中雛から大雛までを飼育する、組み立て式の大型ケージは便利!

我が家では、ヒヨコちゃんをケージに隔離して飼育します。 カラスや猫から守る目的のほか、ヒヨコが成鶏に突かれない措置、食事を成鶏に邪魔されない配慮ですよ。 ヒヨコが生後1ヶ月半くらいにると、段ボールハウスや小型ケージから屋外の大型ケージへ移ってもらいます。 大人のニワトリに突かれても大丈夫な体格に成長する生後4〜5ヶ月まで、大型ケージで過ごします。 大雛を卒業する少し前、大人コッコの暮らす庭へデビューするのが定番です。 我が家で飼育する名古屋コーチンは、生後5ヶ月も経てばカラスや猫も襲わない体格ですから、ケージから出ても心配要りません。 序列の低い若輩者を「ツンツン」して教育する大人コッコ達だけど、もしカラスや猫が若鶏たちに近寄れば“百戦錬磨の強い味方”として撃退してくれるでしょう(笑)。

のちに“1号”となる大型ケージは、ニワトリを飼い始めた直後に「成鶏になるまで猫やカラス対策のケージが必要だ」と製作したものです(2002年)。 大型ケージの大きさは、幅1.2m、奥行き1.2m、高さ1mです。 下記の写真説明のように、ヒモで縛るだけで簡単に設置できる“組み立て式”に作りました。 4つの側面フレーム(壁)と天井のネット(屋根)の5つのパーツから構成されます。 仮に2倍の面積(1.2m×2.4m)にしたいなら、2面の側面と天井部分を追加製作すれば可能ですよ。 ヒモを解くだけで解体でき、コンパクトになるから収納場所を広く取りません。 必要な時だけ組み立てて使っています。 雛飼育以外にも、臨時の出番に活躍してくれるでしょう。

放し飼いの我が家では、中雛から大雛までの飼育に限りますが、ずっとケージで飼育する場合にも十分に“ニワトリ小屋”の役目を果たすと思いますよ。 ニワトリ小屋に使うケースでは、最後に紹介する“2号ケージ”のように、骨太木材で製作し、仕上げに防腐剤(保護塗料)を塗るといいでしょう。


YouTubeに“大型ケージ〜中雛と大雛の外飼いは大人と分離”動画をアップしました。
次のURLです:https://youtu.be/DIKYGgEqfD4
2017年にお迎えした子にケージ2号を組み立てました。参考にして下さい。

大型ケージを設置する場所
(1、この辺りに大型ケージ“1号”を組み立てましょう! 所要時間10分ほどで完成しますよ) 大型ケージを組み立て1
(2、側面フレームどうしを、2〜3本のビニールひもできつく縛ります) 大型ケージを組み立て2
(3、側面フレーム4面をきつく縛りました) 大型ケージを組み立て3
(4、天井にネットを載せ、風に飛ばされないよう重石を置いてケージは完成です) 大型ケージを組み立て4
(5、ヒヨコちゃん達にケージへ入って貰いました) 大型ケージを分解
(6、使わない時、分解して庭の片隅で出番を待つケージです)

中雛や大雛飼育に使う“大型ケージ”

使わないとき、分解されコンパクトに置かれた大型ケージは、あっと言う間に組み立てられます。 モンゴルには“ゲル”という伝統的な移動式住居がありますよね。 同じようにケージを移動させながら飼育する事も可能です。 名古屋コーチンのヒヨコちゃん達を飼い始めた2002年のこと。 大型ケージを設置した地面が1〜2週間で糞で汚れてしまい、芝生も食べられてしまいました。 「芝生がニ度と生えてこないのでは?」と、致命的に食べ尽くされる前に定期的に移動させていたのを覚えています(笑)。

15年経って朽ちた大型ケージ
(2017年現在、2002年に製作した“大型ケージ1号”は風雨に朽ちて役目を終えています) 大型ケージ2号を製作
(風雨に朽ちた“1号”に代わり、2014年に同サイズの“大型ケージ2号”を後継に製作) 大型ケージ2号
(より頑丈に製作した大型ケージ2号は、組み立て時間が少し余分に掛かります) 大型ケージで中雛を飼育
(2014年に迎えた4羽の中雛は、大型ケージ2号で大雛まで飼育しましたよ) 大型ケージで中雛を飼育
(4羽の雛がケージを卒業したあと、大型ケージ2号に防腐剤を塗りました)

2014年、“大型ケージ2号”へ役目を引き継ぎました

2002年に製作した大型ケージ1号は、風雨にさらされ朽ちて2014年に役目を終えました。 最後に利用したのは、2014年に迎え入れた4羽のヒヨコちゃん達です。 7月と8月に襲来する台風を前に「暴風で倒壊の危険がある」と判断し、4羽のヒヨコを飼育中に大型ケージ2号を製作に取り掛かりました。 4羽のチビちゃんは、新築の大型ケージ2号へ引越しをしましたよ(写真)。 初代(1号)ケージは、12年間の役目を終えました。 ヒヨコちゃん達の安全を守ってくれて、ありがとうね〜。

ケージは、当初1.2m(幅)×1.2m(奥行き)×1m(高さ)の大きさでしたが、その後の改良で“寝床スぺース”を設けました。 ケージの外へ30cmほど出っ張っていますので、1.2m(幅)×1.5m(奥行き)×1m(高さ)に広く改良されています。 大型ケージ2号は、この改良を引き継いでいますよ。

大型ケージ2号は、1号よりも凝った作りにしました。 より骨太の木材を使い、強風対策に屋根へ載せた100Kgの重石に持ち堪えられるように製作しましたよ。 台風にもビクともせず、安心してヒヨコちゃん達を飼育できます。 ヒヨコ飼育時には施していなかった防腐剤(保護塗料)を、ヒヨコ達が庭デビューした後に塗りました。 ケージ内で常時過ごす場合は、防腐剤塗布から1ヶ月くらい放置して“溶剤中毒”を防ぐ措置が必要です。 塗った防腐剤が臭わなくなくなるまで、2014年のヒヨコちゃんたちを朽ちて倒壊の恐れがある1号ケージで待たせる訳にもいきません。 そのような理由で、ケージ暮らしを卒業するのを待って防腐剤を塗りました(写真)。 骨太の材木と防腐剤塗布により、12年間使った1号ケージより長持ちしてくれるでしょう。

本ぺージTop