にわとりの“ヒヨコ飼い方”について、まとめてみました

ヒヨコの飼育は、寒くもなく暑くもない4月から6月頃に始めるのがいいです(日本の場合)。 日本の休日事情を考えると、5月初旬のゴールデンウィークに育て始めるのがちょうど良いように思いますね。 職場や学校が長く休みになるから、ヒヨコちゃんのお世話に専念できますよ。

ニワトリのヒヨコちゃんには、3段階の呼び名があります。 産まれてすぐの幼いヒヨコを“幼雛”と呼びます。 一般的に「ヒヨコちゃん」は、この幼雛だと思いますね。 幼雛は、生後4週(約1ヶ月)までの呼び名です。 次に、生後4週から10週(約2ヶ月半)までの大きくなったヒヨコちゃんを“中雛”と呼びますよ。 中雛になると、見た目は一般的な“ヒヨコちゃん”ではないかも知れません(笑)。 最後に“大雛”ですが、眼つきも鋭くなって「この子はニワトリでしょ?」と思う人が多いかも〜。 大雛は、生後10週から20週(約5ヶ月)、あるいは24週(約6ヶ月)までの若いニワトリさんですよ。 大雛になると、“見た目”以外に声も「ピョピョ」にニワトリっぽい「コォォォ〜コッコッコォ〜」が混ざります(声変わり)。

幼雛と、中雛&大雛に分類してヒヨコの飼育方法を解説していきます。 幼雛は、保温が大事になります。 そして、成鶏についても言えますが、ヒヨコちゃんには野菜を刻んで食べさせますよ。 餌や野菜は、与えて良いものと悪いものがあるから注意しましょう。 ヒヨコちゃんが大きくなると、ケージ(飼育箱)も大きいサイズが必要になります。 大雛になると、ニワトリの種類によっては“鶏小屋”を用意するくらい大きく育ちますよ。 ニワトリの雛は、あっという間に大きくなります(笑)。

幼雛の飼育方法 生後4週間(約1ヶ月)までの小さなヒヨコの飼育方法を解説。
中雛と大雛の飼育方法1 生後4週間から5ヶ月くらいまでの大きなヒヨコの飼育方法を解説。
中雛と大雛の飼育方法2 大きくなったヒヨコの飼育方法と、成鶏飼育の補足アドバイス
ひよこの餌と水 ヒヨコの飼育に欠かせない餌と野菜、水飲みを解説。
野菜を食べさせよう 鶏に食べさせてもよい野菜を紹介。 ヒヨコには刻んで与えましょう。
与えてはダメな食べ物 要注意! ヒヨコに関わらず、鶏に食べさせてはダメなもの。
中雛以降に大型ケージ あっという間に大きく育ったヒヨコの参考に、我が家のケージを解説。
中雛以降に木製ケージ 幅75cm奥行き40cmのケージは、中雛や大雛を2羽なら飼育できます
ニワトリのひよこ幼雛
(生後4日か5日目でしょうか?可愛らしい名古屋コーチンの“幼雛”です) ニワトリのひよこ大雛
(生後3ヶ月目を迎える名古屋コーチンの“大雛”たちは、ニワトリっぽく育ちました)
本ぺージTop