もう一つのコ−チン一家
市内の親戚が名古屋コーチンをひよこから育てて皆元気に成鳥になりました。
名古屋コーチン一家の成長記録とパソコン&秋葉原:こーちんの庭トップへ
←ここをクリックするとトップへ移動します。

近くに住む私の親戚が、2005年3月にペットショップで雄鶏1羽と雌鳥4羽の元気な名古屋コ−チンの雛を購入し飼われているとの事で早速訪問させて頂きました。
庭に放し飼いにされて、このお宅の皆に可愛がられ、すくすく育った5羽の雛は4ヶ月半経ち私の訪問時には立派な鶏に成長してました。
そして、彼らが毎日警備している庭では、以前は猫などが来て悪戯をしていたそうなのですが、今では荒らされる事無くかなりの働き者だと重宝されているそうです(良かったねコーチン達!)。
2005年8月21日、初訪問
小屋の中のお嫁さんを呼んでます。
雄鶏:「僕達と一緒に食べようよ! こっちに美味しいご飯があるよ〜!」
と呼んでいるのかも知れませんね。
皆でお食事楽しいな!
仲良く5羽揃っての食事です。
少し前までは雄鶏が雌鳥の2倍位食べていたそうですが、今では
逆転して雌鳥達の方が沢山食べているようです。
もう直ぐ卵が産まれるのかな? そしたら来年の春には可愛いひよこちゃんが誕生?
雄鶏のお仕事
「猫なんて怖くないもん!」と言いたげに胸を張って見張ってます。
今日も庭の監視に余念がありません。
雌鳥達も安心して虫探しに励めるし、これなら群れを守る良いリーダ−(旦那さん)になれそうです。
良いお父さんになれるように頑張ってこれからもお嫁さん達を守ってあげてね!
雄鶏を筆頭に庭の散策
雄鶏の頑張りもあって群れの雌鶏(お嫁さん達)からは信頼を得られているようです。
雄鶏に従い、雌鶏達が移動を始めました。
美味しい草や、虫達が捕れる穴場を知ってるのかな?
でも、危ないから門を出て外の道路に行ってはいけませんよ。

実は・・・飼い主のご主人のお話では、先日5羽揃って門を出てお隣さんの庭に行ってしまい、迷子になってしまったそうで、暫く自宅(小屋)謹慎になっていたそうです(大人3人でやっと連れ帰ったそうです)。きっと若いにわとり達なので好奇心から外へ出てしまったのでしょうね。
もう少し大人になれば落ち着くのできっと大丈夫でしょう。
彼らの家
昔ながらの小屋です。
小屋は高さが2m程あり広い空間が確保されて、掃除や採卵、小屋の拡張が簡単に出来そうです。
小屋の周りに掘られた溝は雨水が中に入らないようにする工夫です。
(利便さと手軽さを考えると、自然とこういった形になるのですね)

昔はこのような小屋が各家にあり、にわとり達と人間が共に生活してました。
(私の祖父も昔、同様の小屋で10羽を超えるにわとり達を飼育してました。)

ご主人のお話では、雌鳥達の採卵に合わせて産箱を作る予定のようで、コ−チン達は、夕方になると小屋に戻って来て右端の止まり木の上に並んで寝るそうです。
夜間は野犬対策の為、入り口の扉を閉めて朝になると開けてあげるそうです。
私も、夜間は扉を閉めた方が良いと常々考えておりますが、朝に弱いので(笑)、私が扉を開ける頃にはコーチン達がハラペコになってしまいそうです。
こ-ちん管理人への
ご連絡はこちらから!