ペットショップのヒヨコ販売
(写真1、ペットショップに大きめな“中雛”がいました。奥の子は生後2ヶ月くらい?)
生後1ヶ月の名古屋コーチンの中雛
(写真2、生後1ヶ月の名古屋コーチンのヒヨコは、中雛になったばかりです)

生後1ヶ月以降のヒヨコは“中雛”、体も丈夫になる

ひよこちゃんの入手方法は、ペットショップから購入するのがいいでしょう。養鶏農家さんや、JA(農協)経由で入手できなくもありませんが、交渉の手間や時間が掛かったりするかも知れません。ニワトリの雛を扱うペットショップは、4月から6月頃に販売することが多いです。少しずつ暖かくなり、暑過ぎない季節だからヒヨコを育てるのに適しているのが理由なのでしょう。私もゴールデンウィーク頃からの飼育をお勧めします。長期休暇だから、ヒヨコちゃんの飼育にも専念できるはずです。

近所にヒヨコ販売をしているペットショップがない場合、(店頭でヒヨコ販売をしていなくても)大きいペットショップや鳥類を扱うペットショップに問い合わせるといいでしょう。例えば、「ニワトリの雛を購入したい」「名古屋コーチン雌鶏のヒヨコ3羽と雄鶏のヒヨコ1羽を取り寄せて貰えますか?」「生後3週間くらいの雛が欲しいです」と聞いてみると良いです。私が飼っている“名古屋コーチン”を例に出しましたが、烏骨鶏(ウコッケイ)でも他のニワトリでも、欲しい種類を取り寄せて貰えるのかを問い合わせましょう。何店舗かのペットショップに問い合わせれば、取り寄せて貰えるお店が見付かるかも知れません。ヒヨコ販売の最盛期は4月から5月ですから、序盤の3月下旬から4月頃に問い合わせると取り寄せて貰える確率が増すと思います。

生後4週目から10週(約2ヶ月半)までのヒヨコを、“中雛”と呼び、10週目から20週(5ヶ月)や24周(6ヶ月)までのヒヨコを“大雛”と呼びます。そして、生後6ヶ月をすぎれば、ヒヨコを卒業して成鶏(大人)の扱いです。中雛になると、写真1や写真2のようにグンと大きくなるから、一般的に“ヒヨコ”といえるのは幼雛までなのでしょう。顔も大人っぽくなる大雛は“大きなヒヨコ”よりも“若鶏”と呼ぶのが適当かも知れませんね。

小さくてまん丸のヨチヨチ歩きの幼雛は、とても可愛いです。しかしながら、産まれて直ぐだから体力もなく寒さに弱く飼育難易度が高いです。可愛さに欠けるけど(笑)、中雛以降のヒヨコは、成長して体力も付いていますから死なせてしまうことも稀です。初めての飼育で自信がない場合や確実に育てたいのなら、中雛から飼い始めるのがいいでしょう。私は生後3週間か1ヶ月くらいの子を入手することも多いです。体力がついた中雛も保温に気を抜けません。

生後1ヶ月未満は、“鶏のひよこ飼育方法・幼雛編”を参考


YouTube動画“ひよこの飼育方法【中雛&大雛編】〜生後1ヵ月以降の育て方〜”
次のURLです:https://youtu.be/hkFijW31gKM
1ヶ月以降のヒヨコちゃんを飼育する方法、鶏小屋や暑さ対策の解説。

中雛の名古屋コーチンを軒下ケージで飼育
(写真3、中雛のヒヨコ2羽を軒下のケージで飼育、冷え込む夜に“湯たんぽ”を使う)
ヒヨコをケージに隔離して成鶏から守る
(写真4、ケージで飼育する理由の1つは、成鶏に突かれて虐められないため)

中雛以降のヒヨコは、屋外飼育でも大丈夫!

本Webページでは、体力がついた“中雛”以降のヒヨコ飼育を解説します。ペットショップで売れ残った“大きなヒヨコ”を飼う場合や、幼雛が成長して大きくなった時の参考にして下さい。そして、4月頃に産まれたヒヨコが中雛や大雛になる頃、日本は初夏の季節です。鶏の大敵“暑さ対策”にも触れておきますね。

【小数を飼う場合】
鳩サイズの中雛2羽の飼育なら、写真3のようなケージを使ってもいいでしょう。この木製ケージの大きさは、75cm(幅)×40cm(奥行き)×65cm(高さ)です。ニワトリの種類にもよりますが、このサイズのケージは、成鶏になる頃に窮屈になるかも知れません。大きく育つ名古屋コーチンの場合、大雛の頃に2羽の飼育が困難になります。体格のよい種類は、成鶏になるまでに“大きな鶏小屋”を用意してあげましょう。名古屋コーチンと比較して、体重が1/3や1/4の鳥骨鶏(ウコッケイ)やチャボなどの小柄なニワトリなら、このサイズのケージでも2羽の成鶏を飼えると思います。

【大人のニワトリがいる場合】
それなりに頑丈なケージでヒヨコを隔離しなければなりません。理由は、突いて虐めるからです(写真4)。自分の子供ではないヒヨコを激しく攻撃する成鶏もいるので要注意ですよ。突かれても大怪我をしなくなる3ヶ月目くらいまで隔離すべきでしょう。3ヶ月目くらいになれば、(広い場所なら)意地悪されても走って逃げ切れるから一緒にしても良いです。

【場所】
中雛以降のヒヨコを飼育するケージを、直射日光や雨の当たらない屋外の軒下などに置くとよいです。屋内に置いても良いのですが、中雛になると大きめのケージが必要になって場所に困るでしょうから、軒下などが妥当です。

【保温器具】
4月から5月に飼い始めた幼雛が中雛になるころ、季節も暖かくなります。中雛になり体力が付いたヒヨコは、屋外飼育でも昼間の保温が不要になります(最高気温20度くらいまで上昇する地域)。しかし、季節外れの寒さにはケージを布で覆うなど対策をしましょう。生後1ヶ月を過ぎた中雛を2羽以上で飼育する場合、気温10度を下回らなければ、夜間もヒーターが不要です。(気温に関係なく)体調不良で元気がない場合、ヒーターペットボトル湯たんぽで保温しましょう。元気でも1羽のみの飼育で気温10度以下になるとき、2羽以上でも5度以下に冷え込む場合でも同じく保温すべきです。季節が初夏になり、生後2ヶ月半を過ぎて“大雛”になると、保温が不要になります(1羽の飼育でも不要)。

【暑い時】
汗腺がなく汗を出せないニワトリは、暑さに弱いです。ニュースで「猛暑日を記録した○×市の養鶏場で5万羽が熱中症で死んだ」というのをよく聞くほどです。普通の陽気でも夏季の直射日光を避けるのは当然ですが、5月や6月に夏のように暑くなったら、風通しのよい涼しい場所に移したり、周囲に散水して対処しましょう。また、体を冷やす効果のあるスイカをヒヨコや成鶏に食べさせるといいです。詳しくは“鶏の熱中症・夏バテ対策のまとめ”をご参考下さい。

【ヒヨコ飼育の注意事項】
ヒヨコに限らず成鶏にも共通する注意点に“2羽以上で飼う”“音に注意する”“夜に暗くする”“大きな物を動かさない”“急な動きをしない”があります。詳しくは“幼雛飼育方法”をご参考下さい。


YouTube動画“【雌鶏の序列】若鶏が日光浴中に叱られるのはシキタリ〜”
次のURLです:https://youtu.be/-r5JIz1ZmqY
にわとり社会には“序列”があり、年上から理不尽に突かれるヒヨコは隔離飼育が必要。


YouTube動画“奮闘する若雌鶏さん〜食事中、年上に叱られる名古屋コーチン〜”
次のURLです:https://youtu.be/wE_IqXwncAY
にわとり社会の“序列”で年上から理不尽に突かれても、生後3ヶ月半を過ぎれば大丈夫。

ヒーター(ヒヨコ電球)
ヒーターを探す
Amazon.com
サーモスタット温度調節器
サーモスタットを探す
Amazon.com
犬用ケージ
【代用】犬用ケージを探す
Amazon.com
鶏小屋を探す
鶏小屋を探す
Amazon.com
中雛はたくさん食べます
(写真5、鳩サイズになった中雛は食べ盛り! 飼料や野菜をパクパクと平らげます)
中雛には中雛向け飼料を与える
(写真6、中雛には「4週から10週」や「中雛用」と書かれた飼料を与えましょう)
成鶏用配合飼料を砕いてヒヨコに与える
(写真7、成鶏向け配合飼料を砕いても良いけど、手間が掛かるからお勧めできません)
ヒヨコに毎日野菜を食べさせよう
(写真8、野菜は食べやすいように“小松菜”や“大根葉”を微塵切りにして与えるとよい)

中雛用の飼料と野菜を刻んで食べさせよう

生後4週目を過ぎたヒヨコに、10週目(2ヶ月半)まで“中雛向け飼料”を与えましょう。幼雛から大きく育って“食べ盛り・育ち盛り”になった中雛は、食べる量がすごく増えます。体格に合わせて飼料を増やしましょう(写真5)。中雛向けの飼料は、ペットショップやネットで購入できます。「4週から10週齢用」や「中雛用」と書かれた飼料を購入しましょう(写真6)。

事前に1日間に食べる量を観察しておいて、朝に飼料をたっぷり“餌入れ”に入れて外出すれば、留守にしても1日分に足りると思います。もし心配なら、ご家族に「容器が空になったら追加で与えて欲しい」と頼むか、帰宅が夜なら電気を点けて(ヒヨコが起きたら)軽く夜食を食べさせるといいでしょう。注意点は、ヌカのような“粉成分”を食べ残すこと。「まだ餌が残っている」と思わず、残りカスの粉成分を廃棄して新しい飼料を与えて下さい。

私の近所のペットショップで、3Kg入りの“中雛”と“大雛”向け飼料がそれぞれ販売されていました(写真6)。大雛は、生後10週〜20週目(5ヶ月目)までのヒヨコです。私の場合、大雛の途中(3ヶ月半くらい)から成鶏の飼料をヒヨコ飼料に混ぜて与え始めます。体格が大きな名古屋コーチンのケースですが、(ほかの種類でも)大きく育った大雛の途中から大人の餌をヒヨコ飼料に混ぜて替えていってもいいです。1ヶ月くらいの期間、少しずつ混ぜる比率を替えて慣らすといいでしょう。

いくらか割高でもヒヨコ向け飼料を買ってしまうのがお勧めですが、成鶏向けの配合飼料(大粒)を砕いて細かくしても良いです(写真7)。ただし、手に豆ができるくらいの労力が掛かるから大変ですよ(笑)。実際にすり鉢で砕いた私は、二度とやらないと決めました(笑)。

幼雛と同じく中雛も、可能なら1日に1回、小松菜や大根葉、菜っ葉などを微塵切りにして食べさせましょう(写真8)。噛み千切る力が強くなった生後2ヶ月目や3ヶ月目以降のヒヨコには、微塵切りにせず、野菜を丸ごとケージの壁などに吊るして食べさせても良いですよ。大人の成鶏にも言えますが、野菜はヒヨコに必要な食べ物です。私は、2〜3日分の野菜を微塵切りにしてタッパーに詰めて冷蔵庫保存して食べさせます。なお、与える野菜については“野菜と雑草が大好きなニワトリ”と“ニワトリに有害な食べ物(植物)”を参考にするといいです。


YouTube動画“中雛が刻んだキュウリを食べる〜夏季にお勧めの野菜〜”
次のURLです:https://youtu.be/B5rZPYIYQfc
ニワトリ(ヒヨコ)に、小松菜や大根葉、キュウリなどを刻んで毎日でも与えよう。

中雛用の配合飼料
中雛向け飼料を探す
Amazon.com
犬用の餌入れ
犬用餌入れを探す
Amazon.com
ニワトリの自動給餌器
ニワトリ用自動給餌器3Kg
楽天ショップ
ヒヨコにも砂浴びは大切です
(写真9、成鶏に限らず中雛や大雛は、湿った土で入浴代わりの“砂浴び”をします)

ヒヨコに、散歩や砂浴び・日光浴をさせましょう

陽が射して日光浴ができる“下が土”(地面)のケージなら不要ですが、なるべく土の上をお散歩させましょう。土ではない床のケージ飼育の場合は、天気が良ければ毎日でも、土の上に連れ出してお散歩させるのが理想です。暖かい日に1時間や2時間でも良いでしょう。散歩中のヒヨコは、日光浴や湿った土で砂浴び(写真9)をします。そして、草を突いたり虫を捕まえますよ。 とても喜ぶはずです。 飼い主がずっと見張れない場合、猫やカラスに狙われないよう、大きめのケージを用意するとよいです。次項目の写真10は、幅1.2m×奥行き1.2m×高さ1mの“大型ケージ”内で遊ぶ中雛達が写っています。

“日光浴”と”砂浴び”は、ヒヨコに必要な習慣です。人間が日光浴をしてビタミンを作る行為、入浴して体を清潔に保つ行為(ニワトリの砂浴び)と同じですね。野鳥と接する機会が少ないヒヨコは、まだ寄生していないかも知れませんが、ニワトリは羽毛に寄生したダニを日光浴と砂浴びで落とします。以上の理由から、天気のよい日、中雛や大雛が可能な限り地面をお散歩できる環境を作ってあげましょう。


YouTube動画“中雛がケージ内で豪快に土を浴びる〜砂浴びが上達〜”
次のURLです:https://youtu.be/ilnZEH8UNHc
フサフサの土を用意してダニ対策に有効な砂浴びをたくさんやれる環境を作りましょう!

名古屋コーチン中雛6羽を大型ケージで飼育
(写真10、生後5週目くらいの中雛6羽を1.2m×1.5m×1mの大型ケージで飼育)
大型ケージの屋根
(写真11、屋外に設置した大型ケージの屋根は“塩ビの透明トタン”)

多数の中雛飼育には、大きいケージが必要

名古屋コーチンのように大きく育つニワトリの場合、複数の中雛を例に挙げた木製ケージ(75cm×40cm×65cm)で飼育するのは困難です。3羽以上の飼育なら、生後2ヶ月や3ヶ月目までに写真10のような“大きなケージ”を用意しましょう。写真10は、名古屋コーチンの生後1ヶ月ちょっとの中雛を6羽飼育したときのものです。当初1.2m(幅)×1.2m(奥行き)×1m(高さ)のケージでしたが、寝床スぺース増設で30cmほど拡張しました(奥行きが1.5mに拡大)。3羽以上のヒヨコを大雛まで飼育しようとすると、名古屋コーチン(成鶏の体重が4.5Kg)の場合、確実にこのサイズが必要です。2羽だけなら、成鶏になっても名古屋コーチンをこのサイズのケージで飼育できると思います。

【屋外ケージの設置場所】
大きなケージだから、軒下に置く訳にいきません。土を掘って砂浴びをやれるように地面の上に設置しましょう。直射日光や暑さを避けるため、一部が木蔭になるように設置するといいでしょう。写真10のケージの南側には、高さ3mの木があります。雨水侵入に備え、土を数cm以上盛った上に設置するとよいです。

【屋外ケージの屋根】
“塩ビの透明トタン”を屋根に載せたのが写真11です。カラスや猫にヒヨコを狙われないように、屋根を作りましょう。雨天に備える“塩ビのトタン屋根”は、安価に簡単に作れます。直射日光を避けるため、木蔭へのケージ設置のほか、必要ならヨシズも張るといいです。強風で飛ばされないよう、コンクリートブロックなどを重石に屋根に載せましょう。日陰は必須ですが、強い陽が当たる場所も同じくらい大切です。羽を干したり、砂浴びをするにも“陽が当たる地面”が必要ですよ。日陰と陽射しは矛盾していますが、両方とも必要です。ケージ内の一部分に陽が当たるように、ヨシズやケージの設置場所を調整しましょう。

写真11のケージは、南側の樹高3mの木が日陰を作り、念のためヨシズも屋根の一部に被せています。強風時に飛ばされないよう、屋根にレンガなどを“重り”に置きました。台風時に複数個のコンクリートブロックを追加、元々の重りと合わせて100Kgくらいを載せて備えます。熱中症の原因になる太陽光ですが、強い陽を浴びる“日光浴”も鶏に大切です。各時間帯によって、地面の1/3から半分に陽が当たるようにヨシズを被せています。

【屋外ケージ内の土】
ヒヨコ達は、砂浴びをしたり地面を突いたり(消化を助けるための小石を飲み込む)します。ケージ内の土をなるべく清潔に保ちましょう。中雛になると、ウンチの量も多くなります。1日に1回を目安に、ケージ内の糞や抜けた羽を回収しましょう。そして、週に1回か2回、ケージ内を10cmか20cmくらいの深さに掘り返して、表面の汚れた土と深い土を入れ替えます。ミミズや微生物が深く埋めた汚れた土を分解処理するでしょう。1週間もすればキレイな状態に戻りますから、再び掘り返して表面の土を深く埋めます。


YouTube動画“大雛のケージを清掃〜羽とウンチを拾い土を耕して散水〜”
次のURLです:https://youtu.be/oXFdB2rjHlI
生後3ヶ月弱の大雛が暮らすケージを清掃した時の映像です。土の耕し方も分かります。

犬用ケージ
【代用】犬用ケージを探す
Amazon.com
鶏小屋を探す
鶏小屋を探す
Amazon.com
大型ケージ製作写真
(写真12、大型ケージは1.2m×1mのユニット4つが基本、木製枠に金網を張って製作する)
ケージには溶接鉄線網
(写真13、野犬対策にも頑丈で長持ちする“溶接鉄線金網”が屋外ケージにお勧め)
大型ケージのユニット
(写真14、手前が“扉ユニット”、奥が“壁ユニット”、他に“寝床ユニット”がある)
大型ケージの寝床ユニット
(写真15、ヒヨコ達が夜間に登って寝る“寝床ユニット”を製作中の写真)
幼雛は屋内で飼育
(写真16、ケージの木材に虫食いや風雨対策の防腐剤を塗ると長持ちする)

【参考に】私の使っている大型ケージ解説

私が中雛や大雛飼育に利用しているケージは、自作の組み立て式です。長さ1.2m×高さ1mの4つのユニットから成っています。扉ユニット1つ、寝床ユニット1つ、何もない金網だけのユニットが2つです(写真14、15)。木製枠に金網を張って各ユニットを製作しました(写真12)。屋根は、材木を30cm間隔くらいで並べ、塩ビのトタンを載せ、重石を置きます。各ユニットをヒモで縛って固定すれば、100Kgの重石を載せてもビクともしません(組み立て方法は、“大型ケージ”を参考)。

金網は、丈夫な“溶接鉄線金網”を使います(写真13)。野犬にも食い破られにくく、亜鉛メッキが雨から守り錆びにくい金網です。よく目にする緑色のビニールで針金を覆った6角形の金網よりも丈夫ですね。緑色の6角形金網より3〜4割増しのお値段だけど、お勧めです。1m当たり2千円くらいする“ステンレス溶接金網”は、溶接鉄線金網よりも耐用年数が長いそうです。

夜間、教えなくてもヒヨコ達は“寝床ユニット”に登って寝ます。大人の成鶏も同じですが、止まり木などの高い場所で寝ようとする習性があるからです。寝床を1段高く作ってあげると、安心して眠れますよ。

写真16は、寝床ユニットに“防腐剤”を塗った場面です。虫食いや雨の腐食を防ぐ防腐剤は、塗りたてに揮発すると生物に有毒になります。防腐剤に限らず、ペンキや防腐剤代わりのコールタールでも同じく有毒です。人間の“シックハウス症候群”と同じですね。酷い場合、ニワトリやヒヨコが中毒症状を起こして死んでしまうこともあります。臭いがなくなるまで1〜2週間くらい、時間的な余裕があれば1ヶ月くらい放置して風にさらしましょう。寝床ユニットの屋根は、雨漏りしないように“塩ビのトタン”を張りました。


YouTube動画“中雛と大雛の大型ケージの組み立て作業〜成鶏と分けて飼育〜”
次のURLです:https://youtu.be/DIKYGgEqfD4
1.5m×1.2m(高さ1m)のケージをヒヨコ飼育の期間だけ庭に組み立てる映像です。

中雛&大雛飼育方法2”へと続く

本ぺージTop