3月)

2005年3月に立ち上げた”こーちんの庭”も1年になります。
お陰様で順調にぺージ数(ネタ)も増えて軌道に乗りました。
コーチン一家の日記も殆ど毎週欠かさずに続いてます(日記→週記?)。

■こーちんの庭トップぺージ■
名古屋コーチン一家の成長記録「こーちんの庭」バナー
(↑クリックするとTopへ飛びます)

更新履歴

にわとり
(日記も随時更新中)

掲示板
書き込みを待ってます!

PCと秋葉の話題
新品自作もします

自己紹介

散歩道
(色々と行った所をレポート)

リンク集

こーちんの庭管理人へのメール メールは
こちらから

過去日記置き場は”こちら
2006年3月25日(土)
春ですね。 そう言えばHPも立ち上げて1年が過ぎました。
今日も先週と同じく暑い位の良い天気でした。
我が家の梅は殆んどが花が落ち、代わりにご近所の桜が咲いていたりと春を予感させます。
それから、私が愛鶏コーチン一家のHPを作ってから先日1年が経ちました。
(気が付いたら1年経っていたと言った感じですね〜。 早いのか、長かったのか.・・・/笑)
皆様には、この1年間コーチン一家を見守って頂き感謝すると同時に今後はHPの悪い点等を改善したり、成長記録の続編を着手したいな〜と思っております(PCの方も色々と載せたいですね)。
それから、全体的にHPのデザインも刷新して見易いHPにしたいと思います(こればかりは勉強しなければ・・・)。
色々と時間が掛かると思いますがこれからも宜しくお願いします。
(自分で言うのもなんですが、余り作業が速いとネタ切れになるので丁度良いかも・・・/笑)

今日のコ−チン一家はこのところのいつもの週末と同じく変わり映えしないのですが、日陰で昼寝が中心でした。
やはり冬から春になり暖かく(暑いのかも知れませんけど・・・)なって昼寝が気持ち良いのだろうか?
(私もポカポカ陽気で昼過ぎには眠くなりコックリコックリしそうになります。)
それから、気が向くと乾いた砂場に行き砂浴びをするのが日課ですね。
人間でそんな生活をしていたら大原しょうすけさん状態で家計は破産しそうですね(笑)。
「朝寝、朝酒(これは無いけど・・・)、朝湯(砂浴び)が大好きでそ〜れでしんしょう潰した。もっともだ〜もっともだ」
って言う感じでしょうか(笑)。

・雄鶏達の爪切り
父コーチンの爪がかなり伸びて走り難いようだったので5cm位あった蹴爪を先っちょから1cm程両足切ってあげました。
余り深爪(笑)すると血が出て大変なので取り合えずは1cm程切ったのですが、それでも中々硬くて切れないのです。
特に父コーチンの蹴爪は長く太く立派なのでペンチを持って来て切ったのですが、一気に切る事は出来ずに、先端から少しずつ削るようにして切り込みを入れてはポキッと折るような感じで慎重に行いました。
この作業に間、父コーチンは苦悶の表情で時折「ギュエ−、ギュー」と唸りながら耐えてました。
(現在私自身が歯医者通いなので彼の気持ちは十分に解ります/笑)
ちょっと可哀想ですが、この作業が終れば反対の足の太ももに怪我をする事なく全速力で走れるからね〜と言い聞かせながら5分程で終了です。
もうちょっと切っても良いかな〜とも思いましたがとりあえずこれで良しとします。
続いて、末っ子と長男の爪切りですが、未だ3cm程と父の半分の長さしかないので支障は無いのですが、雌鶏の背中を怪我させる可能性もあるのでやはり1cm程切って真んまるに磨いておきました。
若いのかこちらの2羽はペンチであっさりと切る事が出来ました。
3羽とも今日はお疲れ様でした!

・入学シーズン
にわとりには関係ないのですが、この時期は新たな生活の始まる季節で色々と当人達は悩みが多い時期です。
先日お子さんが大学に入学して授業でPCを使う事が必須との事で知り合いの親御さんから電話を頂きました。
PCを買うのは初めてなのでどんなPCを買ったら良いのか教えて欲しいとの内容だったのですが、まず授業で使う(持ち運ぶ必要がありそうなので)ノートPCである事、またお子さんが娘さんである事から出来れば14.1inch以下等の余り重くないタイプで光学ドライブが備わった物を薦めておきました(力持ちなら大型の3.5kg級ノ−トも大丈夫かも知れませんけど・・・)。
学費等で余り予算が無く、安いものでも大丈夫かと心配しておりましたけどこの点は10万円台前半の物でもCeleronMが搭載されている等して性能的にも全く問題ない事を伝えました。
しかし、今まで自宅にPC環境が無いとするとお金を出して直ぐに手に入るハードの部分よりもそれを使いこなすソフト的な知識の方が回りのクラスメートに遅れを取るのではと少々心配ですが、未だお若いので直ぐに使いこなす事でしょう。
しかし昔と違ってPCが必須とは随分とお金が掛かる時代になりましたね。
でも私は学生時代に欲しくても高価でPCが持てなかったのでそれを口実に買って貰えるのは羨ましいな〜。
(PC9801〜PC9821でMS-DOSかWin3.1、卒業する頃にWin95でした、しかしPC9801は高かったな〜)

左:大好きな父コーチンとのんびりした午後を過ごす雌鶏達(にわとりは毎日楽しそうで良いな〜と思ったりします)。
右:木陰で涼む長男、このところ暑くてつい日陰に避難します(今日は人間の私もTシャツ1枚でした)。
2006年3月18日(土)
ここ数日は春の嵐・・・でも暑い!
朝快晴だったと思ったら午後には突然の豪雨、天気は良いのか悪いのか何とも言えぬ状態です???
昨日からの強風の為、コ−チン一家も風に流されながらの散歩です。
因みに気温は南からの風のせいか掃除などの作業をしていると半袖Tシャツでも大丈夫な位です。

午前中はポカポカ(と言うか蒸し暑い)だったのでコーチン達はお昼寝モードでした。
餌を食べ終わると水を飲んで皆で木陰で昼寝です(見ていて幸せそうです・・・見ていると自分も眠くなりそうです/笑)。
うちのコ−チン達にしても、猫や犬にしてもペットショップでハムスターを覗いても結構な時間を昼寝に費やしているので、人間を含めた動物は本来半日位眠る必要があるのかも知れませんね。
私も平日は5〜6時間位の睡眠時間ですが、午後は眠くなります(偶に椅子から落ちそうになったりとか・・・)。
結局は電車の中や何かで+1時間位寝ているのかも知れませんけど(笑)。
人間も1日に10時間位寝ればもっと健康的に心にもゆとりを持って暮らせるのだと思いますが、特に日本では改善は厳しいのかも知れませんね。

因みに外国(ヨ−ロッパ圏)では、残業はナンセンスで職場の人とも余り飲みに行かないようです。
帰宅は終業の5:30ぴったりに社員の70%位が帰宅して仕事人間と言われる人(この手のタイプは何処の国にも居るそうです)や管理職で止むを得えず残業をする人でも7:00とかには帰宅するそうです。
日本では普通の毎日8:00位まで仕事をしたり、飲みに行って家で食事をしないと確実に家庭崩壊してしまうそうです。
日本では珍しいい習慣(風土?)として、以前に実際に本人から聞いた話ではお昼休みの食事(当然会社で)は奥さんが家から会社に来て手作りのお弁当を庭とかで一緒に食べるそうです。
そしてお昼休みが終ると奥さん達は自宅に帰って行くそうです(この話はビックリしました)。
コーチンのお話しとはちょっと話が横にそれてしまいましたが、父コーチンも美味しい物を見つけると雌鶏達を呼んで一緒に食事をする姿を見ていると人間も本来はこのように夫婦や家族が一緒に食事をするのが正しいのかもしれませんね。

・巣篭もり
そろそろ巣篭もりの季節がやって来ます。
我が家では未だですが、本日コ−チン達を購入したホームセンターに行ったら可愛いひよこちゃんが沢山元気に「ピーピーピー」と鳴いてました(名古屋コーチンとボリスブラウンが居ましたよ〜)。
因みに雄鶏は卵を産まないから雌鶏の1/4位のお値段でした。
ペットにするなら良く懐いてくれる雄鶏が一番なのですけどね〜。
にわとりは未だ一般的には家畜と言う位置付けなので仕方ないのかも・・・。

・野鳥
野鳥達も子育ての時期ですね。
我が家でもこのところヒヨドリが頻繁にやって来ます。
その他にはムクドリ(毎日話し掛けたらこぶ平さんちのむーちゃんのようにお話しするかな?)やオールシーズンやって来るスズメやキジバト(以前の口の曲がったハトの子供かな?)が庭に居ます。
巣作りが始まるとコ−チンの羽を持っていくので庭が少し綺麗になるかもね(笑)。

左:暑いのかお気に入りの松の木の下でうたた寝のコ−チン一家、父もお疲れなのか今日はお昼寝中。
右:最近、末っ子は藁捨て場がお気に入りの様子。 枯れた草や藁がお布団代わりなのかな?
2006年3月11日(土)
またまた良い天気でした! でも暑い・・・。
今週は平日は余り冴えない天気でしたが今日は朝から快晴です!
気温もどんどん上昇しジャンバーを着ていると汗ばむ位です。

私のほうは5年以上前に神経を抜いた歯がどうも年末から調子が悪く、そのうち激痛が伴うようになり職場近くの歯医者へ行き治療をしていて先日やっと治療が終了して被せ物を入れたのですが、微妙に高さが合わなく噛み合せが悪いので今日削って貰い丁度良い高さになり万事解決です!
でも電車で往復2時間以上掛かった上、治療+会社に寄って少し作業をしたのでほぼ半日使ってしまいました。
因みに、痛かった歯は虫歯ではなく歯の根に膿が溜まっていたようで歯根治療(時間を掛けて慎重に様子を見ながら行う必要があるそうです)をして貰ってました。
神経を抜いている歯が痛んだので抜く必要があるかと思いましたが結果的に残って良かったです。

・絶好の砂浴び日和!
今日は先週末と同じく絶好の天気でコ−チン達も砂浴びに精をだしてました。
お尻にうんちがついてしまった子も砂浴びをして綺麗になりました(笑)。
父コーチンは雌鶏達の砂浴びを終始見守って私が見る限りでは自分は砂浴びをしていないようです。

・兄弟喧嘩
雄鶏同士だからか仕方が無いのでしょうが、春で血が騒ぐのか夕方になると小競り合いをします。
家族の話では、このところしょっちゅうやっているそうですが、寝る時は仲良く小屋に入って一緒に寝るそうです。
小競り合い程度だったら小屋に隔離するのも可哀想なので当分は様子を見る事にします。

・親子喧嘩(と言うより父のお仕置き)
やはり世代交代はまだまだ先のようですね。
兄弟コーチンの2羽は父が怖いようで、餌を待ち切れずそ〜と食事中の父の後ろに近付いても気配で父が振り向くと一目散に逃げて行きます。
この前長男が逃げ遅れて父コーチンに捕まってしまった時は尾羽を噛まれて何本か抜かれてしまいました。
父コーチンは長男の立派な長い尾羽に嫉妬しているのかも知れませんね(笑)。
ちょっと大人げないですが・・・。
そうそう、尾羽と言えば、最近父コーチンの尾羽が艶々になってきたのでまだまだ短いですが、もしかしたらかつての雄姿を取り戻せるかも知れません。

左:砂浴び中の雌鶏ちゃんと見張りをしている父コーちん。
右:長男コーチン(コーチン一家一番の美形です。でも雌鶏達は父コーチンが好きみたいです)。
2006年3月4日(土)
久し振りの快晴! しかもポカポカ〜。
今日はぽかぽかでにわとり達にとっても人間にとっても大変良い一日でした。
昨日までのぐずついた天気とうって変わって快晴です!
しかし少し鼻がむずむずしてくしゃみが連発している事から花粉も相当飛んでいるかも知れなせん(笑)。

今日の我が家のコーチン達は先週もそうだったようにポカポカ天気を満喫してました。
皆で日向ぼっこをしたり、毛繕いしたりとのんびりとした過ごしていたように思います。
兄弟喧嘩は今日は無く、2羽揃って食事をしたり休んだりと仲良しでした。
そして、雌鶏ちゃんにちょっかい出して父さんコ−チンに怒られる時も仲良く2羽でした(笑)。

先週も羽が結構抜けて庭に落ちていましたが、今週も沢山落ちていましたので毎日朝の庭掃除の際にウンチと一緒に拾っておりますが、結構面倒くさいんですよねこの作業(特に濡れて地面にへばり付いた汚れた羽とか・・・)。
もう少し季節が暖かくなるとヒヨドリやスズメが巣の材料に何羽もが1日に何往復も我が家にやって来て持って行ってくれるのでそれまでは毎朝良い運動だと思って拾うしかないようです。

今日のご馳走
いつもの大好物のワカサギに加え今日は残った冷や飯を食べさせました。
冷や飯は雄達にも美味しいのか喜んで食べてくれます(末っ子も沢山食べましたよ〜)。
今日に限った事ではありませんが、今週は庭に生えて来たフキノトウを突付いて食べてました。
私は苦くて余り好きではありませんが、植物が余り無いこの時期ではコ−チン達のご馳走なのだと思います。
同じくこの時期に土から出てくる水仙は何故か突付きもしません。
毒でもあるのでしょうか?(きっとあるのでしょうね。毒、そうでないならパクパク食べますから・・・)

今日は暑いのかな?
暑いのか水を沢山飲むコーチン達、1羽の雌鶏は水の飲み過ぎのせいか水っぽいウンチを連発してます。
お尻の羽にもくっ付いてきちゃなくなってます(笑)。
早く砂浴びして綺麗にした方が気持ち良いぞ〜と言っても彼女はお構いなしでお尻を振り振り歩いてました。

左:今日は少し暑いのかな? 日陰で休みコーチン一家(私は庭掃除をしていた汗が出てきました。暑〜)。
右:父コーチンが睨んでます。 春になると他の動物も活発になるので警戒も疎かに出来ませんね。
2006年2月25日(土)
春が近いのかな〜? お昼寝大好きコ−チン!
このところ大分暖かくなって来ましたね。
天気は今週末もいまいちで明日は雨とのことでしたが、気温は高めで今週はポカポカな日が多かった感じがします。

コーチン達は春の訪れを感じているのか、日中もコケコを連発モードです。
兄弟コ−チンもまたもや夕方に兄弟喧嘩を始めましたが、流血騒動にはならずに小競り合いで自然と収まりました。
それ程激しくなかったので静観していたのですが、本人達は暖かくなって体に沸くエネルギーを発散させたかったのかも知れませんね(子猫や子犬が兄弟でじゃれあっているような感じでした)。
5分程兄弟喧嘩したかと思ったら、一緒に夕食を食べて自分達の家に帰って行き仲良く2羽で寝てました。

雌鶏達は、このところ羽が良く抜けます。
秋から冬に掛けてが一番羽が抜ける時期なのですが、季節の変わり目に差し掛かっているのか4羽の内2羽が抜けてストロー状のカスカスがついてます(4羽中1羽は雄鶏にモテモテで背中が抜けてます)。
雄は特に変わった様子は無いのですが、このところ羽に艶があるような立派になったような感じがします(気のせいかな)。

・卵が少ないのはカラスが犯人?
冬の間産卵数が減っていた雌鶏達ですが、1日毎に卵を産むこともあり(ゼロの時もあるので・・・)私の家族が「カラスが狙っていて産んだ後にこっそりと盗んで行く」と言うんです。
私はもう4歳だし、冬で体力が落ちてるのでこんな物じゃないかな〜と思ってるのですが、どうなのでしょうね。
もしもカラスが食べているのだとすると、幾ら器用だと言っても丸い卵を上手に落とさずに飛んで運ぶのは無理だと思うのでその場で割って食べる等して痕跡が残ると思います。
特に卵の殻や小屋にカラスが入っているのも見た事が無いのでその心配は無いと思うのですが・・・。
因みに卵を盗まれた訳ではありませんが、以前小さな可愛い子猫がコ−チンの産箱で昼寝をしていた事があります。
(親から巣立ったばかりの野良猫ちゃんだと思います)
その子猫は自分より大きなコ−チン一家が怖かったのか数日に居なくなりました。

左:昼過ぎにコックリコックリと昼寝をする雌鶏達(近くでは父コ−チンが見張りをしながらうたた寝をしてました)。
右:末っ子も芝生の上で昼寝中(良い夢でも見てるのかな?)。
2006年2月18日(土)
曇天の一日、来週は余り天気が良くないらしい・・・
天気予報では晴れ後曇りだったのですが、朝から今にも雨が降りそうな曇り空でした。
私は昨晩終電まで飲んだつけで今日はお昼まで寝てました(時間が勿体無い〜)。
明日から来週一杯にかけて雨がシトシト降るようなので今日はサイクリングにでもと出掛け、HPの崩れる件で確認用のiMac(G3-400MHzクラス)を探しにハード・オフまで見に行って来ました。
すると、程度の良いiMac(G3-400MHz)が付属品も付いてありましたが、\21,000-と少々お高い値段でした。
因みに水曜日に仕事で秋葉原のジャンク街で見掛けたiMacは同じスペックで\19,800-で、付属品全く無しのジャンク品が\3,500-でした(しかしMacOSが適合しないと動作しないようですのでやはり付属品付きが良いのかな・・・)
大体相場はこの位なのでしょう、部屋にiMacを置くスペースも余り無い事からとりあえず手っ取り早く手持ちのDOS/V機にLinux(Red Hatを持ってますので・・・)を入れてHPを見てみる事にします。

・今日のコ−チン一家
私の起床が遅い事から家族が餌を食べさせてました。
しかし量が少ないのか私が庭に出た時には餌箱にカスしかなく私に擦り寄って「餌食べちゃったからまた御代わりちょうだいコケッ〜」と催促しているので、配合飼料と屑米をブレンドして食べさせました。
餌を早朝にでも貰ったのか、あっと言う間に完食して満足したのかその後軒下で昼寝をしてました。
兄弟コ−チンの食事は父さんコ−チンと雌鶏達の終った後ですが、待ち切れずに餌箱の所に行っては怒られて帰って行きます(体は立派に大きくなっても、まだまだ父には頭が上がらないようですね)。
もっとも父コ−チンと目が合っただけで背を向けて逃げてくれるので無用な流血が無く解決するのですけどね。
(兄弟が可哀想ですが、親孝行だと思って我慢してくれると助かりますね)

・兄弟コ−チン
最近抱っこすると重いんですよ〜。 2羽とも。
もしかすると4Kgを越えてるかもしれませんね(4.5Kg位あるかも・・・)。
5分位抱っこしてると腕が疲れて来て抱き直さないと駄目な感じです。
そのうち身体測定をしてみようと思います。
末っ子の足はとりあえずは良くなりましたが、元々弱い足に体重が負担をかけてるのかもしれません。
人間だったらそんな場合ダイエット等をするのでしょうけど、にわとりの場合も有効なのかな・・・。
それ以前に品種毎に平均身長と平均体重が解る資料が無いと肥満なのか痩せてるのか判断が出来ませんね。
(うちのはズングルした体型ですが、それが標準だったらそれで良いのだと思いますので)

左:家の中に入りたい長男コーチン、風見鶏のように立派になりました(今日産んだ卵2つも写ってます)。
右:昼ご飯を食べてお眠な末っ子(立ったままウトウトしてます)。
2006年2月11日(土)
終日ポカポカの一日でした。
最近は北風が「ヒュ−ヒュ−」と音を立てて吹いている事が多く、天気が良くても寒い日が多かったのですが、今日は本当に小春日和といった感じの大変良い一日でした。
私も普段の格好でコ−チン達の家を掃除していたのですが、途中で熱くなってしまいジャンバ−を脱ぎました。

コ−チン達はポカポカの陽気の中、砂浴びをしたり穴を掘って虫(お目当てはミミズかな?)を探したりしてました。
庭には所々にフキの塔が出ていてどうやらコ−チン達が突付いて美味しそうな新芽を食べているようです。
余りにも暖かく、コ−チン達の羽毛のコ−トには熱いのか正午を過ぎた辺りでは日陰に潜ってのんびりと休んでました。
今日は餌を沢山与えてしまったのでワカサギは明日にお預けです。
(その代わり落花生をおやつに食べさせました)

先週に調子が悪そうだった末っ子の足ですが、一応歩けているようなので寝込む程では有りませんでした。
少し腫れているようで何か治るような事をしてあげた方が本当は良いのかも知れませんが、表面上の怪我ではないので難しいですね(かといって骨折して動けない程でも無いので、微妙ですね)。
丁度この件で悩んでいた時に某鶏画像の掲示板で”疥癬症”と言うダニによる病気が取り上げられてましたので、末っ子と比較してみました(足の指などに腫れや出血が起こるようです)。
末っ子は足のくるぶしの辺りが腫れてますが、”疥癬症”は足の指やくるぶしの付近の肌が荒れやはり腫れて変形するようです(末っ子は肌が荒れたりしてませんので関節か骨が悪いのかも知れません)。
治療方法は薬を使わずに灯油を腫れている所に3日に一度朝方塗るというものです。
灯油は油ですので恐らく塗られた部分に寄生しているダニが呼吸が出来なく逃げるか、死ぬかするのでしょうね。
うちの末っ子は出血している訳ではないので試しに灯油を塗っても体には害はないので塗ってみました。

・HPが・・・
マックPCやIE以外のブラウザ−で乱れてるんですよ〜。
私は仕事で自社HPの修正を行っているのですが、先週にマックPCで文字化けを指摘されました。
(薄々そんな事もあるだろうな〜と思いつつ時間も無いので対策を特には行ってませんでしたので・・・)
とりあえずは指摘を頂いたHP作成会社(現在の自社HPの基本部分を作成して下さった所で当然プロ)に修正をして貰ってこちらは解決したのですが、ついでに早速社内唯一のMacPC(確かG4のDual CPUだったかな)で私のHPを見たところおかしな所が何箇所かありました(予想はしてましたがショックですね〜)。
自宅にはMacPCは無いので安いMacPCの購入も考えてみたりしましたが、秋葉から運ぶのが大変なのでとりあえずはIE以外のブラウザ−(NetScape)で見て正常に見えるように心がけるようにしようと思います。
とりあえず現在の状況を下記にUPしてみました(このページ自体が乱れたりして・・・/笑)
http://www.geocities.jp/nagoyapiyo/PC_AKIBA/others/broken-hp.html

左:今日は暑すぎるのか、父コ−チンはお嫁さんと日陰で休んでます(何か話し掛けてるのかな?)。
右:長女は天気も良く暖かいので思う存分砂浴びに励みました(私とカメラも巻き沿いで砂を浴びました/笑)。
2006年2月4日(土)
天気は良いのですが、メチャ寒いです!
先週もそうでしたが、このところ土曜日は寒いですね。
特に今日は昨日午後からの寒気の南下により大寒波が押し寄せた為、南関東の我が家でも氷点下4℃を記録しました。
(北国や-60℃を記録したロシアに比べたらマダマダ修行が足らないとだと怒られるかな)
私は先週の土日に体調を崩して寝込む羽目になってしまいましたが、今日は殆んど回復して若干喉の痛みと咳が残っているだけです(今日・明日は部屋の中で静養してます・・・)。

コーチン達も冬と言う事もあって卵をあまり産みません。
因みに今日は1つでしたが、昨日は”0”だったようです。
無理をして産んで体調を崩しても仕方がないので産みたくなった時に産んでくれれば良いのですが、体力が低下してるのかな〜と心配になってしまいます。
早速毎週恒例となっている大好物のワカサギ&落花生をたらふく食べさせてあげることにします。
雌鶏達の食べっぷりを見ていると食欲旺盛で元気そのものなので安心です!

・末っ子の足
末っ子は小さい時から足が悪かったのですが、昨日からの冷え込みで少し調子が悪いようです。
よ〜く見ると片方の足の甲が腫れていて痛いのかかばいながら歩いています。
寒さのせいであれば4月・5月になり暖かくなれば回復すると思うので少しは安心できるのですが、骨折(考えすぎかな)とかだと厄介かもしれませんね。
一応歩けるし、走ったりも出来るのでそんなに緊急ではないのですが静養小屋で安静にしていて貰う事も考えておかねばなりません。
小さい頃は良くしゃがみ込んでじっとしていて歩けないような事が何度かあり静養箱(当時は段ボール箱)に入れて玄関で数日休ませて治ったりしてました。

左:尾羽の立った末っ子、後ろから風を受けて長男のように格好良くなった尾羽。
右:今日は卵が1つしか産まれてませんでした(寒かったからね〜)。
2006年1月28日(土)
良い天気でした(しかし私はインフルエンザ?でダウンしてました・・・)
1週間遅れの週末日記となってしまいました(2/4深夜に書いてます)。
1/28に数日前から胃腸の調子が悪く病院へ薬を貰いに行ったのですが、帰宅直後から悪寒に襲われ暖をとるため日本酒を飲み寝ましたが、翌日には発熱・節々の痛みが出てその後咳と高熱で3日間寝込んでしまいました。
症状から恐らくはインフルエンザだと思いますが、鶏インフルエンザでは無いと思います(笑)。
コーチン一家はぴんぴんしてるのですが、家族から怪しいと疑われてしまいました(困りました)。
2日程休暇を頂き職場に戻ったのですが、休まないまでも私と同じような症状を訴えている方が数名いたので数日前に集団感染したのではないかと思います(本当にマスクの方が多かったです)。
この時期はインフルエンザが流行りますので皆様もお気お付け下さい。
特に私も利用している満員電車は怖いですね(1車両にゴホゴホしている方は一人は必ず居ますよね)。
用心してこまめにうがいをするようにはしていたのですが、余り効いてなかったようです。
現在に至っては喉の痛みと咳が残ってますが、大方回復できました。
ご心配下さった方々有難うございました。

コーチン達は、北風が強く寒かった事もありますが先週のような大雪では無く天気が良かったので平和そのものでした。
翌日の1/29(日)は天気が良い上に無風でとても暖かな1日でした。
私が体調を崩していた事もあり余り一緒に付き合ってあげられませんでしたが、彼らも体調を崩さないように栄養のあるワカサギ、菜っ葉、落花生(栄養有るのかな?)を食べさせました。
毎度の事ですが、ワカサギは雌鶏に大人気ですね。
卵を産む為の栄養(動物性のたんぱく質)が豊富なのか4羽で奪い合うように取りに来ます。
偏っては可哀想なので1羽ずつ順番に食べさせるのですが、若い長女が凄い勢いでジャンプして取りに来るのです。
(確かに一番卵を産んでいるのでお腹も一番空くんだろうな〜と思って少し多めに食べさせちゃいます)

左:立ったまま昼寝中の雌鶏(地面が湿って冷たいのかな?)
右:長男は直立不動、何か考え事?それとも北風が寒いから固まってるのかな。
2006年1月22日(日)
8年振りの大雪の翌日は・・・。 (臨時拡大版週末日記)
昨日の大雪は関東一帯を銀世界へと変えてしまいました。
明け方では我が家、周囲の家屋の屋根から雪が重みで落ちる「ドスン、ドスン」と言う車のドアの開け閉めに似た音が響き渡って”想定外”の積雪量を物語っております。

私は9時頃起床しまずは戸を開けて外を眺めるとそこは北国のような銀世界!
道路には車が殆んど通らずに偶に来る者は「ガラガラガラ・・・シャリシャリシャリ〜」と言うようにチェーンを巻いております。
近所の方が既にスコップと一輪車を使い道路の雪かきを初めてます(ご苦労様です)。

コーチン達は、昨日とは一変して天気も快晴と言う事もあり庭に出て散策を初めております。しかしやはり雪の上は寒いのでしょうか雪の無い所を選んで歩いているようでした。
ただ、屋根から落ちる雪が怖いようで”ドスン”と落ちる度に安全な場所に「グェ〜」と言いながら避難をしてます。
彼らには、今日はほっかほかの温めたワカサギを振る舞いました(喜んでました)。
私は写真を撮り終えると、熱〜いモツ煮をかき込んで食べました(笑)。

・上画像:長男コ−チンの雪中行軍! 親達が行かない雪の深い場所を探索中、若いだけあって好奇心旺盛ですね。でも寒くてすくんでます(笑)。

・下画像:屋根からの落雪に驚き兄弟の家に避難した一家、雌鶏は4羽とも中に避難し、父(右)と末っ子(左)が外で見張ってます。
2006年1月21日(土)
一日中雪でした。
今日は早朝より絶え間なく雪が降り続き正午頃には5cm程積もりました。
今年2度目の本格的な雪になった訳ですが、今回は前回を上回り夜には10cm近くの積雪です。
コーチン達も珍しい風景に興味津々でした。
私は父のPCのメンテナンスと夕方に降り積もった雪で雪だるまを作りを行い現在HPを更新しております(PM11:30)。
東北や北陸等の雪に悩まされる地域の方には大変厄介な雪ですが、関東等の地域の人間には珍しいので童心に戻りつい雪だるまなどと言う物を作ってしまいます(何歳になっても・・・笑)

コーチン達も歳をとったのか若い時のように雪の中をはしゃいで歩き回るような事はしないようで、
今日は大人しく1日の大半を軒下で”雪宿り”をしてました。
やはり、雨の時と同じく父コ−チンは兄弟に対して”あっちいけ攻撃”はせずに家族だんらんな和やかな雰囲気でした。
時々退屈なのか、体を動かしたくなるのか軒下から出て行く事もあるのですが、雪の上は余り歩きたがらないようです。
素足だから当然なのでしょうが、雪が積もって無い場所を探しながら移動してます。
喉が渇いた時は雪を突付いて食べてましたが、その光景が私にはとても寒そうでした(笑)。

今日のコ−チン達の食事は、朝/昼/夕に少しずつ米+配合飼料を食べさせて、おやつにはピーナツをあげました。
雪で自然界も餌が少ないせいかスズメやヒヨドリ達が朝からコ−チン達の餌を狙って周囲に群がっていたのですが少量ずつの食事なのでコーチン達が満腹になって餌箱から離れ野鳥達が来る頃には”カスだけ”になってます。
ハラペコの野鳥には少々可哀想だったりもしますが、彼らも餌が無い事を学習すれば来る事も減るでしょうから・・・。

明日の朝には雪が上がり恐らくは快晴になるのでしょうが、路面がツルツルに凍り、我が町でも色々と事故などが起こりそうですので、歩行者も車も細心の注意をしなくてはなりません(雪には慣れてませんので・・・)。
私は明日も家に引き篭もりかもしれません(多分PCいじりかな〜)。
例え用事があっても車は絶対に運転する気にはなりませんね(自転車も怖い〜、やはり徒歩かな?)。

左:雪の中のお散歩、雌鶏ちゃんが雪を食べてます(さっむそ〜)。
右:雨宿りならぬ”雪宿り”をする一家、天気が悪い時は父も兄弟に寛大です(手前は父コ−チン)。
2006年1月14日(土)
雨宿りな1日でした(大雨!)。
昨日からこの冬にしては異様に暖かく、湿っぽい天気でしたが本日午後から本格的な大雨となりました。
夕方には真冬なのに雷が鳴る有様で、県内では100mm/1hを越える台風並みの雨量を観測しました。
これが数日前までの寒波であったなら大雪となったかもしれません。
日本海側の積雪の深い地域がこの雨で雪崩や家屋倒壊などの被害に遭わないかが気に掛かります。

本日のコ−チン達は雨の中で朝の散歩をした後は軒下に避難しての雨宿りとなりました。
にわとりは基本的には雨でも油が塗られた羽により水を弾くので多少は大丈夫のようですが、こう大雨だと流石に染み込んで気持ちが悪いのか軒下で昼寝をしたり、毛繕いをしたり、水遊び(↑の写真のように水溜りに入って・・・)をしたりと暇な時間をそれぞれが楽しんでいるようでした。

■イメージバトン
白色レグホンのこぶ平君とプチコッツコの耳耳ちゃんを飼われているこぶ平さんからイメージバトンなる物が来ました。
ルールは下記で連想ゲームのような物のようです。
ただ、回す方がおりませんので次の方の指名は止めます。

【ルール】@イメージでつながっている言葉(キーワード)の最後に自分で1つ新しく付け加える。
【ルール】Aそれを新たに『3名様を指名』した上でお渡しする。
今までのイメージたち。

「海」→「ブルー」→「サッカー日本代表チーム」→「ドイツ」→「ソーセージ」→「バーべキュー」→
「カニ」→「白砂」→「砂丘」→「海」→「太陽」→「ひまわり」→「種」→「スイカ」→
「うめぼし」→「和歌山」→「みかん」→「あたしんち」→「猿山」→「赤ちゃん」→
「フレンチブルドッグ」→「おばあちゃん」→「ボーリング」→「ハイタッチ」→「アメリカ」→
「カジノ」→「ドラクエ!!!」→「スライム」→「キング」→「トランプ」→「マギー審司」→
「ジュエリーマキ」→「後藤真希ちゃん」→「モーニング娘。」→「テレビ東京」→「旅」→「駅弁」→
「牛タン」→「カルビ」→「脂肪」→「カプサイシン」→「ナルリョラ イスンヨプ」→「金本知憲」→
「ミラクルホームラン」→「逆転」→「旗」→「体育祭」→「打ち上げ」→「飲ま飲まイェイ」→
「一気飲み」→「ウコン」→「カレー」→「ケイン・コスギ」→「森山未來」→「長澤まさみ」→
「永沢くん」→「藤木くん」→「紫」→「桜島」→「長渕 剛」→「石野 真子」→「かとちゃんけんち
ゃんご機嫌テレビ」→「ヒゲ」→「お札」→「身代金」→「歩道橋」→「東京ラブストーリー」→「振り
向く」→「幽霊」→「トンネル」→「雪見だいふく」→「ゆうこりん」→「不思議ちゃん」→「天然ボケ
」→「ぶりっこ」→「さとう珠緒」→「ぷんぷん」→「靴下」→「穴」→「もぐら」→「もぐらたたき」
→「アーケードゲーム」→「ゲーセン」→「スペースインベーダー」→「70年代」→「ドラえもん」→
「ポケット」→「ビスケット」→「唐沢寿明」→「♪ダバダ〜」→「ミヤモト アモン」→「演出」→「舞台」
→「歌舞伎」→「阿国」→「菊川 怜」

菊川怜と言えば東大ですが、それでは面白く無いので出演ドラマから取って「心霊現象」とします。
因みに心霊バスガイド(確か1年半前位だったか?)なのですが、私自身が「このドラマ中に霊が写っている」との事でドラマに少々関わった事があります。

左:一日中、軒下で仲良く雨宿りをするコ−チン一家、父もこんな日には怒りません(後ろ向きなのは末っ子)。
右:皆と離れて居間を覗き込む長男。コタツの上の煎餅でも狙ってるのかな?
2006年1月7日(土)
菜っ葉もどきを七草代わりに食べました。
昨日夜半から今朝にかけて関東でも雪が舞いました。
早朝まではほんの少し積もってましたが、9時頃には解けてしまい天気も快晴となりました(でも寒〜い)。
今期の冬は気象庁の先日の発表によると統計を取り始めて一番寒く、同時に戦後最も寒い冬との事です。
平均気温が平均よりもマイナス2.8度との事ですが、温暖化の為に寒い冬という説明は少し納得ができませんね。

今日は七草の日だと言うことも無かったのですが、栄養の為菜っ葉モドキを食べさせました。
いつも美味しそうに完食してくれるので食べさせる側としてもとても嬉しいのですが、食べている本人達も冬の柔らかい草が無い時期にはとても貴重な栄養源なのかもしれませんね。
因みにこの菜っ葉モドキは根が大根に非常に似てます(太さは人参程なのですが・・・)。
でも葉っぱは大根とは程遠く菜の花が成長し切った状態に近い形をしてます。
現在我々人間が食べている菜っ葉と言われる野菜達の原種なのかもしれませんね。
それから菜っ葉の後にはワカサギを食べさせて大満足の様子でした。

・長女の羽
現在1歳7ヶ月の長女は周りの雌鶏達が換羽でフサフサのモコモコになっているのに1羽だけ背中がハゲハゲ状態です。かといって特に食欲不振や痩せてしまっているという事は無いので病気でもないのですが・・・(見ていて寒そうです)。
食欲に関しては不振というより一番大食で、ワカサギを食べさせる時は他の雌鶏が(私から)貰って咥えている分も横取りをして食べる位に凄まじく元気の良い子です。
ハゲている背中が怪我をしたり、しもやけや凍傷にもなっていない事から特に今のところ問題は無いようですが、早く羽が生えて来る事を見守りたいと思います(ハゲたのは雄鶏が背中に乗るからだと思います。/若いからモテるのかな?)。

・分厚い氷
コーチン達の水飲みには今日も分厚い氷が張ってました。
どうも1日中解けずにあるようで、私が朝に割ったり、上から水を掛けたりしてもまた凍ってしまうようです。
因みに午後2時では1cm程の厚さがあり今年の寒波の威力を物語ってます。
ここ1週間で外の水道の蛇口が凍る事が度々発生しているので、少しは役立つかと思い荷物梱包の為の”プチプチ”を水道の栓の回りに何重かに巻いて見ました。
この事と関係のある毎朝の水仕事で出来た”私の手のあかぎれ”ですが、100均のハンドクリームでかなり改善していつもながらお店に感謝です。

左:七草粥は食べさせてあげられませんが、父さんコ−チン達が菜っ葉(モドキ)を食べてます。
右:兄弟コ−チンの昼休み(仲良しでホッとします/しゃがんでいるのは末っ子です)。
2006年1月3日(火)
新年、おめでとうございます!
新年明けましておめでとうございます。
今年は我らが酉年が去ってしまい戌年なのですが引き続きにわとりネタで盛り上がりましょう。
今年も宜しくお願い致します。

■私の正月休み。
私は丁度一週間お休みを貰い年末年始を満喫しておりますが、あっという間に本日・明日のみとなってしまいました。
特に何処かに行く事は無く、昼前に起床しコ−チン達と戯れたり、近所のス−パーや電器店、ホームセンターに行ってはあれこれと眺め自分が買ったかのような満足感を味わっておりました。
これが結構楽しくて特にヤ○ダ電器では地上波デジタルテレビ/地上波デジタル対応HDレコ−ダ−、1眼レフモドキデジカメをあれこれと見ておりました(買いませんでしたが・・・、店員さんお忙しい時に邪魔してご免なさい/笑)。
落語か何かで貧乏な人が鰻屋の前でその匂いを嗅いでご飯を食べたと言う話がありましたがそんな感じかも・・・。
夜は、連日テレビを見て過ごし、これはこれで結構楽しかったです。
テレビと言えば、ドラマは元々余り良くは見ない性質なのですが、学園物の”ドラゴン桜”が再放送されていて1回試しに見てみたら意外と楽しく結局最後までビデオに撮って見てしまいました。
こんな感じで寝正月に毛が生えたような感じでした。
皆様はどのように過ごされたでしょうか?

■こ-ちん一家の正月
今年の冬は本当に寒く、コ−チン達も朝の水飲みが氷の為に不自由しているようでした(クチバシで突付いてます)。
毎朝私の日課は餌やりとウ○チ拾い+氷割と言うようになりましたが、割った後にまた凍る現象には本当に驚きました。
人間からすると素足で霜柱の立っている地面を歩く事はしもやけや凍傷をイメージしますが、にわとりや他の野生の動物には特に問題が無く日常の事のようで平気な顔をして凍った地面を踏みしめてます。
確かに、北国では雪の上をオオカミや鹿、キツネ、クマといった動物が素足で歩いて生活してますので人間が特に寒さに弱く唯一靴などを履かなくては凍傷になってしまう例外的な動物なのかも知れませんね。

とは言え、やはり寒さに強い動物でも栄養が十分であって初めて寒い冬を乗り切れますので、コ−チン達にはワカサギや米(くず)、菜っ葉、人間の食事の残り(魚系がやっぱり好きみたいです)を与え新陳代謝を良くし体がより良く温まるようにしました。

左:正月カードを作って見ました(父さんコ−チンとお嫁さんVer)。
右:今年最初の全員集合写真(手前の若い長女の背中が抜け羽のため寒そうです)。
2005年12月31日(土)
今日は2005年の大晦日、喧嘩をした兄弟は仲直りできました。
年月が経つのは本当に早いですね。
あっという間に2005年の酉年が残り今日一日で終了してしまいます。
しかし振り返ると今年は自分のにわとりHPを立ち上げる事も出来て充実した1年であったと思います。
HPを見て下さる方々そしていつもHPを見させて頂いている方々、来年もまた宜しくお願い致します。

1週間前に兄弟喧嘩をしてしまった2羽はちゃんと仲直り出来たようです。
今日も2羽で仲良く行動してました(年内に問題が解決してホッとしました)。
鶏冠の怪我も大分良くなりカサブタが少し残っている程度です。
春先までの間にまた喧嘩をする可能性もありますが、とりあえずは一安心です。

ひび割れてしまった水瓶は接着剤で完全に塞がったのかその後水漏れを起こす事は無くなりました。
その後親戚の方が来てチラッと話を聞いたところ水瓶(元は火鉢ですが・・・)の相場は2万円程度との事でしたので接着剤で修復出来て本当に良かったです(2万円あったら+1万円位でデジカメが買えちゃいます)。

大晦日の今日はとても良い天気で掃除するにはもってこいの1日でした。
夜は色々な面白いTVが放送されるので日中に全て片付けるようにしたいですね!
まずは、小屋の大掃除と水瓶の掃除(慎重に・・・)、庭のう○ち拾いと落ち葉の掃除・・・。
今日掃除を頑張って明日は1日中ゴロゴロしながら今日見れなかった番組のビデオを見ようと思います。
皆様も良いお正月を!

左:日中はポカポカ陽気だったので皆でお昼休み(末っ子は寝てます)。
右:兄弟コ−チンの食事。仲良く食べている姿にはホッとします。
2005年12月25日(日)
仲直りしようね(3連休最終日)。
とうとう3連休も最終日です。
楽しみの時は待ち遠しくて、あと何日などとカウントダウンしている時が一番楽しいのですが、実際にその日が来てしまうとあっという間に過ぎてしまう物です(子供の頃、日曜夜のさざ○さんが終るとブルーになったのを覚えてます)。
・・・と言う事で明日からまた年末のてんこ盛りな仕事を頑張って片付けましょう(3日間で仕事収めですから・・・ヤッホ〜)。
因みに関東では、朝晩の冷え込みはとても厳しかったものの日中は快晴で良いお天気でした。

・昨日の大喧嘩のその後・・・
約10ヶ月ぶりに大喧嘩をしてしまい昨日から引き離して頭を冷やしている兄弟コ−チンですが、私が目が配れる時間だけ試しに一緒にしてみました(今朝まで末っ子は小屋の中で大人しくゆっくりと休ませました)。
するとどうでしょうか、昨日の闘志剥き出しだった2羽がいつもの仲良し兄弟になっているではないですか〜。
とりあえず良かったですが、目を離すとまだ心配なので今日は2時間程末っ子に食事・砂浴び・運動をさせてまた小屋に入って貰いました。
末っ子には私が年末年始の休みになるまでもうちょっと我慢してもらう事にします。

・おやつ
本日は菜っ葉とワカサギを食べました。
ワカサギは雌鶏しか食べずに雄鶏たちは遠巻きに食べっぷりを感心しているような表情で眺めてます。
菜っ葉は全員参加で少しずつちぎって食べてました(雄鶏はベジタリアンかも知れませんよ〜)。
冬場は食べ物が少なく、病気にも掛かり易いのでなるべく栄養があり体力が向上するようなものをこれからも食べさせてあげようと思います。

・昨日の水瓶
シリコン接着剤が乾いたので水を張ってみました。
とりあえず水漏れは無いようなので修復が成功したようで良かったです!
今度から洗う時は気を付けて洗うようにします(反省)。

左:仲良く皆で菜っ葉を食べてます。兄弟も仲直りしたようで、並んで食事をしてます。
右:水飲み場の氷、正午だと言うのに連日氷が溶けずに残ってます(冷たそう〜)。
2005年12月24日(土)
またしても兄弟喧嘩勃発・・・今年の3月以来の再戦(3連休中日)。
今日は良くない事が立て続けに起こりました。
折角の3連休だったのですが、がっかりです・・・。

・兄弟喧嘩
コ−チン一家の普段は仲良し兄弟が何がきっかけだったのか庭を見たら突然長男と末っ子がライオンのように毛を立てて威嚇し合っているではないですか〜(ビックリしました)。
今にも両者が飛び掛る位の緊迫した雰囲気だったので私が割って間に入り末っ子を抱っこして一旦は引き離しました。
両者とも頭を冷やしたのか、暫く様子を見ていても喧嘩をするような感じではなかったのでその場を離れて部屋へ行き1時間程経ってから庭から「ドスン ドスン」という音が聞こえ外を見てみるとまた2羽が喧嘩をしているではないですか。
今度は両者とも互いの鶏冠や顔をかじっていて流血までしてました。
また間に入って2羽を引き離し、それぞれの怪我の様子を見ると末っ子の方が怪我の程度が酷いようで血がポタポタと鶏冠から流れ出している状態でした(痛そうです・・・)。
今年の3月にも同じように激しい兄弟喧嘩をしてお互い流血してしまったのですが、10ヶ月が経っての再戦です。
にわとりの場合はこの程度の怪我は直ぐに治ってしまうので大した事は無いのですが、見ている方は心配になります。
特ににわとりとしては珍しい仲良し兄弟だった2羽なので、3月の時のように仲直りして欲しいものですね。
とりあえず末っ子は静養小屋で暫く休んでもらいほとぼりが冷めてから一緒にしようと思います。
(長男は閉所恐怖症のようで、狭い所に入れると暴れてしまうので末っ子には可哀想ですが小屋に入って貰います)

・コ−チン一家お気に入りの水瓶が・・・
私の不注意で割れてしまいました。
いつものように水の取り替え作業をしている時に、コンクリ−トの上にいつもより少し荒く置いてしまい底が少し欠けてしまいました。 欠けた所は土台の所だったので大した事が無いと思い掃除と水替えを終えていつもの場所に置きました。
暫く後に見てみると水が大分減っていて底の方から流れ出してました。
良く見ると底から瓶の側面にかけてひび割れが出来てしまってました(無念・・・)。
とりあえず割れた場所を綺麗にして乾かした後に雨どい・風呂用の接着剤で補修してみる事にしました。
これで治ってくれると非常に有難いのですが・・・。
明日の午後になれば乾く筈なので水漏れがしないかチェックをしてみます(治ってくれ〜)。

左:兄弟喧嘩で怪我をした兄弟(左は兄で右は末っ子/翌日撮影)。痛そうです。
右:瓶が割れてしまい、雨どい用の接着剤で補修をしました。
2005年12月23日(金)
今年は本当に寒いですね〜(3連休初日)。
「さぶい〜、チャブイ〜、う〜」。
朝、コ−チン達の餌や水の手入れをしていて水に手をつけると思わず独り言が多くなってしまいます(笑)。
今年の冬は連日寒波のニュ−スも放送されてますが本当に寒いですよね(1月2月はどうなる事やら・・・)。
私の手もその影響かあかぎれしてしまい水がとてもしみます。

コ−チン達は、寒波と言えども日中のお日様が当たっていてポカポカの時でも何故か日陰に引っ込んでしまいます。
何故なんだろうか? 私ならばフサフサの落ち葉や芝生の上で日向ぼっこするだろうに・・・。
もしかして真冬の為にモコモコになった羽毛が日に当たると逆に暑いと言うのだろうか?
彼らの考えている事は彼らではないと解りませんがもし鶏語翻訳機が出来たら是非聞いてみたいですね。

ワカサギを今日も食べさせましたが、何度与えても飽きないと言うか大好物ですね。
いつも冷凍状態から解凍する時にザルに入れてボ−ルの中のお湯につけて置くのですが、そのまま持って庭に出て行き食べさせるものだからボ−ルやザルを持っているとご馳走にありつけると”パブロフの鶏”状態になってしまってます(笑)。
それで、今日もザルを持って外に出た途端に雌鶏4羽が私を取り囲み凄い形相で私の持っているザルを奪おうと一生懸命にジャンプをして頑張るのです。
彼女達にも性格があって、お行儀良くあまりアタックをせずに待っている子や積極的な子など色々ですね。
因みに、群れの中で一番順位が低くおばさんコ−チン達に突付かれて良い場所にあまり眠らせて貰えない長女は食べる事に関しては若く食欲が旺盛なのか他の雌鶏達を圧倒してます。
おばさんコ−チン達が咥えているワカサギを奪おうと追い掛けたり、1羽ずつ順番に1匹ずつ与え食べさせている私の指をワカサギだと思ってパクッと咥えたりと・・・(本気でかじるので結構痛いです/泣)。
人間で言えば、普段大人しい人がハンドルを握った途端凶暴化してしまうような感じでしょうか(笑)。
まあ、一番卵も産んでくれるのでお腹も減るのでしょうね。
沢山食べてこれからも沢山卵を産んで長生きしてね!

左:日向に来たら〜、寒くないのかな?。 父さんコ−チンが見張り中です。
右:長女が落ち葉の中から虫を探してます(若いからなのかこの子だけは背中がはげてます・・・)。
2005年12月17日(土)
今日は比較的暖かな一日でした。
朝起きてコ−チン達の食事を用意したり、水を変えたり、う○ちを拾ったりするのが私の日課なのですが、このところ連日氷がはっていた水飲み場に今日は氷が張ってませんでした(一度張ると日陰なので昼過ぎまで解けません/割ってあげないと水が飲めないです・・・)。
今日はそれだけ暖かいのだと思いますが、確かに庭の掃除をしているとじんわりと汗が出てきます。

冬本番なこの時期は、フカフカの羽毛に身を固めたにわとり達でも活発に動く事は止めて日向や風が当たらない陰でじっとしている事が多くなります(人間や他の猫や犬等の動物もこの点は同じですね)。
そのせいか、食べる量も少しずつ少なくなっているようでウ○チの量も少なくなってます(これは助かります/笑)。
冬になるとカエルやトカゲ、クマのような冬眠をするような生き物も多いと思いますが、確保出来る獲物が少ない冬ににわとりも代謝を抑えてある程度食べなくても大丈夫な体質に本能で自然に移行しているのかも知れません。
我が家では夏や秋と同じ量の餌を与えてるのですが残りが多くなってしまうので少し減らすようにしてます。
(残りが多いと、スズメやヒヨドリなどが大群で押し寄せてしまいますので・・・)
因みに卵はこの時期は一番産まなくなって先週も書きましたが1〜2個/1日と一番産卵する春と秋に比べて半分程度の量です(暑く体力が落ちる真夏も冬の次に産卵が減りますよ〜)。

・鶏冠の色
上にも書きましたが、新陳代謝が低下している事もあり、特に卵を産む為に栄養を使ってしまう雌鶏達は暖かい時期のような真っ赤な鶏冠の色が白い薄いピンク色に変わってしまいます。
少しでも血色を良くしてあげようと思い、土日には栄養のあるワカサギ等を与え、菜っ葉もほぼ毎日食べさせてあげてはいるのですが中々真っ赤な顔色にはなってくれませんね(笑)。

・この時期は体調不良が心配です。
昨年の丁度この時期(2005年1月)に体調不良で雌鶏1羽を生後2年9ヶ月程で亡くしました。
病気で亡くした鶏はこの時が初めてですが、食欲が落ちて1羽だけ皆と離れてじっとしている姿を良く見かけました。
既に群れについて行くだけの体力が無かったのかなと今になれば悔やまれます(体重も半分程になってました)。
もしもあの時に暖かい室内に段ボ−ルハウスを組み立てて静養させていたなら救えたかもしれません。
今年に静養の為の小屋も作ったので、この教訓を生かし1羽1羽を注意深く見るように心がけようと思います。
愛鶏家の皆様も特に私と同じく野外で飼われている場合は食欲低下と体重減少には気をつけてあげて下さいね。

左:雌鶏が仲良く並んで休んでます(世間話でもしているのかな?)。
右:長男コ−チンが松の木の下でお休み中です。向こうに見えるのは父コ−チン(背中がはげてます・・・)。
2005年12月10日(土)
今冬、初めて氷がはりました。
このところ朝晩の冷え込みが一段と厳しくなって来ました。
私が通勤に使っている自転車も帰宅する夜にはサドルに霜が一面に凍り付いている状態で、まともに座れない程です。
それから、今週の前半(火曜日だったかな?)に今期初めての氷を見ました。
凍っていたのはコ−チン達の水飲み場で瓶の中に薄い氷がはっていて本格的な冬の到来を感じました。
私の仕事の方は今週一杯横浜に詰めていて大忙しでしたが、来週に溜まった仕事をこなせば一段落な感じです。
(今週は本当に忙しくて参りましたが、何とか体調も崩さずに乗り切れました)

コ−チン一家は寒さにも負けずに毎日庭で散歩を楽しんでます。
温かい季節には沢山庭のあちこちに居た虫や美味しい草(人間には雑草なのですが・・・)が冬には無いのでその点は不満を持っているのかもしれませんが、その分乾いた砂での砂浴びを満喫しているようです。
今日は毎週お決まりの冷凍ワカサギに野生の菜っ葉(本当にそうなのだろうか?)を食べさせました。
いつもながら喜んで食べてくれるので見ていてもとても嬉しいです。
因みに、冬は虫が居ないせいかワカサギは飛び跳ねて私の指ごと噛り付く勢いです。
実際に今日も何度か雌鶏達に噛まれてちょっと痛かったです(笑)。
その間、雄鶏達は遠巻きに見ているだけで相変わらずワカサギは食べようとしませんでした(好みが違うのかも・・・)。

・卵
このところ寒さが厳しくなり、4羽の雌鶏が産む卵の数が1〜2個/1日となりました。
寒さの為に新陳代謝が抑えられて栄養が寒さから守る脂肪になり卵を作り出す栄養までは捻出できないのだと思います。
養鶏場で1年中温度管理や照度管理されている雌鶏は全ての季節で沢山産むのですが、その分体に負担がかかり短命になってしまいそうですね(この前、某テレビでの某占い師はちょっと言い過ぎでてますが一理あると思います)。

左:父コ−チン達の食事、兄弟が少し離れた所で食事が終るのを待ってます(一応、集合写真)。
右:菜っ葉を食べる雌鶏、大好物の菜っ葉を食べて大満足な様子(冬は草が少ないので大事な栄養源です)。
2005年12月2日(金)
金曜日だけど、週末日記
今日は目覚し時計が鳴らなかった(?)ので、寝坊をしてしまいました。
鳴らなかったのか自分で止めてしまったのか定かではないのですが・・・(笑)。
と言う事で今日は午前休をとり午後から仕事に行く事にしました。
このところ朝晩に冷え込みが厳しくなってきましたが、今日の日中は快晴でポカポカ日和でしたので色々と溜まった仕事を午前中に済ませる事にします(ついでにコ−チン達の画像も撮影しましたよ〜)。

ポカポカ日和に誘われてコ−チン達も日向ぼっこと砂浴びを満喫してます。
丁度フサフサの草(竜の髭って名前だったかな?)があったのでそこで皆目を細めてコックリコックリと昼寝をしながら羽の角度を変えたり、広げたりと羽を乾かしながらの昼寝です。
私も彼らを見ていたら昼寝をしたくなりました(皆さんもこんな気持ちになりますよね)。
(私は、後で出勤の時に電車の中で昼寝をします。 電車の揺れが気持ちよいんですよね〜)
因みに、彼らの中でそう言うふうに決めているのか、砂浴び組と昼寝組に分かれて交代でそれぞれ楽しんでいるようです。
フサフサの草の1m程離れた所に砂浴び場があり今日は地面も乾燥して気持ち良く砂浴びをしてました。

・巨大な菜っ葉
近所の空き地に巨大な菜っ葉らしき草が生えてます。
丁度この時期に成長して、見た目は大根の葉っぱが少し大きくなったような感じです。
人間の私は食べてはおりませんが、コ−チン達はこの菜っ葉(?)がヒヨコの時からの大好物なのです。
今日も1株抜いて来てたべさせてあげました。

・兄弟コ−チンのお宅を掃除
コ−チン一家の母屋は毎週掃除をしておりますが、兄弟コ−チンの家は2羽しか住んでなく余り汚れないので日々のウ○チ拾いでとりあえずは十分なのですが、今日は寝床の止まり木と床板を剥がしてデッキブラシでゴシゴシと水洗いをしました(床板は水洗いを前提に防水加工した12mmのベニヤ合板です/ツルツルの材質なので汚れも落ち易いです)。
これでまた2ヶ月位は大丈夫でしょう!

・庭の落ち葉掃除
ケヤキとカエデと名前が解らない広葉樹の葉が大量に落ちたので庭の端から順番に掃いていきました。
しかし私の後をついて来たコ−チン一家は「まとめた枯葉の中に何か美味しい物があるのでは・・・」と思ったのか、順番に蹴散らしてしまうんです・・・(泣)。本人達は凄く楽しそうでした。

・ヒヨドリの大群!
秋からちらほらとスズメに混じって我が家に来ていたヒヨドリが数日前から30羽以上の群れを組んでやってきます。
スズメと比べて体格が数倍あるので群れが止まっている電線がたわんでいるのが見て解るくらいです。
彼らもコ−チン達の餌を狙っているのだろうか?
スズメより沢山食べそうなので困ってしまうので対策を考えなくては・・・、と言いつつ先送りなのですが・・・。
以前、夕方のニュ−ス番組のようなワイドショ−のような枠で近所の困り事のようなテ−マをやっていてヒヨドリの大群対策をやっていた記憶があります。
我が家より深刻で、数千羽〜数万羽だったですが、住民が追い払う為に色々と工夫をしていてロケット花火やヒヨドリの警戒声をラジカセから流すといった対策を取ってました(結局は別の場所に行くだけで根本的な解決では無かったような気がします・・・)。
これは難題ですね。

左:父コ−チンと雌鶏の昼寝、このフサフサの草がきっと丁度良いんでしょうね。
右:兄弟コ−チンハウスの床と止まり木の掃除をしました。
2005年11月26日(土)
気持ちの良いぽかぽか日和でした。
このところ週末も天気がよく温かい日和が多く嬉しいですね。
こんな日には日頃の運動不足を解消する為にサイクリングやウオ−キング(ジョギングは少しキツイので・・・)をしようと常々思っているのですが、どうしても休日は朝寝坊してしまい溜まった用事を一通り済ますと夕方になってしまいます。
因みに今日は10:30位に起きてコ−チン達の朝食(昼食かな?)を用意して、庭のウ○チ拾いと羽拾い、鶏小屋の掃除、植木の落ち葉拾いを行い13:00位に私の昼食兼朝食といった感じで、午後は部屋の掃除と平日溜まったビデオを見ていると夕方になってます。

秋から食欲が増したコ−チン一家ですが、冬を前に丸々と羽毛がフサフサになりました。
特に雌鶏達が丸々と太っているように見え、見るからに温かそうです。
抜け羽が一番多く一時期とても貧相になってしまった雌鶏も完全に羽が生えそろい立派にフサフサになりました。
上の写真を見て貰うと解ると思いますが、雌鶏のお尻は皆プリプリになってます(笑)!

・砂浴び
小屋の近くのつる草(草花ですが余り良い物ではないようです)を刈り、綺麗にしたところ格好の砂浴び場になりました。
1日に何回かその場所で砂浴びをしているようですが、本日新たに発見した事があります。
それは、午後4:00過ぎの薄暗くなった夕方に雌鶏達が何とその砂浴び場で砂浴びをしているのです。
最近小屋掃除の時に「やけに砂が多いな〜」と感じていた私はその訳を今日知りました。
その砂浴びの最中に気が済んだ者から順番に小屋に入り寝床に入って行き就寝となるようなのですが、この行動が「人間のお風呂の習慣」に重なりにわとりも寝る前に体を綺麗にするんだな〜と感心しました(寝ていて痒いのだろうか・・・?)。
因みに、父さんコ−チンはいつもはどうか解りませんが、今日は砂浴びをしませんでした。
兄弟は寝る直前まで食事をしていて終ると直ぐに寝てしまうようです。

・父コ−チンの背中と尾羽
今年の羽換では綺麗になりませんでした。
と言うか、余り抜け羽が無いようでボロボロになった羽がそのままの状態なのです。
もう2年位はこんな感じなので、次(来年?)の秋に期待しようと思います。
出来る事なら昔の若い頃の立派な姿にしてあげたいのですが、自然の成り行きに任せる事にします。
(でも立派な姿になると息子達と区別がし難くなりそうですね)

左:食事風景、珍しく全員写ってます(兄弟は少し離れた所で親達の食事が終るのを待ってます)。
右:末っ子の一休み、末っ子は最近良くこの場所で座ってます。彼のお気に入りの場所のようです。
2005年11月19日(土)
益々寒くなりコ−チン達の羽毛が羨ましいこの頃です。
天気は良いのですが、この頃は朝晩が寒く人間にはスト−ブが欠かせませんね。
四季と言いますが、春夏秋冬を四分割すると3ヶ月ですが、冬は何時から何時までなのでしょうか?
12月〜2月? 3月は未だ寒いし、11月だって寒いので私の中では冬は5ヶ月位存在する計算になります・・・笑。
(まあ、どうでも良い話なのですが・・・、季節について以前から疑問を持ってました)

今日も恒例の冷凍ワカサギとピ−ナツを沢山ご馳走しました。
毎度の事ですが、雌鶏達の食欲には驚かされますね。
1羽ずつに均等に1匹ずつわかさぎを渡すのですが、私がもたついて次のワカサギを出さずにいると飛び跳ねて来て私の指までかじります(笑)。
まあ食欲がある事は元気の証拠なのでよい事です。
雄鶏はワカサギは食べませんが、ピ−ナツは7羽が入り乱れての争奪戦になります。
やはり雌鶏の方が速く沢山食べているように見えます(実際そうなのだと思いますが・・・)。
兄弟コ−チンは父コ−チンに怒られるので一番離れた所で食べます。

・庭の野鳥
いつもの常連客のスズメに先週あたりからヒヨドリが加わって結構賑わってます。
「ピ−ピ−ピ−」、「ギャ−、ギャ−」と彼らは鳴くのですが、コ−チン達には余りうるさくないようで平然としてます。
今年もテレビニュ−スで放送されている鳥インフルエンザが野鳥によって感染するとの話ですが、主に水鳥(カモとかでしょうか?)が原因との事でとりあえずは一安心です。
しかし、彼らはコ−チンの餌を食べて代わりに糞を餌箱の中に落として帰るので何か良い方法が無いかと考えてます。
(こればかりは妙案が無く難しい問題です・・・)

・餌のレポ−トを更新しました(先日購入した配合飼料)。
もしこれからにわとりを飼育するような方が居れば参考にして下さい。

http://www.geocities.jp/nagoyapiyo/niwatori/esabako.html

左:父コ−チンとお嫁さん達の食事(最近少し食欲が落ちてきました)。
右:雌鶏、何かを期待してそうな顔です(私が食べ物を隠し持っていると睨んでいるのか・・・)。
2005年11月12日(土)
落ち葉の季節ですね・・・焼き芋食べたいな〜。
このところ以前の雨続きな週末から秋晴れが長続きするようになり気分も良いですね。
今日も快晴で、色々と家周りの仕事がはかどりそうです。

今日は風が昼過ぎから出て来て、庭の木々の枯葉が随分と落ちました。
とりあえず一箇所に集めてみたら、コ−チン達が枯葉の中を物色し始めました。
何か虫でも居るのでしょうか? 箕の虫とか・・・。
枯葉でも、土でも、芝生を刈った奴を一箇所に山の状態で置いておいても彼らは興味深々でやって来て、足でカキカキしますのできっとバ−ゲンセ−ルに群がる人達のような心境なのかも知れませんね(見ると我慢できないのかも)。
枯葉は燃やして灰を植木の土に混ぜる為に使いましたが、燃やしている途中で芋を入れておけばな〜とふと思いました。
しかし既に大半が燃えてしまったので今回は諦めます(今回はもみじですが次はケヤキが落ちます)。

・にんにく
いよいよ終盤です。
このところ余り食べて無いのかコ−チン達のウ○チも余りにんにく臭くありません。
因みに、にんにくを食べた後のコ−チン達の息もにんにく臭いです。
(この前、末っ子を抱っこした時に口から匂いがしました・・・)

http://www.geocities.jp/nagoyapiyo/niwatori/Kochin_Material/garlic.html(にんにく畑のまとめ)

・ペンキ塗り
本日コ−チン一家の母屋の屋根のペンキを塗り替えました!
4年近くも手入れをしてなかったので以前のペンキがくすみ、所々剥げている状態でよい機会でした。
ペンキ塗り自体には秋晴れで良い天気でしたが、午後から次第に風が強くなり塗りたてのペンキに枯葉が・・・。
しかし翌日見てみると、綺麗に仕上がってました。 良かったです。
(私は翌日筋肉痛でした・・・修行がまだまだですね/笑)

http://www.geocities.jp/nagoyapiyo/niwatori/Kochin_Material/paint.html(ペンキ塗りレポ−ト))

左:父コ−チンとお昼寝、晴れてますが寒いです。でもフサフサの羽毛があるので安心して寝れます。
右:末っ子の落ち葉チェック、何か良い物あったかな?
2005年11月5日(土)
本日は晴天なり。
私にとっては久し振りに天気の良い土曜日でした。
庭のコ−チン達も生き生きしているように見えて「秋晴れって良いな−」と幸せな気分です。
しかし明日にはまた雨が降るとの天気予報が出ているので今日中に小屋掃除、餌の買出し、庭の落ち葉拾い、通勤用の自転車の手入れ(サビサビで汚いので・・・)をしなくてはならないので朝から大忙しです。
ダイエットの為の運動もしなければならないのですが、掃除をやっていればそれなりに体力を消耗するのでまたの機会と言う事で・・・(先延ばしの口実っぽい)。

先週に多量の羽が抜けて寒そうな格好をしていた雌鶏はあっと言う間にストロ−状の物が生えてきて、今日にはその先端から綺麗な新しい羽が出て来てます。 この中途半端な姿がちょっと汚い感じもしますが、あと1〜2週間程でふわふわに綺麗な姿に変わる事でしょう。
父コ−チンの背中と尾羽も古い羽がいっそのこと全部綺麗に抜けて新しい羽が生えて来れば良いのにな〜とこの時期になると思うのですが、今年も抜ける事が無く以前の傷んだ羽が生えたままです(歳を取ると新陳代謝が悪いのかな?)。
その姿に比べ息子の長男コ−チンは立派な尾羽がピンと立って格好良くなりました(若い頃の父のようです)。

■小屋の大掃除
今日は、産箱の中の古い藁を捨てて、産箱と小屋をデッキブラシを使い水洗いをしました。
夏にはダニやら蚤等が住み着くので毎週水荒いと藁交換が必須ですが、秋・冬・春にも健康の為(特に今年は鳥インフルエンザが心配です)に2〜3週間に1回は水洗いまで行ってます(時間にして30〜40分位かな)。
これでコ−チン達も今夜は気持ち良く寝られます。

■餌の仕入れ
夏が終わり10月位からじわりじわりと食が太くなったコ−チン達ですが、やはり餌の減りを見ると一目瞭然です。
彼らの為に作ったにんにく畑が食を太くしているのかも知れませんが、冬の寒さに耐えられるように皮下脂肪を沢山付ける必要がありますので沢山食べてくれた方が私も安心できます。
今年の1月に亡くなった雌鶏は丁度去年の今ごろに余り食欲が無く元気もありませんでした。
死に直結する大病が直接の死因では無くても、体調不良や放って置けば治るような病気でもその影響で食が細って寒い冬を乗り切れなかったという事も十分有り得ますので、今のコ−チン達の大食を見ているととても心強いです。
そして今日は、以前購入した40Kgの餌の残りが少なくなって来たので行き付けのホ−ムセンタ−へ行き同じく40Kg(20Kg×2袋)を購入しました。
以前買ったのが、9月の半ばだったので2ヶ月位で食べてしまった計算になります。
実際には屑米を1/3程度混ぜているので55〜60Kg程度は7羽で食べていのではないかと思います。
もしも体重が150Kgとかのダチョウがにわとり並に食べたとしたら・・・。
恐ろしいですね。 体重がうちの雌鶏の40倍だとして、40倍食べたとしたら1ヶ月に40×(60/(7×2))Kg=171Kg
もしペア−で飼っていたら最低でも 300Kg/月・・・3.6トン/年 です!。
一般人には物理的なスペ−スもさる事ながら、餌の確保という点でも飼う事は難しいかも知れませんね。

ダチョウの話はさて置いて、私が購入している餌は”こがね”と言う20Kgの紙袋に入っているもので、他の餌には粉っぽい恐らくヌカと思われる成分がそのまま入っているのに比べこの餌は固形化しているようで全体的に大きな粒が多く食べ残しが少ない点でうちのコ−チン達に食べさせてます(近所のスズメにも人気のようです/笑)。
栄養的には鶏全般、孔雀、うずら用で、採卵鶏にもカルシウムやタンパク質も十分に配合されているとの事でした。
因みに値段は行き付けのホ−ムセンタ−で980円/1袋です(安いので助かります!)

左:父コ−チン、全身に太陽の光を浴びてます(きっとポカポカして気持ちが良いのでしょうね)。
右:今日は卵を2つ産んでくれました(大体この時期はこんな感じです)。感謝!
2005年10月29日(土)
このところ段々と寒くなってきましたね。
今日は午後から天気が崩れ小雨が舞ったものの、朝方に少し晴れました。
朝方に少し味わった秋の冷やりとした空気と晴天は気持ちが良い物ですね!
天気がずっと続くと良いのですが・・・、このところの雨続きは異常気象なのでしょうか?

こ-ちん達の一服した抜け羽でしたが、雌鶏の1羽がここ2日位で沢山抜けてしまいました。
背中、尾羽、首からお腹にかけてすっかり抜けてしまい一回り小さく見える位に抜けてしまいこのところの寒さで風邪でもひかないかと心配もしましたが、夜は中間達と一緒に並んでくっ付いて寝ているので多分大丈夫でしょう。
早くふわふわの羽毛が生えてくれると良いのにね!
そんな願いを込めて今日もワカサギとピ−ナツのおやつをあげました(すこし多め)。
いつもながら豪快に食べてくれるので見ていて嬉しいものです。
卵はこのところ少し減っていて今日は2個産んでくれました(最近は大体平均2個です)。
感謝です!

・スズメの大群
がやって来ました!
毎年なのですが、きっと田畑の米や野菜などのご馳走が収穫されてなくなって来たのでしょう。
餌箱の中に糞をしていき、20羽以上でやってくるので迷惑な話ですが、特に今年はニュ−スで放送されているように鳥インフルエンザが外国でも流行の兆しを見せている事からそちらの問題も心配です。
何か良い策は無い物でしょうか・・・?
木酢液を門に置いて約5ヶ月が経ちますが取り合えず犬を防いでいるこの有難い木酢液もきっとスズメには効き目は無いでしょうから何か考えなくてはいけません。
近くのホ−ムセンタ−(配合飼料や小屋の材料を仕入れているお店)には鳥対策コ−ナーがあり、猫の看板(目がビ−ズでピカピカ光る)やカラスの模型、大蛇がとぐろを巻いているゴム製の奴、昔からお馴染みの目玉のバル−ン・・・等がありますが、我が家のコ−チンも鳥ですから大蛇やカラスや猫は嫌いでしょうから怖がったり父コ−チンが飛び蹴りを仕掛けたりして駄目ですね。
何とかスズメだけ(冬になるとムクドリも・・・)が近寄らない仕掛けを考えなくてはなりません。
カラスの模型の代わりに父コ−チンの模型を置いておこうかな(本物の父の飛びげりが炸裂するのかな/笑)。

左:父コ−チンとお嫁さん、朝方の貴重な青空の下、歌舞伎ステップで私に挨拶(?)をしてます。
右:末っ子の昼寝、既に空はどんよりしてます(晴れてポカポカならもっと昼寝が気持ちいいのにネ!)。
2005年10月22日(土)
何故か今週末は雨です。 残念・・・
最近は雨降りが続き、やっと天気予報で天気が良いと出ていた今日/明日を期待していたのに、今日は雨でした。
そろそろ人間もにわとり達も青空の下で体を思いっきり動かしたい時期ですね!

夏の終わりから換羽が始まったコ−チン達ですが、このところ抜け羽が一段落して新しい羽が生えてきました。
首の周りの毛にはストロ−状(人間で言うフケ?のような物でしょうね)の物がいっぱいくっ付いてます。
見るからに痒そうで、雨宿りの最中もこまめにはず毛繕いをしていてカスが軒下に沢山落ちてます。
早く立派な尾羽や風切り羽になると良いね(特に雄鶏達)!

・にんにく畑
そろそろ終わりのようです。
この所天気が良くなく寒くなったせいなのか、芽が伸びるスピードよりもコ−チン達が食べる速さのほうが上回っているようです。この調子で行くと今月一杯でにんにく畑が姿を消しそうです。
庭が臭くなる位に沢山食べて冬の前に体力を付けられて取り合えずは良かったです(笑)。

・蹴爪
兄弟コ−チン達の蹴爪が長くなってきたこの頃、蹴爪にも個性があるのだな〜と解りました。
父コ−チンと末っ子はストレ−トなタイプで、長男は像の牙タイプです(上側に湾曲してます)。
今後この兄弟の蹴爪はどのように成長して行くのか楽しみです(伸びた後はカットしましょうね〜)。

・渡り鳥達
この頃渡り鳥らしき大型の鳥が沢山群れをなして飛んでいきます。
サギの種類でしょうか? 私には良く解りませんが、とにかく大きいですね〜(それに高度も高いです100m位?)。
何処から何処の行くのかも私には解りませんが、季節柄北の土地からやって来て南の方へ行くのでは・・・。
コ−チン達はその群れが気に入らないのか、怖いのか雄鶏を中心に「グエ〜」と空を見て警戒鳴きをしてます。
私の家にいるコ−チン一家は冬になっても何処へも行きませんが、野生のにわとりはどうなのでしょうか?
まあ、飛べ無いですから何処へも行けないと思うので元々温かい国の鳥だったのかもしれませんね。
それとも、冬眠でもするのかな・・・(笑)。
考えてみるとどうでも良い事でも楽しいですね!

左:今日も兄弟コ−チンは仲良く軒下で雨宿りです。
右:父コ−チンとお嫁さん達、天気が悪くても日常の運動は大切ですね。今日も小雨の中散歩をしました。
2005年10月15日(土)
今回の土曜日は天気が良いですね!
久し振りに太陽が照ってます。 汗ばむ位に暑いですが嬉しいですね!

コ−チン達はにんにくを毎日食べて、餌も沢山食べて青空の下で今日は元気に歩き回ってます。
やはり天気が良いと彼らの表情も生き生きとしてますね。
今日も土日恒例の冷凍シシャモと2〜3日前に食べた牡蠣の貝殻を食べさせました。
牡蠣の貝殻はそのままの状態で放置しておくと、雄鶏は見向きもしませんが、雌鶏達は自力で突付いてこぼれた破片を食べます(人間と同じく自分に足り無い物が食べたくなるのかも知れません)。
これならば逆に金槌で砕いて外に放置し、数日で風雨で流されるよりも食べたい時にセルフサ−ビスで食べられる量だけ突付いて食べて貰った方が何倍も効率がよいかも知れませんね。
でも貝殻を砕く力で本気で手の甲とかを突付かれたら・・・と思うとちょっと怖いです(笑)。
ヒッチコック監督の”鳥”状態を想像してしまいますね(それとオ−メンの一場面でもそんなシ−ンがあったような・・・)。
今のところそのような事は無いのですが、彼らにも間違いと言う事があるとおもいますので・・・。

・にんにく畑
ここ2〜3週間毎日食べてるようで、にんにくの芽が伸びたり短くなったりしてます。
このところ食べる量が生えるスピードを上回っているようで若干短めになってるように思います。
これから寒くなりにんにくの芽が生えなくなるとその時点で食べ収めと言う事になるのだと思いますが、流石に生命力の強いにんにくでも葉っぱが無い状態で光合成も行わずに食べられ続け、球根の栄養だけで再生するとなると春になってももう生えてこないかもしれませんよ〜(どうしましょうか?)。
まあ、来年になったらまたス−パ−で2袋位買ってきて植えてあげればよいので心配する事でもありませんね。
そう言えば、コ−チン達のウ○チの匂いですが、相変わらず餃子の具の状態が続いてます。
小屋の中もにんにく臭いです(笑)。
何かでにんにくやわさびの匂いは虫を寄せ付けないと聞いた事がありますが、にんにくの香りがするウ○チには果たしてハエは寄って来ないのでしょうか(暫く観察してみます)?
ひょっとして鼻の良い犬や猫(?)も近寄らないのかな?
そうだとすると大変有難い事だとも思えますね。 にんにく臭。

左:兄コ−チン、未だ小さいですが綺麗な尾羽が生えてきました。
右:末っ子、ふんばってコケコの雄叫びを上げてます。 ちょっとガニマタでしょうか?
2005年10月9日(日)
3連休は雨続きです。 残念!
せっかくの3連休だと言うのに、こう雨続きだとがっかりですね〜。
コ−チン達は毎日が同じなので余り関係が無いのかな?
それでも砂浴びや散歩も出来ないし退屈なのでやっぱり雨続きは嫌なのでしょうね。

コ−チン達は、終日軒下で雨宿りをして過ごしてました。
兄弟コ−チンと父コ−チングル−プは別の場所での雨宿りですが、どちらも暇そうにこっくりこっくりしながら過ごしてます。
人間の場合はゴロゴロして過ごすと余り食欲が無く1日2食で済んでしまったりしますが、彼らは食欲の秋なのか普段と同じ量の餌を食べてました(丸々と肥えそうな予感)。
因みに私はPCいじりや溜まったビデオを鑑賞して殆んど外出せず過ごし2食で十分でした(しかしこれでも肉が蓄積するんですよね・・・)。

左:仲良く雨宿り中の兄弟、左が末っ子/右が長男です。何か話でもしてるのかな?
右:父コ−チンとお嫁さん達の雨宿り、見張りご苦労さん!
2005年10月8日(土)
太陽が恋しい近頃です
このところの秋雨で晴れ間をずっと見ていないような気がします。
なんだか真夏の青空や照り付ける太陽が懐かしいな〜。

コーチン達はやはりこのところの雨続きで砂浴びが出来ずに青空を待ち侘びている様子。
今日も天気が一定では無く時々小雨が降る中、雨宿りをしながら羽繕いをしてましたが、きっと暇に思っていた事でしょう。
羽繕いで抜けた羽は連日かなりの量になり、その中で柔らかくふさふさして綺麗な物だけを集めて、他の物は毎日捨てておりますが拾っても拾っても翌日にはまた大量の羽が落ちてます。

そんなに抜けたら坊主になってしまわないかと不思議なのですが、抜けると次の羽が直ぐに生えてくるようで、坊主になる事は無いようです(他の鳥達もこの時期は抜けるのでしょうか?)。
うちのコーチン達は現在新しく生えた羽がストロ−状の皮に包まれてツンツン状態です(痒そうです)。
因みに、直ぐに羽が生えずに鳥が坊主になったら大問題で、本当に死活問題かもしれませんね。
にわとりは土の上で生活をしているので別に坊主になっても良いのかも知れませんが、例えばハトやスズメがもし坊主になったら飛べなくなり猫や犬等の外敵に直ぐに捕まってしまうでしょうからね。
こう考えると、鳥って歳を取ってもハゲたりしないのかも知れませんね(高齢でハゲているインコとか居ないですからね)。
そうだとすると、うちの父コ−チンもハゲが治る可能性がありますね。

因みに現在フサフサの羽はコンビニ袋の中位の量が集まってますが、結構沢山拾っているようで体積にすると余り増えないのに気が付きました(この分だと羽毛布団作るのに何年かかる事やら・・・)。

・にんにく畑
このところ芽が勢い良く出ていて大成功な感じです(秋雨が影響しているのかも)。
コーチン達のウ○チもニンニクをたっぷりと食べているのか強烈なニンニク臭を漂わせています。
なんだか庭に餃子の具を落としてあるような感じで一面がにんにくの香りがします(良い肥しになりそう・・・)。
でもニンニクを食べたせいか、雌鶏達も毎日卵を沢山産んでくれているので体調も良く夏の疲れが一気に取れて、これから冬に向けて体力を温存させるのには役に立っているのかもしれません。
にんにく畑については、今までの経過をまとめて見ました(下記URL)
http://www.geocities.jp/nagoyapiyo/niwatori/Kochin_Material/garlic.html

左:しゃがんで一休みの末っ子、天気が良ければ砂浴びできるのにね。 残念!
右:父コ−チンとお嫁さん達、散歩中なのかな。
2005年10月1日(土)
食欲の秋ですね。  そしてHP開設、半年!
秋になり涼しく過ごし易い日々が続いてますね。
コーチン達も真夏の2倍位は食べる勢いです。 そして庭には特大のう○ち!
まっ健康な証拠なので良しとしましょう。
10月になり、HP開設から約半年が経過しました。
にわとりエリアはそれなりになってきましたが未だやりたい事が沢山あります。
一気に追加したいのですが、中々難しいんですよね。 時間的に・・・。
まあ一気に作成してネタがなくなるより、ああしたいとかこの特集をしたいとか色々と考えられるから逆に今のままの方が長続きするのかも知れません(パソコンの方はTopだけで全然です/数年分はネタがありそうです・・・笑)。
私のHPに遊びに来てくれる方々、これからも地道にほふく全身の如く更新をしますので末永く宜しくお願いします。
(PCエリアはある程度充実した状態に今年一杯で持っていく事を目標にします)

今日のコ−チン達は涼しいせいかとても活発でした。
朝に約1Kgの餌を直ぐに平らげ、雌鶏達には冷凍ワカサギを30匹食べさせ、日中は庭を歩き回り、夕食(1Kg弱)の後に更に野菜屑をデザートに食べさせてまたも完食と言う感じです。
こんな調子で沢山食べるので翌日には大きなウ○チが沢山です。

・にんにく畑
やっと沢山出てきましたよ〜。
深く植えたのは実は正解だったようで、カキカキした跡がありましが球根まで掘り起こされてはおりません。
これで茎が食べられてしまってもまた何度かは生えてくるでしょう。

・毛虫
小さい頃に「鳥は毛虫とかを食べてくれる」とか何度か聞いた覚えがあります。
ツバメが益鳥と呼ばれている理由の話だったかもしれませんが、鳥が全部そうだと思ってました。
でもにわとりって青虫は食べますが、毒針がありそうな奴は全然見向きもしませんよね。
それともツバメや他の鳥も毒がありそうな奴は食べないんでしょうか?
因みにうちのコーチン達は、今現在庭の梅の木に発生した少し地味な毛虫に見向きもしません。
春に発生したアメリカシロシトリも駄目でした(気持ち悪がってるみたいな素振りをします)。

左:早く父さん達食べ終わってくれないかな〜と順番を待っている兄弟(左:兄、右:弟)
右:夕食後のデザートの野菜屑を食べる父さん達、またも順番待ちの兄弟? ちょっと可哀想です。
過去日記置き場は”こちら
本ぺージTop

ペットにわとり名古屋コーチン一家の成長記録|こーちんの庭

Copyright(C) こーちんの庭 All Rights Reserved. Since 2005.03.13