ペットショップのヒヨコ販売
(写真1、ペットショップに大きめな“中雛”がいました。奥の子は生後2ヶ月くらい?)
生後1ヶ月の名古屋コーチンの中雛
(写真2、生後1ヶ月の名古屋コーチンのヒヨコは、中雛になったばかり)

生後1ヶ月以降のヒヨコは“中雛”、体も丈夫になる

ひよこちゃんの入手方法は、ペットショップから購入するのがいいでしょう。養鶏農家さんや、JA(農協)経由で入手できなくもありませんが、交渉の手間や時間が掛かったりするかも知れません。ニワトリの雛を扱うペットショップは、4月から6月頃に販売することが多いです。少しずつ暖かくなり、暑過ぎない季節だからヒヨコを育てるのに適しているのが理由なのでしょう。私もゴールデンウィーク頃からの飼育をお勧めします。長期休暇だから、ヒヨコちゃんの飼育にも専念できるはずです。

近所にヒヨコ販売をしているペットショップがない場合、(店頭でヒヨコ販売をしていなくても)大きいペットショップや鳥類を扱うペットショップに問い合わせるといいでしょう。例えば、「ニワトリの雛を購入したい」「名古屋コーチン雌鶏のヒヨコ3羽と雄鶏のヒヨコ1羽を取り寄せて貰えますか?」「生後3週間くらいの雛が欲しいです」と聞いてみると良いです。私が飼っている“名古屋コーチン”を例に出しましたが、烏骨鶏(ウコッケイ)でも他のニワトリでも、欲しい種類を取り寄せて貰えるのかを問い合わせましょう。何店舗かのペットショップに問い合わせれば、取り寄せて貰えるお店が見付かるかも知れません。ヒヨコ販売の最盛期は4月から5月ですから、序盤の3月下旬から4月頃に問い合わせると取り寄せて貰える確率が増すと思います。

生後4週目から10週(約2ヶ月半)までのヒヨコを、“中雛”と呼び、10週目から20週(5ヶ月)や24周(6ヶ月)までのヒヨコを“大雛”と呼びます。そして、生後6ヶ月をすぎれば、ヒヨコを卒業して成鶏(大人)の扱いです。中雛になると、写真1や写真2のようにグンと大きくなるから、一般的に“ヒヨコ”といえるのは幼雛までなのでしょう。顔も大人っぽくなる大雛は“大きなヒヨコ”よりも“若鶏”と呼ぶのが適当かも知れませんね。

小さくてまん丸のヨチヨチ歩きの幼雛は、とても可愛いです。しかしながら、産まれて直ぐだから体力もなく寒さに弱く飼育難易度が高いです。可愛さに欠けるけど(笑)、中雛以降のヒヨコは、成長して体力も付いていますから死なせてしまうことも稀です。初めての飼育で自信がない場合や確実に育てたいのなら、中雛から飼い始めるのがいいでしょう。私は生後3週間か1ヶ月くらいの子を入手することも多いです。体力がついた中雛も保温に気を抜けません。

生後1ヶ月未満は、“鶏のひよこ飼育方法・幼雛編”を参考


YouTube動画“ひよこの飼育方法【中雛&大雛編】〜生後1ヵ月以降の育て方〜”
次のURLです:https://youtu.be/hkFijW31gKM
1ヶ月以降のヒヨコちゃんを飼育する方法、鶏小屋や暑さ対策の解説。

中雛4羽が大型ケージで寝る
(写真17、生後2ヶ月の名古屋コーチン中雛4羽が1段高い“寝床”で寝ている場面)
清掃を終えたケージ内の中雛
(写真18、生後2ヶ月の中雛4羽は、清掃を終えたケージ内で気持ち良さそう)
生後3ヶ月の大雛
(写真19、生後3ヶ月を迎えた“大雛”は、見た目が“小さなニワトリさん”)
成鶏にも使えるサイホン式水飲み
(写真20、中雛からでも良いですが、大容量のサイホン式は成鶏にも使えるからお勧め)

中雛後期から大雛の飼育

写真17は、雨天で薄暗い日に“寝床ユニット”で身を寄せ合って寝ている場面です。複数羽の飼育なら、急な冷え込みにも固まって暖を取るから保温器具と同じ効果があります。そして、高い場所を寝床にするニワトリは、習性でヒヨコも高い場所に登って寝ますよ。写真18は、生後2ヶ月の名古屋コーチン中雛です。ケージ内のウンチや抜けた羽を清掃し、表面の土と深さ15cmの土を入れ替えたあとの写真。この作業は、ケージ内を“耕した”のと同じです。綺麗になったフサフサの土が気持ち良さそうでした。

写真19は、“大雛”に分類される生後3ヶ月の名古屋コーチンのヒヨコです。もうヒヨコちゃんに見えませんね。“小さなニワトリさん”という表現がよさそうです(笑)。体も丈夫になり、5月や6月の夜間の冷え込みに屋外でも保温が要りません。成鶏の飼育方法とほとんど同じになります。

生後1ヶ月を過ぎた“中雛”からでも良いくらいですが、“サイホン式”の水飲みがたくさん入ってお勧めです(写真20)。暑い夏季、大雛や成鶏は、たくさんの水を飲みます。2リットル入る水飲みなら安心ですね。水は毎日換えるように心掛け、夏季には熱くならないように日陰に置きましょう。ちなみに、放し飼いの我が家の成鶏の場合、洗面器や水瓶で水を与えています。


YouTube動画“大雛の食事風景〜サイホン式水入れから水を飲む場面〜”
次のURLです:https://youtu.be/rvI3rEila90
夏季、たくさんの水が入る容器はニワトリ(ヒヨコ)の熱中症対策に有効。

本ページは、“中雛&大雛飼育方法1”からの続き(後編)です。

中雛と大雛向け水飲み
サイホン式水入れを探す
Amazon.com
鶏小屋を探す
鶏小屋を探す
Amazon.com
名古屋コーチン大雛に大きな餌入れを用意
(写真21、生後3ヶ月弱の名古屋コーチン大雛4羽は、大きな餌入れでたくさん食べる)
大雛にも野菜をたくさん食べさせる
(写真22、生後3ヶ月の大雛にも、毎日でも野菜を与えましょう!)

大雛序盤の餌(3ヶ月目くらい)

大雛にもなると、“小さなニワトリ”といった方がよいくらいに大きく育ちます。中雛を卒業(2ヶ月半)したら“大雛向けの飼料”を与えましょう。餌もたくさん食べますから、見合った大きさの餌入れを用意します(写真21)。中雛や大雛は、人間でいう“成長期”です。成鶏と同じくらい食べることもありますよ。餌を食べきって容器が空にならないように注意しましょう。写真21の手前から2番目の(顔を上げている)子は、雄鶏です。この頃から、雄鶏と雌鶏の体格差や顔つき(鶏冠)に顕著な違いが表れます。

何度も記していますが、大雛に大根葉や小松菜、菜っ葉を与えましょう。大雛になると食べる量も増えます。写真22に写っている量では、少ないくらいです(笑)。


YouTube動画“小松菜ごはん〜貴重な微塵切り野菜を食べる大雛〜”
次のURLです:https://youtu.be/pnrL9LZfScM
ニワトリ(ヒヨコ)に、小松菜や大根葉、キュウリなどを刻んで毎日でも与えよう。

中雛用の配合飼料
大雛向け飼料
楽天ショップ
犬用の餌入れ
犬用餌入れを探す
Amazon.com
ニワトリの自動給餌器
ニワトリ用自動給餌器3Kg
楽天ショップ
名古屋コーチン大雛にとってケージは狭い
(写真23、名古屋コーチン大雛4羽が生後4ヶ月になると、大型ケージも手狭になる)
頑丈に大きく育ったヒヨコ
(写真24、生後4ヵ月半の大雛は、成鶏に突かれても大丈夫な体格になる)
4ヵ月半の大雛は、大人と一緒に食事
(写真25、生後4ヶ月半の大雛達には、大人のニワトリ達と同じ飼料を食べる)
生後3ヶ月半から成鶏用飼料を食べる
(写真26、我が家の名古屋コーチンは、生後3ヶ月半くらいから成鶏向け飼料を与える)

生後4ヶ月くらいから、成鶏と同じ飼育方法

生後4ヶ月の大雛に1.5m×1.2m×1mのケージが手狭になってきました(写真23)。雄鶏4.5Kg、雌鶏3.5Kgくらいに育つ体格のよい名古屋コーチンということもあり、そろそろケージを卒業する時期です。2羽だけなら、成鶏になってもこのケージで飼えそうだけど、体格のよい種類の成鶏4羽には狭いですね。

大人のニワトリ達から虐められないようにケージに隔離して飼育していたヒヨコは、生後4ヵ月半になりました(写真24)。虐められてもダッシュで逃げ切れるし、体格も立派になっているから突かれても酷い怪我を負うことはありません。ケージも狭くなってきたから、成鶏たちと合流させて一緒に放し飼いにしました。生後4ヶ月以降の飼育方法は、成鶏と同じで良いです。大きな体格になっても、声はまだ「ピィ〜ピィ〜」ですよ(笑)。ときおり「コォ〜コォ〜」の大人の鳴き声が混じる感じです。雄鶏は「コケッコッコー」の雄叫びをまだ鳴けません。完全に声変わりするのは、生後6ヵ月ころです。

成鶏と一緒に暮らし始めた大雛達の餌は、大人と共通です(写真25)。我が家の場合、ペットショップで販売している配合飼料を成鶏と一緒に与えていますよ(写真26)。価格は20Kg袋で約1,700円(2017年)です。ニワトリの種類にもよるかも知れませんが、名古屋コーチンの場合、生後3ヶ月半か4ヶ月目くらいから成鶏用の飼料を与えて問題ありません。大人達と合流させる前なら、大雛飼料と成鶏飼料を1:2や1:1、1:2に混ぜて少しずつ慣れさせるといいです。

名古屋コーチンの餌の量は?参考のために記します。スズメが盗み食う分と、食べカスとして処分する量を含めると、成鶏7羽(雄2羽/雌5羽)は、主食の配合飼料を年間260Kgほど食べます。20Kg袋を1ヶ月弱で食べ切るペースです。そのほかに、クズ米90Kg(年間)とたくさんの野菜をも食べます。体格のよい雄鶏よりも、卵をたくさん産む若い雌鶏さんのほうが大食いですね(笑)。


YouTube動画“【雌鶏の序列】若鶏が日光浴中に叱られるのはシキタリ〜”
次のURLです:https://youtu.be/-r5JIz1ZmqY
にわとり社会には“序列”があり、年上から理不尽に突かれるヒヨコは隔離飼育が必要。


YouTube動画“奮闘する若雌鶏さん〜食事中、年上に叱られる名古屋コーチン〜”
次のURLです:https://youtu.be/wE_IqXwncAY
にわとり社会の“序列”で年上から理不尽に突かれても、生後3ヶ月半を過ぎれば大丈夫。


YouTube動画“若雌鶏さんの苦労〜序列上位を観察して隙を伺う食事風景〜 ”
次のURLです:https://youtu.be/JS9e3a9RXpI
成鶏なら序列関係で突かれても怪我をしません。叱られながらご飯を食べます。

配合飼料バーディスペシャル
成鶏飼料・バーディスペシャル
Amazon.com
配合飼料まつ号
成鶏飼料・まつ号20Kg
楽天ショップ
名古屋コーチンの糞はタバコ箱サイズ
(写真27、体格の良い名古屋コーチンは、タバコ箱サイズの大きな糞をする)
盲腸便(チョコ糞)は臭い
(写真28、朝方に排泄することの多い“盲腸便”は、強烈に臭うから要注意!)

【参考に】ウンチ・糞のこと

名古屋コーチンの場合ですが、たくさん食べる若い雌鶏さんのウンチは大きいです。写真27のように、タバコ箱サイズの糞をすることもありますよ。7羽の成鶏を飼う我が家の場合。毎朝の清掃で拾うウンチの量は、1ヶ月間で15Kgほどにもなります(笑)。食欲が増す春から初夏にかけて、排泄する糞の量も増えます。1ヶ月間に30Kgくらい回収することがありますよ。それでも全てを回収できておらず、実際にはもっと多いのでしょう。見逃した糞は、人知れず庭木の肥料になっていると思います(笑)。ニワトリを飼育する前に、たくさんウンチをすることと清掃の重要性を知っておいて下さい。毎日の清掃は、ニワトリのお世話に必要です!ウンチについては“ニワトリの糞、様々なウンチ”も参考にして下さい。

通称“チョコ糞”と呼ばれる、茶色の下痢のような柔らかい糞を“盲腸便”といいます(写真28)。見た目がチョコに似ているから、チョコ糞とも呼ばれますよ(笑)。ニワトリにとって下痢などの異常ではなく、健康な子が排泄するウンチなので心配不要です。しかしながら、とても臭いから人間には要注意です。朝方に排泄することが多く、見付けたら直ぐに処理(清掃)するといいでしょう。放置すると、ハエや悪臭の原因になりますよ。衣服や手に付着すると一大事だから(苦笑)、慎重に処理しましょう。


YouTube動画“【閲覧注意】ニワトリのウンチ掃除〜日課の鶏糞拾い〜”
次のURLです:https://youtu.be/MyckKnCi3xo
参考に我が家のウンチ清掃の様子を撮影しました。糞拾いは、毎朝の日課です(笑)。

生後5ヶ月半のニワトリは成鶏
(写真29、生後5ヶ月半の名古屋コーチンは、20週目を超えているから成鶏ですね!)

成鶏になりたての若い雄鶏(生後5ヶ月半)

写真29は、生後5ヶ月半のニワトリ(2014年の雄鶏・ぴよ助)です。養鶏業界では、20週目(約5ヶ月)までを大雛として扱うから、ヒヨコを卒業して“成鶏”とみなされます。鶏冠も尾羽も立派になって、大人のニワトリになりました。飼育方法は、大人のニワトリ(成鶏)と同じでいいです。

成鶏の理想的飼育環境を考えた
(図1、補足資料として、ヒヨコを卒業した成鶏に“理想的な飼育環境”を考えてみた)
我が家の鶏小屋は産卵と寝るだけ
(写真30、我が家の鶏小屋は、雌鶏が産卵する時と夜間に寝る時にだけ使う)
冬季と台風に雨戸を閉める鶏小屋
(写真31、冬季の寒さと台風対策に雨戸代わりの“塩ビのトタン”を開けた小屋)
ホームセンターで販売の鶏小屋
(写真32、ホームセンターで販売されていた背の高い鶏小屋は、3万5千円くらい)

【参考】成鶏の飼育方法

大雛を卒業すると、大人のニワトリです。ついでなので、ニワトリに理想的な飼育環境を考えてみました。放し飼いなら敷地の塀がフェンス代わりになります。一般的な飼育環境は、図1のようにフェンスで飼育エリアを囲うことでしょう。あくまでも“理想”で、のびのびと暮らせるであろう環境を考えてみました。

【運動場】
ニワトリが砂浴びや穴を掘って遊べる地面の運動場を作ってあげましょう。成鶏5羽くらいなら、広さ3m×3m以上の運動場があると理想的ですね。広ければ広いほどよく、序列下位のニワトリが突かれても逃げられるからストレが減るはずです。

【フェンス】
重く飛翔力が余りない名古屋コーチンの場合だと、フェンスの高さは1.5mくらいあれば飛び越えられません。飛翔力に優れた軽量のニワトリだと、天井をネットで覆う必要があります。ずっと昔、我が家で飼育した白色レグホンは、高さ2.5mほどの屋根に飛び乗ったことがありました。成鶏になって、自分の縄張りだと認識すれば脱走しなくなるケースもあり得ますが、軽々と飛翔する軽量級には要注意です。

【産箱と寝床】
鶏小屋の中に、寝床と産箱を用意しましょう。ニワトリは寝床を覚えると日没時に自分で鶏小屋に入って寝ます。寝床は、止まり木(少し高い場所に板を打ち付けて登れるようにする)を作るといいです。我が家の産箱は、1室が“幅30cm×奥行き40cm×高さ40cm”の大きさです。中に藁を敷いてあげましょう。少し暗めにすると、自然と雌鶏が入って卵を産むようになります。因みに、生後6ヶ月頃から産み始めます。

【鶏小屋】
写真30と写真31は、我が家の鶏小屋です。放し飼いなので、夜間に寝る時と雌鶏が卵を産むときにしか入りません。雨戸代わりの塩ビのトタンを開けると、写真31になります。中に4室の産箱を用意しました。同時に全ての雌鶏が入ることもないので、7羽や8羽の産卵適齢期の雌鶏さんにも対応できるはずです。産箱の上が寝床になっていて、ニワトリ達が夜間に並んで寝ます。この小屋の幅は2mです(屋根の幅は2.7m)。両側(左右)の扉も取り外し可能な雨戸になっていて、夏季の暑さ対策に開けますよ。

写真32は、2010年頃にホームセンターで販売されていた鶏小屋です。3万4千円や4万2千円の値札が見えますね。大工仕事が苦手な方には、完成品を購入してしまうのが良いでしょう。我が家の鶏小屋は、ニワトリ達を迎えるまえに製作(自作)しました。実際に飼育してみると、写真33のように背の高い小屋の方が良かったと少し後悔(笑)。名古屋コーチンの飛翔力だと、写真32に写っている止まり木は辛そうですが、軽量ニワトリなら問題なく登れます。ニワトリは、ある程度の高さの寝床に安心します。

犬用ケージ
【代用】犬用ケージを探す
Amazon.com
鶏小屋を探す
鶏小屋を探す
Amazon.com
夏季のニワトリに理想の飼育環境
(図2、木陰とヨシズ、日陰への水撒きが“理想的な飼育環境”の夏バージョン)
大雛が口呼吸をして暑がる
(写真33、暑さに“口呼吸”を始めた大雛には、熱中症予防に涼しい環境を作ろう)
猛暑には木陰の散水が効果的
(写真34、気温が35度を超える猛暑には、木陰にたっぷりと散水すると良い)
散水した木陰で涼むニワトリ
(写真35、散水してヒンヤリと涼しい木陰へ集まったニワトリ達は気持ち良さそう)
夏季にはスイカやキュウリを食べさせる
(写真36、利尿効果があり体温を下げるスイカやキュウリを夏季に食べさせると良い)

大雛になる頃、暑さ対策の季節です!

ゴールデンウィーク前後に飼い始めたヒヨコが大雛になる頃、日本列島は夏季を迎えます。ニワトリには汗腺がなく、暑くても汗をかいて体温を下げられません。「養鶏場で一度に何万羽が熱中症で命を落とした」とニュースが報じるほど、ニワトリは暑さに弱いですよ。冬季の寒さも過酷ですが、ニワトリには“夏季の暑さ対策”がより重要になります。

【熱中症の兆候】
暑がるニワトリがするサインは、1、口呼吸 2、翼を開く 3、食欲が落ちる 4、水のガブ飲みです。常に口が開くようになり、「ハァハァ」と口呼吸するようになります(写真33)。そして、翼を開いて風を通し、脇の下を冷まそうとしますよ。食欲が減るのは、体の熱量を抑えようとトウモロコシや玄米などの穀物(糖質)を避けているからです。餌を食べなくなるのと反対に、水をたくさん飲むようになります。

【熱中症対策・図2参考】
木陰ができるように、ニワトリの飼育場を作る段階から考えましょう。南側に庭木を植えれば、日陰を作れます。 冬季に日陰になると寒いから、植えるなら落葉樹がいいでしょう。日除けのヨシズを張って、ニワトリが涼める日陰を作るのも良いです。夏季に風通しが良くなるよう、鶏小屋の雨戸を開閉できるように工夫しましょう(写真31)。

木蔭へ水を撒いて周囲の気温を下げましょう。毎日、朝や夕方(夜)に散水をすると、翌日は丸一日間、涼しくなります。重点的に木陰へ散水すれば地面が湿ったままです。ニワトリ達が座り込んで体を冷やせるし砂浴びもやれます(写真34)。涼しい場所を常に探しているニワトリは、散水した場所に集まって来ますよ(写真35)。

体を冷やす効果があるスイカやキュウリを食べさせましょう。水分が多く利尿効果があるカリウムを含みます。たくさん飲んだ水分と一緒に、尿として熱を排出します(水便を排泄する)。人間の食べ残しでも良いので、暑くなる時間帯にご馳走しましょう(写真36)。夏季の暑さ対策については“鶏の熱中症・夏バテ対策のまとめ”も参考にして下さい。


YouTube動画“ニワトリの暑さ対策・前編【熱中症サイン】(予兆や症状)”
次のURLです:https://youtu.be/dqZe_JK9u1s
ニワトリは、気温30度くらいから見せる“暑がる素振り”を注意深くみましょう。


YouTube動画“ニワトリの暑さ対策・後編【熱中症を予防】〜涼しくする方法〜”
次のURLです:https://youtu.be/m3gqC2YdT64
暑がりなニワトリが涼しく暮らせるように、熱中症予防の“暑さ対策”をしましょう。

本ぺージTop