にわとりの吸血虫&寄生虫

南関東にある“こーちんの庭”のニワトリ達は、4種類の害虫に悩まされています。 ニワトリを刺して吸血する“トリサシダニ”、“ワクモ”、“ニワトリヌカカ”と、お腹の中に寄生して栄養をとる“ニワトリ回虫”です。 何れも直ちにニワトリの生命を脅かす害虫ではありません。 しかしながら、痒さがストレスになったり、栄養を取られて貧血になったりしますから好ましくないでしょう(苦笑)。 根気よく対処しなければならないものもありますが、身近で入手できる殺虫剤や薬草で駆除できます。 害虫の被害が大きくならないうちに対処しましょう。

ニワトリに害を与える吸血虫や寄生虫は、早期発見が大事です。 下記リンク先ページにあるチェック方法を小まめに実践しましょう。 早期発見&早期対策(駆除)を行えば、被害を最小限に抑えられます。 ちなみに、冒頭に「直ちに生命を脅かすことはない」と記しましたが、もともと病気や高齢で弱っているニワトリには致命的になり得ます。 弱っているからこそ、運動能力が低下して害虫被害に遭いやすいとも言えますね。 元気なニワトリでも、寄生虫を放置して数が増えてしまうと命に関わるから要注意です。

最も多い寄生虫(吸血)被害は、鶏の身体に住み着くトリサシダニなのでしょう。 暖かい季節には活発になりますが、鶏の羽毛や皮膚の暖かい場所に寄生する害虫だから冬季にも少なからず被害があります。 砂浴びや羽繕いによって健康な鶏なら寄生されても少数にとどまるトリサシダニは、それらをできない高齢ニワトリや病気のニワトリで被害が深刻です。 クチバシが届かず羽繕いできない肛門周りの羽毛にコロニーを作ることが多く、定期的にお尻をチェックすると良いでしょう。

鶏小屋や産箱に住み着き、夜間に這い出て睡眠中のニワトリを刺すワクモは、トリサシダニと同じ“ダニ”の仲間です。 人を刺すヤブ蚊と同じ季節にニワトリを刺すニワトリヌカカは、ショウジョウバエに間違いやすいのが特徴。 そして、鶏のユルいウンチにウネウネと動くミミズのようなものを見付けたら、ニワトリ回虫だと思って間違いないでしょう。 これらの対処方法(駆除)について、下記リンク先で詳しく解説します。

トリサシダニ【寄生】 お尻に寄生して吸血するニワトリに典型的なダニ(通年)
ワクモ【吸血】 鶏小屋に住み着き、夜間にニワトリを吸血(冬季以外)
ニワトリヌカカ【吸血】 ニワトリをターゲットに吸血する小さな蚊(夏季のみ)
回虫【消化器に寄生】 ミミズや昆虫を食べることで鶏の体内に寄生(通年)

(“トリサシダニ”は、ニワトリのお尻周りにコロニーを作ることが多い)
鶏小屋に巣食い夜間に吸血するワクモ
(鶏小屋に住み着き夜間に這い出て吸血する“ワクモ”の駆除は根気が必要)
ニワトリを吸血する小さなヌカカ
(網戸もすり抜ける“ニワトリヌカカ”は、体長2mm以下の小さな吸血虫)
消化器に寄生するニワトリ回虫
(お腹の中の消化器に寄生する“ニワトリ回虫”は、糞に混じることが多い)
鶏小屋の血痕はワクモやニワトリヌカ蚊の疑い
(鶏小屋や寝床についた血痕は、吸血害虫被害を疑うチェックポイントの1つ)
本ぺージTop