ニワトリ回虫(線虫)
(上記アニメーションのように糞にウネウネと動く虫がいたら“回虫”や“線虫”です)
ニワトリ回虫は下痢便で分かる
(回虫や線虫を見付けるには、下痢便や朝方にする柔らかい“盲腸便”を観察すると良い)

鶏のお腹に付く寄生虫:ニワトリ回虫(線虫)

ニワトリには、何種類かの寄生虫が付きます。 羽毛や皮膚表面に住み着いて吸血する“トリサシダニ”。 鶏舎や産箱の隙間に潜み、夜間に這い出てニワトリから吸血する“ワクモ”(ダニ)。 “ニワトリヌカカ”は、ニワトリを狙って吸血するヤブ蚊の半分サイズの小さな蚊です。 そして、“鶏回虫(線虫)”は、ニワトリの胃腸に寄生して養分を吸い取りますよ・・・。 本ページでは、鶏回虫について記します。

鶏回虫や線虫は、柔らかい糞の中でよく動きます。 上記アニメーションのように、排出された直後の下痢便や盲腸便の中にウネウネと動くミミズのような虫がいたら“鶏回虫(線虫)”に間違いないでしょう。 鶏回虫は、線虫の仲間で数種類がニワトリに寄生するそうです。 長さ数mmから10cmの回虫や線虫が、ニワトリの胃腸に寄生することがありますよ。 何れの種類にも回虫(線虫)駆除成分“サントニン”が効きますので、後述する対策になります。

鶏回虫(線虫)は、土壌内に住む(回虫を宿した)ミミズをニワトリが食べることで寄生します。 ミミズ以外からも回虫がニワトリに移るそうですが、回虫の卵を宿したミミズからのルートが多いようですよ。 ミミズや虫を捕まえて食べる我が家の放し飼いのニワトリ達が、ときどき回虫に寄生されてしまうことにも納得です(苦笑)。

鶏回虫(線虫)がニワトリに寄生した時の症状は、便の中にウネウネ動く線虫が排出されることです。 寄生した回虫が少ない場合には、目立った健康被害はありません。 若く体力があるニワトリだと、線虫も増えずに普段通りの生活をしていますよ。

しかし、もともと高齢で弱っていたニワトリや寄生した線虫が増えたニワトリは、食欲がなくなり、元気もなくなってしまいます。 増えた回虫が胃腸内で養分を吸い取るから、痩せて栄養失調状態になりますよ。  栄養不足から、ほかの病気にも掛かりやすくなります。

直ぐに命を落とすことはありませんが、可能ならば駆除したいですよね? まず、下痢や朝にする柔らかい“盲腸便”にウネウネと動く鶏回虫(線虫)がいないかどうかを観察しましょう。 線虫(回虫)は、意外と貧弱な寄生虫です。 温かいニワトリの体内から排出されると、直ぐに弱って動かなくなります。 排出して直ぐの温かい便を観察しましょう。

ニワトリ回虫・線虫対策にヨモギを微塵切り
(ヨモギを微塵切りしていると、ニワトリ達が「食べたい!」と待ちきれない様子)
ヨモギを食べるニワトリ達
(虫下し成分“サントニン”を含むヨモギを、美味しそうに食べるニワトリ達)

鶏回虫(線虫)駆除には、サントニンを含むヨモギを食べさせる

下記は“ヨモギ”と“サントニン”について、回虫の虫下し効果を調べたものです。 人間もヨモギの汁や葉っぱを食べて、虫下し効果を期待できるようですね。 そして、サントニンの過剰摂取を防ぐため、新芽を摘んで食べること。 成虫の回虫に効果があっても、回虫の卵には効果がない事が分かりました。 回虫の卵は1日や2日で孵るのでしょう。 数日間ヨモギを食べ続けることで、全ての卵が回虫になり、サントニンが効いて完全駆除できそうです。 ちなみに、本Webページ左側に“虫下し薬”の広告が表示されています。 これら虫下し薬の幾つかもサントニンを含んでいますよ。 薬剤として強力に回虫駆除できることが分かりますね。 これらの虫下し薬を鶏の体重に合わせて加減させて与えてもいいです。

【ヨモギの虫下し効果】
野草のヨモギには、“サントニン”という成分が多く含まれる。 サントニンは、回虫などを駆除する“虫下し”に効果があります。 沖縄では、子供に年に1〜2回、成長したヨモギの絞り汁を飲ませて虫封じをする習慣があるくらいです。 人間、ペットに関わらず、サントニンを使った虫下し薬も多く販売されていますよ。 しかし、多量にサントニンを摂取すると肝臓にダメージを与えることもあるから要注意。 そして、新芽よりも大きく育った葉にサントニンがより多く含まれます。 背丈10cmくらいまでの若いヨモギ、あるいは大きく成長したヨモギでも上部から10pくらいまでの新芽を食べるのが安全です。 新芽は、害を与えるほどのサントニンを含んでおらず、時期を問わず食用に適しているそうです。

【サントニン】
回虫(線虫)の自発運動を抑える作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。 回虫に対しては作用するが、蟯虫に対しては有効性が認められていない。 便秘がちな人は、虫を排泄するために、サントニン服用後に適宜下剤を用いた方がよい。

サントニン服用中は油性下剤のヒマシ油、加香ヒマシ油などと併用してはならない。 併用するとサントニンの吸収が促進され、中毒症状(感覚異常、頭痛、悪心、腹痛等)があらわれることがある。

消化管から吸収されたサントニンは主に肝臓で代謝される。 肝臓病の診断を受けた人では、肝障害を悪化させるおそれがあるため、使用する前にその適否につき、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相談されることが望ましい。 虫体にのみ作用し、虫卵には作用しない。

・我が家のコッコ達に3日間ヨモギを食べさせる(下記YouTube動画)
まだ寒い2月、我が家の雌鶏さんの糞に鶏回虫を見付けました。 さっそくヨモギを摘みに行きましたよ。 「寒い季節だけと、ヨモギはあるのかな?」と近所の道端へ行くと、ありました! まだ小さい新芽のヨモギがたくさん生えています。 “10cmくらいまでの若いヨモギ”そのものでした。 さっそく我が家のコッコ達に刈って持ち帰りました。

包丁で刻んで食べさせることにしました。 「薬効のあるヨモギだから、苦くて嫌がるかな」と思っていたら、まな板で刻む場面から雌鶏達が集まって覗き込みます(写真・上)。 「それ食べさせてくれるの?」「早く食べさせてー」と興味津々の様子(笑)。 刻み終えたヨモギを与えると、雄鶏君も雌鶏さんもパクパクと食べ始めましたよ。 嫌がるどころか、美味しそうに食べるコッコ達でした(写真・下)。

卵には効かないヨモギですから、3日間継続して食べさせることにしました。 3日間与え続ければ、その間に回虫の卵が全て孵化しサントニンが効いて駆除できると考えました。 3日間ヨモギを食べさせたニワトリ達は、無事にすべての鶏回虫を下せたようです。 その後、糞の中に回虫が出てくることはありませんでした。


YouTube動画“鶏回虫対策にヨモギを食べさせる〜にわとりの虫下し!〜”
次のURLです:https://youtu.be/lwS7BE8yvjQ
回虫駆除効果がある雑草“ヨモギ”を刈って数日間食べさせました。意外と美味しそう。

ヨモギは身近に自生する雑草
(鶏の回虫駆除に役立つ“ヨモギ”は、身近に自生する雑草です)
ヨモギの新芽を鶏に食べさせよう
(鶏回虫駆除には、ヨモギの新芽を摘んでニワトリに食べさせましょう)

ヨモギが生えている場所

ヨモギは、都市部でも見られる野草です。 道路の端(写真・上)や公園、空き地、畑や田んぼ脇などに自生していますよ。 春の新芽が出るころ、草餅を作るためにヨモギを摘む方を見掛けたりもします。 何気なく歩いていると雑草にしか見えませんが(笑)、皆さんの自宅周りでも簡単に探せるでしょう。 ニワトリ達の糞に線虫を見付けたら“ヨモギで虫下し”を試すと良いです。 下記YouTube動画は、ヨモギを道路の端から刈る場面から始まります。 参考にして下さい。


YouTube動画“鶏回虫対策にヨモギを食べさせる〜にわとりの虫下し!〜”
次のURLです:https://youtu.be/lwS7BE8yvjQ
近所の道端から雑草“ヨモギ”を刈る場面も映っています。

【トリサシダニ】鶏のお尻や羽毛に寄生

もっともポピュラーな鶏の寄生虫は、トリサシダニです。 お尻周りの羽毛にコロニーを作ります。 砂浴びや日光浴で自力駆除できるけど、体力の弱った高齢コッコや病気のニワトリの場合、トリサシダニが増えて重度になることがあります。

鶏を吸血する寄生虫トリサシダニ、殺虫駆除と対策

【ワクモ】鶏小屋に巣食うダニ

トリサシダニと同じダニの仲間だけど、ニワトリの身体に直接寄生しません。 夜間に吸血する時だけ、ニワトリに移ります。 昼間、鶏小屋や産箱に作った巣(コロニー)に隠れて過ごします。 駆除は、鶏小屋を丸ごと洗浄する必要があり、隙間に隠れるから根気が要ります。

ニワトリを吸血するワクモの殺虫駆除(鶏小屋)

【ニワトリヌカカ】鶏を襲う小型の蚊

食卓で目にするショウジョウバエ(ゴマのハエ)と同じくらいの大きさの蚊です。 鶏を専門に吸血するニワトリヌカカは、ショウジョウバエと間違えやすく被害に気付きにくいです。 通常の蚊と同じく、蚊取り線香や殺虫スプレーで駆除します。

鶏を吸血する極小の蚊・ニワトリヌカカ

本ぺージTop