このところ、HP作成やなにやらで秋葉原から足が遠のいておりましたが、仕事帰りに都内を電車で通る事になり軽い気持ちで立ち寄ったところ、Palmに出会えて購入できました(以前から安かったら欲しいな〜とずっと思ってました)。
翌週もPalmの接続キット(クレードル)を探しに行き無事に購入できましたが
つい余計な物を買ってしまいまた散財をしてしまいました(でも楽しかったので満足です/笑)。
2006年5月の買い物
1、iAUDIO G3
秋葉原に到着してふと思い出しました。
それは現在使っている携帯音楽プレイヤーがどうも調子が悪くSM(スマートメディア)の音楽データーが上手く上書き出来ないのです。4年前位に購入してほぼ毎日通勤電車の中で使い続けた物なのでそろそろ寿命なんだと思いますが、当時はこの手の物が出始めた頃(Apple社のiPadもありませんでした)で128MBのメモリを本体に搭載して外付けの128MBのSMを搭載させてざっと4万円とかなり高価でした。
そこで今回の秋葉訪問で購入しようと探して見たのですが・・・、単4電池の物しかありません。
実を言うと、私は以前の音楽プレイヤーとデジカメに単三電池を使っていて、未だ使える充電池が沢山あるのです。きっと単4電池の方が小さいので流行っているのでしょうが、以前の資産を何とか使いたいので単三電池で駆動するタイプを探す必要があります
幾つかのショップを捜し歩き、やっと九十九電器本館で見つけたのがこの”iAUDIO G3”です。
仕様(性能)は下記です。

COWON JAPAN社”iAUDIO G3”
・内臓メモリ:512MB(メモリ増設不可)
・再生可能ファイル形式:MP3、MP2、WMA、ASF、WAV
FMラジオチューナー(録音機能)付き
・インターフェイス:
USB2.0
・電源:単三電池(アルカリ電池で
約50時間連続再生可能)
・SN比:
95dB(数値が高い程高音質です)
・出力周波数:20Hz〜20KHz
・サイズ:64mm×45mm×17.1mm、重さは電池を外して
36g
・価格は税込みで\14,231-です。

因みに以前のアドテック社”AD-DMG128”は下記の仕様です。
・内臓メモリ:128MB(スマートメディア増設可能)
・再生可能ファイル形式:MP3、WMA
・ラジオチューナーは無し
・インターフェイス:USB1.1
・電源:単三電池(アルカリ電池で約18時間連続再生可能)
・SN比:90dB
・出力周波数:20Hz〜20KHz
・サイズ:67.7mm×67.7mm×18.5mm、重さは電池を外して64g
・購入は2002年5月位でスマートメディア128MBを付けて4万円弱でした。

音楽データーの転送は、USB2.0だと言う事もありとても高速で付属する管理ソフトで問題無く転送出来ました(以前の物もMDからの切り替えだったので1曲が数秒で転送出来た時は速いな〜と感心しましたが、今回は10曲位まとめて転送して数秒程度です)。
早速曲を聞いて見ると、音質は以前の物に比べて95dBと仕様上は良くなっておりますが、実際に聞いて見るとさほど違いは無く逆に少し軽い感じがします(イコライザーが充実しているようですのでいじって自分好みの音質にしてみます)。

電池も以前に比べて相当持ちそうで嬉しいですね。
私の場合は1.5Vのアルカリ電池では無く1.2Vの単三ニッケル水素充電池なので仕様の7割か8割の時間しか持たないかも知れませんが、以前のプレイヤーもその電池だったのでその環境と比べると3倍位には伸びる事になりそうです。
それとFMラジオは余り聞く方ではありませんが、地震や有事の時の情報収集に役立てたり、いつもの曲に飽きた時に音楽番組を聞けるので結構良いかも(録音は余りしないでしょうけど)。
大きさは、以前の物と比べると上記画像の通りで一回り小さな感じで軽いです。
(軽くなっている分だけ作りが安いような気もしますが実際に安いから良しとしましょう)

価格については、単三電池に拘らず単四で妥協すればちゃんとしたメーカーの物で512MBメモリ付きの物が1万円を切る価格で出てました。
メーカーも拘らずに怪しい物(i○adモドキ見たいな・・・)でも良く音質も気にしなければ同じく512MBメモリ内臓で5千円位の奴も有りましたが、単三と言う条件がどうしても譲れずにこれになりました
この”COWON”と言う会社名は今回携帯音楽プレイヤーを探す事になって初めて知ったメーカーでしたが、九十九の社員に聞くと音質は良いメーカーだと言う事なのでそんなには気にはなりませんでした(以前のアドテック社はもう出して無いみたいです・・・残念)。
2、Palm m505
携帯音楽プレイヤーや充電器を探すついでに秋葉原のジャンク街まで足を運んで見ました。
すると、末広町交差点の近くパレットタウン(ジャンクPCを扱う人には有名なお店)左側店頭に何やら電子手帳のような携帯端末が\3,500-で置かれてました
説明書きを読むと、起動チェック済でクレードル(PCとのUSB通信キット)とACアダプタのセットらしくこれらの一式と自宅のPCがあれば問題無く使えるようです。
一目惚れで気に入ってしまったので早速奥に行ってお店の方に聞いて見ると「充電池は弱っているかも知れないけど一応動作チェックはOKで、もし故障だったら持って来て貰えれば交換します」との事で、因みにSDカードも別売りだけど搭載出来ますと言う話で早速購入する事にしました
そして、秋葉には外国仕様の物も結構有ったりしますが、表示盤は日本語だったので多分日本語で使えるでしょう。
こういう物を買った時は帰宅してから仕様を確認して良い買い物だったかどうかを自己採点(笑)したり、動作チェックをするのがとても楽しいんですよね〜。
それでNG品だったりすると安価でも少し凹んだりもしますけども・・・(笑)。
これは保証付き動作確認済みの品で全くの保証の無いジャンク品ではないので大丈夫でしょう(NGなら交換も出来ますからね)。

帰社後、早速充電を開始してランプが付くのを確認できました(通電OKです)。
そして10分程充電した所で電源をONしようとした所、電源スイッチが無い事に気が付きました。
・・・取り合えず下の大きな4つのボタンを押してみたら電源が入りました。
ちゃんと画面も表示されてます(日本語です)。
それでバッテリーのメーターを見ると一応は正常のように見えます。
(消耗していると少しの充電でもMAX表示されたりしますが大丈夫みたいです)
ざっと動作を見てみると充電池も特に消耗している事なく機能も全て使えるようです。

仕様をネットで確認してみると2001年6月の発売で、カラー表示可能、付属する機能の他にアプリケ−ションを用意すれば機能の拡張も可能のようです。
それとOfficeのメールデータの取り込みも可能のようで色々と使い道が有りそうです。
今回はついでの買い物で良い物を手に入れることが出来ました!
「PCと秋葉原」TOPへ
5月19日の買い物
仕事帰りに都内を電車で通過する際に少し前から調子が悪かったニッケル水素用の充電器を購入するつもりで気軽に秋葉原に寄りました。
因みに秋葉原に到着したのは18:00丁度位で、19時を過ぎるとジャンク街のお店の殆んどが閉まってしまう事から駆け足の秋葉原廻りとなりました(良い運動になりました)。