我が家のニワトリ達が使う“静養ケージ”

ニワトリの寿命は、長い子でも10年ほどです。 人間の一生と比べると1/10の密度ですよ。 人にとっては10年に1度の大怪我や大病も、コッコには毎年の出来事です。 4歳や5歳の中年以降になったら、人間の中高年と同じく、どうしても不調が多くなりますね・・・。

不調になった時、他のコッコ達に邪魔されずに療養できるのが“静養ケージ”です。 我が家の放し飼いコッコ達は、狭いケージ生活に何かと不満もあるでしょうが(笑)、体調が良くなるまで大人しく休んでくれるといいです。

不調時の“静養”のほか、ヒヨコ飼育にも使用します。 屋内飼育が要らなくなる中雛以降、鳩サイズになった大きめの名古屋コーチンの雛を軒下に置いたケージで飼育します。 幅75cm、奥行き40cm、高さ65cmの静養ケージなら、体格のよい名古屋コーチンを大雛まで飼育できますよ。 4ヶ月や5ヶ月目には手狭になるけど、生後3ヶ月か4ヶ月目くらいまでなら、2羽を何とか飼育できます。


YouTubeに“体調不良の名古屋コーチン雌鶏さん”動画をアップしました。
次のURLです:https://youtu.be/rVkDXxiKIXQ
6歳を過ぎた年長の雌鶏さんを静養ケージでお世話した時の映像です。

鶏の静養ケージ製作

2005年6月19日 ケージ製作開始! 材料を調達しました。

大きめの木製静養ケージ製作に着手しました。 過去に犬に噛まれた父コーチンや、足を悪くした末っ子が段ボールハウスで静養したことがありました。 しかしながら、雌鶏は狭い段ボールハウスを嫌い、暴れて抜け出すことが時々ありましたよ。 それだけ元気であると言う事なので良い事なのですが・・・。 ニワトリをずっと飼っていると、1年に1度や2度、不調になる子や怪我をする子がどうしても出てきますね。 その都度、段ボールハウスを組み立てて使うより、先のことを考えて、ずっと使い続けられる頑丈なケージを作った方が良いのでしょう。 そのような理由で、木材を使い通気性のよい大きめのケージを製作する事にしました。

簡単な図面を書き、材料の木材を近所ホームセンターから購入しました(写真)。 なるべく安く、2×4(ツーバーフォー)の木材を利用しています。 2×4は、角も取れていて、そのまま仕上げられるから便利です。 天井と床部分には雨と糞汚れを想定して、防水加工した合板を利用します。 木ネジを除いて、材料費はざっと5千円でした。

木材から電動工具で切り出す

各パーツの切り出し

図面通りに木材を切り出し、組み立てて行きます。電動ドライバー、電動丸鋸、電動ドリルを使いますよ。電動工具があると、疲れることなく作業が速く進むから便利ですね!

電動工具
電動工具を探す
Amazon.com
鶏の静養ケージを半分製作

静養ケージが半分できました

静養ケージが形になってきましたね。 「なぜ釘を使わずに木ネジなのか?」について、お話しをしましょう。 釘の方が打ち付けるだけで簡単だけど、垂直に引っ張る力に弱い性質があります。 特に底面の打ちつけには十分に注意しなければなりません。 一方、木ネジは電動工具を使わないと手に豆が出来ますが(苦笑)、垂直方向の耐力が強く、緩みも少ないから適していますよ。

静養ケージがほぼ完成
(静養ケージ左面は、解放状態で雨戸はありません) 前面と右側面の戸は閉まります
(静養ケージの前面と右面は、厚さ12mm合板の戸を開閉できますよ) 静養ケージの戸を開ける
(前面と右面の戸を開けると、こんな感じになりますよ)

ほぼ完成しました

静養ケージの大きさは、幅75cm、奥行き40cm、高さ65cmです。 背面のみが、12mm厚の合板で固定壁ですよ。 前面、左面、右面は、通気性のよい格子になっています。 冬季や台風時、前面と右面を閉められるように戸を設置しました。 サイズが大きいから、屋内には入れられず、軒下に置くことを考慮して戸を付けましたよ。 天板を蝶番で開くようにして、取っ手をつけています。 天板には、雨がかかっても傷まないように耐水加工の合板を利用しています。 骨太の木材を使ったせいで、仕上がったケージは想定外に重くなりました。 20Kgくらいあるように思います(笑)。 重いけど骨太で頑丈な作りだから、簡単には壊れないでしょう。

静養ケージと段ボールハウスを比較
(製作した静養ケージは、従来の段ボールハウスの3倍くらいの容量があります) 静養ケージは通気性と明るさも良い
(前面と左面の戸を開ければ、内部は明るく通気性も良さそうです)

今まで使っていた段ボールハウスと比較

今回製作した静養ケージは、重量が20Kgくらいになって“重すぎる”のは、大きなマイナスですね(笑)。 それ以外は、思い通りの出来具合で満足でした。 大きさも十分だから、体格の大きな名古屋ーチン達にも気に入ってもらえる筈です。

静養ケージで安静にする雌鶏

2005年6月19日 雌鶏さんが利用しました

数日前のこと。 交尾で背中に登った雄鶏の蹴爪で、雌鶏さんが怪我をしてしまいました。 その雌鶏さんに完成した静養ケージを使って貰いましたよ。 狭い場所が嫌いな雌鶏さんですが、段ボールハウスのように暴れることはなく、取りあえず一安心です。 このまま、じっと傷が治るまで安静にしてくれれば良いですね。 しばらくすると、怪我をさせてしまった雄鶏が静養ケージ内の雌鶏を心配して様子を伺っていました(写真)。

雌鶏さんをお見舞いする雄鶏
(静養ケージで怪我を治す雌鶏さんを、毎日お見舞いする雄鶏) 療養に専念する雌鶏
(落ち着いて療養に専念する雌鶏さん、静養ケージを気に入ってくれて良かった)

2005年6月25日 雌鶏さんは静養ケージで少しずつ傷を治しています

数日後、雌鶏さんの怪我が少しずつ治ってきました。 落ち着いた様子で静養する雌鶏さんです。 食欲もあり、小屋の中で卵も産んでいましたよ。 傷口の具合も良くなっているから、もう大丈夫のようです。 念のため、もう少し療養しておこうね〜。

名古屋コーチンの中雛を飼育
(軒下に置いたケージで名古屋コーチンの中雛を飼育する) ケージの中の中雛2羽
(生後1ヶ月目ちょっとの中雛2羽には、このケージが広々としていますね!)

ヒヨコ飼育にも使う静養ケージです

怪我や不調のニワトリを隔離して療養させるために製作したケージでしたが、ヒヨコ飼育にも利用しています。 生後1ヶ月を過ぎて体力が付いた“中雛”は、屋内飼育が不要になります。 しかしながら、5月や6月でも(中雛には耐えられない)急な冷え込みがあるし、大人のニワトリに突かれることも良くあります。 そこで、静養ケージの出番です! 中雛以降のヒヨコを軒下に置いた静養ケージで飼育します。 雨戸を閉めて“ペットボトル湯たんぽ”を使えば冷え込みにも対応できるし、柵があるから成鶏の虐めからも守れますよ。

我が家の名古屋コーチンは体格が大きい種類だから、5ヶ月目の大きな子を2羽を飼うのは厳しいけど、3ヶ月や4ヶ月目までなら何とか2羽を飼育できます(4ヶ月目の子は微妙かな?)。 昼間に放し飼いして、夜間の寝床だけに使うなら、5ヶ月目くらいの子でも大丈夫ですよ。 ひよこの飼育方法については、“ひよこの飼育方法ぺージ”を参考にして下さい。

本ぺージTop